20代の転職は年齢によってやり方が違う!年齢別・経歴別の方法を徹底解説

20代なのですが、転職するか迷っています。転職すべきでしょうか?
20代というのは、まだまだ若く、柔軟性がある世代です。転職をするなら、20代のうちに転職するのがおすすめです。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。具体的に、転職する方法について教えてほしいです!
はい。この記事では、20代の中でも年齢別に分けた転職のポイントや利用したい転職エージェントなど、詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

転職をするかどうか悩んでいる20代は多いと思います。もし転職を考えているのであれば、若く柔軟性がある20代のうちに転職をするのがおすすめです。

20代のうちに転職することで新しい会社にもなじみやすくなります。

20代といっても、第二新卒、20代後半、フリーターで転職活動の状況は異なるので、それぞれの立場におすすめの転職エージェントをご紹介していきます。

第二新卒の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: DYM就職、2位: ハタラクティブ、3位: リクらく

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
新卒・第二新卒の転職失敗事例を検証!成功するための方法まとめ

「20代の転職」が有利になる人・不利になる人

20代で転職を考えるとき、「転職するには早すぎるのではないか」、「転職先は見つかるのだろうか」と不安に思う人は多いかもしれません。

潜在能力を期待され、多くの人は有利に転職活動を進められる

20代で転職を経験した人の多くは、実際は転職先がないという悩みよりも「複数から内定をもらって選びきれない」と悩んでいるようです。

複数から内定をもらって悩むほどなので、20代の転職は有利といえます。

また、マイナビ転職の調査によると、第二新卒などの20代転職者を積極的に採用する企業が増えています。

厚生労働省の調査では、「新卒社員の30%は入社3年以内に会社を辞めている」という結果が出ているので、企業は常に人材不足なのでしょう。

新卒で入社した会社がブラック企業だったり、社風が合わない場合は、無理をして同じ会社で働き続けるよりは、企業が積極的な採用してくれる20代のうちに転職を考えるのがおすすめです。

第二新卒だけでなく、柔軟性があり、潜在能力があると期待される20代は柔軟性が少なくなるとみなされる30代以降よりも格段に有利に転職を進めることができます。

転職回数が多すぎると不利になる可能性も

転職を有利に進められる20代であっても、転職回数が多すぎると不利になることもあります。

転職回数が多すぎる場合は、「採用してもすぐにやめてしまうのではないのか」、「ストレス耐性がないのではないか」と思われ、転職先が決まりにくくなるかもしれません。

特に短期間で何度も転職している場合は、企業側に警戒されてしまいます。

ただ、専門的なスキルをもっていたり、仕事の実績が素晴らしい人であればヘッドハンティングなどで企業側から積極的に求められて転職回数が多くなっている場合もあります。

このような場合の転職は、スキルアップのための転職とみなされるため不利な要素にはなりません。

一般的には、同じ年齢層において転職回数が著しく多い場合は不利になることもありますが、転職回数を気にしないという業界や企業もあります。

そのような業界や企業であっても、他の応募者よりも明らかに転職回数が多いと不利になる可能性が高くなるので注意しましょう。

転職回数が多い場合は、面接で転職理由を聞かれると思います。理由を聞かれたら、面接担当者が納得のいく答えたできるように準備しておきましょう。

同じ20代でも転職方法に違いがある

同じ20代での転職といっても、第二新卒なのか、20代後半なのか、フリーターなのかで転職の方法も、転職エージェントの選び方も違ってきます。

それぞれの立場にあった方法で転職準備をして、自分に合った転職先を見つけましょう。次に、第二新卒、20代後半、フリーターの転職についてご説明していきます。

20代で転職するメリット

20代で転職するメリットはどのようなものでしょうか。具体的なメリットをご紹介します。

経験が浅くてもポテンシャルを見込んでくれる

社会経験の少ない20代は、仕事での実績よりもポテンシャルを見込んで採用される傾向があります。

20代は柔軟性があり、新しいことへの吸収力も高いと考えて採用する企業が多くなります。

ですので、書類選考や面接では、「柔軟性」や「新しいことへ挑戦する意欲」をアピールすると転職活動もうまくいきやすいですよ。

反対に、「こだわりが強そう」、「向上心がみられない」と思われてしまうと20代であっても転職活動が難しくなるかもしれません。

なかなか転職活動がうまくいかない場合は、柔軟性など20代の有利なポイントをきちんとアピールできているか再確認してみましょう。

未経験の職種にも転職しやすい

20代はまだまだ成長できる年代なので未経験の職種でも採用されやすい傾向にあります。

30代になると未経験の職種へのチャレンジは難しくなるので、違う職種の仕事をしてみたいと考えているのであれば、20代のうちに具体的に行動しましょう。

未経験の職種に転職する際は、業界研究・職種研究をしっかりして、「転職してでもやりたいことなのか」を検討してから転職活動を始めましょう。

20代で転職する際の注意点

20代は転職しやすい年代ではありますが、メリットばかりだけでなくデメリットもあります。こちらでは、20代転職のデメリットをご紹介します。

年齢相応のスキルがなければ転職は難しい

20代のポテンシャルを見込んで採用する企業が多いのは事実です。

ですが、年齢相応のスキルがない人、基本的なビジネスマナーがない人などは転職活動を行ってもなかなか転職先が見つからないかもしれません。

自己分析はもちろん、転職先企業の研究などをきちんとして、書類選考や面接できちんと自身をアピールできるように準備しましょう。

自分が将来どんな風に働きたいか分からない、どんな仕事が向いているか分からない場合は、転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーに相談してみてくださいね。

安易に転職しない

20代は転職活動をすれば、他の年代よりも転職先が見つかりやすい状況です。そのため、気軽に転職を繰り返してしまう人もいます。

ですが、転職回数が多すぎると企業側から「うちでも、長く続かないかもしれない」と疑問を持たれてしまい、不利な状況になってしまいます。

よほどスキルや実績があって求められて転職回数が多くなっている人以外は、転職回数が多いことは不利になることに注意してください。

20代の年齢別転職方法をご紹介!

ここでは、20代を年齢で分けたそれぞれの転職方法についてご紹介したいと思います。

20代前半の転職方法は?「第二新卒」という強みあり

第二新卒という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。第二新卒とは、新卒で就職してから3年以内に転職する人のことです。

同じような言葉に「既卒」もありますが、既卒は卒業後就職経験がない人のことを指します。第二新卒は短期間で転職をするため、企業側からは新卒と同じとみなされることが多いです。

第二新卒の年齢

第二新卒は、新卒で入社して1年から3年で転職を考えている人なので、4年制大学卒業であれば25歳前後、大学院卒業であれば27歳前後です。

新卒としても条件に当てはまっても、30代になると20代とは求められるスキルが違うので注意してくださいね。

人口減少による若手不足で第二新卒を積極的に採用している企業は多いので、「第二新卒」としていられる期間を最大限活用して、転職活動を有利に進めましょう。

第二新卒の価値

20代で転職を考えている第二新卒に対して、「意欲が高い」と考える企業が多いです。

新卒で入社してから1年から3年なので、企業側は「即戦力にはならないけれど、若いので柔軟性があり育てやすい」と考えるため転職市場において価値は高いのです。

ただ、第二新卒といっても、新卒よりも面接で質問される内容はシビアです。

「なぜ、新卒入社して短期間で転職をするのか」をきちんと説明ができないと第二新卒であってもスムーズに転職はできない可能性もあります。

転職をうまく進めるためにも、面接官が納得できる転職理由を準備しておきましょう。

20代後半の転職方法は?キャリアアップか転向かが最大の分岐点

20代後半での転職は同じ職種でキャリアアップを目指すか、新しい職種にチャレンジするかの分岐の時期でもあります。

企業側も未経験の30代を積極的に採用しない傾向にあるので、新しい職種にチャレンジするなら20代後半がチャンスといえます。

未経験の職種に応募する場合は、「現職種でどのような実績があるか、その能力を新しい職種でどう生かしていくか」を面接でアピールしましょう。

同職種でキャリアアップを目指すなら、外資系企業やハイポジションへの転職に強い転職エージェントを選ぶと希望に叶う求人が見つかるはずです。

20代後半での転職の注意点

20代後半で転職をするなら、30代以降のキャリアも考えて慎重に行動しましょう。

「なんとなく会社を辞めたいから」という理由ではなく、「キャリアアップしたいから転職する」、「新しい職種にチャレンジしたいから、今転職する」などしっかりとした目的をもちましょう。

また、20代後半は「仕事で自分なりに工夫をしているか」、「新人の教育ができるか」などある程度仕事ができるとみなされるので、転職活動では即戦力になることを求められます。

即戦力になれるようなスキルがないと思われてしまうと、転職活動は難しくなる可能性があるので注意しましょう。

20代フリーターの転職方法は?一発逆転も可能

フリーターはアルバイトのみで生計を立てており、正社員経験がない人を指します。

企業側からすると、正社員経験がないので即戦力としての期待はありません。しかし、仕事のクセが付いていない分、素直に自社の仕事の方法を実践してくれる人材として採用したいと考えるようです。

ですので、フリーターから正社員へ転職する場合は、「素直さ」が求められると考えましょう。フリーターの転職で重要になるのが、就職せずにアルバイトを選んだ理由です。

面接時に就職しなかった理由を質問されるときには、「資格取得を目指していたが取得が難しいと判断したので、就職活動をしている」など前向きな理由を用意しておきましょう。

企業側への印象がよくなる理由を用意しておくのがポイントです。

フリーターから正社員になる

正社員経験のないフリーターには、正社員になりやすい職種、正社員になりにくい職種があります。フリーターから正社員を目指すのであれば、正社員になりやすい職種を確認しておきましょう。

フリーターから正社員になりやすい職種をリストにしました。

  • 販売、サービス職
  • 営業職
  • 事務職
  • 技術職
  • カスタマーサポート

専門知識や実務経験が求められるような職種ではフリーターから正社員になるのは難しいとされています。

ですが、人材不足で困っている企業、成長業界で積極的に採用している企業、専門知識や技術が不要な職種はフリーターや未経験でも正社員になれる可能性が高くなります。

正社員を目指すなら、正社員未経験でも積極的に採用を考えている企業や職種を選ぶことで転職活動はスムーズになります。

20代の転職は転職エージェントを利用しよう!選び方や利用の流れ

転職する場合は、転職サイトやハローワークを利用して自分で求人を探して自分で応募する方法と転職エージェントを利用してキャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を進める方法があります。

20代の転職でおすすめなのは、転職エージェントでの転職活動です。

転職エージェントに登録すると、求人情報の提供、履歴書や職務経歴書の添削、面接スケジュールの調整代行などを無料で受けることができます。

特に20代専門の転職エージェントは、キャリアプランを一緒に考えてくれたり、丁寧に書類添削や面接対策を行ってくれるので、社会人経験の少ない人の転職にはぴったりのサービスです。

重要!転職エージェントの選び方

転職エージェントを選ぶときには、オフィスの場所、専門性があるかなどをチェックしましょう。転職エージェントに登録後は担当アドバイザーと個別カウンセリングをすることになります。

個別カウンセリングは転職エージェントのオフィスで行われることが多いので、自分が移動できる範囲内にオフィスがあるか確認しましょう。

オフィスに行かなくても、電話やSkypeでカウンセリングを行ってくれる転職エージェントもありますので、カウンセリング方法も確認してくださいね。

また、転職エージェントに専門性があるかどうかもチェックします。

第二新卒特化の転職エージェント、女性特化の転職エージェント、IT特化の転職エージェントなど専門性が高い転職エージェントは、より希望に合った転職活動を進めることができます。

具体的な方向性が決まっている場合は特化型転職エージェントを選ぶことをおすすめします。

転職エージェント利用の流れ

転職エージェントを利用してみたいけれど、登録した後はどんなことをするのか気になる人は多いのではないでしょうか。

どの転職エージェントに登録しても、基本的な流れはだいたい同じです。転職エージェントに登録後の流れをご説明します。

転職エージェント登録後の簡単な流れ

転職エージェントに登録した後の流れをまとめました。

  • 登録
  • アドバイザーから連絡
  • 担当アドバイザーとカウンセリング
  • 求人に応募
  • 書類選考・面接
  • 内定・入社

こちらが、基本的な流れです。

転職エージェント登録後の詳しい内容

転職エージェントに登録をした後は、担当のアドバイザーからの連絡を待ちます。担当アドバイザーから連絡がきたら個別カウンセリングの日程を決め、カウンセリングを受けましょう。

個別カウンセリングでは、希望職種、希望年収など自分の希望を細かく伝えておくと希望条件に合った求人を紹介してもらいやすくなります。求人に応募したら、面接の調整はアドバイザーが行ってくれます。

ほとんどの転職エージェントが面接対策や履歴書添削を行っているので、こういったサービスを活用して面接に挑みましょう。

内定後の条件交渉も担当アドバイザーが行ってくれるので、交渉が苦手な人も安心です。

転職活動では、求人探し、求人への応募、面接の日程調整などやらなければいけないことが多いので、仕事をしながら一人で行うのは大変です。

忙しい毎日でもスムーズに理想の転職をするために、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職にかかる期間

転職活動には1カ月から3カ月かかるとされています。仕事をしながら転職活動をする場合は、仕事の合間に面接を受けることになるので長くなるのが一般的です。

離職中であれば面接のスケジュールを詰め込むことができ、日中も面接を受けることができるため、比較的短期間で転職が可能でしょう。

在職中でも、離職中でも、あまり転職活動を長引かせると転職へのモチベーションが下がってしまうので、期間を設定して期間内に転職できるよう集中すると、転職活動を頑張ることができます。

転職エージェント活用のコツ

転職エージェントをうまく活用することで、自分の希望通りの転職先を見つけることができます。ですが、転職エージェントを使って満足のいく結果を出すためにはコツが必要になります。

転職エージェントを活用するコツを身につけて、理想の転職先を見つけましょう。

転職エージェントは一つに絞らない

転職エージェントは1つに絞らず、複数に登録しましょう。転職エージェントによって、強い分野が違ったり、エージェントの雰囲気も違います。

選んだ1つが自分に合わなかった場合、転職がスムーズに進まないので、転職エージェントは同時に3社ほど登録しましょう。

「担当のキャリアアドバイザーとの相性はどうか」、「自分の希望の求人はあるか」など比較して、総合的に自分に合った数社の転職エージェントと転職活動を進めるといいですね。

転職エージェントを選ぶ際はインターネット上の口コミや評判だけを見て決めず、実際に登録して、サービスを体験してみてから決めましょう。

担当者との相性が悪ければ変更してもらう

担当者との相性はとても重要です。担当キャリアアドバイザーとの相性が良ければ転職がスムーズに進みますが、相性が悪いと納得のいく転職活動ができないかもしれません。

また、自分の考えだけを押し付けてきたり、自分の利益しか考えていないようなキャリアアドバイザーが担当になってしまった場合は、すぐに担当を変更してもらいましょう。

すべてを転職エージェントに任せない

転職エージェントはあくまでも転職のサポートをしてくれる存在です。

どんな仕事がしたいのか、将来どんな風に働きたいのかをはっきりさせておかないと、満足のいく転職先が見つからないかもしれません。

まずは自分自身の希望をはっきりさせて、担当者とこまめにコミュニケーションをとり、希望通り働けるような転職先を見つけましょう。

キャリアアドバイザーから提案されたことだけをこなすのではなく、自分でも業界研究や企業研究を行い、疑問点はキャリアアドバイザーに質問して解決してください。

ほとんどの転職エージェントでは書類添削や面接対策を行っているので、そういったサービスを積極的に利用することで、より良い条件の転職先が見つかるはずです。

20代の転職時に活用したい転職エージェントのご紹介

20代の転職に強い!イチオシの転職エージェント2選

20代の転職を成功させるためには、20代の転職に特化した転職エージェントの利用がおすすめです。20代専門の転職エージェントをご紹介します。

①マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20’sは、20代の社会人のための転職エージェントです。年間約17,000人の20代が登録しており、専任のキャリアアドバイザーが書類添削、面接対策、求人紹介を行ってくれます。

北海道、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡などの主要都市にオフィスがあります。書類作成のコツや業界相談会などの無料イベントも豊富です。

キャリアアドバイザーは20代の転職市場に詳しく、強みや適性を着き出してくれます。扱っている求人は1,000件を超え、すべて20代を対象としたものです。

応募企業先への書類のほかにマイナビジョブ20’sからも推薦状を送ってくれるので自分では伝えきれないポテンシャルなども伝えることができます。

入社が決定した後も、条件などの交渉を代わりに行ってくれるので自分で交渉する必要はありません。すべてのサービスを無料で利用できます。

登録する(無料)

②ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは20代の既卒、フリーター、第二新卒のための転職エージェントです。正社員未経験、社会人未経験でも20代専門のアドバイザーがしっかりとマンツーマンでサポートしてくれます。

他のサイトにはないハタラクティブだけの非公開求人が多数あります。未経験歓迎の求人など常時1,000件以上の求人があるので、自分にぴったりの転職先を見つけることができます。

「転職について相談したいけど、電話で連絡するのは苦手」という人でも気軽に相談ができるようにチャットツールで連絡を取ることができますよ。

また、2014年から2016年まで、厚生労働省の「若者キャリア応援制度」受託事業者として認定されていたので、第二新卒、既卒、フリーターの支援には実績があります。

アドバイザーによる面接対策や履歴書添削は何度でも可能なので、納得いくまで面接の練習をしたり、履歴書の添削をお願いできます。

20代フリーターならこちら!正社員も目指せる転職エージェント

未経験からの正社員になるのは難しいと感じている人が多いのではないでしょうか。20代で正社員経験のないフリーターや既卒者向けの転職エージェントをご紹介します。

ウズキャリ

ウズキャリ第二新卒

ウズキャリは第二新卒の転職に特化した、内定率86%、定着率93%の転職エージェントです。

第二新卒だけでなく、既卒とフリーターの就職・転職もサポートしてくれるので、正社員を目指している人は登録してみましょう。

キャリアカウンセリングに力を入れており、専任のキャリアカウンセラーが担当として転職をサポートしてくれます。

面接前には、1時間から2時間の面接対策をしてくれるので、面接が苦手な人におすすめの転職エージェントです。

入社後も定期的にフォローしてくれるので、離職率が低いのが特徴です。求人は首都圏の物が中心ですが、地方の人材サービス会社と連携を取っているので、全国の求人を紹介してくれます。

オフィスは東京と大阪のみですが、電話やSkypeでキャリアカウンセリングを行ってくれるので地方在住でも利用できますよ。

登録する(無料)

20代女性はライフイベントも考えて!女性に合った転職エージェント2選

妊娠、出産、育児などライフイベントによって働き方に悩む女性は多いですよね。

女性が転職する際には、女性特有のライフイベントに詳しいアドバイザーがいる転職エージェントに登録するほうが、的確な転職アドバイスや求人紹介をしてもらえるでしょう。

こちらでは、女性向けの転職エージェントをご紹介します。

20代女性の転職でエージェントに相談したほうがいいこと

女性は妊娠、出産、育児、配偶者の転勤など様々なライフイベントがあり、そのライフイベントごとに仕事へ求める条件が変わっていくものです。

実際に、妊娠に理解のない会社であれば妊娠中に退職しなければならない状況になってしまったり、出産後に戻っても元の役職に戻れなかったりする現実があります。

女性には女性特有の悩みがあるので、その悩みを相談できるように女性向けの転職エージェントに登録しましょう。

特に20代のうちに「妊娠出産しても働きやすい会社」、「育児中でも働きやすい環境の会社」など将来のライフイベントを見据えておくのがおすすめです。

将来についてしっかり考えて転職活動をしておくと、実際にライフイベントを迎えたときも慌てずにすみます。

①type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは、年間5,000名以上のキャリアカウンセリングをしており、数百名の転職支援実績がある転職エージェントです。

サービス開始からの長年の転職ノウハウが蓄積されているので安心して相談ができます。

type女性の転職エージェントにしかない求人もあるので、転職を考えている女性は登録するのがおすすめです。

平日、土曜日に無料相談セミナーを開催しているので、転職を考えているけれど、自分に向いている仕事が分からないなど疑問点をキャリアアドバイザーに質問することができます。

②リブズキャリア

リブズキャリア

リブズキャリアは、キャリア女性のための転職エージェントです。「自宅や保育園の最寄り駅に帰りたい時間」から求人を検索できる「帰れる検索」など独自の検索条件で求人を探すことができます。

厳選された企業やキャリアパートナーからスカウトを受けることができます。従業員や管理職の女性比率、育休取得率など女性が知りたい情報を提供しているのが特徴です。

求人には「カルチャーマッチ診断」というものがあり、求人を出している会社の文化とマッチするかを診断することができます。

20代後半からキャリアを極めたい!おすすめの転職エージェント2選

自分の専門分野を極めてキャリアアップしたい、ハイキャリアのポジションに転職したいと考えているなら、専門分野に特化した転職エージェントに登録しましょう。

特に20代後半で、同職種・同業界でキャリアアップを狙う人は、ぜひ参考にしてくださいね。IT、ハイキャリア転職専門の転職エージェントをご紹介します。

①レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT、Web系エンジニア、クリエイター専門の転職エージェントです。ITやweb業界の情報や動向を熟知しているので、技術的な話もしっかり通じます。

電話やメールだけでなく、メッセージアプリでもアドバイザーとの連絡を取ることができるので、忙しい人でも気軽に相談することができます。アドバイザーのレスポンスが早いのも魅力です。

リクルート主催のGOOD AGENT AWARD 2017で、レバテックキャリのアドバイザーが優秀賞を受賞しているほど、アドバイザーの質はいいようです。

登録求人数は4,000件以上あるので、希望の条件にぴったりの求人情報が見つかるはずです。

②ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは専門職や管理職向けの転職エージェントです。

登録すると、90,000件を超える求人情報を見ることができたり、ヘッドハンターや優良企業からのスカウトを受けることができるようになります。また、自分から求人に応募することもできますよ。

20代後半で仕事の実績がしっかりある人、スキルアップを考えている人、専門職のスペシャリストは、ビズリーチのようなハイクラス向けの転職エージェントを使ってみるのもいいでしょう。

ビズリーチは無料のスタンダードプラント有料のプレミアムプランに分かれています。

「まずは、「どんなスカウトが来るのか試してみたい」、「どんな求人があるか閲覧してみたい」という方は、無料プランから始めるのがおすすめです。

また、登録後はヘッドハンターからのスカウトに返信して面接に進むか、自分で求人に応募して面接に進むことになります。

転職エージェントを利用して20代の転職を成功させよう

20代転職のメリットや注意点、おすすめの転職エージェントをご紹介しました。

社会人経験が少ない20代は、しっかりと転職活動をサポートしてくれる転職エージェントを利用して、より良い条件の転職先を見つけましょう。

転職エージェントは1つに絞らず、複数登録することで求人の幅も広がり、転職エージェントのサービスも比較することができます。

複数のサービスを比較して、最終的には自分に合ったキャリアアドバイザーがいる転職エージェント、自分の条件に合った求人を紹介している転職エージェントなど数社に絞りましょう。

自分に合った転職エージェントを見つけて、転職活動を成功させましょう。