マツモトキヨシで年収を上げるには?元社員が4つの方法を徹底解説

ドラッグストア_310750661
ドラッグストア勤務です。年収を上げるには、どんな働き方をしたらいいんでしょうか?
元マツモトキヨシ社員です。実際に働いていた私が、マツモトキヨシで年収を上げる方法を大公開します!マツモトキヨシ以外のドラッグストアでも当てはまることが多いので、是非参考にしてください。

ドラッグストアは、薬剤師の中でも年収が高めで人気の職場です。でも、どうせ働くならどんどん年収を上げていきたいですよね。

そこでここでは、実際にマツモトキヨシで働いていた元社員の薬剤師が、マツモトキヨシで年収を上げる方法をご紹介していきます。マツモトキヨシへの転職希望者はもちろん、ドラッグストアへの転職希望者に参考になる情報満載です!

【2019年4月:最新情報】

4月は薬剤師が転職するベストなタイミングです。多くの企業は、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が固まった4月に中途採用を開始します。これに合わせて、転職希望者も急増しますので、転職を成功させるためにも早急に準備を進めましょう。

  1. 複数の薬剤師転職サイト・エージェント(『ファーマキャリア』『ファルマスタッフ』『アプロドットコム』など)に無料登録する
  2. キャリアアドバイザーから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、自分に対するサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職サイト・エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期です。そのため、転職意欲の高い人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントに「すぐにでも転職したい」と伝え、優先的にサポートを受けられるよう対策をしましょう。

マツモトキヨシで年収を上げる方法①ランクを上げる

マツモトキヨシにはランク制度というものがあります。能力に合わせて社員をランク分けし、ランクに応じて給料を支給していくものです。薬剤師であれば最初は「PA」というランクから始まります。

PAの場合は、最初に会社と契約した給料と同じ額が振り込まれます。いわばいたって普通の正社員という扱いです。PAからランクが1つ上がると次は「PL」になります。

PLになると、年収が30万円ほど上がるので会社に入った人はまずこのPLがランクを目指して仕事をしていくことになります。ではどうすればPLランクに上がることができるのでしょうか。

先に言っておくと、PLランクに上がるためには入社して少なくても3年かかります。そのため3年は何をしても上がりません。しかしこの3年の間にやるべき仕事をしっかりとこなしていけばほとんどの人が3年でPAからPLにランクを上げることが可能です。

何も突出して仕事ができるとか、能力がいるとかそういうことはなく、普通にやるべきことをやっていれば上がりますので、目指しやすいでしょう。

PLの次はPSです。しかしPSにランクが上がるのは正直言って一握りの人だけ。配属店舗の数字を伸ばし、実力も兼ね備えたような人でなければ上がりません。PLからPSに上がることで年収が100万円くらい変わりますが、PSになるのは全社員の1割程度でしょう。

マツモトキヨシで年収を上げる方法②勤務地を「転勤OK」で申請する

マツモトキヨシの社員は転勤ありとなしを自分で自由に決めることができます。家を建てた方、家族がいる方などにはありがたい制度ですよね。

しかし転勤なしを希望すると、それだけで月収が2~3万円下がってしまいます。逆に言えば転勤ありでもOKと申請しておくだけで月収が2~3万円増えます。

とはいえ転勤になると引っ越し費用もかかりますし、準備も大変ですよね。しかし私は転勤ありで申請していました。独り身なのもありましたが、そもそも薬剤師はあまり異動がありません。

登録販売者や一般従事者だとちょこちょこ異動が発生するのですが薬剤師は異動が少ない傾向があるのです。そのため転勤ありにしていても引っ越しを伴う異動は起きにくい傾向にあります。

実際に私は4年間マツモトキヨシで働いて異動になることすらありませんでした。しかし中には東京から名古屋へ転勤になった方もいますので、少々リスクが伴うことは否定できません。

マツモトキヨシで年収を上げる方法③店長や薬局長、SVになる

ランクを上げることでも年収が上がりますが、役職に就くことでももちろん年収を上げることができます。まず目指すべきは店長です。店長試験に合格し店長として店舗に配属されると、店長手当として月に5万円ほど支給されるようになります。

ボーナスも含めると年収として100万円くらいは増える計算です。店長試験を受けるためには上から「店長試験を受ける資格がある人」として名前をあげて貰わなければなりません。

つまり、自ら店長試験を受けますと言って受けられるものではなく、推薦されるのを待つ必要があります。推薦されるためには年に2回ある評価面接でよい評価を取り、店長になるのにふさわしい人物だと認められなければなりません。

普段の勤務態度やお店の数字管理、強化品の販売、後輩の指導などを円滑にできる人だと推薦されやすいでしょう。ちなみに店長クラスで年収は600~700万円ほどになります。

OTC専門の店舗で働いていれば店長を目指すことになりますが、調剤併設店で働いているのであれば薬局長を目指すのが一般的な道です。

店長になるには早くても入社して5年はかかりますが、薬局長であれば能力次第で3年目くらいでもなれます。しかし店長のように手当はつきません。

ただし薬局長になるのと同時に管理薬剤師になるケースが多く、管理薬剤師手当が貰えるようになることがほとんどなので、その分の年収は上がります。

SVになれば年収1000万円も見える!

店長や薬局長のさらに上の立場がSVです。店長は店舗の責任者ですが、SVは複数の店長を取りまとめる立場となります。SVレベルになると薬剤師であれば年収は700万円を超えるくらいに上げることが可能です。

さらにSVとして数字を上げ、本社勤務になると年収1,000万円も見えてきます。

マツモトキヨシで年収を上げる方法④チャレンジ店長になる

女性店長を増やそうという運動の一環として、マツモトキヨシではチャレンジ店長制度なるものがあります。女性社員しか適用されないのですが、店長の見習いとして店長業務をこなし、見習い期間中によい結果を残せればそのまま店長になれる制度です。

普通の店長の場合は店長試験に合格して、店長として働かない限り店長手当は付かないのですが、チャレンジ店長は「チャレンジ店長を引き受けます」と言ったその日から店長手当が発生します。

早くて入社4年ほどで就任可能です。店長手当がつくので年収は100万円くらい上がりますよ。

マツモトキヨシで年収を上げる方法まとめ

マツモトキヨシで年収を上げる方法4つを解説してきました。

  • ランクを上げる
  • 転勤ありにする
  • 店長や薬局長、SVになる
  • チャレンジ店長になる

など、主に4つの方法があります。やる気と能力があれば入社して数年でかなり年収を上げることが可能です。女性であればチャレンジ店長制度もあるので、ぜひ活用したいですね。

しかしただただ平凡に働いているだけでは、何年働いても年収が上がらない職場でもあります。やる気と能力が大きく重視される会社と言えます。

キャリアコンサルタント
マツモトキヨシ元社員の方による給与制度、大変参考になりましたね!

努力次第で年収1,000万円も目指せる「マツモトキヨシ」への転職にご興味を持った方、薬剤師として年収をアップさせたい方は、以下の記事も是非参考にしてください。