看護師転職エージェント『看護プロ』を徹底解剖!メリット8つを紹介

看護師です。転職を考えているのですが、どの転職エージェントを利用するのがおすすめですか?
はい。看護師転職に特化した転職エージェントは多いですが、今回はその中でも『看護プロ』という転職エージェントをおすすめします。

キャリアコンサルタント

看護プロ…。どういった転職エージェントなんでしょうか?
はい。看護プロは、年間10万人もの看護師さんが利用する転職エージェントです。この記事では、看護プロのすべてについてご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

「今の職場はどうも折り合いが悪い」、「経験に応じてもっと給与待遇をよくしてほしい」、「人間関係に疲れてしまった…」など、働いていれば誰しも一度はふとしたタイミングで、転職をイメージするといいます。

自分の要望に100%マッチする職場はなかなかないものですが、この先勤めても改善策が見つからず、ストレスの方が大きくなってしまうのであれば、それは転職を考えるチャンスかもしれません。

しかし、看護の仕事をしながら新しい職場を探すとなると、なかなか大変ですよね。皆さんはそんなとき、どのような手段で再就職先を探しますか?

今回は、転職を考える看護師さんにおすすめしたい「看護プロ」について詳しく紹介します。

看護師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

看護師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】看護師転職サイトランキング!人気70社の口コミ・評判を比較
  1. マイナビ看護師 ロゴ
  2. ナース人材バンク ロゴ
  3. ナースではたらこ ロゴ

看護プロの特徴とは?

看護プロ

看護師向け転職エージェントの看護プロは、転職を考えている看護師の方におすすめされている人気の転職サービスです。

ですが、これまでに転職エージェントを使ったことがない方は、どんな転職エージェントなのか、どんなサービスを受けられるのかなど、知らないことが多いことでしょう。

ここでは、そんな看護プロがどんな転職エージェントなのかについてご紹介していきます。

現職に不満を感じて転職を考えている、看護師向けの転職エージェントを探しているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

転職先の内部情報を知ることができる

看護プロでは独自の方法で各病院の内部事情をしっかりと調べているので、転職先に不安を抱えている看護師さんに対して、正確な情報を提供することができています。

そのため、気になる転職先の病院について十分な下調べができるため、転職をされる多くの看護師さんにおすすめされている看護師向け転職エージェントとなっています。

転職先となる病院の内部事情を知らずに転職してしまい、「自分が思っていた病院じゃなかった…」と転職に失敗した看護師さんは多いのではないでしょうか?

看護プロはそういった看護師さんの悩みを解消し、安心して転職することができる丁寧なサービスを行っているため、評判の良い転職エージェントとなっています。

看護プロを利用して転職した看護師の口コミを紹介している

看護プロは、実際にサービスを利用して転職に成功された看護師さんからの意見を収集し、これからサービスを利用される看護師さんのためにさまざまな口コミを紹介しています。

常に新しい口コミを収集・紹介しているため、看護プロを利用された看護師さんの本当にリアルな意見を参考にすることができますよ!

どんな転職エージェントでも同じですが、サービスの良し悪しは実際に利用された方にしかわからないもの。

しかし、看護プロなら最新の口コミ情報を閲覧できるので、自分に合った転職エージェントなのかを見極めることができるでしょう。

転職に成功すると最大3万円のお祝い金がもらえる

看護プロではサービスを利用された看護師さんが転職に成功した場合、お祝い金として最大3万円をもらうことができます。

お祝い金は夜勤ありの常勤・日勤のみの常勤・非常勤など、勤務体系によって金額が異なりますが、転職に成功することでちょっとした収入を得ることができますよね!

ちなみに、転職成功後にお祝い金を受け取るタイミングは、入職してから半年後にプレゼントされる仕組みとなっています。

受取条件としてアンケートへの回答が必要になるので、サービスを利用される際は担当のアドバイザーに詳細を確認しておくと良いかもしれませんね!

登録料・サービスの利用は一切無料!

転職をサポートしてくれる看護プロですが、サービスを利用する場合は登録手続きが必要になります。

しかし、登録料などは一切発生せず無料で利用できるサービスとなっているので、転職をされる看護師さんであれば、誰でも気軽に登録することが可能となっています。

また、登録後には担当のアドバイザーとの面談を行い、転職の希望条件に合った転職先の紹介、転職に関する手続き、転職に成功するための履歴書・面談のサポートなどを受けられます。

こういったサービスも全て無料で利用できるので、転職成功を目指すのであれば登録する価値は十分にあるといえるでしょう。

ちなみに、登録料やサービスが無料で利用できるのは、求人を求める病院へ看護師を紹介し、内定が決まれば病院側から看護プロへと紹介料が渡される仕組みとなっているからです。

これだけのサービスを無料で受けられることに不信感を抱く方もいるようですが、このような仕組みを知っておくと、安心して転職サービスを受けることができるでしょう。

『看護プロ』は年間10万人の看護師さんが利用する転職エージェント!

看護プロ

「看護プロ」は、看護師求人を専門的に保有している人材紹介サービスです。

インターネット上で無料で求人検索ができるほか、自分のスキルや職歴を登録すると、担当コンサルタントが希望に近い求人を紹介してくれたり、病院や施設との時間調整を行ってくれたりするため、時間と労力の大幅な節約になります。

転職者アンケートにおいて「友人にも紹介したい率」97.6%、年間10万人の看護師さんが利用しているとだけあって、看護プロはほかの看護師求人サイトにはないメリットがたくさんありました。

実際に利用するかはさておき、「こんな方法もあるんだ」と頭の片隅に入れておくだけでも、選択の視野がぐっと広がるでしょう。

興味がある方はぜひこの記事を参考にしてくださいね。

看護師には、転職エージェント『看護プロ』を使う以外にも転職できる方法がある!

転職をするにあたり、まず始めに行うのは求人検索です。今の時代、求人情報をインターネット上で探すのはごく当たり前となりました。

まずは、看護プロのような人材紹介サービスを含め、どのような検索方法があるか見てみましょう。

大きく4つに分類し、それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

①看護師求人専門サイト

次の職種も看護師でいこう!と決めているのなら、看護師の求人を専門に集めている人材紹介サービスを利用したいところです。

希望の求人を絞り込む段階までが早く段取りよく進められるので、退職後にクールタイムを設けず、すぐに働きたい方との相性もよくなっています。

また、担当コンサルタントが看護師求人に精通しており、業界のノウハウを把握しているので、話のニュアンスが通じやすいのもよいところです。

看護職を希望するほかの人は企業のどこを重視しているのか?自分の年齢で受け入れられる求人はどれだけあるか?などの疑問に対し、素早いレスポンスを返してくれます。

看護師の求人・転職サイトは、テレビコマーシャルで有名なマイナビが運営する「マイナビ看護師」や、「コメディカルドットコム」、「看護のお仕事」、「ナース人材バンク」など多数存在します。

それぞれの紹介会社が独自の求人を集めているので、複数の人材紹介サービスを利用し、よりたくさんの中から求人を紹介してもらうとよいでしょう。

今回紹介する「看護プロ」は、地域密着型で口コミの情報力に優れたサイトです。後ほど詳しく解説します。

②大手の有名転職サイト

インターネット上で求人を探すとなった場合、多くの方はまず「マイナビ転職」や「エン・ジャパン」などの、有名な転職サイトをチェックしているようです。

転職サイトは数万~数十万単位の求人を保有しており、看護師求人のほか助産師や保健師などの関連職種が見つかる可能性も高く、職種の視野を広げて検討できるのがよいところです。

転職サイトは公開求人が基本です。

求人数日本最大級の「転職EX」は、求人がおよそ308,000件(2018年10月12日時点)とかなりの数を保有しています。すごいですね。

また、全国規模で展開しているサイトが多く、各地のさまざまな企業の情報を調べることができるので、業界全体の傾向を知るのに役立つでしょう。

ただしその反面で、多種多様の求人の中から看護師の仕事を見つけるのに、時間がかかってしまうというデメリットもあります。

③転職エージェント

次に、転職エージェントの場合です。

インターネット上で求人情報を探すときに役立つ「転職エージェント」と「転職サイト」。この二つの大きな違いは、専任のキャリアアドバイザー(担当者)が付くかどうかにあります。

転職エージェントに登録をすると専任のキャリアアドバイザーがつき、あなたの持つスキルや職歴、アピールポイントや職場に求める優先事項などを汲み取ってくれます。

その上で適切な求人を紹介してくれるので、希望の求人に出会える可能性がかなり高くなるのです。

キャリアアドバイザーは各社によって一人の場合もありますし、複数人がつく場合もあります。

また、転職エージェントと企業の間で信頼関係が築かれており、キャリアアドバイザーがあなたと企業の間に入って、すりあわせに動いてくれるのも魅力的です。

キャリアアドバイザーと企業が親密であれば、「この病院は今、子供の対応に長けたスタッフが足りていない」、「業務拡大に合わせて人材を大量募集している」といった雇用サイドが直接言えないことも、それとなく教えてくれる場合があります。

職場のイメージを掴むためには、こういった情報も役に立ちますよね。

株式会社パーソルキャリアが運営する「doda(デューダ)」の公開求人数は56,000件ほどです。

求人の数で比べてしまうと転職サイトよりも少ないですが、転職エージェントの場合は「非公開求人が多い」というメリットがあります。

dodaの場合は、スキルを登録することで紹介可能な求人を同様数保有しており、公開求人・非公開求人を合計すると100,000万程度になります。

非公開求人は一度にたくさんの求職者が集まってしまう可能性のある大手・有名企業であったり、スキルを持つ方がよりよい待遇を受けられたりするケースが多く見られます。

公開求人よりも給与が高く設定されていることもありますので、チェックしておきたいところです。

※求人数は毎日変動しますので、あくまで一時点の参考にしていただけたら幸いです。

④ハローワークインターネットサービス

最後は、ハローワークのインターネットサービスを利用する手段です。

ハローワークのインターネットサービスも同様に、公開求人(全利用者に事業所名等を含む求人情報を提供する求人)と非公開求人(ハローワーク求職登録者に限定して事業所名等を含む求人情報を提供する求人)があります。

前者は誰でも閲覧できますが、後者の非公開求人を閲覧するためには、ハローワークに求職登録をする必要があります。

なお、ハローワークインターネットサービスでは、ハローワークで記入する求職申込書(手書き)の内容を事前に入力して仮登録することもできます。

本登録をするにはいったん最寄りのハローワークに出向く必要があるため、少し時間が必要ですが、非公開求人はやはり貴重です。できれば一度ハローワークへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

非公開求人を閲覧するためのステップ

  1. 最寄りのハローワークに行き、就職についての条件(希望職種や賃金)等を「求職申込書」に記入し提出します。
  2. 求職申込みが受理されたら「ハローワークカード」を渡してもらえます。
  3. 今後ハローワークカードは相談や希望求人の紹介の際に使用できます。同時に求職ナンバーを入力することで、ハローワークインターネットサービスの非公開求人を見られるようになります。

おすすめは看護師専門の転職エージェント!『看護プロ』独自のメリット8つ

上記の4つの検索方法で最も近道となるのが、看護師求人を専門に扱う人材紹介サービスの利用です。

求人の保有数が多い、地域に特化したサイトなど、それぞれに特徴やメリットがありますので、それらを把握しておくとより時間の短縮になるでしょう。

「看護プロ」も数ある看護師求人サイトの1つです。

それでは、看護プロの8つのおすすめポイントを紹介します。

①病院の口コミや評判が豊富

看護プロは、看護師さんが選ぶ人材紹介会社ランキング、友人に紹介したい看護師専門材紹介会社ランキングで、ナンバーワンの高評価を得ている無料サイトです。

人気が集まる理由の1つに、「病院の口コミや評判を中心に集めている」という特徴があります。

実際に看護プロで求人を検索してみると、各企業のトップに表示されるコンテンツが口コミ情報です。公開しているのは口コミの冒頭部分のみで、登録をして初めてすべてが閲覧できるようになります。

そのため、口コミの内容が本音に触れる部分が多く、職場のメリット・デメリット両方を知ることができます。

こういう事情の方は働きやすい、逆にどうしてその職場から転職しようと思ったかなど、書き込みをした方のリアルな意見から、転職先のイメージを掴むことができるでしょう。

また、仕事を長く続けるには良好な人間関係が必要ですよね。

人によって、プライベートも一緒に過ごせるほど仲がよい方もいれば、プライベートと仕事をキッチリ分けビジネスライクな関係を望む方もいると思いますので、雰囲気掴みは重要です。

在職者・退職者の意見は、ハローワークで印刷可能な企業情報1枚からは、絶対に読み取ることができないのでかなり貴重です。

②関東・東海エリアに強い

看護プロは、全国規模ではありません。その代わり、関東エリアと東海・中部エリアを中心に、大部分の病院・施設と取引があるのが魅力です。

病院・介護施設・クリニック・治験関連の案件などの、看護師資格が必要な求人を取り扱っています。

看護プロのサイトマップからは、さまざまな求人検索ができます。

「東北の病院・施設」「関東の病院・施設」「東海・中部の病院・施設」などの地域で探すこともできますし、「相模鉄道(相鉄線)の看護職」「横浜市営地下鉄の看護職」など、路線で検索することもできます。

ほかにも、「業務内容から仕事を探す」「病院・施設の種類から探す」「診療項目から探す」「働き方から探す」といった探し方ができます。

「病院・施設の種類から探す」は、すでに入職先のイメージが決まっている方に便利です。

  • 一般・大学病院
  • 一般+療養型病院
  • 療養型病院
  • リハビリ病院
  • 精神病院
  • クリニック・診療所
  • 介護関連施設
  • 治験関連

また「働き方から探す」では、常勤か夜勤かを選んで検索できるのでおすすめです。

  • 常勤(夜勤あり)
  • 常勤(日勤のみ)
  • 常勤(夜勤のみ)
  • 非常勤(日勤のみ)
  • 非常勤(夜勤のみ)

あなたの重視するポイントから検索をかけられるのがよいところですね。

取り扱いエリア

関東

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・栃木県・茨城県、群馬県

東海・中部

愛知県・静岡県・岐阜県・三重県・山梨県・長野県

スタッフの「病院訪問記」が優秀

また、公式サイトの「病院訪問記」では、看護プロのスタッフが直接病院へ赴き、転職に関する質問や病院の雰囲気をまとめて更新したものを閲覧できます。

更新頻度も非常に早く、3日~7日に1件のペースで増えていくので、運営サイドが非常にアクティブなことがわかります。

「病院訪問記」ではこんなことがわかる
  • 救急車の一日平均搬送数(何件程度で多く感じるか、など)
  • 病院の雰囲気(自販機の有無や壁紙の色、子供が喜びそうなぬいぐるみあり、など)
  • 院長の方針(明るい病院づくり、コミュニケーション重視、残業はほとんどなし、など)
  • 患者さんの年代(病棟は30~40代の方が多い、など)
  • 求めている人材(夜勤可能な正看護師さんを募集、など)

病院訪問記は県名から検索できます。最寄り駅の記載もありますので、勤め先の検討が付いている場合は、周辺環境を含めてチェックしてみてはいかがでしょうか。

③担当コンサルタントがつき転職をサポート

看護プロに登録をすると、担当のコンサルタントがつき、一連のサポートを引き受けてくれます。

求人検索は希望の条件を伝えておき、コンサルタントに候補を絞ってもらい、帰宅してから数件チェックするだけでOK。情報は常に新しいものを提供してくれるので安心です。

面接のアドバイスやサポートも、看護プロの強みの1つです。

面接の仕方も病院や施設によってまったく異なりますので、それぞれをしっかり把握している看護プロのコンサルタントは心強いパートナーになってくれます。

履歴書・職務経歴書の書き方の添削や、病院ごとの模擬面談もやってくれますので、気軽に相談するとよいでしょう。

また、看護プロの場合は面接の同席もしてくれます。

あなたが直接聴きづらい質問は、看護プロのコンサルタントが代わりに質問してくれたり、話が途切れてしまった場合のフォローをしてくれたりと、面接中のサポートも手厚くなっています。

④転職を迷っている段階でもOK!

専任のコンサルタントがつくのは大きなメリットですね。

ただ、その反面で「登録をすると、看護プロを通じて転職しなければいけなくなるのでは……?」と思う方がいるかもしれませんが、看護プロは派遣会社ではなく、あくまで人材紹介サービスなのでその点は安心してください。

まだ転職の意思がはっきりしていない段階での相談に応じてくれるのも、転職エージェントのよいところです。

今ならどんな求人があるのか?まもなく終了しそうなよい求人はあるか?などを知るためだけに利用する手もあります。

また、将来的に転職するとなったら、どのような準備が必要なのか?いつ頃から動き始めるのが一般的なのか?といった疑問に対し、多くの人を担当したコンサルタントならではのアドバイスを聞くこともできます。

転職に関して不安な点を相談できるのは、画面の向こうにサポートしてくれる人がいる転職エージェントならではのメリットでしょう。

また、紹介された仕事がイメージに合わない場合も、もちろん断ってOKです。内定した後にどうしても取り消したい場合も、看護プロが変わってお断りを入れてくれるので安心です。

担当コンサルタントとウマが合わなければ、カスタマーセンターに連絡することで変更してもらうこともできます。

あなたの転職活動がしやすいように寄り添ってくれるのが、看護プロのよいところです。

⑤最大3万円のお祝い金がもらえる

転職活動は、総合するとなかなかの浪費になりますよね。看護プロは、そんな看護師さんにうれしい「お祝い金」制度も準備しています。

お祝い金は、入職先の病院や介護施設から看護プロに渡される運営費用の一部を、利用者に返金してくれる取り組みです。

看護プロ経由での転職が成功すると転職お祝い金として、入職から半年後に最大で3万円を受け取ることができます。

支給金額は原則として常勤(夜勤あり)3万円、常勤(日勤のみ)2万円、非常勤1万円となっています。転職後はしばらくボーナスがもらえませんので、その代わりとしてありがたく受け取りましょう。

また、友達が看護プロに登録すると3,000円のクオカードをもれなくプレゼントしてくれるので、職場で同じように転職を考える人がいたらおすすめしてみてはいかがでしょうか。

⑥20代~60代までそれぞれの成功例がある

看護プロは、それぞれの年代の転職にしっかり対応しています。

公式サイトには20代・30代・40代のリアルな転職相談が載せられていますので参考になるでしょう。

65歳の准看護師さんももちろん登録OK。60歳定年制を引いている病院や介護施設が多いので、求人は少なくなってしまうかもしれませんが、できる限りサポートします、と万全の体制で支えてくれます。

看護プロのコンサルタントの対応は非常に柔軟だったという高評価が多くなっています。

例えば、28歳で半年後に結婚を控えた正看護師さんの場合、家庭との両立を考え、もう少し家庭を優先した働き方をしたいとクリニックへの転職を希望しました。

看護プロは、希望の求人をアドバイスした上で、少人数体制の負担を考慮し、今本当にクリニックで働く方がよいか、もう一度考えてみることをおすすめしたそうです。

45歳でシングルマザーとなり、転居が必要な正看護師さんの場合は、優先事項が都内、かつ家族寮と福利厚生が充実しているところ、初期費用の緩和という条件。

難しい条件でしたが、看護プロはその背景にスピードが要求されることを読み取り、迅速な対応を徹底したそうです。

このように看護プロのコンサルタントは、利用者の目線に立って、何を優先しているのか、どうすることが最善なのかを常に考えてくれるのです。

  • 利用者の希望条件をすべて聞いた上で、背景を察してくれる。
  • 背景から優先事項を導き出してくれる。
  • 希望した条件が本当に最良か考えてくれる。
  • 看護プロの利益にならなくてもOK。

看護プロは、利用者が必ずしも看護プロを使って入職することにこだわっていません。

サービスの利用にお金がまったくかからないことに、不安を覚える方もいるかもしれませんが安心してください。

看護プロは、入職先の病院や介護施設から資金を得ているため、私たちは無料で利用できるのです。

⑦厚労省認定の正しいサポート

実は、数ある転職エージェントの中には、企業先へ勝手に利用者の個人情報を渡してしまう会社もあると言います。

しかし、看護プロは、厚生労働大臣許可を得て活動している会社で、利用者の個人情報も厳重に扱ってくれます。

登録の秘密は厳守ですから、今病院に勤務していて、病院に知られないように行動したいという方も、安心して利用できます。

⑧「ママさんナースの知恵袋」・「看護師あるある」などの読み物も

看護プロには、求人情報や転職ケースのモデル、病院訪問記のほかにも、まだたくさんのお役立ちコンテンツが用意されています。

ママさんの悩みを総まとめする「ママさんナースの知恵袋」

一つ目は、「ママさんナースの知恵袋」です。

看護師さんのみならず、働くママさんは、復職前も、復職した後も色々な悩みが尽きものです。

復職前はブランクがあっても大丈夫か?子供の送り迎えはできるのか?周りの目はどうなのか?家庭との両立はできるのか?など、さまざまなお悩みをまとめてくれています。

カテゴリは「結婚のトキのお悩み」・「妊娠のトキのお悩み」・「産休・育休中のトキのお悩み」・「復職のトキのお悩み」の4つに分かれています。

「結婚のトキのお悩み」

「結婚のトキのお悩み」では、「結婚は転職を考えるポイントになるか」といった悩みから、「転職先へ子供がすぐに欲しいことを伝えるべきか否か」といったデリケートな問題に対して、ママさんコンサルタントのアドバイスを聞くことができます。

看護プロには2名のママさんコンサルタントが在籍しているので、水面下の女性のお悩みも理解してもらえます。

ちなみに、上記の面談のお悩みでは「すぐに子供が欲しくて、託児所などの福利厚生が充実しているところを探している」と話すのではなく、「ゆくゆくは子供も考えており、出産後も継続して働ける職場を探している」という視点で考えるのがベスト、という回答でした。

また、夜勤ありの職場で昼夜が逆転し、昼間にガッツリ寝る人も多いですよね。

お互いに分かっていたつもりでも、実際に暮らして生活スタイルが違うと、違和感を感じる夫婦もいます。

看護プロは、看護師の働き方を旦那さんに理解してもらうことも大切だと解説します。

「妊娠のトキのお悩み」

「妊娠のトキのお悩み」では、「妊娠を職場に伝えるタイミング」や、「妊婦の看護師で転職はできるのか」という、誰しもが絶対に迷うであろうお悩み相談がありますので、ぜひ読んでおくことをおすすめします。

また、産休&育休についての豆知識など、非常に役立つ記事もあります。

そもそも育休とはなにか、育休中にもらえる手当とはなにか、といった基礎知識も学べますし、育休は男性も取得できる、入社して12ヵ月以上給与をもらった時点で育休に入らないと、育休はただのお休み(欠勤)になってしまう、といった知っておきたい情報を解説しています。

そういった法律・制度に関することをインターネット上で検索すると、難しい専門用語ばかりの説明で、頭が痛くなってしまったことはありませんか?

看護プロなら、かなりくだけてわかりやすく、しかも看護師さんの目線でまとめてくれているので、スッキリするでしょう。

「産休・育休中のトキのお悩み」

「産休・育休中のトキのお悩み」では、復職前にチェックしたい保育園の手続きについても解説しています。

今の日本は保育園が足りず、待機児童が増加していることが問題になっていますよね。

看護プロでは、具体的にどのような保育園入園活動(保活)のスケジュールを組めばよいか、月ごとに分けてポイントを解説しています。

保育園は赤ちゃんが1歳から卒業までの5年間、生活の大半を過ごす大切な場所なので、しっかりと見極めたいところですね。

「復職のトキのお悩み」

「復職のトキのお悩み」では、家庭と仕事の両立をイメージする看護師さんに、有益な情報をまとめてくれています。

ブランクのある方が、復職後の立ち回りに不安を覚えているのは、看護プロも承知のこと。一緒になっておすすめの病院・施設や、面談時のアプローチ方法を考えてくれます。

入職後の精神ケアも手厚く、時短常勤制度などで入職したけれど、他の方が忙しく記録をしている16時頃に帰るが後ろめたい……と感じる方に、ママさん看護プロからのアドバイスがあります。

「看護師あるある」がおもしろい

ちょっとおもしろいコンテンツでは、看護師さんが思わず相槌を打ちたくなる「看護師あるある部」もあります。

薬剤名や病名の難しい漢字が書けるようになる、夜勤明けの電車内で同業者と分かる会話を耳にすると、つい耳を傾けてしまう……など、気軽に読める記事があります。

今はまだ記事数が少ないですが、今後息抜きに読めるこうしたコンテンツも、充実していくのではないでしょうか。

看護師転職エージェント『看護プロ』を利用するまでのステップ

それでは最後に、看護プロを利用するまでの、登録から利用の流れを紹介したいと思います。

登録方法は2パターンある

看護プロの登録方法は2パターンあります。電話でも登録できますが、ちょっとしたスキマ時間から24時間いつでも登録できる、サイトからの登録がおすすめです!

最短30秒程度で終わりますので、仕事の休憩中に登録だけ済ませておくのもよいでしょう。

無料登録はこちらから!

相談から入職後のサポートまで

看護プロに登録した後、転職までの具体的な流れは以下のとおりです。

  1. 電話相談や出張相談で、求人に求める希望の条件を伝えます。
  2. 担当コンサルタントから相応しい求人を紹介してもらいます。
  3. 希望の場合は、事前面談や職務履歴書のチェックなどをしてもらいます。
  4. 実際の面談に同席し、入職条件の交渉などをしてもらいます。
  5. 入職後の相談サポートを受け付けてくれます。アンケートに答えるとお祝い金もゲットできます。

登録後はまず、どんな働き方を希望しているか、実績のあるコンサルタントが電話であなたの話を伺います。

直接会って話したい方は、コンサルタントに近場まで来てもらうことも可能です。難しい条件の方も、まずは相談してみましょう。

続いて、面接の調整や同行を行います。病院との日程の調整は、看護プロがすべて代行してくれますので、希望の日にちを伝えておきましょう。

当日は、面接前に専任のコンサルタントと会い、事前に軽く打ち合わせてから向かいます。面接の際も一緒にいてくれるので心強いでしょう。

看護プロは無事転職に成功した後も、定期的に状況を伺い、サポートに徹してくれるので安心です。

入職前と後の印象の違いや、職場の雰囲気など、気になる点を相談することができます。

後にアンケートに答えると、お祝い金最大30,000円をゲットできます。看護プロの利用で感じたことを素直に伝えましょう。

もし「看護プロ」が合わないと思ったら

「看護プロ」は、これまで紹介した通りとても評判の良い「看護師専門転職エージェント」ですが、キャリアコンサルタントとの相性が合わない可能性もゼロではありません。

担当を変えることもできますが、それは少し気まずい…という方は、ほかにも看護師専門の転職エージェントは数多くありますので、併せて登録してみましょう。

&Careerがおすすめの、「看護師専門の転職エージェント」はこちらです。

看護師転職エージェント『看護プロ』を最大限活用して、成功を勝ち取ろう!

転職は、急ピッチでさまざまな手続きを同時進行しなければなりません。働きながら一人で対応していると、時間的にも精神面もきつく感じる方が多いようです。

看護プロは、そんなあなたの事情を考慮して、転職のお手伝いをしてくれる人材紹介サービスです。

実際にその病院・施設で働いていた看護師さん、准看護師さんのクチコミやデータを取り続け、常に新しい情報を提供しています。

働く方が実際に職場で遭遇するギャップを埋めたい!という思いで動いている会社なので、より現実的なビジョンでアドバイスをもらうことができるでしょう。

「条件的にぴったりな病院があるのだけど、内部がどうなっているのか気になるな……」そんな漠然とした質問でも大丈夫です。

一度看護プロに問い合わせてみてはいかがでしょうか。