20代薬剤師が転職を成功させるためのポイントを徹底解説

薬剤師です。まだ20代なのですが、転職を考えています。20代の私でも転職はできるんでしょうか?
もちろん可能ですよ。20代というのはまだまだ可能性があり、薬剤師であっても転職はかなりしやすいと言えます。

キャリアコンサルタント

そうなんですね!安心しました。
この記事では、そんな20代の薬剤師さんの転職方法についてご紹介しています。活用すべき転職エージェントもご紹介しているので、合わせて確認してみてください。

キャリアコンサルタント

20代で薬剤師として転職してバリバリと働きたいという方も多いかと思います。

20代であれば転職活動をまだスムーズに進められる可能性も高いですが、上手に転職するためには様々なコツやポイントを押さえておくのが良いでしょう。

今回はそんな20代の薬剤師が転職するためのポイントや、上手に転職を進めるためのコツをご紹介いたします。

薬剤師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

薬剤師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

1位: 薬キャリエージェント、2位: ファルマスタッフ、3位: リクナビ薬剤師

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】薬剤師転職サイトランキング!人気58社の口コミ・評判を比較

20代の薬剤師が転職を成功させるためのポイント

20代の薬剤師が転職を成功させるためにはどういったポイントを押さえておくのが良いのでしょうか。

まずはそのポイントから確認してみましょう。

20代は転職を考えやすい

そもそも薬剤師に限らず、20代の方は転職を考えやすいと言われています。

嫌なことがあると仕事をやめやすい

1つは仕事に対して何か嫌なことがあるとそれに対して嫌気がさしてやめやすいという点です。

そうではないという方も多いかと思いますが、現実問題として仕事の内容が思っていたものと違うと感じてしまい、転職を考える方が多いのが実情となっています。

年収だけを見てしまう

20代のように若い社会人の方は仕事の内容よりも年収だけを見て企業を決める傾向があります。

若いうちからしっかりとお金を稼ぎたいという気持ちがあるほか、最近の不景気から年収を重視することが多いと言われています。

しかし年収だけを見て仕事を選ぶと、実際に企業で働いた時に自分が考えていた働き方とは違うと感じてしまい、すぐに企業をやめて転職活動を始めてしまう方が多いようです。

人間関係に悩まされる

社会人経験の浅い20代の方だと職場の人間関係に上手くなじめずそれが原因でやめてしまう方も多いようです。

特に自分よりも世代が上の方が職場に多い場合、上の世代の方との話や考え方が合わずにそれが原因で企業をやめてしまうことも珍しくないとされています。

ただし薬剤師という仕事の性質上、勤める企業は医療関係であることが多いかと思います。

医療関係の企業は組織間で従業員の情報を共有している場合が多く、上司との喧嘩別れなど人間関係が原因で企業を辞めた場合、転職先の企業に自分の情報が伝わって最初から働きづらい環境で働かなくてはならない場合も少なくありません。

転職する理由にも様々あるかと思いますが、人間関係が原因で転職する際には元いた企業との情報共有に注意するようにしましょう。

薬剤師がなら転職もスムーズに進めやすい

20代薬剤師の方は年齢の観点から見ても転職をスムーズに進めやすいと言えます。

企業が求める人材としては長く働けて、スキルもある程度ありつつ教育期間が手短に済む方が求められる傾向にあります。

定年退職まで働くことを考えた場合、年齢が高い薬剤師の方はどうしても20代薬剤師の方に比べて働く期間が短くなってしまいますし、物覚えも20代薬剤師の方が吸収しやすいことが多く、戦力になりやすいのが現状です。

こういった点からも20代の転職者は薬剤師に限らずどの業種でも転職活動をスムーズに進めやすいとされる理由となっています。

前向きな姿勢で転職活動を進めるのが大事

いくら20代薬剤師とはいえ前向きな姿勢で転職活動を進めなくては転職活動を成功させられる可能性も低くなってしまいます。

ハローワークや転職エージェントが紹介した求人にしっかり向き合い、その企業が薬剤師としてどのようなキャリアを積めるのか、勤務内容はどういったものなのかなどを事前にちゃんと調べておくことが大切です。

そういった前向きな姿勢は面接時に面接官に伝わり、希望した企業の採用率に関わることも珍しくありません。

自分がどんな条件でどんな仕事がしたいのかということとしっかりと向き合い、薬剤師として定着できる企業を見つけられるように頑張りましょう。

転職理由を伝えて長く勤められるアピールをする

20代薬剤師の方の中には何度も転職を繰り返しているという方も多いのではないのでしょうか。

面接時には履歴書もチェックされ、職歴が多い方だと採用を担当している方の頭の中で「飽きっぽく長く働いてくれないのでは」という懸念がよぎってしまい、それだけで採用率が下がってしまうと言われています。

転職を繰り返している方はどうしても今までの企業では転職しなければならなかった理由、どうしてこれから転職する企業ではいけないのかといった志望理由をしっかり考える必要があります。

そして自分の目標を遂げるために転職先の企業では長く勤められるというアピールを採用担当の方にすると採用率が上がりやすいです。

転職のプロに自分をアピールしてもらう

転職業界には転職エージェントというものが存在しています。転職エージェントは転職者の転職活動をサポートする存在で、転職のプロともいえる存在です。

転職エージェントには転職者の代わりに転職者のアピールポイントを企業に伝えてくれるというサポートを行ってくれます。

特に20代薬剤師の方で転職活動にも慣れていないとなると、自分の良さやアピールポイントを伝えきれないまま面接を終えてしまうということもあるのではないのでしょうか。

転職エージェントに自分のアピールポイントを伝えてもらえれば、面接では伝えきれなかった自分の良さを採用担当者に伝えることができ、採用率を高める可能性がアップします。

その他の点でも転職エージェントを利用することで多くのメリットが存在しています。

おすすめの転職エージェントや上手な利用法については後の項目で詳しくご紹介しますので、そちらを参考にしてみてください。

年齢が高くなればなるほど転職活動に前向きに

転職活動において年齢は大きな意味を持つことは先ほどの項目でご説明しました。

では30代、40代となれば転職活動は不利になってしまうのかというと、それはどれだけキャリアを積んだかによって大きく変わってきます。

例えば20代の早いうちから薬剤師として働いていた場合、30代、40代になるまでずっと薬剤師として働いていたのであれば、高いキャリアとスキルがあるという風に採用担当者が判断するため、転職活動を成功させやすくなります。

30代以上の転職者が転職するには

反対に30代以降に薬剤師の資格を取得した場合、年齢に比べてどうしてもキャリアが少なくなってしまうため、転職活動がうまく行かない可能性が高くなってしまいます。

ではキャリアが無く、年齢も30代以上の方が薬剤師として転職するためには何を心掛けるのが良いのでしょうか。

それは20代の転職者以上に1つ1つの求人に真摯に向き合うこと、そして強いこだわりは捨ててまずはキャリアを積むことを考えるということです。

30代以上の方が転職活動を上手に進めるためには20代の転職者以上に1つの求人に対してしっかりと情報のリサーチや対策を練り、より採用されやすいように努力をする必要があります。

こだわりを捨てることが大事

またどうしても理想の企業で働きたいのであればどうしても譲れない条件以外のこだわりは捨てて、まずはキャリアを積むことを考え、その後で理想に近い企業に転職するのが良いでしょう。

いくら年齢が高くてもキャリアとスキルをしっかり獲得していれば企業もちゃんとそれを評価して採用してくれるようになります。

これらのポイントをしっかり押さえ、最終的に自分が働きたい企業へ転職できるように前向きに努力してみてください。

20代の薬剤師が年収アップを実現する方法

薬剤師として20代からキャリアを積むことで、30代、40代となって薬剤師として働いていても豊かな生活を送りやすくなります。

薬剤師の年収は800万を超えることも

一口に薬剤師といっても様々な業種がありますが、キャリアを重ねて薬剤師として働いていれば、600万円以上の年収を手に入れることができるとされています。

以下の表はその一例です。

管理薬剤師502.8万円
認定薬剤師625.8万円
専門薬剤師625.8万円
病院薬局長827.0万円

このように病院の薬局長までキャリアを積めばどの年代の方でも年収が約800万円まで行くこともあります。

50代薬剤師の年収が1番高い

薬剤師は50代の方の年収が1番高いとされています。男性の場合は約750万円、女性の場合は約670万円が平均年収となっています。

つまり20代からコツコツと薬剤師としてのキャリアを積むことによって、老後は安定して過ごすことができる給与を手に入れることができます。

どうしても他の業種の仕事がしたいという場合以外は薬剤師としてのキャリアを積んで、安定した生活を送るのがおすすめです。

できるだけ1つの職場に長く定着する

いくら薬剤師の年収が高くても、職場を転々としていると年収が少なくなってしまう恐れがあります。

どの病院や企業でも勤続年数によって給与を高くしている場合が多く、いくらキャリアを積んでいても勤続年数が短いと給与が安くなってしまい、結果的に年収が低くなってしまう可能性が高いのです。

特に20代の方は先ほども記述したように人間関係や仕事内容、条件の違いなどによって転職を繰り返すのが多い傾向がデータによって出ています。

ですので20代の頃からすぐに病院や企業をやめてしまうのではなく、ある程度定着したうえで働き続けるかどうかを判断するようにしましょう。

公務員薬剤師という道もある

薬剤師の中には公務員薬剤師というものがあります。

公務員薬剤師には国家公務員薬剤師と地方公務員薬剤師の2種類があり、どちらも薬剤師の資格を取得しているうえで国家公務員試験か地方公務員試験を受けて合格することでなることができるようになります。

どちらも公務員として安定した給与を手に入れることができ、国家公務員薬剤師は薬に関する法律を、地方公務員薬剤師は実際に薬の管理や研究を地方で行うことが可能となっています。

地方によって30代までなどの年齢制限はありますが、20代の薬剤師であれば基本的に国家公務員試験も地方公務員試験を受けることが可能です。

より薬剤師として大きな仕事をしたいという方は、公務員薬剤師という道があることも頭に入れておくのが良いでしょう。

20代薬剤師が転職を有利に進める方法とは?

先ほど軽く紹介した転職エージェントは、転職者の転職活動を手厚くサポートしてくれる存在です。

そんな転職エージェントはどんなサポートを行ってくれるのか、そして上手に利用するにはどうしたら良いのかといった転職エージェントの利用法をこの項ではご紹介します。

そもそも転職エージェントとは?

そもそも転職エージェントとは、転職を主とする企業もしくはサイトに所属している転職活動をサポートしてくれる方のことを指します。

基本的に転職企業やサイトに自分の基本情報や職歴などを入力して登録すると、そこに所属している転職エージェントの中から1人が担当としてつき、転職活動をサポートしてくれます。

基本的に電話やメールでやりとりを行い、可能な場合は直接面談することでサポートを受けることが可能です。

転職エージェントは様々な業種向けに運営されているものもあり、薬剤師向けに運営されている転職エージェントもあるため、薬剤師の方は薬剤師向けの転職エージェントを利用するのが良いでしょう。

転職エージェントの主なサポート

転職エージェントが担当についた場合、基本的に以下のようなサポートを受けることができます。

カウンセリングで転職者の希望条件や悩みをヒアリング

転職エージェントの最初のサポートは、転職者が転職したい企業の条件や転職に関する悩みをカウンセリングで聴くところから始まります。

転職者がどんな企業や条件を理想としているのかや、今までどんなキャリアを積み上げてきたのかを基に今後の転職活動の仕方を転職者と一緒に考えます。

ここで大事なのが転職者側は自分の譲れない条件やキャリアなどを正しく正確に転職エージェントに伝えるということです。

ここの情報伝達が疎かだと転職エージェントが転職者の希望とは違う求人を紹介してしまい、転職活動がスムーズにいかない可能性が高くなってしまいます。

それを防ぐためにも転職エージェントに伝える情報はできるだけ具体的かつ正確に伝えるようにしてください。

転職者に求人を紹介する

カウンセリングで得た情報を基に転職エージェントは転職者に求人を紹介します。早ければ即日、遅くても1週間以内に10件ほど紹介するのが一般的です。

もし転職エージェントが紹介した求人の中に転職しようと思う求人が無い場合、再度転職エージェントとカウンセリングを行って新たに求人を紹介してもらうことができます。

転職エージェントが紹介した求人の中に自分の理想に近い求人がある場合、そのまま転職活動を進めるか転職エージェントにその企業の内部情報の調査を依頼することもできます。

特に薬剤師の方が転職しやすい医療関係の企業は、派閥や企業間の繋がりがあることが多く、人間関係に悩まされたくない20代の転職者にとっては知っておきたい情報を転職エージェントは調査してくれます。

医療関係の企業でなくてもどのような人材を企業が欲しているのかを調査してもらうことも可能なため、気に入った求人があったらまずはその企業について転職エージェントに調査してもらうのがおすすめです。

履歴書などの必要書類のチェック

希望する求人が決まったら次に履歴書や職務経歴書を作成します。履歴書と職務経歴書は転職活動においてほぼ必ずといっていいほど提出を求められる必要書類です。

しかしこれら必要書類にも書き方やマナーが存在しているため、それを間違えていると採用担当者の目に留まり、採用率を落としてしまう可能性があります。

履歴書の書き方に自信があるという方でも手書きで履歴書を書くことが多い以上、自分でも気づかないうちにミスをしてしまっている場合も珍しくありません。

転職エージェントはそもそも転職先の企業へどんな書類が必要なのか、そして必要書類をどう書けばより採用してもらえるかなどといったテクニックに精通しています。

そのため履歴書や職務経歴書の書き方に不安がある方でも転職エージェントと共に必要書類を作成すれば、採用率が落ちてしまう必要書類を提出してしまう心配が無くなります。

また転職エージェントの客観的なプロの視点から作成した必要書類をチェックしてもらえば、自分でも気づかなかったミスを指摘してくれて、知らないうちに採用率を落としてしまう危険性も少なくなります。

ですので必要書類の作り方に自信がない方はもちろん、自信があるという方も転職エージェントを介して必要書類を完成させる方がおすすめです。

面接時のマナーも確認してもらえる

転職活動において履歴書と並んで重要になるのが面接です。面接も暗黙の了解に近いマナーや立ち振る舞い方が存在しています。

また面接は面接官によって質問の内容が異なり、その受け答え方が与える印象も相手や企業によって変わるので、1つの質問に対して答えを用意しているだけでは採用を貰えないため、転職活動の中でも難易度の高い作業となります。

転職エージェントが転職先の企業について詳しい場合、その企業がどういった傾向の質問とどのような受け答えをする人材を欲しているかを情報共有してもらえる場合があります。

さらに大手転職企業に所属する転職エージェントなら、今までその企業に転職した転職者から実際の質問の内容と受け答えを基により採用されやすい受け答えや面接のイメージトレーニングを行うことが可能です。

もちろん基本的な面接のマナーや立ち振る舞い、加えて直接面談が可能な転職エージェントであれば面接のシミュレーションを行うこともできます。

面接だと緊張してしまうという方だけではなく、面接には慣れているという方でも転職エージェントと相談して企業ごとにしっかりと面接対策を立てて臨むようにしてください。

内定後の交渉で年収を上げる

企業から内定を貰った後でも転職エージェントのサポートを受けることが可能です。それは企業で働く際の条件交渉のサポートとなります。

実は企業から内定を貰った後でも企業と交渉して給与や休日などの条件を交渉することが可能です。この交渉がうまく行けば年収がアップすることも夢ではありません。

しかし企業との交渉は転職活動に慣れている方でも難しく、独自に交渉のスキルを磨いている方でない限り希望の条件を通すことはおろか、下手をすれば企業の心証を悪くして内定を取り消されてしまう可能性もあります。

そこで登場するのが転職エージェントです。転職エージェントは所属の企業で交渉に関するスキルを磨いていることが多く、内定後の条件交渉も転職者の代わりに企業と行ってくれます。

転職エージェントに交渉を任せておけば、プロのテクニックで転職後の給与など条件がより良いものとなり、自分の理想に近い環境で働くことができる可能性が高くなります。

ですので企業から内定を貰った後でも転職エージェントのサポートが受けられることを忘れないようにしましょう。

転職エージェントに任せきりにはしない

転職エージェントは薬剤師の転職活動をサポートしてくれる便利な存在です。だからといって転職活動を全て任せきりにしていては上手く転職活動を成功させることは難しいでしょう。

例えば転職エージェントが紹介した求人を鵜呑みにして、下調べもせずにそのまま転職活動を進めてしまった場合です。

その求人に向けて転職活動を進め、薬剤師として内定を貰った後や転職した後で自分が思っていた条件とは違うと感じ、やめてすぐに転職活動を再開するといったことにもなりかねません。

これでは転職活動を成功させているとは言い難いです。

このように何もかも転職エージェントに任せたままにしていると転職先に定着できずまた転職活動をしなくてはいけなくなるので、転職エージェントはあくまでサポートしてくれる存在であることを頭に入れて転職活動を進めるようにしてください。

転職エージェントに登録すると非公開求人が確認できる

転職エージェントに登録することで非公開求人というのをチェックすることができるようになります。

非公開求人とは転職エージェントに登録しなくても確認できる公開求人とは反対に、転職エージェントに登録することで初めてチェックすることができる求人のことを指します。

非公開求人は公開求人よりも給与など待遇がよく、さらに企業が急いで人材を求めているなどの理由から公開求人よりも採用されやすい場合もある転職者にとっては嬉しい求人となっています。

転職エージェントは複数登録するのがおすすめ

転職エージェントは複数登録することでよりスムーズに転職活動を進めることができます。転職エージェントは基本的に登録料や会員費用が無料なので、複数登録することでお金が掛かるといった心配がありません。

複数の転職エージェントに登録すると、それぞれの視点から転職に関する様々な意見を貰うことができ、それぞれの情報を取捨選択しながら自分の考えに合った転職エージェントと共に転職活動を進めることができるようになります。

また非公開求人の選択肢も広がり、より自分の理想に近い企業を見つけられる可能性もアップします。

このように転職エージェントは複数登録することで円滑に転職活動を進めることができるようになるので、1つの転職エージェントだけではなく様々な転職エージェントを利用するようにしてください。

20代の薬剤師に欠かせないおすすめ転職サイト・エージェント

20代の方は転職エージェントを利用することで転職が成功させやすくなります。

ここではそんな20代で薬剤師として転職したい方におすすめの転職エージェントをご紹介したいと思います。

薬剤師業界最大手の薬キャリ

「薬剤師登録数」「成約率」ともにNo.1の転職エージェントです。また、サービスを利用した薬剤師の満足度も高く、満足度95%を誇ります。

薬キャリは、医師・薬剤師を対象にキャリアサービスを展開している「エムスリーキャリア株式会社」が運営しています。

「病院」「調剤薬局」「一般企業」など、幅広い求人を取り揃えています。

薬キャリを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

  • 「こちらの要望を企業側に伝えていただいて、全てとはいかないがいくつな条件をのんでもらえたので利用して良かったと思う。」(30歳女性)
  • 「希望条件に合致した求人をスピーディーに案内していただけました。添削、面接時の同席はありませんでしたが、初めての転職活動の不安な気持ちに寄り添う担当者の存在がありがたかったです。」(44歳女性)

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。

薬キャリは、キャリアコンサルタントと面談せずに、電話やメールでやりとりすることも可能です。

「キャリアコンサルタントと面談する時間がとれない」、という人でも安心です。

無料登録はこちらから!

大手転職企業が運営するマイナビ薬剤師

正社員で転職したいという場合は、ドラッグストアーや企業の求人をたくさん保有しているマイナビ薬剤師がおすすめです。

マイナビ薬剤師は、転職エージェントの中でも最大手として有名ですが、その母体は毎日新聞社と大きいです。

マイナビ薬剤師を実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

  • 「登録されている転職先企業の数の多さが転職を有利に進めるカギとなりました。企業との交渉を重視するのにいい転職サイトです。」(40歳女性)
  • 「求人情報の量はとても多く、求めている場所の情報提供もスムーズに進められたこと。また、転職を進めるにあたり間に入ってやり取りをして貰えたこと。」(27歳女性)

など、特に求人の質や量の良さに対して評価する声が多数ありました。

営業所も全国に14か所配置しているので、各地で転職エージェントとコミュニケーションを取りながら転職活動を行うことができます。

正社員向きの転職エージェントですが、パート勤務の求人も取り扱っているので自分の希望にマッチした転職先を見つけることができます。

無料登録はこちらから!

こちらも大手が運営するリクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は、日本有数の人材紹介会社「リクルートグループ」が運営しています。

リクルートグループのネットワークを活用して求人を集めており、大手薬局から町の小さな薬局まで、幅広い求人を保有しています。

また、リクルートグループにしかない選りすぐりの非公開求人も保有しています。

リクナビ薬剤師は、「最短3日で転職を実現」をうたい文句にしています。

スピーディーな対応を期待できるので、とにかく急いで転職したい人にもおすすめです。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

  • 「持っている求人情報は多いと思います。薬局と病院の両方の求人を持っているため、どちらか悩んでいる方にはいいかと思います。」(30歳女性)
  • 「知らない土地での比較的近場の職場をたくさん教えていただけたこと。何科の門前など調べる手間が省けたこと。」(38歳男性)

など、特に地方までカバーする求人数の多さに対して評価する声が多数ありました。地方への転職を検討している方は登録しておくとよいでしょう。

無料登録はこちらから!

調剤薬局に強いファルマスタッフ

ファルマスタッフは、「株式会社メディカルリソース」が運営する薬剤師の転職支援サービスです。株式会社メディカルリソースの親会社は、調剤薬局です。

株式会社メディカルリソースは、もともと薬剤師専門の人材派遣会社でした。しかし薬学生の要望に応えるため、次第に薬剤師の就職・転職サービスも行うようになりました。

調剤薬局が母体なのに加え、設立当初から薬剤師に関わってきたため、薬剤師業界に明るいのが強みです。

薬キャリを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

  • 「全国に支店があるので、主人の転勤等により転職する場合も安心だと思います。現地まで来ていただけて、店舗との面接にも同伴してくれるので頼もしいです。」(32歳女性)
  • 「求人の数が多いのが一番のメリットだと思います。近くにあっても知ることができない薬局の存在もあるので、求人の案件をたくさん持っているということが最大のメリットだと思います。」(52歳女性)

など、求人の量や各地での転職に対して高い評価を得ていました。

無料登録はこちらから!

20代薬剤師の転職成功法まとめ

薬剤師として転職するのであれば、薬剤師向けの転職エージェントを利用することでスムーズに転職活動を進めることが可能です。

特に20代の方は自分の良さを伝えるために転職エージェントを利用すれば転職活動を成功させやすくなり、若いうちから高いキャリアを積みやすくなります。

自分に合った転職エージェントを利用して、薬剤師として20代の頃から多くの経験とスキルを獲得していきましょう。