薬剤師の転職は?30代での転職もやり方次第でまだまだ可能!

薬剤師です。転職を考えているのですが、30代ということもあり、転職は難しいのではないかと思っています…。30代の私でも転職できるでしょうか?
もちろんできます。40代・50代の方でも転職している方はいらっしゃるので、安心してください。

キャリアコンサルタント

そうだったんですね!安心しました。
この記事では、そんな30代の薬剤師転職について詳しくまとめています。

キャリアコンサルタント

転職を決めたら明確にすべきことや、利用したい転職エージェントなどもご紹介しているので、合わせて確認してみてください。

キャリアコンサルタント

30代という年齢は薬剤師として転職を検討するには、まだまだ余裕の年齢です。

子供が生まれたため職場環境を変えたいと思ったり、今までの薬剤師の経験を振り返って、キャリアアップを目指したいと思う人が多くなる一方で、転職を繰り返していると、その履歴書から不信感が高まってしまうのが30代でもあります。

自分自身で自己分析をしっかりと行い、転職エージェントなども利用して上手に転職活動をする方法についてまとめました。

薬剤師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

薬剤師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】薬剤師転職サイトランキング!人気58社の口コミ・評判を比較
  1. 薬キャリエージェント ロゴ
  2. ファルマスタッフ ロゴ
  3. リクナビ薬剤師 ロゴ

30代薬剤師が転職したいと思う理由を一挙解説!

薬剤師の30代という時期は、新卒で働いてきた経験があり、その経験を踏まえて転職をしたいなと感じる年代です。30代薬剤師が転職をしたいと思う具体的な理由をまとめました。

お給料面が不満

20代の新卒のころから、石の上にも三年という気持ちで働いてきたけれど30代になってから、将来のことを考えるとお給料面に不安や不満が出てくるのがこの年代です。

特に男性の場合、子供が生まれたりいろいろなライフステージの変化から、この職場では昇給も無理で将来性がないなと感じると、老後への備えなどから転職活動をするようになるのです。

薬剤師の場合、30代という年齢がネックになり転職が難しいということが、ほかの職種よりもあまりない職業ではあることは確かです。

しかし、早めに転職してお給料アップを目指したいと思うようになりはじめる年代が30代なのです。

体力面で限界がきた

お給料面を重視してドラッグストアの薬剤師になったりすると、30代あたりで体力面の限界が来る場合があります。

ほかにも、製薬会社で薬剤師の資格を利用して営業の仕事をしているMRの仕事を選び就職してきた薬剤師も、体力的に限界だと思うことが多いようです。

このような場合、多少お給料が減っても良いので、体力面でも続けていきやすい職場に転職したいと思い、30代で転職を検討し始める人もたくさんいます。

人間関係が大変すぎる

薬剤師は、看護師などと同じように慢性的な人手不足がかなり深刻な職業です。そのため、現場が多忙過ぎてぴりぴりしてしまい、人間関係もなかなか難しい部分があるのです。

多忙過ぎてぴりぴりするだけではなく、狭い薬局などでずっと同じ人が一緒に過ごしているとなると、煮詰まってしまい、人間関係が難しくなってしまうということもあります。

人間関係が難しく、あまりうまくいかないとなると、患者さんの命を預かる仕事をしているのにも関わらず業務に身が入らなくなってしまうということもあるかもしれません。

そうなると、自分の思うように仕事ができなくて苦しいなという気持ちが強くなり、人間関係改善のため、転職活動をする薬剤師の人も存在します。

将来のためにスキルアップしたい

将来のためにスキルアップやキャリアアップをしたいという思いから、転職を決意する薬剤師の人もいます。

例えば、新卒でドラッグストアの薬剤師として就職をし働き続けてきたので、テンポの回し方やドラッグストアの薬剤師としての知識は豊富だけれど、調剤をもう少し学びたいという人も存在するのです。

そのような人は、薬局に転職して調剤をより深く学び、調剤に詳しい薬剤師になろうという思いで、転職を決意する人もいます。

お給料面や人間関係面に問題がなかったとしても、自分のスキルを上げたいと思うから新しい職場を求めて転職活動をするという人も存在するのです。

育児が一段落して復職したい

30代で女性の薬剤師の場合、20代で産んだ子供が小学生になった幼稚園に入ったというくらいの年代だといえます。

そのくらいの年代の場合、30代で復職しまた薬剤師として活躍したいと思う人もたくさんいます。

薬剤師は需要が高いお仕事になりますので、パートなどでも高単価で働くことができます。そのため、再就職はパートという人も中には存在します。

30代薬剤師の主な転職先一覧と職種別年収を大公開

薬剤師という職業は30代になると、さまざまな理由で転職したいと思う人が増えてきます。転職したい理由はさまざまですが、薬剤師が求められている現場もまたさまざまです。

薬剤師が転職する場合、病院の近くに併設されている薬局以外にもいろいろな場所で需要があるので、それらの職場とその職種の平均収入についてまとめました。

病院薬剤師

病院薬剤師の年収は、30代前半で約390万円、35歳からの平均額は約430万円となります。

病院薬剤師の基本的なお仕事は、病院の医師や看護師と患者さんの情報をカルテで共有し患者さんの治療に調剤で貢献するというのが主な業務内容です。

病院薬剤師は、新卒に人気なので30代の転職希望者の枠がない場合が多く、30代の場合、都心部などでは転職が不利になってしまうという場合もあります。

しかし、患者さんが名前を覚えてくれたり、治療に励んでいる姿を近くで見られるというやりがいがあるのも確かです。

調剤薬局

調剤薬局のお給料は30代前半で約410万円、35歳からは約430万円という年収が一般的です。

調剤薬局は昇給が少ないということもありますが、勤続年数が3年を超えると意外と少しずつお給料が上がっていきます。

長く勤めれば年収600万円を超えるということもあるくらいですので、勤続して働きたい人にはかなりおすすめです。

調剤薬局は、クリニックのすぐ近くにある小さい薬局でクリニックで書かれた処方箋から調剤して、患者さんにお薬を渡すという業務をするのが主なお仕事内容となります。

ドラッグストア

薬局のドラッグストアのお給料は30代前半で約490万円、35歳からは約530万円という年収になっています。

ドラッグストアで働く薬剤師は、品だしやスタッフ管理などのさまざまな労働をしなければなりません。

そのため、比較的、年収は高めに設定されていて、勤続年数が上がるとエリア統括を任され、さらに年収がアップするなど、お給料面ではかなり良い勤務先であるといえます。

企業・製薬会社

企業薬剤師の年収は30代前半で約480万円、35歳からはは約550万円となっています。企業薬剤師は、製薬会社や医療機器メーカーなどで働いている人を指します。

具体的に言うと、MRやMSを指し医療機器メーカーなどの営業をしている薬剤師を指します。

営業活動のほかにも、その活動から得た知識を会社にフィードバックすることで、より良い製品作りなどに協力できるという部分もあるのが、このMRやMSの業務内容になります。

30代薬剤師が転職をするときに明確にすべき3つのこと

転職をしたいと思う理由や、転職先にはどのような企業があるかということについて、先ほどまで解説してきました。

転職をしたい理由や転職先についてのイメージを明確にできればできるほど、転職エージェントなどを使って自分らしい転職をしやすくなり、転職活動もスムーズになります。

転職の準備のために、転職活動前にしておいたほうが良いことを3つまとめましたので、転職準備に活用してみてください。

1.今までの経験の整理をする

新しい職場に転職したいと思った場合、あなたが今までしてきた業務や達成してきたことなどを明確にしておく必要があります。

転職先にあなたが現職で成し遂げたことなどを伝える必要があります。ほかにも、転職エージェントなどを利用する場合は、そこのエージェントにもそれらを伝える必要があるでしょう。

新しい職場にこれらのことを伝えるという必要もありますが、自分が今までどのように働いてきたかということを整理することで、あなたが本当に進みたい道が明確になります。

自分が成し遂げてきたことや、現職で感じているやりがい、そして不満などをとにかく整理して、エージェントなどに伝えられるようになりましょう。

そのような情報整理を事前にしておけば、転職活動がよりスムーズに行えて、自分が本当に希望する転職先への内定を手に入れられる近道となります。

2.転職先のフォロー体制はしっかりチェックしよう

転職先のフォロー体制はしっかりチェックしてください。薬剤師は6年も学ばなければならない職種なので、30代でもまだまだ若手扱いで、未経験職種に転職する場合もあります。

そうなった場合、フォロー体制がしっかりしているところで、マニュアルが完備されているところなどでないと、業務に就いていけなくなってしまうこともあるのです。

小さな薬局に転職した場合、一見すると急がし過ぎるというわけでもなく、自分のペースで働けるという部分がありますが、一方でマニュアルが完備されていないということもあります。

そうなると、大手のドラッグストアの薬剤師に転職したほうが、マニュアルが完備されていて、決まりがしっかりしているので、忙しい中にも働きやすさがあるという場合もあります。

30代でたくさん職歴が増えてしまうのは、社会的信用にも関わる問題なので、自分が続けられる職場なのかどうかということを事前に見極められるようになっておきましょう。

しかし、普通の転職者がそのような見極めを行うのが難しい部分もあります。

そのような場合は、フォロー体制についてなど企業についての情報をたくさん持っているエージェントに相談してみるというのも、おすすめできる方法です。

3.転職エージェントやサイトに複数登録する

転職エージェントやサイトに複数登録するということも、おすすめできる転職活動の方法です。

自分で履歴書を送って、個人の薬局や店頭求人が出ているドラッグストアなどから内定をもらうというのも、もちろん素晴らしい方法ではあります。

しかし、多くの人が現職の仕事を続けながらの転職活動になりますので、その場合、履歴書を転職先の企業に送ったり、自分が書いた文章の推敲などを自分でしなければなりません。

そうなった場合、かなり時間を取られてしまい、体力的にもかなりハードになってしまうので、転職エージェントを利用し効率的にお仕事に応募することをおすすめします。

そして、1つの転職エージェントにこだわらずさまざまなエージェントやサイトに登録することで、あなたに一番合った転職先を見つけやすくなります。

そのため、あなたが管理できるだけのエージェントやサイトに登録して、転職活動をすることをおすすめします。

30代薬剤師が、転職が決まったらしたほうが良い5つのこと

転職が決まったら、今すぐにでも職場を辞めて準備をしたいと思う人もいるかもしれません。

しかし、退職のタイミングというものは、あなたにもあなたの職場に対してもベストなタイミングというものがあるのです。

転職活動をしていく中で、辞めるタイミングも意識して、なるべく円満に退社できるような転職活動をしていくと、退社のトラブルもなく新しい転職先での仕事を始めることができます。

1.繁忙期を避けた日程で辞めるようにしましょう

繁忙期にあなたの都合で他社に転職されてしまうと、あなたを今雇ってくれている現職の職場はとても迷惑します。

そのため、後述する引継業務にもかなり影響が出てくる問題となってしまうので、繁忙期を避けた時期に辞められるように心づもりをしながら、転職活動をすることをおすすめします。

2.退職時期は円満退社を意識して伝えよう!

退職時期は早めに伝えることをおすすめします。早めに伝えたほうが、欠員補充のための募集や、引き継ぎ業務などを余裕を持って進められるためです。

転職するということを一番最初に伝えるべきなのは、直属の上司です。まずは口頭で退職する旨を伝えましょう。

うっかり口を滑らせて、直属の上司よりも上の存在に話してしまったり同僚に話してしまうと、上司がとても不快感を感じる可能性もあります。

そして、さまざまなトラブルになりかねませんので、まずは直属の上司に伝えるように心掛けてください。

3.退職届・退職願も忘れずに用意を

直属の上司に退職する旨を話し、退職日時が決まったら退職届・退職願も忘れずに用意しましょう。

退職届・退職願は、退職日の1カ月前に出すのが通常となりますので退職日が決まったら早めに用意してください。

4.引継業務も早めに準備してスムーズに行おう

退職日が決まったら、引継業務も行っておきましょう。あなたがしっかりと退職の旨を上司などに伝えれば、上司が欠員補充のための募集を掛けてくれたりします。

ほかにも、現在一緒に働いている、同じ職場にいる人が引き継ぎを行う場合もありますので、その人に引き継ぎがちゃんとできるように、心づもりをしておきましょう。

5.退社の挨拶は当該日の10日前がベスト

退職の挨拶は、退職日の10日前ごろにするのがおすすめです。退職の挨拶は取引先の人や普段お世話になっていた人などにしにいきましょう。

しかし、会えない人に関してはメールや手紙などでも十分ですので、現職に響かない範囲内で行うように心掛けてください。

30代薬剤師が利用すべきおすすめ転職エージェント4選

薬剤師は、求人数が豊富で、お仕事の中でもたくさんの選択肢がある職業です。

だからこそ、あなたの意見を汲んで上手にお仕事をあっせんしてくれるエージェントに登録しながら、転職活動をすることをおすすめします。

転職エージェントもまた、さまざまなものがあって転職業界全般の保有求人数が多いものから、薬剤師に特化したものまでいろいろあります。

そのため、特色を理解し複数のエージェントやサイトを併用することで、お給料面でもやりがい面でもより納得がいく転職ができる確率が高まるのです。

薬キャリエージェント

薬キャリ

まずは「薬キャリエージェント」をご紹介します。

この転職サイトの最大の特徴は「年間の登録者数が1番多い」という点です。

また、求人数も業界トップレベルで保有しており、特に調剤薬局・派遣・OTC関係の求人を豊富に扱っています。

ただ、キャリア面談は「電話・メールのみ」なので、対面での面談を希望する場合は、他の転職サイトを利用する必要があります。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフの良いところは、必ず面談をしてくれるという点です。

子供の手がまだ離れていない女性などは、近所のカフェまで出張してくれるという丁寧ぶりです。

そして、初回面談は最低でも60分の面談時間を取ってくれますので、悩みなどがあったらここでしっかりと話しておきましょう。

ファルマスタッフの保有案件は約70,000件もあります。

一番多いのが常勤のお仕事ですが、パートや派遣なども他エージェントに比べて多めに保有しているのが特徴です。

そのため、子供が生まれて少し手が離れてきたからパートや派遣で常勤ではない働き方をしながら、子育てしたい、復職をしたいと考えている人にもおすすめなエージェントです。

17年という年月は転職大手のマイナビよりも歴史がありノウハウや人脈の蓄積があるので、さまざまな求人特集が組めるほどのサイトも見どころの一つとなります。

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクルートエージェントは、質の高いエージェントとたくさんの求人保有数でとても有名なエージェントですが、薬剤師に特化した「リクナビ薬剤師」が存在します。

2011年に薬剤師求人バンクとして活動を始めたリクナビ薬剤師ですが、35,000件以上の求人を保有するところは、さすが大手リクナビといったところです。

30代の薬剤師は、自分の今後のキャリアを変えたいと思って転職活動をする人もたくさんいます。

リクナビのエージェントは転職先の会社の評価制度などがどうなっているのかなどといった転職先をあなたに代わって調べてきてくれることもあるので、とても心強いエージェントだといえるでしょう。

そして、下調べした内容とあなたが話した内容をすり合わせて、一緒に転職先を考えてくれるというエージェントもいます。

そのため、転職サイトのようにボタンひとつのソート機能を使ったシンプルなものよりも、とても満足度の高い転職活動をすることができるエージェントです。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、リクナビよりも先に薬剤師転職のサポートを行ってきた歴史ある薬剤師転職エージェントです。

マイナビというブランドは確かで、エージェントの質が高くヒアリング力が素晴らしいというのがマイナビ薬剤師の売りの1つとなっています。

そのため、困っていることや希望などは例えば言っても良いのかな、と思うようなことであってもぜひ相談してみてください。

マイナビ薬剤師はじっくりとヒアリングを行ってくれるので、就職してからこんなはずではなかったというミスマッチを防いでくれます。

転職エージェントの場合、ヒアリングをしてあなたにぴったりな条件の会社を紹介してくれるというところが、転職サイトとの違いといえます。

そしてマイナビの場合は、そのヒアリングが特に丁寧で大手のブランド力もあるのでかなりおすすめのエージェントです。

上手に転職活動すれば30代でも薬剤師は転職できる!

薬剤師は、上司や同僚と長い間一緒に狭い部屋で働き続けたり、急患に合わせて調剤をしなければならないから休みがなかなか取れないなど、いろいろなストレスがあります。

ほかにも、薬剤師という国家資格があるからこそもっとスキルアップをしたいという思いや、将来が不安だからお給料面で安心したいという思いなどで転職を希望する人もたくさんいます。

特に30代の転職はそのようなお給料面やスキルアップをしたいという思いなど、新卒から働き続けてきたからこそ持つ悩みで転職を希望する人もたくさんいるのです。

まずは自分で転職をしたいと思う理由を明確にするということが必要で、今後、どのようにしたいのかということをはっきりさせなければなりません。

しかし、転職を希望する多くの人は現職の業務と並行して転職活動を行うはずですので、効率化や手間を省くためにも転職エージェントを利用することをおすすめします。

自分で履歴書を送るよりも、転職エージェントは独自のパイプを持っていていろいろな会社とのつながりもあります。

履歴書添削などプロの目線でアドバイスを受けながら上手に転職すれば自分が思っている以上に素晴らしい職場に転職できるかもしれません。