薬剤師の仕事内容は?資格があればできる仕事8種を徹底解説!

薬剤師_261551888
薬剤師の仕事って、処方薬扱うことですよね?
キャリアコンサルタント
そうですね。薬の専門家として薬に携わるのが仕事です。でも、薬の携わり方は色々あるのをご存知ですか?
いえ、詳しいことはまだよくわからなくて…。
キャリアコンサルタント
そうなんですね。この記事では、薬剤師の仕事内容について詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

薬剤師と言えば、調剤薬局で薬を出してくれる人やドラッグストアなどで薬の相談に乗ってくれる人というイメージがありますよね。

薬剤師という職業から見た薬剤師の仕事内容は、ただ調剤薬局で薬を出す、薬の相談に乗るというだけではなく、もっと携わることのできる仕事や職場は多くあるのです。

そこで今回は、薬剤師の仕事内容を通して薬剤師の仕事とはどういうものなのかについて説明していきたいと思います。

【2019年4月:最新情報】

4月は薬剤師が転職するベストなタイミングです。多くの企業は、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が固まった4月に中途採用を開始します。これに合わせて、転職希望者も急増しますので、転職を成功させるためにも早急に準備を進めましょう。

  1. 複数の薬剤師転職サイト・エージェント(『ファーマキャリア』『ファルマスタッフ』『アプロドットコム』など)に無料登録する
  2. キャリアアドバイザーから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、自分に対するサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職サイト・エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期です。そのため、転職意欲の高い人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントに「すぐにでも転職したい」と伝え、優先的にサポートを受けられるよう対策をしましょう。

薬剤師の仕事内容は?薬剤師の資格でできる仕事8選

薬剤師の仕事内容は、病院で医師が処方する薬の調剤をし、患者さんへ薬の飲み方や注意事項などの説明を行うものです。

薬の専門家として働く薬剤師の仕事は、薬剤師法と呼ばれる法律の中で規定されています。

調剤業務以外にも、医薬品の専門家として働くことのできる仕事は多岐にわたります。

薬剤師としてどのような仕事に携わることができるのか、その仕事内容について見ていきましょう。

①調剤薬局|仕事内容・給料・やりがい・難易度は?

薬剤師として資格取得後、まず最初に勤務するのが調剤薬局というほど、多くの薬剤師が調剤薬局で仕事をスタートさせます。

調剤薬局での仕事内容は、

  • 医師の処方箋をもとに薬の調剤
  • 患者さんへの薬の説明と服薬方法
  • 調剤薬局を利用している患者さんの薬歴管理

となっています。

薬の調剤業務だけではなく、実際に薬を服用する患者さんと接する仕事でもあるため最低限のコミュニケーション能力も必要となります。

調剤薬局は、病院の近くにあるため、病院の診療科に合わせた医薬品を扱うことが多く、診療科の混雑状況に比例して仕事も忙しくなり残業となることも少なくありません。

調剤薬局勤務の薬剤師の年収は?

調剤薬局勤務として働く薬剤師の年収は、約450万円~600万円です。年齢や地域によって多少前後する傾向にあり、薬剤師の数が足りていない地方の調剤薬局では、年収は高い傾向となっています。

②病院や診療所などの医療機関|仕事内容・給料・やりがい・難易度は?

病院や診療所などの医療機関の中で行われる薬剤師としての仕事内容は、

  • 処方箋に基づいた薬の調剤
  • 患者さんへ薬と服薬方法の説明

など調剤薬局での仕事内容を基本としていますが、外来患者だけではなく、入院患者に対しても同じように、

  • 処方箋に基づいた薬の調剤
  • 患者さんへ薬と服薬方法の説明・指導
  • 注射薬や点滴薬の調製や管理

の仕事にも携わります。勤務する病院によっては、

  • 輸液の取扱業務
  • 薬物治療のモニタリング業務

など専門性の高い仕事に携わることもあり、薬剤師として様々な症例と関わり向上していきたいという人にとっては、やりがいのある仕事内容となっています。

やりがいのある一方で、入院患者のいる病院に勤務した場合、医師や看護師と同じく薬剤師も夜勤があり不規則な生活となります。

また、同じ病院でも診療所など小規模な医療機関での仕事内容は、

  • 院内処方という形で、診療所の一角で薬の調剤と患者さんへの対応
  • 通院が困難な患者さんに対応した在宅医療として、直接患者さんのお宅へ訪問し、服薬指導などの対応

を行う仕事もあります。

病院や診療所など医療機関勤務の薬剤師の年収は?

病院や診療所など医療機関で働く薬剤師の年収は、約400万円~650万円ほどとなっています。

この年収は、病院・診療所・在宅医療どの仕事も共通しています。勤務する医療機関によって忙しさや残業・夜勤などがある場合もあり、それを加味すると年収は低いという評価を行う薬剤師も少なくありません。

③ドラッグストア|仕事内容・給料・やりがい・難易度は?

ドラッグストアなど地域にある薬局で活躍する薬剤師も多くいます。

ドラッグストアなど薬局での仕事内容は、処方箋による調剤薬局が併設されている場合は、調剤薬局と同じ仕事内容となります。

調剤薬局が併設されていない場合は、

  • 一般用医薬品を求めてきたお客様へ、症状に合った薬の提案や服用方法の説明
  • 症状によっては専門医への受診をすすめる

など、地域の薬の専門家としての役割を担うこととなります。

最近では、一般用医薬品の中でもロキソニンなど薬剤師がいることで販売できる薬もあるため、ドラッグストアや薬局での薬剤師の存在はとても重要です。

また、

  • 漢方薬やサプリメント、健康食品などを使いたいという人の相談
  • 在宅介護や禁煙サポートなどの支援に関する情報提供

なども求められることもあります。

薬剤師としての業務以外にも、

  • ドラッグストアや薬局においてある商品の陳列
  • レジ対応

なども仕事内容のひとつとなっています。

ドラッグストアなど薬局勤務の薬剤師の年収は?

ドラッグストアなどの薬局勤務として働く薬剤師の年収は、高い傾向となっています。

初任給では、約400万円以上となっているドラッグストアもあり、店長クラスにもなると700万円以上となる場合も少なくありません。

④製薬会社|仕事内容・給料・やりがい・難易度は?

薬剤師は、製薬会社でも働くことができます。

製薬会社での仕事は、医薬品を使用する患者さんに対してではなく、薬そのものを作り出したり、医薬品を処方する側である医師や薬剤師に向けた仕事となります。

製薬会社での仕事内容は、研究職と言われるものと、MR、DIの3種類に大きく分けられます。

それぞれの仕事内容は、

研究職

病気に対しての治療のメカニズムによる創薬、新薬の臨床開発や臨床試験などを行う仕事です。この研究職は、博士課程を卒業していることなど、薬剤師の中でも高い専門性のある人しか就くことのできない仕事です。

MR

医師や同じ薬剤師に、自社で開発・販売されている医薬品の安全性や有効性を説明、紹介する仕事です。

DI

治験や臨床試験を行った結果を収集して管理し、データとして必要情報を医師や薬剤師などへ提供する仕事です。

製薬会社勤務の薬剤師の年収は?

製薬会社勤務の薬剤師の平均年収は、約500万円~800万円と言われていますが、勤務する製薬会社によって年収に大きく違いがあるとも言われています。

外資系の製薬会社勤務となった場合、MRの年収は、1,000万円以上となることもあります。

年収だけではなく福利厚生も充実しているので、高条件の中で働くことが可能です。

⑤卸売販売会社|仕事内容・給料・やりがい・難易度は?

医薬品を卸売する販売会社は、会社を運営するにあたり管理薬剤師を配置することが国の法律で義務付けられています。

卸売販売会社での薬剤師の仕事内容は、

  • 医薬品の保管管理と、それに伴う医薬品の情報収集
  • 医師や薬剤師からの問い合わせによる情報提供

などが主なものとなっています。

そのため、薬に関する知識はもちろん、薬事法などの法律に関する知識も必須となります。

卸売販売会社勤務の薬剤師の年収は?

卸売販売会社で働く薬剤師は、管理薬剤師という形で働くこととなるため、卸売完売会社内では管理職という役職となります。

そのため、年収は約600万円~700万円となっており、一般的な薬剤師の年収よりも高い傾向となっています。

⑥行政で働く公務員薬剤師|仕事内容・給料・やりがい・難易度は?

国や地方自治体など公立機関で公務員として働く薬剤師の仕事は、勤務場所はもちろん、その環境の中での薬剤師としての仕事内容にも種類が豊富にあります。

保健所で働く薬剤師の仕事内容と年収は?

保健所で働く薬剤師の仕事内容は、配属先によって違いがあります。

  • 薬事衛生業務(医薬品を取り扱う薬局や製造施設などに対して、指導や監視などを行う)
  • 食品衛生業務(食品などを取り扱う飲食店や製造施設などに対して、指導や監視を行う)
  • 生活衛生業務(美容院、旅館、クリーニング店など衛生環境が第一となる施設に対しての指導や監視を行う)

薬剤師だから必ず医薬品を扱う部署へ配属されるとは限らず、本人の希望や適性によって約3年を周期として部署移動が行われます。

公務員としての勤務となり、年収は約600万円ほどとなっています。初任給はそれほど高くはありませんが、長く勤めればそれだけ昇給してくことと、何よりも安定感が違うという点が魅力的です。

衛生研究所で働く薬剤師の仕事内容と年収は?

衛生研究所でも薬剤師として働くことができます。

仕事内容は、医薬品の研究・試験検査などです。

年収は、公務員としての収入となるため、約600万円ほどとなっており、この中には各種手当ても含まれての金額です。

自衛隊で働く薬剤師の仕事内容と年収は?

自衛隊の中で「薬剤官」として働くこともできます。

仕事内容は、

  • 自衛隊病院での一般的な調剤業務と患者さんへの対応
  • 薬品の管理
  • 医療費の管理

などをメインとています。災害が起こった場合には、現地で医療活動を行うチームの一員として出動することもあります。

自衛隊で働く薬剤師の年収は、国家公務員となるため、国家公務員の基準によって支給されることとなりますが、平均年収は約600万円。

自衛隊では階級によって給料も上がっていくシステムとなっているので、階級をあげていくことで昇給していきます。

厚生労働省の職員「麻薬取締役官」としての仕事内容と年収は?

薬剤師の仕事内容としては、特殊となる「麻薬取締役官」というものもあります。

麻薬取締役官の仕事内容は、

  • 薬物犯罪の捜査
  • 不正薬物使用の防止活動
  • 薬物の分析、鑑定
  • 薬物に関する関係者への監督

などがあります。

麻薬取締官は全国で約260名という人数しかおらず、薬剤師の資格を保有している人が半数以上となっています。

麻薬取締役官となった場合、国家公務員となるので、年収や福利厚生なども安定していて、一般の薬剤師よりも良いと言われていますが、危険の伴う仕事でもあります。

刑務所で勤務する「薬剤師」としての仕事内容と年収は?

刑務所に勤務し、受刑者に対して処方された薬の調剤を行うのが主な仕事内容となっています。

服薬指導など受刑者に対して行うことはありませんが、精神疾患を患っている受刑者や高齢の受刑者が多く、その他にも様々な疾患に対する薬の調剤を行うのが仕事です。

そのため、薬に対する高い知識と専門性が必要となります。刑務所に勤務する薬剤師となった場合は、公務員となるため給与や福利厚生は安定し充実しています。

⑦学校薬剤師|仕事内容・給料・やりがい・難易度は?

現在日本では、学校保健法という法律によって全国にある大学を除く全ての学校(幼稚園~高等学校)に学校薬剤師を1名置くことが義務づけられています。

主な仕事内容は、

  • 教室内の空気や湿度、照明、騒音などの環境検査
  • 水道水の検査
  • 給食施設の管理
  • プールの水質検査を含めた衛生管理
  • 児童生徒に対して薬や薬物、たばこやアルコールに関する指導

など、子どもたちが安心して学校生活を送ることのできるような設備管理と、薬物に関する正しい知識を得るための指導を行います。

学校で学校薬剤師として働く薬剤師の年収は?

学校薬剤師は、常に常勤するのではなく、年に数回の勤務となるため非常勤職員としての雇用となることがほとんどです。

また、別の環境で薬剤師として働きながらの兼業としている人が多いのが特徴です。

学校薬剤師が年間に受け取る報酬の平均は、5~10万円程度です。

⑧薬剤師の研究職|仕事内容・給料・やりがい・難易度は?

薬剤師の資格を取得後、研究員として研究機関で働くという方法もあります。しかし、研究機関で研究職として働くことのできる薬剤師の数はとても少なく、難易度はかなり高いです。

薬剤師の研究職の仕事内容は、主に薬剤の研究・開発が仕事内容となりますが、勤務する研究機関や業種によってその内容には違いがあります。

研究職として携わることのできる業種は、医薬品メーカーだけではなく、

  • 化粧品メーカー
  • 食品メーカー

などがあり各企業の商品開発に携わることとなります。

この他にも、

  • スポーツチームに所属し、ドーピングに対する指導を含めた選手の薬剤の管理などをメインとして行うもの
  • 大学院において薬剤の研究・開発

などに携わる人もいます。

研究職として働く薬剤師の年収は?

研究職として働く薬剤師の年収は、約400万円~700万円となっており、研究の成果など業績によってインセンティブが支払われる場合もあります。

  • 化粧品メーカーで働く薬剤師の年収は、約400万円~650万円。平均的には500万円前後となっており、福利厚生も手厚いことが多いです。
  • 食品メーカーで働く薬剤師の年収は、約500万円前後となっており、福利厚生も手厚いことが多いです。
  • スポーツチームで働く薬剤師の年収は、約500万円~600万円。自治体が持っているスポーツチームよりも民間企業が保有しているスポーツチームでの勤務の方が年収は高い傾向にあります。
  • 大学院で働く薬剤師の年収は、一般の博士研究員の場合は、一般的な薬剤師よりも年収は低いですが、助教授、准教授、教授という風になっていくごとに年収はあがり、教授クラスになった場合の年収は、1,000万円前後にもなります。

薬剤師についてよくある疑問を徹底解説

薬剤師と言っても働くことのできる環境は、多種多様だということがわかりました。

ここからは、「薬剤師になりたいけれど、どうすればなれるのだろうか。」という人のために薬剤師になるための方法や難易度、薬剤師に向いている人などについて説明していきたいと思います。

薬剤師になるには

薬剤師になるには、薬剤師国家試験に合格する必要があり、この国家試験に受験するためにまず、受験資格を得る必要があります。

受験資格は、薬学系の学部のある大学へ進学し、6年間薬剤師になるための勉学が必須となります。

薬学系の学部は、夜間部や通信教育などはありません。

薬剤師の国家試験は3月に実施され、その国家試験に合格し、厚生労働省の薬剤師名簿に登録されることで、厚生労働大臣により「薬剤師免許」をはじめて与えられることとなります。

薬剤師の難易度は?

薬剤師になるためには、国家試験に合格する必要がありますが、この薬剤師国家試験の合格率の平均は、60%~80 %と言われています。

合格率の高さは、難易度が低いというのでは決してありません。薬学部で学ぶ6年間の学習内容のカリキュラムがしっかりしていて厳しいことが伺えます。

薬剤師には、どんな人が向いてる?

「薬剤師になりたい!」と思っても、薬剤師としての適性がなければ、薬学部で学ぶ6年間や国家試験などは厳しいものとなると思います。

また、実際に薬剤師として勤務すると、薬を扱うということに対する重さや責任感は想像以上です。

そのような部分からも、

  • 医薬品を扱うということは、人の命を預かっているという意識と責任感を持つことができる人
  • 少しの間違いが人の命に関わる作業ということを認識し、正しく冷静な判断と集中力を常に持つことができる人

という資質が求められますので、薬剤師に向いている人は、人の命の重さと、薬を通して人と関わってくことに対して誠実に責任感を持って取り組むことのできる人と言えます。

薬剤師におすすめの転職エージェント3選・薬剤師以外の仕事も探せる!

無事に薬剤師となり就職。しかし、「薬剤師としてもっと違う世界で働いてみたい。」「薬剤師としての知識や技術をさらに磨いていきたい。」という人の中には、あえて転職しようという人も少なくありません。

そして薬剤師の転職に必要不可欠となるのが薬剤師に特化した転職エージェントの利用です。数多くある薬剤師に特化した転職エージェントの中から厳選して紹介していきます。

転職エージェントは1社に限定するのではなく、複数社を同時進行で利用することで、希望にマッチした求人や思っていた以上の求人に出会う可能性が広がりますので、複数の転職エージェントを利用してみることをおすすめします。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、母体となる毎日新聞社によるネットワークがウリとなっており、大手の求人を多く保有していることでも知られています。

担当となるエージェントの手厚いサポートが人気で、東京都心だけではなく、地方に住んでいる人も安心して利用することができるようにと全国各地に拠点を設けています。

ドラッグストアや企業などで薬剤師として働きたいという人に特におすすめです。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、「職業紹介優良事業者」として厚生労働省が認定企業と指定している転職エージェントです。

そのため、安心して利用することができると人気があります。

ファルマの特徴といえば、教育体制が充実しているため、ブランクのある薬剤師が職場復帰するのにも最適です。

主に病院や調剤薬局への転職を希望したいという人や、正社員だけではなくパートや派遣社員として働きたいという人にもおすすめです。

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は、リクルートが運営している薬剤師に特化した転職エージェントとしてとにかく求人数がとても多いことでも人気があります。

非公開求人は全体の75%を保有。一般には出回ることのない高条件の求人の中から希望にマッチした求人を紹介してくれる可能性が高いです。

大手企業での勤務や調剤薬局で働きたいという人に特におすすめです。

薬剤師の仕事内容は多彩!可能性を広げてみよう

薬剤師の仕事内容は、薬の調剤がメインとはなるものの、薬剤師として働くことのできる環境や仕事内容は実に多彩ということがわかりました。

6年という薬学部での学習を終え無事に国家資格を取得し、薬剤師としてデビューしたのはいいけれど、もっと薬剤師として違う仕事に携わってみたい。自分の知識やスキルをどんどん高めていきたい。そんな思いも働く環境を選ぶことで叶えることができそうです。

薬剤師の仕事の可能性を広げて、どんどん活躍してみましょう!