ジョブデポ薬剤師は評判が悪い!?500人の口コミを徹底比較!

薬剤師です。「ジョブデポ薬剤師」に登録しようか、迷っています。どうすべきでしょうか?
まずは口コミを確認しましょう。良い口コミ・悪い口コミを客観的に見て、総合的に判断することが大切です。

キャリアコンサルタント

分かりました。
この記事では、ジョブデポ薬剤師のメリットデメリットなどについて詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

薬剤師で転職をお考えの方の中には、ジョブデポ薬剤師の利用を検討されておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は転職エージェントであるジョブデポ薬剤師についてご紹介します。

薬剤師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

薬剤師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

1位: 薬キャリエージェント、2位: ファルマスタッフ、3位: リクナビ薬剤師

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】薬剤師転職サイトランキング!人気58社の口コミ・評判を比較

ジョブデポ薬剤師の総合評価

ジョブデポ薬剤師

  • 最大40万円のお祝い金制度がある
  • 友達紹介制度を利用すると5万円をもらえる
  • 時間をかけずに登録することができる
  • 詳細を問い合わせなければならない求人がある
  • 登録をしても非公開求人を見ることができない
  • コンサルタントのサポート力が弱い

ジョブデポ薬剤師の最大の特徴は「お祝い金制度」です。

ジョブデポ薬剤師を通して転職に成功した場合、お祝い金として最大40万円がもらえます

ですが、求人数がかなり適当に数えられていたりコンサルタントのサポート力が弱かったりと言ったデメリットもあるので、注意が必要です。

ジョブデポ薬剤師の評判を支えるサービスの特徴

ジョブデポ薬剤師とは、2015年に設立された転職サイトで、with Career株式会社が運営をしています。

薬剤師はもちろん医師や看護師のほか、歯科衛生士や理学療法士といった主に医療従事者の転職をサポートしてもらえます。

ジョブデポ薬剤師の大きな特徴としては、転職に成功した場合、最大で40万円のお祝い金を受け取ることができる点が挙げられるでしょう。

転職はなにかとお金がかかりますし、不安も大きいものです。そんな時、まとまった収入があると非常に助かりますよね。

ジョブデポ薬剤師の口コミからわかった良い評判

口コミ調査をした結果、ジョブデポ薬剤師の良い評判と悪い評判は6つのパターンに分けられました。

  • 最大40万円のお祝い金制度がある
  • 友達紹介制度を利用すると5万円をもらえる
  • 時間をかけずに登録することができる

最大40万円のお祝い金制度がある

ジョブデポを利用して転職活動を成功させた場合、お祝い金制度を活用することができます。

これは転職が2回目以降であっても貰うことができるので、とてもお得です。

「ジョブデポ薬剤師といえば、お祝い金がもらえる転職エージェント」として知られているほど、インパクトの大きいメリットといえるでしょう。

ジョブテポ薬剤師を利用するメリットとしてご紹介したお祝い制度ですが、これだけのまとまったお金を、ジョブデポ薬剤師はどうして用意できるのでしょうか。

ジョブデポ薬剤師は設立してまだ日が浅く、企業の規模としても比較的小さな企業です。転職が成功するたびにお祝い金を支払っていては、企業として成り立つのだろうかと気になってしまいますね。

実は、転職サイトというのは転職が成功すると、紹介料という名目で企業から一定の報酬を受け取ることができます。

この額は転職した薬剤師の年収の3~5割であり、薬剤師の年収が600万円の場合、ジョブデポ薬剤師には180~300万円が支払われることとなります。

また、ジョブデポは他の転職エージェントに比べて広告費用を抑えており、薬剤師同士の紹介によって業務が成り立っています。こういった理由から、お祝い金制度を実施することができるというわけです。

ジョブデポ薬剤師のお祝い金制度には、気を付けておかなくてはいけないポイントがあります。このお祝い制度は、誰でも利用できるものではなく、次の3つの条件に当てはまらなければ受け取りができません。

1.転職先で3ヶ月間働くこと

ジョブデポ薬剤師を利用して転職を成功させただけでは、このお祝い金は受け取ることができません。その転職先で「3ヶ月」実際に働いた経歴があることが条件となっています。

転職後1ヶ月や2ヶ月で辞めてしまった場合は、お祝い金制度の対象外となりますので、気を付けましょう。

2.先に企業とコンタクトを取っていないこと

ジョブデポ薬剤師からお祝い金をもらうには、あくまでもジョブデポ薬剤師を利用して転職を行なう必要があります。

そのため、自分で先に企業とコンタクトをとり、面接を受けた場合は、お祝い金制度の対象外になります。

3.パートやアルバイトは対象外であること

ジョブデポ薬剤師は、正社員だけではなくパートやアルバイトといった雇用形態も取り扱っています。

けれど、パートやアルバイトの場合は転職に成功をしても、お祝い金は5,000円と決まっています。

また、もちろんジョブテポ薬剤師に登録しただけ、紹介された企業と面接はしたけれど内定はもらっていない、という場合にも、お祝い金を受け取ることはできません。

友達紹介制度を利用すると5万円をもらえる

ジョブデポ薬剤師には、友達紹介制度があります。これは、ジョブデポのことを紹介した薬剤師と、紹介された薬剤師それぞれに現金5万円が支給されるという制度です。

こういった友達紹介制度は他の転職エージェントでも見かけますが、多くは商品券やクオカード、Amazonギフト券などであり、現金で支給されることは稀です。

しかも、金額も5万円ととてもたかいです。

ただし、この現金5万円は、紹介された薬剤師がジョブデポを利用して転職を成功させ、転職先で少なくとも3ヶ月働いたということが確認されたのちに支給されることになるので、注意してください。

時間をかけずに登録することができる

ジョブデポ薬剤師の登録はとても簡単です。入力する必要事項も最低限の個人情報のみで、詳細まで記載する必要はありません。

また、その後はジョブデポから電話がかかってくるシステムになっており、ジョブデポ薬剤師の事務所まで足を運ぶ必要もありません。

つまり、たった1分ほどの個人情報登録と電話1本で登録は終了しますので、あとは求人情報を紹介してもらうだけです。

また、希望している企業がすでに決まっている場合は、よりスムーズに転職を進めることができます。

ジョブデポ薬剤師の口コミから分かった悪い評判

続いて、ジョブデポ薬剤師の口コミから分かった悪い評判をご紹介します。

  • 詳細を問い合わせなければならない求人がある
  • 登録をしても非公開求人を見ることができない
  • コンサルタントのサポート力が弱い

詳細を問い合わせなければならない求人がある

ジョブデポ薬剤師の公式ホームページを見ればわかるのですが、検索画面から求人を絞り込んでみると、同じ内容の求人が複数存在していることがあります。

1つの病院でも正社員の求人とアルバイトの求人がある場合、これで求人が2件と数えられている場合があります

また、同じ企業でも求人の詳細が異なっているなど、ジョブデポ薬剤師に問い合わせなければよくわからないといった求人が見当たります。

登録をしても非公開求人を見ることができない

ジョブデポ薬剤師には、公式ホームページから見ることのできる公開求人のほかに、コンサルタントが扱っている非公開求人があります。

一般的な薬剤師転職サイトの場合は、転職サイトに登録後に非公開求人を閲覧できたり、コンサルタントにメールなどで教えてもらうことができるのですが、ジョブデポ薬剤師の場合はこういったことに対応してもらえません。

つまり、ジョブデポ薬剤師の非公開求人をこちらから問い合わせることはできないのです。

非公開求人をメインに転職活動を行いたいと考えている薬剤師にとっては、これはとても大きなデメリットとなるでしょう。

コンサルタントのサポート力が弱い

ジョブデポ薬剤師の登録の流れでもお話した通り、ジョブデポ薬剤師の登録はとてもあっさりしています。

他の転職サイトであれば、その薬剤師の強みを聞いたり、面接対策などを行なってくれるのですが、ジョブデポ薬剤師は面接日の調整のみとなります。

手厚いサポートを受けながら転職をしたいと考えている人にとっては、心細く感じられるかもしれません。

ジョブデボ薬剤師の口コミ調査と評判からわかった利用すべき人の4つの特徴

ジョブデポ薬剤師の良い評判・悪い評判を通して、利用をおすすめしたい人は次のような人です。

1.転職したい企業がある程度決まっている人

薬剤師としてステップアップするための転職の場合、「転職先の院外処方率」や「転職先が抗がん剤を扱っているかどうか」「緩和医療を学ぶことができるかどうか」などが気になるかと思います。

ただ、ジョブデポ薬剤師のコンサルタントは、あまり専門知識をもっていない人もいます。

また「転職動機」や「年収とやりがい、どちらを重視するか」「休日はどの程度ほしいか」といったヒアリングも基本的には行われないようです。

そのため、ある程度、自分で希望の企業や病院などが決まっている人におすすめだといえるでしょう。

2.お祝い金や友達紹介金がほしい人

すでにお話しましたが、ジョブデポ薬剤師で転職をし、一定条件を満たすと、お祝い金をもらうことができます。

また、知人にジョブデポ薬剤師を紹介し、こちらも一定条件を満たせば、紹介料ももらうことができます。

お祝い金や友達紹介金が欲しい人には、非常におすすめです。

3.時間をかけずに転職活動をしたい人

ジョブデポは基本的にコンサルタントとの面談がないため、電話とメールだけで転職を進めることができます。

また、電話については21時まで対応してもらえるため、今働いている仕事後にゆっくりと問い合わせることも可能です。

転職活動に時間を割いている余裕がないという人には、おすすめです。

4.コンサルタントとやりとりしたくない人

専任コンサルタントに寄り添ってもらいたい、代わりに企業と交渉してもらいたいと考える人もいれば、これらを望まない人もいるでしょう。

こういった人には、ジョブデポ薬剤師に向いているといえます。

ジョブデポ薬剤師と合わせて利用したい転職サイト

転職サイトを利用する場合は、デメリットを補うように複数社利用するのが一般的です。

ジョブデポ薬剤師は、お祝い金制度は魅力的ですが、求人の質やサポート力に強くありません。

ここでは、&careerがおすすめする求人の質が高く、サポート力も高い転職サイトをご紹介します。

薬剤師の登録数は1位!薬キャリエージェント

薬キャリ

まずは誰が利用しても間違いない「薬キャリエージェント」をご紹介します。

この転職サイトの最大の特徴は「年間の登録者数が1番多い」という点です。

また、求人数も業界トップレベルで保有しているので、ジョブデポ薬剤師と合わせて利用することで、最高の転職を実現できると言えるでしょう。

ただ、キャリア面談は「電話・メールのみ」なので、対面での面談を希望する場合は、他の転職サイトを利用する必要があります。

調剤薬局の求人数は国内最大級!ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ」では、年収700万円以上や時給4,000円以上といったいわゆる高時給の求人を数多く紹介してもらえます

また、日本調剤グループによる独自の研修制度や教育体制が整っており、特に調剤薬局の求人が豊富です。

土日が休みの職場がいい、駅や保育園に近い職場がいいなど、好条件といわれる求人も多く取り扱っているという点も魅力的です。

新着求人が多い!リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

最後にご紹介するのは「リクナビ薬剤師」という転職サイトです。

リクナビ薬剤師は、リクルートのグループ会社が運営しているので、非常に安心して利用することができます。

またリクナビ薬剤師では、調剤薬局・ドラッグストア・病院など、あらゆる業種の求人を幅広く・豊富に扱っているので、初めて転職する方にも非常におすすめです。

さらに「最短3日で転職」というのを掲げており、スピード転職に強みを持っています

5年連続満足度1位!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

日本最大級の薬剤師転職サイト「マイナビ薬剤師」は利用者満足度ランキングでNo.1を誇ります。

また、大手ということもあって、扱っている求人数が豊富です。

リクナビ薬剤師と比べて、企業薬剤師の求人は少ないのですが、その他の調剤薬局・ドラッグストア・病院の求人数は豊富に扱っているので、初めて利用する方にもおすすめです。

さらに、キャリコンサルタントの質が良く、丁寧で親身に相談に乗ってくれることが口コミでも評価されています。

マイナビグループは、とにかく「サポート力が高い」ことで有名ですので、サポート力に欠けるジョブデポ薬剤師と併用することで、最高の転職を実現することができるでしょう。

ジョブデポ薬剤師の評判まとめ

  • 最大40万円のお祝い金制度がある
  • 友達紹介制度を利用すると5万円をもらえる
  • 時間をかけずに登録することができる
  • 詳細を問い合わせなければならない求人がある
  • 登録をしても非公開求人を見ることができない
  • コンサルタントのサポート力が弱い

ここまで、ジョブデポ薬剤師の良い評判・悪い評判についてご紹介してきました。

ジョブデポ薬剤師は、お祝い金制度は格別なものの、求人の質やサポート力などは高くありませんでした。

それを補える転職サイトを併用する必要があるでしょう。

なお、以下の記事では&careerがおすすめする薬剤師転職サイトを紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

薬剤師転職サイト全58社を比較してわかった本当におすすめできる10選