宮崎へ転職したい!成功させる方法とおすすめ転職エージェントを紹介

宮崎県で転職したいです。どうすれば転職できますか?
宮崎県などの地方転職を成功させるためには、その県特有の転職事情を理解し、転職エージェントを活用することが大切です。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。具体的に、どの転職エージェントを利用したら良いですか?
この記事でご紹介しています。宮崎県特有の転職事情転職する際の注意点についてもご紹介しているので、ぜひ参考してみてください。

キャリアコンサルタント

『地元に帰って就職しなおしたい』『時間に追われずゆったりした地方で仕事をしたい』、そう思って転職活動をしている人は多いのではないでしょうか。

都会は便利な反面時間が早く、なかなかゆっくりできる暇がなくて疲れてしまう人も多いはず。そんな人たちの願いをかなえてくれる、おすすめのエージェントと転職の秘訣を紹介していきます。

今回は宮崎県に的を絞り、Uターンや地元への就職を成功させるための方法や情報をまとめておきました。ぜひ参考にして、宮崎への転職を叶えてください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: パソナキャリア、2位: リクルートエージェント、3位: マイナビエージェント

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

宮崎の転職市場・地域性は?

宮崎へ転職したいのであれば、まずは宮崎県の転職市場や地域性についてよく知っておく必要があります。以下に宮崎の平均年収や求人倍率、主要産業や求人の傾向など、転職に必要な情報を紹介していきます。

宮崎の平均年収

まずは宮崎県の平均年収から見ていきます。厚生労働省が平成30年に発表した『平成29年賃金構造基本統計調査の概況』を見ていくと、宮崎県の月の平均賃金は235.5千円という結果でした。

これを年収で表すと2,826,000円になります。これは全国平均が304,3千円であることに対して、70,000円ほど安いという結果になります。

また全国的にみると宮崎県は賃金が安いようで、47都道府県中46位と、ワースト5に入る結果となっています。

しかし隣接する大分・熊本・鹿児島の3県と比べてみると

大分県257.8千円
熊本県253.8千円
鹿児島県249.2千円

となり、あまり差は見られなくなります。福岡県が282.7千円、佐賀県が246.6千円であることを考えると、確かに宮崎は平均賃金が安いようですが、九州地方全体でみると、そこまで大きく差はないようです。

宮崎の求人倍率

続いては宮崎県の求人倍率をみていきます。求人倍率とは求職者1人当たりに対して、仕事の数がいくつあるかを示す数値で、求人倍率が1以上であれば『1人に対して1つ以上は仕事がある』ことを表します。

独立行政法人の労働政策研究・研修機構によれば、2018年度10月時点での宮崎県の有効求人倍率は1.46と、1人に対して1つ以上は仕事があることを示しています。

しかしこれは全国平均値の1.62に比べると低く、全国規模でみると47都道府県中34位と下位にあることも分かります。

しかし隣接する大分・熊本・鹿児島の3県と比べてみると

熊本県1.65
大分県1.53
鹿児島県1.35

となり、鹿児島県よりは高くなります。また福岡県が1.58、佐賀県が1.26であることを考えると、九州地方では4位となります。九州地方限定で考えるならば、そこまで低い値ではないと考えられます。

宮崎の有名企業・メーカー

宮崎県は地方都市ですが、上場企業やメーカーは存在します。そのうちのいくつかを紹介していきます。

東証一部上場

  • 旭有機材株式会社
  • 株式会社宮崎銀行

マザーズ上場

  • WASHハウス株式会社

JASDAQ上場

  • 株式会社ハンズマン

上記は宮崎県に本社を持つ企業ですが、支社や支店を持つ上場・有名企業であれば他にも存在します。例えば『アフラック生命保険株式会社』『九州電力』『第一生命保険株式会社』などがそれに当たります。

宮崎県はよく『仕事がない』と言われることも多いですが、こういった宮崎に支店や支社がある企業への転職も視野に入れれば、より宮崎への転職の幅は広がるでしょう。

宮崎の就職ランキング

大手転職エージェントの『マイナビ』の2019年度卒就職企業人気ランキングによると、九州地方の人気企業ランキングでは以下のような企業がランクインしています。

  1. アイ・ケイ・ケイ株式会社
  2. 九州旅客鉄道株式会社
  3. 綜合メディカル株式会社
  4. 西日本鉄道株式会社
  5. ANA福岡空港
  6. 九州電力株式会社

そのうち宮崎を本社とする企業としては、第16位に株式会社ソラシドエアがランクインしています。また宮崎に支社や支店を持つ企業としては、第1位のアイ・ケイ・ケイ株式会社や6位の九州電力株式会社があります。

仕事が少なく、企業数が少ないイメージの宮崎ですが、こうしてみると就職ランキングでもランクインしている企業の本社や支社があることがわかります。

宮崎の主要産業

平成27年度の総務省国勢調査によると、宮崎県の産業別就業者の割合は以下のようになっています。

第一次産業11%
第二次産業21.1%
第三次産業67.9%

同年度の全国平均と比べてみると、第二、第三産業の割合は全国平均より低かったですが、その代わり第一次産業の割合は7%ほど勝っていました。

また産業大分類別にみると、宮崎県は『医療・福祉』の割合が最も高い15.7%、次いで『卸売り・小売り業』が15%、『製造業』が12.2%となっています。

全国的にみても宮崎は『農業・林業』の割合が高く、また『医療・福祉』の割合も中々高いという結果となっていました。

また宮崎県水産試験場によれば、宮崎の海面漁業は全国でも生産量が上位で、マグロやイワシ、イセエビなどをはじめ、全国でも生産量トップ10に入る魚種がいくつも存在しています。

これらのことから宮崎の主要産業は第一次産業、中でも農業や林業、海面漁業が盛んであるといえます。

宮崎の求人の傾向

大手転職サイトの『マイナビ』や『doda』、『リクルートエージェント』などを参考にしてみると、宮崎の求人は『電気・機械』の技術職や『建築・不動産・工場』の技術職が多くを占めていました。

逆に最も少なかったのは『クリエイティブ系』の求人で、他にも『金融関係』『ソフトウェア系技術職』や『エンジニア』などのIT系求人も少ない傾向にありました。

もちろん転職サイトなどの求人傾向は時期によって変動はするでしょうが、上記したように宮崎は第一次産業が盛んなことをあるので、やはりクリエイティブ系やIT系の求人は少ない傾向になってしまうようです。

宮崎で求人を探すのであれば、建築や工場での求人や電気・機械系の技術職あたりが狙い目でしょう。

宮崎の大卒者の求人

これらの求人の中でも、とくに大卒者以上を対象とした求人は主に『金融』『教育』『技術職』などが多く、中でも大手企業や有名企業と呼ばれる企業での求人は大卒者に向けたものが多い傾向にありました。

しかし宮崎の求人の中には短大・高卒者むけのものも多くみられ、大卒者向けの求人が特別多いわけではないようです。

文部科学省の2017年度大学進学率によれば、宮崎の大学進学率は44.9%、全国で37位と下位であったことを考えても、宮崎は大卒者以外の求人を多く扱っている可能性は高いようです。

これらのことを考えるに、もしもあなたが大卒者であれば、宮崎での転職はよりしやすくなる可能性が十分考えられます。

宮崎のパート・アルバイト求人

公益社団法人の全国求人情報協会によると、2018年10月時点での宮崎の週平均求人数は4343件で、全国の求人数中0.4%を占める結果となりました。これは47都道府県中41位と、全国で7番目に求人数が少ないということになります。

また同調査によると、求人件数の中でもアルバイト・パート枠求人が占める割合は70%にも上ることから、単純に計算すれば宮崎の求人中3040件以上はアルバイト・パートの求人になると考えられます。

職種別で見てみると、販売系・給仕サービス系の求人が最も多く、この2職種だけで全体の30%以上を占める結果となっていました。

次いで多いのが運搬・清掃系の求人と調理・接客などのサービス系で、ここまでの職種で全体の60%にも及び、逆に少なかったのが金融・法務・農林漁業でした。

これらのことを考えると、宮崎でパートやアルバイトを探すならば、接客などのサービス系か商品販売系の求人がもっとも探しやすいといえます。

宮崎で転職するメリットは?

宮崎の転職市場や地域性が分かったところで、次は宮崎に転職する具体的なメリットについて紹介していきます。

物価・賃貸家賃が安い

宮崎に転職するメリットとして、まず挙げられるのが『物価・家賃の安さ』があります。総務省の平成28年度小売物価統計調査によれば、宮崎の物価水準は群馬に次いで低く、鹿児島県とほぼ同着でありました。

これは47都道府県中2位の物価の安さであることを表し、また水準が低い要因として『住居』が挙げられています。これは家賃の安さや住居費に対するもので、実際に2018年11月の『全国家賃動向』をみると、以下のようになっていました。

全国平均家賃50,443円
宮崎県42,042円

全国平均と比べると8,000円以上も安く、近隣の鹿児島が43,827円、熊本が43,332円、大分が39,695円であることを考えても、宮崎の家賃は安い傾向になるといえます。

九州地方全体でいうと、大分・佐賀に次いで3番目に安いという結果となっています。

家賃や物価が安いということは、生活費がかかりにくく、仮に転職で収入が減ってしまったとしても生活水準をキープできる可能性が高いといえます。

通勤時間が短い

会社への通勤時間の短さも、宮崎への転職のメリットのひとつです。総務省が5年ごとに実施している『社会生活基本調査』によると、全国の平均通勤時間1時間19分に対し、宮崎は59分で全国40位という結果でありました。

ちなみに東京は1時間34分で全国4位なので、もしもあなたが東京から宮崎に引っ越した場合は、30分以上朝の時間を節約できる計算になります。

朝の通勤時間が節約できれば、もっとゆったりと余裕をもって朝を迎えることも可能ですし、電車にしても車での通勤にしても体力的に余裕ができやすくなります。

いつも慌ただしい朝を過ごしている人には朗報かもしれません。

退社時間が早い

上記同様に、総務省の『社会生活基本調査』を見てみると、宮崎県はゆう活ランキングで全国2位と、会社からの退社時間が短いことが分かりました。

同調査によると全国の平均退社時間は18:53分であるのに対し、宮崎は18:16分と平均よりも30分以上早く、平日のアフターファイブをより長く楽しむことができます。

これに対して東京は19:13で、全国46位とワースト2に入っています。もしもあなたが東京から宮崎に転職した場合は、1時間近くも早く退社ができる計算となります。

退社時間が早いということは、自分のために使う時間も長くとれるということで、退社後に資格試験の勉強や習いごと、友人たちとの交流などに時間をさくことも可能です。

仕事とプライベートを両立するのに、宮崎はピッタリの地域なのかもしれません。

年間を通して暖かい

宮崎への転職のメリットには、宮崎の気候の温暖さも理由として挙げられるでしょう。気象庁の過去数十年間ののデータを見てみると、宮崎の平均気温は17.4度とかなり高めであることが分かります。

また1年で最も気温が下がる1月の平均気温でも7度以上あり、最高気温は12.7度、最低気温は2.6度と、0度を下回ることがないという結果となりました。

また6~9月の間の平均気温はいずれも20度を越え、10月でも平均気温は19度強であることを考えても、1年の半分近くが暖かく、寒がりな人には過ごしやすい気候であることも分かります。

実際に宮崎に移住した人の話では、宮崎の夏は他の地域に比べて長く感じる、関東に比べて日が落ちるのが遅い、と話していました。宮崎は夏が好きな人にはおすすめな地方といえるかもしれません。

食べ物がおいしい

食べ物の美味しさも、宮崎へ転職するメリットとして挙げられます。上で紹介したように宮崎の主要産業は農業や海面漁業で、また食料自給率も高く、2016年時点では生産量ベースで287%と全国1位となっています。

これらのことから宮崎では野菜や魚などの食べ物が豊富に手に入りやすく、また宮崎牛や尾崎牛、地鶏やマンゴー、伊勢海老といった美味しい食べ物もたくさん存在しています。

宮崎は物価も安いので、こういった美味しい食べ物をリーズナブルな価格で食べることができるのは、かなりの魅力だといえるでしょう。

宮崎で転職する際の注意点は?

メリットの次は、宮崎に転職する上で注意しておくべき点について紹介します。

電車などの交通手段が少ない

宮崎は地方都市になるので、東京や大阪などの大都市に比べると電車の本数が少ない傾向にあります。

実際に都内から宮崎に転職した人の話では、電車が少なくて待ち時間が長い、いちいち時間を確認しなければならない、という意見が存在していました。

また一般財団法人の自動車検査登録情報協会によれば、宮崎は車の保有率が他県に比べて低く、九州地方では佐賀県に次いで2番目に車、とくに乗用車を持つ人が少ないという結果が出ていました。

他にも一般財団法人の運輸政策研究機構のデータでは、宮崎の鉄道路線営業キロ数は全国で37位と、下位に位置付けられていることが分かります。

宮崎への転職を考えている人は、宮崎は他県に比べると車や電車といった交通手段が少ない傾向にあることを覚えておいたほうが良いでしょう。

年収が減ってしまう可能性がある

上記したように宮崎の平均賃金は235,5千円と、全国平均の304,3千円に比べて70,000円ほど安くなっています。また九州地方全体で見ても、平均賃金が安い傾向にあることは上で説明したとおりです。

そのためもし宮崎へ転職をした場合には、年収が減ってしまう可能性はあり得ます。もちろんこれは転職する企業や職種、その他によっても変わってくるので一概には言えません。

しかし実際に宮崎県の平均賃金が安いことを考えたら、現在働いている会社よりも給与が低くなってしまうことは十分考えられるので、転職の際には給与の確認・交渉をしっかり行うようにします。

チェーン店やフランチャイズ店の数が少ない

地方都市である宮崎には、フランチャイズやチェーン店などのお店が少ない傾向にあります。公式サイトを元に有名なチェーン店・フランチャイズの県内店舗数の一例を示すと

ダイソー店舗数24
セブンイレブン店舗数195件
ファミリーマート店舗数127件
ローソン店舗数106件
スターバックス店舗数4件
ガスト店舗数6件

となり、宮崎は有名なフランチャイズやチェーン店の数が少ないことが分かります。

中にはマクドナルドのように宮崎県内でも数が多い店舗も存在しますが、ファミリーレストランなどでは有名なチェーン店でも宮崎には進出していないところは多くみられました。

また宮崎に転職した人や移住した人の話でも、やはりチェーン店やフランチャイズが少なくて味恋しい思いをした、と言う意見が多くみられました。

チェンネル数が少ない

テレビチャンネルの少なさもまた、宮崎へ転職する上で注意してほしい要素のひとつです。

googleでも予測変換で『宮崎 チャンネル 少ない』という言葉が出てくるほどで、実際に都道府県別の民放テレビ局数を比べてみても、宮崎は2局だけと47都道府県中でもワースト2に入るほどの少なさです。

宮崎に転職や移住した人の口コミや感想でも、チャンネル数の少なさに驚いた、宮崎は日本一チャンネル数が少ないと聞いたことがあるが本当かもしれない、うちの地元よりも少なくてびっくりした、など散々な言われようでした。

テレビを見るのが好きな人や、毎週欠かさず見ている番組がある人などは、宮崎に移る前に、自分が見ている番組がちゃんと放送しているかどうか確かめたほうが良いでしょう。

宮崎での転職を成功させる方法5つ

宮崎への転職のメリット・注意点が分かったところで、ここからはいよいよ宮崎への転職を成功させるための方法5つを紹介していきます。

志望理由を明確化する

まず最初の方法は、転職する理由を『明確化』することにあります。もしもあなたが東京や大阪といった都心の企業に勤めている場合は、なぜ都心から地方の企業に行きたいのか、その理由をはっきりさせておく必要があります。

ただ単に『実家に帰りたいから』『Uターンがしたいから』だけでは企業側のメリットがなく、いまいち志望理由としては説得力に欠けるからです。

転職は特定の企業へ雇ってもらうための動機ですから、『その企業でないと』できないことや、『この企業であれば活かせる』スキルがあるなど、理にかなった理由や説得力のある動機の方が目にとどまりやすくなります。

あなたが『宮崎に移りたい理由』を如何に説得力のある理由や、理にかなった動機として伝えることができるのか、それが宮崎に転職を果たす上で重要になってきます。

現在の宮崎の需要を知る

宮崎で求められる人材の特徴やスキルなどを知ることも、転職を成功させるうえで大切な要素となります。例えば上で紹介したように、宮崎の求人ではクリエイティブ系が少なく、技術系の募集が多い、という感じです。

現在の宮崎や宮崎の企業ではどのような人材が求められているのか、どのようなスキルが必要とされているのかなどを知ることができれば、どのように自分をアピールすればいいのかも自ずとわかってきます。

転職は需要と供給が一致して採用されるものですので、いかに自分が宮崎や狙っている企業にとって役立つのか、求めている人材なのかを説明できれば採用の可能性はグッと高まることでしょう。

自己分析をしっかり行う

これは企業側というよりも、あなた自身が転職を成功させた、と思えるための方法ですが、自己分析はしっかりと行うことです。

転職の成功はなにも『宮崎の企業から内定を貰う』ことだけではありません。あなた自身のキャリアアップや仕事へのミスマッチをなくし、希望する企業や職種への異動が叶ことこそがあなたにとっての『転職の成功』なのです。

ですから、あなた自身がどのような企業に入りたいのか、どんな仕事をしたいのかなど、自分自身が本当に望むことや希望している未来をきちんと把握しておく必要があります。

そうでなければ、せっかく転職を果たしても『なにかが違う』という想いを抱えて仕事をしていくか、下手をすれば『また転職したい』と願ってしまう可能性もあります。

今度こそ自分が思い描く希望を実現させるために、自己分析は怠らないようにしましょう。

ハローワークなどを活用する

宮崎への求人を手に入れる方法として、ハローワークを活用するのも有効な手です。ハローワークは地域に密着した求人を取り扱っている場合が多く、地方への転職を考えている人にとっては打ってつけの場所となります。

これはハローワークが『職業安定法』に基づいて運営がされているためで、これによるとハローワークは求職者が『住所・居所などを変更しなくてもよい求人』を紹介するよう努めなければならないとあります。

つまり宮崎での求人が欲しいのであれば、宮崎のハローワークを利用すればよいわけです。また例え現在都内に住んでいた場合でも、ハローワークは全国ネットワークを利用してくれますので、地方での求人も見つけてくれます。

転職ではなるべくたくさんの情報を得るために、転職サイトだけではなくハローワークを始めとする多くの場所にアンテナを張っておくとよいでしょう。

転職エージェントへの登録

最後におすすめする方法は、転職エージェントに登録することです。今までいくつかの転職を成功させる方法について紹介してきましたが、やはりこの『エージェントを利用する』方法がもっとも成功率が高い方法でしょう。

転職エージェントは、文字通り『転職を成功させるため』に存在し、またそこに勤めているアドバイザーたちも皆『何人もの転職を成功させてきたプロ』の人たちです。ノウハウや企業の情報なども豊富に持っています。

せっかく身近にこれだけのノウハウ・情報を持ったプロがいるのですから、これを利用しない手はありません。あなたが1人で行う転職活動と、プロが手伝う転職活動、どちらがより成功しやすいかは明白といえます。

エージェントの利用は基本的には無料ですので、なにかリスクがあるわけでもなく、気軽に利用することができます。あなたの転職成功のためにも、ぜひエージェントを利用してみてください。

宮崎の求人に強い転職サイト・エージェント5選

ここからは具体的に宮崎への転職におすすめなエージェントを『誰でもおすすめできる総合型』『特定の業界・年齢層に特化した業界特化型』『宮崎での求人に特化した地域密着型』の3つに分類して紹介していきます。

自分に合うと思うエージェントを見つけたら、ぜひ登録してみてください。

サポート体制が手厚いパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

45歳男性

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

25歳女性

履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

大手転職エージェントのマイナビエージェント

マイナビエージェント

利用者との対話を重視しているマイナビエージェントでは、面談によるサポートが充実しています。

面談には回数制限がありませんし、利用者の都合に合わせて夜間や土曜日の面談も可能です。

もちろん、拠点が遠くて面談に参加できない場合には、これらのサポートを電話で受けることができますので、地方在住者や忙しい主婦にも便利です。

マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

24歳女性

面談が充実しており、希望の求人条件をしっかり共有した上で転職活動を行えました。面接対策が充実してました。

21歳女性

転職エージェントの方からも私の強みを伝えて下さり、面接もスムーズでした。就職後も職場に対して不安な事など相談にのっていただけました。

など、特に面談によるサポートやアフターフォローを評価する声が多数ありました。

マイナビエージェントでは、再就職までのサポートはもちろんのこと、就職後の不安なことを相談できるといったアフターフォローも充実しています。

主婦の再就職の場合、内定を貰うまではもちろんのこと、就職後も何かと不安が多いものです。

そんな不安を解消できるアフターフォローは、まさに主婦の味方と言えます。

働きながらの転職活動にはdoda(デューダ)

doda

大手人材会社、パーソルキャリアが運営する転職エージェントがdoda(デューダ)です。求人数は全国トップクラスで、非公開求人数も8~9割と非常に高い数値となっています。

さらにdodaでは、普段仕事などで忙しいという方向けに企業から直接オファーが届くサービスを実施しています。

キャリアに自信のある方であれば大手企業からのオファーが得られる場合もありますので、「まだ今の仕事を辞めていないため忙しい!」という方でも安心です。

dodaはサポート面での評価も高く、dodaを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳男性・システムエンジニア

大手ということもあり、求人の量及び質についても十分っであった。この点は大きなメリットであった。また面接対策についても真摯にむきあっており、好感がもてた。

35歳女性・金融

大手の転職エージェントであるため他の会社と比較して多くの求人が存在するところ。また、量だけでなく求人の質も優れているものがあった。

など、特にサポートの良さに対して評価する声が多数ありました。レスポンスも早く、調整をしっかりと行ってくれるところも高評価となっていました。

求人数、サポート力ともに非常にバランスの取れたエージェントですので、迷っている方は登録しておくとよいでしょう。

宮崎特化型の転職エージェント!ハコブネ

ハコブネは株式会社インタークロスが運営する宮崎の求人に特化した、地方密着型の転職エージェントです。地方密着型とはいえ、対応するアドバイザーは、人材派遣や人材育成のキャリア10年以上のベテランばかりです。

また書類の作成・面接のサポートなどのサービスも行っているため、書類作成や人と話すのが苦手な人でも適切な指導を受けられるのが魅力です。

地方密着型なので、あまり口コミ数は多くありませんでしたが、調べた限りですと以下のような評価がありました。

  • Uターンや地元で就職したい人にはピッタリなエージェント
  • 宮崎で就職と名打つだけあって、宮崎県内の求人は豊富

サービスその他についての評価は見られませんでしたが、『宮崎の地域密着型』であることは大きいでしょう。宮崎への転職を考えるのであれば、登録しておいて損はないエージェントです。

登録する(無料)

最後に

エージェントはプロの集まりなので、自分ひとりで行うよりもよほど効率よくあなたの転職をサポートしてくれます。しかしエージェントにも特色によって得意不得意が存在します。

例えば上で紹介した『総合型』は誰にでも合う反面、特徴のある企業への転職には少し物足りなかったり、業界特化型はその業界以外には弱いなどがそれに当たります。

こういった得意不得意をなくすには、できるだけたくさんのエージェントに登録するのが良いでしょう。より多くのエージェントを利用することでお互いの弱さを補い、また各エージェントからより多くの情報を得ることができます。

比較対象があることでより正確性が増すのは転職エージェントも同じです。わざわざ1つに絞らずに、複数のエージェントを活用してみることが宮崎への転職成功の秘訣です。