転職活動で内定を受けたら?内定後の進め方と新たな悩みを解消!

やっと内定をもらえたのですが、これから何をすれば良いですか?
まずは再度条件確認を行いましょう。その条件で大丈夫であれば、初出勤までの準備を行います。

キャリアコンサルタント

この記事では、内定後の進め方について詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

転職活動を一生懸命に行い、希望していた企業から内定がもらえると誰でも嬉しいものです。内定を受けたことで、ホッとしてしまう人も多いでしょう。気が抜けたり、気が緩んでしまう人も多いはず。

しかし、転職活動はこれで終わりではありません。

新たな職場に入社するまで、気を抜かずに進めることが必要です。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

内定を受けたら、次は何が必要?内定から初出社までの流れ

内定を掴むため、必死に転職活動している人も多いはず。「希望通りの職場を見つけたい」と一生懸命活動している人も多いでしょう。

しかし、そんな人の中には転職活動には力を入れ、情報収集はしているものの、いざ内定を掴んだ途端「これから、何をすれば良いのだろう?」と戸惑ってしまう人も少なくありません。内定を受けたら喜びたいはずなのに、戸惑ってしまう人もいるでしょう。

では、内定から初出社まではどのような流れで進めたら良いのか、ご紹介します。

1.内定の連絡を受ける

書類選考、面接、筆記試験などを受け、晴れて採用が決まった場合には、電話連絡などで連絡を受けることになります。

以前までは、内定通知は郵送が一般的でしたが、現在では内定は電話、不採用はメールというのが一般的となっている様です。

そのため、万が一電話連絡が来た際に電話に出ることができなかった場合には、できるだけ早く折り返しの電話をすることが必要。中には、折り返しの連絡をしなかったことで、入社辞退とみなされてしまうこともあるため、注意が必要。

中には、「知らない番号から電話がきた場合には、折り返しの電話はしない」と言う人もいると思いますが、転職活動中には企業から連絡が来る可能性がありますから、しっかりと折り返し電話をするように心がけましょう。

折り返し電話をしなかったことで、せっかくのチャンスを逃さないように注意が必要です。

2.改めて条件確認!承諾するか、辞退するか

転職活動中、内定の連絡を受けたら、次は改めて労働条件を確認することが大切です。

多くの人は、内定を受けたことで舞い上がってしまい、即決で承諾の判断をしてしまう人もいます。確かに、応募した企業はそれなりに選んでいるはずですから、「ここで仕事をしたい」と思ったことは間違いないでしょう。

しかし、実際に面接などを受けたことで、求人を見た際の条件と異なっていたり、イメージと違うケースもあります。内定を承諾し、仕事をスタートしてから「こんなはずでは…」と後悔しては遅いですから、承諾を出す前に一度条件を確認するようにしましょう。

面接時に疑問に思ったこと、不安に思ったことなどは、事前に確認しておくことが必要です。それを踏まえて、承諾するのか辞退するのか判断しましょう。

万が一、「ここでは働きたくない」「面接に行って、思っていた仕事とは違った」というような場合には、内定の辞退が必要。内定の辞退は、1週間以内には電話で連絡するようにしましょう。「どうせ辞退するのだから」と適当な対応をしてしまうのはマナー違反。

辞退の連絡をする際には、内定を頂いたお礼、辞退する理由とお詫び、内定辞退を受け入れてくれたお礼をしっかりと伝えるようにしましょう。

3.現職場の退社日、新職場の入社日を決める

転職活動中に内定を受け、承諾する場合には次のステップに進むことになります。

それは、現職場への退職日と新しい職場の入社日を決めること。

仕事をしながら転職活動をしている人は、内定を受けたらすぐに現職場へ退職の報告をする必要があります。法的には、2週間前の報告という義務がありますが、職場によっては1ヵ月前と定められているところもあるため、事前に確認しておくことが必要。

引き継ぎなどがある場合には、引き継ぎ業務なども含めて、迷惑のかからない退職日を決め、円満退職できるよう心がけましょう

退職日が決まったら、新しい職場にいつから出社できるのかを伝え、入社日を決めます。退職日、入社日が決まれば、それに向けて準備を進めましょう。

4.雇用契約の終結と入社の手続きを進める

入社日が決まったら、次は転職先との雇用契約を結ぶことになります。

そして、同時に入社の手続きも進めることになるでしょう。

入社手続きは、年金手帳や源泉徴収票、雇用保険被保険者証などが必要。企業によっては、卒業証書や健康診断書などが求められることもあるため、あらかじめ準備しておきましょう。

5.晴れて初出勤

転職先に初出勤となれば、誰だって緊張するはずです。

「どんな人が働いているのだろう?」「仕事についていけるだろうか?」といった不安を持っている人もいるはずです。

そんな不安を解消するためには、事前の準備が欠かせません。例えば、新しい会社の商品知識、組織情報などを事前に確認し、最低限の知識を身に付けておけば安心して初出社も迎えられるはず。

こういった事前の準備は、あなたの印象も上げることができるはずです。

労働条件の再確認で最低限チェックしておきたい項目とは?

転職活動中に内定を受け、改めて労働条件を確認しようと思った時、「何をチェックしておけば良いのだろう?」と不安になる人もいるでしょう。

確認をしても、「これで大丈夫だろうか?」と不安になる人もいるはず。

では、内定後最低限チェックしておきたい労働条件についてご紹介します。

給与や賞与、締日、支払い日、時間外手当など

仕事をする上で大切なのは、お金に関すること。

求人をチェックした際、20万円から30万円といったように曖昧な金額表示がされていることがほとんど。そのため、実際自分が働いた場合にはどのくらいの給与になるのか、事前に確認しておくことが必要です。給与、報酬がどのような仕組みになっているのか、賞与の有無や時期、金額なども確認しておいた方が良いでしょう。

また、時間外手当は付くのか、締日や支払日なども確認しておくことが必要です。

配属部署、職種、仕事内容や勤務体制、勤務時間、勤務地など

転職活動し、企業に応募したということは、仕事内容に興味を持ったはず。

そのため、採用後どんな部署でどんな仕事に携わることになるのかも、改めて確認しておいた方が良いでしょう。

また、勤務体制や勤務時間、勤務地なども確認しておくことが必要。中には、「本社勤務だろうと思っていたら、支店勤務になってしまった」というケースもあります。希望していた部署ではなく、違う部署への打診があることもあるでしょう。

転職先は、これから先働き続ける場所となりますから、仕事内容も含めしっかりと確認しておくことが必要です。

社会保険について

企業に所属するということは、社会保険が適用されることになります。

しかし、この社会保険は企業によってどんな保険が適用となるのか異なるため、あらかじめ確認しておくことが必要

当然ですが、保険内容が充実していればいるほど、働きやすい環境となるはずです。

有給休暇、休日について

仕事をする上で、休日というのも大切なポイントです。どんなに好きな仕事であっても、休みなく働くというのは心身ともに持ちません。

そのため、休日についても確認しておくことが必要。

週休何日なのか、何曜日が休みなのか、有給休暇はどのくらいの日数があるのか、夏季休暇や年末年始の休みはあるのかなども確認しておけば、勤務後に「失敗した」と後悔することもなくなるでしょう。

仕事をする上で、心身を休めることも大切ですから、プライベートも充実できる環境であるか確認しておくことが大切です。

意外と多い、内定後の悩みとは

転職活動中に内定を受けると、安心してしまう人が多いもの。しかし、内定を受けたことで新たな不安や悩みを抱える人もいます。

では、意外と多い内定後の悩みについてご紹介します。

退職日と入社日が同じでも大丈夫?

仕事をしながら転職活動をしてきた人の中には、「出来るだけ早く、新しい職場で仕事をスタートさせたい」と考えている人も多いでしょう。

そのため、「退職日に、すぐに新しい職場で仕事をしたい」と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、退社日と入社日が同じになるというのは避ける必要があります。きちんと退職日を迎えてから、入社日を迎えるのが理想的です。

なぜなら、退職日と入社日が同じということは、二重勤務に該当するため。企業によっては、副業禁止となっているところもありますから、二重勤務はNGにあたりますし、社会保険の手続きに関しても二重勤務では手続きに支障を来してしまいます。

入社日は、退職日を迎えてから設定することが基本です。

内定後、初出勤前の挨拶は必要?

転職活動で内定を受けた人の中には、「初出勤まで時間がある」と言う人もいるでしょう。そんな人の中には、「事前に挨拶に行った方が良いのだろうか?」と思う人もいるのではないでしょうか。

内定後の挨拶の有無は、決まりはありません。挨拶しなかったとしても、失礼には当たらないということ。

そのため、「印象を上げるためにも、挨拶に行こう」と思われる方もいるかもしれませんが、突然の訪問は企業側にとって迷惑になることもあるため注意が必要。初出勤前に、契約書を提出するなどの機会がある場合には、その機会に挨拶をすると良いでしょう。

内定後に挨拶や面談に行く場合には、服装に注意が必要。「私服でOK」という会社もありますが、仕事をする場に相応しい服装を心がける必要があります。もちろん、どういった業界かによって求められる服装は変わってきますが、基本はオフィスカジュアルもしくはスーツが無難。指定されていない場合には、スーツの方が良いでしょう。服飾系の業界の場合には、スーツなどの必要はありませんが、あまり個性的なファッションは避けた方が良いでしょう。

初出勤時に気を付けることは?

転職先に初出勤する日は、誰でも緊張するでしょう。そして、「どんなことに気を付けたら良いのだろう?」と思う人も多いのではないでしょうか。

初出勤は、あなたの印象が決まる日でもあります。そのため、まずは挨拶を心がけると良いでしょう。緊張して、顔がこわばってしまう人もいるかもしれませんが、笑顔を意識し、大きな声であいさつをすることで、あなたの印象は良くなるはずです。

また、どんなに年下の同僚であっても謙虚な姿勢を忘れないことが必要。転職先では、年齢が上でもあなたの方が社歴は少ないわけですから、偉そうな態度を取るなどはやめましょう。

現職場の有休利用期間から働くのはOK?

「少しでも早く転職先の環境に慣れたい」と考えている人は、現職場の有休期間中から仕事をスタートさせたいと考えている人もいるでしょう。

確かに、有休期間中は仕事をしている訳ではありませんから、転職先に出勤しても、仕事への支障はありません。

しかし、有休期間中というのはまだ現職場に在籍状態。そのため、二重勤務という状態となってしまいます。当然、副業禁止の企業であればNGの状態。NGでなかったとしても、社会保険の手続きで支障を来すことになりますから、退職日を迎えてから仕事をスタートさせるのが基本です。

内定後の給与交渉は可能?

転職活動で内定を受けてから、「希望の企業に入れるのは嬉しいけれど、やっぱりもう少し収入が高い方が…」と思うこともあるはず。そんな人の中には、「給与交渉してみよう」と思う人もいるのではないでしょうか。

しかし、既に内定を受けた状態ですから「今更、交渉は難しい」と諦める人もいるでしょう。

内定を受けてからの条件交渉は、選考中に提示された条件をあなたが納得している場合には、難しいと言えます。しかし、選考中に提示などがない場合には、交渉で希望金額に変わる可能性はあります。もちろん、適正な金額を交渉することが基本。

「自分で交渉するのは苦手」と感じる人は、転職エージェントを利用すれば、あなたに変わって交渉を行ってくれるため、スムーズな条件交渉を進めることができるでしょう。

面接後、内定通知が来ない

転職活動中、面接を受けた後は内定の連絡を待つことになるでしょう。この間、「採用されるだおるか?」と不安になる人が多いのではないでしょうか。

基本的に、結果連絡がくるのは翌日から2週間程度の時間がかかります。応募者が多い場合や担当者が多忙の場合には、結果が出るまでに時間がかかることがあるため、「○日まで連絡します」と言われた日までは気長に待つしかありません。

待っている立場としては、「いつになったら連絡が来るのだろう?」「結果を早く知りたい」と思うのは当然ですが、いつまでに連絡すると言われた期間までは連絡を待つようにしましょう

万が一、言われた期間になっても連絡が来なかった場合には、「○月○日に面接を受けさせて頂きました○○と申します。面接の結果がいつ頃出るのかを知りたく、ご連絡させて頂きました」と悪い印象を与えないように電話連絡すると良いでしょう。

電話がかけずらい場合には、選考結果のお問い合わせとし、電話と同様の内容をメールで確認擦るのも一つの方法です。

ただし、自分からの結果の問い合わせはあくまでの言われた期日になっても結果連絡が来なかった場合のみ。期間内に問い合せをしてしまうと、悪い印象を与えてしまう恐れがありますから注意しましょう。

内定後に抱える不安

転職活動を進め、無事に内定を掴んだら誰だって「やっと、新たな職場が決まった」と喜ぶでしょう。

しかし、入社日までに期間がある場合には、その間に不安を抱えてしまう人が少なくありません。「新たな環境で、人間関係を上手に築けるだろうか?」「ちゃんと仕事についていけるだろうか?」「待遇面は、今までより悪くならないだろうか?」と様々な不安を抱えるでしょう。

しかし、こういった不安はまだはじまってもいない仕事に対し、自分で作り上げた不安でしかありません。人間関係も仕事も待遇も、仕事がスタートしてみなければ分からないことですから、今から心配するのではなく、もっと前向きに考える様にしましょう。

どうしても、こういった不安がぬぐえないというのであれば、転職エージェントを利用した転職活動がおすすめ。エージェントを利用すれば、事前に職場環境や待遇などを確認することができ、不安を抱えることはなくなるでしょう

内定後の退職に関する不安

転職活動を進め、新たな職場が無事に決まれば、「これから、新たな環境で頑張ろう」と気持ちを新たにするものです。

しかし、ここで忘れてはいけないのは、現職場への退職手続きについて。中には、「もう、辞める会社だから」と適当な対応をしてしまう人もいますが、これは社会人としてはマナー違反。辞める会社であっても、嫌な思いをした会社であっても、迷惑をかけるような辞め方をしては社会人としては失格です。

あなた自身、おかしな辞め方をしてしまえば、すっきりとした気持ちで新たな職場に向かえないはず。

まず、転職活動を進め、内定を受け、「この会社で働きたい」と言う意思が固まったら、現職場へ退職の意思を伝えましょう。企業によって、退職手続きが必要な期間は異なりますが、法律では2週間前までに伝えることが必要。引き継ぎなどがある場合には、1ヵ月前には伝えることが必要です。退職手続に関しては、企業に沿った慣習に従って進めるようにしましょう。

退職の意思は、まずは直属の上司に伝えます。それから、人事担当者に伝え退職手続きを進めることになります。

立つ鳥跡を濁さずと言いますが、あなたが辞めてから、周りの人が困らないようにしっかりと引き継ぎを行い、円満退職を目指しましょう。退職手続きが終われば、改めて新しい職場への入社手続きを進めることになります。

転職エージェントを利用すれば、内定後もスムーズ!

転職活動をする際、活動に不安を感じている人もいるはず。初めての転職と言う人にとっては、「何をすれば良いのだろう?」「こんな時、どうしたら良いのだろう?」と戸惑うこともあるでしょうから、サポートしてくれる人がいるというのは安心。

転職エージェントは、あなたに合った求人を紹介してくれるだけでなく、あらゆる面でのサポートを行ってくれます。

内定を受けた際には、円満退職できる方法をアドバイスしてくれたり、入社日などの交渉をあなたに代わって行ってくれます。こういったサポートがあれば、転職活動ももっと自信を持って進められるようになるのではないでしょうか。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

内定を掴んだら、初出勤をスムーズに迎えるための準備をしよう!

転職活動は、誰にとっても不安なもの。「希望通りの転職先が見つかるだろうか?」「ちゃんと、転職先が決まるだろうか?」といった不安を抱えながら転職活動をしている人も多いでしょう。しかし、いざ内定が決まったら、新たな不安や悩みを抱える人も少なくありません。「内定後は、どうやって初出勤日を迎えたら良いのだろう?」といった不安が生まれる人も多いのではないでしょうか。

そんな人は、内定後どのように進めるのかを把握しておけば、不安はなくなるはず。そして、不安なく内定を喜ぶことができるようになるのではないでしょうか。

転職活動をはじめたら、ついつい活動にばかり気が行ってしまいますが、今から内定を掴んだ際の流れも確認しておきましょう。そうすれば、スムーズに初出勤日を迎えられるはずです。

転職活動だけでなく、内定後も不安がある人は、転職エージェントを利用しましょう。