薬剤師が大阪転職を成功させるには?おすすめ転職エージェントも紹介

大阪に薬剤師として転職したいです。どうすれば転職できますか?
大阪を始めとした地方転職には、「転職エージェントの活用」がおすすめです。大阪府に特化した転職エージェントも含めて、最大限活用しましょう。

キャリアコンサルタント

分かりました。
この記事では、そんな大阪府に転職をしたい薬剤師さんに向けた転職方法について詳しく解説しています。

キャリアコンサルタント

おすすめの転職エージェントもご紹介しているので、合わせて確認してみてください。

キャリアコンサルタント

大阪府は、関西の中でも賑やかで活気のある街です。梅田などの中心から少し離れると静かな住宅街やオフィスビルなど、住みやすく働きやすい環境が整っています。

今回は、平均年収や大阪で働く薬剤師の需要、さらに転職に成功するポイントや大阪の薬剤師に強い転職エージェントまでをご紹介します。

薬剤師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

薬剤師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

1位: 薬キャリエージェント、2位: ファルマスタッフ、3位: リクナビ薬剤師

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】薬剤師転職サイトランキング!人気58社の口コミ・評判を比較

需要は充分!大阪で働く薬剤師の転職市場

大阪で働く薬剤師の平均年収や薬局の店舗数、さらに年収事情などをまとめてみました。転職して現在の状況とどのくらい違ってくるのかを見ながら参考にしてくださいね。

職場別人数の割合や求人倍率

大阪府では、薬剤師の数は多いですが、ドラッグストア・調剤薬局・病院なども多くあるので比較的転職しやすいと言えるでしょう。

厚生労働省の統計表(平成28年12月31日)の調べで、薬剤師の数は(男)9,271人、(女)16,361人(合計)25,632人います。

年齢別で見てみると、20代が3,545人(13.8%)、30代が6,509人(25.3%)、40代が6,499人(25.3%)、50代が5,299人(20.6%)、60代が2,684(10.4%)、そして70代以上が1,096人(4.2%)です。

60代以上で仕事に就いている人もいるので、長く仕事ができそうですね。大阪府の平均年齢は、45.4歳。全国平均が46%なので、比較すると少し下回っています。

次は薬剤師が仕事をしている大まかな場所に関しての情報です。大阪府には、薬局が4,046件(2016年度)、病院が523件、診療所が8,387件あります。そして、それぞれの場所で働く薬剤師の数は、薬局が12,768人、病院が4,179人、診療所が465人。

その結果、2016年度時点の大阪府で働いている薬剤師25,632人のうち、薬局に49.8%、病院に16.3%、診療所に1.8%勤務しています。

求人倍率では、医師・歯科医師・獣医師・薬剤師などの医療系は4.63倍(2018年 9月度)と薬剤師だけではないので、参考程度にはなりますが、十分需要はあります。

大阪の薬局市場

最近は、少し歩けばドラッグストアや薬局があり、市販薬やサプリメント・日用品などが便利に買い物できます。特に梅田や難波などの中心地では観光客も多いことから、さらにドラッグストアが増えていくでしょう。

一方、地方のドラッグストアでは薬剤師不足の店舗もあり、一般用医薬品(かぜ薬・鎮痛剤・胃薬など)の販売ができる登録販売者の人も増えてきています。

逆に東京や大阪などの大都市では薬局などの職場は多いですが、それに比例して薬剤師の数も増加。最近では大阪や東京などの首都圏は薬剤師の年収が低いとも言われています。

なぜ年収が低くなってしまうのか要因などを見ていきましょう。そして、今の年収を下げることなく転職を成功させるポイントがありますので後程ご紹介します。

大阪で働く薬剤師の年収が低い理由2つ

大阪で働く薬剤師の年収は、環境や年齢・地域によっても大きく変わってきます。ここでは薬キャリが調べてまとめた都道府県別の年収ランキングをご紹介します。

他にも平均年齢・平均月間労働時間・人口10万人当たり薬剤師数を大阪府と近隣の県を比べて見ていきましょう。(2018年版)

ランキング平均年収平均年齢平均月間労働時間人口10万人当たり薬剤師数
全国平均543.8万円39歳174時間181.3人
大阪府41位492.5万円37.9歳170時間197.1人
京都府32位514.9万円36.6歳165時間172.6人
兵庫県44位471.2万円41.7歳168時間214人
滋賀県37位494.1万円38.6歳169時間170.5人
和歌山県28位523.1万円33.6歳172時間181.9人
青森県1位670.6万円41.1歳184時間143.5人
岡山県47位427.1万円28.7歳169時間175.8人
東京都33位513.2万円38.4歳158時間218.3人

関西地方・1位・最下位・東京都をご紹介しましたがいかがですか?2017年の平均年収は35位・477.8万円、2016年は34位・495万円になっています。順位は去年より下がっていますが、今までも常に大阪で働く薬剤師の年収は、500万円に届かず低いように思われます。

そして、大阪は大都市になりますが今回も薬剤師の年収は全国平均と比べて約51万円も低くなっています。1位の青森県の670.6万円と比較しても178.1万円も違ってくるのでこの金額は大きいですね。なぜ、薬剤師の年収がここまで低くなっているのか検証してみましょう。

業種別薬剤師の年収

ここでは都市部エリア(東京・大阪・愛知・福岡・北海道)とその他のエリアに分けた業種別の平均年収をご紹介します。どのくらいの差があるのかを見ていきましょう(参考:薬キャリ

調剤薬局の平均年収

  • 都市部エリア:507.1万円
  • その他のエリア:522.1万円

勤務時間が規則的で土曜半日や日曜休日、週休2日制など複数の薬剤師がいる薬局が多いので休みが取りやすくなっています。結婚したり、子供がいたりする人など融通がききやすく、働きやすい環境になっています。

産休や育休などもしっかり取れる職場が多いです。でも、病院前の調剤薬局や街中にある薬局では、勤務条件や労働時間なども変わってきますので確認が必要です。

ドラッグストア(調剤薬局併設を含む)の平均年収

  • 都市部エリア:542.2万円
  • その他のエリア:556.3万円

ドラッグストアでは、調剤の他にサプリメントや健康食品、店舗によっては日用品や雑貨、さらにレジや接客もやらなければいけません。様々な仕事があるので動くのが好きな人はやりがいを感じるかもしれません。

勤務時間はドラッグストアによって変わってきます。土日などは薬剤師をおかない店舗もあれば、ドラッグストアの勤務時間と同じで、夜までの勤務の所もあるでしょう。相談に対するお客様への提案やドラッグストアの忙しいけど活気がある雰囲気が好きな人も多いようです。

企業(製薬会社・治験関連など)の平均年収

  • 都市部エリア:504.8万円
  • その他のエリア:532万円

薬剤師が企業で働く場合の職種は、製薬会社のMR・治験コーディネーター(CRC)などがありますが、職種によって年収も大きく変わってきます。MRは医師に医薬品を置いてもらう営業職になるので、業績でも年収は上下します。

薬局やドラッグストアでは学べない知識を勉強できるので、やりがいやスキルを求めて就職する人もいます。企業では他にも様々な職種があるので経験を積むのもスキルアップになりますね。

病院勤務の年収

  • 都市部エリア:467.2万円
  • その他のエリア:490.8万円

病院勤務の平均年収が最も低くなっているようです。でも、医師や看護師とのチームワークや患者さんが回復する様子を間近に見るので、やりがいを求めて病院勤務を目指す人も多いようです。特殊な病気など薬の幅広い知識も得られます。勤務時間は入院患者など当直勤務もあり不規則になります。

ここまで、薬剤師の平均年収を見てきましたが、同じ大阪の中でも都市地域と富田林市などの少し離れた地域でも年収は変わってきます。条件の良い転職をするための参考にしてくださいね。

年収が低い理由①薬剤師の人数が多い

平成28年度の大阪で働く薬剤師数は25,632人、東京の46,343人の次に多いです。人口10万人当たり薬剤師数においても全国平均が181.3人に対して大阪は197.1人と平均に比べて多めの人数になっています。

そして、薬科大学がない県もありますが、大阪には5つの薬科大学があります。

  • 大阪大学(国立)
  • 大阪大谷大学(私立)
  • 大阪薬科大学(私立)
  • 近畿大学(私立)
  • 摂南大学(私立)

となっています。さらに兵庫県に5つ、京都府には3つあるので、関西圏には薬科大学の卒業生が多く集まっています。もちろん、大阪を出たり、故郷に帰ったりする人もいると思いますが、関西の人や住み慣れてそのまま大阪で就職をする人もいるでしょう。

薬局や病院、大手のドラッグストアなどは、簡単に卒業生を迎え入れることができます。そして、地方の薬局よりも苦労せずに薬剤師を確保できます。こういった事情も年収が低い要因になっていると思われます。

年収が低い理由②調剤薬局などの数が多い

大阪で働く薬剤師の数は多いですが、それとともに調剤薬局やドラッグストアなど働く場所も多くなっています。平成28年度の厚生労働省の統計表では大阪の薬局数が4,046件、この数字は1位の東京6,604件に次いで2位になっています。

薬剤師にとって就職先には困りませんが、それは薬局やドラッグストアからも同じと思っていいのかもしれません。薬剤師の数が少ない地域では、年収をアップさせてでも人員確保をしなければ人手不足になってしまいます。

大阪では年収をアップさせなくても人員確保が可能。調剤薬局やドラッグストアの間に発生するはずの薬剤師争奪戦がないので、年収も上がりにくいという可能性がありますね。

大阪の薬剤師が転職に成功する方法

大阪で薬剤師として転職したいけど年収や勤務条件で妥協したくない!という方は必見です。転職を成功させるポイントをご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

①転職エージェントを利用する

大阪で転職を考えている人はどの方法で探すか考えていますか?場所や年収・希望条件などあると思いますが、求人件数が多いので、1人で探すのは大変そうです。

現在では、さまざまな角度から企業を分析して求人情報だけでなく、社内の環境やどんな人が働いているかまで調査し、サポートしてくれる転職エージェントがあります。

薬剤師の仕事を探している人におすすめなのは、薬剤師限定の転職エージェントです。薬剤師の専門家がアドバイザーとしてサポートをしてくれるので心強いです。

大阪の中心地の企業や郊外で調剤薬局になどホームページからは、簡単に求人検索ができ、アドバイザーに相談や希望を言えばピッタリの求人を無料で紹介してくれますよ。

サポートが充実

転職エージェントには無料で登録ができ、さまざまなサポートを受けることができます。経験豊富なアドバイザーが、希望の病院や薬局などの内容に沿って、採用試験前から企業に内定した後まで親身に悩みやキャリアアップの相談にも乗ってくれますよ。

カウンセリングや書類関係の添削作業、面接の傾向や対策、年収や入社日の交渉、入社後のアフターフォローまで徹底的にサポートをしてくれます。

サポートをしてくれるアドバイザーは業界に詳しい人が多いので、わからないことを聞いたりしながら頼ってしまいましょう。

非公開求人を持っている

おすすめの転職エージェントはたくさんありますが、ほとんどが非公開求人情報を持っています。現在、ホームページから検索できる求人は、ほんの一部です。

非公開求人は、応募が殺到するような有名企業や条件のいい求人が入っている傾向があります。この非公開求人を紹介してもらうには、エージェントに登録する必要があります。

非公開求人は転職エージェントによっては、独占求人を持っている場合があるので1つだけではなく、複数の薬剤師に特化したエージェントに登録することをおすすめします。その分、選べる求人も増えて早く希望に合った職場を見つけられますよ。

②病院やドラッグストアの口コミをキャリコネで調べる

キャリコネ

株式会社グローバルウェイが運営しているキャリコネは、企業の口コミや評価が豊富。一般的な口コミの他にも給与明細や面接で何を聞かれたかなどが詳しく掲載されています。無料の会員登録を済ませれば見られるようです。

さらに、最近よく耳にするホワイト度・ブラック度もあり、満足度やストレス度・やりがいなどが5点満点で棒グラフになっているので、一目見てわかりやすくなっています。

希望する病院や調剤薬局・ドラッグストアなども掲載されているので、転職に失敗しないようにしっかり企業内容や口コミをチェックしましょう。まず登録して、転職エージェントに相談する前に下調べしておくのがおすすめです。

③スケジュールや目的をたてる

希望の仕事を探し始めるタイミングを決めましょう。在職中に探すか退職をしてから探すかすごく悩みますよね、生活などの問題もあるので、次の仕事が決まるまではなかなか仕事はやめられないです。そういう時こそ転職エージェントのサポートをしっかり活用しましょう。

エージェントの登録やさまざまなサポートは全て無料で受けることができます。登録をしたら担当のアドバイザーと仕事内容への希望や経歴などのカウンセリングをしますが、時間がなければ電話でも大丈夫なエージェントもたくさんあります。

そして、希望に合った求人紹介や希望の病院・調剤の社内環境、筆記試験や面接の難易度や傾向についてもアドバイスをしてくれます。

応募書類などは添削作業をしてくれるので、初めての人でもスムーズに作成でき、模擬面接も実施してくれます。在職中でもキャリアアドバイザーが応募手続きや勤務日・労働条件の調整などをしてくれるので、忙しい人でも安心して任せられます。

③転職エージェントに年収アップの交渉をしてもらう

お話している転職エージェントは企業と年収や勤務条件などの交渉もしてくれます。特に薬剤師に特化したエージェントなら希望している薬局やドラッグストアなどの企業情報を持っている可能性があります。

中心エリアでの年収交渉は厳しいかもしれませんが、可能性は0ではないのでアドバイザーに相談してチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

勤務条件を今よりも良くできる可能性を上げるためには、薬剤師に強い転職エージェントに複数登録することがポイントになってきます。

④転職エージェントに条件の良い地域で求人を紹介してもらう

同じ大阪でも地域によって年収が変わってきます。例えば平成28年の大阪府が調査をしている統計の全体の数は25,632人、そのうち大阪市の薬剤師は11,043人、池田市253人、富田林市244人、泉佐野市221人です。

富田林市や泉佐野市などは中心地の大阪駅から電車や車で1時間近くかかりますが、その分年収や条件のいい案件や非公開求人を紹介してもらえる可能性もあります。

複数の転職エージェントに登録することで、年収がいい求人に多く出会えるのでおすすめです。

⑤薬剤師に強く、評判の良い転職エージェントを選ぶ

転職エージェントには、さまざまな職業を扱っているエージェントと専門分野に強いエージェントがあります。

今回は薬剤師に強い転職エージェントを利用することで、薬剤師向けの求人情報からサポートまでをしてもらえますよ。

探す求人情報では、調剤やドラッグストアだけではなく企業でのMR職や臨床開発モニター・治験コーディネーターなどの求人情報が掲載されている場合もあります。

これら企業の求人は薬剤師の資格を必要としないのもありますが、仕事内容は薬学が必須になってきます。それでも企業に仕事を求める人は、やりがいやキャリアアップを目指している傾向があります。

薬剤師に強い転職エージェントは、そういったやりがいのある求人も探し出せるかもしれません。複数登録をして挑戦してみてはいかがですか?

大阪の薬剤師に強く、評判の良い転職エージェント5選

ここでは、大阪の薬剤師で転職したい人におすすめの転職エージェントをご紹介します。薬剤師に強い転職エージェントばかりですが、エージェントによって特徴やサポート体制・非公開求人内容も違ってきます。ぜひ複数のエージェントに登録していい条件の転職先を探しましょう。

1. 様々な情報が知りたい人におすすめ!薬キャリエージェント

薬キャリ

まずは「薬キャリエージェント」をご紹介します。

この転職サイトの最大の特徴は「年間の登録者数が1番多い」という点です。

また、求人数も業界トップレベルで保有しており、特に調剤薬局・派遣・OTC関係の求人を豊富に扱っています。

ただ、キャリア面談は「電話・メールのみ」なので、対面での面談を希望する場合は、他の転職サイトを利用する必要があります。

そして、薬キャリエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

33歳・女性 一般薬剤師

どんどん話を進めてくれるので後押ししてもらえました。現職と迷っていたら比較表を作成するなど相談にも乗ってくれました。

34歳・男性 病院薬剤師

一緒に面接に参加して聞きにくい雇用条件などを代わりに聞いてくれました。

32歳女性 管理薬剤師

経歴書の添削は必要な情報を教えるとほとんどやってくれたため、仕事で忙しいため助かりました。

など、特にサポートや条件面での交渉に対して評価する声が多数ありました。条件の交渉などをしっかりして欲しい方は登録しておくとよいでしょう。

薬キャリエージェントのホームページでは、役立つ情報がたくさん掲載されています。成功ガイドや経営者・成功した人のインタビュー、都道府県ごとの人気求人ランキングもあるので、ぜひチェックしてみてください。

2. 相談満足度が高いファルマスタッフ

ファルマスタッフ

薬剤師専門の転職エージェントファルマスタッフは、さまざまなテーマで常に相談会を行っています。全国の支店で実施される相談会は、もちろん、大阪にも支店があるので気軽に相談ができます。

ファルマスタッフは、15年以上の実績。親会社は日本調剤株式会社と調剤大手の東証一部上場企業でもあるので、登録したいエージェントのひとつです。

求職者向けに行われたアンケート結果では、ファルマスタッフに対する相談満足度は、96.5%という高い評価。「お会いする姿勢」を大事にしていて、個別相談では悩みや希望に対して一緒に考えたり、提案をしたりしています。

登録者などにはグループ企業の大手薬局チェーンや日本調剤株式会社の教育ノウハウを利用して、キャリアアップやスキルアップができる研修も行っています。

サポート面では、ライフスタイルに合わせた勤務条件の交渉や面接内容や・選考の傾向などの面接対策、内定後の相談にも乗ってくれます。

そして、ファルマスタッフ実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

37歳・女性 管理薬剤師

給料や勤務地、勤務時間など、自分の希望にあった職場を紹介してくれるので、とても簡単に見つけられました。

33歳・女性 一般薬剤師

対面で転職するかどうかのところから相談に乗ってくれるので、転職するか決めかねている人も相談会に参加するメリットはあると思います。

30歳・女性 役職なし

自分のレベル、条件に合った就職先を提案してくださり、特に勤務時間や休日、給料の面での交渉を一手に引き受けてくださったので非常に助かりました。

など、特に勤務条件の交渉に対して評価する声が多数ありました。自分の条件に合った転職をしたい方は登録しておくとよいでしょう。

他にも豊富な求人の量や企業求人などもあるようなので、徹底したサポートを受けたい方は登録をしておくといいですよ。相談会で話を聞いてみるのもおすすめです。

3. 圧倒的な求人数と徹底したサポートが特徴のリクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

転職エージェントのリクナビ薬剤師の求人登録件数は、3万5千件以上と業界ではトップクラスを誇ります。

登録しなければわからないリクルートグループ限定の非公開求人も多数ラインナップ。

リクナビ薬剤師では「あなただけ」の3原則を掲げています。

  • あなたも雇用先も満足頂ける求人…数多くの求人の中から潜在化していた満足する条件を引き出し、転職を成功させます。
  • あなたが希望する企業を徹底調査…希望する企業の中で働いている人や社内環境などを事前に調査をすることで、就業後のトラブルなどを防ぎます。
  • 在職中の忙しいあなたを徹底サポート…忙しくても条件を妥協しないようにアドバイザーがサポート。企業との条件交渉などを業界に詳しいアドバイザーが、あなたに代わって行ってくれます。

そして、リクナビ薬剤師を実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

33歳・女性 一般薬剤師

妊娠中の転職という難しい条件にもかかわらず、転職先を見つけてくれたことに感謝しています。親身になって話を聞いてくださいました。

38歳・男性 病院薬局長

まず第一のメリットとして、とても対応が早いということ、面接相手も何社か用意して頂き、その中でもお勧めの転職先を用意してくださいました。

30歳・女性 役職なし

薬局と病院の両方の求人を持っているため、どちらか悩んでいる方にはいいかと思います。

など、特に求人数が多いので様々な状況でも対応できることに対して評価する声が多数ありました。求人数が多くその中から転職先を選びたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

4. 働く環境の情報を教えてくれるマイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

株式会社マイナビが運営する薬剤師限定の転職エージェントです。求人件数は約5万件、さらに好条件案件が多いと言われる非公開求人もあります。

サポートの一環として教えてくれる企業の情報などは、人事の話しだけではなく現場で実際に働いている人や薬局長にも直接会って話しているので、率直な意見を聞くことができそうです。

賞与の実績や残業の時間・産休復帰率・有給取得率などはもちろん、社風や職場の雰囲気などもしっかりチェックしています。求人情報だけではわからない詳細も転職エージェントに登録、相談することで教えてくれます。

そして、マイナビ薬剤師実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳・女性 薬剤師

なかなか自分自身のアピールをすることや内容を充実させることが難しく、面接では自分の気がつかなかった癖などを指摘してくださり、とても助かりました。

37歳・男性 薬局長

求人の量が多いので知らない企業も見ることが出来ました。新規開拓出来ることが1番のメリットです。また、勤務時間等特徴がピックアップされているので見つけやすかったです。

40歳・女性 一般社員

迅速に対応してもらい、面接日時や給料の相談など、すべて会社との間に入ってくれて、自分の都合のいい時間に連絡をくれるので、労力を使わず転職できた。

など、特に求人の量や状況に合わせたサポート体制に対して評価する声が多数ありました。忙しくてなかなか転職先を探す暇がない方は登録しておくとよいでしょう。

求人数、サポート力共に非常にバランスの取れたエージェントですので、迷っている方は登録しておくとよいでしょう。

マイナビ薬剤師のホームページには、薬局やドラッグストア以外の仕事を希望する人必見の情報も掲載されています。臨床開発モニターや医薬品の研究など詳しい仕事内容やQ&A・1日の過ごし方なども載っているので、気になる人は見てみましょう。

最後に

大阪で薬剤師の転職を成功させるポイントや薬剤師に強い転職エージェントをご紹介しました。大阪での転職を成功させるためには、複数の転職エージェントを活用しながら、効率的に進めていくことが大切です。ぜひ上記でご紹介した転職エージェントを利用してみてください。