病院薬剤師に転職するのはどう?メリットやデメリットを解説!

薬剤師です。転職を考えているのですが、病院薬剤師、調剤薬局、ドラッグストアのどこで働くか迷っています…。どうすれば良いですか?
それぞれのメリットデメリットについて、しっかりと検討する必要があります。この記事では主に、病院薬剤師として転職するメリットやデメリットについて解説していますよ。

キャリアコンサルタント

分かりました。ぜひ病院薬剤師の転職について詳しく教えてください!
はい。この記事では、その他にも病院薬剤師の転職を成功させるポイントについてご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

薬剤師といっても病院薬剤師なのか調剤薬局やドラッグストアで働くのかによって、仕事内容や待遇は大きく異なります。

ここでは、病院薬剤師に転職する際に知っておきたいことをわかりやすくまとめています。ぜひ参考にしてくださいね。

目次

薬剤師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

薬剤師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

1位: 薬キャリ Agent、2位: ファルマスタッフ、3位: リクナビ薬剤師

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】薬剤師転職サイトランキング!人気58社の口コミ・評判を比較

やりがいが大きく専門性が高い、病院薬剤師の仕事とは?

病院薬剤師の仕事は、調剤薬局やドラッグストアで働く薬剤師の仕事とはまた違います。

病院薬剤師の基本的な仕事内容を確認していきましょう。

調剤業務や服薬指導

病院薬剤師の基本的な業務といえるものが、調剤業務と服薬指導です。

現在は病院の多くが院外処方の対応をしているため、外来患者すべてにこれらの業務を行なっているわけではなく、主に病棟内の患者さんに対しての業務になります。

ただ、足腰が不自由な人や、抗がん剤や抗HIV薬などを使用している人は院内処方になる場合があります。

どちらにしても病院薬剤師は処方箋に沿った調剤を行ない、他の薬剤師がそれを監査し、また必要となれば医師に疑義照会を行なって処方内容を確認します。

医薬品情報の収集や提供(DI業務)

医薬品の情報を医師や看護師に伝えること、また、医薬品方法を収集することをDI業務といいます。

そしてこの業務も、病院薬剤師の重要な業務の1つです。また、医薬品についての資料を調べることや、メーカーまたはMRに問い合わせをして正しい情報を得ることも求められます。

麻薬の管理や注射剤の調整

先ほどの調剤業務や服薬指導は、調剤薬局または調剤業務を行なうドラッグストアでも行なわれることです。

一方、この麻薬の管理、注射剤の調整は、基本的には病院薬剤師ならではの業務です。

がん化学療法では複数の薬剤を混注した注射剤が使われますし、がん患者に対して麻薬を使った疼痛ケアが行われます。

また、麻薬の扱い方や活用法について、医師に的確にアドバイスすることも求められます。

病院の種類によっても業務は異なる

病院薬剤師の仕事は、病院の種類によっても異なります。

そこで、病院にはどのような種類があり、それぞれの病院薬剤師の役割はどういったものなのかということをご紹介します。

急性期病院

大学病院やがんセンターといったような大きな病院は、この急性期病院です。

急性期病院とは、症状が変わりやすい急性期の患者を対象にした病院です。日ごとに患者の症状が変化することが多く、それによって処方箋の内容や処方する薬も変化します。

当然、それだけ多くの薬についての知識が求められますし、忙しい現場となります。

それだけに、患者に寄り添いたい、多くの薬の知識を得たい、高い専門性をもった医師とチームを組んで働きたいと考える薬剤師にとっては、やりがいを感じられる場となるでしょう。

慢性期病院(病養型病院)

慢性期病院とは、症状が落ち着いた患者が長期に渡って入院している病院です。

急性期病院とは違い、慢性期病院では毎日ほぼ変わりのない処方箋内容となるため、落ち着いて仕事をすることができます。

ただ、急性期病院と比べると日々の学びは少なく、同じような業務が繰り返されることが多くなります。

とはいえ、夜勤や残業がないという病院が多く、プライベートな時間や子育てを重視したいような人には向いているといえます。

混合型病院(ケアミックス)

混合型病院とは、急性期病院と慢性期病院の両方の役割をもった病院のことを指します。

急性期の患者から回復期や慢性期の患者の処方を受け持つので、幅広い勉強や経験ができます。

また、急性期病院のように忙しすぎることもなく、慢性病院のように刺激が少ないわけでもないので、適度な刺激と勉強量を求めたいという人には最適な環境となるでしょう。

病院薬剤師になるのは大変?

病院薬剤師の平均年収やメリット・デメリットはわかりましたが、病院薬剤師の転職難易度はどのようになっているのでしょう?ここでは、病院薬剤師の実情などから、転職難易度を検証していきます。

病院薬剤師は人気の職業

病院薬剤師は、薬剤師にとって有益になる知識や経験を積める職業として、薬学生や若手薬剤師の方などに人気のある職業です。病院の数だけ働く場も多いですが、競争率もその分高いと考えられます。

競争率が高い分、転職難易度も高くなりますが、情報収集や転職準備を事前にしっかりと行えば、高いハードルも可能な限り下げることができます。

病院薬剤師の仕事内容をしっかり把握

病院薬剤師の働き方には、患者の方の症状の移り変わりが激しい急性期病院と、症状の落ち着いた患者の方が長期入院する療養型(慢性期)病院の2種類があり、それぞれを把握することが転職を成功させるポイントと言えます。

急性期病院での病院薬剤師の仕事は?

怪我や急な病気などで、患者の症状の移り変わりが激しいため、その病院で働く薬剤師には、高度で専門的な知識と経験が求められます。

急性病院を利用されている患者のほとんどの方の症状は日々変化するため、投与する薬や処方箋も当然ながら日々変化します。

変動的で大変な仕事ですが、対応力が身に付き、また、やりがいと成長を実感できることが、急性期病院の特徴であり、働くメリットと言えます。

療養型(慢性期)病院での病院薬剤師の仕事は?

療養型病院で長期入院されている患者の多くが、病状が急性期を脱しているため容態が安定し、継続的な治療と療養が前提となります。

投与される薬や処方箋の変動の少ないため、ワークバランスの調整も取りやすく落ち着いた環境で働くことができます。

ただし、療養型病院の場合は、治療だけではなく患者や医師とのコミュニケーションが重要になるため、薬剤師の知識と経験に加えて、高いコミュニケーション能力も求められます。

2種類の主な働き方を把握することが大事

これら2種類の働き方を十分に把握して、自分のどの現場でどのように活躍できるのかを自己分析して、それに適した病院に応募することが転職を成功させるポイントと言えます。

臨機応変な対応力やチャレンジ精神が強い方であれば、急性期病院に向いている傾向があり、コツコツ地道に仕事することが得意でワークライフバランスを重視する方であれば、療養型病院が向いていると言えます。

2種類の働き方を十分に理解し、自分がどれに適しているかをしっかりと自己分析して、転職活動を行いましょう。

病院薬剤師として働くメリット

病院薬剤師はとても人気があります。それはやはり、病院薬剤師でないと得られないものがあるからです。

では、病院薬剤師として働くメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

調剤・ドラッグストアでは経験できない業務が多い

調剤薬局やドラッグストアでは基本的に経験することができない、病棟業務や注射剤の混注といった業務に携わることができます。

また、それだけ薬に関して学ぶ経験が多く、勉強会へ参加することも含め、自分自身の能力を高めることも可能です。

さらに、医師や看護師などとチームを組んで仕事をするなかで、薬以外の知識も深めることができるという点も挙げられます。

つまり、薬剤師として大きくステップアップすることができるのです。

患者の人生に寄り添うことができる

病院薬剤師は病棟の患者と接する機会が多くあります。

それだけ患者の人生に寄り添うことがでるため、仕事に対してやりがいを感じる機会も自然と増えます。

在宅医療や健康指導などに力を入れている調剤薬局やドラッグストアもあるかもしれませんが、病院薬剤師ほどの貴重な経験ができることはないでしょう。

時には自分の人生観が変わるほどの経験ができる、それが病院薬剤師の魅力です。

その他のメリット

  • 薬剤師としての経験が積める
  • スキルアップが望める
  • 国公立病院薬剤師なら将来性も高い
  • 医学的な観点からも薬学についての理解が深まる
  • 治療にはげむ患者さんを見てやりがいを感じる
  • 公務員という働き方ができるから安定している

病院薬剤師として働いた場合は、これらのメリットが考えられ、特に、薬剤師としての経験が積めることが大きなメリットと言えます。

民間・国公立問わず、病院薬剤師として働いた場合は、入院しているさまざまな患者の方と直接コミュニケーションをとる機会が多いため、服薬の説明や相談などをされる機会も多く、そのため実戦形式で薬学についての理解が深まり、実用的な経験を積むことができます。

病院勤務の薬剤師は、スキルアップが望めるというところが魅力の1つとなります。例えば、ドラッグストアに務めていて、調剤スキルを上げたいから病院薬剤師を志す人もいます。

ドラッグストアの場合、お店を回すスキルは付くのですが、調剤のスキルがあまり付かないという部分があり、その部分を改善するため、病院薬剤師を志すのです。

ほかにも、看護師さんや患者さん、そして医師やさまざまな症例との関わりも生まれてくるので、コミュニケーション能力や人との付き合い方も学ぶこととなります。

そのため、さまざまな病気を治すための薬を調剤するスキルや、人との関わり方など総合的に薬剤師として成長できるのです。

病院という環境上、忙しさやお給料が少し低いという部分はありますが、それでも転職したいと思う人はたくさんいる人気の職業になります。

病院に勤務する薬剤師は、公務員という働き方ができる場合もあります。大学病院や市大などの総合病院などの大きな病院で勤務していると、公務員という立場で薬剤師として働くこともきるのです。

そのため、企業薬剤師のように会社が倒産するということを恐れたりうる必要がなく、福利厚生面ではかなり充実しているといえるのです。

退職金が1,000万円出るという場合もありますし、安定した公務員という働き方に魅力を感じて新卒から薬剤師を目指す人も多い職業なのです。

クリニックやドラッグストア、企業薬剤師などのほうがお給料面では高いのですが、病院薬剤師は勤続していくと少しずつお給料も上がっていきます。

さらに、勤続すればするほど専門性の高い薬剤師になれますので、向上心や向学心がある人にはとても向いている職業でしょう。

大きな病院には、たくさんの患者さんがやってきますが、その中には慢性疾患の患者さんも多く存在します。

そのような患者さんは、お互いに名前を覚えてしまうという部分もあったりして、交流という点でとてもやりがいを感じるという人もいるのです。

そして、病院薬剤師として働いているからこそ、その薬で患者さんがよくなっていくという実感が持てて、かなりやりがいにつながっているという人もいます。

病院薬剤師は、人とのつながりが全面に出てくるお仕事なので、自分の立ち位置が鮮明にわかりやすいという部分があります。

そのため、自分の存在感がはっきりして、役割が明確に分かるのでそこに責任とやりがいを感じ、人の役に立つためにたくさん仕事をしたいと思う人もいるようです。

病院薬剤師として働くデメリット

病院薬剤師にはメリットだけではなくデメリットも存在します。

病院薬剤師に転職するには、このデメリットの部分にも納得をしたうえで転職活動を行わなければいけません。

病院薬剤師のデメリットとは、以下のようなものとなります。

忙しいわりに平均年収が低い

サラリーマンであれば、大きくて忙しい企業であるほど高収入であることが一般的でしょう。

けれど病院薬剤師の場合は、大きな病院であるほど年収は低くなる傾向があります。

年収面だけで考えるのであれば、調剤薬局やドラッグストアの方が優れているといえるのです。

とはいえ、病院薬剤師は大きなやりがいという、かけがえのないものを得ることができる魅力があります。

夜勤や当直勤務がしんどい

病院薬剤師が避けて通れないものが、夜勤や当直勤務です。

体力がある人や、家族の理解がある場合は問題がないかもしれません。また、小規模の病院や慢性期病院であれば、夜勤や当直勤務がない病院もあります。

ただ、夜勤や当直勤務があるということは、それだけ手当がもらえるということなので、決して大きなデメリットとは言えません。

その他のデメリット

  • 民間では平均年収が低い
  • 国公立は異動や転勤が多い
  • スタッフとの人間関係が大変
  • 激務な場合も多い

上記でも少し紹介しましたが、これらのことがデメリットとして考えられます。上記の平均年収でもありましたが、病院薬剤師は充実した多くの経験を積める反面、平均年収が他の薬剤師に比べ低い傾向にあります。

国公立の病院薬剤師の平均年収は他の薬剤師と比べても年収は多い方ですが、その分異動や転勤が多い傾向にあるため、これはデメリットとして考えることができます。

近年では、病院薬剤師を経験を積む場と考え、将来は製薬企業や高収入のドラッグストアに転職される薬剤師も増加傾向にあるようです。

病院薬剤師は、年収が低めで基本給が20万円前後からのスタートとなってしまうこともあります。

そして、夜勤手当というものもあり、夜勤1回につきだいたい7,000円前後の支給がありますが、それらを合計しても20万円に満たない場合も、地方の民間病院ではあり得ることなのです。

交通費も電車通勤する人には、もらえるという部分がありますが自家用車では支給されないということもあったり、お金があまりもらえないのが病院薬剤師なのです。

働いただけ、しっかりとしたお給料が欲しいという人には、あまり向いていないかもしれませんが、堅実に安定性を取るという人にはこのお仕事はかなり向いているといえるでしょう。

人間関係が大変だということも、デメリットに挙げられます。病院薬剤師は、調剤薬局やMRの薬剤師と違ってチーム医療です。看護師や医師とさまざまな情報を共有したり、患者さんのことも常に頭に入れて業務をこなさなければなりません。

チーム医療なので、人間の中で活躍する必要がかなりある職業となり、人間関係に悩んでやりがいよりもつらさが勝ってしまうこともある職業なのです。

病院での勤務は、夜勤や当直があるのは当たり前で、疲労がたまってしまうというのもデメリットの1つです。

病院のためにずっと働き続けなければならないという、かなり苦しい部分があり、さらにはお給料もとても低く、ストレスがたまってしまうという人も多いのが現状です。

よほどのことがない限り、解雇になることはないのは大変魅力的ですが、激務でストレスがたまりやすい職種であることは、間違いありません。

病院薬剤師への転職が難しい理由2つ

病院薬剤師の転職は簡単ではないという現状があります。特に急性期病院の転職は難しいとされています。

では、どうして病院薬剤師、なかでも急性期病院の転職が難しいのでしょうか。

①中途採用の募集があまりない

病院薬剤師の求人は、そのほとんどが新卒向けの求人です。調剤薬局やドラッグストアでは中途採用も多いのですが、病院薬剤師は違います。

特に国公立病院の場合、系列の大学卒業生のみを採用することもあります。

このように世間に中途採用の募集が出ることは多くありません。

そして中途採用の求人があったとしても、それは急な欠員によって薬剤師を補充しなければいけないという場合であることが多く、定期的な中途採用は稀なのです。

②少ない枠に希望者が殺到する

新卒や中途採用に関わらず、病院薬剤師を目指す人はとても多いです。そのため、自然と競争率も高くなります。

さらに採用は欠員補充のみなので、通常は1~2名程度に限られています。

求人数そのものが少ないうえに、競争率も高いということをよく理解しておく必要があります。

病院薬剤師が「狭き門」と言われる理由と転職成功の方法

病院薬剤師に転職するのは、とても狭き門です。安定した勤務ができるため、とても人気があり、多くの人が病院薬剤師になりたいと思っています。ここでは、具体的になぜ、病院薬剤師が狭き門なのかをまとめました。転職する方法についても解説します。

狭き門なのは欠員補充や新卒文化が根強いため

病院薬剤師は、新卒採用や欠員補充がほとんどです。そのため、スキルアップを目指してドラッグストアや調剤薬局から転職したいと思っても、かなり狭き門になってしまいます。

国立病院などは新卒採用の風潮がかなり強く、中途採用はほぼありません。

そして、中途採用を行う場合は欠員補充のための募集がほとんどとなります。欠員が出たときに新しい働き手が必要なので、欠員補充のため、中途採用を募集するのです。

しかし、この欠員補充のときを狙っている薬剤師は世の中にたくさんいます。そのため、応募が殺到するので、欠員補充が出たときでも、狭き門となってしまいます。

人気が高い職業だからこそ、欠員補充のときに応募が殺到し、しかも新卒採用が主な使用方法であることで、中途採用はほぼないのが病院薬剤師の転職事情なのです。

そのため、病院薬剤師になりたいと思ってもタイミングや運などにかなり左右される、難易度の高い転職活動をしなければならないのです。

狙い目は中小規模の病院

大病院で働けたら、いろいろな経験が積めそうだしお給料や福利厚生面でも安定していそうだと考える人もいることでしょう。

しかし、先ほど述べたように薬剤師転職は狭き門なので、少しでも転職が成功する確率を上げたいと思うのならば、大病院はなるべく避けたほうが無難です。

病院薬剤師転職の穴場のポイントなのが、中小規模の病院になります。こちらは、大病院に比べると、採用の基準がゆるく中途採用でもまだ採用の可能性があります。

急性期病院ではなく慢性期がおすすめ

慢性期病院での勤務にするということも、病院薬剤師になりたいのならば、おすすめできる方法です。多くの薬剤師の方は、転職するときに急性期病院を希望します。

しかし、本当に急性期病院でなければならないのかという理由を今一度、考え直すことも重要です。ただでさえ狭き門の病院薬剤師の中でも急性期病院はとても人気なので、転職が難しいのが現状だからです。

転職エージェントに相談したとしても、市場に出回っている案件はほぼない場合もあるので、急性期病院にこだわる方はなぜそうしたいのかということについて明確にしてください。

そして、慢性期で病院薬剤師として働くという選択肢も内定獲得のためには、入れておきましょう。

転職エージェントの利用がハードルを下げる最大のポイント

転職活動とは、一般的にハローワークや、求人・転職サイトを利用して、選んだ求人応募にエントリーし、書類選考や面接を経て、無事採用されれば活動が終了となりますが、難易度が高い転職を成功させるためには、一般的な転職方法よりも、転職エージェントを利用した転職活動がおすすめです。

書類選考に必要な履歴書や職務経歴書の作成サポート

転職難易度を下げる大きな要因の一つが、書類選考に必要となる各書類の作成サポートを行ってくれることです。

選考書類の完成度は、転職難易度を上げる大きな要因となっていて、書類選考の段階で落とされてしまうケースが多くあります。

人事経験や経営経験があれば、履歴書や職務経歴書の書き方のノウハウはありますが、転職が初心者の方や、書類作成が苦手な方などは、選考書類のノウハウがないため、ある意味この書類選考が転職成功への最大の壁とも言えます。

しかし転職エージェントを利用した際は、キャリアアドバイザーと呼ばれる転職のプロが、求職者の経歴や、応募先に適した選考書類の書き方などを、適確にアドバイスしてくれるので、書類選考の通過率が大幅に上昇します。

本格的な面接対策

無事書類選考を通過すれば、次は面接です。面接の回数は応募した企業にもよりますが、ここが最後の関門と言えます。

転職エージェントでは、応募企業や病院に合わせた面接対策を実施してくれ、面接のポイントなどを教えてくれたり、質疑応答がある実戦形式の模擬面接の実施などを行ってくれたりなど、面接を通過するためのサポートを徹底して行ってくれます。

非公開求人の取り扱いもポイント

非公開求人とは、応募への殺到防止・即戦力の確保・人材の選定など、企業や病院側の採用作業の効率化を目的とした特殊な求人です。

非公開求人は企業側にメリットの多い求人情報ですが、傾向的に高収入・好条件の求人の多いため、企業側だけではなく求職者にもメリットは多いです。

病院薬剤師は年収が低い傾向がありますが、転職エージェントの非公開求人を経由して転職すれば、年収の低い病院薬剤師の転職でも高収入・好条件の転職ができる可能性が大きく上昇します。

薬剤師に特化した転職エージェントを利用

転職エージェントには、幅広い業種や職種を取り扱う総合型と、専門的な業種や職種を取り扱う特化型の2種類のタイプがあり、ほとんどの転職エージェントは無料で登録することができます。

病院薬剤師の転職を目的とした場合は、薬剤師に特化した転職エージェントに複数登録し、病院薬剤師をメインに求人案件を紹介してもらいましょう。

病院薬剤師の転職エージェント活用法

病院薬剤師に転職をしたいと思ったら、まずは転職エージェントの登録から始めましょう。できれば複数の転職エージェントを利用することがおすすめです。

なぜなら病院薬剤師の待遇は、病院によって大きく異なるため、多くの求人から選ぶことが重要だからです。

また、調剤薬局やドラッグストアに比べて求人数が少ないということも理由の1つです。

求人数が少ないうえに人気なのですから、ひとりで求人情報を探していてはすぐに対応できず、いい条件の求人も見逃してしまいます。

転職エージェントを利用していれば、条件に当てはまる求人をメールなどですぐに紹介してくれます。

そして複数の転職エージェントに登録しておけば、その確率はますます高くなります。

転職エージェントに確認しておきたいこと

転職エージェントに求人を紹介してもらった時、確認しておきたいことをまとめました。

転職エージェントによっては、あなたの希望を病院側に交渉してもらえることもありますから、必ず確認して納得したうえで転職活動を進めるようにしましょう。

病院の種類はどれか

すでにお話した通り、病院には急性期病院、慢性期病院、混合型病院があります。

そしてこのうち、どの病院なのかによって病院薬剤師の役割は大きく異なります。

すでに「急性期病院で働きたい!」などと意志を固めている人は特に、この点は確認するようにしましょう。

薬剤師の人数や平均年齢はどのくらいか

希望の病院の薬剤師の人数や、その年齢の割合、男女の割合なども確認しておきましょう。

これらの情報だけでも、どのような職場なのかを推測することができるからです。

ちなみに患者の人数に対する病院薬剤師の人数は医療法で決まっています。

そのため、薬剤師の人数が少ないからといって「この病院は忙しく激務だ」と簡単に決めつけてしまうのは正解とはいえません。

医師や看護師との連携はうまくいっているか

病院ではチーム医療が行われています。

そのため、医師や看護師との連携がうまくいっているかどうかは、非常に重要なポイントです。

転職エージェントは病院の現状を詳しく把握していますので、現場について聞いてみるといいでしょう。

夜勤や残業の頻度はどのくらいか

夜勤があるかないか、だけではなく、決まった回数入るのか、どの程度入らないといけないのかというところまで聞いておきましょう。

特に自分の生活スタイルを変えたくないと考えている人は、しっかりと確認しておく必要があります。

医師や看護師との連携はうまくいっているか

医師や看護師とチーム医療を組んで患者の治療に当たるうえで、どれだけ関係が良好なのかを知っておくことは欠かせません。

転職エージェントは実際に現場に足を運んでいるので、病院内の事情を良く知っています。

求人情報からでは分からない現場の様子を聞くことができることも、転職エージェントを利用するメリットなので、うまく活用しましょう。

年収はどのくらいになるか

面接などで直接こちらから聞きにくいものとしては、給与面のことがあるでしょう。

転職エージェントを利用すれば、年収をあらかじめ教えてもらえるだけではなく、さらに交渉もしてもらえます。

希望の年収があれば、必ず伝えておくようにしましょう。

病院薬剤師の求人案件に強い、おすすめ転職エージェント5選

すでにお話した通り、病院薬剤師への転職を目指すのであれば、複数の転職エージェントに登録をしておくことがおすすめです。

数ある転職エージェントの中でも人気のものをご紹介しますので、ぜひこちらを参考にしてください。

薬剤師求人数が業界ナンバーワン!薬キャリエージェント

薬キャリ

薬キャリエージェントは、病院薬剤師の求人数も多く、希望に沿った求人を紹介してもらえると人気の転職エージェントです。

また、電話やメールでの対応も早く、親身になって相談にのってもらえるという口コミも多い傾向があります。

病院薬剤師の求人は数少ないチャンスに乗り遅れないことが重要なので、すぐに対応してもらえるというのはポイントが高いといえます。

病院求人数は業界トップクラス!ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、業界トップクラスといわれているほどの病院求人数を取り扱っている転職エージェントです。

大手調剤薬局チェーンである日本調剤グループによって運営されているので、安心感も大きいですね。

全国で15ヵ所もの拠点が展開されているうえ、好条件の求人を紹介してもらえると定評があります。

コンサルタントに定評あり!リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は、人材紹介最大手であるリクルートが運営をする転職エージェントです。

リクナビ薬剤師の魅力は、なんといってもコンサルタントの質といえるでしょう。

転職希望者に寄り添ったサポートを受けることができるという口コミも多く、優秀なコンサルタントが多いことで定評があります。

サポート力はダントツ!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

日本最大級の薬剤師転職サイト「マイナビ薬剤師」は利用者満足度ランキングでNo.1を誇ります。

また、大手ということもあって、扱っている求人数が豊富です。

リクナビ薬剤師と比べて、企業薬剤師の求人は少ないのですが、その他の調剤薬局・ドラッグストア・病院の求人数は豊富に扱っているので、初めて利用する方にもおすすめです。

さらに、キャリコンサルタントの質が良く、丁寧で親身に相談に乗ってくれることが口コミでも評価されています。

サポートの手厚さが随一!ファーマキャリア

ファーマキャリア

薬剤師の方の転職におすすめされているファーマキャリアは、希望条件に合った転職先を紹介する「提案力」、転職を成功させるための「サポート力」が最大の特徴となっています。

ファーマキャリアでは1人のアドバイザーが担当する転職者の人数を限定しているため、転職者一人ひとりに対して親切・丁寧なサービス・サポートの提供を実現しています。

ですので、ファーマキャリアを利用された方の多くは転職サービスに満足されている方が多く、薬剤師の方の転職におすすめされている転職エージェントとなっているようです。

これまでに転職エージェントを使ってサービスに満足できなかったとう薬剤師の方は、ファーマキャリアを使うことで満足できる転職活動を期待できるでしょう!

憧れの病院薬剤師への転職を成功させよう!

病院薬剤師の転職をするうえで知っておきたい知識と、効率よく転職活動を行なうために欠かせない転職エージェントをご紹介しました。

転職は人生を左右するといっても過言ではないほどの大イベントです。

納得のいく転職活動ができるよう、まずは複数の転職エージェントに登録をするところから始めていきましょう。