JACリクルートメントの評判は?他の転職エージェントとの比較まで!

パソコン 男性
『JACリクルートメント』というのはどういった転職エージェントなのですか?
キャリアコンサルタント
JACリクルートメントは、ハイキャリアな転職に向いた転職エージェントで、海外への転職にも強いとされています。
そうなんですね。実際に利用した人の評判はどうなのでしょうか?
キャリアコンサルタント
はい。この記事は、JACリクルートメントの評判について、&careerが独自に調査した口コミを元に、まとめました。ぜひ参考にしてみてください。

「転職をするには、どこの転職エージェントを利用したら良いの?」と迷っている方はいませんか?

世の中には本当にたくさんの転職エージェントがあり、どれを利用すれば良いのか、選ぶのも容易ではないですよね。

そこで今回は「JACリクルートメント」という転職エージェントに着目して、その評判や他の転職エージェントとの比較を踏まえて、どんな人におすすめなのかをご紹介します。

是非参考にして、実際に利用するかどうか、考えてみてください。

【2019年4月:最新情報】

4月は転職する最高のタイミングです。多くの企業では、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が決まった4月から補強のために中途採用を行います。当然、ライバルとなる転職志望者も急増します。他のライバルに先を越されぬよう、早急に準備をしましょう。

  1. このページを参考に、複数の転職エージェント(『doda』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など)に無料登録する
  2. 各エージェントから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、各エージェント側のサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期にあたります。そのため、転職活動へ積極的な人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントには、「すぐにでも転職したい」としっかり伝え、優先的にサポートを受けられるようにしておきましょう。

JACリクルートメントの評判は?

JACリクルートメントを利用した方のほとんどは「利用してよかった」と答えており、求人・担当者ともに大変高い満足感を抱いているようです。

ただ、判断が非常にシビアであったり、担当者の方がドライであったりして、そこの部分に関してはいい評価ではありません。

しかし、これは適切な判断をしていく上では、ある意味、仕方のないこととも言えますよね。

是非一度、自分のキャリアに自信がある方は、利用してみてください。

JACリクルートメントはどんな人におすすめなの?

上記のことを踏まえると、

「自分のキャリアに自信がある」「高学歴である」「英語やプログラミングなどのスキルを証明するポートフォリオを持っている」

など、「優秀さ」を証明できる何かを持っている人ということになります。

そういうこともあり、20代にはなかなか不向きな転職エージェントになっていますが、概ね多くの方が利用してよかったと感じているので、利用してみる価値はありそうです。

上記に当てはまり、なおかつ海外へ転職を考えている方は、是非一度相談に行ってみてください。

登録する(無料)

「転職エージェント評判サイト」での評判や評価

JACリクルートメントは総じて評価が高いという結果が出ています。

特徴として転職支援サービスに特化しているため、機械的な求人斡旋とはならず、それぞれの候補者に最適な求人を紹介しているのが高評価につながっているようです。

売上でも国内3位という実力ある企業、東証一部上場企業であることも高評価になっています。30代以上でキャリアアップや年収アップを考えるなら、おすすめの転職エージェントということでした。

総合的に見て、有効な求人情報が多く、あとで後悔したくない人向けだと紹介されています。

・JACリクルートメントで強い業界

とくに強いのが金融、IT、技術系となっています。いずれも海外に本社のある外資系、海外へ輸出するなどグローバル企業に根強い関係を持つ業界ですね。

逆に弱い業界はあるのかを見てみたところ、とくに弱い業界というのは存在しません。全体的に魅力的な求人が多い評価です。

・両面コンサルタント

企業と転職候補者、両面でのサポートがしっかりしているという点が、JACリクルートメントならではの特徴であり、メリットであるという評価です。

どちらか一方に肩入れするのではなく、双方のバランスを見てサポートしている点が認められているのでしょう。

・利用者の口コミ

高評価の意見としては、最も多いのがコンサルタントの質の高さです。いずれも業界に精通している点があげられています。

他社エージェントでは、専門分野に詳しい人がコンサルタント以外にも混じることがありますが、JACリクルートメントでは、1人がすべて担当してくれるのが満足度につながっているようです。

ていねいな対応についても高評価となっています。逆に低評価の口コミでは、能力によっては求人紹介がされないという意見も掲載されていました。

こちらの問いかけに対して対応がなかった、という意見はありませんが、企業が求める人材ではないため、紹介自体が難しいということはあるかもしれません。

「転職エージェントみんなの口コミ評判」での評判や評価

転職エージェント用の口コミを載せているこちらのサイトで、JACリクルートメントの評判を見てみましょう。

・高評価意見について

高評価意見は8件で、外資系企業に強く担当コンサルタントについても、サポートが手厚く対応が良かったと記載されています。

とくに有名な外資系企業の求人が多いことに満足度が高まっているようです。他社にはない魅力と言えるのではないでしょうか。

雇用条件や面談の選考日時を候補者の代わりに、相手企業と相談してくれるなども高評価です。職務履歴書添削や面接対策もていねいに対応してくれたことにも満足度が高くなっています。

またある候補者は、医療業界に限っての求人で要望していましたが、医療業界の求人がとても豊富にそろっていて、担当者も業界に精通しているため、スムーズに運んだようです。

また、医療業界の各企業担当者とのパイプも多数あり、普段は聞けないような企業内部情報などもふんだんに聞けたのがかなり有益だったということでした。

・低評価意見について

低評価意見は2件あり、そのどちらも企業が望むスペックが足りないために、紹介できる案件がなかったという残念な結果について記載されています。

高スペック候補者用の転職エージェントであるため、それなりの能力や経験がないと難しいということがわかるような口コミでした。

・求人紹介の量や質について

量に関しては、もともと人手不足が目立つ業界のため、求人量が多くても、それがJACリクルートメント自身の求人量として判断できるかどうかは不明ということです。

IT関連や医療業界では有効な求人が比較的多いということ、外資系は他社よりも優れていることに高評価を得ています。

質の高さについては、JACリクルートメントが誇っている強みということもあり、かなりのハイクラス企業求人が豊富にそろっている印象でした。

年収の高い大手企業や外資系以外に、国内の一般企業で事務という職種にも関わらず、ほかよりも良い条件の求人案件があり、高スペック候補者以外は受付不可ということもないようです。

・コンサルタントの評価について

残念な結果ではありますが、全員が良いアドバイザーではないようです。サポートしてくれる人によって、かなりの違いがあり、積極的な人かそうでない人かでかなりの評価が分かれます。

どうしてものときは、担当変更などの希望を出すなどの工夫が必要となるでしょう。

・面談やカウンセリングについて

ミスマッチを防ぐため、面談やカウンセリングには時間を掛けて、じっくりと取り組む姿勢が高評価となっています。

希望通りの求人紹介がない場合でも、今後どうすれば良いかの相談に乗るなど、きめ細やかな対応をしているようです。

若い女性も多いが、転職状況の内情をよく把握し、適切なアドバイスをしてもらえて概ね満足できたという口コミがありました。

JACリクルートメント以外の目的別のおすすめ転職エージェントのご紹介

では最後に、他の転職エージェントと比較してどうなのか、ということについて見ていきましょう。

他のエージェントと比較して、JACリクルートメントにしかない部分、逆に足りない部分など、客観的に判断してみてください。

また、「海外転職」を考えている人に向けて、目的別のおすすめ転職エージェントをご紹介します。是非「自分はどこの転職エージェントを参考にすれば良いのか」ということを判断してみてください。

自分のキャリア・スキルに自信があり、海外でさらに伸ばしたい

まずは「自分のキャリア・スキル」を武器に、世界で戦っていきたい転職者におすすめな転職エージェントをご紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

まずは、先程もご紹介した「JACリクルートメント」です。JACリクルートメントは、とにかく「求人・担当者」の質が高く、リクルートに並ぶ業界最大手です。

厳しいシビアな判断に基づき、伸ばしたいキャリア・スキルに適切な会社を紹介してくれます。

是非一度、利用してみてください。

登録する(無料)

リクルートエージェント

リクルートエージェント

続いてご紹介するのは「リクルートエージェント」という転職エージェントです。この転職エージェントは、転職決定数・案件数ともに業界No.1の最大手転職エージェントです。

JACリクルートメントと比べると、ハイキャリアという質が少し落ちますが、求人の数はJACリクルートメントよりも多く、その転職成功率も非常に高いです。

イメージとしては「とりあえず海外に転職したい」という方向けの転職エージェントということです。

また、リクルートエージェントは国外だけでなく、国内への転職も幅広く扱っています。

その求人数・転職成功率も断トツでトップクラスです。非常に多い求人数の中でも、80%以上が非公開求人で、その会社のレベルの高さが伺えます。

日本国内・そして海外への転職を考えている人は、間違いなく一度は利用してみるべきだ、と言えるでしょう。

Spring転職エージェント(アデコ)

Spring転職エージェント

続いてご紹介するのは「Spring転職エージェント(アデコ)」という転職エージェントです。

こちらの転職エージェントは、レベル的には「JACリクルートメント」や「リクルートエージェント」には及びませんが、そこがダメだったときの代打として利用することができるようです。

Spring転職エージェントの特徴としては大きく3つで、1つ目は「求人数が多く、ミスマッチが起こりにくい」というのが挙げられます。

一般的な転職エージェントが「求人企業」と「転職者」を、違う人が扱っているというのに対して、Spring転職エージェントは1人の人が両方扱うので、ミスマッチが起きにくいと言えます。

2つ目の特徴は「海外企業の非公開求人が多い」という点です。日本ではメインのエージェントの後釜として利用されることが多いですが、人材事業では世界で一番大きい規模の会社です。

外国企業の中には、「Spring転職エージェントにしか求人は出さない」なんてところも多いです。そういった海外企業の「非公開求人が多い」というのも特徴の一つとして挙げられます。

3つ目の特徴は「面談をしてくれやすい」という点です。多くの転職エージェントが、「市場の小さい転職先を希望する人の面談」は受け付けないのですが、こちらは一度は必ず面談をしてくれるようです。

全部が全部、面談をしてくれるとは言えませんが、他のエージェント以上には確実に面談をしてくれるようです。

ロバートウォルターズ

最後にご紹介する転職エージェントは「ロバートウォルターズ」です。ロバート・ウォルターズというのは、世界28カ国で人材紹介ビジネスを展開している外資系転職エージェントの大手です。

案件数などに関しては、上記の転職エージェントに劣りますが、その案件の多くはハイキャリアな転職になっており、自分のキャリア・スキルに自信のある方には非常におすすめできる転職エージェントとなっています。

アドバイザーは全員バイリンガルで、外資系の企業に関する知識も非常に専門的だと評判が高いです。

ハイキャリアの求人を扱っているということですが、「英語もネイティブレベルな人」の利用の満足度が比較的高いようです。

サポートとしても、非常にスピード感を持って行ってくれるようで、そこに関する評価も非常に高いです。

ですが、特定の会社の案件を押し付けてくる場合もあるようで、そこに関しては特段注意する必要があると言えます。

ハイキャリアを扱っているので、非常に敷居が高く、利用に躊躇する人も多いと思います。是非JACリクルートメントと同時に利用して、客観的に判断するようにしてみてください。

外国企業に入職して、とにかく年収を上げたい

次に「とにかく海外企業に入職して、年収を上げたい」という転職者におすすめな転職エージェントをご紹介します。

ビズリーチ

ビズリーチ

「とにかく年収を上げたい」ということで、海外転職を考えている方には「ビズリーチ」という転職エージェントがおすすめです。

ビズリーチは、皆さんもCMなどで一度は耳にしたことがある転職エージェントなのではないでしょうか。

まずこちらの転職エージェントですが、利用料が無料ではなく「有料」になっています。ほとんどの転職エージェントが、無料でできる中、ビズリーチでは転職者からもお金を取っています。

その理由は簡単で、より「信頼度の高い求人に応募してもらいたいから」です。

一般的な転職エージェントというのは、企業側から「紹介して欲しい」とお願いされた求人を、転職者に紹介することでもらえる”紹介料”で運営を行っています。

しかし、そのシステムでは、転職者は気軽に利用することができても、企業側が払うお金の大小で、転職者におすすめする企業が変わってきてしまいます。

そうなると、「転職エージェントと企業」とのビジネスになってしまって、転職者のことはないがしろになってしまう可能性があります。

それを避け、お互いに納得して利用してもらうためにも、ビズリーチは「転職者からも利用料をとる」というシステムにしているのです。

そのこともあり、求人の質も非常に高いです。ヘッドハンター経由での求人も紹介してくれ、高収入で良質な案件が多いのが特徴です。

ぜひ一度、登録してみてください。

海外でゼロからキャリアを築きたい

次に「海外でゼロからキャリアを築きたい」という、自分のキャリア・スキルに自信がない転職者におすすめな転職エージェントをご紹介します。

REERACOEN

まず最初にご紹介する転職エージェントは「REERACOEN」というものです。この転職エージェントの特徴は、「比較的敷居の低い案件から扱っている」という点です。

「海外転職」というと、”自分に高い能力がないとできない”と考える人が多く、尻込みしてしまいがちですが、こちらの転職エージェントは「アジア地域」の案件を中心に扱っており、そこまで高いスキルがいらない場合が多いです。

海外への転職とはどういうものなのか分からない方も、一度相談に乗ってみることをおすすめします。

きちんと固まっていなくても、担当になる方は熱心に「海外で働くということ」などについて教えてくれます。

そして「今の状態でも採用してくれるところはあるのか」など、真剣に考えてくれるので、是非一度利用してみてください。

GJJ海外就職デスク

続いてご紹介する転職エージェントは「GJJ海外就職デスク」です。

こちらの転職エージェントは「はじめての海外転職」を全力でサポートしてくれる転職エージェントです。

こちらの転職エージェントも、比較的初心者向けのサービスになっており、どんな方も対象になっています。

「海外」と聞くと、アメリカやヨーロッパなど、非常に敷居の高い場所をイメージしがちですが、アジアの中国やマレーシア、タイなど、比較的敷居の低い国も「海外転職」になります。

是非、初めて海外転職を考えている、という方はこちらの「GJJ海外就職デスク」を利用してみてください。

とにかく海外が好きで、海外生活を楽しんでみたい

次に「スキルアップなどの目的はないけれど、海外生活を楽しみたいから転職したい」という方向けにおすすめな転職エージェントをご紹介します。

EARTH TIMES

ご紹介するのは「EARTH TIMES」という転職エージェントです。こちらの転職エージェントの特徴は「海外での格安留学」や「海外での求人」を扱っているという点です。

イメージとしては「海外版のアルバイト求人」といった具合で、海外転職の敷居を非常に低くしています。

「海外就職希望なら経験不問」という案件が多く、具体的には「ツアー運行」や「日系飲食店求人や営業」、「ホテル」などがあります。

漠然と「海外で働いてみたい」と思う方は、是非一度利用してみてください。

無料の相談会も実施しているそうなので、興味のある方はそちらの相談会へも足を運んでみてください。

最後に

いかがだったでしょうか?今回は「JACリクルートメントについて」ということで、JACリクルートメントはどんな転職エージェントなのか、どんな評判なのか、というのを詳しくご紹介してきました。

簡単にまとめると、JACリクルートメントというのは、ハイキャリアな仕事を扱っていて、相談者に合っているか的確に判断する、非常に優秀な転職エージェントでした。

そのため、担当者に対して冷たい印象も抱くことがあるようですが、全体を通しての満足度は非常に高いです。

海外転職を中心としている転職エージェントには、そういったハイキャリアの転職を扱っているものもありますが、海外旅行のような感覚で利用することができる転職エージェントも存在しました。

是非もう一度、どのような転職を希望しているのか、というのを確認して、あなたにぴったりの転職エージェントを利用してみてください。