dodaの評判は?利用方法やお得情報を解説!

男性 スマホ 考える_345820355
『doda』に登録しようか迷っています。利用者の評判・口コミ、メリット・デメリットについて詳しく知りたいです。
キャリアコンサルタント
世の中には、たくさんの転職エージェントがあるので、しっかりと下調べした上で利用したいですよね。
キャリアコンサルタント
この記事では、&careerが独自に実施した口コミ調査を基に、dodaの評判をまとめました。その他にも特徴や利用方法までご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

一般的な転職サイトから専門的な転職サイトまで、現代では様々なものがあり、それらは転職エージェントと呼ばれ、転職市場は年々拡大していっています。幅広い求人を取り扱う大手から、専門的な求人を取り扱うものまで、転職サイトは様々あり、どのサイトを使えばいいのか迷ってしまいがちです。

ここではそんな数多くある転職エージェントの中から、大手転職サイト『doda』の評判・口コミを比較分析し、『doda』の特徴やメリット・デメリットを解説していきます。

【2019年4月:最新情報】

4月は転職する最高のタイミングです。多くの企業では、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が決まった4月から補強のために中途採用を行います。当然、ライバルとなる転職志望者も急増します。他のライバルに先を越されぬよう、早急に準備をしましょう。

  1. このページを参考に、複数の転職エージェント(『doda』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など)に無料登録する
  2. 各エージェントから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、各エージェント側のサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期にあたります。そのため、転職活動へ積極的な人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントには、「すぐにでも転職したい」としっかり伝え、優先的にサポートを受けられるようにしておきましょう。

【評判からわかった】dodaがおすすめな人

doda(デューダ)とは、パーソルキャリアが運営する転職情報サイトで、元は学生援護会が発行していた転職情報誌として、 古くから転職活動や就職活動を取り組まれている方から支持され、長きに渡って業界を支えてきた転職ツールです。

転職サイトにおけるエージェントサービスとは、非公開求人を含む求人の紹介や、転職活動のサポートをしてくれるサービスで、dodaの求人情報の80%は非公開求人とされています。

非公開求人とは?

非公開求人とは一般では公開されていないプレミアム的な求人情報で、特徴としては求人企業の社内でも極秘にしておきたいポストの求人情報や、即戦力を求めた専門性の高い求人情報が非公開求人として取り扱われる傾向があります。一般公開されている求人情報と比べ多数の応募がなく、また、求人内容に適した登録者に紹介されるため、求人倍率、待遇などが一般公開されている求人情報よりも優遇されています。

どのような人におすすめ?

一般的な転職情報とは異なり、少し特殊なサービスがエージェントサービスです。エージェントサービスには以下のような方におすすめです。

転職サイトで自分にあった求人が見つからない

転職サイトなどを活用した際なかなか自分に合った求人情報が見つからない場合でも、非公開求人情報などから、登録者に適した求人情報を公開してくれます。

自身の経験が活かせる仕事の見つけ方が分からない

登録者のキャリアや保有資格、特技などから担当アドバイザーが登録者に適した求人情報を紹介してくれます。

転職をしたいけど、何から始めていいか分からない

転職を初めて行う方や、慣れていない方に対して、担当アドバイザーが転職の始め方や準備、ノウハウなどを的確にアドバイスしてくれます。

履歴書・職務経歴書の書き方が分からない

履歴書や職務経歴書は、転職活動を行う上で非常に重要な書類であり、これを適当に書いてしまうと転職活動の大きな障害となります。履歴書や職務経歴書の作成を苦手とする方も、担当アドバイザーが的確にアドバイスをしてくれるので安心です。

エージェントサービスを活用することで、これらの様な一般的な情報誌やサイトでは受けれないサポートを受けることができ、これら特徴を活用して転職活動を有利に進めることができます。

転職活動サポート

dodaのエージェントサービスには「転職活動サポート」と呼ばれるサービスが付いています。主なサービス内容は以下になります。

応募書類のアドバイス

先方企業の人事担当者をひきつける履歴書や職務経歴書を書くために担当アドバイザーが、書き方やポイントを的確にアドバイスしてくれます。

選考通過をフォロー

応募書類だけでは伝わらない人柄や志向を、担当アドバイザーが先方企業に伝え、選考通過を後押ししてくれるサービスです。登録者の書類では伝わらない優れた特性を、推薦状や推薦時のメールにまとめ、履歴書・職務経歴書に添えて企業に応募してくれます。

面接のフォロー

dodaのエージェントサービスでは、本番の面接で登録者本来の自分を最大限にアピールするためのノウハウを、転職のプロである担当アドバイザーが直接アドバイスします。

転職のプロによる転職のためのサポートが充実したサービスが、dodaのエージェントサービスの特徴であり、強みであると言えます。

【評判からわかった】dodaが得意とする分野は?

dodaはジャンルに関わらず様々な求人を取り扱っていますが、その中でも特に消費財、IT、機械・電機・商社、不動産、販売・サービスが得意分野であり、それらを専門とするアドバイザーが数多く在籍しています。

例えば時代を代表する分野であるIT関連のアドバイザーは、業界の有識者との関係性を大切していたり、販売・サービスであれば実際にその職業を長年やってきたスペシャリストだったりと、登録者に専門家ならではのアドバイスやサポートを的確に行ってくれます。

【評判からわかった】dodaの特徴&メリット・デメリット

dodaの利用者満足度は90%を超えていると発表されていて、業界随一の利用者満足度を誇っていると言われています。ここではそんな利用者満足度を誇るdodaの特徴やメリット・デメリットを見ていきましょう。

特徴① 求人数の多さ

求人数は10万件以上で、上記にもあったようにその80%が非公開求人情報となっています。中小から大手、外資系、ベンチャーなど、業種問わず様々な求人を取り扱っている点が大きな特徴です。

求人の多さに加えてdoda限定の求人情報も多数あります。他社とかぶっている求人情報は自ずと求人倍率が上がってしまいますが、doda限定の求人情報を提供してもらえば、優良企業への転職成功の可能性がより一層高まり、これも大きなメリットと言えます。

特徴②都心部だけでなく地方の転職も強い

都心部を中心とした求人数の多さはもちろん、それだけではなく公式サイトでは地方転職を特集しています。

dodaは日本全国に拠点があり、全国47都道府県を対象に地方の優良な求人を数多く取り扱っています。doda以外に多くの転職エージェントは存在し、地方の求人数は少なくなりがちですが、dodaは地方の求人数においても強みを発揮しています。

特徴③サポート体制の充実

dodaはサポート体制に定評があり、その内容も質が高いとされています。エージェントサービスでは登録者一人一人に対して担当のアドバイザーが付いて、上記にもあった提出書類の作成サポートや、面接における注意点や心得などを親身になって相談に乗ってくれたり、サポートしてくれたりします。

また、面接後の企業への採用に向けての後押しや、採用後から企業への入職までのアドバイスやサポートまで的確にしてくれます。

特徴④スカウト機能

履歴書などの情報を登録することで企業からスカウトメールが届くサービスで、この機能によって自分から行動を起こさなくても、登録しておけば企業からスカウトメール届きスムーズに転職活動を行うことができます。

求人情報の見逃しやチェック漏れなどしても、スカウト機能によってそれらを防げることも十分なメリットと言えます。スカウトの他にも今働いている企業で成果を上げている場合、ヘッドハンティングを受けられる「ヘッドハンティングサービス」などもあり、こちらも登録者にとっては嬉しい機能と言えます。

特徴⑤キャリアアップ診断

登録者にどのような職業が適しているかを診断してくれる機能で、自分に適した仕事を再確認したり、新たに発見することもできます。長く続けられる仕事を探すために役にたつ機能で、意外な発見をできることもあります。

特徴⑥模擬面接の実施

dodaのエージェントサービスを受けた際、登録者が希望すれば模擬面接をしてもらえます。面接に不慣れな方や苦手な方にとっては画期的なサービスで、本格的な企業面接を無料で練習することができます。

模擬面接までの流れとしては、キャリアカウンセリングを受けた際に渡された質問に答えて、面接対策の書類に目を通してから模擬面接に挑みます。

模擬面接に挑む前に以下の内容を答える資料が渡されます。

  • 自己紹介
  • 転職理由の説明
  • 志望動機
  • 自身の長所を答える
  • 自身の短所を答える
  • 業務上の強みを3つ以上アピール
  • 企業に対する質問を3つ以上尋ねる

以上が主な質問内容となり、模擬面接に挑む前に事前に記入する必要があります。

模擬面接は書類選考に通った企業を想定して行う面接の練習であり、その練習を通して本番のために適格なアドバイスや面接の心得などを教えてくれます。

模擬面接を通して本番の面接を受けることにより、自身の長所や短所などの特徴を生かした面接に挑むことができます。

メリット

以上の特徴から、dodaを利用するメリットとしては以下の事が考えられます。

・業種職種に囚われない求人数の多さ

・書類作成から面接までを担当のアドバイザーがサポート

・大手老舗企業だから安心して利用できる

・サイトの使い勝手が良い

・本番に向けた面接の練習ができる

これらの他にも独自のサービスやイベントが充実していたりなど、doda独自の転職ノウハウを提供するサービスやイベントが多数用意されているので、転職活動を行う上でのメリットは多くあります。

デメリット

以上のようにdodaを利用するメリットは多くありますが、その裏にはメリットがあるゆえのデメリットも存在します。ここではdodaを利用する際に生じるデメリットを考えてみましょう。

大手情報企業ならではの倍率

dodaは求人数が多く規模が大きく、その分比例して登録者数も年々増加しています。そのためいくら80%が非公開求人であっても、エントリー者数も多くなってきます。よって非公開求人と言え、気になる求人や働きたい求人があれば、すぐにエージェントと相談して、早い者勝ち感覚で押さえておきましょう。

専門性の低さ

dodaは業種問わず幅広い分野の求人を取り扱っていますが、その分特殊な職業に対しての専門性は低いです。他サイトでは専門性の高いサイトが近年では多くあり、それらと比べるとどうしても専門性が低くなってしまうのは仕方のない部分ではあります。

ですが、dodaにも得意とする分野はあり、上記でもあった消費財、IT、機械・電機・商社、不動産、販売・サービスの分野は水準以上の専門性があると考えてもいいでしょう。

人員不足

dodaは業界大手という事もあり、アドバイザーを初めとするスタッフが不足していると指摘を受けている面もあります。一人のアドバイザーが担当する登録者は複数なので、そのため迅速な連絡を取ることが困難となり、登録者とアドバイザーの間にタイムラグが生じてしまうこともあります。

評判と合わせて確認したい!dodaの利用方法を詳しく解説

ここまでdodaの基本情報や特徴、メリット・デメリットを順に紹介してきました。ここで次にdodaの登録手順を、項目別に解説していきます。

サービスの対象

実際にサービスを利用する前に、どのような場合でdodaを利用できるのかを確認してみましょう。

就業経験

基本的に就業経験がなくてもサービスを利用することはできますが、学生・アルバイト経験のみの場合は上手くサポートが働かない場合もあるので、そこは了承する必要があります。

年齢制限

年齢制限は基本的にありませんが、企業からdodaのエージェントサービスに寄せられる求人情報のほとんどが、同職種や同業界での年齢に応じた年数の実務経験を要する案件となっているため、そこに制限がかかる場合があります。

離職中の場合

現職、離職中に関わらず、dodaのエージェントサービスは利用できます。

dodaの登録方法

dodaに登録することにとって、エージェントサービスを初めとするdodaの様々なサービスを受けることができ、ご自宅のPCやスマホからいつでも登録利用できます。以下は登録の手順となります。

doda

会員登録

個人プロフィールの作成

個人情報を項目ごとに入力し、個人プロフィールを登録します。入力項目は「名前(フリガナ)」「生年月日」「性別」「現住所(建物名まで)」「電話番号」を入力します。

会員ID登録

使用する「メールアドレス」と「パスワード」を設定し登録します。この時メールアドレスは常時確認できるものを登録し、ドメイン設定も忘れず行ってください。

学歴登録

最終学歴と卒業区分を登録し、任意で卒業年月日を登録できます。

職務経歴登録

現在の勤務状況(現職、離職中)を登録し、転職回数を登録します。

直近の職務経歴登録

現在勤めている勤務先会社名や直近の勤務先会社名を登録し、雇用形態や勤務時間を登録します。その下にある「業種」「職種」「年収」も正確に登録しましょう。

希望条件登録

任意で希望条件を登録することができます。フリースペースに最大2000文字まで自由に記入することができるので、ご自分の希望を自由に登録しましょう。

その他申し込み設定

「エージェントサービスの企業公開オプション」「スカウトサービス」の無料サービスを任意で希望することができます。

「エージェントサービスの企業公開オプション」は登録情報の一部を企業へ公開することで、経歴に興味を持った企業の求人を受けることができ、「スカウトサービス」は登録情報を企業へ公開することで、スキルや経験に強く興味をもった企業からスカウトメールが届きます。

これら情報を全て記入し、画面下部の「会員登録」をクリックすれば登録完了になります。登録完了後は担当のアドバイザーから連絡が来るので、キャリアカウンセリングなど転職に役立つ設定を行いましょう。登録の際は必須項目を必ず記入しないと登録ができないので、注意が必要です。

&careerが独自に調査!dodaを実際に利用した人の評判

ここまで、dodaの基本的な情報や使い方について紹介してきましたが、実際に使ってみた人の感想はどうだったのでしょうか?&Careerで独自にアンケートを実施し、生の声を聞いてみました。

ネット上の評判

ここではSNSなどのつぶやきや口コミサイトから、dodaに関する評判を紹介していきます。以下は比較的好印象なつぶやきや口コミになります。

良い印象の口コミ

26歳男性・小売業
実際にコンサルタントの人と転職の相談できる事が1番のメリットかと思います。一人でわからないことは悩まず相談していい履歴書が書けるからです。
34歳女性・司法書士事務所
とにかく担当アドバイザーの方が積極的な方で、常に最新の求人情報を送ってくれました。担当者が休みの場合でもアシスタントが常にいるので、サポート力も万全で、安心して転職活動を行うことができました。

少し悪い印象の口コミ

36歳男性・公務員
急かすように求人情報を送ってくるので、自分のペースでの転職活動ができない。急かすわりに無駄に量ばかり多い情報が提供されるので、何かと急かされている気がする。
32歳男性・メーカー営業
アドバイザーと連絡がなかなかとれない時もあり、企業が大きいためか細かいフォローまでは迅速に出来ていないと感じました。

良い口コミ・評判のまとめ

口コミやつぶやきをまとめてみると、最初にプロフィールを登録してしまえば、検索も楽でそれに照らし合わせたスカウトも頻繁に届くようになり、転職がスムーズに進む印象です。

また、こまめにアドバイザーと連絡も取り合えるようなので、こちらも転職活動がスムーズに行える大きなポイントと言えます。また、面接対策やスキル講習などのサポート体制は非常に充実しているなど、アドバイザーに対しての質も好評な印象です。

機能性も高く使いやすさも高評価の要因であり、幅広く効果的な様々な機能は、転職希望者にストレスなく転職活動してもらいたいという意図を読み取ることができます。

悪い口コミ・評判のまとめ

求人量の豊富さはdodaなど大手企業の強みではありますが、ごくまれに悪質で質の低い求人も交じっていることもあり、運悪くこれにあたってしまった登録者が悪いイメージを持ってしまうのはある意味仕方がないと言えます。

そのような質の悪い求人にあたった際は、担当アドバイザーに相談するなど、状況に合わせて対処しましょう。

質の悪い求人もそうですが、dodaはスタッフ数も他社と比べて多いので、こちらもごくまれに質の低いアドバイザーにあたってしまう場合があります。そのような事態になった際はdodaに直接問い合わせし、担当者に対して是正をしてもらうか、担当者の変更を要望しましょう。

dodaの評判は必ずしもいいものばかりではないことがわかりましたが、使い方や対処法で、改善できたりすることも確かです。これらネット上の評判を参考にして、利用した際にこれらの事例が生じた際は、それぞれに適した対処法をとり、無駄が生じない転職活動を行いましょう。

dodaを使って転職に成功した・失敗した人の評判

ネット上では上記のような評判がありましたが、実際に利用された方の評判はどうでしょう?次はdodaを実際に利用した方の感想をまとめてみました。

dodaで転職成功した方の感想

32歳男性・メーカー営業
とにかく求人の量が多くて更新が頻繁にあるため企業選びの際の幅が広がります。また、面接の対策も丁寧に行ってくれるので、こちらは非常に役にたち、これがあったから転職に成功したと言っても過言ではないくらいです。
33歳女性・アパレル販売
他の求人情報に載っていない企業が多く、そのためか給料や待遇が良い求人も多くて探しやすかったです。
31歳男性・カー用品販売
他の転職エージェントサイトを見ても同じような求人ばかりでしたが、dodaの求人情報では、大手企業の中でも無作為にあちこちに求人を出している企業は少ない傾向があり、実際に質も高かった印象です。

dodaを途中でやめた方の感想

35歳女性・大手通信会社の一般事務
担当が変わるごとにいちいち履歴書の経歴や空白期間の理由などを説明し直さないといけなくて、これはかなりの手間を感じました。相手の都合で担当者が変更になるので、この手間はかなりの抵抗がありました。
33歳女性・営業
電話での求人紹介の多く、仕事をしながらの転職活動だったので、時間と空気を考えて連絡をしてもらいたかったです。

アドバイザーへの不満は、担当を変更すればOK!遠慮なく伝えて

質の悪いアドバイザーはほんの一部の者であり、ほとんどのアドバイザーは一生懸命業務を行っているため、仮に質の悪いアドバイザーに合った場合は、ここで紹介した事例と照らし合わせて、該当すれば担当者を変えてもらうように、dodaに直接要望しましょう。

dodaは良くも悪くも大手企業なので、質の良さに差が出てしまうことはある意味仕方のない部分です。求人の質とアドバイザーの質に悪い評判が集中している以上、doda自体が改善する必要はもちろんありますが、登録者や利用者が気を付けて使う必要もあります。

ここで紹介した以外にも、40代以降の転職者が「カウンセリングしてもらえない」「希望する求人を紹介してくれない」といった声も上がっていたりなど、アドバイザーに対しての不満が特に目立っています。

仮にそのような質の悪い担当者に当たった際は、言われるままに泣き寝入りするのではなく、これまで感じた不備や不満を運営側にしっかりと報告し、担当アドバイザーを変更してもらうのと同時に、運営改善を促すことも大切になってきます。

dodaを評判をもとに他の転職エージェントと比較すると?

dodaは大手企業であるがゆえに、他の大手転職エージェントサイトとの比較対象になりやすいです。ここでは主な転職エージェントサイトを比較してみました。

ここでは、「doda」「リクルートエージェント」「パソナキャリア」「マイナビエージェント」これら4つの転職エージェントサイトを、口コミや評判から比較してみます。

タイプ別

転職サイトの特徴をタイプで表したとき、どんな人材にも対応できる「全方位型」、専門職やハイキャリアの人材がメインの「専門・ハイキャリア型」、若手の人材がメインの「若手優先型」のこれら3つのタイプに分かれます。

4つの転職エージェントサイトをタイプ別に分けると以下のようになります。

  • doda 全方位型
  • リクルートエージェント 全方位型
  • マイナビエージェント 若手優先型
  • パソナキャリア 専門・ハイキャリア型

同じ全方位型のリクルートエージェントは20代から40代のノンキャリアからハイキャリアまで幅広い年齢層やキャリア層に対応しています。

一方のdodaは20代から30代のノンキャリアからハイキャリアまでと、リクルートエージェントと比べて40代が弱い印象です。これは取り扱っている求人の内容や質が異なることによって生じた差であると言えます。次の項目ではdodaを比較対象にした各社との比較を見ていきます。

リクルートエージェントとの比較

dodaとリクルートエージェントはとにかく求人量が多く、一概に比較するのは難しいですが、大手企業の求人はリクルートエージェントの方が多いとされています。しかしその分優良企業も多くなるため、選考のレベルが高い傾向もあります。

dodaはリクルートエージェントと比べて大手企業は少ないですが、優良中小企業が多いため、転職のハードルがリクルートエージェントと比べ低い印象があり、その分選考通過率も高いと言えます。

リクルートエージェントにも担当アドバイザーがいて、dodaと同様のサポートを期待できます。しかしこちらもdodaと同様に人によっての当たり外れはあるようです。

マイナビエージェントとの比較

タイプとしては若手優先型のエージェントサイトなので、その時点でdodaとはタイプが異なりますが、こちらも大手なので求人量はdodaに引けをとりません。マイナビエージェントの特徴としては20代の転職に強く、第二新卒や業界未経験の人材を扱う求人が多数あります。

若者向けの求人が多いマイナビエージェントですが、dodaも20代から30代の求人量が多いので、そこは大きな差はないと思われます。しかしマイナビエージェントは35歳以上の方の応募は厳しいとされていて、実際に35歳以上の選考突破率は極端に低い傾向があります。

求人の量と質に関しては、dodaと比べると、マイナビエージェントの求人の数はそんなに多くはなく、その中でも中小企業の求人はたくさんありますが、大手企業の求人は少な目な印象です。内容もIT・通信系の求人が30%以上を占めていて、この点もdodaの求人内容と少し異なる点です。

マイナビエージェントでは、業界別で専門のキャリアアドバイザーが多数在籍していて、dodaと比べ専門性も高く専門的な知識も教えてくれることもあり、アドバイザーの質も良いとされています。

パソナキャリアとの比較

求人の量はdodaと比べ多いわけではありませんが、求人件数は25,000件以上、取引実績企業は16,000社以上と、十分大手に匹敵する求人量を取り扱っています。その中には協同組合や財団法人といった特殊な求人もあるので、dodaと比較すると言うよりは、dodaと併用して利用することがおすすめと言えます。

パソナキャリアは元々人材派遣での実績を背景に、企業と太いパイプを持っています。ですので、dodaを初めとする大手と比べて、パソナキャリアだけに依頼される独占的な求人も取り扱っています。

パソナキャリアは独占的な求人や特殊な求人を多く取り扱っていますが、dodaに比べアドバイザーの質は低いとされています。実際に利用された方の感想にも「対応がちょっといい加減」「すごくバタバタしている」などの声が多数ありました。

しかし採用面接後のフォローは手厚いようで、面接後の企業へのプッシュは強力に行ってくれるようで、それは人材派遣での実績を背景にした企業と太いパイプが可能すると言えます。

他社との比較まとめ

dodaと他の3社との比較を行いましたが、一概にdodaが優れているとも劣っているとも言い切れず、どれも長所と短所が存在します。

自分の特徴や得意分野などを、これら転職サイトと照らし合わせて、dodaだけでなく他社の転職サイトと併用して利用し、各社の長所を生かした使い方をすることがおすすめと言えます。

是非、まずは無料登録してみましょう。

  • 求人数が圧倒的!リクルートエージェントへの無料登録はこちらから
  • 若手の求人が豊富!マイナビエージェントへの無料登録はこちらから
  • 企業とのパイプが太い!パソナキャリアへの無料登録はこちらから

dodaの評判を確認したら、まずは登録してみよう

ここまで、大手転職エージェント『doda』について、基本情報やサービス内容、特徴やメリット・デメリット、また『doda』に対しての評判や比較などを紹介しました。

現代では『doda』を初めとする大手転職サイトや、専門性が高い特殊な転職サイトなど、昔に比べて転職方法を選べる時代となりました。

それぞれ得意分野や専門性など、サイトによって特徴は様々ですが、一つのサイトに絞らず、自分にあった転職サイトをいくつか併用して利用すれば、転職活動をスムーズに行え、転職成功率も上がると言えます。

自分の保有資格や得意分野をキャリアアドバイザーと相談して、自分にあった転職活動を行えるのが、『doda』を初めとするキャリア型の転職サイトと言えます。