薬剤師が神奈川転職を成功させるには?おすすめ転職エージェントも紹介

神奈川県に、薬剤師として転職したいのですが、どうすれば良いですか?
薬剤師、とりわけ地方転職には「転職エージェントの活用」が欠かせません。神奈川県の薬剤師求人を豊富に抱えている転職エージェントを利用しましょう。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。具体的に、どの転職エージェントを利用すれば良いですか?
はい。この記事では、神奈川県の薬剤師求人が豊富な転職エージェントの他に、転職をする上での注意点などについても詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

神奈川県は、東京についで人口の多い地域です。調剤薬局やドラッグストアが多いため薬剤師の需要も高く、大手の転職エージェントには8,000件近くの求人があります。

雇用形態も様々で、正社員からパートまで幅広く募集されています。

ここでは神奈川県の薬剤師転職の現状や、神奈川県で薬剤師転職を成功に導く転職エージェント5選、転職エージェントの利用方法などをご紹介します。

薬剤師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

薬剤師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

1位: 薬キャリエージェント、2位: ファルマスタッフ、3位: リクナビ薬剤師

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】薬剤師転職サイトランキング!人気58社の口コミ・評判を比較

初めにチェック!神奈川の薬剤師が転職する際の注意点

リサーチ不足のまま転職してしまうと、「こんなはずじゃなかった」と後悔する可能性があります。神奈川県で薬剤師の転職を成功させるために、転職活動で注意するべきポイントをまとめました。

転職してすぐ転職することにならないよう、以下の点に注意して転職活動を進める必要があります。

給料の良さだけで転職先を選ばない

薬剤師の転職に特化した日本最大級の薬剤師求人情報サイト「薬キャリ」の調査によれば、神奈川県の薬剤師の平均年収は「530.8万円」です。

薬剤師の給料の全国平均は「514.9万円」なので、神奈川県の薬剤師は給料面で恵まれているといえるでしょう。

神奈川県の薬剤師の求人には、年収600万円前後という魅力的なものも少なくありません。

一般的に給料が低い病院や調剤薬局で働く薬剤師のなかには、給料の良さに惹かれて転職を考える人もいることでしょう。

しかしリサーチ不足のまま転職すると、「給料は良くなったけど、人間関係に悩むことになった」「給料は問題ないけど、激務で心身ともに疲弊した」という結果になりかねません。

人間関係を確認するため職場見学する

職場の人間関係を確認するためにも、転職前に職場見学することをおすすめします。

女性の比率が多い職場だった場合、注意が必要です。一般的に女性は男性に比べて感情的といわれているので、人間関係がこじれると仕事を続けるのが辛くなる可能性があります。

事前に職場で働く人たちの人となりや、職場の雰囲気を確認することで、転職の失敗を未然に防げる可能性が高まります。

仕事量など職場環境を確認する

薬剤師が少ない職場や忙しい職場の場合、多くの処方箋を調剤することになります。

職場環境は、求人広告だけではイメージしにくいものです。職場を自分の目で実際に見ることで、職場環境を把握することができます。

なお、ドラッグストアの場合「品だし」「レジ対応」「ポップ作成」など、薬剤師としての仕事以外の雑務を頼まれることもあります。

「雑務があるかどうか」「あるとしたらどの程度の量があるのか」といったことも、念のためチェックすると良いでしょう。

神奈川の薬剤師は転職しやすい?求人の特徴とは

人口が多く薬剤師の需要も高い神奈川県ですが、地域によって求人数や勤務条件は大幅に異なります。

都市部は「求人が多く給料は低い」、地方は「求人が少なく給料は高い」という傾向があります。

神奈川県の薬剤師求人の特徴

神奈川県の薬剤師の求人は、「都市部と地方の差が激しい」という特徴があります。

神奈川県の薬剤師の求人は、横浜市や川崎市がある北東部に集中しています。横浜市と川崎市を合わせると、全求人の約半数を占めます。

逆に神奈川県の西部は、極端に求人が少なくなります。大和市・藤沢市より西側になると、数件~数十件しか求人がない地域が目立ちます。

神奈川県・都市部の薬剤師の求人

神奈川県で圧倒的に薬剤師の求人が多いのは、神奈川県の県庁所在地「横浜市」です。

薬剤師の求人・転職を専門としている「ヤクジョブ」には、神奈川県の薬剤師の求人が約6,000件あります。そのうち、約2,500件が横浜市勤務の求人です。

横浜市と同様に政令指定都市である「川崎市」「相模原市」も、多くの求人があります。川崎市は約1,000件、相模原市は約500件です。

神奈川県・都市部は薬剤師の求人が多く給料は低い

神奈川県の都市部の求人は、「求人が多く給料は低い」という特徴があります。

正社員でも年収400万円前後の求人が多く、中には正社員の求人で年収400万円弱というものもあります。パートの求人も低めに設定されており、時給2,000円前後が相場です。

ただ、給料は低めに抑えられているものの、様々な勤務形態の求人があります。週休2日の正社員だけでなく、「週休2.5日」「週3日勤務」など、幅広い選択肢があります。

「多様な働き方ができる」というのが、神奈川県の都市部で働くメリットでしょう。

神奈川県・地方の薬剤師の求人

神奈川県の地方では、薬剤師の求人が激減します。特に大和市・藤沢市より西側の地域は、求人が少なくなります。

神奈川県の北西部は特に求人が少なく、足柄上郡などは数件程度の求人しかありません。

ただ神奈川県の南西部、「藤沢市」「平塚市」「茅ヶ崎市」「秦野市」などの湘南地区は比較的求人が多く、100件~300件前後の求人があります。

神奈川県・地方は薬剤師の求人が少なく給料は高い

神奈川県の地方の求人は、「求人が少なく給料は高い」という特徴があります。

神奈川県の地方は薬剤師不足のため、薬剤師を確保するために給料が高くなる傾向があります。正社員は年収500万円前後の求人が多く、パートも時給3,000円前後の求人が目立ちます。

地方での仕事は給料面で優遇されるというメリットがありますが、薬剤師が少ないだけに責任や負担は重くなります。

神奈川で転職したい薬剤師におすすめの転職エージェントベスト5

神奈川県で薬剤師の転職を成功させるために、おすすめの転職エージェントをご紹介します。どれも無料で、登録も数分ですみます。

保有している求人や、紹介される求人が異なりますので、複数のサイトに登録しておくことをおすすめします。

1位:薬キャリエージェント

薬キャリ

薬剤師に大人気の転職エージェント

「薬剤師登録数」「成約率」ともにNo.1の転職エージェントです。また、サービスを利用した薬剤師の満足度も高く、満足度95%を誇ります。

薬キャリエージェントは、医師・薬剤師を対象にキャリアサービスを展開している「エムスリーキャリア株式会社」が運営しています。

「病院」「調剤薬局」「一般企業」など、幅広い求人を取り揃えています。

薬剤師に寄り添った転職活動を展開

薬キャリエージェントは、キャリアコンサルタントと面談せずに、電話やメールでやりとりすることも可能です。

「キャリアコンサルタントと面談する時間がとれない」、という人でも安心です。

また希望の求人がない場合、通勤圏内の企業に1件1件連絡し、募集がないか確認してくれます。

薬剤師向けのサイト薬キャリPlus+も運営

エムスリーキャリア株式会社は、薬剤師向けのサイト「薬キャリPlus+」も運営しています。

薬キャリPlus+は、「経営者インタビュー」「薬剤師インタビュー」「専門家コラム」などのコンテンツを提供しています。

薬剤師業界や薬剤師のキャリアについて、知識を深めることができます。

2位:ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

調剤薬局が親会社なので薬剤師の転職に強い

ファルマスタッフは、「株式会社メディカルリソース」が運営する薬剤師の転職支援サービスです。株式会社メディカルリソースの親会社は、調剤薬局です。

株式会社メディカルリソースは、もともと薬剤師専門の人材派遣会社でした。しかし薬学生の要望に応えるため、次第に薬剤師の就職・転職サービスも行うようになりました。

調剤薬局が母体なのに加え、設立当初から薬剤師に関わってきたため、薬剤師業界に明るいのが強みです。

「お会いする姿勢」を重視

ファルマスタッフは、企業に対しても転職希望者に対しても「お会いする姿勢」を重視しています。

実際に会って話を聞くことができるよう、全国に15の拠点を設けています。

企業と転職希望者に詳細なヒヤリングを行うことで、双方が満足できる就職を実現しています。

掲載求人数は薬剤師業界でトップクラス

ファルマスタッフは企業からの信頼が厚いため、薬剤師の斡旋を依頼する企業も多く、薬剤師の求人は業界最大級です。

神奈川県の求人も多く、公開されているだけでも8,000件近くあります。

「残業」「異動」「離職率」など企業の内情を詳しく教えてもらえるので、薬剤師から好評を得ています。

3位:リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

薬剤師の求人を幅広く保有

リクナビ薬剤師は、日本有数の人材紹介会社「リクルートグループ」が運営しています。

リクルートグループのネットワークを活用して求人を集めており、大手薬局から町の小さな薬局まで、幅広い求人を保有しています。

また、リクルートグループにしかない選りすぐりの非公開求人も保有しています。

スピード転職にも対応可能

リクナビ薬剤師は、「最短3日で転職を実現」をうたい文句にしています。

スピーディーな対応を期待できるので、とにかく急いで転職したい人にもおすすめです。

「対応が素早く、初めての転職活動も安心して乗り切れた」という口コミもあります。

転職成功に向けて万全サポート

キャリアコンサルタントは「職務経歴書の作成」「面接の日程調整」だけでなく、採用の可能性が高まる「面接テクニック」もアドバイスしてくれます。

また、勤めている会社を円満に退社するための「退職交渉の仕方」もアドバイスしてもらえます。

なお、キャリアコンサルタントへの相談は、電話でも可能です。

4位:マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

顧客満足度No.1の転職エージェント

楽天リサーチで5年連続「顧客満足度No.1」を誇る転職エージェントです。

マイナビ薬剤師はマイナビグループのネットワークを活かし、豊富な求人を保有しています。

「病院」「調剤薬局」「ドラッグストア」「製薬会社」「治験企業」など、様々な企業から薬剤師の求人を集めています。

面談に力を入れている転職サービス

マイナビ薬剤師は、面談に力を入れています。キャリアコンサルタントは転職希望者の職場に対する不満や希望を聞き、転職希望者の希望条件を明らかにしていきます。

それと同時に、転職希望者の長所や短所を把握し、満足できる転職へと繋げます。

「しっかり対面で話を聞いてほしい」という人におすすめです。

企業で働く薬剤師からも情報収集する

マイナビ薬剤師は、薬剤師専任のキャリアコンサルタントが直接企業に足を運んで話を聞きます。

採用担当者だけでなく、現場で働いている薬剤師にも話を聞き、企業の実態把握に努めています。

薬剤師の実情を転職希望者に伝えることで、より満足度の高い転職を実現しています。

神奈川で転職したい薬剤師が転職エージェントを利用するには?

薬剤師の転職エージェントに登録したら、キャリアコンサルタントと二人三脚で転職活動を進めることになります。

どの転職エージェントに登録しても、基本的に同じような流れで転職活動が進みます。

キャリアカウンセリングを受ける

転職エージェントに登録したら、まず最初にキャリアカウンセリングを受けます。

キャリアコンサルタントと「職場の不満」「理想の職場」などを話しているうちに考えが整理され、希望する勤務条件が明確になっていきます。

キャリアコンサルタントは、転職希望者の希望する勤務条件を把握すると同時に、「強み」「特性」なども分析します。

履歴書・職務履歴書を作成する

キャリアカウンセリングで希望する職場が明確になったら、履歴書・職務履歴書を作成します。

キャリアコンサルタントは多数の企業や転職希望者と接しているので、履歴書・職務履歴書をより良いものにするサポートができます。

特に職務履歴書は履歴書のようなフォーマットがないので、キャリアコンサルタントに確認しながら進めると安心です。

求人を紹介してもらう

履歴書・職務履歴書が完成したら、キャリアコンサルタントに求人を紹介してもらいます。

転職エージェントは非公開の求人も多くあります。たとえばリクナビ薬剤師の場合、非公開比率は75%です。

キャリアコンサルタントは転職希望者の希望と特性に合った求人を提案するはずですが、意に沿わない場合は断ることもできます。

企業に応募する

希望の求人が見つかったら、企業に応募します。なお、企業からの了承を得られたら、キャリアコンサルタントは企業に推薦文を書きます。

キャリアカウンセリングをとおして把握した転職希望者の「強み」「特性」「転職にかける意気込み」などを、企業に伝えます。

しっかり企業にアピールしてもらえるよう、キャリアコンサルタントに熱意を伝えることが大切です。

面接の日程を調整する

書類選考を通過したら、企業と面接の日程を調整します。希望日時を伝えると、キャリアコンサルタントが企業と調整してくれます。

1人で転職活動を進めると、複数の企業に応募する場合、日程調整が煩雑になります。

転職エージェント経由の場合はキャリアコンサルタントが調整してくれるので、比較的スムーズに進みます。

面接対策を行う

面接の日程が決まったら、面接対策を行います。キャリアコンサルタントは、応募した企業が求める人物像を把握しています。

企業の求める薬剤師を理解し、模擬面接などで対策することで、合格する可能性を高めることができます。

また、キャリアコンサルタントは多くの企業や転職希望者と接した経験から、企業に好まれる受け答えの仕方もわかっています。積極的に面接のコツを教えてもらうと良いでしょう。

企業の面接を受ける

企業との面接日がきたら、面接を受けます。転職エージェントによっては、面接に同行したり同席してもらえます。

たとえばファルマスタッフの場合、希望すれば面接に同席してフォローしてくれます。

「転職になれていない」「面接が苦手」という人は、同行サービスのある転職エージェントを選ぶと安心です。

内定をもらったら退職手続きを行う

無事に内定をもらったら、入社手続きを進めます。それと同時に、勤めている会社の退職手続きも行います。

上司への対応によっては円満退職できなくなる可能性があるので、注意が必要です。

退職手続きでトラブルになると、入社手続きに支障がでる可能性があります。キャリアコンサルタントに相談しながら進めると良いでしょう。

入社後も相談できる

転職後に新しい企業でトラブルがあった場合、キャリアコンサルタントに相談することができます。

転職エージェントによっては、問題なく就業できているか確認するため、定期的に連絡してくれるところもあります。

たとえばエンエージェントの場合、「入社後」「2週間」「1ヶ月」「2ヶ月」「6ヶ月」「1年」「1.5年」「2年」「2.5年」「3年」と次第に間隔をあけながら、最長3年後までフォローしてもらえます。

薬剤師の神奈川転職なら、転職エージェントの活用がおすすめ

以上、神奈川県の薬剤師転職の現状や、神奈川県で薬剤師転職を成功に導く転職エージェント5選、転職エージェントの利用方法などをご紹介しました。

転職サイトを見ると、神奈川県は比較的条件の良い求人が多くあります。しかし、転職エージェントが保有している非公開求人の中には、さらに好条件の求人があることでしょう。

また、神奈川県は都市部と地方の求人数の差が激しいので、1人で転職活動を進めるのが難しい地域です。ぜひ転職エージェントを利用して、神奈川県での薬剤師転職をスムーズに進めてください。