薬剤師が沖縄転職を成功させるには?おすすめ転職エージェントも紹介

薬剤師です。沖縄県での転職を考えているのですが、どうすれば転職できますか?
沖縄で薬剤師として働く場合、実は働ける環境は限られているんです。そのため、注意が必要です。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。どんなことに注意すれば良いのでしょうか?
はい。この記事で詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

沖縄県で薬剤師として転職したい。別の地域から沖縄へ移住して薬剤師として働きたいという人のために、沖縄で活躍している薬剤師の転職事情について説明していきます。

またそれに合わせて沖縄で薬剤師として高条件で転職するためにできることなどをいくつか紹介していきたいと思います。

薬剤師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

薬剤師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】薬剤師転職サイトランキング!人気58社の口コミ・評判を比較
  1. 薬キャリエージェント ロゴ
  2. ファルマスタッフ ロゴ
  3. リクナビ薬剤師 ロゴ

沖縄の薬剤師事情は?

沖縄県と言えば青い空に青い海というイメージを持つ人が多く、観光で訪れて「住んでみたい。」と思わせる地域でもありますが、実際の沖縄とはどんなところなのでしょうか。また、沖縄で働く薬剤師はどのような待遇でどのように働いているのか気になりますよね。

そこで、沖縄県では、薬剤師としてどのような待遇や環境の中で働いているのか、年収相場など気になる部分について説明していきたいと思います。

沖縄県ってどんなところ?

沖縄県といえば、青い海と壮大な自然があり、独特な文化を築いているのんびりとした素敵な地域というイメージから1年を通して観光客の多い地域です。沖縄県には、石垣島や宮古島をはじめ363の自然豊かな島があり、真冬でも平均気温が18度以上という熱帯気候ということもあり過ごしやすいと人気です。

首里城をはじめとする史跡や、琉球王国の文化など世界遺産も多く登録されていて、スキューバーダイビングやサーフィンといったマリンスポーツも盛んです。

一度沖縄に観光に訪れてから沖縄の魅力に触れ、移住を決意する人も多くいるとても居心地の良い地域で、移住者に対する支援や子育てしやすい環境なども整っています。

沖縄の医療機関・薬剤師事情は?

厚生労働省の調べによると、沖縄県には、病院の数が約90施設あり、そのほかにも診療所やクリニックがあります。特に在宅医療に対する取り組みは、日本全国の中でもトップクラスと言われているくらい充実しており、在宅医療に携わる薬剤師も日本トップクラスと言われています。

薬剤師を育成するための薬学部を持つ大学が沖縄県にはないため、薬剤師の数は少なく、慢性的な人材不足となっているエリアもあります。

2003年に沖縄県内を走るモノレールが開通したことによって、交通の利便性がよくなったことから、郊外から沖縄の中心部である那覇市へ通勤する薬剤師も増加しています。

沖縄県にいる薬剤師の数は?業種別にも紹介

沖縄県に在住している薬剤師は約2,100人です。人口10万人に対しての薬剤師の数は約148人となっていて、全国平均である226人よりも約78人少なく、沖縄県では慢性的に薬剤師が不足しています。

薬剤師としてどのような業種で勤務しているのかというと、

件数人数割合
薬局約589件約1,323人全体の約62.7%
病院約94件約520人全体の約24.7%
診療所約888件約18人全体の約0.9%

という風になっています。薬局で勤務する薬剤師が全体の半数以上と圧倒的に多く、病院や診療所に勤務する薬剤師は全体の半数にも満たないという極端な数値となっています。

沖縄県にいる薬剤師の年齢は?

厚生労働省の調査によると、沖縄県で働いている薬剤師の数は、多くはありませんがその中でも勤務する業種に偏りがあることがわかりました。では、現在沖縄県で働いている薬剤師の年齢について見ていきましょう。

年代人数割合
20代の薬剤師約221人全体の約11.9%
30代の薬剤師約498人全体の約26.8%
40代の薬剤師約405人全体の約21.8%
50代の薬剤師約294人全体の約15.8%
60代の薬剤師約338人全体の約18.2%
70代の薬剤師約98人全体の約5.3%
80代以上の薬剤師約7人全体の約0.4%

となっています。この数値から見てみると沖縄県にいる薬剤師の平均年齢は約46.9歳となっており、全国平均が45.3歳となっているので、1.5歳全国の平均年齢よりも高い数値となっています。

沖縄では、30代、40代の薬剤師の割合が多く、60代以降の薬剤師も全体の20%以上にも及ぶことから、高齢になっても薬剤師として働く環境があることがわかりますね。

沖縄県で働く薬剤師の年収は?

沖縄県で働く薬剤師の平均年収を厚生労働省の調査から調べてみると、約516万円となっていて、553万円という全国平均の年収と比べると約37万円近くも低い金額となっていることから、沖縄で薬剤師として働く場合の年収はあまり期待することはできません。

沖縄県で働く薬剤師の平均年収が低い理由は?

沖縄県で働く薬剤師の平均年収はほかの地域の薬剤師と比べると低めの金額となっていますが、なぜ沖縄県の薬剤師の平均年収は低いのでしょうか。

その理由は、単純に薬剤師として勤務する場所が少ないことにあります。薬剤師の数も全国平均から見ると不足傾向にありますが、それ以上に薬剤師として働くことのできる環境も不足していることから、年収を特別上げなくても人材の確保が容易という理由が一番の理由と言えそうです。

沖縄の薬剤師求人の傾向は?

沖縄で募集している薬剤師求人の傾向は、沖縄県の中心である那覇市を中心にあり、正社員だけではなくパートで働くことのできる条件の求人も多くあります。

沖縄県の北部エリアでは、慢性的な薬剤師不足が続いていることから、那覇市と比べると、高年収の求人や休日などの福利厚生が万全の高条件の求人が思った以上にあるので、少しでも良い条件で働きたいという場合は、あえて郊外を狙うというのもひとつの方法です。

沖縄県内にある大手の調剤薬局と言えば「マツモトキヨシ」ですが、ドラッグストアを中心に展開していて働きやすい環境となっています。そのほかには地元に特化した株式会社ふく薬品からの求人もあり、在宅介護を始めとした業務を行っている特性から、薬剤師として地域に密着した活動をしていきたいという人におすすめです。

マツモトキヨシの転職に興味がある方は、こちらの記事が参考になります。

マツモトキヨシで年収を上げるには?元社員が4つの方法を徹底解説

名護市や宜野湾市に調剤薬局は少ない

名護市や宜野湾市というエリアには、調剤薬局自体が少ないため、調剤薬局への転職を希望する場合は、このエリアの転職は控えた方が確実かもしれません。

病院薬剤師の求人は那覇市など都心に集中している分、難易度が高い

病院薬剤師として沖縄で働きたいという場合、残念ながら転職の難易度は想像以上に高いものと思っておきましょう。病院薬剤師として働きたいと希望する薬剤師が多いことと、薬剤師を募集している病院の数そのものが少ないので、いかに早く求人を手に入れるかが転職成功のカギとなります。

沖縄で薬剤師の転職を成功させるためにできることは?

薬剤師として沖縄で転職したいという場合は、ほかの地域の転職活動のような方法では、希望通りの転職を実現させるのは厳しいかもしれません。少しでも希望に沿った転職を実現させるためにできることを紹介していきます。

沖縄の薬剤師求人の相場を地域の情報から得る

自分ひとりで薬剤師の転職活動をしてみるとわかるのですが、思った以上に薬剤師の求人数が少なく、年収や福利厚生など満足のいく内容のものが少ないのでは?と思うと思います。

例えば、

◎勤務地:沖縄県 沖縄市
最寄り駅:首里駅 (沖縄都市モノレール線)
給与:時給1,800円~2,000円※経験者例・スキル等考慮
法人名:非公開
勤務時間:月火水木金 8:30~18:00
土 8:30~13:00
・週40hシフト制
point_flag ≪こんな会社です≫
●沖縄県内に38店舗展開しているチェーン薬局です。
●社内研修も充実しており、専門的なテーマでの研修から店舗管理の研修など幅広い内容で実施しております。
●育児休業・介護休業・看護休暇の取得実績もあり、長く安定して就業できる環境づくりに取り組んでいます。

◎勤務地:沖縄県 沖縄市
最寄り駅:首里駅 (沖縄都市モノレール線)
給与:年収450万円~500万円※経験者例・スキル等考慮
法人名:非公開
勤務時間:月火水木金 08:30~18:00 (休憩60分)
土 08:30~13:00(休憩なし)
・週40hシフト制
point_flag ≪こんな会社です≫
●沖縄県内に38店舗展開しているチェーン薬局です。
●社内研修も充実しており、専門的なテーマでの研修から店舗管理の研修など幅広い内容で実施しております。
●育児休業・介護休業・看護休暇の取得実績もあり、長く安定して就業できる環境づくりに取り組んでいます。

引用元:ファルマスタッフ

以上のように薬剤師に特化した沖縄に限定した求人を紹介しているファルマスタッフから出ている求人をいくつかあげてみました。

このように、薬剤師の求人情報の相場を知ることから始めてみましょう。特に、沖縄県外から転職を考えている場合は、沖縄という地域性を確認し、本当に沖縄で薬剤師の転職を希望するのかをもう一度考えてみるようにしましょう。

転職エージェントを複数社フル活用する

沖縄で薬剤師として転職する!と決意したら、転職エージェントに複数社登録してフル活用して最も良いと思われる求人を手に入れるようにしましょう。専任となるエージェントが転職に関する支援を行ってくれるので、良い求人に出会ったら、確実に採用を勝ち取るためのアドバイスを受けるようにすると理想的な転職が現実のものとなります。

沖縄で薬剤師の転職をするなら利用したい転職エージェント

沖縄で薬剤師として転職したいという場合に絶対活用しておきたい転職エージェントを複数ある中から厳選してみました。

転職エージェントの利用に料金などは必要ないので、気になるところを複数社利用した上で、一番いいなと思えるところを中心に利用していくとより早くそして希望通りの求人を見つけることができ、転職を成功に導くことができますのでぜひご活用ください。

薬キャリエージェント

薬キャリ

薬キャリエージェントでは、薬剤師の人がより高い条件での転職に成功できるようにと高条件の求人を数多く保有しています。

また、未経験やブランクありの薬剤師でも安心して仕事をスタートできるような求人も用意しているので、どのようなスキルを保有している薬剤師にも手厚い支援を受けることができると評判も良いです。

薬剤師として病院や調剤薬局勤務以外にも、企業薬剤師としての求人も多くあることでも有名です。

薬剤師としてのスキルアップなどを目指している人にとって魅力的な求人を多く揃えているので利用しておきたい転職エージェントのひとつです。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

日本では最大手として有名な「日本調剤グループ会社」が運営している薬剤師専門の転職支援サービスを行っているのがファルマスタッフです。

薬剤師の転職求人保有数や、調剤薬局の求人保有数はいずれも転職エージェント業界No.1を誇るもので、沖縄の薬剤師求人保有率も多いと評判です。

担当となるキャリアコンサルタントは、ただ求人情報を提供するだけではなく、求人を提供している先への訪問を必ず行い、どのような職場なのかというリアルな情報を求職者に伝えています。

そのため、求人票に書かれていない情報を知ることができ、転職先とのミスマッチが起こることがないと人気があります。

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

就職や転職などの人材紹介最大手の企業として有名なリクルートが運営している薬剤師に特化した転職エージェントがリクナビ薬剤師です。ドラッグストアで薬剤師として働きたいという人ならリクナビ薬剤師の利用は必須です。

大手のドラッグストアなどとのコネクションをたくさん持っているからこそ、欠員補充など最新の求人を常に保有しており、希望にマッチした求人に出会う可能性が広がると評判も高いです。

専任のエージェントのサポート体制も手厚く初めて転職しようという人にとっては心強い支援を受けることができるので、不安を感じることなく転職活動を行うことができます。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

しっかりと担当エージェントのアドバイスをもらいながら薬剤師の転職を成功させたいと思う人におすすめなのがマイナビ薬剤師です。

登録後に行われる面談にこだわって活動しているマイナビ薬剤師は、マイナビグループが運営している転職支援サービスで薬剤師に特化した求人を用意し転職活動のサポートを行っています。

日本全国の主要都市に支店を持っているため、地方在住者にとっては心強く、安心して利用することができると評判の良い転職エージェントです。

沖縄で薬剤師として転職を希望するならエリアを厳選して取り組もう

沖縄で薬剤師として転職したいという場合は、那覇市など沖縄県の中心部が便利ですが、利便性を考えてこのエリアでと考える薬剤師の数が多く、競争率がとても高いです。そしてその割には年収的には低い金額となる場合が多いので、希望通りの働き方ができない可能性が出てきます。

それらを回避するためには、あえて那覇市を外して郊外エリアを狙った転職活動をするというのもひとつの方法です。転職エージェントを複数社活用しつつ自分の希望にマッチする転職先をじっくり探してみることをおすすめします。