メーカーへ転職するには?業界動向とおすすめ転職エージェントを紹介

メーカーに転職したいです。どうすれば転職できるか、教えてください!
メーカーに転職したい場合には、「転職エージェント」を活用しましょう。

キャリアコンサルタント

転職エージェントですか?
はい。この記事では、メーカーに転職したい人に向けて、転職に必要な基本情報おすすめの転職エージェントなどについてご紹介しています。

キャリアコンサルタント

ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

転職活動を行うに当たってはさまざまな理由があり、キャリアアップを目指したい、生活環境を変えたい、単純に別業種で働いてみたいなど、理由はさまざまです。

人によってワークスタイルはそれぞれですが、「キャリアアップ」「給料面」「労働時間」など、一番バランスのとれた転職先は「メーカーへの転職」と言えます。

ここでは、メーカーへの転職に興味がある方や、転職希望者に向けて、メーカーへの転職に必要な基本情報や、転職活動の手順、メーカーへの転職に強いおすすめの転職エージェントなどを紹介していきます。

製造系エンジニアの転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: マイナビエンジニア、2位: メイテックネクスト、3位: 工場求人ナビ

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

メーカーへ転職する前に知っておきたいこと

一言で「メーカー」とまとめてしまうのは簡単ですが、メーカーにはさまざまな業界や職種があり、同じメーカーでも役割によって働き方が異なることもあります。

ただ漠然と「メーカーに転職したい」と思い、転職活動を行っても、「転職活動がスムーズにいかない」「いざ働いてみたら思っていた内容と違った」など、不備が生じる可能性もあります。

そもそもメーカーって?

まずはメーカーの概念について考えてみましょう。メーカーとは「新たな製品の製造加工や開発」などを行う事業所や事業者のことを意味し、基本的に「ものを作っている」会社や企業は全てメーカーに当てはまります。

例えば、自動車や家電製品など大きなものから、文房具や小物雑貨といった小さなものまで、オリジナルでものを作り、世に送り出している会社や企業がメーカーと呼ばれています。

さらに細かく言えば自動車や家電製品に必要な「部品」などを作っている会社や企業も「部品メーカー」として、メーカーに分類されます。

自分がどのような業界で働きたいかを把握することが大事

メーカーに転職を希望した際は、自分自身がどのような業界で、どのような役割で働きたいかを、しっかりと把握する必要があります。

例えば、自動車メーカーで働くことを希望した場合、どの役割で自分が働きたいのかを把握し、それに合わせて転職活動の内容も変わってきます。

自動車メーカー一つをとっても、「製造」「営業」「販売」これらの業種が真っ先にイメージできます。

メーカーへの転職を希望した際は、自分が「どの業界」「どの業種」で働きたいのかをしっかりと把握し、それに適した転職活動を行いましょう。

日本国内メーカーの主な業界

ここで少し、日本国内メーカーには、どのような業界が主にあるのかを見ていきましょう。

自動車・機械

日本国内で最も活発な業界で、働き方によってはグローバルに活躍できる業界です。自動車の他にもバイクメーカーや、建設機械メーカーなども、このジャンルに分類されます。

  • トヨタ
  • 日産
  • 三菱重工業
  • 日立建機

日本を代表する大企業が多数で、それに伴い将来性があり魅力的な転職先が多く、メーカーの転職先としても人気のある業界です。

電機・精密

家電製品やそれに必要な部品製造がこのジャンルに分類され、時計やOA機器、半導体メーカーもこのジャンルに分類されます。

  • パナソニック
  • シャープ
  • カシオ計算機
  • 京セラ

代表的なメーカー企業にはこれらがありますが、近年日本国内の家電メーカーは苦戦していて、経営統合や買収など、市場に何らかの影響は常に与えている業界です。

家電製品は苦戦していますが、半導体技術や、時計や計算機などで用いられる「日本の技術力」はまだまだ世界的にも健在なので、この業界も安定した転職先として人気があります。

衣料・装飾

イメージしやすいのは「アパレルメーカー」や「装飾品メーカー」ですが、「化粧品メーカー」や、「靴メーカー」「スポーツメーカー」も、衣料・装飾業界になります。

  • ユニクロ
  • 資生堂
  • ナイキ
  • 愛眼

アパレルで言えばユニクロが断トツで大きく、スポーツメーカーであればナイキやアディダスなどが世界的にも有名です。

レディースアパレルメーカーや、化粧品メーカーも日本国内には多数存在するので、転職先として女性にも人気がある業界です。

食品

食に関する製造を主に行う業界で、醤油やカレー粉などの調味料や、スナック菓子やパン、飲料などもこの食品業界です。

またギフトなどでよく利用される「洋菓子の詰め合わせ」や「和菓子の詰め合わせ」なども菓子メーカーが製造しています。

  • ハウス食品
  • カルビー
  • 山崎パン
  • アサヒグループHD

食品メーカーは誰もが一度は耳にしたことがある大手企業から、普段あまり耳にしない中小企業まで、日本国内には多くあります。

季節に大きく左右される業界でもあり、お菓子メーカーであれば季節ごとに新商品を開発したりなど、ある意味一番四季を感じることができる業界でもあります。

ギフト向けの製造をメインとする中小企業では、繁忙期がはっきりとしているため、お盆やお歳暮時期以外は、極端に暇になるといった現象も起こります。

他にもさまざまな業界がある

上記で紹介した以外にもさまざまな業界があり、当然ながらそれぞれに特徴があります。

メーカー転職を希望した際は、希望する業界や、興味がある業界の市場や状況を事前に調査し、転職に適した時期や、どのような人材が求められるのかなどのポイントをまとめて、より良い転職活動を目指しましょう。

メーカーへの転職理由にはどんなのがある?

国内にあるメーカー企業は人気転職先として、常に転職業界では注目されています。

ここでは何故転職先としてメーカーに人気があるのかを、転職理由から考えてみたいと思います。

理由① 安定した仕事をしたい

メーカーはものを作ることをメインとしているので、極端に言えば「需要が無くならない限り仕事が無くならない」と言えます。

つまり、長年安定した業績を保っているメーカーは将来的に仕事がなくなる可能性が低く、それに伴い支払われる給料も安定すると言えます。

またそれに伴い、待遇面や福利厚生も充実しているため、将来を見据えて安定して働くことができると言えます。

理由② 過労に繋がるハードワークが少ない

業務システムや人員体制、設備体制がしっかりとしているため、マンパワーに頼ることがあまりなく、そのため過度な時間外勤務なども発生しにくくなっています。

いわゆるブラックと呼ばれる中小企業であれば、経費削減のためにマンパワー頼りになってしまい、サービス残業や、過度の残業が発生してしまいがちですが、メーカー企業になれば、監査や視察なども定期的に実施されるので、無理な労働をする心配もありません。

理由③ バランスの良いライフスタイル

上記2点の理由から考えられる結論は、給料と労働時間が安定しているため、バランスよくライフスタイルを保つことができることです。

給料が安定し、労働時間も安定していれば、自分や家族の時間も作ることができるので、プライベートが充実し、仕事とプライベートのバランスをいい具合に保つことができます。

仕事や給料の安定が主だった人気の理由であることは間違いなさそうですが、本音の部分で言えば「充実したプライベートを過ごせる」が一番の理由とも言えます。

メーカーに転職するメリット・デメリットは?

日本国内にはさまざまなメーカーが存在することがわかったところで、次にメーカーへ転職するメリットやデメリットを考えてみます。

メーカーに転職するメリット

  • 給料が安定している
  • 勤務時間が安定している
  • マニュアルが完備されている
  • システムがしっかりとしているので業務に不備があった場合改善しやすい

これらのメリットが考えられ、大きなメリットは「給料・勤務時間」が安定していることで、それによって予定が立てやすくなり、プライベートが充実します。

これは人員体制や設備体制が整っているため、業務システムがしっかりと構築され、それによって労働者に「給料・勤務時間」を還元することができると言えます。

特に作ることをメインとしているメーカー企業において、その商品の需要が長年安定していれば、それに伴ってもらえる給料も安定します。

また、多くのメーカーではマニュアルがしっかりと完備されているので、未経験者でもキャリアアップするチャンスも多くあり、これも大きなメリットと言えます。

メーカーに転職するデメリット

  • 優良案件ほど求人倍率が高い
  • 部署によってはやりがいを感じないことがある
  • 業界によっては繁忙期がキツイ
  • 給料は安定しているが少ない

メリットが多くある反面、当然ながら転職活動における競争率が高いことが考えられ、好条件求人や大手企業を対象とした求人倍率は高くなります。

人気メーカーや大手メーカーになればなるほど、求人倍率は高くなり、多くの方が書類選考の段階で落ちてしまうケースも多くあります。

また、スムーズに転職を決まったとしても、配属先によってはやりがいを感じない部署もあり、例えば「景色が変わらない流れ作業」などでは、やりがいを感じず、仕事に対してのモチベーションを保つことが難しくなります。

また、繁忙期に極端に忙しくなる業界もあり、モチベーションや体調のコントロールが難しく、それによって身体を壊してしまうケースもあったりします。

給料が安定していることがメリットとしてありましたが、その分給料の額が少ないこともあり、これもデメリットとして考えられます。

これらデメリットを全て改善することは難しいですが、生じるメリットの方が多くあれば、妥協点をいくらでも見いだせるので、求人情報や業界の情報を分析しましょう。

転職エージェントなどを利用して転職活動を行えば、業界の情報や企業情報などを入手することができるので、情報分析などにおすすめです。

メリット・デメリットを把握した上で転職活動を

メーカーへの転職に限らず、どの職種、どの業種においても、転職の際には多くのメリットを得ることができますが、その反面デメリットも生じます。

しかしデメリットに対してメリットの方が多く得られたら、それは優良な求人とも言えます。

得られるメリット、それによって生じると思われるデメリットをしっかりと分析して、自分に合ったより良い転職を目指しましょう。

メーカー転職に強いおすすめの転職エージェント5選

メーカーへの転職の際に、大いに役に立つのが転職エージェントと呼ばれる、転職活動サポートサービスです。

転職エージェントはいわば「民間のハローワーク」のようなもので、利用者の経歴や実績に合わせた求人の案内から、面接対策、履歴書や職務履歴書の添削など、転職に関するあらゆるサポートを、基本無料で行ってくれます。

メーカーへの転職の際にも、転職エージェントは大いに役に立ち、転職エージェントによってはメーカー転職に強いところもあります。

ここでは、メーカー転職におすすめの転職エージェントを紹介していきます。

マイナビエンジニア

マイナビエンジニアでは、約1万3000件もの求人を扱っており、業界トップレベルの求人数を扱っています。

エンジニアに特化した転職エージェントなので、製造系のエンジニア職への転職を考えている方に非常におすすめです。

また、従業員数9000人を超える大企業マイナビが運営していることもあり、サポート力が非常に高いことも特徴的です。

登録する(無料)

メイテックネクスト

メイテックネクストは、地方の求人も充実した製造系エンジニア向け転職エージェントです。

通常は、首都圏に求人が集中してしまいますが、きちんと地方にも求人があることが強みとなっています。

また、レスポンスが速い点や、平日・昼間以外でも対応してくれるなど、サービスが利用しやすいところも高く評価されています。

ただ、全体的な求人数は少ないので、他の転職エージェントとの併用をおすすめします。

登録する(無料)

工場求人ナビ

工場求人ナビは、従業員数1000人を超える「日総工産株式会社」が運営しており、非常に安心して利用できる転職エージェントです。

福利厚生が非常に充実しており、工場求人ナビを経由して転職すると、飲食店や映画館等で利用できる割引サービスを利用することができます。

ただ、こちらも求人数が約1200件と、少なめなので、他の転職エージェントとの併用をおすすめします。

登録する(無料)

メーカー転職では、転職エージェントを複数利用して効率的に進めよう

ここまで、メーカーに転職するための基本情報や概要、メーカー転職に便利なおすすめの転職エージェントなどを紹介してきました。

より良い転職活動をし、転職成功率を少しでも上げるポイントとしては、一つの転職エージェントに囚われず、複数の転職エージェントに登録することがおすすめです。

転職エージェントには、各社それぞれの得意分野や特徴、メリット・デメリットがあるため、長所と短所を把握し、上手く使い分ければ、充実した転職活動を行うことができ、自身が納得のいく転職先を見つけることができ、転職成功率も上がります。

例えば、A社は求人数が多いがサポート内容が少し不満であった場合は、求人数は少ないがサポート内容が充実していて書類などの添削なども的確なB社と併用して利用するなど、転職エージェントそれぞれの特徴やメリットを有効的に活用するなどすれば、充実した転職活動を行うことができます。

より良い転職を行うためにも、自己分析をしっかりと行い、それに適した転職エージェントを複数利用し、メリットを引き出して上手く利用しましょう。