製造業ってどんな環境?転職エージェントを通して、やりがいある製造業にチャレンジ

製造業の仕事は大変ですか?
大変なこともありますが、その分やりがいのある仕事です。

キャリアコンサルタント

転職後後悔しないためには、何をすれば良いですか?
製造業の環境やメリット・デメリットを知ることが大切です。

キャリアコンサルタント

新たな仕事にチャレンジしたいと考えている人の中には、「物作りに携わってみたい」と考えている人もいるでしょう。そんな人にとって、製造業というのは興味深い職種ではないでしょうか。

しかし、中には全く違った業種からの転職を考えている人もいるでしょうから、不安な事も多いはずです。

では、製造業とはどんな環境なのか、ご紹介します。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

製造業にはどんな業種があるのか?

製造業と一言で言っても、どんなものを作っているかによって、環境や仕事内容は大きく変わってきます。

そのため、製造業を目指すのであれば、何を作っている仕事に携わりたいのかを明確にしておくことも大切です。

では、製造業ではどんな業種があるのかご紹介しましょう。

医薬品関連

「人のためになる仕事をしたい」「研究の仕事がしたい」という人には、医薬品関連の製造業は理想的な職場といえるでしょう。

医薬品メーカーでは、何年もかけて新薬の研究や開発などを行っています。

この薬により、多くの患者さんが救われると分かれば、仕事へのやりがいは大きく感じるはずです。

実際に研究に携わらない職種であっても、新薬に携わっていると思うと、自分の仕事を誇りに感じるでしょう。

新薬は、世の中に出るまでに10年以上もかかると言われており、長年携わることで自分が扱う商品への想い入れも大きくなるはずです。

機械関連

機械関連の製造業は、設計から開発、製造まで様々な分野に分かれます。

更に、何を作るかによっても、仕事内容が変わってきます。

造船業もあれば、農機具を扱う企業もあり、なにを作りたいかを考えることで、選択肢が広がるでしょう。

機械関連の製造業を希望するのであれば、自分にとって興味ある分野を選ぶことで、よりやりがいのある仕事になるはずです。

食品関連

製造業の中でも、生活に身近なのは食品関連ではないでしょうか。

食品関連の製造業では、インスタント食品から飲料品、スナック菓子など多岐にわたり選択肢が多いのも魅力です。

工場で大量生産されている商品に携わることができれば、お店に並んだ時の感動は大きいでしょう。

食品の製造業の場合には、何よりも衛生面に注意が必要なため、常に配慮が求められる職場です。

電子部品関連

今では、どの家庭でもパソコンやスマートフォンがあるはずです。

そんな電子機器に携われるのは、電子部品関連の製造業です。

最先端の技術に関わることができ、より身近にテクノロジーを感じることができるでしょう。

電子部品関連に携わる場合には、常に知識が求められます。

場合によっては、繊細な作業が強いられることもあるため、向く不向きがはっきりとする業種ともいえるでしょう。

「新しい物に関わりたい」「間近で最新の技術を体験したい」と思っている人にとっては、魅力的な職場です。

木材関連

物作りに携わりたいという人の中には、古くからの技術を取りいれた物作りに興味がある人もいるでしょう。

そんな人には、木材関連の製造業が魅力的に移るでしょう。

木材関連の製造業では、自然素材を生かした商品を製造しているため、一つ一つにこだわりが詰まっています。

そんな業種に関わることで、より木材が好きになるかもしれません。

製造業に携われる職種

製造業に関わりたいと思っている人の中には、「実際に、自分が物作りをしたいわけではない」と言う人もいれば、「自分で作るのは向いていない」という人もいるでしょう。

もちろん、製造業にも様々な職種がありますから、物作りを必ず強いられる訳ではありません。

では、製造業に携わることができる職種について、ご紹介しましょう。

商品企画

製造業の中には、実際に物を作る前、「どんな商品を作るか」「どんなアイテムが求められているか」などの作業が必要です。

それを行っているのが、商品企画です。

商品企画を行うため、市場調査を行ったり、クレームなどから改善点を見つけるなどして、物作りに生かす提案を行っていきます。

自分が企画した商品が販売され、お客さんの手に渡るというのは、とても魅力的な仕事と言えるでしょう。

設計

物作りを行う際には、まずは商品企画が行われます。

そして、その商品企画を実際に作るために必要となるのは、設計です。

商品企画により上げられた提案を基に、図面化していきます。

物作りには、必ず上限コストが設定されていますから、その上限内に収めるのも設計の大切な仕事。

この設計により、実際に商品が作られる訳ですから、やりがいも大きいでしょう。

生産技術

図面から実際に商品を作るのが、生産技術です。

図面を基に、規格通りに物作りを行うことになります。

しかし、時には企画通りにならないこともあるため、どう改善したら良いのかなどは技術者の腕にかかっています。

物作りが好きな人にとっては、魅力的な環境といえるでしょう。

営業・販売

商品が出来上がったら、それを販売する必要があります。

その仕事を担っているのが、営業や販売部門です。

商品のニーズやトレンドを考えながら、「どこに営業すれば良いのか」「どんなふうに売りだせば良いのか」など戦略を立て、進めることになります。

いわば、企業とお客さんの架け橋的な存在となるわけですから、重要な役割と言えます。

品質管理

作られた商品は、それで終わりではありません。

一度作られた商品は、ずっと同じ状態で作り続けるのではなく、クレームなどを基に安全性や安心できる商品を作る必要があります。

その役を担っているのが、品質管理です。

品質管理では、日々商品の検査などを繰り返し、信頼できる商品作りをサポートしています。

研究開発

商品は、どんどん進化しています。

食品であれば、より美味しくなるもの、機械であれば最新の技術を取り入れるなどして、日々進化しています。

それを担っているのが、研究開発です。

品質向上に努め、商品について日々研究を行い、より良い商品作りを目指します

製造業転職後の環境

製造業への転職を希望している人の中には、他業種からの転職を考えている人もいるはず。

そんな人は、製造業がどういった環境なのか分からず、不安を抱いている人もいるでしょう。

業種によっては、大きく環境が異なるため、事前に環境を把握しておくことも大切です。

すぐに正社員になれるか?

製造業では、即戦力を求めている企業が多いのが特徴です。

そのため、最初から正社員として採用しているところは少ない傾向にあります。

製造業での転職は、最初は派遣社員として採用されるのが圧倒的です

採用後は、スキルによって正社員になれる可能性はありますが、転職後すぐに正社員として働くことは難しいと考えておいた方が良いでしょう。

正社員としての求人を見つけた時には、ライバルが多いと考えておいた方が無難です。

気になる収入面

製造業へ転職した際には、最初は派遣社員からスタートのケースがほとんど。

派遣社員の場合には時給制となっているため、割と収入は高い傾向にあります。

時給設定は1,000円以上となりますから、月に30万円近くの収入を得ることができるでしょう。

正社員となった場合には、月給制となり、20万円前後がほとんどです。

その分、ボーナスや手当がつくことで安定させることはできます。

ただし、ボーナスはあまり期待できないかもしれません。

製造業では、ボーナスが安定していない傾向にあり、業績によって変動します。

多く出た時のボーナス金額を当てにしていると、痛い目に合う可能性があるので注意が必要です。

人間関係は?

製造業での仕事というと、「黙々と仕事をするため、あまり人と接することはないだろう」と思っている人も多いはず。

しかし、意外にも製造業は人との関わり合いが強く、コミュニケーションが求められる環境です。

もちろん、部署によっても異なりますが、チームで仕事を進めていくケースが多いため、チームワークが重要です。

そのため、コミュニケーションが苦手な人にとっては、人間関係に悩まされる可能性があります。

転職前に知っておきたい!製造業のメリットとデメリット

どんな仕事にもメリットとデメリットがあります。

憧れの職業であっても、良いところもあれば、悪いところもあるということ。

転職後に「思っていた仕事と違った」「こんなはずではなかった」と後悔しないためには、転職前にメリットだけでなくデメリットも知っておくことが必要です。

メリット

製造業のメリットは、何と言ってもすんなりと仕事を覚えることができるということです。

転職希望者の中には、「これといった資格がない」「社会経験が少ない」と言った理由から転職に不安を覚えている人もいると思いますが、製造業であれば先輩に教わりながら仕事を覚えることができるため、無理なく仕事を覚えることができるでしょう。

仕事がおぼえられれば、どんどん自分に自信も持てるはずです。

また、扱う商品によっても変わりますが、単純作業が多いところもあるため、仕事へのストレスは少ないと言えるでしょう。

黙々と作業をするのが好きな人にとっては、理想的な環境です。

そして、福利厚生がしっかりしていたり、手当があるというのも魅力です

有給休暇もしっかりと使うことができるため、仕事とプライベートを充実させることができるでしょう。

デメリット

製造業に関わるデメリットとしては、何を扱う企業かによっても変わってきますが、機械作業などがある場合には一歩間違えると怪我をするという怖さがあります。

場合によっては、死に関わることもあるでしょう。製造業は、何よりも安全第一で作業を進めることが欠かせません。

また、企業によっては24時間ローテンション勤務のケースもあります。

こういった勤務の場合には、体調管理も大変です。

夜勤が続けば、昼夜逆転してしまう生活となってしまいますから、体調に影響することもあるでしょう。

更に、扱う商品によっては空調設備がなく、大音量の中仕事をしなければいけないこともあります。

持病などを持っている人は、体に支障を来してしまう恐れがあるため、事前に職場環境は確認しておいた方が良いでしょう。

製造業に向いている人・向かない人

どんなに待遇が良い仕事でも、人気がある仕事でも、誰にでも働きやすい環境とは言えません。

それは、どんな仕事にも向き、不向きがあるためです。

では、製造業はどんな人に向いていて、どんな人に向いていないのでしょうか。

向いている人とは?

製造業に向いている人は、どんなことでも興味を持っている人です。

例えば、「細かい作業が好きだから、物作りに携わりたい」「管理業務にもチャレンジしてみたい」といった前向きな姿勢があれば、製造業の仕事は楽しく感じるはずです。

前向きな姿勢が評価され、昇給や昇格などもあるかもしれません。

また、製造業ではチームで作業を進めるため、コミュニケーション力が高い人の方が有利です。

それぞれの担当者、同じ作業を進める仲間としっかりとコミュニケーションを取ることができれば、作業もスムーズに進めることができますし、良い雰囲気の中仕事をすることができるでしょう。

会社のニーズを理解し、それぞれの立場の気持ちや状況を理解することができれば、より良い物作りができるはずです。

向いていない人とは?

製造業の仕事は、その日によって担当が変わることがあります。

そのため、マニュアル通りに動くことが得意で、臨機応変に対応することができない人にとっては、馴染みにくい環境といえるでしょう。

製造業も、日々変化するため、その時々の状況に応じて対応することが求められます。

また、人と関わることが苦手な人にとっては、チームで作業をする環境は辛いと感じる人が多いでしょう。

製造業の転職活動のポイント

転職活動に挑むためには、目指す業界の傾向を抑えておくことも大切です。

同じ営業職でも、どんな業種に挑むかによってポイントが変わってきます。

では、製造業を目指す際に知っておきたい傾向についてご紹介しましょう。

志望動機について

製造業を目指す人も、それぞれ動機は異なるはずです。

例えば、単に「収入を得るため」と言う人もいれば、「経験を生かす仕事がしたい」と言う人もいるでしょう。

どちらの動機も決して間違いではありません。

しかし、採用を掴むためにはどう伝えるかが重要です

例えば、「収入を得るため」という人は、それをそのまま伝えるのではなく、「安定した環境で仕事をしたいと考えおり、御社であればそれを叶えられると思いました」といったように、企業側にとって説得力ある志望動機を伝えると良いでしょう。

「経験を生かしたい」と考えている人は、今までどういった経験をしてきたのか、それをどう生かしたいと考えているのか具体的に答えると良いでしょう。

面接のポイント

製造業というと、作業服などのイメージがあるため、面接時にもスーツを着用せずに向かってしまう人も少なくありません。

しかし、どんな業種であっても面接時には清潔感を与えられる様、スーツ着用が基本です。

髪型なども整え、良い印象を与える身だしなみを意識しましょう。

また、面接時には様々な質問をされ、緊張してしまうこともあると思いますが、常に明るく対応することが大切です。

真面目、真剣という印象も大切ですが、製造業では明るい雰囲気を意識した方が好印象を与えることができるでしょう。

面接では、志望動機、自己PRなどは事前にまとめておくことを忘れてはいけません。

事前に知っておきたい失敗例

製造業転職で、後々「失敗した」「転職なんてしなければ良かった」と思う人に多いのは、「収入が減ってしまった」というケース。もちろん、収入アップをした人もいますが、未経験者の場合には希望収入を得ることができず、後悔しています。

製造業は、どれだけ経験があるのか、どれだけ経験を生かせるのかが鍵となってきますから、経験次第では収入が大きく左右されるでしょう。

また、人間関係で後悔する人も少なくありません。製造業は、思っている以上に人との関わり合いが深いため、コミュニケーションがうまく取れない人にとっては「働きにくい環境」「合わない人がいる」といったことが原因で退職しています。

転職エージェントから製造業へ転職

製造業への転職を考えている人の中には、履歴書作成や面接に不安を抱えている人もいるでしょう。

履歴書や職務経歴書は、面接に挑むためのチャンスを掴むための欠かせない書類です。

「応募していれば、何とかなる」と適当に作成していては、書類選考で落とされてしまいます。

面接も「聞かれたことに応えれば良い」と思っている人も多いですが、業種によってどう答えたら良いのかは変わってくるものです。

エージェントを利用すれば、これらのアドバイスやサポートを受けることができ、とても心強い転職活動ができるはずです。

サポート体制が手厚いパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

45歳男性

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

25歳女性

履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

工場・製造業への転職で年収UP!祝い金もあり「ジョブハウス工場」

ジョブハウス工場は、工場メーカーのための専門サイトとなっており、製造業転職を考えている人にとっては頼もしい存在。サイト内には、それぞれの業界情報やコラムなどが掲載されており、転職後のイメージすることができるようになります。

キャリアコンサルトにより、転職時の不安や疑問なども解消することも可能。会員限定の非公開求人の紹介を受けることもできます。あなたの転職活動をバックアップしてくれる存在がいるというのは、きっと心強いはずです。

期間限定のキャンペーン時には、採用決定時にお祝い金がもらえるのも魅力的。

【ジョブハウス工場の口コミ】

30代前半・男性

会員限定の求人を紹介して頂き、面談から内定まで1週間ほどでスピード転職を叶えることができました。

登録する(無料)

メイテックネクスト

製造、メーカーや工場の技術者などの求人に特化しているエージェント、メイテックネクストです。

製造分野では求人数ナンバーワンとなっており、製造業転職を考えている人にとっては理想的なエージェントです。

【メイテックネクストの口コミ】

20代後半・女性

とにかく求人数が多く、業界の知識も豊富のため、的確なアドバイスにより採用を掴むことができました。

登録する(無料)

転職エージェントを通して、やりがいある製造業転職を叶えよう

仕事へのやりがいを求め、製造業への転身を考えている人もいるでしょう。

そんな人は、エージェントの力を借りて転職活動を進めてみませんか。転職エージェントを利用すれば、的確なアドバイスとサポートを受けることができ、スムーズな活動が叶います。

製造業に強いエージェントでは、業界の知識も持っていますから、あなたの不安も解消してくれるはず。

やりがいある仕事にチャレンジしてみませんか。