薬剤師の初任給は?職種別や薬局別に紹介

薬剤師に転職した場合の初任給はいくらぐらいなのでしょうか?
薬剤師の初任給は職種によって異なっています。

キャリアコンサルタント

どこに就職すれば高い初任給を得られますか?
初任給は職種企業や地域によって差があります。この記事では、薬剤師の初任給はどのぐらいなのかを職種別にご紹介しますね。

キャリアコンサルタント

どのような企業で働くにしても、初任給を気にする人は多いです。その企業で働くことによって、自分はどの程度稼げるのかは生きていくにあたり重要な情報です。

薬剤師で働きたい人も初任給がどの程度であるのか気になることでしょう。初任給が自分のスタートの金額でもあるからです。

この記事では薬剤師で働くと初任給はどの程度なのか。また、初任給について注意することは無いのかをまとめていきます。

薬剤師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

薬剤師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】薬剤師転職サイトランキング!人気58社の口コミ・評判を比較
  1. 薬キャリエージェント ロゴ
  2. ファルマスタッフ ロゴ
  3. リクナビ薬剤師 ロゴ

薬剤師の初任給は?職種別に紹介

薬剤師の初任給は職種によって金額が異なります。どこで働いても給料は高いと考えられていますが、実は職種で左右されてしまいます。

職種初任給年収
調剤薬局22万円~28万円400〜500万円
ドラッグストア24万円~30万円400〜600万円
企業24万円~26万円500〜700万円
病院20万円~25万円350〜400万円
公務員20万円〜40万円400〜700万円

以下では職種別に、どの程度の初任給を受け取れるのかご紹介していきます。

調剤薬局

薬剤師の職種で思い浮かべる人も多いのは調剤薬局でしょう。調剤薬局の初任給は以下の通りです。

初任給22万円~28万円

調剤薬局の初任給は他の企業へ就職する場合と比較して高めに設定されています。そのため調剤薬局への就職を希望する人は少なくありません。

ただ調剤薬局の初任給は勤務する地域によって左右されることも多いです。薬剤師が不足している地域では初任給が高くなる傾向があります。

逆に薬剤師が飽和している地域では比較的下がってしまう傾向にあります。勤務地も踏まえて初任給を判断する必要があります。

ドラッグストア

調剤薬局と同じく就職する人が多いのがドラッグストアでしょう。ドラッグストアに転職した場合の初任給は以下の通りです。

初任給24万円~30万円

ドラッグストアの初任給は職種の規模によって左右されることが多いです。意外にも全国展開しているドラッグストアの方が初任給は低めに設定されています。

その反面、地域密着のドラッグストアでは初任給が高いこともあります。また全国展開している企業であれば地方で勤務するかどうかで初任給が左右されることもあります。

調剤薬局の初任給と同様に、薬剤師が不足している地域での就職となれば初任給は高まる傾向にあります。

製薬企業(企業内薬剤師)

薬剤師になって製薬企業で働きたい人もいるでしょう。製薬企業の初任給は以下の通りです。

初任給24万円~26万円

一般的な企業に就職することを考えると製薬企業は全般的に年収が高めです。そのため初任給も一般的な企業よりは高くなっています。

ただ調剤薬局やドラッグストアと比較すると初任給は低いこともあります。これは製薬企業の薬剤師は、店頭に立ってお客様に薬を紹介するような仕事が無いからです。

製薬企業の薬剤師は一般的な会社員のような働き方が多いです。そのような働き方の違いもあり、店頭で接客する仕事よりは初任給が低めです。

病院

薬剤師は病院に就職することもあります。病院に転職した場合の初任給は以下の通りです。

初任給20万円~25万円

意外にも病院に転職した場合、薬剤師の中でも比較的初任給は低いです。病院は全体的に収入が高いイメージを持たれています。しかし、薬剤師の場合にはそうでもありません。

病院は薬剤師の職種の中でも比較的マイナーです。人気が高まらないことから競合も少なく初任給が上がりにくい状況です。

また、そもそも病院で働くと高年収であるとのイメージが一人歩きしているという事実もあります。

公務員

薬剤師の中に「公務員」に分類される職種があります。公務員薬剤師になった場合の初任給は以下の通りです。

初任給20万円〜40万円

公務員薬剤師の初任給は、非常に平均的で、高くも低くもありません

ポイントなのは、そこまで高いわけではないけれど、「安定してこの水準が保たれる」という点です。

公務員は、民間とは違いますから、雇用や給料の安定度が違います。

高くなくて良いけど、安定して給料が欲しいという方には、非常におすすめです。

薬剤師の初任給が高めな理由

一般的な企業に就職する場合と比較して、薬剤師の初任給は高めであることが多いです。その理由は大きく分けて2つあります。

1つ目は薬剤師という資格が必要な専門的な仕事であるからです。国家資格を持っている人材ですので、高い初任給が提示されています。

2つ目は薬剤師になるために6年間大学に通う人が多いことです。一般的な企業であれば大学院卒の初任給であると考えられます。

大手企業であれば学卒と院卒は初任給が1-2万円ほど異なっています。院卒のほうが初任給では優遇されていることが一般的です。

そのことを踏まえると6年間大学に通う必要のある薬剤師は必然的に初任給が高まります。そのため、学卒も含んだ一般的な初任給相場よりも高くなるのです。

初任給を比較してどこで働くのが良いのか

初任給を比較した場合にどこで働くのが良いのでしょうか。これは言わずもがな金額だけ見ると調剤薬局かドラッグストアで働くことをお勧めします。

ただ、あくまでも初任給での比較でありその後の収入などはキャリアプランなどに左右されます。1年目の年収はドラッグストアや調剤薬局が高額であることは間違いありません。

ただ気をつけなくてはならないのは、調剤薬局やドラッグストアによっては転勤があることです。高い初任給を得るためには、地方で働かなければならないこともあります。

そのために必ずしも初任給だけで比較するべきではないかもしれません。製薬会社や病院に転職した場合、初任給は劣るものの転勤は少ないでしょう。

安定して同じ地域で働くということは一つのメリットです。その点も踏まえて初任給を比較しながら考えるようにしておきましょう。

ウエルシア薬局などの初任給は?人気の薬局順に紹介

ここでは、有名な薬局の初任給をご紹介します。

なお、以下の記事では「調剤薬局ランキング」をご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

【2019年最新版】調剤薬局ランキング!売上高や働きやすさが一目瞭然
薬局名初任給
アインホールディングス25万円~38万円
日本調剤25万円〜31万円
クオール約26万円~38万円
総合メディカル約20万円
スズケン約23万円
東邦ホールディングス約20万円
メディカルシステムネットワーク約25万円〜35万円
アイセイ薬局約25万円~45万円
ウエルシア薬局約35万円
スギ薬局約32万円

有名な薬局・会社の初任給は上の表のようになりました。

総合職と比べると、薬剤師の初任給は大分高いですが、「異動がある・ない」「特定の地域での勤務」などの条件によっても変わってくるので、自分が希望する条件ではいくらもらえるのか、チェックする必要があると言えます。

薬剤師は初任給を上げることも検討すべき

薬剤師も企業で働く一員です。そのため様々な手当てをもらえる可能性があります。これらを含めて初任給を上げることも検討しておくべきです。

具体的にどのような手当てをもらえる可能性があるのでしょうか。薬剤師がもらえる手当ての例をご紹介します。

残業手当

手当ての中でもイメージしやすいものが残業手当です。一般的には残業代と呼ばれているものがこれに該当しています。

薬剤師の場合、企業によって残業が多発する場合とそうではない場合があります。製薬会社などは働き方改革で残業は少ない傾向にあります。

逆にドラッグストアなどは営業時間とシフトの都合から残業が多発する可能性があります。そのため残業手当が支給されることが多いです。

残業が多発しやすい企業では、初任給額に残業手当が含まれて提示されていることがあります。例えば初任給26万円(基本給23万円+残業手当3万円)などです。

残業代の取り扱いも企業により異なります。一定時間働いたと仮定して残業代を提示していることもありますし、そもそもみなし残業が採用されていることもあります。

初任給を上げたいのであればある程度はみなし残業が適用される企業で働いたほうが最初は良いでしょう。

住宅手当

初任給からもらえる可能性のある手当てに住宅手当があります。住宅手当は一人暮らしなどをするときに支給される手当てのことです。

また、自動車が必須となる地域などその地域の利便性によっても住宅手当が支給されることがあります。これは支出が多くなってしまうことに対する手当てです。

住宅手当の支給条件などは企業によって大きく異なります。また、独身と既婚で取り扱いが異なることも少なくありません。

初任給をもらう人の大半は独身でしょう。そのため、独身のときにどのような住宅手当がもらえる可能性があるのかを確認しておくと初任給が増えるかどうかを確認できます。

地方勤務手当

薬剤師の不足している地方に転職した場合、地方勤務に対する手当が追加されることがあります。これがあることで調剤薬局やドラッグストアでは初任給が高まることがあります。

特に地方に就職する場合、都心などに転職した場合と比較して初任給が手当てによって高額になることがあります。全ての企業に当てはまるわけではありませんが高まる傾向があります。

ただ、企業によってはそもそも地方での勤務が存在しない場合もあります。また、地方勤務でも特段手当てが支給されないこともあるので注意は必要です。

初任給を上げたいと考えているのであれば、手当ての出る企業の地方で働くことを意識して就職するのも一つの手です。

最初は地方の勤務で初任給を上げておき、その後のキャリアアップなどの過程で希望の地域に転勤したり転職することも考えると良いでしょう。

基本の初任給を上げるのは難しい

手当を利用することで多少なりとも初任給を上げることはできます。ただ、転職の場合とは違い交渉で基本となる初任給を上げることは難しいです。

基本的にどこの会社でも、新卒に対しての初任給は定められています。ほとんどの企業で設定されている初任給が変更されることはありません。

そのため、基本給を上げることは諦めて手当てを利用して初任給を上げることを考えていきましょう。

薬剤師の初任給を比較する上で注意するべきポイント

薬剤師の初任給を比較する場合どこに注目すると良いのでしょうか。比較に関していくつか気をつけておくべきことがあります。

以下では具体的にどのような点に注意して比較すれば良いのかをご説明します。

手当てが含まれていないかを確認する

企業によっては提示している初任給の中に各種手当が含まれていることがあります。例えば住宅手当などを含んだモデルケースが初任給で提示されていることがあります。

この場合、手当がもらえない人は初任給が下がってしまいます。同業他社と比較して明らかに初任給が多い場合には、色々な手当が含まれていないかを確認しておきましょう。

また手当が含まれていることを確認した場合、その点も考慮して初任給を比較できるように手当ての内容を確認する必要があります。

自分が受け取れる手当てであればそのまま計算すれば良いでしょう。逆に自分は受け取れない手当ての場合には差し引いて初任給を低くしてから比較しましょう。

地域差が大きくないかを確認する

地域手当などの関係で初任給は地域差がある企業もあります。その場合、自分が勤務するつもりの地域での初任給かどうかを比較しておきましょう。

手当てが含まれている場合と同様に、場合によっては初任給が高い地域での金額が提示されていることがあります。これでは実際にもらう額との差が生まれてしまいます。

全国展開している企業では、地域によって初任給が異なることは十分にありえます。勤務予定の地域ではどれぐらいの初任給であるのかを確認して比較しましょう。

薬剤師での年収アップを見据えて転職サイトに登録しよう

薬剤師は初任給も高めの水準であり、同年代と比較すると高年収になることが多いです。ただ、その後のキャリアプランによって年収は大きく異なります。

初任給だけに注目するのではなく、その先のことも考えるのであれば転職サイトに早い段階から登録するのも悪いことではありません。

ここではおすすめの転職サイトをご紹介します。

薬キャリエージェント

薬キャリ

まずは「薬キャリエージェント」をご紹介します。

この転職サイトの最大の特徴は「年間の登録者数が1番多い」という点です。

また、求人数も業界トップレベルで保有しており、特に調剤薬局・派遣・OTC関係の求人を豊富に扱っています。

ただ、キャリア面談は「電話・メールのみ」なので、対面での面談を希望する場合は、他の転職サイトを利用する必要があります。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

「ファルマスタッフ」では、年収700万円以上や時給4,000円以上といったいわゆる高時給の求人を数多く紹介してもらえます

また、日本調剤グループによる独自の研修制度や教育体制が整っており、特に調剤薬局の求人が豊富です。

土日が休みの職場がいい、駅や保育園に近い職場がいいなど、好条件といわれる求人も多く取り扱っているという点も魅力的です。

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は、調剤薬局・ドラッグストア・病院・企業の求人を、業界トップレベルで保有しています。

また、リクルートという信頼できる会社が運営しており、最短3日で転職可能な迅速さも兼ね揃えています

薬剤師は初任給からの上昇ペースを意識しておく

薬剤師はどこに就職しても初任給は高めであるものです。ただ、そこからの上昇ペースは企業によって異なります。

長く働いてもなかなか初任給から上がらないこともあります。これは薬剤師であるのにもったいないことでもあります。

そんなときは転職サイトを利用すると良いでしょう。転職サイトのサポートを受けると初任給よりもずっと高い給料で転職できる可能性があります。