事務職は未経験でも転職可能?成功のコツとおすすめ転職エージェントを紹介

事務_530279533
事務職への転職を希望しています。どうしたら転職できますか?
キャリアコンサルタント
事務職は、コミュニケーション・PC・事務処理の3つスキルがあれば未経験でも転職できます。
分かりました!ちなみに、事務職の倍率は高いと聞きましたが本当ですか?
キャリアコンサルタント
そうですね。ライバルが多いのは本当ですが、転職エージェントを利用すれば効率よく転職活動ができます。事務職の転職に強い転職エージェントを紹介するので、参考にしてみてください。

女性を中心に人気の高い事務職。女性だけでなく、男性の中にも「働きやすそうだし、事務職に転職しようかな」と考えている人がいるのではないでしょうか。

「仕事が楽そう」、「家庭との両立ができそう」などのイメージを持っている人も多い事務職ですが、実はホワイトなイメージと異なる部分もあり、イメージで転職すると後悔してしまうこともあります。

この記事では、事務職になるにあたっての注意点や、事務職への転職をする際の志望動機の例文を紹介するとともに、事務職ならではの転職を成功させるポイントを紹介します。

【2019年4月:最新情報】

4月は転職する最高のタイミングです。多くの企業では、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が決まった4月から補強のために中途採用を行います。当然、ライバルとなる転職志望者も急増します。他のライバルに先を越されぬよう、早急に準備をしましょう。

  1. このページを参考に、複数の転職エージェント(『doda』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など)に無料登録する
  2. 各エージェントから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、各エージェント側のサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期にあたります。そのため、転職活動へ積極的な人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントには、「すぐにでも転職したい」としっかり伝え、優先的にサポートを受けられるようにしておきましょう。

事務職への転職が難しい理由3つ

「事務職は楽」そう思っている人は要注意です。事務職の転職が、実は難しい理由を解説します。

理由① 事務職の求人は減少傾向にあり、倍率が高騰している

「AIによって人間の仕事が奪われる」という話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。実は、事務職は科学技術の進歩によって仕事を奪われつつある職業の一つです。

これまで人間が手作業でやっていた仕事を機械で処理できるようになったため、事務職の正社員求人は減少傾向にあります。しかし、人気が高く志願者が多いため、事務職の倍率は高騰しているのです。

そのため、事務職への転職は年々難易度が高くなっており、「事務職になりたい」と思っても全員がなれるわけではないのが現状です。

さらに、事務職に求められる仕事内容も、クリエイティブな発想など、人間にしかできないことに変化する傾向にあります。「黙々と作業をこなせばいい」という事務職のイメージは、もはや過去のものです。

理由② 会社によって仕事内容が異なる

一言に「事務職」と言っても、その内容はさまざまです。会社の規模や事業内容などによっても、仕事の内容が大きく異なります。

大企業であれば、業務ごとに部署が分かれているため、その部署のスペシャリストとして働くことが求められます。対して、小規模な企業の場合、全ての部署を管理するゼネラリストとしての役割が求められます。

また、業務の内容によっては、業務時間内に処理できず、恒常的に残業が発生することもあります。「事務職は残業が少なそうだから」と考えて転職するのは避け、きちんと調べることをおすすめします。

それ以外にも、会社によっては「こんなことまで事務職がやるの?」と思うような業務を任されることもあります。事前に業務の内容を知っておかないと、転職後に後悔する可能性が高くなってしまいます。

理由③ ずっと事務職を続けられるとは限らない

事務職を希望する女性の中には、「事務職なら残業も少ないだろうし、子育てとの両立もできそう」と考えている人もいるでしょう。しかし、将来も事務職として働き続けられる確証がないのが現状です。

育児休暇から復帰した際に、別の部署への異動を命じられることは、事務職に限らず見られることです。「事務職なら育休明けも復帰がしやすい」というわけではないのです。

同じ部署で事務職として働き続けるには、きちんと実績を積み、他の社員に「この人に働いてほしい」と思ってもらえるほどの信頼を得ることが欠かせません

事務職への転職を成功に導く「3つのスキル」と志望動機

「楽な仕事」とは言えない事務職ですが、一体どのようなスキルが求められるのでしょうか。「資格を取っておいた方がいいのかな…」と思っている人も少なくないでしょう。

しかし、事務職への転職には、資格がなくても問題ありません。それよりも大切なのは、事務職に求められるスキルを持っていて、それをアピールできるかどうかなのです。

ここでは、一般的な事務職に求められるスキルを紹介します。

スキル① コミュニケーション能力

一言に「事務職」と言ってもさまざまな仕事がありますが、どの仕事でも欠かせないのがコミュニケーション能力です。採用担当者も、他のスキルよりミュニケーション能力を重視する傾向が強いです。

「事務職は黙々と作業をしていればいいんじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、事務職の仕事は他の社員との調整が欠かせません。仕事を円滑に進めるためには、社員とのコミュニケーションが必須です。

また、事務職は他の部署との関わりも多く、さまざまなタイプの人と接する必要があります。顧客からの電話対応も行うことも多く、コミュニケーション能力は欠かせないスキルと言えます。

スキル② PCスキル

事務職の仕事では、多くの場合文書作成ソフトや表計算ソフトなどを使用します。高度な技術が求められるわけではありませんが、これらのソフトを最低限使うことのできるPCスキルは欠かせません。

もちろん、これらのスキルは入社後にも磨くことができますが、即戦力を求める転職市場において、PCスキルがないことが大きなウィークポイントになってしまう可能性は高いです。

これまでの業務でPCスキルを磨いている人は問題ありませんが、自信がない人は、最低限の使い方だけでも勉強しておくことをおすすめします。

スキル③ 正確な事務処理能力

事務職には、与えられた仕事を正確にこなすことが求められます。時には膨大な量の仕事をこなさなければならないこともあるので、柔軟にミスなく処理できる能力が欠かせません。

事務職の場合、さまざまな案件を同時に処理しなければならないことが多くあります。優先順位をつけ、効率的に仕事を処理できる能力が求められていると言えるでしょう。

事務職への転職で好まれる志望動機は?すぐに使える例文も!

応募先企業で求められているスキル(ワードやエクセルなど)は、実際に資格取得しているものであれば、書くことでよりアピールに繋がります。

どの職種も実績が大切ですが、特に事務職の転職には重要視されます。事務職といっても、電話対応や備品の受発注だけではなく、営業のサポートに入ってパワーポイントなどを使用し、営業資料の作成をお願いされる会社もあります。

応募先企業の仕事内容を確認した上で、それ以上に「こんなことができる」というアピール点があれば尚良しです。

事務職の志望動機例文(営業事務への転職)

私は、以前の会社で「正確に仕事をこなす」ことと「周りの人たちのサポート役に徹底する」ということを念頭に仕事をしておりました。

より、高度なPCスキルを身につけて、今以上のサポートができるようになりたいと思い、入社後半年でWord、Excel、PowerPointのエキスパートの資格を取得致しました。

大手クライアントとの取引がある営業チームからは、「○○さんの企画書のおかげで仕事を受注できた」という評価をもらった経験もございます。

周りの人たちとコミュニケーションを積極的にとることによって、今何が求められていて、そしてこの先何が必要になるか、常に考えながら「受け身の事務ではなく、自発的な事務」として御社で活躍したいです。

事務職への転職で資格は有利?

パソコンの資格は持っているのにこしたことはありません。特にワードやエクセルなどは必須で、事務職であればスペシャリスト以上を持っていると優遇されるでしょう。

会社によっては、パワーポイントやアクセスなどの資格も持っていれば優遇されるケースもあります。

特に、未経験で事務職への転職をする場合は、経験がないことで非常に市場価値は低くなります。今の自分のレベルが判断されやすいワードやエクセルなどの資格を持っていると、転職に有利でしょう。

事務職への転職のコツは年代や性別によって違う!タイプ別攻略法

事務職への転職を成功させるには、前述のスキルをアピールすることが重要です。それに加えて、いくつかのポイントを踏まえることで、より成功率を高めることができます。

ここでは、性別や経験の有無、年齢など、転職を希望する人のタイプ別に、事務職への転職を成功させるためのおすすめポイントを紹介します。

女性の場合

女性でも働きやすい事務職ですが、前述のとおり、「楽そう」というイメージに合わないことも多くあります。女性が事務職へ転職するうえで何より欠かせないのは、転職先の情報収集です。

HPや転職サイトの採用情報で、企業分析を行うこともできますが、一人でやるには限界があります。効率的に行うためにも、転職エージェントを利用することがおすすめです。

転職エージェントに在籍するキャリアコンサルタントがその会社に出向いて聞いてきた会社の実態や、裏情報などよりリアルな話を知ることができます。

事務職の転職に強いエージェントを次の章で紹介しますので、参考にしてください。

また、女性の転職支援に強いエージェントを併用するのもおすすめです。パソナキャリアリブズキャリアは、女性の転職実績も多く非常に有名な会社です。

男性の場合

女性が多いイメージの事務職ですが、男性が採用されることも少なくありません。特に男性の割合が高いと言われているのが、経理事務です。

簿記などの経理に関する知識を身につけておくと、より転職に有利になるでしょう。

また、事務職に求められるスキルが多様化していることを受け、事務職以外でも生かせる能力を身につけておくと、企業へのアピールにつながると考えられます。

これまでの仕事で身につけたスキルを生かし、「事務能力+α」をアピールすることをおすすめします。

またその能力によっては、今以上の高待遇で採用されることも少なくありません。ただし、そのような良い求人は、転職エージェントの非公開求人に多く、一般的には出回っていないのが現状です。

ですので、男性で今よりも良い条件の転職先を望む場合、転職エージェントの利用が欠かせません。

未経験の場合

一言に「未経験」と言っても、これまでの職歴によってその程度はさまざまです。自分のスキルを客観的に判断し、どの求人であれば応募できるかを見極める必要があります。

客観的に判断するのが難しい場合は、転職エージェントのキャリアコンサルタントに聞くのがお勧めです。個別面談の際に、スキルの棚卸をしてもらえるほか、自分のレベルに合った求人を紹介してもらえます。

正社員で働いた経験がないなど、自分のスキルに自信がない場合には、ハタラクティブなど、経験の浅い若年層の転職支援に強いエージェントを利用するのもいいでしょう。

40代以上の場合

40代以上の場合、30代以下の転職希望者と比べて市場価値が低いと思われがちですが、事務職の経験があり、相応のスキルを身に着けていれば、30代以下の人材よりも高評価を得られることもあります。

年齢がある程度高い人材を募集している企業は、管理職として働ける人材を求めていることも多いので、マネジメント能力があるとプラスの評価を得られる可能性が高まります。

しかしながら、競争率の高い事務職で内定を勝ち取るには、履歴書や面接などの対策が欠かせません。効率的に転職活動を進めるためにも、転職エージェントの利用がおすすめです。

後ほど紹介する総合型転職エージェントを利用するのもいいですが、管理職やハイクラスの求人を見たい人は、ビズリーチJACリクルートメントなどのエージェントを利用することをおすすめします。

事務職への転職におすすめの転職エージェント3選

前述のとおり、事務職への転職を正社員で成功させるには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。ここでは、幅広くさまざまな人におすすめできる転職エージェントを、利用者の口コミとともに紹介します。

なお、転職エージェントは複数を併用することでその真価を発揮します。前述のタイプ別おすすめエージェントなどと併用し、自分に合ったエージェントと転職活動を進めてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人数を誇る大手転職エージェントです。2019年1月現在、事務職の公開求人数は1,438件、非公開求人は12,826件と、豊富な求人を保有しています。

豊富なノウハウを生かしたサポートも評判ですが、特に評価が高いのがインターネットで職務経歴書の作成や応募などが行えるシステムです。空き時間に転職活動を進められるため、忙しい人にもおすすめのエージェントです。

利用者の口コミでも、この独自のシステムが高評価です。

40歳女性・一般事務
案件紹介用の個人ページ、適性検査など、システムが充実しています。職務経歴書の雛形もあり添削もきっちりしてもらえるので、初めての転職ではとても便利だと感じました。
26歳女性・一般事務
大手企業という安心感がありました。パーソナルデスクトップという専門サイトがあって、求人に応募するのがとても楽でした。

doda

doda

doda(デューダ)は大手転職エージェントの一つで、豊富な求人数と質の高いスタッフが魅力です。2019年1月現在、事務職の公開求人数は2,564件と、業界トップクラスの求人数を誇ります。

担当者が複数人で対応してくれるだけでなく、当たり外れも比較的少ないため、充実したサポートが期待できるのがメリットです。求人数・サポートともに充実していることから、どんな人にもおすすめできるエージェントです。

口コミでは、担当者のサポートを評価する声が多く見られました。

34歳女性・司法書士事務所事務
とにかく担当者が積極的な方で、頻繁に求人情報を送って頂きました。担当者が休みの場合でもアシスタントが常にいるので、サポート力も万全です。
30歳女性・一般事務
担当の方がこまめに連絡をくれて、転職先に求めるものなどを細かくヒアリングしてた。はじめての転職の後押しをしてくれた。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、近年利用者を伸ばしている人気の転職エージェントです。2019年1月現在、事務職の公開求人数は771件、非公開求人は1,704件です。

新卒の就職支援で実績があることもあり、20代を中心とした若年層への支援に定評があります。担当者も熱意を持ってサポートしてくれるので、初めての転職で不安な20代に特におすすめのエージェントです。

口コミでも、20代を中心に、サポートを評価する声が多く見られました。

24歳女性・経理事務
面談が充実しており、希望の求人条件をしっかり共有した上で転職活動を行えました。また、面接対策も充実していました。
28歳女性・営業事務
求人の量が多く、専属の担当が条件をもとに絞ってくれたので、その中から選ぶことができました。

未経験でも事務職へ転職するには志望動機とスキルが鍵!

人気の高い事務職への後悔しない転職を実現するには、自分を売り込むためのスキルの棚卸と、イメージとのギャップを埋めるための情報収集が欠かせません。

自分一人でスキルの確認や情報収集を行うことも良いですが、より効率的に行うには、転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談するのがベストです。

あなたが知りたい応募先企業のリアルな情報や、長年の経験から応募先企業へのあなたの売り込み方など「内定を勝ち取るための全て」が転職エージェントにはあります。

この記事を参考に、上記で挙げた転職エージェント2~3社程度登録をし、事務職への転職を成功させてください。