実際に『ハタラクティブ』を利用した人の評判を徹底分析!

『ハタラクティブ』は登録すべきですか?
ハタラクティブなどの転職エージェントは、メリットやデメリット、実際に利用した人の口コミを参考にした上で、利用するようにしましょう。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。ぜひハタラクティブについて詳しく教えてください!
はい。この記事では、ハタラクティブの基本的な情報や利用すべき人について詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

ハタラクティブは、メディア事業、人材関連事業、システムエンジニアリング事業を展開するレバレジーズ株式会社が運営する転職エージェントです。2005年からエンジニア・医療領域を軸に、様々な業界のキャリアサポートを展開しており、特に20代をベースに若者層の第二新卒、既卒をはじめとした転職活動をサポートしています。

今回は、そんなハタラクティブの詳細に触れながら、どのような人におすすめの転職エージェントなのかという点について深く掘り下げてみたいと思います。

目次

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: パソナキャリア、2位: リクルートエージェント、3位: マイナビエージェント

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

『ハタラクティブ』の詳細

ハタラクティブ

まずはハタラクティブの転職サポートの内容について一覧にして紹介しておきたいと思います。

求人数1500件以上
非公開求人1000件以上
コンシェルジュの質高い評価を得ている
提案力若者層に特化
特徴未経験、職歴なしでもサポート
登録者数累計で100000人
登録方法Webサイトから簡単登録
利用料全てのサポートが無料
対応エリア東京、千葉、埼玉、神奈川、大阪近郊(地方からの転職もサポート)

『ハタラクティブ』の求人数について

ハタラクティブに関連した口コミを見てみるといくつかの傾向があることが分かります。まずはその中でも求人数に関する傾向をまとめておきましょう。

【いまいち】ハタラクティブが保有する求人数

まずハタラクティブが保有している求人数がから見てみましょう。大手の転職エージェントが、数万件、数十万件という求人を保有している中、ハタラクティブの求人数は1500件と少なめです。

転職エージェントの比較項目としてよく挙がるのが、登録しなければ見ることができない非公開求人数です。公開求人数が少ないエージェントでも非公開求人が多数あるというケースは少なくありません。

その点についてハタラクティブはどうかというと、非公開求人は1000件程度にとどまっています。つまり、公開、非公開を合わせても全体で2500件ほどの求人ということになります。これは大手に比べるとかなり少ない印象があります。

【注意】関東圏の案件が中心

求人数少ないということは必然的に保有している求人のエリアも狭い可能性が高くなってきます。ハタラクティブの拠点は、東京・渋谷、立川、池袋、秋葉原の4拠点に限られています。そのため、求人の大半が関東圏に絞られているという特徴があります。もちろん他の地域の案件もないわけではありませんが、ほとんどの求人が関東圏であるという点は頭に入れておいた方がよいでしょう。

地方での転職を考えている場合には、他のエージェントとの併用などを検討した方がよいといえます。

『ハタラクティブ』の求人の質は?

転職エージェントを選ぶ基準として求人の数と同等に求人の質が重要になってきます。ハタラクティブは、求人の数は大手に比べると少ないですが、質についてはどうでしょうか?ここではハタラクティブが保有する求人の中身について見ていこうと思います。

【良い】20代を中心に若年層に特化している

ハタラクティブの求人の特徴は、常に1000件以上の非公開求人、中でも未経験歓迎の正社員求人を保有している点にあります。他のエージェントから断られた人でも応募者の経歴を問わないハタラクティブなら求人を紹介してもらえたという声も多く寄せられています。

例えば高卒なので正社員の道は諦めていたという女性でも、20件以上の正社員の案件を紹介してもらえたという実例もあります。20代でまだキャリアも少なく転職に迷っている人でもハタラクティブなら安心して登録することができます。

【良い】内定率が高い

ハタラクティブが公式で発表している内定率は「80.4%」と高めです。第二新卒特化型としては最大手と言われている転職エージェントなので、内定率の中でも若者層の数が圧倒手に多いといえます。

もちろん他の年齢層で内定を勝ち取った人もいます。ただ、特におすすめなのは20代で職歴の浅い人です。

【注意】高望みすると難しい

キャリアが少なく、職歴が浅い人でも求人を紹介してもらえるのがハタラクティブのメリットです。中卒・高卒・大学中退、フリーターでもOKとのことです。ただ、勤務地や希望の年収などについてあまり高望みをすると紹介を断れてしまうケースもあるようなので注意が必要です。

あくまでもこれから先にキャリアを積んでいくための足がかりとしての就職という視点で考えておくことが大切です。いきなり、ハイスペックな求人を求めようとするとなかなか条件に合う求人には出会えないですし、エージェント側からも紹介してもらえない可能性もあるということは頭に入れておきましょう。

逆を言えば、エージェントがあなたに合うと判断して紹介してくれた求人に関しては、しっかりと対策を練って応募すれば内定をもらえる確率はアップするということです。

【注意】ハイスペックな求人を求めている人には向かない

何度も紹介してきましたが、ハタラクティブは若年層をメインターゲットにした転職エージェントです。そのため、年齢層が高く、キャリアもあるという人にはあまりおすすめしません。特にキャリアアップや年収アップを求めて転職を希望している人は他のエージェントに登録することをおすすめします。

求人の分野についてはIT、流通、人材・教育、広告・マスコミ、メーカー、建築・不動産など幅広く取り扱ってはいます。内定内容を見てみると1位はIT・通信、2位は建設・不動産、3位は飲食などとなっています。ただ。具体的な企業名は挙げられていませんし、ハイスペックではないことは口コミの傾向から見ても明らかです。

【いまいち】ハローワークの求人と大差ない

ハタラクティブを利用した人の声の中には「求人がハローワークと大差ない」という声も多々見られます。これについては、やはり第二新卒や若者層をターゲットにしているため、仕方ないといえるでしょう。

大手の求人はほぼないと思っておきましょう。ほとんどの案件が中小企業ですし、仕事を選り好みすることも難しいでしょう。では、ハローワークで十分じゃないかと思うかもしれませんが、ハローワークと転職エージェントの違いは転職活動のサポートの手厚さの違いにあります。

特に転職初心者の人などは転職エージェントであれば書類の作成から面接対策までしっかりとサポートしてもらえます。登録も無料でサポート利用も無料なのでハローワークも利用しながら転職エージェントも利用するという方法もあります。

『ハタラクティブ』のアドバイザーの質はどうか

求人数、求人の質の次に気になるのが、実際にサポートをしてくれるアドバイザー、コンシェルジュがどこまでサポートしてくれるのかという点だと思います。求人数が多くて求人の質がよくてもそれを紹介して話を進めてくれる担当者がしっかりと対応してくれなければ求職者としては不安を感じますよね。

そこでここからはハタラクティブのアドバイザーの質について分析してみたいと思います。

【良い】サポートが丁寧で安心

ハタラクティブを実際に利用した人の声を見てみると「アドバイザーの対応がとても丁寧だった」というものが多く見られました。

数字で見ると分かりやすいのですが、サポートについては書類審査通過率91.4%、内定率80.4%というとても高い実績を誇っています。サポートといってもいろいろなものがありますが、ハタラクティブの場合は総合的に見て全体のサポートが万遍なく行き届いていて全てにおいて信頼がおけるという印象です。

【良い】マンツーマンのサポート体制

ここまで見てきて、ハタラクティブは大手の転職エージェントとは違う点も多くあることに気がついたと思います。大手ではアドバイザーやコンシェルジュの数も桁外れいに多いところが多々あります。ただ、登録者も多数いるので1人のアドバイザーが複数の求職者を担当するというケースや担当者がコロコロと変わるというケースもデメリットとして挙げられることが多くあります。

その点でいうと、ハタラクティブは1人のアドバイザーが1人の求職者の転職を初めから最後までしっかりとサポートするマンツーマン体制を取っています。そのため、最初に相談した内容をしっかりと把握してくれているアドバイザーがあなたにあった求人を紹介してくれて、面接対策や書類対策もしてくれます。さらには、人生プランの相談にものってくれるのでこれからキャリアを積んでいきたいと考えている人にとってはとても心強いサポートをしてもらえるともいえます。

『ハタラクティブ』の提案力はどのくらい?

ハタラクティブに寄せられている口コミを分析してみると、アドバイザーの質に対しては高い満足度を得ていることがわかります。アドバイザーの質と深く関わってくるのが転職エージェントの持つ提案力です。求職者がいかにスムーズに転職活動を進めることができるかを考えて、それぞれの活動に合ったさまざまな活動を提案してくれるアドバイザーに出会うことが転職成功への近道です。

そこで、ここではハタラクティブの「提案力」に焦点を当ててみたいと思います。

【良い】就職カウンセリングを受けられる

転職エージェントはたくさんありますが、登録して最初に行うのが求職者の転職に対する希望条件などのヒアリングです。多くのエージェントは、転職に向けてヒアリングを行い、そこから求人の紹介をスタートするというのが手順となっています。

その点からいうと、ハタラクティブではアドバイザーがヒアリングだけでなく「就職カウンセリング」を行ってくれます。この点については実際に利用した人からも高い評価を得ています。

具体的にはヒアリングした内容を元にして自分が「どんな業界・業種が向いているか」などについてアドバイザーが一緒に考えてくれます。特にこれまでの仕事があまり向いていないと感じている人やフリーター歴が長い人、アルバイト経験しかない正社員未経験といった人にはこのカウンセリングはおすすめです。

これから先の人生設計はもちろんのこと、キャリアプランを考えるきっかけにもなり、自分次第では人生の転機にすることもできるでしょう。既卒・第二新卒といった、キャリアに自信が無い人には特にハタラクティブに登録して就職カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

【良い】書類添削が的確

転職活動の初めの1歩は書類作成ですね。求人に応募する際には履歴書、職務経歴書などを提出する必要があります。この書類選考に合格しないと次のステップには進めませんので書類の書き方というのはとても重要になってきます。

特に既卒、第二新卒やキャリアの少ない人が自分で書類を作成して求人に応募すると書類審査の段階で落とされてしまうケースは少なくありません。ただ、ハタラクティブでは、これまでのキャリアが少ない人や転職に対してあまり自身がない人でも書類選考に合格できるようなコツをしっかりと教えてくれると評判です。

特に重要となる志望動機については、今までの職務経験で得たことや今後どうしていきたいかなどをわかりやすくアピールできるような文章を一緒に考えてもらえます。

さらに書類選考に合格するには、アドバイザーが求職者の良さを直接企業に売り込んでくれるという点も重要です。ハタラクティブのアドバイザーは、ただ書類を添削するだけでなく、企業に対しての求職者のアピールもしっかりとしてくれます。

【良い】面接対策が万全

書類選考に合格したら次はいよいよ面接ですね。何を質問されるのか、何を着ていけばよいのか、不安だらけになると思います。

ハタラクティブでは、書類選考に合格したら次は面接対策をしっかりと行ってくれます。これまで何回も面接に落ちてしまって自信を失っていたという人もハタラクティブの面接対策を受けたことで自信を取り戻せたという声も寄せられています。

ハタラクティブでは独自の「面接対策講座」を実施しています。ここからは具体的に面接対策講座の内容についてみて見ましょう。

まず面接を受けるための「準備講座」です。ここでは面接全般のポイントとなる部分について説明を受けます。面接に挑む際の心構えや服装、基本的な動作についてなど細かな部分について説明してもらえます。

次に「模擬面接」です。これはいわゆる当日の面接の流れを確認するための練習です。応募した企業に合わせてよく聞かれる質問やその回答のポイントなどについても解説してもらえます。事前にしっかりと練習しておくことで心の準備にもなりますし、当日の緊張感も少しは和らげることができるでしょう。

大体の転職エージェントが、この模擬面接の段階でサポートが終了します。ところがハタラクティブでは、さらに手厚いサポートが用意されています。模擬面接をした後に、「フィードバック」として自分の面接で改善した方がよいポイントを教えてもらうことができます。

こうした細かな部分にまで徹底した面接対策がハタラクティブに登録するメリットといえるでしょう。

【良い】企業との交渉を代行してくれる

転職エージェントを利用するメリットで多く挙げられるのが「企業との交渉の代行」です。ハタラクティブのアドバイザーも他のエージェント同様に応募企業との交渉を代行してくれます。

特に複数の企業に応募している場合には、面接日程が重なってしまったりとスケージュルの管理が案外大変だったりします。ハタラクティブのアドバイザは、求職者の空いている候補の日程を把握して企業との日程調整をしてくれるため、現在働いていてなかなか時間が取れないという人でも安心して転職活動を進めることが可能です。

さらに自分では交渉しにくい勤務時間や勤務体系、報酬についての希望などもアドバイザーに伝えれば企業と交渉してくれます。もちろん思い通りに行くかどうかはわかりませんが、納得いかないままで就職するよりは一度でも交渉してみてスッキリしてから働く方がよいでしょう。

希望がある場合にはしっかりとアドバイザーに相談しておくことが大切です。

【良い】仕事に関する知識が少ない人向けのコンテンツが充実

転職サイトというと、Webサイト上に設置されたコンテンツやツールの便利度も決め手となることが多いでしょう。

ハタラクティブに関しては、若者、第二新卒者を対象にしているだけに、こうしたターゲット層向けのコンテンツがかなり充実している印象を受けます。

具体的には、中卒、高卒、既卒、第二新卒、大学中退、大卒、第二新卒、大学院中退、ニートと個々の条件に合わせた転職活動の仕方を丁寧に解説した「就活のコツ丸わかりガイド」が便利です。それぞれの条件に合わせた仕事の探し方、就職先の特徴、どんなサポートが受けられるか、体験談など豊富な情報を得ることができます。

また、お役立ちコンテンツとしては「職種図鑑」「業界図鑑」が便利です。職種別、業界別に分類されたページにはそれぞのの仕事についての内容が詳細に記載されています。これからキャリアを積もう、自分にはなにが向いているのかわからない、そもそもどんな仕事があるのかわからないといった人は目を通すだけでもかなり勉強になるわかりやすいコンテンツになっています。

これらのコンテンツは登録しなくても見ることができますので、まず覗いてみてから登録を検討するというのも1つの方法です。

【良い】チャットツールが便利

ハタラクティブでもう一つ便利なのが「チャットツール」です。転職エージェントを利用している人の声で多いのが、アドバイザーとのやり取りにかなりの時間を費やすので大変というものです。もちろん、よい転職先を見つけようと思えばエーシェントと蜜に連絡を取り合って活動を進めていくことは大切なことです。

ただ、中にはアドバイザーと話すのが緊張する、仕事をしているので電話での対応がなかなか難しいといった人もいるようです。ハタラクティブではこうした人のためにアドバイザーとはメールやチャットで気軽に連絡が取れるようなシステムも取り入れています。

メールやチャットでは、スケジュールの管理についてなどの転職活動についての相談に限らず、キャリアについてや今後についての相談なども気軽にすることができると高い評価を得ています。

『ハタラクティブ』の登録方法と登録者数はどうなっている?

登録者数が多い転職エージェントは、人気が高そうでなんとなく安心感もありますね。たくさんの人が利用している方がなんとなくサポートにも慣れたアドバイザーが多そうなイメージもあるので転職活動がスムーズに進むような気もするでしょう。

ただ、登録者が少なめで知名度も低めの転職エージェントでもしっかりとしたアドバイザーが在籍していて、ツールやコンテンツが充実しているところはたくさんあります。登録者数が少ない分、手厚いサポートを受けることができるというケースもあります。実際にハタラクティブは、アドバイザーとマンツーマンでやり取りができるというメリットがあります。

では、ハタラクティブの登録状況はどうなっているのでしょうか。ここは良い悪いという振り分けではなく単純に現在の状況について説明をしておきたいと思います。

登録者数の累計は10万人

ハタラクティブの創業は、2005年です。つまり2018年現在でおよそ13年の実績があるということになります。これまでに転職をサポートしてきたのは累計で10万人以上となっているので、単純計算すると年間に1万人程度の登録者がいたということになります。

大手では、年間だけで30万人の登録者がいたりと少し桁外れな感じがしますが、ハタラクティブは大手と違って年齢層をかなり絞り込んでいますのでさほど少ないという印象はありません。

登録方法は簡単

ハタラクティブに登録するには、まずWebサイトを検索します。サイトを開くとすぐに赤いボタンで「まずは相談してみる」という表示が出てきます。そこをクリックすると登録画面が開きます。

30秒で登録完了とうたっているだけあって、登録する際に記入する内容は他のエージェントに比べて非常に少ない印象です。わかりやすいように大手のエージェントの登録時の内容と比べてみたいと思います。

dodaハタラクティブ
氏名氏名
性別性別
生年月日誕生日
住所住所
メールアドレス(会員ID)メールアドレス
電話番号携帯番号
現在の勤務状況(現職か離職中か)現在の状況
勤務先の会社名卒業年
転職した回数転職希望時期
雇用形態希望勤務地
勤務時間
業種
職種
現在の年収
doda用のパスワード
卒業年
最終学歴

今回は、全国に求人を保有している大手転職エージェントdodaとの登録内容を比較してみました。一覧を一目しただけでもおわかり頂けると思いますが、ハタラクティブが10項目なのに対してdodaは17項目とかなり多くの内容を記入しなければならないことがわかります。

一般的に大手になればなるほど登録の際に記入しなければいけない情報が多くなると言われていて、およそ20項目が目安とされています。もちろん簡単な内容なので数分もあれば登録が完了するところがほとんどですが、ハタラクティブの場合は、特に働いた経験の少ない人をターゲット層にしているので前職や現職についての質問が少ないというのも特徴です。

対応拠点は少なめ、求人エリアも絞られている

ハタラクティブの拠点は主に東京です。渋谷、秋葉原、池袋、立川の4拠点で面談などの対応をしています。そのため、口コミをみても関東圏のものに絞られている印象が強いです。

他の転職エージェントと大きく異なるのは求人を閲覧することができないという点です。大手のエージェントなどになると登録しなくても、求人を検索したりある程度の内容までは閲覧することができるようになっています。

ただ、ハタラクティブでは登録しないと求人を見ることができず、紹介される求人もほとんどが都内近郊であるとされています。ただし、Webサイトを見ると大阪での転職活動もサポートとありますので、東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪近郊であればサポートしてもらうことは可能なようです。

しかしながら、やはりそれ以外の地方で転職を希望している人にはあまりおすすめできない転職エージェントではあります。

『ハタラクティブ』への登録をおすすめしたい人は?

さて、ハタラクティブの詳細について説明してきましたが、いかがだったでしょうか?まとめとしてハタラクティブの特徴についてもう一度簡単にまとめておきますので自分にメリットがあるかどうか、登録する必要があるかどうかについて検討する材料にしてみてください。

20代で正社員として働いた経験がない、または少ない人

ハタラクティブがメインターゲットとしているのは若者層です。特に20代で正社員として働いた経験がない、または少ない人にとっては登録する価値のある転職エージェントであるといえるでしょう。

これまでアルバイト経験しかない、フリーターだった、学歴がないなどという理由でなかなか転職活動に踏み切れないという人もいるでしょう。そうした人でもハタラクティブでは転職活動を一からサポートしてくれます。

実際にハタラクティブを利用した人の声を分析して見ると、社会人経験がない状態から転職活動した人のおおよそ3人に2人が内定を獲得しているようです。ハタラクティブの内定率が8割を超えている点から考えてもこれは確実であることがわかります。

未経験の職種への転職を希望している人

若者層へのサポートが充実しているという点から、職業に対する基礎的な情報をたくさん得ることができるのもハタラクティブの特徴となっています。

職種、業種と言われてもなんのことかわからないというレベルの人でも安心して登録することができます。自分が何ができて、何に向いているのかわからないので、仕事を探すといっても無理という人でも大丈夫です。

ハタラクティブのWebサイトを見るとよくわかりますが、転職というよりも働くということが何なのかというところから詳しく解説している印象を受けます。そのためアドバイザーもそうした視点でのアドバイスをしてくれるようです。もちろん、多少の職歴があるけれど今の仕事が向いていない気がするので未経験の仕事に就いてみたいと考えている人でも安心して利用することができます。

ただ、逆にいうとある程度キャリアがあってこれからさらにキャリアアップしたい、年収アップしたいという希望が強い人については他のエージェントをおすすめします。

他社からサポートを断れた経験がある人

年齢が若くて、職歴が少ない人は大手の転職エージェントから求人の紹介を断られるケースも少なくないようです。大手の場合には、キャリアや能力、現在の年収などで線引きをされてしまうこともあります。

また、登録は比較的簡単にできるので登録段階では問題がなかったとしても、実際にアドバイザーと面談したり電話で話をした段階で「あなたには紹介できる求人はありません」と厳しい判定を受けてしまうこともあるようです。

こうした点でいうと、上でも紹介したようにハタラクティブは登録時に記入する項目も少なく、現職についてやスキルについて聞かれることはありません。そのため、ほとんどの人が登録可能で、サポートについてもしっかりと受けることが可能です。

ハタラクティブ関連の専門サイト

ハタラクティブには、若者向け転職エージェントのほかに人材派遣の仕事を紹介する「ハタラクティブ派遣」と、アパレル職に特化した正社員転職エージェント「FASSIONE」を展開しています。

特に「FASSIONE」は、首都圏に求人が絞られますが有名ブランドの求人を多数取り扱っており職種も販売だけでなく、デザイナー、パタンナー、バイヤーなど幅広く保有しています。

また、未経験からのアパレル業界の転職も支援してもらえるので、特にファッション業界に興味があって、これからキャリアを積んでみたいと考えている人にはおすすめの転職エージェントです。

また、正社員を目指しているけれどいきなりは難しそうという人には「ハタラクティブ派遣」もおすすめです。未経験にやさしいキャリアサポートをテーマにした細やかなサポートが評価を受けています。

派遣ではありますが、企業・本人が合意した場合には、契約社員、正社員への契約切り替えが行われる求人が多く、派遣からの正社員登用率は82%と実績も高くなっています。

このようにハタラクティブは、若者層に対して複数の角度から働くということについて基本的なところから丁寧にサポートしてくれる転職エージェントです。具体的に自分の将来像が見えていない、何かしたいのかわからないと仕事に対してマイナス思考になっている人はまずハタラクティブに登録して、アドバイザーと話をするだけでも働くということに対して何かが開ける可能性があるでしょう。