リクルートエージェントで面談を受ける前に知っておきたい転職情報まとめ

リクルートエージェントの利用を考えているのですが、面談ではどのような内容をお話するのでしょうか?
面談では転職に希望する条件や目的などをエージェント側がヒアリングして、あなたに合った転職先を紹介してくれます

キャリアコンサルタント

この記事では、リクルートエージェントの面談の内容や、面談に関するよくある質問を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

リクルートエージェントは、転職を考えている多くの方が利用している有名で人気の高い大手転職エージェントです。

「他の転職エージェントでは求人情報を紹介してもらえなかった…」「面談をしてもらえなかった…」

このような経験をされている方でも、リクルートエージェントなら親身になってサポートをしてもらえたという意見が多く、評判の良い転職エージェントとなっています。

今回は、そんなリクルートエージェントでの面談について、事前に知っておきたい転職情報をご紹介していきます。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

リクルートエージェント面談の内容は?

そもそも、転職サービスを受ける際に料金が発生するのか、面談ではどういった内容をお話するのかが気になりますよね!

どんなものでもサービスを受けるには料金が必要になる場合がありますが、リクルートエージェントの利用は有料なのでしょうか?

また、面談の内容はどういったものになっているのでしょうか?ここでは、リクルートエージェントで転職サービスを受ける料金や面談の内容についてご紹介していきます。

転職活動での利用を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

登録~内定確定までのサービスは全て無料!

リクルートエージェントの転職サービスを利用する際には、まず登録する必要があります。

ですが、登録料はもちろんのこと、その後の面談から内定が確定するまでのサービスは、全て無料で受けることができるシステムとなっています。

そのため、転職を考えている方であれば、誰でも気軽にリクルートエージェントを利用することができるでしょう!

ちなみに、転職サービスを無料で受けられるのは、求人を依頼する企業が人材を紹介してもらい、内定が確定することで転職エージェントへと報酬が支払われる仕組みになっているからです。

また、無料で受けられるためサービスの質にも疑問を感じている方は多いですが、親切・丁寧なサポートを受けられるので、安心して転職活動に活用することができますよ!

面談は対面、または電話での対応が可能

リクルートエージェントの面談では、担当のアドバイザーと対面はもちろん、電話でも対応してもらうことが可能です。内容はどちらも同じとなっているため、自分の予定に合わせて対面・電話を選ぶことができますよ!

しかし、電話での面談を希望する場合ですが、転職に悩んでいる方にはおすすめできないといわれています。

というのも、リクルートエージェントでは本気で転職を考えている方を優先してサービスを提供しているため、場合によっては転職サービスを受けられない可能性があるといわれています。

また、電話の場合はお互いの表情が感情を読み取りづらいため、転職活動にやる気が感じられないと勘違いされる可能性も考えられます。

そのため、明確な理由を持って転職をされる方でなければ、対面での面談を受ける、またはリクルートエージェントへの登録自体を考え直した方が良いかもしれませんね。

対面で面談を受ける場合は個室で行われる

対面での面談を受ける場合、リクルートエージェントでは個室でアドバイザーと転職者の1対1で行われます。

自分の悩みや相談の内容を他の人に聞かれる心配がないので、安心して転職に関するお話をすることができるでしょう。

ちなみに面談を受ける個室ですが、室内にはテーブルが設置されており、お互いに向かい合って対話ができるようにイスが設置されています。

清潔感があって落ち着いた雰囲気の小部屋となっているため、リラックスして担当のアドバイザーと会話ができます。

また、外からは室内が見えないように工夫されていて、しっかりとプライバシーを考慮しているお部屋となっています。

希望条件に合った転職先の企業を紹介してもらえる

一番気になる面談の内容ですが、担当アドバイザーが転職者の方に転職の希望条件や経歴をヒアリングして、あなたに合った転職先の企業を紹介してもらう仕組みとなっています。

転職をされる方の意見や要望をもとに転職先を探してもらえるので、個人で転職活動を行うのに比べて、転職に失敗する可能性は低くなるでしょう。

また、リクルートエージェントに在籍するアドバイザーは転職のプロなので、気になることや疑問に感じていることに対してきちんと対応してくれます。

なかなか転職活動が上手くいかないという方であればアドバイスを受けることができますし、転職経験の少ない方であれば転職成功のノウハウを学ぶことも可能です。

リクルートエージェントで行う面談の具体的な流れ

上の章ではリクルートエージェントの面談についての情報をご紹介しましたが、面談ではどのような流れで転職ができるようになっているのでしょうか?

ここでは、リクルートエージェントで行う面談の具体的な流れを3つのポイントにまとめてご紹介していきます。

面談から転職成功までの流れを知りたい方、面談の内容を事前に把握しておきたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

①簡単な自己紹介とこれまでの経歴の確認

まずはお互いに簡単な自己紹介を行い、その後は転職をされる方の経歴の確認を行います。

これまでにどのようなお仕事をされてきたのか、どんなスキルを持っているのかなどを質問されるので、一つひとつ正しい情報をアドバイザーに伝えることが大切です。

経歴はあなたに合った転職先を探すための大切な情報にもなりますし、転職先が見つかった後に応募した企業側へと伝える重要な情報でもあります。

そのため、自分の経歴はどんな些細な情報でも必ず担当のアドバイザーにしっかりと伝えて、転職成功を目指していきましょう!

また、面談は対面で行われることが多いですが、これはアドバイザーがあなたの希望を叶えることはもちろん、転職者がどのような人物であるのかを知るためでもあります。

転職エージェントは求人を依頼する企業からの信頼を大切にしているため、紹介する人材がその企業にふさわしい人なのかを見極めたいというのがアドバイザーの本音だそうです。

②転職をする目的や希望する条件などの確認

自己紹介から経歴の確認までが終わったら、次はあなたが転職をする目的や希望する条件についての質問が行われます。

どういった目的や理由で転職を考えているのか、転職先に求める条件にどのようなことを求めているのかも、転職先を探すための重要な情報です。

例えばですが、「仕事量に見合った収入を得られる企業に転職したい」「仕事とプライベートを充実させられる企業を探している」など、転職をされる目的や希望条件をきちんと伝えましょう。

そうすることで、担当のアドバイザーは経歴・転職の目的・希望条件などの情報を元に、あなたに最適な求人情報を紹介してくれます。

③現職を退職してから転職までの期間を確認

経歴・転職の目的・希望条件までの確認が終わったら、最後に現職を退職してから転職をするまでの明確な期間を決めます。

すぐに転職をされる方であれば1ヶ月以内、または転職をするまでの準備を整えるために3ヶ月以内に転職をしたいなど、自分が考える転職時期をアドバイザーへと明確に伝えておきましょう。

というのも、リクルートエージェントをはじめ多くの転職エージェントでは、転職を急いでいる方を優先して求人を紹介する傾向があります。

募集されている求人情報は正直早いもの勝ちといった感じで徐々に良い求人がなくなってしまうので、転職を急いでいる方は必ず「〇ヶ月以内には転職したい」と伝えておきましょう。

リクルートエージェントの面談でよくあるQ&A

リクルートエージェントの利用を考えている方の中には、面談に関するさまざまな疑問を感じている方が多いようです。

疑問を感じたままでは登録にも悩んでしまい、転職活動をスムーズに進めることができないでしょう。

ここでは、リクルートエージェントの面談でよくあるQ&Aをご紹介していきます。

面談時の服装は?必要なものは何があるのか?

面談を受けるときの服装ですが、基本的には私服でも良いとされていますが、オフィスカジュアルが好ましいといわれています。

また、最低限の身だしなみは整える必要があるので、女性であればナチュラルなメイク、男性であればヒゲを剃るなどをして、清潔感のある格好を心掛けましょう。

必要なものについてですが、「名刺は必要なのか?」という質問が多かったです。ですが、あなたは転職先を紹介してもらう立場であり、取引先との面談をするわけではないので、名刺の準備は不要です。

平日以外でも面談を受けることはできるのか?

面談は平日だけでなく、土曜日や日曜日でも受けることができます。そのため、働きながら転職活動を行っていて休日しか面談を受けられない方でも、安心してリクルートエージェントを利用できます。

面談の日程は登録後にアドバイザーからかかってくる電話で相談できるので、希望する面談の日時を伝えておきましょう。

また、支店によっては夜間でも面談に対応してくれるところがあるそうです。必要であれば夜間での面談を対応しているのかも、日程調整の時点で確認しておくことをおすすめします。

地域によって面談の内容が変わることがあるのか?

リクルートエージェントは全国に拠点を構えているため、地域によって面談の内容が変わることがあるのかという質問が多いです。

結論からいうと面談の流れ自体は基本的にどこも同じですが、紹介してもらえる求人情報や取扱求人件数などが異なる場合があります。

そのため、面談に関してはどの地域でも変わりありませんが、その他のサービス内容に関しては地域ごとに変わる可能性があることをきちんと把握しておきましょう。

地方に住んでいて対面での面談が難しい場合は?

地方に住んでる方の中には、アクセスが困難なことから対面での面談が難しいという方もいるのではないでしょうか?

このような場合、「面談ができなければ利用できないの?」と疑問に感じる方が多いようですが、対面での面談ができない場合は、電話での面談を受けることが可能です。

電話で面談を行う場合ですが、事前に履歴書(または職務経歴書)を準備しておき、可能であればパソコンも使用できる状態にしておくと、スムーズな面談が行えるそうですよ!

転職サポートを受けられる期間は決まっているのか?

転職に失敗した場合は再度面談を受けて転職活動を行うことができますが、転職サポートを受けられる期間が決まっているのかという質問も多かったです。

リクルートエージェントでは、基本的に約3ヶ月の間は転職サポートを受けることが可能となっています。

そのため、自分のペースで転職活動をされたい方よりも、短期間で転職をしたい方や早急に転職をされたい方におすすめの転職エージェントといえるでしょう。

面談をキャンセルすることはできるのか?

転職エージェントを利用する方の中には、転職活動中に「やっぱり現職を続けようかな?」と考え直す方もいるでしょう。

ですが、すでに面談の約束をしてしまっている場合、「面談をキャンセルすることはできるの?」と悩んでしまうのではないでしょうか?

このような場合ですが、転職をする・しないを考えるのは転職者の自由なので、面談をキャンセルすることは可能です。

「現職が忙しくて転職活動が思うようにできない」「やっぱり今の仕事を続けていきたい」など、人によってキャンセルをする理由はさまざまです。

もし、転職を考えなおして面談をキャンセルするのであれば、担当のアドバイザーにその理由を伝えてみてください。

面談を受ける際に注意すべき4つのポイント

これまでに、リクルートエージェントの面談についてさまざまな情報をご紹介してきましたが、サービスの利用にあたって4つの注意点があります。

ここでは、面談を受ける際に注意すべき4つのポイントについてご紹介していきます。

転職活動にリクルートエージェントへの登録を考えている方、登録を済ませこれから面談を受けるという方は、ぜひ参考にして転職活動を成功へと導いてみてください。

面談の約束をした時間に遅れない

面談を受ける際に特に注意して頂きたいのが、約束した面談の時間に遅れないことです。

面談に遅刻してしまうと、担当のアドバイザーは「面接でも遅刻してしまうのでは?」と不安に感じてしまい、場合によっては転職先を紹介してもらえなくなってしまいます。

というのも、転職エージェントは企業から信頼されているからこそ求人の依頼を受けることができるため、面接に遅刻するような方を紹介してしまった場合は会社の信用に関わってしまうからです。

ですので、面談の日程調整で決めた日時はしっかりと守るように心掛け、働きながら転職活動をされる方は面談の日を確実に空けておくようにしてください。

熱意をもった姿勢で面談を受ける

面談で注意すべき2つ目のポイントは、転職に対して熱意を持った姿勢で面談を受けることです。

転職エージェントは真剣に転職活動をされている方のサポートを優先する傾向があるため、熱意が感じられない転職者への対応は後回しにされる可能性があります。

そのため、面談を受けるのであれば転職の目的や転職時期を明確にしておき、熱意をもって転職先を探している姿勢で面談を受けましょう。

面談時にネガティブな相談をするのはNG

面談で注意すべき3つ目のポイントは、転職をするにあたってネガティブな相談をしないことです。

「現職に不満を感じて転職を考えている」「仕事量に対しての給料が納得できない」という相談であれば、転職を考える目的の1つとなるため問題ありません。

しかし、メンタル的にダメージを受けて転職を考えているといった相談は、「そんな状態で仕事ができるのかな?」とアドバイザーが不安に感じてしまい、求人を紹介しづらくなってしまうそうです。

ですが、実際に転職を考えている方の中には、精神的な問題が原因という方もいるでしょう。

そういった場合はネガティブな相談ばかりするのではなく、心機一転を目的に転職を考えているといったように相談してみてください。

担当してくれたアドバイザーにお礼の連絡をする

面談で注意すべき4つ目のポイントは、必ず担当してくれたアドバイザーにお礼の連絡を入れることです。

お礼を伝えることでアドバイザーからは良い印象を持たれますし、今後また転職サービスを利用する際には転職先を紹介してもらいやすくなるといわれています。

面談を受ける際に担当者から名刺をもらえるので、記載されたメールアドレスにお礼のメッセージを送っておきましょう。

他の転職エージェントも併用して利用しよう!

リクルートエージェントは大手転職エージェントなので、取扱求人件数も豊富で自分に合った転職先を紹介してもらえると有名です。

しかし、転職の希望条件や転職時期によってはなかなか転職先が見つからず、転職活動の時期が長くなる場合もあります。

そういった状況を防ぐためにも、リクルートエージェントに登録する方は、併用して他の転職エージェントを利用することをおすすめします。

ちなみに、おすすめの転職エージェントには以下のようなものがあります。

転職エージェントにはそれぞれ特徴があり、持っている強みも異なります。

自分が転職をする目的に合った他の転職エージェントを併用すれば面談でさまざまな求人を紹介してもらえますし、それぞれで転職に関するアドバイスを受けられるので、転職成功率もアップします。

「早急に転職したい!」「面談でたくさんの転職先を紹介してもらいたい」という方は、リクルートエージェントと併用して他の転職エージェントも利用してみてください!