【体験談】保育園看護師の私が、仕事内容とやりがいを詳しく紹介!

看護師です。子供が好きなので、子供に関わる仕事ができたらいいな、と考えています。
それなら、保育園看護師がおすすめです!実際に現在保育園看護師として働いている私が、仕事内容を詳しく教えます♪

皆さんは保育園看護師という仕事があるのをご存知でしょうか?

看護師の職種には、病院や施設で患者や老人と関わるだけではなく、保育園で働くという選択肢もあります。ここでは保育園看護師の仕事について紹介していきます。

看護師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

看護師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】看護師転職サイトランキング!人気70社の口コミ・評判を比較
  1. マイナビ看護師 ロゴ
  2. ナース人材バンク ロゴ
  3. ナースではたらこ ロゴ

保育園看護師の1日の流れを紹介!

保育園には看護師の配置義務はありません。自治体により、努力義務だったり乳児○人以上で看護師1人と定められている場合もあります。

主に子供の健康管理、服薬介助、怪我や病気などの緊急時の対処を行います。園によっては看護師が保健だよりの作成をしたり、救急箱の整備などの衛生業務を行うこともあるようです。

0歳児クラス・1日の流れ

ここでは保育園看護師のモデルケースを紹介します。私は0歳児クラスに担任として常駐していますが、看護師はクラスを持たない園もあるようなので、あくまでも参考程度に見てください。

8:30 出勤
0歳児の検温、連絡ノートの確認、持ち物チェック、視診

9:30 おやつ
食前・食後の手指衛生、児によって食べやすい大きさか確認し必要に応じて切り分ける、摂取状況の確認

9:45~ 遊び
保育に入り子供同士のトラブルやクラス内で怪我がないか注意しながら子供と一緒に遊ぶ

11:00 給食
食事介助(子供の月齢や発達状況に合わせた介助を行う)、摂取状況の確認

12:00 午睡
自分のクラスの子供を寝かしつけ、その後他のクラスの子供の服薬介助を行う

12:15 お昼ご飯

12:30 休憩

13:30 おもちゃの整理・消毒、おむつの補充など

この時点で起きてしまっている子供もいるので、他の子供を起こさないよう別室で遊んで過ごすこともあります。

14:30 起床後おやつ、掃除

清潔な環境で子供たちが過ごせるようクラスの掃除は担任やパートの保育士と協力して行います。手が空いている場合は看護師も掃除に参加します。0歳児がクラス内にいる時は掃除機は使用せず拭き掃除をしています。

14:45~17:00 午後の検温の後遊び

残業はほとんどありません。送迎にきた保護者の対応をすることもあります。また、怪我や発疹が出た子供の対応をしたり、発熱時には状況に応じて隔離をします。

緊急性があるかどうか判断し、必要時病院受診をしてもらいます(園によっては受診の際看護師が付き添いをします)。

保育園看護師になる方法

求人情報に応募、転職サイトに登録の他、病院に直接求人が入ることもあります。また、お住まいの地域で公に募集がなくとも、転職サイトに相談すると近隣の保育園へ募集がないか確認してくれることもあります。

私の場合は、知人の紹介で現在の職場を紹介してもらえました。

キャリアコンサルタント

こちらの看護師さんは、運よくご友人からご紹介を受けることができたようです。しかし、そういうケースは稀なので、まずは「案件数の多い」転職エージェントに登録しておくと良いでしょう。
看護師転職サイト厳選4社の評判・口コミを徹底比較!

保育園看護師に必要なスキルは?

元々私は循環器内科でしか働いたことがなかったので、子供の発達や病気に関する知識は看護学校で習った程度にしかありませんでした。そのため必要があれば教科書や参考書を読み直しています。

急変が多い病棟だったので急変対応講習やACLSなどに参加していた経験はとても役に立ちました。

保育園にいる健康な子供なのでCPRが必要な場面には未だ立ち会ったことはないのですが、ビスケットを喉に詰まらせた子供に腹部突き上げ法を行い、窒息を解除させたことはあります。急変が多い現場にいたからこそ、冷静に判断できたということもあったと思います。

さらに緊張状態から迷走神経反射で血圧が低下し、一過性に意識消失してしまった子供がおり、その対応をしたこともあります。臨床経験がなくても保育園看護師にはなれますが、健康な子供と言えど何があるか分からないので、臨床経験はあればあるだけいいのではないでしょうか。

肘内障といういわゆる「肘が抜ける」ことも保育園では案外多いです。肘を動かすと痛みがあり言葉が出ていない子供でも泣いて訴えてきます。

肘内障は保育園で働いてから初めて見ましたが、すぐに分かりました。肘から下の挙上が出来なくなるのでバンザイができるかどうかで見分けます。指や手首は普通に動きます。この場合、整形外科や整骨院を受診してもらいます。肘内障自体は簡単に治すことはできるのですが、医師や柔道整復士の資格がないと整復できません。

保育園で働くことのメリット

  • 夜勤がない
  • 残業がなく、定時で帰れる
  • 給食が出るので昼ごはんを自分で用意しなくて良い
  • 子育て経験を生かせる
  • 子供の成長を身近で感じられる
  • 採血や点滴などの医療行為がない

保育園で働くことのデメリット

  • 一般的な看護師に比べると給料が安い→それでも保育士よりはもらっています。保育士の給料は本当に安く、それでいて長時間勤務、残業が当たり前なので見ていて可哀想に思うときがあります。
  • 看護師としてのキャリアアップは難しい
  • 4週6休と休みが少ない→これは園によりますが、土曜日も開園している保育園が多いです。
  • 台風や感染症拡大時など臨時休園になることがほとんどない→自治体によります。私の住んでいる地域では幼稚園や学校などは台風で臨時休園・休校がありますが、保育園は休みにはなりません。また、インフルエンザなど感染症が拡大している際でも学級閉鎖となることはありません。働いている親にとっては保育園が休園してしまうことで仕事を休まなくてはいけないからです。
  • 感染症にかかりやすい→子供の菌は強く、特に1年目は様々な菌をもらい、常に風邪をひいているような状態でした。だんだん免疫力がついてきます。

キャリアコンサルタント

やりがいの大きい保育園看護師の仕事内容、とても参考になりました。

以下の記事では、この体験談を執筆した看護師さんの転職前のエピソードを紹介しています。是非、合わせて読んでみてくださいね。

【体験談】急性期総合病院→保育園看護師に転職してハッピーに!