レバテックキャリア利用者の評判を徹底調査。特徴やよくある疑問を全て解決

パソコン 男性_526848103
IT業界への転職を考えていて、「レバテックキャリア」という転職エージェントが気になっています。どんな転職エージェントなんでしょうか?
キャリアコンサルタント
レバテックキャリアは、エンジニアとクリエイターに特化した転職エージェントで、内定率が高いという強みを持っています。
そうなんですね!早速登録してみます!
キャリアコンサルタント
評判もしっかり確認してくださいね。この記事では、レバテックキャリアを実際に利用した人の評判から、特徴よくある疑問についてまとめています。
キャリアコンサルタント
ぜひ参考にしてみてください。

今「IT」や「プログラミング」が注目を浴びて来ていて、”IT系の企業への転職を考えている”という方も多いのではないでしょうか?

そんなIT系企業への転職に強いのが「レバテックキャリア」という転職エージェントです。

今回はそんな「レバテックキャリアの評判」に注目し、「レバテックキャリアを利用すると本当にIT系企業に転職することができるのか」「実際に利用した人はどう感じているのか」について詳しくご紹介していきます。

以下の記事を参考に、利用を考えてみてください。

【2019年4月:最新情報】

4月は転職する最高のタイミングです。多くの企業では、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が決まった4月から補強のために中途採用を行います。当然、ライバルとなる転職志望者も急増します。他のライバルに先を越されぬよう、早急に準備をしましょう。

  1. このページを参考に、複数の転職エージェント(『doda』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など)に無料登録する
  2. 各エージェントから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、各エージェント側のサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期にあたります。そのため、転職活動へ積極的な人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントには、「すぐにでも転職したい」としっかり伝え、優先的にサポートを受けられるようにしておきましょう。

レバテックキャリアの概要とその評判

レバテックキャリア 登録する(無料)

まずは「レバテックキャリアとはどういう転職エージェントなのか」についてご紹介します。レバテックキャリアの特長やメリット・デメリットをしっかり理解した上で、利用するようにしましょう。

レバテックキャリアの特長

まずはレバテックキャリアの特長についてご紹介します。

エンジニアとクリエイターに特化した転職エージェント

レバテックキャリアというのは、とりわけ「エンジニアとクリエイターに特化した転職サービスを行っている」転職エージェントです。

今世界中で注目を集めている「エンジニア」「クリエイター」ですが、それに特化した転職サービスを行っているという点で、他のエージェントにはないサービスを行っています。

内定率が高い

また「内定率が高い」という強みを持っています。

内定率が高い理由として、求職者の強みを発見する「テクニカルヒアリング」というものを行っているというのがあります。

自分ではそこまで強みだと感じていなかったスキルでも、企業側から見たらかなり必要としているスキルである場合もあります。その場合はかなり採用される可能性が高いと言えますよね。

その他の理由として「書類選考に通過するような職務経歴書作りを手伝ってくれる」というのが挙げられます。

職務経歴書の作成を手伝ってくれるのは、「アドバイザー」や「エキスパートエンジニア」の方なので、かなり質の高い職務経歴書を作り上げることができます。

やはり、求職者が持っているスキルをより良い形で表現するためには、専門の方に見てもらうのが確実ですよね。

さらに「レバテックキャリア独自の過去事例」も紹介してくれ、「過去に面接で質問されたこと」や、それを踏まえた「模擬面接」まで行ってくれます。

レバテックキャリアには、スキルのある人を確実に内定させる力があると言えるでしょう。

企業の情報をたくさん持っている

そして「紹介先企業の情報をたくさん持っている」という強みも持っています。レバテックキャリアでは、紹介する企業へ「年間累計3000回以上も」足を運んでヒアリングを行っているようです。

大企業であっても、しっかりと現場のプロダクトマネージャーと話をしたり、現状について話を伺ったりと、企業そのものの情報を常に仕入れているようです。

実際の残業時間や同僚の雰囲気、エンジニアには欠かせない「チームのスキル感・プロダクトレベル」などについてまで、しっかりとヒアリングを行っています。

大手の転職エージェントになると、紹介する企業の数も膨大になり、一つあたりの情報量が少なくなりがちですが、レバテックキャリアでは「エンジニア等に特化している」というのもあり、その点について心配する必要がありません。

安心して利用することができると言えるでしょう。

レバテックキャリアのメリット

では、レバテックキャリアのメリットとしては何が挙げられるのでしょうか。

エンジニア・クリエイター求人に特化している

これは言うまでもありませんが、「エンジニア・クリエイター求人に特化している」というのが1つ目のメリットとして挙げられます。

あらゆる業界を扱う総合型とは違って、ある業界に絞った転職サービスを行っているので、その業界への転職を希望している人には、かなりおすすめできる転職サービスだと言えます。

非公開求人数がかなり多い

2つ目のメリットとしては、業界の中で「最もエンジニア・クリエイター系の非公開求人が多い」というのが挙げられます。

プログラミングを扱うエンジニアやクリエイターの求人を扱っている転職エージェントは数多いですが、その中でもレバテックキャリアが扱っている非公開求人の数は、業界最大級と言われています。

つまり「エンジニア・クリエイターへの転職をしたい人はレバテックキャリアを利用するべきだ」ということです。

非公開求人というのは、公に出されていない求人のことで、その数が多いだけ企業からの信頼度が高いと言えます。

業界で最も多いのですから、レバテックキャリアはかなり信頼度が高い転職エージェントであると言えるでしょう。

登録する(無料)

レバテックキャリアのデメリット

ではレバテックキャリアのデメリットとしては、何があるのでしょうか。

IT・クリエイター系以外の求人には弱い

まずメリットにも挙げた「求人種類の特化」についてですが、これは裏を返すと「それ以外の求人は弱い」ということになります。

IT・クリエイター系の求人を求めている方にとっては、かなりおすすめできる転職エージェントですが、それ以外の業界への転職を考えている方にとっては、おすすめできない転職エージェントです。

メリットとデメリットが、ちょうど裏表の関係になっていることに注意しましょう。

全くの未経験への求人紹介は難しい

また、「全くの未経験への求人紹介は難しい」というのもデメリットとして挙げられます。

プログラミングなどをやったことがある方ならお分かりいただけると思いますが、全くの初心者が、プロジェクトに参加できるようになるまでには、かなり長い時間がかかります。

加えて、プログラミングがその人に「合う・合わない」というのもあるので、企業が一からそういったことを教えるというのは、コストの無駄になってしまいます。

ですから、転職をするには“ある程度の経験”や”実績を積むこと”が必要になることに気をつけましょう。

レバテックキャリアの評判・口コミ

では、そんなレバテックキャリアですが、実際に利用した方の評判や口コミはどうなのでしょうか。

利用した方の中には、かなり「IT・クリエイター系業界に特化している」というのもあって、”満足の行く企業に転職することができた“という方が、かなり多くいました。

今の時代、かなり注目されている業界だとしても、スキルとしてはまだまだ需要があり、相談した方のスキルレベルにぴったりの会社を紹介してくれるようです。

扱っている求人も、ベンチャー企業から大手の企業まで幅広くあり、IT・クリエイター系は「技術そのもののレベル」で見られることが多いですが、働きたい会社でも選ぶこともできるようです。

レバテックキャリアの強みである「高い内定率」ですが、1ヶ月で4社もの内定を取ることができたという方もいて、相談した方は例外なく満足の行くサービスを受けることができたようです。

IT・クリエイター系企業への転職を考えている場合には、ぜひレバテックキャリアを利用することを考えてみてください。

レバテックキャリアの評判と合わせて確認したいよくある質問まとめ

ここからは、レバテックキャリアを利用するにあたって、多くの方が疑問に思っていることについて詳しくご紹介していきます。

一つ一つ確認して、納得した上で利用するようにしましょう。

レバテックキャリアは未経験には求人を紹介しない?

続いてのQ&Aは「レバテックキャリアは未経験には求人を紹介しないのか?」というものです。

これは少し前のところでも軽く触れたのですが、IT・クリエイター系での職務経験などがない方は、転職をすることが難しく、そもそも求人を紹介されない可能性があります。

これはレバテックキャリアに相談をしたところ、「未経験を理由に断られた」という方がいるからなんですね。

しかし、中には「元弁護士が転職に成功した」という事例もあるらしく、一概に「未経験の方は転職できない」「求人を紹介されない」というわけではないようです。

この”未経験”には大きく2つの意味があり、「IT業界自体が未経験」というのと、「業界にはいたが、その業種は未経験」の2つがあります。

この2つの”未経験”にかなり大きな差があることは、皆さんもお分かりいただけると思います。

やはり採用する企業側に立って考えてみれば、「業種は未経験でも、業界にはいたことがある人」を、より採用したいですよね。

プログラミングを全く触ったことのない人を募集している求人もないわけではありませんが、かなり数は少ないと言えます。

ITの業界にいた経験がない場合でも、個人である程度の「実績」や「経験」が必要になると言えるでしょう。

逆に言えば、全くIT系の企業に勤めたことがない場合でも「ある程度の実績やスキルがある人であれば、転職先は簡単に見つかる可能性がある」ということです。

ITやクリエイター系の職業というのは、かなりラフな世界でもあり、「大企業が高校生を採用する」こともあれば、フリーランスという形で「個人で活動する」ということもあります。

安易に「レバテックキャリアを利用すれば転職することができる」と考えないようにしましょう。

レバテックキャリアは40代でも利用できる?

続いてのQ&Aは「レバテックキャリアは40代でも利用することができるのか?」というものです。

皆さんは「求人には年齢制限がある」ということをご存じですか?法律で”年齢制限を設けてはいけない”と書いてある手前、求職者の目に触れることはありませんが、実際には転職求人には年齢制限があるようです。

つまり会社側から「このような人材を紹介するようにしてください」と言われているということです。

一般的に、40代以上の転職はしにくいとされています。それは20代・30代のほうが、スキルの向上なども見込みやすいというのもあり、若いほうが会社側としてかなり”扱いやすい”からです。

しかし、レバテックキャリアが特化している「IT・クリエイター系」というのは、一般的な職業とは少し違います。

先程も言いましたが、IT・クリエイター系の職業はラフな世界で、「一般的にはこんな年齢の方はいない」というような人までいるのが特徴的な世界です。

つまり40代以上でも、会社側として採用したいと思えるほどの「スキル」や「実績」があれば、転職できる可能性がかなり高まるということです。

40代以上の方でもニーズがあるのは、やはり”経験が豊富な方が多い”ので、「ITコンサルタント」や「SE」などが挙げられます。

もちろん、これ以外にも存在し、時期や時代によって変わってくることがあるので、スキルや経験のある方は、一度相談してみてください。

レバテックキャリアの退会方法は?

続いてのQ&Aは「レバテックキャリアの退会方法は?」というものです。

一度レバテックキャリアに登録をしてみたものの、いろいろな理由から退会したい場合はどうすれば良いのでしょうか?

これはどの転職エージェントを利用した際にも言えることですが、転職エージェントの退会はいつでも行うことができます

ただし、例えば「紹介してもらった求人の面接を控えている」場合や、「選考の結果を待っている」場合などのタイミングでの退会は控えるべきだと言えるでしょう。

退会をする方法ですが、まずは担当のアドバイザーの方に連絡をしましょう。典型的なビジネスメールを担当者の方に、理由を添えて伝えてあげましょう。

また、普段からお世話になっている担当者の方に言いづらい、担当者がコロコロ変わり、誰だか分からないなどの場合には、「レバテックキャリアの会社に連絡する」という方法もあります。

会社宛てにメール・電話をすれば、無事に退会することができます。

また、退会をする上で気になるのが「個人情報」だと思いますが、退会手続きが無事に終わると、求職者に関わる情報はすべて削除されてしまいます。

自分に関する情報がすべて削除されてしまうというのは、退会をするときには良いですが、再び利用するときにはまた1から登録をする必要があるので、そこは注意しましょう。

そして、違約金等についてですが、転職エージェントというのは、一切のサービスを無料で利用することができので、そういったものは一切請求されることがありません

正しい方法で退会をするようにしましょう。

レバテックキャリアの面談内容って?

続いてのQ&Aは「レバテックキャリアの面談内容って?」というものです。

レバテックキャリアを始めとした転職エージェントには、「キャリアカウンセリング」というものがありますが、そこではどんなことが聞かれるのでしょうか?また、何か準備すべきものはあるのでしょうか?

レバテックキャリアは、Web上で7個の項目を入力するだけで登録をすることができ 、そのままキャリアカウンセリングを行うことができます。

レバテックキャリアが行っているキャリアカウンセリングの形は大きく「対面面談」と「電話面談」の2つがあります。

面談形式は求職者が選ぶことができ、「東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、 京都府、兵庫県、福岡県」の会場を選ぶことができます。

就業中の転職活動や、これ以外の県に住んでいて遠いという方は「電話面談」を選ぶことができます。

対面面談の場合は、大体1時間〜1時間30分くらいの時間をかけて、「求職者のスキルレベルの確認」や「キャリアプランの検討」を行います。

電話面談においても形としては同じです。その面談のあと、具体的な求人を紹介してもらう形になります。

キャリアカウンセリングまでの流れとしては、まずは「登録」を行い、その後「担当者の方からの電話連絡」があります。

そして、その担当者との連絡の中で「日時・面談方法などを決める」という流れになります。

場合によっては、この連絡の中で、簡単に「どういった転職を考えているのか」というのを聞かれることがあります。ですが、これは”参考程度”になるので、身構えず素直に答えるようにしましょう。

また、面談当日までに準備しておくものとしては、「履歴書、職務経歴書(下書きレベルでも可)」があります。

当日持っていくものは、担当者の方から連絡があると思いますが、もしその時に言われなかったとしても履歴書は持っていくようにしましょう。

また、「スキルや経歴、PRポイント」「転職理由」「志望業種」などを考えておくようにしておきましょう。

当たり前のことですが、無尽蔵に時間があるわけではありません。特に転職というものは「自分との会話」が大切になってきます。

自分一人だけでも済ませることができるものは、積極的に終わらせた上で、面談を行うようにしましょう。

レバテックキャリアは大阪や福岡にも求人ある?

最後のQ&Aは「レバテックキャリアは大阪や福岡にも求人はあるのか?」というものです。

レバテックキャリアでは、勤務地として「東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、 京都府、兵庫県、福岡県」を選ぶことができるようです。

そして、各勤務地に十分な求人があります。大阪府であれば「500件近くの求人」が、福岡県であれば「100件近くの求人」があります。

しかし、これは裏を返せば「上記の県以外のところへの転職はすることができない」ということです。

レバテックキャリアが対応している県は、比較的「大都市のような県ばかり」です。なので、”地方のIT系企業への転職”は行うことはできないということです。

これは「ある業種に特化した転職エージェントの性」とも言えます。転職先には注意して利用するようにしましょう。

レバテックキャリア 登録する(無料)

レバテックキャリア以外で評判の良いIT系企業に強い転職エージェント

では最後に「地方のIT系企業への転職も行える転職エージェント」をご紹介します。

レバテックキャリアは、IT・クリエイター系職業への転職に特化しているというのはかなりの強みですが、ある特定の県にしか転職できないというのは弱みと言えます。

地方への転職も考えている方は、レバテックキャリアと合わせて以下の転職エージェントの利用も考えてみてください。

ワークポート

WORKPORT

ワークポートは「転職決定人数NO.1」の、かなり実績ある転職エージェントです。利用者は「35万人」を超え、蓄積されたノウハウはどの転職エージェントにも負けないと言えるでしょう。

また、サポート力もかなり高くアドバイザーの質も高いということで有名です。ワークポートではキャリアアドバイザーのことを”転職コンシェルジュ”と呼んでおり、まるでホテルのコンシェルジュのような転職サポートを行うようで、利用者からの支持も高いです。

ワークポートを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ、良かったところとして、

27歳 女性 飲食業
質より量を重視されているイメージが強かった。経歴書や転職での不安要素を親身にヒアリングしていただけたので、初めての転職者にはとても良いと思う。
32歳 女性 営業事務
経歴書の添削をとても丁寧に行ってくれるので、転職に有利な経歴書を作ることが出来るのがメリットだと思う。
24歳 女性 プログラマー
IT関係の求人のみの紹介してもらったが、自分では探せないような求人も紹介してくれた。ただ求人の分量が多いだけではなく、転職エージェントを使う価値がある求人紹介であったと思う。

など、特に「アドバイザーの質の高さ」「サポートの手厚さ」に対して評価する声が多数ありました。

また、気になるところとしては、

27歳 女性 飲食業
未経験からの転職には良いと思うが、経験者の転職には少し厳しいと思う。面接対策も人によるとは思う、具体的な対策では無く基本的なマナー等や面接終了後の連絡等の話が主だった。
24歳 女性 プログラマー
エージェントとの最初のヒアリングでは、話しづらさがあったように感じる。しかし、手厚いサポートなしで転職活動を出来る自信のある方でしたら、おすすめ出来る転職エージェント。
40歳 女性 化粧品会社事務
案件の量は多いのですが、私が思っているものとちがい的はずれな案件も多い気がした。

など、「担当者の当たり外れ」に対するものが多かったです。

基本的にはアドバイザーの方によるサポートはかなり高いと言えるので、初めて転職エージェントを利用する、なんて方は登録しておくと良いでしょう。

マイナビIT

マイナビエージェント × IT

マイナビITというのは、マイナビエージェントの中でも、とりわけ「IT業界転職に特化した転職エージェント」になります。マイナビエージェントの中の”IT部門”のようなものです。

マイナビエージェントは「サポートの手厚さ」に定評がある転職エージェントで、とりわけ「20代の方からの支持が強い」転職エージェントでもあります。

サポートの具体的な内容としては「履歴書の添削」や「面接の徹底サポート」があります。また、大都市を拠点に、あらゆる県における求人を扱っているので、求人数と対応している県の多さも強みと言えます。

マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ、良かったところとして、

43歳 男性 機械設計
求人の量は多く、面接対策や経歴書添削では的確なアドバイスや方向性の選択肢を教えてくれたことが良い点であった。
36歳 女性 一般事務
求人の量がとても豊富だったので、同じ職種でもいろいろな企業を気軽に見ることができて、雇用内容を簡単に比較することができた。
27歳 男性 銀行員
大手エージェントなだけあって、求人の量は非常に多く、選択肢としての幅は広がった。また、ノウハウがあり、サポートも体系化されていた

など、特に「求人数の多さ」「サポートの手厚さ」などについて評価している方が多かったです。

また、気になるところとしては、

情報が多いいのはメリットだが、逆にその多さがデメリットになり、自分に合う企業を見つけるまでにとても時間がかかった
27歳 男性 銀行員
求人の数に応じて、紹介連絡の数が非常に多い。また、担当者のスキルの差は、他に利用している人に聞くと、かなりあるようだった。
転職後のサポートは特に何も感じたことがなかった。登録しているせいか、自分に関係のない不要なメールが多いと思った。(38歳 女性 物流センター)

など、特に「担当者の当たり外れ」や「転職後のサポートのなさ」について挙げている方が多かったです。

転職エージェントは複数利用することを前提に、客観的に利用するべきだと言えるでしょう。

レバテックキャリアやそれ以外のエージェントの評判を見た上で、複数利用しよう!

いかがだったでしょうか?

今回は「レバテックキャリアの評判はどうなのか?」というテーマで、「レバテックキャリアを利用すると本当にIT系企業に転職することができるのか」「実際に利用した人はどう感じているのか」について詳しくご紹介してきました。

レバテックキャリアは、「IT・クリエイター系業界への転職に特化した転職エージェント」ということもあり、それ以外の業界への転職や、地方への転職はできないことがデメリットでした。

しかし、実際に利用した方のほとんどは満足の行く転職ができており、IT・クリエイター業界への転職を考えている方には非常におすすめできる転職エージェントだと言えます。

ですが、デメリットもあるので、上記でご紹介した転職エージェントも合わせて利用するようにしましょう。