50代の転職者が注意すべき8つのポイント

転職を考えているのですが、50代ということもあり、転職できるか不安です…。50代の私でも転職できるのでしょうか?
確かに、20代や30代の方と比較してしまうと、転職難易度は上がってしまいますが、決して不可能なことではありません

キャリアコンサルタント

50代の方が転職する際には「転職エージェント」などのプロの力を借りることが大切です。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。具体的に、どの転職エージェントがおすすめですか?
はい。この記事では、数あるエージェントの中から、50代の方におすすめしたい転職エージェントを厳選してご紹介しています。

キャリアコンサルタント

他にも、50代の転職者が注意すべきことなどもご紹介しているので、合わせて確認してみてください。

キャリアコンサルタント

転職を考えている方の中には、若い世代の方だけではなく、50代で転職を考えている方もいるのではないでしょうか?

50代での転職を成功させるには、プロの力を借りることが必須です。転職エージェントの中には、「50代に強い」会社もいくつかあります。

評判を徹底分析し、50代の方におすすめの転職エージェントを厳選しました。真剣に転職を考えている50代の方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ハイクラス転職の成功確率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: キャリアカーバー、2位: クライス&カンパニー、3位: ビズリーチ

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
エグゼクティブ・ハイクラスの転職に強い転職エージェントをご紹介

50代転職者が注意すべき8つのポイント

50代で転職を考えているなら、転職を成功させるために注意しておきたい8つのポイントがあります。

ただでさえ50代の転職は難しいといわれているため、危険な橋を渡るようなことはできるだけ避けたいものです。

ここでは、50代転職者が注意すべき8つのポイントをご紹介していきます。転職成功率を上げるためにも、ぜひ参考にして転職活動に役立ててください。

①転職先での内定が決まるまで退職をしない

50代で転職をされる方は、転職先が決まったとしても、内定が確定するまでは現職を退職しないようにしてください。

50代の転職はとても難しく、転職を成功させるまでに時間がかかる可能性が非常に高いです。

そのため、内定確定前に退職をしてしまうと、転職先が見つかるまでの生活が困難になります。

さらに、転職先が見つかったとしても無職の期間が長いという理由から、「計画性がない」と企業側から思われてしまうので、転職に失敗してしまうかもしれません。

現職が辛いと感じている方には酷な話しかもしれませんが、確実に転職を成功させるためにも、内定が決まるまでは現職を続けておきましょう。

②転職先がどんな企業なのかを事前に調べる

これは年齢を問わずいえることなのですが、転職してあとで「ブラック企業だった」と気づく方が多いようです。

せっかく転職に成功しても、福利厚生や勤務時間などに問題のあるブラック企業だった場合は、再び転職することになるでしょう。

そのため、自分が転職先として選ぶところがどのような企業なのかを、必ず事前に調べておくことをおすすめします。

また、転職エージェントを使っている場合は、担当のアドバイザーに確認してみてくださいね!

③転職を希望する企業や職種を絞りすぎない

50代の方が転職に成功する確率は、若い世代の方に比べてとても低くなっています。

そのため、転職先に希望する企業や職種を絞りすぎてしまうと、転職成功どころか転職先を見つけることが困難になるでしょう。

希望する転職条件の幅をひろげ、「この仕事なら自分でもできるだろう」と思えるものも、視野に入れておくことをおすすめします。

そうすることで転職成功の可能性が大きく広がるので、案外すぐに転職先が見つかるかもしれません。

④なかなか転職できないからといって諦めない

50代の転職は若い世代の方のように上手くいかないことが多いため、転職活動の期間が長くなりがちです。

そんな中、「全く転職先駈見つからない…」「これ以上はムリだ…」と挫折してしまう方がいるそうです。

しかし、そこで諦めてしまっては転職のチャンスを掴む機会を、永遠になくしてしまうことになります。

50代の転職活動はとても大変かもしれませんが、絶対に転職できないというわけではないので、諦めずに転職活動を頑張ってください!

⑤アドバイザーには経歴やスキルを全て伝える

転職エージェントを使って転職活動を行う場合は、必ず担当のアドバイザーへ自分の経歴やスキルを全て伝えておきましょう。

希望する転職先の企業や職種だけでは、あなたに合った転職先なのかを判断するには難しいですし、なによりも希望に沿った求人情報を提案することができなくなります。

経歴やスキルを伝えておけば、希望する転職先の提案はもちろん、希望以外でも経歴やスキルを活かせる転職先を紹介してもらえる可能性があります。

また、自信のないことでも自分から伝えておけば、アドバイザーがあなたからの情報を元に、さまざまな企業や職種の求人情報を提案してくれるでしょう。

⑥推薦状を書いてもらったら必ず確認する

転職エージェントではサポートサービスの一つとして、転職先の企業へ推薦状を書いてくれます。

あなたの経歴やスキルと一緒に、担当のアドバイザーから見たあなたの人柄、企業へとおすすめする理由などを丁寧に書いてくれます。

しかし、利用する転職エージェント、またはアドバイザーによっては、推薦状にあなたの経歴とスキルだけを書いて提出する場合があるそうです。

そのため、推薦状を書いてもらったら必ず確認して、あなたが納得できる内容に仕上げてもらってから提出してもらってください。

⑦相性の悪いアドバイザーはすぐに変更してもらえる

担当のアドバイザーによっては相性が悪く、意思の疎通が上手くできないことがあります。

そのままでは良いサービスを受けることもできませんし、転職成功率を下げることにも繋がってしまうため注意が必要です。

もし担当のアドバイザーとの相性が悪い場合は、「担当のアドバイザーを変えてもらえませんか?」と変更の申請をしましょう。

申請すると他のアドバイザーが担当してくれるため、スムーズに転職活動を進めることができます。

⑧ネガティブな退職理由を言わない!NG集5つ

転職の際に必ず聞かれるのが、退職理由です。特に、ベテランになった50代ならなおさらでしょう。でも、ネガティブな退職理由は転職にはマイナスに働きます。

ここでは、つい言ってしまいがちな退職理由を5つ紹介します。これらを退職理由として言うのはやめておきましょう。

①人間関係が上手くいかない

転職の理由として最も多い人間関係は、若い世代の方はもちろんですが、50代の方の転職理由にもなっているようです。

人生経験が豊富な50代でも、相性の良い方も入れば、何をどうやっても馴染めない方もいるでしょう。

その相手が上司だった場合は、付き合いづらいという理由から、転職を考えるのかもしれませんね。

また、意地の悪い人や自分よりも若い年齢の人が上司だった場合、「なんだかバカにされている気がする」という理由から、上司との人間関係が上手くいかない方もいるようです。

さらに、人によっては同僚から陰口をいわれることで人間関係がギクシャクしてしまい、退職・転職を考える方も多いようです。

②労働条件に不満を持っている

「どれだけ頑張っても何も評価されない…」「残業が多くて仕事が苦に感じる…」など、会社の労働条件に不満を持っている方は、現職を辞めて転職を考えるようです。

仕事にやりがいを感じられなくなり、仕事=辛いだけという認識になってしまうことが、転職を考える理由になっているようです。

残業に関しては、最近では多くの企業が残業を減らす取り組みを行なっているため、どうしても自分が勤めている会社と比較してしまいがちです。

その結果、「この会社は労働条件がわるい」「職場環境の良い優良企業に転職したい」という考えが生まれてしまうのかもしれませんね。

③給料や年収が低い

給料や年収は勤める企業によって異なるため、現職での給料や年収が低く、高い収入を求めて転職を考えている方もいるようです。

そんな50代の平均年収は、約650万円といわれています。

しかし、勤めている企業の業績が悪い、または規模の小さい会社に勤めているといった場合は、満足できる収入が得られないのかもしれませんね。

大手企業の中には、業績が伸びればその分社員にボーナスとして振り割るところもあります。

そのため、高い収入を求める50代の方はそのような企業への転職を考えて、最低でも平均年収を得られる企業を探しているのでしょう。

④会社が倒産した、または解雇された

これまでにご紹介した転職理由は個人的な理由となっていますが、中には「会社の倒産」「突然の解雇」など、会社側に都合が理由で転職をされる50代の方も少なくありません。

本当なら続けたかった仕事でも、この場合は転職をせざるを得ない状況となっていまいます。

しかし、家族を養うためには新しい職場を探さなければいけませんし、独り身の方でも仕事がなければ生活が困難になってしまいます。

このような場合は、転職先でも自分の経験やスキルを活かせる転職先を探す方が多いようです。

⑤会社との契約期間が終了した

派遣会社を利用して企業に勤めている場合、一定期間の雇用契約を結び、その期間内は企業の社員として働くことができる仕組みとなっています。

この条件で働いていた50代の方は、契約期間が終了することで、新たな職場を探すために転職活動を始めるようです。

場合によっては契約期間を延長できる場合もありますが、全ての派遣先が契約期間を延長してくれるわけではありません。

特に、派遣先が繁忙期だけ人材を求めている場合、契約期間終了後は必要とされないため、転職先を探す必要があるようです。

50代の転職で覚悟すべき4つのこと

さまざまな理由から転職を考えている50代の方は、若い世代の方よりも転職を成功させることが難しいといわれています。

そのため、安易に転職を考えていては、「前の仕事を辞めるんじゃなかった…」と後悔することになる可能性があります。

ここでは、50代の方の転職が難しいといわれる理由についてご紹介していきます。転職を考えている50代の方は、転職に失敗しないためにもぜひ参考にしてください。

①若い世代の人材を求める企業が多い

ほとんどの企業は若い人材を求める傾向があるため、50代の転職が難しいといわれています。

50代といえば定年間近の年齢になるので、採用してもすぐに退職となってしまい、企業側は再び足りない人材を補充するために求人を募集しなくてはいけません。

しかし、20~30代の若い人材であれば、定年まで働くことを考えると、かなり長い期間会社のために働いてくれることになります。

そのため、50代での転職成功率は低く、なかなか転職先を見つけることができないといわれています。

②転職活動の期間が長くなる可能性が高い

50代の転職は難しいといわれているため、転職活動の期間が長くなる方が多いです。

人によってはなんと1年間も転職活動をしている50代の方もいるそうなので、転職活動には根気が必要です。

しかし、仕事を辞めてから転職活動を始めた場合、その期間の生活が困難になるため、根気だけではどうにもできないこともあります。

特に、家族を持つ方であれば、退職してからの転職活動はとても大きなリスクを背負うことになるため、働きながら空き時間を使って転職活動を行うことになるでしょう。

③役職経験がなければ転職成功率が低い

役職経験がない50代の方は、転職先が見つかったとしても、成功する確率が低いといわれています。

というのも、50代という年齢になれば、若い世代の方と比べて豊富な経験とスキルを持っています。

そして、一つの会社に長年勤めていれば、役職についていてもおかしくない年齢といえます。

それらの理由から、50代で役職経験がない方は、「職を転々としている」「会社での即戦力にならない」と企業側から思われてしまう傾向があるといわれています。

そのため、役職経験のない50代の方は、転職活動が難しいといわれているのでしょう。

④転職できてもクビにされやすい

50代の方でも転職に成功する方はもちろんいますが、せっかく内定が決まった転職先の企業で何かあった場合は、50代の方がクビにされやすいといわれています。

クビにする社員を決める基準は当然ですが公開されることがないため、正確な情報はわかりません。

しかし、50代の方がクビにされやすい大きな理由として、やはり年齢的な問題があるのではないかといわれています。

企業側としては長く勤めてくれる若い人材を求めているため、50代の社員にとっては厳しい現実となっているようですね。

50代で転職を成功させる4つの方法

これまで50代の方の転職は難しいとご紹介してきましたが、実は転職を成功させる方法があることを知っていますか?

50代で転職を成功させている方の多くは、おそらくこれからご紹介する方法を実践しているのかもしれません。

ここでは、そんな50代での転職を成功させる4つの方法をご紹介していきます。転職を成功させたいという信念を持っている方は、ぜひ参考にして実践してみてください。

①高い技術やキャリアがあれば転職しやすい

50代で転職を考えている方の中には、役職に就いた経験がなくても、高い専門的な技術やキャリアを持っている方は多いでしょう。

そういった方は、自分が培ってきた技術やスキルが転職での武器となり、希望する企業への転職に成功しやすいといわれています。

企業側は若い人材を求めているところだけでなく、専門的な職種での技術やスキルを持った「即戦力になる人材」を求めている企業もあります。

そういった企業へ転職をすれば、あなたの実力が認められて、内定を勝ち取ることができるかもしれません

②前職と同じ職種であれば採用されやすい

転職先が前職と同じ職種であれば、50代の方でも企業から採用されやすいいといわれています。

先程と同じく、経験のある職種で働いている方は企業側にとって即戦力になるので、場合によっては若い人材よりも欲しい人材になる可能性が高いです。

さらに、教育期間も少なくてすむため、企業にとっても経験者が入社してくれるのは嬉しいものです。

お互いにとってメリットが多いため、前職と同じ職種への転職は成功しやすいのかもしれませんね!

③ハローワークも併用してみる

転職の経験があるほとんどの方はお世話になっているといっても過言ではないハローワーク。

全国各地に拠点を置いていて、誰でも転職先を探すことのできる施設となっています。

無料で利用できますし登録手続きなども不要なので、気軽に利用できるでしょう。

ハローワークでは、さまざまな企業の求人情報を探すことができます。

設置されているパソコンを使って希望する転職条件を設定して、表示された求人情報の中から目的の転職先を探すことが可能です。

転職先が決まったら求人情報をプリントアウトして、受付窓口で手続きをすれば面接の申し込みができるシステムとなっています。

幅広い企業や職種の求人情報を取り扱っているため、50代の方でも転職先を見つけやすいのでおすすめです。

④複数の転職エージェントを使う

50代の転職を成功させるなら、転職エージェントを使って転職サポートを受けてみてはいかがでしょうか?

転職エージェントを使えば担当のアドバイザーがあなたについてくれて、転職に成功するまでしっかりと転職活動をサポートしてくれます。

転職エージェントは転職の関する豊富な知識を持っているため、50代の転職を成功へと導いてくれます。

さらに、転職エージェントは転職先となる企業や職種に関する情報もしっかりと持っているため、転職をされる方にピッタリの転職先を紹介してくれます。

また、転職エージェントでは企業から直接求人の依頼を受けているため、個人で転職先を探すよりも効率よく転職先を見つけることができます。

「絶対に転職を成功させたい!」「なかなか転職先が見つからない…」という方は、ぜひ転職エージェントを使ってみてください。複数のエージェントに登録し、ご自身に合うところを見つけることが必須です。

50代の転職でエージェントを効果的に使う4つの方法

転職エージェントは転職をされる50代の方にとって、とても頼りになる強い味方です。

しかし、転職エージェントを使い方によっては、転職に成功する確率が変わってしまうため、効果的な利用方法を知っておく必要があります。

ここでは、転職エージェントを効果的に使う4つの方法についてご紹介していきます。

転職に失敗したくない50代の方はぜひ参考にして、転職エージェントを転職活動に活用してみてください。

①取扱求人件数の多い大手転職エージェントを選ぶ

転職エージェントを使って転職活動を行うときは、大手転職エージェントを選ぶようにしましょう。

大手転職エージェントは取り扱っている求人情報がとても多く、さまざまな企業や職種の求人情報を保有しています

そのため、転職をされる方の希望する求人情報を紹介してもらいやすいため、転職先の幅を広げることができます。

また、大手転職エージェントは企業から直接求人の依頼を受けているため、信頼できる転職エージェントでもあります。

さらに、一般では公開されていない企業の求人情報も取り扱っているところが多いため、希望する転職先を紹介してもらえる可能性がとても高くなります。

役職経験のない方や特別なスキルを持っていない方でも、転職できる企業を紹介してもらえる可能性も十分にあるので、利用するなら大手転職エージェントを選びましょう。

②最低でも4社の転職エージェントを使う

転職エージェントを効果的に利用するなら、最低でも4社への登録を行なって、転職活動を行いましょう。

転職エージェントで取り扱っている求人情報はそれぞれで異なるため、転職先の幅が広がりますし、転職先を見つけやすくなります。

また、受けられるサービスもそれぞれで異なるため、どの転職エージェントが自分に合っているのかを探すこともできます。

転職に関するさまざまなアドバイスや、それぞれのアドバイザーからしか聞けない転職情報を聞くことができます。

ちなみに、転職をされる方が利用している転職エージェントの登録数は、約4.5社といわれています。

転職をされる方がそれだけの転職エージェントを利用する理由には、転職活動に大きなメリットを感じているからです。

あなたも複数の転職エージェントを使って、転職成功を目指してみてはいかがでしょうか?

③提案力のあるアドバイザーに担当してもらう

転職エージェントには、転職をされる方をサポートするアドバイザーが在籍しています。

アドバイザーは転職をされる方一人ひとりに担当として就いてくれて、希望する転職先を提案してくれます。

ここで注意してもらいたいのが、担当アドバイザーの提案力です。

アドバイザーによっては提案力がない方がいるため、転職をされる方が希望する転職先とは異なる求人情報を提案される場合があります。

これでは転職に失敗してしまうかもしれませんし、あなたには向いていない職種へと転職することになってしまいます。

しかし、提案力のあるアドバイザーであれば、あなたが希望する転職先を探し、納得できる企業や職種の求人情報を提案してくれます。

さらに、あなたの隠れたスキルを見つけだし、転職の幅を広げてくれるので、とても頼りになる存在となるでしょう。

④高収入を狙うならヘッドハンティング型を利用する

転職エージェントの中もさまざまなタイプがありますが、50代で転職をされる方であれば、「ヘッドハンティング型」の転職エージェントがおすすめです。

ヘッドハンティング型の転職エージェントは、これまでの経歴やスキルなどの情報の登録を行います。

そうすると、企業側があなたの登録情報を確認し、欲しい人材だと判断されれば、ヘッドハンティングされるという仕組みになっています。

ちなみに、このタイプの転職エージェントは自分から転職活動をするというよりも、企業から声がかかるのを待つというスタンスなので、働きながら転職先を探している方にとてもおすすめです。

効率よく転職先を探すことができるので、ぜひ試してみてください。

転職成功事例も紹介!50代におすすめの転職エージェント3選

転職エージェントにはさまざまな会社があるため、どこを利用すれば良いのかと迷う50代の方は多いことでしょう。

当サイトでは、実際に転職エージェントを使用した人500人以上に評判を聞いています。転職に成功した50代の方の口コミとともに、50代の方におすすめの転職エージェントを3社、厳選して紹介していきます。

①キャリアカーバー

ヘッドハンター経由の高待遇なエグゼクティブ向け案件を狙いたい人におすすめの転職エージェントです。

多数の有力なヘッドハンターを保有しています。

キャリアカーバーはヘッドハンター型のサービスを完全無料で利用できる点が大きな強みと言えます。

また登録されているコンサルタントは、全て運営会社であるリクルートキャリアが厳選したヘッドハンターばかりです。

4,000件程度登録されているエグゼクティブ向け求人の情報を検索して応募することもできますが、ヘッドハンターが登録しているエグゼクティブに見合った案件を提案してくれるので、「待ちの転職」をしたい方におすすめしたいサービスと言えます。

デメリットは短期間で転職を完了させたい方には不向きな点です。

登録する(無料)

②クライスアンドカンパニー

クライスアンドカンパニーは1993年に設立された株式会社クライス&カンパニー社が運営している転職エージェントです。

設立当初はIT業界のエグゼクティブクラスの人材のヘッドハンティングを中心としていましたが、現在では30代の人材を中心とした転職のサポートを行っています。

評判や口コミを調査したところ

  • キャリアコンサルタントのレベルが高い
  • 非公開求人の質が高い
  • 返事や対応のレスポンスが早い

など、特に求人の質が良いという評判が多く見受けられました。

クライスアンドカンパニーでなければ出会えない優良な情報も多数あるため、高収入を狙う方であれば登録しておいて間違いないでしょう。

登録する(無料)

③ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチはヘッドハンターやスカウト方式によって求人情報を転職希望者に提供しています。

求人数は約6万件以上あり、この転職エージェントの利用者の約半数以上が、ハイレベルなキャリアを持った30〜40代の人です。

これまでの経歴から、管理職や専門職を経験していたり、マネジメント力のある人、語学力の堪能な人など、これまで以上にキャリアアップしたいという人にピッタリの職種をピックアップし紹介してくれます。

日本全国での転職活動に対応しており、料金はほかの転職エージェントと同様で無料ですが、有料プランも用意していてより手厚いサポートを受けたいという人に人気があります。

当サイトが独自に調査を行ったところ、

40歳男性 食品営業

面接対策が万全だったことが要因だと思います。 転職についての相談ができたことが多かったと思います。満足しています。

33歳男性 銀行システム部

企業人事担当者から直接スカウトが来る場合がある。スキルに自信がある場合は、求人の質が高いため、登録必須と言える。

26歳男性 ITシステム運用

求人の量は普通ですが、やはりハイクラス向けのエージェントサイトだけあって求人の質はとても高かったです。

と求人の質の高さやサポート力について高評価となっていました。

特に、ハイクラス求人の取り扱い数が多いため高収入を目指す方には登録必須といえるでしょう。

転職エージェントは50代転職者の強い味方になってくれる!

ほとんどの企業は若い人材を求めている傾向があるため、50代の転職は難しいといわれています。

50代の転職者は定年目前となる年齢なので、すぐに辞めてしまう人材よりも、長い期間働いてくれる20~30代の人材の方が、企業にとって需要があるようです。

しかし、そんな50代の転職でも、転職エージェントを使えば転職成功率をアップさせることができます。

転職先の提案から内定確定までをしっかりとサポートしてくれますし、転職・企業・職種に関する豊富な知識も兼ね備えているので、安心して転職サポートを受けることができるでしょう。

転職エージェントはあなたの強い味方になってくれるので、50代で転職を考える方はぜひ利用してみてください。