超難関・コンサル業界への転職成功率を高めるエージェントを口コミから厳選

コンサル業界への転職を考えています。ですが、かなり難関と言われているので、どのように転職活動を進めていけば良いのか分かりません…。
おっしゃる通り、コンサル業界は、他業界と比べて、圧倒的に転職難易度が高いです。そんなときは、転職エージェントを最大限活用することをおすすめします

キャリアコンサルタント

転職エージェントですか?
はい。この記事では、コンサル業界への転職を成功させる方法についてご紹介していますが、利用すべき転職エージェントもご紹介します。

キャリアコンサルタント

ぜひ確認して、登録するか判断してみてください。

キャリアコンサルタント

コンサル業界に転職したいと考えている人が増えてきました。それに伴って、転職エージェントもコンサル業界に対応していることをアピールし始めています。

ただ、どの転職エージェントも同じようなアピールで、利用者からは良し悪しの判断が付きにくいです。そこで、本当にコンサル業界に強い転職エージェントはどれか調査しました。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

コンサル業界への転職でおすすめの転職エージェント3選

コンサル業界に転職するのであれば、コンサル業界に強い転職エージェントを利用することがおすすめです。コンサルに特化している・していないを問わずおすすめをご紹介します。

BTCエージェント for コンサルタント

BTCエージェントは、現在コンサルタントの方も、コンサルタントへ転職したい方も利用できる転職エージェントです。

扱っている求人の多くが、長期で就業できるもので、平均11.5ヶ月の期間契約できる求人が豊富に揃っています。

また、コンサルタントの質も高く、カウンセリングや書類作成のレベルが高いので、この点からも安心して利用することができると言えるでしょう。

ただ、全体の求人数は少なめなので、他の転職エージェントと併用したほうが良いでしょう。

登録する(無料)

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

45歳男性

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

25歳女性

履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

コンサルへ転職したいときの転職エージェントの選び方

コンサルへ転職したい場合、コンサル会社の中でもどのような分野を得意としている会社に行きたいかを考えておく必要があります。それにより転職先の選択肢が異なります。

転職エージェントの選び方を考えるにあたり、以下のことに注目する必要があります。

  • どの業界のコンサルに精通している転職エージェントか
  • コンサルに特化した転職エージェントか
  • 自分の能力を最大限活かせる転職エージェントか

上記3つのことを考えることで自分にあった転職エージェントを見つけられます。その理由を以下でご説明します。

どの業界のコンサルに精通している転職エージェントか

コンサルは色々な業界に特化した人材を必要としています。金融・IT・人事・など業界は多種多様です。コンサルは業界の数だけあるとも言えるでしょう。

業界が多種多様なことで、転職エージェントもその業界に精通していることとそうではないことがあります。例えばITには強いが他は弱い、金融に強いが他は弱いなどがありえます。

転職エージェントも一つのサービスで完璧であることはありません。どんなに良い転職エージェントでも得意な業界とそうではない業界を持ってしまいます。

コンサルに転職する場合にはできるだけ自分の希望する業界に精通している転職エージェントを選択しましょう。そうすることで業界ならではの転職対策なども受けられます。

コンサルに特化した転職エージェントか

転職エージェントの中にはコンサルに特化したものとそうではないものがあります。どちらを利用するかによって提供されるサービスが異なっています。

コンサル特化の転職エージェントはコンサルの転職に特化しています。そのためコンサル業界へ転職するための独自のノウハウを持っています。

それ以外にもコンサル特化の転職エージェントらしく、独自の求人を保有しているようなこともあります。

コンサル特化の転職エージェントではない場合、コンサル業界でも幅広い求人を保有しています。また、コンサル会社ではないものコンサル職の求人も保有していることがあります。

コンサル特化の転職エージェントではありませんので、コンサル独自のノウハウは特化の転職エージェントには負けてしまいます。しかし、負けてしまうからダメというわけではありません。

コンサル会社に固執せず、コンサル職のある企業に転職したいと考えている場合には特化の転職エージェントではなくても良いでしょう。

自分の能力を最大限活かせる転職エージェントか

コンサルは個人の能力が非常に問われやすい仕事です。そのため、自分の能力を最大限活かせるように転職することが必須の条件とも言えます。

また逆にコンサル会社からしても能力を最大限発揮できない人材は必要としていません。自社が求める能力のある人材を、転職エージェントに求めています。

自分の能力を最大限活かせるかどうかは転職エージェントがどれだけ自分の強みを理解してくれるかに左右されます。特に専門的な知識をエージェントが理解してくれるかが重要です。

コンサルの転職に慣れている転職エージェントであれば専門的、コンサル的な内容でもスムーズに伝わります。自分の強みが伝わり、それを元にコンサルの求人を紹介してもらえます。

逆に慣れていない転職エージェントでは専門的な内容が伝わりにくいことがあります。その結果、転職がスムーズに進まないこともあります。

コンサルへの転職を成功させるためには自分の強みを上手くアピールすることが大切です。それがスカウトやヘッドハンティングに繋がることも多いからです。

そのことも踏まえて、転職エージェントは自分の強みを理解してもらうことができるものを選択しなければなりません。

転職エージェントの評判は気にしなくても良い

転職エージェントの評判を重視されている人も多いでしょう。評判の良い転職エージェントを利用したいと考えているようです。

確かにコンサルへの転職は転職エージェントの評判も重要です。評判の悪い転職エージェントは利用したく無いでしょう。

しかし実際には転職エージェントの評判よりも実績の方が大切です。なぜなら評判は担当者との相性で決まってしまうからです。

転職エージェントの担当者と必ず相性が合うとは限りません。相性が悪いことで上手く情報交換できず転職が失敗することもあります。

このとこが転職エージェントの評判を下げることに繋がります。ただ相性に左右された情報ですのであまり意味はありませ。

転職エージェントは評判で決めるのではありません。コンサルへの転職実績がどの程度あるかを重視しましょう。

特に戦略系コンサル会社へ転職したい場合には実績が重要です。どのような転職エージェントを利用しても転職できる会社ではないからです。

転職エージェントはある程度の転職実績を公開しています。自分が希望するコンサル会社への転職実績がある転職エージェントを選んでみましょう。

コンサルへの転職は複数の転職エージェント登録が必須

コンサルへの転職を考えているときに忘れてはならないのは、複数の転職エージェントに登録することです。複数登録することで成功の可能性が高くなります。

他の職業よりもコンサルは専門職が強いです。そのため転職が成功するかどうかはエージェントの質に左右されてしまいます。一つのエージェントだけを利用するのはリスクなのです。

また、転職エージェントにもコンサル特化とそうではないものがあります。どちらかに固執せず両方登録してみることで自分の市場価値が見えてきたりもします。

傾向の違う複数の転職エージェントに登録し、それぞれのエージェントで相談しながら求人を見つけることがコンサルの転職を成功させる鍵なのです。

具体的にどのような組み合わせで転職エージェントを利用すると良いかの例をご紹介します。

戦略コンサルを目指す場合

戦略コンサルは外資系企業も多いです。そのため転職エージェントの中心にはJACリクルートメントを利用することをおすすめしています。

ただ、日本国内にも戦略コンサル並にレベルが高いコンサル会社は存在しています。そのため、リクルートエージェントにも登録して日系企業への転職も視野に入れましょう。

戦略コンサルへの転職は狭き門です。転職エージェントを利用して、戦略コンサルに転職できる可能性があるかは常に確認しながら転職活動をしましょう。

ITコンサルを目指す場合

ITコンサルは日系・外資系共に多くの選択肢があります。そのため求人数が多いリクルートエージェントを中心に利用すると良いでしょう。

ただ、求人数だけではなく専門性も必要です。その点で、ITコンサルの転職に強いクライスアンドカンパニーの登録もおすすめです。

リクルートエージェントは幅広い年収の求人を扱っています。クライスアンドカンパニーは高収入の求人が多いですので、上手く使い分けをしましょう。

財務・人事・総合コンサルを目指す場合

これらのコンサルは求人の選択肢が非常に幅広いです。そのため多くの求人と触れ合えるリクルートエージェントを中心に利用すると良いでしょう。

それに加えて単価の高い求人を得るためにビズリーチにも登録することをおすすめします。この場合予想外に高収入のヘッドハンティングに出会える可能性もあります。

求人の選択肢が多いと転職エージェントも色々な求人を紹介します。収入も高いものからコンサルの割には低いものまで紹介されることでしょう。

そのため、これらのコンサルに転職する場合には自分の希望条件をしっかり伝えることが大切です。曖昧な要望では不要な求人も紹介されてしまいかねません。

転職できるチャンスが多いですので、不要な求人に応募することが無いように自己防衛も大切です。

担当者との相性が悪い場合には変更依頼をしてみよう

複数の転職エージェントを利用すると複数の担当者と接触することとなります。ただ、人には相性がありますので相性が悪い担当者があてられる可能性はゼロではありません。

キャリアカーバーのように自分が担当者を指定した場合でも、人間的な相性はあわないことも考えられることではあります。

もし、転職エージェントの担当者と相性が悪いと感じたときには担当者の変更依頼をしてみましょう。多くの転職サイトで担当者変更の受付メールアドレスなどが用意されています。

特にコンサルの場合、通常の転職よりも専門性が高く求められているスキルも高いです。つまり、相性良くスムーズにスキルを理解してもらわないと転職が成功しません。

転職を成功に導いてもらうために転職エージェントと相性が良いことは大切です。悪いと感じる場合には早い段階で変更依頼などの連絡をしてみましょう。

転職エージェントと共にコンサルを目指す

コンサルへ転職するときには転職エージェント選びと自分での準備が大切です。転職エージェントを利用しながらコンサル業界独自の対策や準備を進めていきましょう。

転職エージェントを利用した転職までの流れ

転職エージェントを利用する場合には転職までの流れがある程度決まっています。コンサルへの転職の場合にはどのような流れなのでしょうか。

転職エージェントへの登録

まずは転職エージェントに登録をしましょう。おすすめの転職エージェントは上記でご紹介したとおりです。複数の転職エージェントへの登録がおすすめです。

転職エージェントの登録や利用は無料です。そのため2社から3社は登録することがおすすめです。4社以上登録すると対応するのに時間を取られすぎてしまいます。

転職エージェントとの情報交換

電話・メール・直接の面会などでどのようなコンサルに転職したいかのヒアリングを受けます。このヒアリングまでにある程度やりたい仕事を決めておきましょう。

もちろん、完璧に決まっていなくても大丈夫です。転職エージェントは求人の紹介だけではなく、コンサルからのキャリアプランの作成も支援してくれます。

転職エージェントを最大限活用するためには、自分の情報をなるべく多く提供することが大切です。自分のどのスキルを活かしたコンサルになりたいかは特に重要です。

情報交換を密に続けることで転職を素早く成功させられる可能性が高まります。連絡が来た場合には素早く対応するようにしておきましょう。

必要な書類作成

どのような転職でも書類作成は必要です。しかし、コンサルの場合は書類選考の難易度が他の業種よりも高い企業がほとんどです。

そのため転職エージェントのサポートを受けながら、書類選考に通過することを意図的に意識して作成しなければなりません。

書類選考に通過できなければ転職はそこで終わってしまいます。実力があっても面接まで進まなければ、自分の良さをアピールできません。

そうならないためにも、転職エージェントのアドバイスを受けてコンサル会社も納得する書類を作成して提出するようにしましょう。

求人への応募と面接

面談の結果を踏まえて転職エージェントから求人が紹介されます。全てに応募する必要は無く、自分が応募したいものに応募します。

このとき用意しておいた書類に多少は修正を加える必要があります。コンサル会社によって事業内容も異なりますので完全に使い回すことなどできないからです。

応募は転職エージェント経由です。転職エージェントが書類などを提出しますので、この段階で何かしら問題があれば事前に指摘してもらえることも多いです。

書類選考に通過すれば面接へと進みます。コンサル会社の面接は質問に対してロジカルに答えることが要求されています。曖昧な回答は良くありません。

コンサル会社独自の面接が実施されていることもあり、転職エージェントでは面接対策にも力を入れています。この対策は積極的に活用するようにしておきましょう。

皆さんが考えているよりもコンサル会社の面接ではレベルの高い回答が求められています。自分を過信せず事前に面接対策をすることをおすすめします。

内定の受諾と転職

無事に面接に通過すれば内定が出ます。転職エージェント経由で内定を受諾するかの確認が届くのが一般的です。受諾するかどうかを早くに回答しましょう。

ただ、複数のコンサル会社を受けている場合にはすぐに回答できないこともあるでしょう。その時はその旨を転職エージェントに伝えれば問題ありません。

コンサル会社はそれぞれの特色があり、結果がすぐ出る場合とそうではない場合があります。結果が出る前に次の面接に行かなければならないこともあります。

最終的に内定を受諾すれば転職が決まります。現職の会社を辞める期間なども踏まえて入社日を決めるようにしましょう。

転職エージェントによってはすぐに転職することをおすすめされる場合もあります。ただ、社会人である以上引き継ぎなどに対応する時間を踏まえて決めておきましょう。

転職エージェントと共にコンサル独自の対策を進める

通常の転職よりもコンサルの転職は難易度が高いです。そのため転職エージェントと共に対策をする必要があります。

また対策の中には自分で進めなければならないこともあります。コンサルを目指すのであればどのような対策が必要なのでしょうか。

英語の履歴書が必要

コンサル会社には外資系も多いです。外資系企業では英語の履歴書を提出しなければならないこともあります。

日本語の履歴書は作成したことがある人も多いでしょう。しかし、英語の履歴書はコンサルを目指して初めて作成する人も多いはずです。

英語の履歴書は日本語の履歴書のように決まりきったフォーマットはありません。自分なりにフォーマットを考える必要があります。

このときに一人で作成するのではなく転職エージェントを活用しましょう。転職エージェントは色々なノウハウを持っています。

決まったフォーマットがありませんので自己アピールをしやすい部分でもあります。英語の履歴書が必要な場合には、転職エージェントの添削を受けながら作成しましょう。

職務経歴書の作成に力を入れる

コンサルの仕事は今までの経験や実力をさらに活かすものです。そのため今まで自分がどのような経験をしたかのアピールが非常に重要です。

職務経歴書があることでコンサル会社は自社にあった能力がある人材かどうかの判断ができます。活かせる経験が無ければ転職は難しいです。

言い換えると職務経歴書には、転職後に活かせると感じさせる経歴を記載する必要があります。魅力的なアピールをしなければならないのです。

転職エージェントはコンサル会社が魅力的に感じる職務経歴書の作り方を把握しています。また、応募する求人に沿った対策も持っています。

これらの情報や対策は転職エージェント無しでは手に入れることができません。書類審査に通過するためにも、アドバイスを元に職務経歴書を作成しましょう。

志望動機は具体的でロジカルなものを用意する

様々な場面で志望動機が問われます。コンサル会社によっては志望動機を記載した書類の提出が求められることもあります。

コンサルは転職してから何事もロジカルに説明できることが求められています。つまり具体的で誰もが納得できる説明をしなければなりません。

なかなかコンサル会社で求められているほど、志望動機を具体的でロジカルに述べられる人は居ません。どうしても抽象的になってしまう人が多いです。

そこでやはり志望動機に関しても転職エージェントによる添削が必要です。客観的に誰もが納得できる志望動機を用意するのです。

用意ができればあとは伝える力も必要です。文章であれば添削を受けられますが、面接では自分がそれを伝えられなければ意味がありません。

コンサルのキャリアは転職エージェントを利用しても段階がある

皆さんの中にはコンサルになると高収入が得られると考えている人が多いのではないでしょうか。実際、私の周りにもそのような方々が居ます。

しかし、実際にコンサルの仕事をしていても高収入とは限りません。キャリアによってはコンサルでも一般会社員と変わらないような人も居ます。

コンサルへの転職で考えてもらいたいのは、いきなりハイクラスな転職を目指しすぎないことです。ハイクラスになると転職エージェントを利用しても転職できないことがあります。

その理由はコンサルはある程度実力を基にしたキャリアが必要とされているからです。実績が無ければ実力を評価しにくく、その結果転職しにくいこともあります。

人によってはいきなり高収入の得られるコンサルに転職できることもあります。ただ、基本的には転職エージェントを利用しても段階的に収入を増やすことになります。

転職エージェントの利用がコンサルへの近道

転職の中でもコンサルへの転職は独自なノウハウが必要とされている部分もあります。また自分の持つスキルで転職できるかが大きく左右される職業です。

個人でコンサルへの転職ノウハウを持っている人はほとんど居ないでしょう。そのため、ノウハウのサポートを得るためにも転職エージェントの利用がおすすめです。

また、自分の持つスキルを客観的に判断することも難しいです。どうしても自分で自分を判断すると過大評価してしまいかねません。

これを避けるためには転職エージェントに客観的に判断してもらうことをおすすめします。客観的な価値が、自分の市場価値を表すからです。

コンサルへの転職は自分のスキルだけでは上手く進みません。転職エージェントを利用してサポートしてもらうことが、転職成功への近道です。