IT企業に強い転職エージェント8選&メリット・デメリットをご紹介

IT業界に転職したいんですけど、そういう系に強い転職エージェントってありますか?
もちろんあります。ただ、数が多いので、利用するときに迷ってしまうかもしれません。

キャリアコンサルタント

そうなんですか。絞ってもらうことってできますか?
できますよ。この記事では、IT系の転職に強い転職エージェントを、&careerが厳選してご紹介しています。

キャリアコンサルタント

ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

成長段階にあるIT企業は大手、中小企業以外にベンチャー企業の求人も多数あります。ITの技術は常に変化を遂げているため、どの会社にはいれば1番よいかというのはなかなか決めにくいでしょう。

そうした時にぜひ利用してもらいたいのが、IT系に強い転職エージェントです。IT企業への転職が初めてという人向けのエージェントから、即戦力になるキャリアの高い人向けのエージェントまでIT関連に強い転職エージェントは多数あります。

ここではその中でもとくにオススメしたいIT系の求人に強い転職エージェントについてまとめていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

IT業界での転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

IT系転職エージェントのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【2019年最新】おすすめのIT転職サイトを目的別に厳選!
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

IT業界に特化した転職エージェントを活用して転職活動をスムーズに進めるには?

冒頭で述べたようにIT業界での転職活動をスムーズに進めるためには転職エージェントを利用することがおすすめです。

まずは転職活動をスムーズに進めるためのコツについてお話しておきたいと思います。

IT業界専門の転職エージェントを利用しよう

IT業界にで転職するには、IT業界専門の転職エージェントを利用しましょう。

ポイントは「IT業界専門」の転職エージェントを利用することです。求人を閲覧するのはもちろん、自分の希望やスキルに合った企業とマッチングできるかどうかが重要です。

専門性の高い転職エージェントは、以下のような点を見てみるとわかりやすいでしょう。

  • IT業界で働いた経験のあるアドバイザーがいる
  • IT業界での転職経験があるアドバイザーがいる
  • IT転職成功者の事例がたくさんある
  • 企業情報が豊富にある

専門性以外の点では以下の点についてもチェックしておくとよりよいエージェントに出会うことができるでしょう。

  • 対応エリア
  • 求人の質
  • 未経験者OKかどうか

転職エージェントを最大限に活用するには?

IT系に特化したものも含めて、世の中にはたくさんの転職エージェントが存在します。それらを最大限に活用するためには、「転職エージェント」についての理解を深くして、それぞれの特性や注意点について熟知している必要があります。

以下の記事では、転職エージェントについて詳しく解説しています。ぜひ、こちらにも目を通しておいてください。

転職エージェントとは?転職を成功に導く完全マニュアル【2019年版】

IT系の企業転職に強い!転職エージェントランキング

さて、ここからはいよいよ具体的な転職エージェントの名前をあげておすすめを8つほど紹介したいと思います。

気になった転職エージェントはぜひ一度サイトに飛んでみてください。

転職エージェントによっては登録しなくても見ることができるコラムなどもありますので参考にしてみてください。

1位:レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT・Webに特化した転職エージェントです。専門型の転職エージェントなので一般的な知名度は低いです。

ただ、IT業界での転職では大手の部類に入ります。もともとは、システム受注などを中心に展開する企業だったためコンサルタントもIT業界に精通している人が多いという特徴があります。

IT・WEB系への転職を希望している人はまず登録をおすすめする転職エージェントです。

【良い】独占求人、ハイクラス求人が多い

レバテックキャリア最大の特徴は、普通の転職エージェントが保有していない求人を多く持っていることです。

これは、年間を通じて3000回以上にわたって企業訪問を行なっている実績から得られたものと考えられます。

特に非公開やハイクラスの求人が多数そろっているのは求職者にとって大きなメリットですね。

さらに企業訪問によって構築された信頼から、よい条件の求人を引き出すことも可能です。

【良い】キャリアアドバイザーの質が高い

レバテックキャリアのキャリアアドバイザーは、IT業界に精通した優秀な人材が多数在籍しています。

IT・Web業界に精通しているエージェントであるということは、業界における常識や専門的なワードについてもしっかりとした知識を持っているため相談がしやすいというメリットがあるでしょう。

専門性の高い業界での転職だからこそ、求職者の希望をしっかりと把握できるアドバイザーの存在は大きいでしょう。

紹介企業の雰囲気やキャリア、働き方にもきちんと配慮した求人を紹介してもらえます。

【良い】独自のヒアリングで求職者を手厚くサポート

レバテックキャリアが独自に行なっている自己分析・『強み発見テクニカルヒアリング』は、求職者が自分でも気づいていなかったスキルなどを発見してくれると好評です。

レバテックキャエリアのキャリアアドバイザーは、このヒアリングの結果を元にして、求職者を企業に推薦するための推薦状を作成したりします。

また、徹底した履歴書、職務経歴書の添削や模擬面接も好評です。特に面接は、企業別対策を行い、ヒアリングで見つけた強みを的確にアピールできるようにアドバイスしてもらえます。

こうした細かなサポートで、ハイクラス求人への内定の可能をより高いものにしてくれるとの声も寄せられています。

【注意】未経験者OKの求人もあるけれど

レバテックキャリアの求人の中にはIT業界未経験者OKの求人もあります。ただ、この「未経験」も2つに分類されるということを知っておきましょう。

まず1つは完全なる未経験=IT業界で働いたことがないというケースです。この場合は、求人がかなり少ないです。転職という時点で、企業側は即戦力を望んでいます。

そのため、全く未経験であってもある程度の知識やスキルは持ち合わせていないと、完全な素人からの転職というのはかなり難しい分野であるということは頭に入れておきましょう。

2つめはIT業界にいたけれども、業種が違うというケースです。上の項目でも説明していますが、IT業界にはいろいろな職種があるため、同じ業界内でも全く違う仕事をしているということは多々あります。

つまり職種を変えての転職となると未経験の部類で求人を探さないといけないということです。

レバテックキャリアは、どちらの未経験者にも手厚くサポートしてくれますが、求職者側も知識やスキル面である程度の努力をしながら転職活動をすることは必要条件となるでしょう。

2位:ワークポート

WORKPORT

ワークポートは、2003年に設立された人材紹介サービス企業・株式会社ワークポートが運営する転職エージェントです。

15年にわたり総合型の転職エージェントとして事業を展開しており、中でもIT、ゲーム業界に強く業界内での知名度は高い方です。

転職についてのノウハウだけでなく企業の採用担当との深いつながりがあることから、コンシェルジュの質の高さにも定評があります。

【良い】IT、ゲーム業界に強い総合型エージェント

ワークポートは、総合型の転職エージェントですが、特にITやゲーム業界に強いという特徴があります。

具体的にはワークポートが保有する求人のおよそ半分がIT、ゲーム業界の求人となっています。検索する際の職種もかなり細かく分類されているため希望にあった仕事が見つけやすいという声も寄せられています。

【良い】ツールを便利に使いこなしてスムーズな活動

ワークポートには便利な2つのツールが用意されています。1つは「eコンシェル」、2つめは「ピコジョブ」です。それぞれの特徴について簡単にまとめておきましょう。

  • eコンシェル
    ワークポートに登録した人だけが使えるツール。
    求人検索(一部非公開求人の検索を含む)、面接スケジューツの管理、応募・先行状況の確認、転職コンシェルジュとのメール機能、選考中の企業に関連したニュースリリースの配信
  • ピコジョブ
    スマートフォンで利用できるアプリ。チャットアプリなので、これを利用すれば転職コンシェルジュと気軽にいつでもやり取りをすることができます

【良い】無料のエンジニアスクールを開講

ワークポートでは、未経験者向けの無料エンジニアスクールを開講しています。「開発エンジニアコース」と「インフラエンジニアコース」の2つのコースから自分に合ったコースを選択して無料で利用することができます。

未経験でITエンジニアを目指す人にはおすすめです。なぜなら、いくら未経験OKという求人でもやはり転職者となると即戦力としての期待も少なからずあるからです。

全くなにも知識がない状態でのIT業界への転職というのは、本当に自分にこの分野が向いているのかもわからない状態で就職するということです。

専門性の強い業界ですので、入ってみてやはり自分にはできそうにない…などとなっては困ります。そのためにも転職をする前にまず自分にITが向いているのか、本当についていけるのかを確認するためにも無料スクールは利用する価値があるでしょう。

ワークポートの口コミ

実際にワークポートを利用してIT業界の転職をされた人の口コミをご紹介します。

24歳女性・プログラマ

IT関係の求人のみの紹介していただきましたが、自分では探せないような求人も紹介していただけました。ただ求人の分量が多いだけではなく、転職エージェントを使う価値がある求人紹介であったと思います。

3位:マイナビエージェント×IT

マイナビエージェント × IT

マイナビエージェント×ITは、大手人材派遣会社・株式会社マイナビが運営するIT専門の転職エージェントです。

保有する求人のうち8割が非公開求人となっています。求人の質としては大手企業よりも中小企業の方が多い印象です。

キャリアアップや年収アップを目指しての転職の場合には他のエージェントとの併用も検討した方がよいかもしれませんが、中小企業も範疇に入れているならおすすめです。

【良い】キャリアアドバイザーが業界経験者

「マイナビエージェントIT」は、IT・Web業界に特化した転職エージェントです。保有している求人のおよそ3割をIT・通信系が占めています。

そのためキャリアアドバイザーも自身がIT業界で働いた経験を持つ人が多いのも特徴です。

専門的な視点から求人には掲載されていない企業の雰囲気や残業時間、福利厚生などについての情報も教えてもらえます。

4位:Forkwell(フォークウェル)

forkwell scout 登録する(無料)

フォークウェルは、株式会社grooves(グルーヴス)が運営するIT専門の転職エージェントです。

特にエンジニアの転職に強い傾向があります。エンジニア向けの転職活動がスムーズに進むように6つのサービスを用意しているのもフォークウェルの特徴です。

また、時代とともにどんどんと進化を遂げているIT市場では、大手の老舗企業求人も人気ですが、新たなビジネスモデルを開発して創業から2、3年の「スタートアップ企業」の求人も人気です。

フォークウェルは、こうしたスタートアップ企業とのつながりが強いのも特徴です。

【良い】6つに細分化されたサービスが特徴

フォークウェルの転職サービスは、特にエンジニアに向けたサポートが手厚いと評判です。

中でもエンジニア向けの転職活動がスムーズに行えるようにと以下の6つのサービスを展開しています。

  1. ジョブズ=エンジニア専門の求人サイトで、スキルや開発環境から企業を検索可能
  2. エージェント=ジョブズと連携して行われているエンジニア専門の転生エージェント
  3. ポートフォリオ=求職者が自分のスキルや成果物について解析し、可視化できるサービス
  4. スカウト=エンジニア専門のスカウトサポート
  5. プレス=エンジニアに必要と思われる情報を掲載しているWebメディア
  6. イベント=エンジニア向けのイベント情報を提供

【良い】スタートアップ企業の求人に強い

フォークウェルは、エンジニア専門の転職エージェントですが、中でもスタートアップ企業とのつながりが強いという特徴があります。

スタートアップ企業とは、創業から2、3年程度で現在市場を開拓途中である企業を指します。

現状での成果を見ると不安になるかもしれませんが、より新しい事業に関わりたいという意欲がある人にはおすすめの転職エージェントです。

登録する(無料)

5位:ギークリー

Geekly

ギークリーは、2011年に設立された比較的新しい転職エージェントです。運営しているのは株式会社ギークリーです。

新しいエージェントではありますが、IT業界に強い経験者のみで設立しているため、企業とのつながりも強く、サポート体制も安定しています。

IT・Web・ゲームの業界専門で、4年以上の人材紹介経験があるキャリアコンサルタントが在籍しているので、求職者のスキルや市場価値を適切に分析してもらうことができます。

【良い】求人数は業界トップクラス

ギークリーは、IT、Web、ゲーム業界の求人に強い転職エージェントです。2011年に設立された比較的新しいエージェントですが、専門業界に特化していながら10000件以上の求人を保有しているというのも強みです。

これは、ギークリーに在籍するキャリアコンサルタントが、IT・Web・ゲーム業界に4年以上の人材紹介経験があるプロのみで構成されていることが大きく関わっています。

キャリアコンサルタント自身もこうした業界での勤務経験がある人が多く、前職からのつながりなども使って求人を確保している傾向があります。

そのため、業界の動向や採用傾向などにも精通しており、求職者のスキルや経験を考慮した上でサポートしてもらえます。

【注意】求人が首都圏に集中

ギークリーの求人は、その9割が東京を中心とした関東近郊に偏っています。そのため、地域での転職を希望している人がギークリーを利用してもまったく求人が見つからないケースもあります。

地方での転職を希望する人は、ほかの転職エージェントとの併用も検討した方がよいでしょう。

6位:TechClipsエージェント

TechClipsエージェントはITサービスを運営する企業が提供している転職エージェントです。また、他の転職エージェントに無い特徴で担当者は現役エンジニアとの特徴があります。

現役のエンジニアが担当者ですので、利用者とのレベル差が少ないです。ITの技術的な話にも適切に対応してもらうことができます。

以下でさらに細かくTechClipsエージェントを解説していきます。

現役エンジニアのハイレベルなサポート

やはりどの転職エージェントにも負けないのは担当者が現役エンジニアであることです。担当者ではあるものの、もはや同じIT業界で働く人と思えるものでしょう。

現役エンジニアが担当者になる理由はTechClipsエージェントは自社でITサービスを開発・提供しています。この人材を転職エージェントにも活用しているからです。

IT業界の転職において現役エンジニアよりも高い知識を持つ担当者はそう多くはありません。TechClipsエージェントでは専門性の高いハイレベルなサポートを受けられます。

対応地域が首都圏のみであるため注意

TechClipsエージェントの注意点は対応地域が首都圏のみであることです。首都圏のみに拠点が有り、その拠点を中心に求人が集められています。

ただ、対応範囲は狭いものの求人一つひとつの内容は好条件のものも多いです。レベルの高いITエンジニアを求めている求人も多数あります。

対応地域が狭いことはデメリットではあります。ただ、首都圏での転職を考えているのであれば、レベルの高いIT求人に出会える可能性もありおすすめです。

求人は量よりも質を求めている

掲載されている求人数は他のIT系転職エージェントと比較すると少なめです。ただ、これは多くの求人を掲載するよりも質の高い求人を掲載していることが背景にあります。

他の転職エージェントでは所有していない求人もあり、独自のパイプがTechClipsエージェントにはあると考えられます。

選択できる求人数が少ないとデメリットに感じてしまうかもしれません。しかし、TechClipsエージェントには少なくとも良い求人が揃っていますので、条件にあうものは見つかるでしょう。

登録する(無料)

7位:リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手といわれている転職エージェントです。IT専門というわけではありませんが。これまでの実績を活かしてIT分野の求人も多数保有しています。

IT関連だけでも3万件以上の求人を保有しているため、求人数だけでみるとIT専門の転職エージェントよりも多い場合もあります。

さらに非公開求人も合わせると相当数の求人を閲覧することができますのでまずはリクルートエージェントに登録しておくとよいでしょう。

【良い】IT業界専門ではないけれど

リクルートエージェントは、IT業界専門の転職エージェントではありません。ただ、人材紹介業界では最大手といわれているだけあり、保有している求人数はトップクラスです。

さらにIT業界に関してもおよそ30000件を保有しています。これは公開している求人数ですので非公開求人を含めるとかなりの数になります。

専門でサポートを行なっているエージェントでもここまでの求人を保有しているところは少ないでしょう。

ただし、求人の質については専門エージェントの方がよいものが多い可能性もあります。併用しながら上手に活用しましょう。

【注意】サポートを断られる可能性も

リクルートエージェントを利用する上で注意しておきたいのは、その時の求人状況や求職者の経歴やスキルによっては、「あなたには紹介できる求人がありません」と転職サポートを断られる可能性があるという点です。

多数の求人を保有してはいますが、求職者側の条件が高いけれどスキルと合っていないなどといった場合には、厳しいアドバイスがある可能性は頭に入れておきましょう。

リクルートエージェントの口コミ

実際にリクルートエージェントを利用してIT業界の転職をされた人の口コミをご紹介します。

46歳男性・インフラSE

少しでも条件のいい仕事先が見つかります。エージェントの担当者が相談相手になるので心強いです。へこたれて転職諦めなくて続けられます。

42歳女性・SE

業界情報を入手でき、傾向や対策などを教えてくれるところが非常に役立ちました。自分が企業からどう評価されるかを客観的に教えてくれる点も、転職する上でためになりました。

8位:パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、株式会社パソナが運営する転職エージェントです。パソナは、本来「パソナテック」という業界最大手のIT派遣事業を運営していた社歴があります。

こうした背景から、求人に表記されている情報にとどまらず、IT業界向けの面接対策についてのアドバイスや業界全体の市場動向など、求職者にとって有益な情報を提供してくれます。

また、求人数だけをみると大手には劣りますが、ほぼ全ての都道府県に拠点があり、サポートも手厚いため転職初心者にとっては登録しておいて損はないエージェントといえるでしょう。

【良い】分野別サポートとスカウトシステムが便利

パソナキャリアは、IT専門の転職エージェントではありません。ただ、キャリアアドバイザーが業界・職種・エリア別に分類して在籍しているという特徴があります。

IT・Web業界についても、保有している求人のおよそ1割を満たしており、業界に特化したキャリアアドバイザーが、業界の動向や企業の情報などについてアドバイスしてくれます。

また、パソナキャリアには一般には公開されていない、非公開求人からオファーを受けることができるスカウトシステムもあります。

スキルやキャリアはあるけれど転職は初めて、忙しくてなかなか転職活動が進まなちという人にはおすすめのシステムです。

【注意】サポートを断られる可能性も

パソナキャリアでは、分野を問わず条件によっては求人を紹介してもらえないケースもあります。

例えば、新卒で働いたことがない、転職回数が多い、一般企業での職歴がないといった人はサポートを断られる可能性も頭に入れておきましょう。

9位:doda

doda

dodaは、パーソルキャリアが運営する業界大手の総合転職エージェントです。

特にIT業界を中心とした求人が多数登録されていることで知られています。これからキャリアアップを目指している求職者にとってはチャンスを掴める可能性が高いエージェントでもあります。

ITに関する専門的な知識を持ったキャリアアドバイザーがしっかりと手厚くサポートしてくれますので、転職に不安がある人でも安心して登録することができます。

【良い】IT専門のアドバイザーと大手企業とのつながり

経験やスキル、年齢を問わずに幅広い層の人が利用できる大手エージェントとしても知名度を保持しています。

総合型の転職エージェントではありますが、IT業界専門のキャリアアドバイザーが在籍しているため、専門的な相談も可能です。

大手企業とのつながりも強く、企業側が新規プロジェクトを行う際にIT専門職が足りないという緊急性が高い場合には、特に短期間で求人を依頼するケースもあります。

IT系に強い転職エージェントまとめ

IT系に強い転職エージェントの詳細について一覧にまとめました。

求人数非公開求人未経験可な求人利用料特徴拠点
レバテックキャリア非公開6200件以上少なめ無料IT・Web全般に強い東京、大阪、福岡
ワークポート12000件以上7000件以上標準無料IT・通信系に強い東京
マイナビエージェント×IT1600件5000件比較的多い無料ハイクラス・エグゼクティブ求人東京、横浜、札幌、大阪、名古屋、福岡
フォークウェル650件約1000件少なめ無料IT・エンジニア向けに強い東京、横浜、札幌、大阪、名古屋、福岡
ギークリー5700件以上6000件以上標準無料IT・Web・ゲーム業界に強い東京
TechClipsエージェント80件以上非公開少なめ無料現役エンジニアが相談に乗ってくれる東京
リクルートエージェント100000件以上多数あり比較的多い無料IT業界未経験でもサポート全国に16拠点
パソナキャリア50000件以上求人の8割少なめ無料IT業界との繋がりが強いほぼ全ての道府県に拠点あり
doda56000件多数あり少なめ無料総合型だがIT系に強い全国に34拠点

複数の転職エージェントを利用して、IT企業への転職を勝ち取ろう

さて、ここまで9つの転職エージェントを紹介してきましたが、これ以外にもIT企業に強い転職エージェントはたくさんあります。

転職エージェントはそれぞれに特徴や強みがありますので、自分に合ったエージェントを見極めて利用することが大切です。

また、念のために付け加えておきますが、IT業界への転職が未経験という人は、スキルや知識がないと捉えられることが多いため、目で見てわかる資格を先に取得したり、学歴を得ておくことをおすすめします。

いくら未経験者OKという条件で求人が出ていても知識が完全にゼロの人と少しでも知識やスキルがある人なら、企業側も教育にかける時間を少しでも減らすために知識のある人を選ぶでしょう。

プログラミングスクールなど、費用はかかりますが短期間に集中してITスキルを学ぶことができるスクールもありますので転職活動をしながら通ってみるのも転職への近道となるでしょう。