ハイステータスな転職エージェント『エリートネットワーク』の特徴

『エリートネットワーク』という転職エージェントを利用するか迷っているのですが、登録すべきですか?
転職エージェントは、そのエージェントのメリットやデメリット、口コミを参考にした上で、利用するようにしましょう。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。エリートネットワークのメリットやデメリット、口コミはどんな感じなんですか?
はい。この記事では、エリートネットワークのメリットやデメリット、どんな人が利用すべきかなどについて詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

転職エージェントを利用する際は、自分にぴったり合った転職エージェントを利用したいですよね。今回は転職エージェントの中でも、年収1000万円以上のハイステータスの案件を豊富に扱っている「エリートネットワーク」について紹介していきます。

「エリートネットワーク」は、約2万5千件の求人案件を取り扱っています。年収1000万円の案件は1500件以上扱っています。

しかし、他の転職エージェントのように広告を打ち出したりしていないため、一部の転職者の方にしか知られていない隠れた転職エージェントなのです。

「転職エージェントエリートネットワークの評判って?」

「転職エージェントエリートネットワークに登録していいのだろうか?」

このように悩まれている方もいるはずです。そこで今回は、転職エージェントエリートネットワークの評判とメリット・デメリットを解説していきます。

目次

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

転職エージェント『エリートネットワーク』の基本情報

登録する(無料)エリートネットワークは1997年に設立をされた20年の歴史がある転職エージェントです。事業内容としては、転職エージェントの一本に絞られています。

代表取締役の松井氏をはじめ、役員全員が元リクルート社員です。従業員数は35名と大手転職エージェントと比較すると少なく、少数精鋭で企業経営をしています。

しかし、従業員数と比較すると求人案件は多く、営業力がある転職エージェントといえます。

公開求人数17,408件 (2016年12月現在)
非公開求人数非公表 (2016年12月現在)
職種企画・事務・管理部門/営業・販売関連/IT・通信/自動車・輸送機器/医薬品・医療機器・バイオ/金融スペシャリスト/アパレル・消費財/インターネット・モバイル/機械・プラント/食品/コンサルティング関連/電気・電子・半導体/化学・素材/建築・土木・不動産/クリエイティブ関/その他
求人地域全国対応(東京の求人が7割強)
拠点エリア本社(中央区銀座)

エリートネットワークの企業理念には「信頼できる人を、信頼できる企業に紹介することを使命とし、個人と企業の双方の満足を最大化する職業紹介を貫く」と記載されています。

経営理念をもとに、転職希望者には対面で話す場を用意して丁寧なヒアリングを行っていきます。

転職者の要望を聞いた上で、どうすれば成功することができるのかをはじめ、転職を成功させる上で障害になることもハッキリと教えてくれます。

転職エージェント『エリートネットワーク』を利用するメリット

年収1000万円以上の求人案件が多い

エリートネットワークは、外資企業の求人やエクゼクティブに強く幅広い求人案件を保有しています。

第二新卒からハイクラスまで、さまざまな正社員の求人案件を取り扱っていますが、その中でもハイクラスの求人が多いです。ミドル層からハイキャリア層のピンポイントのマッチングを得意としています。

エリートネットワークの求人は、年収1000万円以上のハイキャリア向けの案件が多く掲載されています。求人件数としては約1500件以上が年収1000万円以上の求人です。

求人内容としては、東京都内にあるベンチャー企業の役員案件が多いです。他には、大手メーカーの海外進出責任者、大手外資系のマネージャーなどバリエーション豊富に求人を取り扱っています。

リクルートの社風は、ハードワークから人は成長するというものです。エリートネットワークは、リクルートの社風を引き継いでいます。

だから、ハードワークが中心になっている企業からの支持率が高い傾向があります。東京都内にある多くのベンチャー企業がエリートネットワークに求人を掲載しています。

優良企業の求人案件が多い

株式会社エリートネットワークの代表の松井氏は、リクルート人材部門の部長時代に人脈を培いました。その人脈をエリートネットワーク事業に活用しています。

個人の繋がりがあるからこそ引き出せる癖のあるハイキャリア向けの求人を保有することができるのです。だから、エリートネットワークの求人は優良企業の案件が多いです。

募集職種では、全職種平均的に求人は用意されていますが、「IT・通信」分野の求人や「企画・事務・管理部門」の求人が多い傾向があります。

外資系企業の求人に注力している

エリートネットワークは、外資系企業の求人案件を2000件以上取り扱っています。

外資系企業を前向きに検討している転職者は、エリートネットワークの転職エージェントを利用してみても良いでしょう。

近頃は、海外企業とのネットワーク構築に励んでおり、海外企業の求人も増えています。非公開求人案件数も含めると約400件の海外案件を取り扱っています。

1人ひとりへのコミットが凄い

エリートネットワークの初回面談は、必ず対面で行われます。今後に対するキャリアの考えや実務能力を丁寧にヒアリングした後に、条件に合う案件を紹介していきます。

他の転職エージェントのカウンセリングとは異なり入社してから活躍できるか、入社してキャリアが良い方向に向かうのかなどの観点を厳しく伝えてくれます。

キャリアがあるとマッチングしやすい

エリートネットワークは、他の転職エージェントのように広告を打ち出して、転職者を集めるようなことはしていません。転職エージェントの規模として大きいとはいえない転職エージェントです。

実際に、エリートネットワークを利用したことがある転職者も「偶然、エリートネットワークを知る機会があった」という回答者が多いです。

20年もの歴史ある転職エージェントなので、多数の求人案件を取り扱っています。

しかし、転職希望者の方からの認知度が低いため、キャリアを築いている転職希望者は企業とマッチングしやすい傾向があります。

転職エージェント『エリートネットワーク』を利用するデメリット

都内の案件がほとんど

エリートネットワークが取り扱っている求人の約7割が東京都勤務(都内23区)の案件です。関西などでの転職や地方へのUターン転職を考えている場合は、条件に合わない恐れがあります。

エリートネットワークは、中小規模の転職エージェントなので営業範囲が限られてしまいます。しかし、中小規模の転職エージェントの中では求人数は多いです。

エリートネットワークの各都道府県の求人数

北海道68件
東北171件
北関東482件
埼玉1336件
千葉1279件
東京23区12591件
東京都下1258件
神奈川2126件
甲信越・北陸301件
東海1608件
近畿2753件
中国・四国317件
九州・沖縄1144件
海外405件

上記から分かるように、Uターン希望で地方へ勤務を希望される方などは、エリートネットワークの利用は向いていません。

しかしながら、東京23区内の求人案件数は、大手転職エージェントの求人案件数と同等です。中小規模のエリートネットワークは都内23区内の企業と強いネットワークを構築しています。

また、2017年度から海外企業とのネットワークにも力を入れているのが、他の転職エージェントと大きく異なる点です。

敷居が高い

「信頼できる人を、信頼できる企業に」紹介するという企業理念をエリートネットワークは掲げています。

「個人と企業の双方の満足を最大化する職業紹介を貫く」という経営方針で運営されているので、敷居が高く感じてしまう転職者も多いです。

エリートネットワークでは、初回面談で求職者の選定を厳しく行っています。理由は、転職者の満足と企業側の満足の双方の満足を考えているからです。

上から目線の転職エージェント

求職者のみなさんを直接担当するキャリアアドバイザーのレベルはどうかということになりますが、エリートネットワークのキャリアアドバイザーのレベルは高いです。

マネジメントをする立場の人材がキャリアアドバイザーとして活動しているため、優秀なキャリアアドバイザーが揃っています。

レベルは高いのですが、発言が非常にきつく、また、言い方も命令口調であるため、面談においてのコンサルティングは説教のように感じます。

転職エージェント『エリートネットワーク』の利用が向いている人

ステップアップのために転職したい人

現時点で経歴を築き上げていて、一定以上のスキルを持っている方がステップアップを目指して転職する場合は、エリートネットワークがおすすめです。

実際に、エリートネットワークを利用していて良い口コミを書いている人達は社会的地位のある人です。ベンチャー企業の役員、事業部責任者の方、金融などの専門職の方などが転職を成功させています。

現時点でキャリアを築いていて、良い待遇や仕事のやりがいを求めて転職を検討する場合は、理想に近い転職ができます。

東京都内で仕事を探している人

エリートネットワークは、求人件数全体で見てみると大手企業の転職エージェントより求人案件は少ないです。

しかし、東京都内の求人件数だけで比較をすると大手転職エージェントに同等の求人案件数を保有しています。

東京都23区内の求人案件数は、約1万2千件です。東京都内の案件を探している場合は、第二新卒採用やミドル採用など豊富な求人を取り扱っているので、理想の転職を実現することができます。

ヘッドハンティングの経験がある人

エリートネットワークの転職支援は、ヘッドハンティング市場と同等といえます。

年収1000万円以上のハイキャリアの求人を多く取り扱っているので、求職者としてレベルが低いと登録が拒否されてしまうこともあります。

エリートネットワークは、転職エージェントとしての視点を大切にして、求職者と企業の双方の満足を目指しています。

キャリアアドバイザーが怖いなどの評判もありますが、厳しいことを言ってくれる人は、今後の身になることを言ってくれる貴重な存在なのです。

エリートネットワークは、有意義な転職活動を行うために必要な転職エージェントといえます。ヘッドハンティングの経験があるような方だと、希望の転職を実現することができます。

転職エージェント『エリートネットワーク』の利用が向いていない人

正社員として働いた経験のない人

エリートネットワークには、第二新卒の求人案件は少ないです。新卒で入社した企業が合わなかった、現在の職種が自分に合わないため、異なる職種に就きたいと考えている人には向いていない転職エージェントです。

エリートネットワークでは、会員登録時に履歴書と職務経歴書の提出が求められます。正社員として働いた経験のない人は、求人を紹介してもらえない恐れも出てくるので注意が必要です。

また、エリートネットワークは質の高い求職者を集めているので、初歩的なフォローは行っていません。他の転職エージェントでは実施するアフターフォローは基本的にありません。

エリートネットワークでは、転職エージェントは求職者の方の転職を支援することで、転職活動は転職者希望の方自身が行うものだという意識のもと運営されています。

もちろん、転職者の方と企業側で何かトラブルが発生してしまったときは、第三者の立場で対応をしてくれます。しかし、他の転職エージェントのような初歩的なアフターフォローはありません。

履歴書や職務経歴書の添削や面接の対策などの相談には対応しません。だから、正社員として働いた経験がない方や、第二新卒で転職に不安を感じる人には、エリートネットワークは向いていません。

地方での転職を希望されている人

エリートネットワークが取り扱っている求人の約7割が東京都勤務の案件です。東京都以外の勤務を希望される場合は、メインのエージェントとして利用するのは不適切です。

地方でも好条件の求人案件はありますが、数が限られています。理想の転職を実現するためには、やはり求人数が多くあるに越したことがありません。

だから、地方での転職を希望される方は、エリートネットワークと他の転職エージェントと併用して利用して希望に沿う職場を探すことがおすすめです。

40代や50代の人

エリートネットワークが掲載している求人の中には、管理部門の求人もあります。しかし「長期的な人材・キャリア育成のため」という理由で、年齢制限が40歳までと条件が設定されている求人が多いです。

40代・50代の人でも経験や能力などが備わっていれば、求人件数は少なくても転職できるチャンスはあります。

転職の志望動機が明確でない人

エリートネットワークが他の転職エージェントからの情報をしっかり得ているようです。

IT業界へ転職した求職者の方は短期間で退職することが多いので、求職者のみなさんのリスクを排除するために、必然性がしっかりしている求職者の方にしか紹介しないようです。

エリートネットワークにベンチャー企業の求人が多いことは、ご説明した通りです。

第二新卒の求職者の方が、安易な理由でベンチャー企業を希望する旨を伝えると、まず間違いなくキャリアアドバイザーから説教を受けると思います。

ベンチャー企業を希望する前に、なぜ新卒で入社した企業を3年も満たない期間で退職するのか?ということをしつこく聞かれます。

第二新卒の求職者の方は、エリートネットワークを利用してベンチャー企業を希望する場合は、退職理由は大義名分の内容が必要です。

エリートネットワークは求職者のみなさんの本質を見極めることができるレベルが高いキャリアアドバイザーが在籍していますので、求人を紹介されないこともよくあります。

転職エージェント『エリートネットワーク』の口コミ

エリートワークの特徴を紹介してきた中で「エリートネットワークは実際に利用するとどうなのか?」と気になった方もいるのではないでしょうか?

ここでは、実際にエリートネットワークを利用した方の口コミを紹介していきます。

良いクチコミ

転職エージェント「エリートネットワーク」の良いクチコミの傾向を紹介します。

  • しっかり丁寧なヒアリングをしてくれた
  • ヒアリング後に厳選された案件を紹介してくれる
  • キャリアコンサルタントに提案力や交渉力が高い
  • キャリアコンサルタントの求人内容に対する理解度が高い
  • 取り扱っている求人の企業の内部事情を知っていて、信頼できる
  • 年収1000万円以上の案件などのハイステータスの案件が多い
  • 海外案件などのニッチな案件も取り扱いが豊富
  • ハイキャリア求人のバリエーションが豊富
  • 転職活動に活かせるキャリアアドバイスをしてもらえた
  • 東京都内で仕事を探す場合は、案件数が多い

悪いクチコミ

転職エージェント「エリートネットワーク」の悪いクチコミの傾向を紹介します。

  • キャリアコンサルタントの態度が高圧的に感じた
  • コンサルタントとの相性が悪かった
  • 初回面談で求職者の選定をかなり厳しく行っている
  • キャリアを築いていないと、案件を紹介してもらえない
  • 地方の案件が圧倒的に少なく、希望に合う求人が見つからない

転職エージェント『エリートネットワーク』の利用方法

公式サイトから転職エージェントの利用申し込みをします。個人情報の入力と履歴書・職務経歴書を添付送信します。登録はすぐに終わります。

登録が終わると担当となるキャリアコンサルタントの方から、折り返しの連絡がきます。電話に対応していただき、面談日時をキャリアコンサルタントと決めていきます。

登録する(無料)

登録手順

Step1:公式ページから『転職支援サービスへのお申し込みはこちら(無料)』をクリック

エリートネットワークの公式ページへ移動すると上記のように表示されます。まず最初に『転職支援サービスへのお申し込みはこちら(無料)』をクリックしてください。

Step2:WEB登録欄から『登録フォームへ』をクリック

『転職支援サービスへのお申し込みはこちら(無料)』をクリックすると上記のページへ移動します。WEB登録欄にある『登録フォームへ』をクリックして先へ進んでください。

『登録フォームへ』をクリックすると上記のページへ移動します。各種必須項目を入力・選択し、内容に不備がないことを確認してから『「個人情報の取扱い」に同意し、確認画面へ』をクリックしてください。

Step3:必要項目を入力していきます。

必要項目は下記の通りです。

氏名/フリガナ/生年月日/性別/メールアドレス/携帯電話/住所/大学名(高校・高専・短大 等)/学部学科/入学年/卒業年/卒業(見込)/中退/転職回数/現在の状況/勤務先企業名

Step4:登録内容を確認し『上記内容で登録』をクリック

『「個人情報の取扱い」に同意し、確認画面へ』をクリックすると上記のページへ移動します。入力・選択した内容に不備がないかを確認し、問題がなければ『上記内容で登録』をクリックしてください。

Step5:登録完了(約3分)

『上記内容で登録』をクリックするとエリートネットワークへの登録が完了します。上記のような表示が出れば登録成功になります。

『エリートネットワーク』と併用して利用したい転職エージェント

エリートネットワークには東京都内の求人が豊富に掲載されています。しかし、残念ながらUターン希望者などの方向けの求人数は少ないです。

キャリアに自信があり、案件重視の転職者の方は下記の転職エージェントを併用することで理想の転職を実現することができます。ここでは、エリートネットワークと併用して利用したい転職エージェントを紹介します。

①キャリアカーバー

ヘッドハンター経由の高待遇なエグゼクティブ向け案件を狙いたい人におすすめの転職エージェントです。

多数の有力なヘッドハンターを保有しています。

キャリアカーバーはヘッドハンター型のサービスを完全無料で利用できる点が大きな強みと言えます。

また登録されているコンサルタントは、全て運営会社であるリクルートキャリアが厳選したヘッドハンターばかりです。

4,000件程度登録されているエグゼクティブ向け求人の情報を検索して応募することもできますが、ヘッドハンターが登録しているエグゼクティブに見合った案件を提案してくれるので、「待ちの転職」をしたい方におすすめしたいサービスと言えます。

デメリットは短期間で転職を完了させたい方には不向きな点です。

登録する(無料)

②ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

③クライスアンドカンパニー

クライスアンドカンパニーは1993年に設立された株式会社クライス&カンパニー社が運営している転職エージェントです。

設立当初はIT業界のエグゼクティブクラスの人材のヘッドハンティングを中心としていましたが、現在では30代の人材を中心とした転職のサポートを行っています。

評判や口コミを調査したところ

  • キャリアコンサルタントのレベルが高い
  • 非公開求人の質が高い
  • 返事や対応のレスポンスが早い

など、特に求人の質が良いという評判が多く見受けられました。

クライスアンドカンパニーでなければ出会えない優良な情報も多数あるため、高収入を狙う方であれば登録しておいて間違いないでしょう。

登録する(無料)

転職エージェント『エリートネットワーク』のメリット・デメリットのまとめ

メリット

  • 年収1000万円以上の求人案件が多い
  • 優良企業の求人案件が多い
  • 外資系企業の求人に注力している
  • 1人ひとりへのコミットが凄い
  • キャリアがあるとマッチングしやすい

デメリット

  • 東京都内の案件がほとんどで地方の案件が少ない
  • 敷居が高い
  • 上から目線の転職エージェント
  • 初歩的なフォローがない

上記の通り、キャリアを築き上げてきて「理想の条件」や「やりがい」を求めて転職を検討している場合には、好条件の案件を紹介してくれる可能性が高いです。

都内にあるベンチャー企業や外資系企業への転職を検討している方は、エリートネットワークに相談してみても良いでしょう。

エリートネットワークは、求職者と企業の双方の満足を実現するという強い想いを持っている転職エージェントです。転職の妨げになることがあった場合は、正直に伝えてくれます。

厳しい意見もきちんと言ってくれる姿勢を好む方には、おすすめの転職エージェントです。

『エリートネットワーク』は隠れたハイステータス転職エージェント

転職エージェント「エリートネットワーク」の解説はいかがでしたでしょうか?

エリートネットワークは、他の転職エージェントのように広告を打ち出しておらず、認知度が低い転職エージェントです。しかし、20年の歴史があり、東京都内の求人案件件数は大手転職エージェントの案件数と同等の数を誇っています。

求人掲載者数が多いですが、転職者に認知をされていないため、シッカリとキャリアを築いてきた転職者の方はマッチングしやすい傾向があります。

しかし、エリートネットワークは「信頼できる人を、信頼できる企業に紹介することを使命とし、個人と企業の双方の満足を最大化する職業紹介を貫く」という経営理念のもとで運営されています。

だから、エリートネットワークのキャリアコンサルタントの方は転職するにあたっての障害になり得ることも、シッカリと言ってくれます。

そのようなことを理解した上でエリートネットワークを利用することで、理想の転職を実現することができるしょう。この記事を参考にして、エリートネットワークの活用を検討してみてください。