薬剤師が北海道転職を成功させるには?おすすめ転職エージェントも紹介

北海道で、薬剤師として転職したいのですが、どうすれば良いですか?
北海道の薬剤師転職に特化した転職エージェントを最大限活用しましょう。

キャリアコンサルタント

分かりました。具体的に、どの転職エージェントを利用したら良いですか?
はい。北海道での薬剤師転職におすすめな転職エージェントは、この記事で詳しくご紹介しています。

キャリアコンサルタント

転職エージェントの選び方や利用する際の注意点もご紹介しているので、合わせて確認してみてください。

キャリアコンサルタント

北海道で薬剤師として活躍中の人はもちろん、道外から北海道へ来て薬剤師として転職したいという働きたいという人のために、北海道の薬剤師に関する転職事情について紹介していきます。

北海道ではどのくらいの人が薬剤師として働いているのか、気になる年収や勤務形態、平均年齢などについても触れてみました。

そして、今よりも働きやすく良い待遇の環境の中で薬剤師として活躍できる転職を成功させるために利用したい転職エージェントについても紹介していきますので、ぜひご活用ください。

薬剤師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

薬剤師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】薬剤師転職サイトランキング!人気58社の口コミ・評判を比較
  1. 薬キャリエージェント ロゴ
  2. ファルマスタッフ ロゴ
  3. リクナビ薬剤師 ロゴ

北海道の薬剤師需要は?転職のしやすさ・年齢別年収まとめ

日本の面積の約22%をも占める北海道。北海道といえば、広大な土地に大自然が広がる地域というイメージを持つ人も多いと思います。

また、自然豊かな観光スポットも多く、海産物や農作物など美味しい食べ物が豊富にあるイメージもあるのではないでしょうか。

そんな北海道に住む人々は、約550万人。全都道府県では、第8位にランキングする人口となっていますが、土地面積の広さから、人口密度は全国一低い地域となっています。

北海道で一番人口の多い札幌市は、政令指定都市にも指定され、次いで旭川市、函館市となっています。それぞれが観光エリアとして日本だけではなく海外からも多くの人が訪れています。

薬剤師の需要は?

北海道で薬剤師として働くことのできる薬局などの施設は、全国第2位という数の多さで、主要とする調剤薬局の数は326店舗あり、大手グループの薬局なども進出しています。

北海道の人口に対して薬剤師の数は不足気味の傾向があります。道内では、大手グループの薬局をはじめ、中堅企業も多くありますが、主要都市である札幌市に集中している傾向が強いです。

また、札幌を問わず道内では、地域に密着した医療や在宅医療なども充実しているので、患者さんに近いところで薬剤師として働くことができるので、また違ったやりがいを感じます。

薬剤師として日本全国を見ると、女性の比率が高いのですが、北海道ではほぼ同じ割合で活躍しているのも北海道ならではかもしれません。

都市部「札幌」がやっぱり人気のエリア

北海道で薬剤師として転職するなら、様々な種類の勤務先が豊富にある札幌が人気のエリアとなっています。

通勤のアクセスはもちろん、長く就業しキャリアを積んでいきたいという人にもおすすめです。

特に札幌市営地下鉄沿線沿いには、医療機関も多くあるため転勤や道外から北海道に引っ越して転職する人に人気の高いエリアです。

好条件を狙うなら札幌市外の地方エリアもおすすめ

札幌市内には、人口が多く医療機関も多くあるため薬剤師として転職したいという人の求人も多くあります。

しかし、高年収などの好条件で転職したいという場合は、あえて札幌ではなく札幌市外の地方エリアを狙ってみてはどうでしょう。

札幌市外の地方エリアでは、薬剤師の数の不足により需要が高く、より良い人材にはより好条件を提示している求人が多くあります。

また、札幌市から離れた市町村では、高齢化に伴った過疎化が進んでいるため、薬局のみというところばかりではありません。

ドラッグストアが併設しているところも多く町のお薬の専門家として相談役のような薬剤師も求められています。

札幌市外の地方エリアでは、正社員という雇用形態以外にも、派遣や契約社員、パートなど自分の希望に応じた働き方をすることができ、なおかつ高年収といった好条件で採用している傾向も強いです。

北海道で活躍中の薬剤師の数と業種は?

北海道で働いている薬剤師の数は、約11,000人。人口10万人に対して薬剤師の数は約200人ほどとなっています。

全国平均では、約230人弱という数値なので、北海道で必要とされる薬剤師は、やや不足傾向にあると言えます。

北海道で薬剤師として働く勤務先としては、

薬局勤務約2,400件
病院勤務約600件
診療所勤務約3,400件

という数値になっており、それぞれ薬剤師として働いている数としては、

薬局勤務約60%弱
病院勤務約30%弱
診療所勤務約1%程度

だと言われています。この数値から見て北海道では、半数以上の薬剤師が薬局勤務として働いていることがわかります。

北海道で働く薬剤師の平均年齢は?

北海道で働く薬剤師の平均年齢は、45.2歳です。全国の薬剤師として働く人の平均年齢は45.3歳なので、それほど大きな違いはありません。

年代別でみてみると、

20代全体の13.8%
30代全体の26.6%
40代全体の22.6%
50代全体の23.2%
60代全体の10.5%
70代全体の2.7%
80代以上全体の0.6%

北海道では30代~50代の年齢の人が多く活躍しており、薬剤師としてスタートしたばかりの20代では10%そこそことなっています。

絶対数的には、少ないですが60代、70代でも現役として活躍している人もいたり、80代以降でもわずかですが、現役薬剤師の方もいるようです。

高齢でも活躍できる場があるというのは、北海道ならではの数値かもしれません。

北海道で働く薬剤師の年収は?

北海道で薬剤師として働く人の平均年収は、全国第18位の527.6万円となっています。全国平均は、515万円なので、北海道の薬剤師の年収は高めです。

ただし、この年収は、勤務する地域によって大きな違いがあるというのが北海道ならではです。東京などでは、都心で働いた方が年収が良いイメージが強いですが、北海道はちょっと違います。

北海道の都心でもある札幌で薬剤師として勤務するよりも、札幌市内から離れた地方の方が、年収が良い場合が多いのです。

例えば、札幌市内では、400万円が一般的な年収ですが、車やJRで札幌から20分~1時間程度の距離のところにある地域の年収は、20万円~150万円も高くなる場合があります。

管理薬剤師として勤務する場合は、さらに高い年収幅となります。

札幌から通勤圏にあるエリアの年収

  • 札幌市、北広島市の平均年収 約400万円

札幌市の隣にある北広島市は、人気エリアとなっているため、札幌市と変わらない平均年収です。

  • 恵庭市、千歳市、江別市の平均年収 約420万円

札幌市からは、車で20分から1時間という距離のため通勤圏内と言えますが、病院数そのものが少ないため、充足状態が続いているので良い条件の求人に出会うのは難しいです。

  • 小樽市の平均年収 約430万円~450万円

JR札幌駅から30分ほどの通勤圏となっていることから通勤しやすく、年収も高いのでおすすめのエリアです。

  • 岩見沢市の平均年収 約500万円

札幌市内からは、車で40分~1時間程度の距離にありますが、約20%以上の年収アップも見込めるのでおすすめのエリアです。

札幌から通勤圏外にあるエリアの年収

  • 苫小牧市の平均年収 約480万円

札幌からは車で1時間~2時間近くかかる距離のため、毎日通勤して通うという距離ではありませんが、新千歳空港へのアクセスも良いエリアなので便利な地域でもあります。

  • 函館市の平均年収 約600万円~850万円

北海道の代表的な観光地のひとつである函館では、薬剤師として働く場合、高収入を見込めることができるのでおすすめです。

  • 釧路市の平均年収 約600万円~850万円

釧路市も釧路湿原などの自然が豊かで、海産物をはじめとする美味しい食べ物が多くある北海道では人気のエリアです。

このエリアで薬剤師として働く場合、函館市と同様に高収入を見込むことができます。

管理薬剤師になると年収はさらにアップ

薬剤師としての経験を積み、管理薬剤師となった場合、年収はさらに高くなっていきます。

札幌市の管理薬剤師約460万円~480万円
岩見沢市の管理薬剤師約550万円
小樽市の管理薬剤師約550万円~
苫小牧市の管理薬剤師約550万円~
函館市の管理薬剤師約700万円~800万円
釧路市の管理薬剤師約700万円~800万円

札幌市で管理薬剤師として勤務した場合の年収相場は、500万円に届かない程度となっています。

札幌を離れると、500万円越えとなり、函館市や釧路市では、700万円~800万円と、同じ管理薬剤師として働いても働く場所によって300万円近くの年収差となってしまいます。

この年収の違いは、5年、10年と長く働けば働くほど差が広がっていくので、札幌市にこだわりがないのなら、あえて地方で薬剤師として働くというのもひとつの方法かもしれません。

地方での勤務は住居費ゼロ?

札幌市内ではなく、地方で薬剤師として勤務する場合、勤務する医療機関などによっては、社宅を用意してくれるところも多くあります。

一般の賃貸物件を社宅として借り上げて提供しているところも多く、そのような場合は実質家賃負担はなしということになります。

最近では、あえてそのような求人に応募し、家賃などの住居にかかる費用を浮かせて、生活に潤いを持たせたり、休日には家族で札幌や東京にショッピングに出かけるというちょっとリッチな生活をしている薬剤師もいるようです。

生活の拠点は、あえて優遇措置の高いエリアに置き、薬剤師としてのスキルを磨きつつ、プライベートは、経済的にも時間的にも余裕を持つというスタイルは密かに人気となっています。

北海道内には3つの薬学部があり薬剤師を目指す人にもおすすめ

北海道内には、薬学部を持つ大学が3つあります。

  • 北海道大学
  • 北海道医療大学
  • 北海道科学技術大学(旧:北海道薬科大学)

この3つの大学はいずれも札幌市内・近郊にあり、薬学生が実務の実習をスムーズに行うことができる受け入れ態勢も万全です。

また、潜在薬剤師と呼ばれる人たちが、改めて活躍できる環境の整備や課題の克服、研修支援なども積極的に行われています。

このような環境の中で薬剤師として自信を持って働くことができるようにと、北海道をあげて取り組む姿勢は、地元志向の薬剤師が多い理由のひとつとなっているのかもしれません。

薬剤師としての経験は、病院数が全国2位である北海道ならではの幅広い処方に触れる機会を多く得ることができることから、内容の濃い経験を積むことができます。

薬剤師が北海道で転職する時の注意点

薬剤師は、働くことのできる環境が豊富にあることから、転職率の高い職業ともいわれています。

薬剤師として転職を実際に実現させる人の多くは、転職の理由として年収アップなどの待遇面を良くしたいという風になっています。

しかし、それと同じくらい職場の雰囲気に馴染むことができない、長時間労働に耐えられないといったケースも多いようです。

では実際に薬剤師が転職する時にはどのような点を注意して転職活動を行えばよいのでしょうか。そのポイントは、2つあります。

求人票だけの情報で判断しない

多くの人は、求人票に記載されている情報のみを頼りに新しい転職先を決めていると思います。

求人票には、勤務時間や給料、福利厚生といった情報を知ることはできますが、どのような環境の中で働くことになるのかといった情報までは知ることができません。

できれば、気になる求人先を見つけたら、実際にどのような環境なのかに触れる機会を設けるようにしましょう。

働きながら次の転職先を探す

転職する場合は、できれば働きながら次の職場を探すようにすると、焦らずに条件が良く、良い環境の求人先に出会うまでじっくり待つ余裕を持つことができます。

自分にとってベストだと感じられる転職をするためには、急いで今の職場を辞めてしまわないことも大切です。

時間も余裕もない!と諦めない

薬剤師が転職する上で注意するべき点は、今よりも良い待遇と環境で働くためには当然と言えば当然かもしれません。

しかし、自分ひとりで転職活動を行う場合、そうそう求人先を見に行くことは難しいですし、今の仕事を続けながらの転職活動は時間的にも難しいのが現実だと思います。

そんなときにおすすめなのが、転職エージェントです。

転職エージェントでは、ただ条件にマッチした求人の紹介が行われるのではなく、実際に働いてみなければわからない情報を提供してくれます。

例えば、求人先で働く人たちの日常や、職場の雰囲気などについても事前に調査しリアルな情報として報告されます。

そして、条件だけではなく、転職を希望する人の人柄にマッチする転職先を紹介してくれます。

転職して失敗だったということもほとんどありませんので、安心して次の職場へと向かうことが可能です。

薬剤師が北海道で転職するときに利用したい転職エージェントの選び方

薬剤師転職エージェントは、ただ単に求人情報を提供するだけではなく、転職のお手伝いを行うキャリアコンサルタントと呼ばれる人が担当となり、

  • 条件にマッチした求人の提案
  • 合格のためのアドバイス
  • 面接日の調整
  • 給与や待遇面での交渉
  • 転職に関する手続き

など無事に希望の転職先に就職することができるためのサポートを行ってくれます。そのため、担当となるキャリアコンサルタントとの相性が何よりも大切となります。

大手の転職エージェントだからよい、地元に密着した転職エージェントだからよいというものではありません。

薬剤師転職エージェントは、ひとつに絞らない!

自分にとってベストな転職をするためには、転職エージェントはあえてひとつに絞らないようにしましょう。

自分にとって相性がよいと感じられるキャリアコンサルタントかどうかを見極めるためには、同時にいくつかの転職エージェントに属しているキャリアコンサルタントと接してみることで見極めることができるようになります。

同時進行で複数のキャリアコンサルタントとやり取りしながら、自分の納得のいく転職先を見つけるようにしましょう!

薬剤師が北海道で利用したい転職エージェント4選

ここからは、北海道で薬剤師として転職する場合におすすめの転職エージェントを紹介していきます。

薬剤師の場合は、薬剤師に特化した専用の転職エージェントを利用することで、より好待遇の求人に出会うことができるようになるので、ぜひ複数の気になる転職エージェントを利用してみましょう。

薬キャリエージェント

薬キャリ

薬キャリエージェント」の最大の特徴は「年間の登録者数が1番多い」という点です。

また、求人数も業界トップレベルで保有しており、特に調剤薬局・派遣・OTC関係の求人を豊富に扱っています。

ただ、キャリア面談は「電話・メールのみ」なので、対面での面談を希望する場合は、他の転職サイトを利用する必要があります。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、ただ多くの求人を提供しているというだけではなく、実際の就業先となる企業には、キャリアコンサルタントが直接訪問を行います。

実際に目で見て今現在の職場の環境がどうなっているのか、人間関係なども含めヒアリングを行っています。

ただ求人数が多いという点だけ比べると、他にも同じような転職エージェントはいくつかありますが、1つ1つの求人に対する情報の多さは、ほかの転職エージェントでは真似できないような内容を網羅しています。

例えば、その企業の経営状況や職場の雰囲気、残業の頻度や多さ、仕事の忙しさなど、求人情報として提供するのにデメリットとなりそうな情報もしっかり求人を求める人に伝えられるので好感が持てます。

ファルマスタッフを利用し、実際に薬剤師として転職を成功させた人の多くは、転職前からその企業の内情まで理解したうえで転職しているため、不安感がなく今の仕事に取り組むことができていると安心して働いている人がほとんどです。

③ リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクルートグループが運営しているリクナビ薬剤師は、薬剤師専門の転職求人サイトとして有名です。

リクルートグループが運営しているということもあり、転職大手の強みを生かし、大手企業との接点は強く、実際にリクナビ薬剤師を利用した人の高い評価と、多くの転職実績には定評があります。

薬剤師として北海道で転職をと考えた場合、まずは登録しておくべき転職エージェントと言えます。

特に、調剤薬局を併設しているドラッグストアの保有求人数は、薬剤師専門の転職求人サイトの中でも業界No.1と言われるほど多くの求人を保持しています。

そのため、もしも希望するドラッグストアでの求人が出た場合、すぐに連絡をもらうことができるので、情報が遅いために採用に至らなかったという心配もありません。

リクナビ薬剤師を利用する場合、担当となる転職コンサルタントの人とは、必ず対面で面談を行うようにしましょう。

そうすることで、意思の疎通もスムーズになり、より条件にマッチ好条件の求人を手にする機会が多くなります。

④ マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

転職業界では最大手と言われていマイナビグループが運営している薬剤師に特化した転職エージェントです。

日本全国に拠点を持つ転職エージェントということもあり、都心だけではなく地方にも多くの求人を保持していることでも知られています。

日本全国にある医療施設や調剤薬局、ドラッグストアなど薬剤師が活躍できる環境で、定期的に150名以上の採用担当者を招いたセミナーなども開催しているため、採用担当者との繋がりの濃い転職エージェントです。

転職を求める薬剤師と、薬剤師を求める企業のミスマッチがないようにと、面談に力を入れているため、安心して転職活動の力になってくれると利用した薬剤師から支持の高い転職エージェントとなっています。

北海道内では、札幌市内以外に地方の求人も気になるという人はぜひ登録しておくべき転職エージェントです。

薬剤師が北海道で転職エージェントを利用する場合の注意点は?

転職エージェントを利用する場合の注意点は、薬剤師に特化した転職エージェントの利用に限らず複数の転職エージェントを利用した場合ならどれも共通しています。

内定が複数出ることを想定した対処を忘れない

複数の転職エージェントを利用することで、より多くの求人と出会うことができるというメリットがある一方で、複数同時に応募することで、内定が複数同時に出てしまうことは実は案外多いのです。

これは、より良い条件で薬剤師として転職したいという思いからきているので、誰もとがめることはできません。

ただし、礼儀としてどの転職エージェントや応募先の企業に対しても、ほかにも面接予定があること、書類選考が他社でも進んでいることを事前に伝えておくようにしましょう。

そうすることで、もしも内定を辞退する結果となった場合もスムーズにお断りすることができますし、相手先の企業にとっても想定内のこととなります。

採用辞退の場合は理由を明確にする

複数の内定が出ていない場合に採用を辞退したいという場合は、その理由をきちんと伝えることは、その後の転職活動にとってとても重要なことです。

自分自身が今よりもより良い環境のところに薬剤師として転職したいと希望するなら、誰に遠慮をする必要は全くありません。

自分の目指すところの意思表示をしっかり示していくことが、周りに迷惑をかけずに、希望を叶える近道となっていきます。

地元ならではの求人情報にも目を通す

薬剤師として北海道で転職する場合、薬剤師に特化した転職エージェントの利用は、より条件にマッチした求人に出会い、転職を成功させるためにはとても重要です。

特に働きながら転職先を探しているという人は、時間のない中での転職活動が強いられますが、そんな中でも北海道の一般的な求人情報としてハローワークやインディードなどの一般求人誌も定期的にチェックするようにしましょう。

特に、北海道在住の方は地元のリアルな求人情報に定期的に目を通しておくことで、地元ではどのような条件の求人が一般的なのかを知ることができます。

自分で見たハローワークや一般求人誌の求人情報と転職エージェントが用意してくれる求人を比較検討するとより具体的にどの求人に自分自身が応募すべきかをリアルに感じることができます。

その意識が、転職をよりよいものとしてくれることは間違いありません。

薬剤師として北海道で転職して充実した薬剤師ライフを!

北海道で薬剤師として転職を希望する場合、どのエリアで働いていきたいのかをまずは考えてみましょう。

北海道とひと言で言っても、どのエリアで働き生活していくのがベストなのかは、実際に働いて生活していく人によって違いがあります。

札幌から函館、また札幌から帯広や釧路といったエリアは、車での移動距離は3時間~5時間とかなり離れている広大な土地だからこそ、同じ北海道でもその地域性には違いがあることを理解することも大切です。

薬剤師として地域に根差して働いてくれる人材を求めている地域は、札幌市内やその近郊だけではなく北海道内にはたくさんありますので、自分にとって最適な転職をぜひ成功させてくださいね。