鹿児島へ転職したい!成功させる方法とおすすめ転職エージェントを紹介

鹿児島県で転職したいです。どうすれば転職できますか?
鹿児島県などの地方転職を成功させるためには、その県特有の転職事情を理解し、転職エージェントを活用することが大切です。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。具体的にどの転職エージェントを利用すれば良いですか?
この記事でご紹介しています。鹿児島県特有の転職事情転職する際の注意点についてもご紹介しているので、ぜひ参考してみてください。

キャリアコンサルタント

「鹿児島に転職したい!」と思っていませんか?地元が鹿児島、田舎暮らしに憧れる、暖かい土地に引っ越したい…など転職したい理由なさまざまかもしれません。

転職をする前に気になるのは「仕事が見つかる?」「鹿児島ってどんな所?」「就職は難しい?」などといった基本的な情報ではないでしょうか。では鹿児島への転職に失敗しないためにも、鹿児島の仕事情報について順を追って説明しましょう。

記事の最後には、鹿児島の転職を成功させるのにおすすめの転職エージェントを厳選して3社ご紹介していますので、最後まで読んでみてくださいね。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

鹿児島へ転職する前に知っておきたい!鹿児島はどんな所?

まずは鹿児島がどんなところなのか知っておくことは、転職活動をするうえで欠かせません。鹿児島という土地の特徴やどんな産業が栄えているのか、仕事はどんなものが多いのかなど基本的な知識を見てみましょう。

鹿児島は九州の最南端

鹿児島は南部に位置する九州の中でも最も南にある県です。鹿児島のシンボル「桜島」を中心に「薩摩半島」と「大隅半島」に分かれています。

また離島も存在し、その数は人が住んでいるものだけでも26島もあるんです。島に住む人口は全国TOPの17万人にものぼります。

そのような特異な地形のため、鹿児島には他の県にはない独特な文化も発展しています。

「医療・福祉」従事者が多い

鹿児島県の産業別従事者数で比較すると「第3次産業」が最も多いです。第3次産業というのは、第1次もしくは第2次産業に属しない産業-小売業、サービス業、金融、保険などがあります。

その中でも最も多いのが「医療・福祉」に関するお仕事です。地方の特徴の1つである高齢化は鹿児島でも例外ではありません。

鹿児島県全域で医師、看護師などはどこも人手が不足している状態なので、その分野で転職を考えているなら比較的転職しやすいといえます。

第1次産業の割合が全国平均より高い

最も割合の多い第3次産業に比べ、「農業・林業・水産業」の第1次産業の従事者数は少ないです。ただし全国平均が1.1%であるのに対し、鹿児島は4.6%もあります。

農家数も漁業経営数も全国10位以内に入っています。年々それらの産業に携わる人、特に若者が減っているので鹿児島県も積極的に県内外からの転職者を誘致しています。

しかし第1次産業は全国的に多い第3次産業とは全く違う性質のお仕事です。そのため異業種からの転職は簡単ではありません。

また漁師や農家は継ぐという形が多いのも事実で、転職としての仕事探しは難しいと思った方がいいです。

鹿児島は転職しやすい?

鹿児島という県情報を確認したところで、もっと転職に関わることを見てみましょう。

有効求人倍率は低い

鹿児島の求人倍率は平成29年10月時点では1.35倍でした。全国平均は1.62倍なので、低いことが分ります。

また全国順位でみても、鹿児島は38位。残念ながら、決して高いとは言えません。

隣県の宮崎県は1.46倍、熊本県は1.65倍なので、そちらと比べても低いと言わざるを得ません。

年収が下がる可能性がある

厚生労働省が調べた結果によると、平成29年度の鹿児島県の平均年収は249万2千円でした。東京との平均年収は377万5千円なので、その差は100万円以上の開きがあります。

全国平均の304万3千円と比べても、かなり低いことが分ります。実は鹿児島の最低賃金は761円で、これは全国最低額なんです。

これらのことを考えると、鹿児島への県外からの転職の場合、年収が下がることは覚悟しておく必要があります。

女性の転職はどう?

平成27年度鹿児島県が発表している統計によると、男性の正社員率が82.4%あるのに対し、女性は47.1%にとどまっています。女性の半数以上がバイトやパートの仕事に付いているんです。

あくまでも県全体の15以上の女性を対象にしている数値ですから、その中には子育て世代、高齢世代など生活スタイルとしてパートやバイトを選んでいる人も含まれています。ですから、一概に女性が正社員に就きにくいかというとそうではありませんが、それでも最も正社員率が高い20代前半でも60%程度にとどまっていることは転職するにあたって無視できない数値です。

求人としては一般事務や営業などが多く人気があります。

鹿児島への転職は良い?悪い?

果たして鹿児島への転職は良いのでしょうか?悪いのでしょうか?この答えは人によって変わると思うので、一概には言えませんがメリット・デメリットを考えることは今後の転職において大事なポイントです。

鹿児島への転職でのデメリット

  1. 求人数が少ない
  2. 年収が下がる
  3. 田舎独特の文化に慣れないといけない

鹿児島へ転職するにあたって考えられる主なデメリットは上記の3つです。具体的に見ていきましょう。

1.求人数が少ない

全国平均と比べて有効求人倍率が少ないということはお伝えした通りです。鹿児島に本社を置いている、もしくは本社の機能がある企業はありますが、数としては多くありません。

しかも一般的に昔から安定している企業は新卒の採用に力を入れている場合も多く、転職するとなると求人数が伸びないという現実もあります。求人数が少ない場合、希望の職種がなく、未経験の業種への転職をすることになる可能性も高くなります。

異業種への転職の場合、今までの常識が通じなかったり、そもそも自分に合わなかったりする場合も少なくないので、慎重に選ぶべきです。後で詳しくお話しますが、いずれにせよ鹿児島で転職をしたい場合は複数の転職エージェントに登録して少しでも多くの求人を見つけることが成功への近道と言えるでしょう。

2.年収が下がる

鹿児島の平均年収は250万程度です。もちろんこれは全年代の平均額なので、働き盛りの20代後半から50代くらいまでに絞るともう少し上がります。

とはいえ全国平均と比べればやはり低いと言わざるを得ません。しかも都心部に見られるような「成果報酬型」の企業は多くないので、若い人の場合転職で年収アップを狙うのは難しいかもしれません。

その代わり何年か勤め続けることでだんだんと年収が上がる可能性は大いにあります。

3.田舎独特の文化に慣れなけれないといけない

都会に生活をしていると、あまり人のプライベートに深く入り込まれることはありません。実際、マンションやアパートに住んでいても隣の人と顔を合わせたこともないケースも多くあります。

ところが田舎の場合はそういうわけにいきません。地域にはコミュニティが存在し、プライベートでも仕事でも参加せざるを得ない場面も少なくないです。

仕事は仕事。仕事の後の付き合いはあまりしたくないというタイプの人にとっては煩わしく思うことが多いかもしれません。

鹿児島への転職でのメリット

もちろん鹿児島への転職にあるのはデメリットばかりではありません。今度はメリットを見てみましょう。

  1. 生活費が安い
  2. 都会の忙しさから解放される
  3. 満員電車はない

1.生活費が安い

全国展開のファストフード店などの金額は同じ場合がほとんどです。しかしそれ以外の日用品や食品などは都会に比べて安い傾向があります。

またなんといっても都会との違いは「家賃」でしょう。都会に比べて土地が安い傾向にあるので、その分家賃もお安くなります。

東京のワンルームマンションの平均家賃が約7万円と言われていますが、鹿児島なら同じ金額で2LDKに駐車場付きの物件も少なくありません。

2.都会の忙しさから解放される

鹿児島の魅力の1つはなんといっても田舎の「のんびりさ」でしょう。鹿児島の中心部には高いビルや大きな商業施設もあります。

そしてそこにはそれなりに人も多く生活をしています。とはいえ、都会に比べれば大したことはありません。

これが中心部から少し離れるだけで、より一層田舎ののんびりした時間を経験することができるでしょう。自然も多く残されています。

また気候も暖かく、そこにひかれて移住してくる人がいるほどです。

3.満員電車はない

都会の通勤手段といえば「電車」。毎日、すし詰めのようにギューギューと押されながら通勤しなければいけないのは大きなストレスですよね。

鹿児島の通勤で多く使われるのは車です。会社が密集する場所では時間帯によって交通渋滞が起こることがありますが、満員電車に揺られて通勤というのはまずありません。

車の渋滞もストレスにはなりますが、個人の空間を保てる分、電車に押し込まれるよりはいいかもしれませんね。

鹿児島への転職には転職エージェント!ハローワークではないわけ

転職をしようと考えたとき、まずハローワークに登録しようと考えるかもしれません。もちろんハローワークが悪いわけではありません。

しかし鹿児島で転職したいなら転職エージェントに登録する方がおすすめです。しかも複数の転職エージェントを利用するのがベター。

そのわけをご説明しましょう。

1.転職エージェントしか知らない非公開求人がある

お話した通り、鹿児島の転職で不利なのが「求人数」。数が少ないゆえに希望の転職先を自分で探すのはとても大変です。

しかし転職エージェントにはその転職エージェントしか知らない非公開の求人があります。それは転職エージェントが自ら企業に足を運び、見つけ出した求人です。

それらの求人の中にはハローワークに登録していない求人もあります。求人数が少ない鹿児島において希望にかなう転職をしたいなら、転職エージェントに登録をした方が有利です。

2.転職エージェントなら内定率が上がる

一般的に転職をする時は、書類選考を経て、面接があり、その結果内定をもらうことができます。つまり内定にこぎつけるのにクリアすべき壁が2つもあるということです。

日々多くの応募の中からあなたの書類に目を留めてもらうには、経歴の内容もさることながら書き方も大きくものをいいます。応募したい企業全てに合わせた職務経歴書や履歴書を書くためにそれらの企業の下調べをするとなると、膨大な時間がかかります。

また個人で調べた場合、的外れなことをしてしまう可能性も否めません。その点、企業を良く知っている転職エージェントなら、それぞれの企業に合った書類の書き方を教えてもらうことができます。

また面接にしても同じです。面接を担当する人の好みや企業の雰囲気などを事前に教えてくれる転職エージェントなら、その担当官に合わせた面接対策を立てることができます。

転職エージェントによっては、模擬面接を行ってくれたり、身だしなみのチェックを行ってくれたりするところもあります。さらに面接後も転職エージェントの担当は人事の人と会う機会があるので、面接では伝えきれなかったあなたの魅力をプッシュしてくれる可能もあるのです。

ハローワークなどから個人で応募しても内定をもらうことはできますが、転職エージェントを使った方が内定率が上がるのは言うまでもありません。

3.スケジュール管理や待遇交渉など面倒なことはしてもらえる

鹿児島県外から転職をする場合、仕事もあるのですぐに行けるわけではありません。またいくつもの企業へ応募したい場合のスケジュール調整は面倒です。

しかし転職エージェントに登録しておけば、細かいスケジュール管理は転職エージェントがしてくれます。内定をもらった後の転職先への初出社日の調整や今している仕事の退職日などのアドバイスをもらうことも可能です。

さらに個人では言いにくい給料や待遇の交渉も任すことができます。実際に転職エージェントを利用して年収が希望より高くなったケースもあります。

特に鹿児島は全国平均からしても年収が低い傾向にあるので、少しでも給料アップした状態からスタートできることに越したことありませんよね。

鹿児島への転職を失敗しないための3つのポイント

ではここからは鹿児島への転職を失敗しないためのポイントを3つ見ていきましょう。そのポイントとは、

  1. 複数の転職エージェントに登録
  2. 動機を考える
  3. 引っ越しのタイミングは内定後

です。具体的にお話します。

1.複数の転職エージェントに登録しよう

鹿児島へ転職する時には転職エージェントを使った方がいいということはお話しました。さらにポイントになるのが「複数の」転職エージェントに登録するということです。

なぜ複数の転職エージェントへの登録をおすすめする大きな理由は2つあります。まずは「転職エージェントによって持っている非公開求人が違う」ということです。

転職エージェントそれぞれに強みやパイプのある企業が違います。そのため複数の転職エージェントに登録しておくことで、より多くの求人に出会うことができます。

もう1つの理由として「担当者との相性」です。転職エージェントにはそれぞれのコンセプトやカラーがあるとはいえ、結局は担当者との相性が大きく関係します。

いくつかの転職エージェントに登録しておいて、担当者との相性や転職エージェントの雰囲気でだんだんと絞っていくと間違いありません。最低でも3社ほど登録しておくのがベターです。

2.なぜ鹿児島へ転職したいのか考えよう

あなたが鹿児島へ転職したい理由は何ですか?「地元が鹿児島だから」「田舎暮らしをしたい」「今の仕事が合わない」などさまざまでしょう。

鹿児島への転職に限らず、転職を考える時はまず自分の動機を整理しましょう。動機は面接の時にも必ずといっていいほど聞かれるものですし、転職先を探す上で、自分に合う仕事を見極めるのに助けになります。

「鹿児島の地元に帰りたい」「鹿児島に住んでいる親の傍にいてやりたい」など鹿児島でなければ実現しない動機であれば、鹿児島への転職は必須です。しかし「今の職場が合っていない」「都会の喧騒から少し離れてみたい」などの理由ならもう少しゆっくり考えましょう。

なぜならそれらは鹿児島へ転職をしなくても実現することが可能かもしれないからです。鹿児島へ転職するのにおいてメリットもあります。

しかしデメリットもあるのです。もし「なぜ鹿児島がいいのか」という答えがでていないまま転職をしてしまうと、転職がうまくいかない、転職後の生活が想像していたものと違うとなった時に、後悔してしまう原因にもなりかねません。

3.内定をもらってから引っ越しはしよう

県外から鹿児島へ転職を考える時に、問題になるのが「引っ越しのタイミング」です。企業に熱意をアピールするため内定をもらう前に引っ越しをするというのはあまりおすすめしません。

それにはいくつかの理由があるのですが、一番大きな理由は「働いていない期間ができてしまう可能性があるから」です。今の仕事を辞めて鹿児島に引っ越したはいいものの、転職先がすぐ見つからない場合、仕事をしていない期間ができます。

企業にとって働いていない期間ができるのはマイナスポイント。なぜ働いていない期間があるのか、計画性のない人と思われてしまうかもしれません。

また引っ越しして賃貸を借りようにも、仕事が決まっていなければ信用できないと断られるケースも少なくないです。さらに思うような転職先に出会うことができず、転職を考え直したいと思うときにも身動きが取れなくなってしまいます。

鹿児島へ引っ越しをするのは「内定をもらってから」でも十分間に合います。

鹿児島へ転職する時に使いたいおすすめの転職エージェント3選

鹿児島へ転職をしたいと考えているなら、ぜひ登録しておきたい転職エージェントを3社ご紹介します。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

鹿児島への転職には、転職エージェントの活用が不可欠!

大都会でよく見られる「実力主義」を願っているなら、鹿児島への転職は今一度考え直した方がいいかもしれません。逆に言えば、転職後はじっくりと腰をすえ、自分のキャリアを磨いていきたいという人には鹿児島はお勧めの場所です。

温暖な気候で穏やかな人も多い鹿児島。仕事終わりに同僚の人たちと焼酎を飲みながら1日の疲れを癒やす「だれやめ」文化も鹿児島ならではですね。

そういう地方らしい人との関りの中で、仕事でもプライベートでも温かく見守ってもらえます。時には面倒だと感じるほどおっせかいな人もいるかもしれませんが、それはご愛きょうということに。

そんな鹿児島は求人数や年収が都心部に比べると見劣りしてしまう地域です。だからこそ転職エージェントをフル活用することが鹿児島への転職を成功するカギになります。

最低でも3社の総合転職エージェントに登録して、少しでも多くの求人に出会えるようにしましょう。それに加え、あなたが希望する業種が定まっているなら特化型の転職エージェントも1、2社登録しておけば安心です。

転職エージェントのアドバイスをもらいながら、あなたにぴったりの企業に転職することができるといいですね。