アパレル業界へ転職するには?おすすめの職種と転職エージェントを紹介

アパレル_778384084
アパレル業界に転職したいのですが、どうすれば良いですか?
キャリアコンサルタント
アパレル・ファッション系の転職を支援してくれるサービスはたくさんあります。ですが、その数の多さに迷ってしまうことも多いでしょう。
キャリアコンサルタント
そこで今回は、&careerが厳選したアパレル・ファッション系の転職エージェントをご紹介します。
キャリアコンサルタント
ぜひ参考にして、利用するか判断してみてください。

アパレル・ファッション系の転職支援サイトは多数あります。こんなにサイトがあるとどこを利用すればよいのかわからなくて迷ってしまいますね。

アパレル業界に憧れを持っている人も多いでしょう。特に初めてアパレル・ファッション系の職種に転職する場合には、どんな仕事があってどんなスキルが役に立つのかわからないという悩みも出てくるでしょう。

そこで、ここではアパレル・ファッション系の求人に強い転職エージェントについてまとめていきたいと思います。

同業での転職、初めての転職の人、どちらにもわかりやすいようにまとめてみますのでぜひ参考にしてみてください。

【2019年4月:最新情報】

4月は転職する最高のタイミングです。多くの企業では、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が決まった4月から補強のために中途採用を行います。当然、ライバルとなる転職志望者も急増します。他のライバルに先を越されぬよう、早急に準備をしましょう。

  1. このページを参考に、複数の転職エージェント(『doda』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など)に無料登録する
  2. 各エージェントから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、各エージェント側のサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期にあたります。そのため、転職活動へ積極的な人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントには、「すぐにでも転職したい」としっかり伝え、優先的にサポートを受けられるようにしておきましょう。

アパレル業界に転職したい!主な職種8つ

アパレル・ファッションというと、ショップで洋服を販売している店員さんを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

私たちの身近にいるアパレル関連の仕事をしている人というとこうしたイメージが強いのは当然だと思います。

けれども一言でアパレルと言っても、実はたくさんの職種の人が多方面から関わっています。

ここでは若干初心者向けにはなりますが改めてアパレル業界に存在する職種について簡単にまとめておきたいと思います。

①デザイナー・パタンナー

デザイナーは、商品の企画や縫製の仕様、素材選び、コストの交渉、納期の管理などを行う仕事です。

センスが問われる職業で、洋服に使用される生地や素材についての知識も豊富でなければなりません。

パタンナーは、デザイナーが決めたデザインを元にして型紙を制作します。また、工場とのやり取り、サンプルのチェック、コストの交渉なども仕事です。

デザイナーが意図するものを読み取るセンスや、CADの技術、素材や生地の知識、そして最も大切なのは仕事に対する正確性があるかどうかです。

②バイヤー

バイヤーは、そのシーズンに合わせた商品の買い付けを行います。納期の管理や販売の計画を立てるのもバイヤーの仕事です。

買い付けた商品をいかに売るかということも考え、中にはショップ店員に対して講習会を行うバイヤーもいます。

バイヤーに求められるのはトレンドを見抜く力や、コーディネート力、分析力などです。

③マーチャンダイザー

通称MDとも呼ばれるマーチャンダイザーは、店舗ごとに商品の配分や売上の分析を行います。

データを分析することで販売計画や予算の管理、シーズンごとのプランニングを行うのも仕事です。

ファッション業界全体に関する豊富な知識とコミュニケーション能力、パソコンのスキルが求められます。

さらには、海外ブランドとやり取りをしなくてはならない場合もあるため語学力が必要になるケースもあります。

④ビジュアルマーチャンダイザー

ビジュアルマーチャンダイザーは、店舗内のレイアウトやディスプレイを行う人のことをいいます。

そのブランドのシーズンコンセプトに合わせたメンテナンスを行い、集客率のアップを促すのが主な仕事です。

時に、ショップ店員に対してビジュアルマーチャンダイズの知識を教えるための講座を行うこともあります。

ビジュアルマーチャンダイザーは、そのブランドについてより深く知っていること、コニュニケーション能力、売上に対する高い意識が求められる仕事です。

⑤広報

商品やブランドのPRをするのが広報の仕事です。商品やブランドの認知度を高め、流行を生み出すための宣伝活動には、雑誌とのタイアップ、撮影、取材なども含まれます。

広報を担当するには、自分自身にもセンスがなくてはいけませんし、他の職種よりも高いコミュニケーション能力が求められます。

さらには、語学力、マーケティングの知識もあるとよりよい仕事ができるでしょう。

⑥販売員

販売員はいわゆるショップ店員のことです。ブランドのコンセプトやデザイナーの意図などをきちんと把握して商品を顧客に提供するのが仕事です。

消費者と1番近い距離で働く仕事ですので、コミュニケーション能力は当然必要です。

さらには自店の洋服に関する知識だけでなく、その時期に合わせたトレンドや先取りのファッションアイテムなどアパレルに関連した情報は常に最新のものを学んでおく必要があります。

また、洋服のコーディネートやメイクなどのアドバイスができるとなおよいでしょう。販売員には顧客を獲得するためのあらゆるサービス力、販売力が問われます。

⑦スーパーバイザー

スーパーバイザーは、販売員でもありますが、本社とのつながりを持って複数の店舗を管理するいわばアパレル業界の管理職に当たります。

店長を経験してからスーパーバイザーにキャリアアップするというのが一般的なスーパーバイザーへの道です。

転職の求人では、店舗での店長経験者であることなどといった条件がつく場合が多いでしょう。

スーパーバイザーは、店舗で店長や店員などの指導を行うこともあり、担当エリアについてのさまざまな分析を行う能力も必要です。

それだけでなくマネジメント力、リサーチ力、指導力が問われる仕事でもあります。

⑧イーコマース

イーコーマストという職種についてはあまり聞きなれない人もいるかもしれません。イーコーマスという職種は、オンラインショップの運営を担当する人のことです。

オンラインショップでは、在庫管理からサイトのデザイン、編集、商品の撮影、企画など多くの仕事を抱えるケースが多くあります。

また、オンラインショップが増えてきている中でいかにして差別化を測るかというコンサルティング力も問われる職種です。

Webに関する知識はもちろん、構成力や企画力、パソコンに関するスキルも重要になるのがこの仕事の特徴です。

アパレル業界への転職に強いおすすめ転職エージェントランキング【メリット・デメリットも!】

さて、いよいよここからはアパレル系企業への転職に強い転職エージェントをランキング形式で詳しくみていきたいと思います。

自分に合ったエージェントはどこか?見極めるための参考にしてみてください

1位:クリーデンス

クリーデンスは、転職エージェントdodaなどを運営している大手人材派遣会社パーソナルキャリアのグループ会社の1つです。

国内で初めてファッション・アパレル業界に特化した転職エージェントとして設立された老舗でもあります。

大手の運営会社が運営しているだけあって、クリーデンスには、店舗販売員だけでなくデザイナー、VMD、パタンナーなど多様な求人を保有しているという特徴があります。

アパレル業界に特化しているため、専門のエージェントが求人情報に記載されている情報だけではわかならい企業の内情などについても教えてくれるのは求職者にとってメリットが大きいですね。

登録する(無料)

【良い】取り扱い職種が幅広い

クリーデンスは、アパレル業界に特化した転職エージェントの中でも特に幅広い職種を取り扱っているという点で評価を受けています。

具体的には以下のような職種の求人を取り扱っています。

  • デザイナー
  • パタンナー
  • バイヤー
  • 営業
  • 店長、販売、店舗スタッフ
  • 生産管理、貿易、物流
  • 管理、事務
  • マーチャンダーザー
  • プレス、販促

職種の具体的な内容については上の項目で紹介していますので参考にしてください。

多くの転職エージェントでは、店舗に関連した販売スタッフや店長などの求人を多く取り扱っていますが、生産に関連した職種は少ないケースが多いです。

デザイナーやパンタンなーなどは特に求人が少ないと言われていますので、こうした案件に出会えるチャンスが少しでも多いというのもメリットといえるでしょう。

さらに、クリーデンスでは、細分化された職種で求人を閲覧することができるだけでなく、ブランド名からも求人検索ができるため、自分の好きなブランドで好きな仕事を探すことができるというメリットがあります。

【良い】非公開求人の数が多い

クリーデンスは、転職エージェントの中でも初めてアパレル業界に特化した実績のあるエージェントです。

そのため、アパレル業界の多数の企業から高い信頼を得ています。これはクリーデンスが保有している非公開求人の数と比例しています。

クリーデンスに登録されている2800件ほどの求人のおよそ8割が非公開求人となっています。

大手アパレルメーカー、ブランド、セレクトショップ、ラグジュアリーブランドなど、大手企業から中小企業まで求人の規模が幅広いのもクリーデンスの特徴です。

非公開求人は、エージェントに登録しないと閲覧、紹介が可能となりますので、気になる人はぜひ登録してみてください。

【良い】キャリアアドバイザーの専門性が高い

クリーデンスのキャリアアドバイザーは、アパレル・ファッション業界を経験している人、または人材業界の経験がある人が在籍しているという特徴があります。

業界の情報に精通したプロがサポートしてくれるので、アパレル業界への転職が初めての人でも安心して利用することができます。

特に強みとしているのは、キャリア支援を行うために作られた、アメリカの国際認定資格(GCDF。「Global Career Development Facilitator」の略で、アメリカで誕生したキャリアカウンセラー養成プログラムのこと。)を取得している人がキャリアアドバイザーの中に多数いるという点です。

転職活動の進め方だけでなくこれからのキャリアについてなどより専門的な相談にものってもらえるのは求職者にとっては大きなメリットですね。

【注意】地方からの転職は難しい可能性も

アパレル業界の求人は、関東・関西・中部地域に集まりやすい傾向があります。そのため、転職エージェントにはこうした地域を中心にサポートを行っているところが多くあります。

クリーデンスも同じく関東、関西、中部地域の求人を多く取り扱っています。

地方での転職を検討している人はなかなか求人を見つけることができない可能性もあります。

幅広い企業とつながりのあるクリーデンスなのでタイミングによっては地方でも求人が見つかる可能性もあるので、登録だけはしておいても損はないでしょう。

登録する(無料)

2位:ファッショーネ

FASSIONE(ファッショーネ)は、人材紹介会社・レバレシーズ株式会社が運営するファッション業界専門の転職エージェントです。

レバレシーズ株式会社は、2005年に設立された転職エージェントです。東京本社・大阪支店・名古屋支店・福岡支店の4つの拠点を中心に、北海道営業所、京都営業所の2つの営業所を設置しています。

世界的に見るとベトナムのホーチミンにも拠点を構えています。

求人については、販売員、店長、営業、デザイナー、バイヤー、スーパーバイザーなど幅広い職種を取り扱っています。

基本的には正社員をメインとした転職支援エージェントです。アドバイザーのサポートも専門性があり手厚いと高評価を受けています。

登録する(無料)

【良い】求人の質が高く非公開求人が多数

ファッショーネの求人は数だけを見ると他の転職エージェントに比べて少なく感じるかもしれません。

ただ、非公開求人は1000件を超えているので登録すれば自分の希望に合った求人に出会える可能性はおおいにあります。

特に求人の質を見ると、ハイブランドのトム・ブラウン、海外ブランドのラルフローレンやセレクトショップのアメリカンラグシーなど知名度の高い企業との取引も多くあることがわかります。

取り扱っている職種に関しても、ショップスタッフ、店長、営業、デザイナー、バイヤーにスーパーバイザーなどアパレル関連の職種を幅広く保有しているという特徴があります。

雇用体系については、正社員がメインなのでパートや派遣、アルバイトなどを希望している人はほかのエージェントを利用した方がよいでしょう。

【良い】専門性の高いコンサルタントによるマンツーマンサポート

ファッショーネを実際に利用した人の声をみて見ると、コンサルタントの質の高さが評価されていることがわかります。

ファッショーネのコンサルタントは、業界経験者が多く在籍しています。そのため、書類作成から面接の対策まで、アパレル業界に向けたアピールの方法を的確にアドバイスしてもらうことができます。

さらに特徴的なのは、1人の求職者に対して1人のコンサルタントが専属で担当してくれる点です。

コンサルタントの専門性が高いので転職初心者の人でも安心して利用することができます。

【注意】希望に合った求人が見つからないケースも

ファッショーネを利用した人の声の中には、コンサルタントは丁寧だけれど希望する仕事の条件に合った求人が見つかるまでは放置されることが多いというものも見られました。

コンサルタント自体の質は高いのですが、比較的のんびりとした様子がみて取れます。

ほかの転職エージェントでは、対応に困るほどコンサルタントから連絡がきて困るという声もみられる中で、こうした声が出るのは逆に珍しいといえるでしょう。

もしもコンサルタントから何も連絡がない場合には、求職者の方から新たな希望を伝えるなどアクションを起こす必要があることは頭に入れておきましょう。

また、急いで転職したいという希望がある場合にはほかの転職エージェントとの併用をオススメします。

登録する(無料)

3位:エラン

エランは、1995年からアパレルやファッションに関連した企業に多くの人材を派遣してきた実績があります。

そのため業界内では知名度の高い転職エージェントです。

大手アパレルブランドはもとより、新規企業や個人の輸入店など大手から個人店までさまざまな企業とのつながりが強いのが魅力です。

また、海外展開を行うアパレル・ファッションブランドが多い市場の中でグローバル展開を視野に入れている企業に積極的に人材を派遣しているのも特徴です。

特に海外で仕事をしてみたいという人にはおすすめの転職エージェントです。

登録する(無料)

【良い】求人数が多く幅広い

エランは23年間にわたってアパレル関連企業に多くの人材を派遣してきた実績があります。

求人数については、非公開求人も含めるとアパレル向け転職エージェントの中でもトップクラスといわれています。

求人の内容を具体的に見てみると、ショップ関連では大手アパレルブランドや百貨店、デパートから個人店に至るまで幅広い求人を確保している印象です。

雇用形態についても正社員から契約社員まで幅広く保有しているので希望にあった求人に出会える確率も高くなるでしょう。

【良い悪い半々】面談時に自分で書類を用意していく必要が

求人数も多く、業界でも知名度の高いエランですが、実は転職初心者にはあまりおすすめできないエージェントであるということについてお話しておきましょう。

エランでは、サイトで登録をした後にすぐ面談を行うことになります。この面談時には、自分で履歴書や職務経歴書を作成して持参する必要があります。

転職活動において最初につまづくのが企業に提出する書類の作成だと思います。

ほかの転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書の添削や作成のサポートをしてくれるアドバイザーもいます。

エランは、Webサイト上で職務経歴書の書き方を提示しており、さらには職種別・職務経歴書のサンプルも提示しています。

ただ、面談の際にはとりあえず自分で作成した書類を持参しないといけないので、その点については時間がかかったり、困難を感じる求職者もいるでしょう。

そのため、エランが用意しているコンテンツを利用した上で、面談でさらに書類添削のサポートを受ければ万全の体制で転職活動を進めることができるでしょう。

【注意】キャリアコンサルタントが少ない

エランに関する口コミを見てみると、キャリアコンサルタントに関する厳しい声も寄せられています。

具体的には、キャリアコンサルタントに当たり外れがあるという声です。口コミによると求職者の希望に対してあまり親身になってくれないアドバイザーもいるようです。

また、メールのやり取りについても返信が遅いと感じたとの声もあります。

これについては、エランはほかの転職エージェントに比べてキャリアコンサルタントの人数が少ないという点も関係あるでしょう。

そこから考えるに1人が複数の求職者を担当する必要があるためにサポートが手薄になりがちだともいえるでしょう。

特に急いで転職を考えている人はほかのエージェントと併用して登録することをおすすめします。

登録する(無料)

4位:アパレル転職なび

アパレル転職なびは、アパレル業界に特化した転職エージェントです。運営しているのは、株式会社シーエーセールススタッフです。

シーエーセールススタッフは、2003年に設立された会社です。15年ほどの実績の中で、アパレル専門の転職エージェントとしての知名度は年々高くなっています。

職種については販売職以外にバイヤー、パタンナー、営業などさまざまな求人を取り扱っています。

また、未経験者から経験者まで幅広くサポートしてくれるのもアパレル転職なびの特徴です。

登録する(無料)

【良い】求人数が多く、未経験者もOK

アパレル転職ナビは、アパレル業界専門の転職エージェントです。たくさんあるアパレル業界専門の転職エージェントの中でもアパレル転職ナビは求人数が豊富であると評判です。

求人はほぼ毎日更新されているので、自分の希望に合った求人で出会えるチャンスは多いでしょう。

特に業界でも求人が少ないといわれているパタンナーやデザイナーの求人数が多いことでも知られています。この職種に興味がある人は登録しておくとよいでしょう。

また、未経験者OKの求人も多数取り扱っていますので、アパレル業界に憧れて転職を考えているという人でも安心して登録することができます。

【良い】実務経験のあるキャリアコンサルタントがサポート

アパレル転職ナビは、転職をサポートしてくれるキャリアコンサルタントが、全てアパレル・ファッション業界出身者となっています

業界出身者ということは、現場で仕事をしていた経験があるため、市場動向や企業の情報、仕事の内容についても詳しく説明してもらえます。

また、書類作成や面接対策についても経験者の目線でしっかりとサポートしてもらえるというのは求職者にとっては大きなメリットです。

【良い】模擬面接が高評価

さらに特徴的なのは求職者が書類選考を通過した際に行われる模擬面接です。アパレル転職ナビでは模擬面接の様子を任意で撮影します。

撮影は希望者のみですが、できればこれは希望した方が良いでしょう。

面接の様子を客観視することで、自分の長所・短所など、自分では気付かない強みや弱みを知ることができます。

実際の面接でもクライアントの同意の元、キャリアコンサルタントが同席しているケースも多々あります。

つまり実際の面接で質問された内容をしっかりとストックしているため、より具体的で実践向きのサポートを受けることができるのもメリットです。

登録する(無料)

5位:Fashion HR

Fashion HRは、株式会社キャリアインデックスが運営するアパレル専門の転職求人エージェントです。

キャリアインデックスは、2005年に設立され、東京に拠点を置く企業です。そのため、Fashion HRが取り扱う求人のほとんどが首都圏近郊に偏っているという傾向はあります。

ただ、雇用形態については正社員・契約社員・派遣社員・アルバイトなど幅広く扱っています。

さらに、アパレルに関する教育や研修などのセミナー企画・運営も行っていますので、転職初心者でも安心して登録することができます。

登録する(無料)

【良い】Webサイトのコラムやコンテンツが充実

Fashion HRは、コラムが充実しているという特徴があります。業界について、職種について、経験者のインタビューなどアパレル業界について具体的に知ることができる有益なコラムがWebサイトに多数掲載されています。

登録しなくても閲覧することは可能ですので一度目を通してみると参考になるでしょう。

またメールアドレスを登録をすれば、最新の求人情報をメールで配信してもらえるサービスもありますので利用してみるとよいでしょう。

【良い】スカウト、ダイレクトアプローチが特徴

Fashion HRにはスカウトサービスがあります。企業からのスカウトだけでなくアパレルに特化した転職エージェントからもスカウトを受けることができるのが特徴です。

Fashion HRに登録して、プロフィールや職歴などを入力するだけで簡単に利用できるシステムですので、ぜひ登録してみましょう。

また、スカウトとは別にダイレクトアプローチと言って、世界的なデザイナーズブランドからカジュアルブランドまでアパレル業界では知名度の高いブランドと直接やり取りをしているのがFashion HRの特徴でもあります。

これは国内のアパレル関連転職エージェントでもほかにはないと言われていますので、キャリアアップを目指して転職を考えている人などは登録をおすすめします。

【注意】コーディネーター不在の不安感

Fashion HRは、国内外の有名ブランドが直接求人を出している国内唯一の転職エージェントです。

ただ、問題なのは間に入ってくれるコーディネーターがいないという点です。上で紹介したダイレクトアプローチというのも一見よさそうに見えますが、実際は直接企業とやり取りをする必要があります。

一般的な転職エージェントは企業との間に入ってサポートしてくれるので求職者の負担が少ないというのがメリットです。

Fashion HRの場合、簡単な面談は行ってくれますが、企業とのやり取りは自分で行う必要があります。

一流企業と直接のやり取りするなんてと不安に思う方にはあまり向いていませんね。

ただ、それでもキャリアアップをしたい!という強い意志のある人にはおすすめです。

【注意】海外ブランドとの取引が多め

Fashion HRのもう一つの特徴は、国内ブランドよりも海外ブランドの求人比率が高いという点にあります。

海外ブランドでの仕事に興味がある人にとっては登録する価値があると思います。

ただ、企業と直接やり取りをするので、場合によっては英語などの語学力が試されることもあるということは覚えておいた方がよいでしょう。

もちろん国内ブランドとの取引もあります。ただ、全体的にみるとやはり海外ブランドの方が多めです。

アパレル業界でもどちらかというと外資系に近い求人を取り扱っているのがFashion HRだということは頭に入れておいた方がよいでしょう。

登録する(無料)

アパレル業界への転職に強い転職エージェントまとめ

アパレル系に強い転職エージェントの詳細について一覧にまとめました。

クリーデンスファッショーネエランアパレル転職なびFashion HR
求人数2800件700件以上2000件以上300件7600件
非公開求人多数あり1000件以上多数あり多数あり多数あり
登録方法WebサイトWebサイト・電話WebサイトWebサイトWebサイト
利用料無料無料無料無料無料
特徴販売以外、デザイナー、パタンナー、Web運営などにも対応初心者からベテランまで幅広く対応大手アパレルブランド、百貨店、デパートなどの求人に対応未経験の転職にも対応勤務形態が幅広い
拠点関東、中部、関西東京、大阪、名古屋、福岡東京、神奈川、大阪、神戸、名古屋東京東京

 

アパレル業界への転職は、複数の転職エージェントを活用して効率的に進めよう

さて、5つの転職エージェントを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

ここで紹介した以外にもアパレル系に強い転職エージェントはたくさんあります。

アパレル系専門でなくてもアパレルに関連した求人を保有している転職エージェントもあります。

ただ、求人数やアドバイザーの専門性を考えると専門の転職エージェントに登録しておいた方がメリットも高いでしょう。

また転職エージェントを利用するメリットとして、特にアパレル関係では面接の際の服装をアドバイスしてもらえるというのは大きいです。

面接というと基本的にはスーツというイメージですが、アパレル業界に関しては面接の時のファッションも採用不採用の基準になるケースが多いです。

そのため、面接の際にどんなに自分なりに気合いを入れて臨んでもその企業が持っているブランドイメージとかけ離れてしまっているとそれだけで第一印象がマイナスになる可能性もあります。

もちろん面接で大切なのは見た目よりも中身です。ただ、アパレル業界で働くということは、どの職種であっても見た目のセンスや所作振る舞いのセンスが問われることは間違いありません。

その点で、専門の転職エージェントではその企業が持っているブランドイメージなどをきちんと把握しているアドバイザーが在籍しています。

そのため、面接に挑む際にどのようなスタイルで望めばよいか、どのような所作振る舞いをすればよいかまできっちりとアドバイスしてもらえるケースが多いです。

「ラグジュアリーブランド」「カジュアルブランド」というだけでも身につけるものはかなり変わってきますね。

アパレル業界での転職を勝ち取るためには、自らのセンスを磨く努力も同時に行うことが必要となるでしょう。