看護師なのに収入が増えない?給与UP法を極めた私がコツ4つを紹介

こんにちは、看護師ライターのそうけんです。いきなりですが、看護師の皆さん、お給料全然増えないなぁ、なんて悩みを抱えていませんか?
看護師って高給というイメージがありましたが、なかなかお給料が増えません…!こんなに働いているんだからもっと収入を上げたい!

私は、10年間常に給料アップの方法を考え、実践してきました。私が成功した収入アップの方法を教えます!

看護師は専門職で、平均年収500万弱あり、一般的にみれば女性の年収としては高いという印象もありますが、20~30代、30~40代と年齢を重ねても上がっていくことが少ないので、気が付いたら同年代の人に追い抜かれていたなんてことは珍しくありません。

2019年10月からはいよいよ消費税が10%に上がりますし、生活はこれまで以上に苦しくなるでしょう。この記事では、看護師経験10年になり、常に給料・収入アップを考えてきた私の体験談を元に、給料・収入アップ方法を4つ紹介したいと思います。

それぞれのおすすめ度に差がありますので、4段階の☆の数で評価もしています。

看護師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

看護師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

1位: マイナビ看護師、2位: ナース人材バンク、3位: ナースではたらこ

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】看護師転職サイトランキング!人気70社の口コミ・評判を比較

収入アップを実現してきた看護師ライター「そうけん」の自己紹介

私は30代後半の男性看護師です。准看→正看という教育課程で働きながら看護学校に通い卒業しました。卒業後は奨学金の絡みもあり、150床程度の地域に根差した民間病院に就職。4年働いた後、消化器系の専門病院へ転職。もうすぐ6年目になろうかというところです。

現在、勤務中の病院では3年目にNST専門療法士を取得。紆余曲折を経て、4年目からはは夜勤専従看護師をやっています。あとは、本業として病院勤務する傍ら、副業として、休日に、単発派遣で老健やデイサービスなどで働いて1年程になります。

看護師が収入をアップさせる方法① 転職(おすすめ度 ☆☆)

自己紹介でも触れた通り、私は新卒で入った病院を4年で辞め、転職をしています。この新卒で働いた病院は、奨学金返還免除の条件に当てはまったのと同時に、賞与実績が年間5.5か月というところに魅力を感じて就職を決めました。

しかし、4年働いても、昇給が少ない。年間1000円程度、業績によってはない年もありました。おまけに、基本給が低く設定されているため、賞与の月数が多くても、支給金額としては意外と少ないという事実に気づかされました。

月給が少なく、賞与も思ったより少ないという事実に自分はかなり不満でした。新卒2年目で私は結婚をし、3年目には子供が生まれました。独身の頃とは違い、自由に使えるお金も減り、家計のためにもっと稼がなくてはいけないと思うようになったのもこの頃。

給料アップのために転職を考えました。そこでまず利用したのが、看護師専門転職エージェントへの登録。専門のコンサルタントの方についてもらい、基本給が高めに設定されていて、尚且つ賞与の実績も高いところという条件で探してもらいました。

すぐに見つかったのが現在働いている消化器の病院で、賞与は年間4.5か月に落ちたものの、基本給が4万アップし、結果的に月給、賞与共に上がり、年収が50万以上上がりました。

昇給も安定して3000円ほどあり、着実に増えている実感はあります。この経験から、看護師の給料アップ法として、転職はまずおすすめできるかなというのはあります。

ただし、経験年数をしっかり考慮してくれること、漠然と年収や月給だけで判断せず、その中身や昇給実績も考えて、ちゃんとコンサルタントに給与交渉も行ってもらうことが大切になります。

後は、若い方なら、最低3年は働いておかないと、給与交渉や経験年数もなかなか反映してくれないと聞きましたので、新卒で入って給料少ないからすぐ転職っていうのは考え物かと思われます。

しっかりと給与交渉してもらえる、おすすめの転職エージェントはこちら!

【2019年最新】看護師必見!転職エージェントランキング

看護師が収入をアップさせる方法② スキルアップ・資格取得(おすすめ度 ☆)

自分の希望ではなく、周りからの影響だったのですが、スキルアップ資格取得の経験もあるので、そちらにも触れます。現在働いている病院の委員会業務でNSTを長く務めることになり、NST専門療法士の資格取得を勧められました。

それまでに認定看護師や専門看護師、付随した資格などを取得された方がいなかったので、専門療法士を取得したことで、どれくらい給料が上がるのだろうという未知な部分はありました。

結果的に月に15000円の手当がつくという条件のもと、資格取得に励み、取得に至ったのですが、意外にも取ってからのほうが大変。週に2回のNST回診に出たり、NST対象患者のピックアップや勉強会の講師を行ったりして、夜勤の回数が激減してしまいました。

うちは二交代なので、夜勤手当は1回1万円なのですが、5回あった夜勤が2回まで減ってしまい、3万円も減給に。結局、15000円の資格手当が入っても、トータルではむしろマイナス。

専門療法士の仕事をすると、給料は減ってしまうという矛盾が生じ、たまたま後任の専門療法士の方が入ってくれたので、私は専門療法士としての仕事を辞め、元の業務に戻らせてもらいました。

認定看護師や専門看護師など、資格取得は給料アップに繋がる可能性はありますが、認定や専門としての仕事をしながら、同じように夜勤を続けられるシステムだったり、資格手当が高く設定されていないと、上がる可能性があれば下がる可能性もある。

私と同じようになってしまう可能性があるので注意は必要です。

看護師が収入をアップさせる方法③ 夜勤で稼ぐ(おすすめ度 ☆☆☆☆)

NST専門療法士の仕事を辞めたあたりから、看護師の給料は夜勤の回数と密接な関係があるということに興味を持ち始めました。

現在、働いている病院では各部署に1~2名ずつ夜勤専従看護師がおり、その看護師さんから大体、月の給料をいくらぐらい貰っているか、2交代の頃からどれくらい増えたかを何となく聞いてみたら、びっくりしました。

自分より2~3万は確実に多かったのです。増えた金額も4万は増えたと聞いて、羨ましさしかありませんでした。確かに、自分と同じくらいの基本給に夜勤回数が倍になるわけですから、当然、夜勤手当が4万は増える。

単純に計算しただけで、わかることです。なぜ、今までその選択肢はなかったんだと後悔するくらいでした。そして、その情報収集をしている同僚が、「私、もうすぐ辞める予定だから、代わりにやってみれば?」との一言。

もう、その時には心は決まっていました。師長さんに希望を出したら快くOKに。晴れて夜勤専従看護師となりましたが、良いことばかりではありません。

看取りや急変に当たる可能性も増えたし、何より、昼夜逆転生活がひどくなり、自律神経のバランスも悪化。体調を崩しやすくなりました。

夜勤の回数が4~5回→9回(月の上限回数)に増えたことで、確かに給料は上がりましたし、給料アップ方法としては間違いなくおすすめです。ただ、自分の心身の体調に気を付けながら行わないといけないですし、長く続けることは難しいかもしれません。

看護師が収入をアップさせる方法④ 看護師としての強みを活かした副業(おすすめ度☆☆☆)

私事になりますが、結婚して8年、子供も3人に恵まれました。子供が増えるごとに嬉しさはもちろんありますが、それ以上に経済的な厳しさを感じます。

上の子が大きくなり、習い事にお金がかかったり、マイホームや車のローン、将来への貯金、はっきり言ってお金はいくらあっても足りませんし、毎月カツカツです。

夜勤専従でお給料が増えても、入るお金より出ていくお金のほうが多い。そんな状況下で何か収入アップさせる方法はないかと模索した結果、副業に辿り着きました。

元々、前回の転職で利用した看護師専門転職エージェントが単発派遣業務も行っていて、コンサルタントの方からの勧めがあったり、夜勤専従で月の休日が増えたりというのがキッカケになりました。

仕組みとしては、メールで毎日のように単発派遣の就業先と空いている日にちが送られてきます。自分の都合の良い日と就業先を希望しメールか電話をするだけ。

時給または日給制度で、派遣先にもよりますが、時給1500~2000円。コンビニのバイトだと、夜間でも1000円程度ですから、割が良いですよね。

1日働けば、15000円くらいになりますから、月に2日程度働くだけでも十分なお小遣い稼ぎになります。派遣先は、訪問入浴や施設、デイサービスが多いのですが、やっぱり高齢者相手が多いし、介護業務も入ってきますから、ちょっと体力は求められるかも。

まして、本業の休日にやるので、体調管理は重要ですね。後は、本業の勤務先が副業禁止としていれば、バレないようにすることも注意が必要。税金関係はきちんとしとかないといけません。

年間20万以上の収入になるようなら確定申告を行わなければいけませんし、その際には住民税の納付を本業と別にするようにしましょう。

あとは、看護師業界って意外と広いようで狭くって、私も、派遣先で看護学校の同級生と偶然、一緒に仕事をすることになったなんてことがありました。

なので、あまり、本業関係の人には言わないほうがいいでしょうし、派遣先で自分のことも話しすぎないほうがいいかもしれません。同じように副業をしている友人看護師からも、結局は自分の口からバレてしまうってことが多いと聞いたことがあります。

以上、私の経験、体験を元に看護師の給料・収入アップ法についておすすめさせていただきました。それぞれ自分に合った給料・収入アップ法があると思いますから、しっかり自己分析を行ったうえで行動に移していくと良いでしょう。

キャリアコンサルタント

看護師として収入を上げていくことを常に考えている方の体験談、とても参考になりましたね。

「転職」は最初の選択肢として挙げられていましたが、成功を左右する最大のポイントは「良いエージェントに巡り合うこと」です。看護師の転職について、以下の記事でも詳しくアドバイスをしています。参考にしてください。

【2019年】看護師の転職に必ず役立つ!最新情報&アドバイス8つ