薬剤師が転職に迷ったら必ず確認すべきアドバイス

薬剤師です。転職しようか迷っているのですが、何かアドバイスなどはありませんか?
転職というのは、かなり大きな決断ですよね。この記事では満足の行く転職ができるアドバイスを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

この記事を読んでいる薬剤師さんは「転職しようか迷っている」方だと思います。

現在の職場に不満があって転職を考えているけど、なかなか一歩踏み出せない・・・。そんな薬剤師さんに向けてアドバイスをまとめています。

ぜひこの記事を参考に、転職についてじっくり検討してみてください。

薬剤師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

薬剤師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】薬剤師転職サイトランキング!人気58社の口コミ・評判を比較

薬剤師の今後〜薬剤師の生存競争が始まる!?〜

薬剤師は長年「人手不足」に悩まされており、とにかく薬剤師が必要な時代が続いていました。

しかし近年、薬学部の定員増加や医療費削減、AIの登場などによって、今度は逆に「薬剤師が余ってしまうのではないか?」と言われ始めています。

苦労してなった薬剤師の中で、生存競争が起き始めてしまうのでしょうか?

現状はまだまだ人手不足

「薬剤師の飽和」が懸念され始めてはいますが、まだまだ薬剤師は「人手不足が続く」と言えます。

厚生労働省が発表した「労働市場分析レポート」の「平成18年度と25年度の求人倍率」を見ても、薬剤師の新規求人倍率は10.05倍(平成25年度)とかなり高いですし、「人手が余って困る」という薬局などはほとんどありません。

現状、薬剤師の人手不足は解消されていませんし、今後も急に「薬剤師が余る」ということは起きにくいと言えるでしょう。

だけど「成長意欲のない薬剤師」は危ない

ただ「薬剤師の飽和」の問題を完全に無視して良いわけではありません。

これは薬剤師に限った話ではありませんが、日々スキルアップやキャリアアップのために努力していない人というのは、この先かなり危険だと言えます。

「今の職場が楽だから」という理由で、調剤だけを行っていれば、今後AIにその仕事は取って代わられる可能性は非常に高いです。

都市部では飽和の影が見られる

また、「薬剤師の飽和」の問題が懸念される背景として、「都市部では飽和の影が見られる」というのがあります。

都市部だけでなく、地域によっては「薬剤師の飽和」が見られるので、そこは注意する必要があると言えるでしょう。

「人間にしかできないこと(経験豊富)×地方」が狙い目

今後のことも考えて、薬剤師をするのであれば、「人間にしかできないこと(経験豊富)×地方」が狙い目だと言えます。

どんな状況に置いても必要とされる薬剤師になるためには「経験豊富」であることが不可欠です。

また、AIの成長が気になるとしても「人間にしかできないこと」というのは、代替のしようがありません。

それを代表するのが「コミュニケーション能力」です。

病院に訪れた患者さんの不安を取り除いたり、その患者さん特有のケースに合う薬を選んだりすることは、AIではなかなかできません。

AIはあくまで”AIができること”を行い、人間は”人間にしかできないこと”を行うという役割分担をするだけなのです。

薬剤師が転職するか迷ったときに確認したいアドバイス

前章では「将来的にもスキルアップはきちんと考えなければならない」ことをお話しました。

そして、スキルアップのために「転職」という手段はかなり有効です。

ここでは、転職を迷っている薬剤師さんに向けたアドバイスをご紹介します。

アドバイス① 現在の職場で薬剤師としてのスキルアップが見込めるかを検討する

前章でもお話したように、早急に対応する必要があるとまでは言わないものの、スキルアップ・キャリアアップについては考えなければいけません。

まずは「現在の職場で薬剤師としてのスキルアップができるか」をきちんと検討しましょう。

スキルアップできるなら、そのまま残るのも良いですし、できないのなら、転職を考えるべきです。

アドバイス② スキルアップ以外に問題がないかを検討する

転職を考えている薬剤師さんの中には「人間関係」や「年収の低さ」で悩んでいる方もいるでしょう。

「現在の職場はスキルアップはできるけど、人間関係に問題がある(年収が低くて困っている)」などの場合、「転職以外の選択肢」についても考えた方が良いです。

転職すると年収が下がる確率が高い

基本的に転職をすると、年収は下がります

2018年8月に厚生労働省がまとめた2017年度の調査では「転職して、賃金が上がった労働者は36.9%」であることが分かりました。

つまり、6割以上の人が転職後、賃金が下がっているということです。

現在の職場でスキルアップが望めるなら、業種を大きく変えるような転職は行わない方が良いと言えるでしょう。

人間関係は職場異動で解決することもある

今の職場の不満が「人間関係だけ」ならば、職場異動だけで解決する場合もあります。

簡単に言えば「原因となっている人がいなければ良い」わけなので、スキルアップが望めるなら、転職に伴うリスクは取らない方が正しいと言えるでしょう。

コラム:薬剤師の転職で多い失敗

薬剤師の失敗には次のようなものがあります。

32歳女性・製薬会社 薬理研究員

雰囲気が良いと書かれていても、実際はあまり良くありませんでした。休憩室が無く、シロップ調合用の水道近くで患者様にバレないように立ったまま昼食を取らなければなりませんでした。

25歳女性・認定薬剤師

給料が良かったのは良い事でしたが、残業をしても残業代が発生しなかったので失敗をしてしまったと感じました。

こちらの薬剤師さんたちは「転職先の待遇が悪すぎた」点に失敗を感じています。

求人情報に書かれている情報と違ったり、残業代が発生しないなど、転職前の職場の方が良かった点もあるようです。

39歳男性・総合病院薬剤部の副部長

15年以上にわたって病院内で薬剤師として働いてきましたが、管理職になったことで責任も重くなり、精神的にも肉体的にも疲れるようになりました。

転職エージェントに登録したものの、自分とキャリアコンサルタントの間に考え方の相違があったために、なかなか希望通りの仕事が紹介してもらえなかった点に不満を持っています。

残業時間が少なくて仕事が楽な転職先を希望していたのですが、転職エージェントが提供した情報は収入の高さに重点が置かれていたことも残念だと感じました。

この薬剤師さんは、利用した転職エージェントの担当者と考えが同じでなかったために、ミスマッチの起きている求人を紹介されてしまいました

薬剤師転職に「転職エージェント」を活用するのは、今や当たり前になっていますが、担当者の方としっかりコミュニケーションができていないと、提案される求人にミスマッチが起こることがあります

26歳男性・製薬会社社員

私は、元々アステラス製薬に務めていましたが、患者さんと直接触れ合った仕事に携わりたいと思い転職しようと思いました。

転職サイトの求人広告にも「たくさんの患者さんと触れ合って多くの患者さんを救っていきましょう!!」などと書かれていたので、自分の望んでいた職場だと思い、応募しました。

何とか合格通知をいただき、薬剤師になることができたのですが、実際には接客は思ったよりも大変でした求人広告の職場紹介欄にはそんなことは書かれていなかったので、非常に後悔し失敗したと思いました。

こちらの薬剤師さんは、自分が元々働きたかった仕事に転職できたわけですが、想像以上にその仕事が大変で、さらに応募時の求人にはそのようなことが書かれていなかったため、転職に失敗したと感じたようです。

薬剤師の失敗については、以下の記事でも詳しくご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

薬剤師が転職で失敗しないための方法は?現役薬剤師の失敗例を基にプロが解説

アドバイス③ スキルアップ等が見込めないなら転職を検討する

逆に「年収はそこまで悪くない(人間関係に問題はない)が、今後のスキルアップはあまり見込めない」などの場合もあるでしょう。

その場合は、前章でも言ったように「転職を検討する」必要があります。

「まだ経験していない業種・仕事ができる職場に転職する」というのは、今後のことを考えてもかなり良い選択であると言えるでしょう。

ですが、転職には上記で紹介したようなリスクもあるので、「現職ではどんなスキルが身につけられて、今どれだけ身についているのか」そして、「今後どのスキルを身につけたくて、どの職場に転職すれば身につけることができるのか」をじっくり考えましょう。

アドバイス④ 薬剤師の業種について(メリットやデメリット等)きちんと理解する

転職を検討し始めたら、薬剤師の業種についてきちんと理解することが大切です。

ここでは、薬剤師の業種の概要からメリット・デメリットについて紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

ドラッグストア

ドラッグストア
平均年収約450〜700万円
勤務時間完全シフト制(早番9:50〜19:00・遅番12:50〜22:00)
営業時間が長いため、残業も多い
メリット給料が高い
店の管理から経営まで、いろいろな経験ができ、スキルアップできる
接客の機会が多い
デメリット薬剤師以外の業務も多い
残業が多く、勤務時間も長い
【メリット】給料が高いのが魅力的

ドラッグストアは、薬剤師の他の業種(調剤薬局や病院)と比べて平均年収が約450万円〜700万円と、給料が高いのが魅力的です。

ですが、企業薬剤師と違って、給料が頭打ちになってしまう傾向が強いので、注意が必要です。

【デメリット】勤務時間は長い

ドラッグストアは、24時間営業しているなど、他の業種に比べて営業時間が長いのが特徴的です。

そのため、勤務時間が長く、残業も多いというデメリットがあります。

プライベートを充実したい・ゆとりを持って仕事をしたいと考えている薬剤師さんは、調剤薬局への転職をおすすめします。

調剤薬局

調剤薬局
平均年収約500〜600万円
勤務時間基本9:00〜18:00
メリット残業が少なめ
患者さんと接する時間が多い
処方箋薬の知識が増える
デメリット勤務先によっては偏った知識になる可能性がある
職場が狭いため、人間関係が悪くなりやすい
給料が低め
【メリット】勤務時間にゆとりがあるので、プライベートと両立させやすい

調剤薬局は、ドラッグストアと違って、勤務時間にゆとりがあるので、プライベートと両立させやすいのが特徴的です。

患者さんと接する時間も多いので、やりがいも十分に感じることができる職場と言えるでしょう。

【デメリット】偏った知識が増える可能性がある

調剤薬局へ転職すると、処方箋薬の知識が増えるというメリットもあるのですが、職場によってはそういった知識に偏ってしまう可能性があるので、注意が必要です。

幅広く、総合的な知識をつけたい薬剤師さんは、調剤薬局の中でも、さまざまな業務を行える職場を探しましょう。

※調剤薬局薬剤師への転職は、こちらの記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

調剤薬局への転職で迷う薬剤師さんへ…メリットデメリットを体験談からまとめ

企業

企業
平均年収約500〜1000万円
勤務時間基本9:00〜18:00
土日・祝日は休日なところが多い
メリット給料が高め
勤務時間にゆとりがある
いろいろな業務を行える
デメリット患者さんとの接点はほとんどない
【メリット】勤務時間が決まっており、いろいろな業務を行うことができる

企業(製薬会社)は、勤務時間が決まっており、残業もほとんどなく、土日・祝日は休日であることが多いので、プライベートを充実させることができます。

また、企業によっては給料が高いところもあり、年収1000万円も不可能ではありません

【デメリット】調剤業務はほとんどなく、患者さんとの接点もない

企業では、いろいろな業務を行えるというメリットがありますが、調剤薬局やドラッグストアで行っていた調剤業務・患者さん対応などはほとんどありません

※企業薬剤師については、こちらの記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

企業で働いて薬剤師キャリアを高める!職種や転職成功法を総まとめ

病院

病院
平均年収約450〜600万円
勤務時間完全シフト制
病院によって忙しさ・残業の有無は大分違う
メリット希望休を取りやすい
患者さんと深く関われる
薬剤師の専門知識を活かせる
デメリット医師や患者さんとの人間関係維持が大変
仕事が忙しい
給料が低め
【メリット】薬剤師の専門知識を活かせ、やりがいを持って仕事に取り組める

病院薬剤師は、他の業種と比べて、薬剤師の専門知識を活かせたり、患者さんと深く関われたりと、薬剤師としてのやりがいを持って仕事を行うことができます

【デメリット】全体的に仕事が忙しい

転職先の病院の病床の数や薬剤師の数によりますが、残業が40時間を超える場合もあるようで、全体的に仕事は忙しいと言えます。

ですが、残業がほとんどない病院もあったり希望休は他の業種に比べて取りやすかったりと、病院ならではの利点もあります。

※病院薬剤師については、こちらの記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

病院薬剤師へ転職はきつい?年収・仕事内容・キャリアなど総まとめ

アドバイス⑤ 本当に信頼できる転職サイト・エージェントに相談する

上記のコラムで紹介したように、転職をして失敗する人もいます。

大切なのは「本当に信頼できる転職サイト・エージェントに相談する」ことです。

もちろん、どんな転職サイトでも、合う・合わないがありますから、「複数利用する」などの工夫は必要ですが、次の章でご紹介する転職サイトは本当に信頼できるものばかりです。

ぜひ登録を検討してみてください。

本当に信頼できる薬剤師転職サイト・エージェント

登録をして、間違いのない薬剤師転職エージェントは次の5つです。

おすすめ薬剤師転職サイト早見表

比較表求人の量・質会社の信用度提案力サポート力
薬キャリエージェント
ファルマスタッフ
リクナビ薬剤師
マイナビ薬剤師
ファーマキャリア

おすすめ① 薬キャリエージェント

薬キャリ
  • 年間の登録者が最も多い薬剤師専門の転職エージェント
  • 運営しているのは、医療関連ビジネスを展開する東証一部上場企業エムスリーとエス・エム・エスなので、安心して利用できる
  • 「まずは1社から登録したい」という方にもおすすめ
  • 薬キャリと比べると、扱っている求人数は劣る
  • ドラッグストアの求人は扱っていない

まずは「薬キャリエージェント」をご紹介します。

この転職サイトの最大の特徴は「年間の登録者数が1番多い」という点です。

また、求人数も業界トップレベルで保有しており、特に調剤薬局・派遣・OTC関係の求人を豊富に扱っています。

ただ、キャリア面談は「電話・メールのみ」なので、対面での面談を希望する場合は、他の転職サイトを利用する必要があります。

おすすめ② ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
  • 地方求人に強い
  • 求人の数が多い
  • 転職先と交渉してくれる
  • コンサルタントの質にムラがある
  • 調剤薬局以外の転職には強くない

ファルマスタッフ」では、年収700万円以上や時給4,000円以上といったいわゆる高時給の求人を数多く紹介してもらえます

また、日本調剤グループによる独自の研修制度や教育体制が整っており、特に調剤薬局の求人が豊富です。

土日が休みの職場がいい、駅や保育園に近い職場がいいなど、好条件といわれる求人も多く取り扱っているという点も魅力的です。

おすすめ③ リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師
  • 提案力が高い
  • 対応が早い
  • 求人数が豊富
  • 面接同行や書類添削がないことがある
  • 転職を急かしてきたり、強く勧めてきたりする
  • 見当違いな求人を勧めてくることがある

リクナビ薬剤師は、調剤薬局・ドラッグストア・病院・企業の求人を、業界トップレベルで保有しています。

2011年に薬剤師求人バンクとして活動を始めたリクナビ薬剤師ですが、大手ならではの情報量を生かし、現在35,000件以上の求人を保有する大手薬剤師向け転職サイトとして成長を遂げています。

また、求人量はもちろんサポートについてもよい評判は非常にたくさんあります。

リクナビ薬剤師は転職先の会社の評価制度などがどうなっているのかなどといった転職先をあなたに変わって調べてくれますので、とても心強いエージェントだといえるでしょう。

また、最短3日で転職可能な迅速さも兼ね揃えているので、すぐに転職を考えている方には非常におすすめできる転職サイトです。

おすすめ④ マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
  • レスポンスが早く、書類添削や面接同行などサポート力が高い
  • 給与や労働条件などもしっかり聞いてくれ、交渉力が高い
  • 大手ということもあり、扱っている求人の数が豊富
  • 転職をさせようとする押し気味な人が多い
  • 時期や内容によっては、求人が見つからないことがある
  • 担当者によっては、サポートがなかったり、マナーが悪かったりする

楽天リサーチのマイナビ薬剤師の利用者を対象にした満足度調査において、5年連続で満足度が1位となっている大手転職エージェントです。

「分からないことがあれば、なんでも言ってください」「土日であっても、電話してきてください」など、対応がとても丁寧だという口コミが多く見られます。

また、高いマッチング力も評判です。これは企業側とのコミュニケーションが密におこなわれており、現場のことをよく知っているからこそできることだといえます。

非公開求人も多く、もちろんこれらの求人については詳細も分かりやすく説明をしてもらうことができます。

おすすめ⑤ ファーマキャリア

ファーマキャリア
  • スムーズな連絡のやり取りができるから安心
  • オーダーメイド求人を作ってくれる
  • アドバイザーの質が高い
  • ブランクや年齢による困難な転職にもおすすめ
  • 内定確定後も安心できるサポートを受けられる
  • 電話やメールの回数が多くて気持ちが焦る
  • 公開情報だけでは分からないことが多い
  • 大手転職サイトに比べて求人情報の数が少ない

ファーマキャリアは、希望条件に合った転職先を紹介する「提案力」、転職を成功させるための「サポート力」が最大の特徴となっています。

ファーマキャリアでは1人のアドバイザーが担当する転職者の人数を限定しているため、転職者一人ひとりに対して親切・丁寧なサービス・サポートの提供を実現しています。

また、転職者一人ひとりに「オーダーメイド求人」を作成しているので、ミスマッチが起きにくいです。

こちらも非常におすすめできる転職サイト・エージェントだと言えるでしょう。

まとめ

薬剤師の転職で大事なのは、「一人で悩み過ぎない」「正しい情報を手に入れる」ということです。

薬剤師に特化した転職サイトのサービスを受けることで、この問題は解決できます。

  1. 薬キャリエージェント
  2. ファルマスタッフ
  3. リクナビ薬剤師
  4. マイナビ薬剤師
  5. ファーマキャリア

ぜひこれらの転職エージェントから2〜3社登録をして、最高の転職を実現してください。