パート薬剤師はどう?平均時給やメリット・デメリットを解説

子育て中なので、パート薬剤師として働くことを考えています。時給も高くて、魅力的ですよね。
確かに、パート薬剤師の時給の高さは魅力的です。しかし、中にはデメリットもあるので注意が必要ですよ。

キャリアコンサルタント

薬剤師の皆さんの中には、「時間の融通が利くうえに時給もいいから、パート薬剤師に転職したい」と考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし、パート薬剤師には思わぬデメリットもあり、気を付けなければ転職後に後悔してしまう可能性があるのも事実です。

この記事では、皆さんが気になるパート薬剤師の時給や扶養の問題からデメリットまで、パート薬剤師になるうえで知っておきたい知識を解説します。

薬剤師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

薬剤師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

1位: 薬キャリエージェント、2位: ファルマスタッフ、3位: リクナビ薬剤師

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】薬剤師転職サイトランキング!人気58社の口コミ・評判を比較

パート薬剤師の平均時給や昇給は?

「パート薬剤師として働きたい」と考えている人の中には、給料などの待遇が気になる人も多いのではないでしょうか。

ここでは、パート薬剤師の待遇やメリットなど、パート薬剤師になるうえで気になる事柄について解説します。

パート薬剤師の平均時給

マイナビ薬剤師によれば、パート薬剤師の平均時給はおよそ2,000円です。

ですが、時給は職場や地域によって大きく異なります

職場平均時給
ドラッグストア2500円〜3000円
調剤薬局2000円〜2500円
病院1800円〜2500円

また、都市部と地方でも時給は変わるので、注意が必要です。

場所平均時給
都市部2000円〜2500円
地方3000円〜4000円

都市部より地方の時給が高いのは、地方のほうが圧倒的に人不足だからです。

また、参考までに薬キャリが発表した「都道府県別 薬剤師年収ランキング(2018年版)」を紹介します。

必ずしもパート薬剤師の時給の高さと比例するとは言えませんが、どの県が最も高いのか低いかの目安にすることはできるでしょう。

順位都道府県平均年収(万円)
1奈良県777.3万円
2静岡県684.6万円
3青森県670.6万円
4栃木県655.7万円
5島根県648.4万円
6鹿児島県627.4万円
7愛媛県623.5万円
8広島県593.4万円
9兵庫県574.6万円
10東京都570.6万円
11大分県570.3万円
12山口県559.6万円
13群馬県549.1万円
14秋田県548.5万円
15長野県544.6万円
16高知県543.9万円
全国平均543.8万円
17長崎県536.6万円
18福井県534.7万円
19埼玉県533.8万円
20神奈川県533.3万円
21愛知県532.8万円
22福岡県532.2万円
23岐阜県531.2万円
24和歌山県531.0万円
25福島県529.7万円
26茨城県523.9万円
27岩手県522.3万円
28千葉県519.0万円
29佐賀県518.5万円
30北海道517.8万円
31熊本県513.5万円
32香川県510.7万円
33大阪府510.1万円
34山梨県509.6万円
35沖縄県507.5万円
36富山県502.9万円
37鳥取県500.1万円
38山形県497.7万円
39岡山県491.8万円
40宮崎県490.5万円
41滋賀県487.3万円
42京都府484.4万円
43新潟県480.7万円
44徳島県478.8万円
45石川県477.7万円
46宮城県471.2万円
47三重県437.5万円

パート薬剤師の昇給制度

昇給は正社員に対して行われる場合がほとんどで、パート薬剤師が昇給することはあまり多くありません

しかし、中にはパート薬剤師でも昇給が受けられることを明記している求人も存在します

また、明記はしていないものの昇給制度がある職場もあるので、転職サイトを利用して事前に確認するのが良いでしょう。

パート薬剤師の社会保険と福利厚生

パート薬剤師であっても、正社員との差を埋めるよう、社会保険や福利厚生の整備が進んでいます。

2016年の制度改正により、パート薬剤師でも社会保険に加入できるようになったため、より安定した状況で働けるようになりました

福利厚生は職場によって異なりますが、正社員と同等の福利厚生を受けられる職場もあります。

社会保険や福利厚生などの制度がどこまで適用されるかは、転職前に確認しておくことをおすすめします。

パート薬剤師は悩みも多い?メリットとデメリットを解説

時給が高く、さまざまなメリットがあるパート薬剤師ですが、注意しなければならないデメリットも存在します。

ここでは、パート薬剤師のメリットとデメリットについてご紹介します。

パート薬剤師のメリット
  • 高時給の求人が多い
  • 自分の都合にあわせて働ける
  • 転勤がない

メリット①:高時給の求人が多い

パート薬剤師は、上記でも紹介したように「高時給な求人」が豊富にあります。

ガッツリは働けないというママ薬剤師には非常におすすめできる雇用形態と言えます。

メリット②:自分の都合にあわせて働ける

パート薬剤師は、「1日3時間」や「週2日」などの時短勤務が可能であるため、自分の都合に合わせて働く時間を選ぶことができます。

また、正社員と比べて比較的休みが取りやすい職場が多いため、子育て中のママ薬剤師にはおすすめの働き方と言えます。

メリット③:転勤がない

正社員とは異なり、パート薬剤師は指定の薬局や店舗、病院のみで働くため、転勤がありません

「自宅から徒歩圏内」など、自分の好みに合わせた職場を選んで働くことができます。

パート薬剤師のデメリット
  • ボーナスや退職金がない
  • 職場や地域によっては時給が低くなる
  • 雑務に追われる
  • キャリア形成ができない

デメリット①:ボーナスや退職金がない

時給が高く、月給だけで見れば正社員と同じくらいの収入が得られるパート薬剤師ですが、正社員のようにボーナスや退職金をもらうことはできません

そのため、生涯賃金で見ると正社員と差がついてしまいます

「時給がいいから」というだけでパート薬剤師を選ぶと、結果として損をすることになりかねません。

デメリット②:職場や地域によっては時給が低くなる

時給の高さが魅力のパート薬剤師ですが、最初の章でもお話ししたとおり、職場によって時給が低くなる場合があります

人手不足の傾向にあるドラッグストアや調剤薬局は時給が高い一方、薬剤師から人気の高い病院は低い傾向にあります。

また、地域によっても時給が異なり、人手が足りない地方は時給が高いものの、薬剤師が飽和している都市部は低い傾向が強いです。

希望する職場によっては、高時給が期待できないこともあるという点に留意する必要があります。

デメリット③:雑務に追われる

時給の高いドラッグストアは、薬剤師だけでなく、スタッフも人員不足に陥っている場合が少なくありません。

そのため、薬剤師としての仕事に加え、レジでの接客や品出しなどの雑務に追われることもあります

「薬剤師だからこそできる仕事がしたい」と考えて転職すると、後悔してしまうおそれがあります。

デメリット④:キャリア形成ができない

同じ職場で働いていても、責任のある仕事や難しい仕事は正社員の薬剤師の担当であり、パート薬剤師には任せてもらえません。

そのため、パート薬剤師では薬剤師としてのキャリアアップが難しく、今後のキャリア形成ができないというデメリットがあります。

「ゆくゆくは正社員になりたい」と考えている場合には、パート薬剤師という働き方はあまりおすすめできません。

薬剤師がパート勤務で扶養外になると損するって本当?

「扶養控除」とは、年収が一定の金額に満たない人を扶養している場合、税や社会保険料の控除を受けられる制度です。

これらの控除が受けられる年収の上限は段階的に決められているため、控除を受けるには年収に注意して働く必要があります。

ですが、働き方によっては、扶養外になった方が得になることもあります

もちろん、それを選ぶのは働くあなた自身ですので、以下を参考に考えてみてください。

年収基準内容詳細
103万円以下税の控除(配偶者控除)妻と夫の所得税が控除される
150万円以下税の控除(配偶者特別控除)夫の所得税は控除される
201万円以上税の控除(配偶者特別控除)所得税の控除適用外
106万円以下社会保険夫の社会保険の扶養に入ることができる
130万円以上社会保険社会保険への加入が必要

103万円:税の控除(配偶者控除)

「103万円の壁」という言葉が有名ですが、これは「年収(給与所得)が103万円以下なら、配偶者の所得税が控除される」という制度を指します。

薬剤師の妻がパートとして働く場合、年収が103万円を超えなければ、妻が所得税を納めずに済むだけでなく、夫の所得税も控除されます

150万円:税の控除(配偶者特別控除)

年収が103万円を超えた場合、自分の所得にかかる所得税は納める必要がありますが、配偶者の税控除は受けられます。

2018年に税制が改正され、薬剤師の妻がパートとして働く場合、年収150万円を超えなければ夫が最大の税控除を受けられるようになりました。

控除額は103万円の時と同じなので、パート薬剤師として働きたい女性にとってはうれしい税制改正と言えます。

なお、控除額は年収が上がるごとに段階的に引き下げられるうえに、夫の年収(900万円~)によっても変化します。

201万円:税の控除(配偶者特別控除)

ここまでお話ししてきた税の控除を全く受けられなくなるのが、年収201万円を超えたときです。

税の控除を受けたければ、この年収201万円を超えないように注意する必要があります。

106万円:社会保険

パート薬剤師の妻が扶養に入っていると、税の控除だけでなく、夫の社会保険の扶養に入ることができます。

しかし、2016年に制度が改正され、年収106万円超で下記の条件を満たす人は、勤務先の社会保険へ加入しなければいけなくなりました

  • 1週間あたりの決まった労働時間が20時間以上
  • 1カ月あたりの決まった賃金が88,000円以上
  • 雇用期間の見込みが1年以上
  • 学生でない
  • 従業員が501人以上、またはそれ未満だが社会保険の加入に労使で合意している会社で働いている

この条件にあてはまると、勤務先の社会保険への加入が必須となり、手取りが減ってしまいます。

130万円:社会保険

前項で挙げた条件にあてはまらないパート薬剤師でも、年収が130万円を超えると夫の企業の社会保険の扶養から外れてしまいます

勤務先の社会保険または国民健康保険・国民年金に加入し、保険料を納める必要があります。

損得を分けるボーダーはここ!パート薬剤師の年収例

では、パート薬剤師がお得に働くにはどうすればいいのか、実際の年収例から探りましょう。

<年収例①:週3日、1日4時間働く場合>

時給2,000円×4時間×3日×4週間=月給96,000円

96,000円×12カ月=年収115万2,000円

配偶者特別控除による税の控除は全額受けられますが、社会保険料は自分で納める必要があります。

もう少し働く時間を減らして103万に収めてもいいですし、年収150万円まで余裕があるので、働く時間を増やしてもいいでしょう。

<年収例②:週3日、1日5時間働く場合>

時給2,000円×5時間×3日×4週間=月給120,000円

120,000円×12カ月=年収144万円

年収例①と同じく、税の控除は全額受けられるものの、社会保険料は自分で納める必要があります。

年収150万円に収まっているので、配偶者特別控除を利用するにはちょうどいい働き方と言えます。

<年収例③:週5日、1日4時間働く場合>

時給2,000円×4時間×5日×4週間=月給160,000円

160,000円×12カ月=年収192万円

税の控除は少ししか受けられませんが、ここまで稼げば手取りが増えるので、控除のことはあまり気にする必要がないと言えます。

パート薬剤師は扶養外になっても損しない!

以上の年収例を見てみると、「そこまで長い時間働くわけでもないのに年収が基準額を超えるんだな」と感じた人も多いのではないでしょうか。

パート薬剤師は、その時給の高さから、扶養の基準額を超えてしまうことがよくあります。

しかし、扶養から外れても、控除される額以上に働けば手取りが増えるため、損をすることはありません

自分が使える時間と相談しながら、扶養の範囲で働くかどうかを検討することをおすすめします。

パートを始めるなら薬剤師転職サイトの利用がおすすめ

パート薬剤師になるなら、転職サイトの利用がおすすめです。ここでは、パート薬剤師に強いおすすめのエージェントを紹介します。

利用者の口コミも併せて紹介しますので、これらを参考にパート薬剤師への転職を成功させてください。

薬キャリエージェント

薬キャリ

薬キャリは、エムスリーグループが運営する薬剤師向け大手エージェント型転職サイトで、パート薬剤師など非常勤の求人にも強いことで知られています。

ママ薬剤師専用のページがあり、子育てしながらでも働きやすい求人が豊富なことから、ママ薬剤師におすすめです。

薬キャリエージェントの利用者からの口コミ

61歳男性・薬剤部長

サイトの規模が大きいため、案件数が多く多彩だと思いました。

44歳女性・主任薬剤師

希望条件に合致した求人をスピーディーに案内していただけました。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ」では、年収700万円以上や時給4,000円以上といったいわゆる高時給の求人を数多く紹介してもらえます

また、日本調剤グループによる独自の研修制度や教育体制が整っており、特に調剤薬局の求人が豊富です。

土日が休みの職場がいい、駅や保育園に近い職場がいいなど、好条件といわれる求人も多く取り扱っているという点も魅力的です。

ファルマスタッフの利用者からの口コミ

31歳 女性

調剤薬局の転職に関しては、求人の量とコネクションは強いかと思います。コネクションがあることによって交渉も融通がきくかと思います。

52歳 男性

求人の数が多いのが一番のメリットだと思います。近くにあっても知ることができない薬局の存在もあるので、求人の案件をたくさん持っているということが最大のメリットだと思います。

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は、人材紹介業最大手のリクルートグループが運営する転職サイトで、幅広い求人を保有しています。

大手ドラッグストアチェーンなどの大企業に強いため、全国チェーンのドラッグストアで働きたい人には特におすすめです。

リクナビ薬剤師の利用者からの口コミ

30歳女性・薬剤師

持っている求人情報が多いため、どの職場で働こうか悩んでいる人には良いと思います。

33歳女性・薬剤師

知らない土地での転職でしたが、比較的近場の職場をたくさん教えていただけました。

パート薬剤師のまとめ

パート薬剤師のメリット
  • 高時給の求人が多い
  • 自分の都合にあわせて働ける
  • 転勤がない
パート薬剤師のデメリット
  • ボーナスや退職金がない
  • 職場や地域によっては時給が低くなる
  • 雑務に追われる
  • キャリア形成ができない

ここまでパート薬剤師の平均時給や扶養などについて詳しく解説してきましたが、子育て中のママ薬剤師には非常におすすめできる働き方であることが分かりました。

パートを始めようか迷っているなら、一度上記で紹介した転職サイトに相談してみてください。

なお、以下の記事では&careerが全58社の薬剤師転職サイトを評価して分かった本当におすすめできる10社を紹介しています。

ぜひチェックしてみてください。

薬剤師転職サイト全58社を比較してわかった本当におすすめできる10選