マイナビエージェントならではの特徴やメリット・デメリットは?

アドバイザー 女性_437561965
マイナビエージェントって他の転職エージェントとどう違うんですか?
キャリアコンサルタント
マイナビエージェントは、リクルートエージェントやdodaと並んで大手の転職エージェントです。ですが、それらの違いは分かりづらいですよね。
どの転職エージェントに登録しようか迷っているので、わかりやすく教えてください!
キャリアコンサルタント
はい。この記事では、マイナビエージェントのメリットやデメリットなどを、実際に利用した人の口コミを元に詳しくまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

最大手の転職エージェントならどこも同じ…と思っていませんか?しかし、転職エージェントによってサービスの質は全く異なりますし、また時期によっても状況が異なるので、最新の情報収集が必須です。

この記事では、マイナビエージェントの特徴(メリット・デメリット)をわかりやすくまとめ、600人以上の転職経験者に取材した、最新の評判を紹介しています。

この記事を読んでわかること

【2019年4月:最新情報】

4月は転職する最高のタイミングです。多くの企業では、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が決まった4月から補強のために中途採用を行います。当然、ライバルとなる転職志望者も急増します。他のライバルに先を越されぬよう、早急に準備をしましょう。

  1. このページを参考に、複数の転職エージェント(『doda』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など)に無料登録する
  2. 各エージェントから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、各エージェント側のサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期にあたります。そのため、転職活動へ積極的な人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントには、「すぐにでも転職したい」としっかり伝え、優先的にサポートを受けられるようにしておきましょう。

まずは「転職エージェント」についてきちんと理解しよう

マイナビエージェントを始めとした「転職エージェント」は、転職活動に欠かせないサービスです。

マイナビエージェントについて理解をするためには、そもそもの「転職エージェント」についてきちんと理解していなければなりません。

こちらの記事では、「転職エージェント」について詳しく解説しているので、まずはこちらに目を通してみてください。

『マイナビエージェント』ならではのメリット

マイナビエージェントに登録を迷っているなら、マイナビエージェントならではのメリットをまず知っておきましょう。

メリットは、大きく以下の8つです。

  • 転職をプロの2人がサポートしてくれる
  • 既卒・第二新卒の転職を精力的にサポートしてくれる(高卒でももちろんOK)
  • 中小企業の求人数が特に多い
  • 20代の転職に強みを持っている
  • 書類審査の通過率が高い
  • キャリアアドバイザーのサポートが手厚い
  • 担当キャリアアドバイザーの変更が簡単
  • 利用する人のプライバシーを徹底して守る

一つ一つ見ていきましょう。

①転職をプロの2人がサポートしてくれる

マイナビエージェントは、採用プロジェクト担当とキャリアアドバイザーに分かれていることが特徴です。キャリアアドバイザーは、キャリアプランの中長期的なもののコンサルティングやキャリアカウンセリングをしてくれます。

一方、採用プロジェクト担当は、担当している会社の採用プランや、要求される人物像を把握するプロフェッショナルです。つまり、キャリアをアドバイスするアドバイザーと会社に詳しいプロを分けることによって、情報が効率良く行き届くようになっています。

②既卒・第二新卒の転職を精力的にサポートしてくれる(高卒でももちろんOK)

マイナビエージェントは、既卒・第二新卒の転職を精力的にサポートしています。転職エージェントの場合は、一般的に既卒・第二新卒はキャリアサポートを断られることが多くあります。転職エージェントのリクルートエージェントなどの場合は、20代後半~35歳くらいが主に利用する層です。

利用する際は、一定の仕事の経験があることが条件になっています。登録してから実際に転職するまでが平均的に45日間と短いため、持っている求人情報と転職したい人のキャリアを照合して「優先的に転職しやすい人からサポート」すると思われます。

一方、マイナビエージェントの場合は、期限無しで転職をサポートしてくれます。既卒・第二新卒の人も幅広く利用することができ、転職したい20代の人の満足度においてはトップになっています。別の転職エージェントで登録するのを断られた既卒・第二新卒の場合は、マイナビエージェントのキャリアカウンセリング(転職相談)のみでも利用する価値があるでしょう。

③中小企業の求人数が特に多い

転職エージェントの中においても、マイナビエージェントは多く求人数がありますが、特に豊富に中小企業の求人数があることが特徴でしょう。というのは、マイナビエージェントは、なかなか大手の転職エージェントでは中小企業のように訪問できないところにもしっかりと営業を行っているからです。

中小企業に転職したいと思っている場合は、マイナビエージェントはおすすめでしょう。

では、どうしてマイナビエージェントは中小企業の求人数が多いのでしょうか?大手の転職エージェントの場合は、求人を載せるための宣伝料が高いため、よく中小企業は避けます。

しかし、マイナビエージェントの場合は、大手の転職エージェントに比較して宣伝料が安いのでよく載せることができるということが一つ理由のようです。

④20代の転職に強みを持っている

転職エージェントによって持っている強みは異なりますが、マイナビエージェントでは20代の転職に強みを持っていることが特徴です。

そのため、新卒や第二新卒などの就職・転職におすすめの転職エージェントとなっています。

他の大手転職エージェントでも若い世代の方に紹介できる求人は取り扱っていますが、会社によっては高収入やハイキャリアを中心として求人を取り扱っています。

有名な転職エージェントでも自分に合った求人を紹介してもらえなければ意味がないので、20代で転職を考えている方は、マイナビエージェントを利用してみると良いでしょう。

女性の転職にもおすすめされている

男性とは働き方が異なる女性の転職は、一般的に難しいといわれています。女性は結婚や出産によって退職をされる方が多いため、なかなか内定が決まらないという方は多いようです。

しかし、マイナビエージェントでは働く女性の気持ちを理解してくれますし、女性歓迎の求人情報を紹介してもらうことができます。

近年、結婚や出産後に働く女性が増えているため、働く女性の強い味方になれるよう質の高いサービスやサポートを心掛けているようです。

⑤書類審査の通過率が高い

マイナビエージェントの場合は、キャリアアドバイザーが紹介した求人に応募すれば、書類審査に半分以上受かると公表していています。というのは、求人をキャリアアドバイザーが紹介する際に、きちんと利用する人のスキルや適性を判断して適した求人を紹介しているためです。

適した求人以外に、利用する人にとってレベルがちょっと高いのではないかというような求人も紹介しており、別の転職エージェントに比較してこの求人の書類審査に受かる率も高くなっています。そのため、マイナビエージェントは、基本的に、書類審査に受かる率が高いと言えるでしょう。

⑥キャリアアドバイザーのサポートが手厚い

マイナビエージェントの場合は、担当するキャリアアドバイザーがいい人であれば、アドバイスを適切に行ってくれたり、丁寧に履歴書を添削してくれたりするなど、非常にサービスのいいものが受けられるということで評判になっています。

大手の転職エージェントと比較すると、キャリアアドバイザーが担当する人は3分の1程度の人数であるため、割合対応が丁寧であるようです。話をじっくりと聞いてもらいたい場合は、マイナビエージェントがおすすめでしょう。

⑦担当キャリアアドバイザーの変更が簡単

マイナビエージェントの場合は、相性が担当するキャリアアドバイザーと合わなければ、すぐに変更できます。担当するキャリアアドバイザーを変更してもらうのはやはり気まずいでしょうが、簡単に変更できるのであれば安心でしょう。

マイナビエージェントのカスタマーサービスに、担当しているキャリアアドバイザーを変更して欲しい場合は頼みましょう。カスタマーサービスに頼んだ場合は、直接担当するキャリアアドバイザーに言わなくてもいいため、割合楽な感じで頼めるでしょう。

⑧利用する人のプライバシーを徹底して守る

マイナビエージェントは、経営の安定性、情報管理の安全性、法令遵守など、利用する人をいろいろな面から守っています。そのため、職業紹介優良事業者認定マークとプライバシーマークを取っています。

職業紹介優良事業者認定マークというのは、78項目の経営の安定性、求人・求職者情報の管理、法令遵守、利用者満足度、キャリアコンサルティングなどの基準を満たした業者に対して与えられるものです。

一方、プライバシーマークというのは、厳しい個人情報保護の基準を満たした業者に与えられるものです。マイナビエージェントの場合は、SSLによって登録した個人情報を守っています。

転職に関する相談をこまめにしたい人や、他の大手企業にはない中小企業案件に応募したい人には、マイナビエージェントが特におすすめなんですね。

『マイナビエージェント』に関するよくあるQ&A

キャリアコンサルタント
マイナビエージェントについて寄せられる、よくある質問にお答えします。

マイナビ転職とマイナビエージェントの違いは?

同じマイナビブランドの中に、転職にまつわるさまざまなサービスがあるのはご存知ですか?この章では、マイナビのメインの求人媒体であるマイナビ転職と、マイナビエージェントの違いを説明していきます。

マイナビ転職も無料で使えるマッチングサービス

マイナビ転職とは、株式会社マイナビが運営している求人媒体(求人メディア・求人広告)のことです。

ビジネスモデルはマイナビエージェントと類似しており、人を採用したい企業と、転職したい求職者をマッチングするサービスであることは変わりません。

また、求職者が完全に無料で利用できる点もマイナビエージェトと同一です。では、どのような点が異なるのでしょうか?

企業は先行投資で媒体費を支払うため採用の重視点が異なる

先の章で、転職エージェントは完全成果報酬型のサービスとお伝えしました。これに対し求人媒体(求人メディア・求人広告)は、先行投資型のサービスとなります。

企業は1か月間~3か月間ほどの求人掲載期間を決めて掲載料を支払います。掲載費用は10万円前後から、100万円を超えるものまでさまざまですが、通年で掲載をし、複数職種の募集を出している企業にとっては決して安い金額ではありません。

求職者側の利用料は一切かからず無料ですが、企業は採用ができてもできなくてもお金を支払うことになるため、「掲載したからには必ず採用しなければ」と本気度が高いケースも多いです。

対して転職エージェントでは、「時期は急いでいないから、確実に良い人を1人採用したい」という狙った採用を行う傾向があります。よって転職エージェントの求人の方が、応募条件が厳しくなる可能性は高いです。

マイナビ転職には非公開求人がない

マイナビ転職は、登録をしなくてもWEB上でオープンに閲覧できる求人サイトです。掲載中であれば、いつでも応募ができる状態になっており、非公開求人はマイナビエージェントに登録しないと紹介してもらえません。

非公開求人の方が、質が高いということはありませんが、オープンに公開されている求人には以下の特徴があります。

・採用人数が多い
・応募条件が比較的緩やか
・急ぎで採用したい場合が多い

転職エージェントを利用すると、企業は1人の求職者に対して100万円以上の費用を費やします。求職者の理論年収の35%と計算すると、年収500万円の人を採用すれば175万円となります。

マイナビ転職の20万円の枠で2人採用できれば、ひとりあたりの採用単価は10万円となるので、複数名採用していく場合は求人媒体を使用した方が、コスパがぐんと良くなります。

よって採用人数が比較的多く設定されやすくなるという仕組みです。企業はこの採用単価を指標にしながら、転職エージェントか転職メディアのどちらを使用するのかを決めていきます。

掲載されやすい職種の特徴

マイナビ転職のような求人媒体に掲載されやすい職種は以下の通りです。

・販売、サービス系職種…アルバイト雇用をしている業界は人手不足の影響を受けやすいため、複数名採用枠を設けやすい
・営業系職種…どの企業にも営業職ポジションは必ずあるため、募集が増える傾向にある
・事務系職種…特に20代若手を募集して育てたい企業が多く、事務系求人は掲載されやすい

比較して、マイナビエージェントのような転職エージェントで募集されやすい職種は以下の通りです。

・企画、専門職種…企画職は企業の中でもサービスを生み出す中核となるので、経験値を問われやすい。そのため転職エージェントである程度スキルチェックして確実に採用したい傾向にある
・IT、技術系…エンジニアの有効求人倍率は非常に高く人手不足が顕著な業界です。しかし、専門スキルが求められ、企業が経験者メインで欲しいケースが多いので転職エージェントでの求人は増えやすい
・経営、中核職種…会社の経営に近いハイキャリア求人は、求人媒体で募集をかけることはありません。基本的にはヘッドハント型か転職エージェントでの募集となる

ライバルが不特定多数いる中で能動的に応募する

求人媒体の場合、ネットを閲覧している人は誰でも求人に応募することができます。マイナビエージェントでは、キャリアアドバイザーが他の応募者との人数を調整して進めてくれますが、マイナビ転職の場合は応募者の調整はできません。

人気企業であれば、1つの求人に何百人も応募が来てしまうため書類選考に通過する確率が下がってしまいます。

『マイナビエージェント』がおすすめなのはどんな人?

では、マイナビエージェントはどのような人におすすめでしょうか?マイナビエージェントをおすすめしたいのは、次のような人です。

  • 転職活動をじっくりと行いたい
  • ブラック企業には転職したくない

マイナビエージェントの場合は、サービスを期限無しで受けられるため、転職活動をじっくりと行いたい人におすすめです。逆に、貯金が無くなりそうであるため転職を今すぐにしたいという人には、あまりマイナビエージェントはおすすめではありません。

では、どのような年齢層にマイナビエージェントは強いのでしょうか?新卒で会社に入って3年以内に会社を辞めた第二新卒や20代の人が転職する際に、マイナビエージェントは強いと言われています。「マイナビ」という新卒の頃に使った名称に安心感があって、20代の人も多く登録しているようです。

『マイナビエージェント』が実際に紹介している会社ってどんなところ?

マイナビエージェントの求人数は、別のエージェントのDODA、リクルートエージェントというようなところには劣りますが、大会社を実際に十分に紹介しています。求人のレベルは、エージェントとして確かでしょう。マイナビエージェントが実際に紹介した主な会社は、次のようなところです。

  • (株)村田製作所
  • アクセンチュア(株)
  • (株)ディー・エヌ・エー
  • いすゞ自動車(株)
  • (株)エヌ・ティ・ティ・データ

マイナビエージェントは、マイナビグループの転職エージェントで、「マイナビ」という新卒のための就職情報サイトや「マイナビ転職」という転職情報サイトを運営しています。マイナビグループは、人材情報サービスのいろいろなものを展開しており、特に全国各地にある会社の人事担当者と多く接触しています。

法人営業をマイナビエージェントにおいて担当しているスタッフは、頻繁に上場している大手の会社やスタートアップ、ベンチャー企業、優れた地方の会社と情報を交換しています。

このようにして収集した優れた選りすぐりの求人は、驚くことに非公開求人が8割です。このような非公開求人が、転職したい人にキャリアアドバイザーによって紹介されます。

『マイナビエージェント』の登録は面倒?

こちらのページから登録します。登録にかかる時間は、約10分間~15分間くらいです。マイナビエージェントに登録したり、利用したりするのは全て無料です。基本情報をまず登録します。個人情報として、名前、性別、生年月日、Eメールアドレスなどを入力します。

Eメールアドレスは、マイナビエージェントから来るメールのためのものであるので、よく使用するものを入力しましょう。

最終学歴を次に入力します。卒業年月も必要であるため、事前に自分の卒業年月を調べておきましょう。職務経歴を次に入力します。パソコンなどに自分の職務経歴書を保存している場合は、そのまま添付できます。

自分が希望する条件を次に入力します。入力は第3希望までできます。入力する際には、選択式が多いので、回答が非常に簡単になっています。入力内容によって、要望する転職先が見つかるかどうか決定します。希望する転職先を、自己分析をきちんと行って見つけましょう。

『マイナビエージェント』に登録後の流れは?

マイナビエージェントに登録した後はどうすればいいのでしょうか?マイナビエージェントの登録が終わると、面談をキャリアアドバイザーと行います。面談する際は、経験や現在のスキルを伝えて、転職活動の今後のプランを作ります。この面談後に、求人を担当するキャリアアドバイザーから紹介してくれます。

応募先の会社が決定すれば、推薦状を作ったり、応募する書類を添削したり、面接の対策をしたりするなどサポートを手厚く行ってくれます。内定が決定すれば、担当するキャリアアドバイザーが給料や待遇などについて交渉してくれたりするなど、入社するために準備してくれます。

『マイナビエージェント』から退会するには?

晴れて転職先が決まったら、不要なメールを受け取らないためにも早めに退会しましょう。こちらのページから、退会フォームに進むことができます。

『マイナビエージェント』を活用して転職に成功するポイント

マイナビエージェントに登録しようと思った方は、登録して安心してはいけません。せっかく登録して面談したのですから、フル活用しないと時間の無駄になってしまいます。

マイナビエージェントに登録後、活用のポイントについて解説します。

ポイントは、

  • 迷ったらまずキャリアコンサルタントに相談する
  • 非公開求人を積極的に紹介してもらう
  • 興味がある企業の内情について遠慮せず質問する
  • 面接や書類作成のアドバイスを頼む
  • 紹介企業情報を鵜呑みにせず、自分でも調べる

などが挙げられます。

ポイント① 迷ったらまずキャリアコンサルタントに相談する

転職活動は、一般的に、よく一人になります。困った場合や心配な場合に相談できるキャリアコンサルタントがいれば、非常に心強いでしょう。

ポイント② 非公開求人を積極的に紹介してもらう

求人情報としては、転職サイトなどで一般の人に公開されているものと一般の人に公開すれば非常に応募が多くなる非公開のものがあります。非公開の求人情報を、転職エージェントを使うことによって紹介してくれることがあります。

ポイント③ 興味がある企業の内情について遠慮せず質問する

転職サイトと違って、会社がアピールしたいもの以外に、転職したい人が聞きたいことが把握できます。キャリアコンサルタントが求人会社から信頼されている場合は、一般の人には非公開の将来的な経営戦略などが把握できます。

ポイント④ 面接や書類作成のアドバイスを頼む

キャリアコンサルタントは、職務経歴書や履歴書を添削してくれたり、面接する際によく聞かれる質問についてアドバイスしてくれたりします。

ポイント⑤ 紹介企業情報を鵜呑みにせず、自分でも調べる

転職エージェントは、非常に多くのメリットがありますが、一方、注意することもあります。転職エージェントによって得意なジャンルと得意でないジャンルがあるため、自分が希望しないような求人を場合によっては紹介されることもあり得ます。

求人情報に書いてあることが本当かどうか、本当に働きやすい企業なのかどうかについては、キャリコネなどの口コミサイトを利用して必ずチェックしましょう。

まずは面談へ!『マイナビエージェント』のオフィス一覧

マイナビエージェントの企業名は、株式会社 マイナビです。マイナビエージェントの東京 京橋第一オフィスは、東京都中央区京橋3-7-1 相互館110タワー4F/9F/10Fにあります。トータルの求人数は約18,700件(2018年6月1日現在)で、この中で約80%の約14,900件が非公開求人数(2018年6月1日現在)です。

マイナビエージェントの拠点は、東京 京橋第一オフィス以外に、次のように全国にあります。このような拠点があるところを把握しておくと、キャリアサポートを地方に住んでいる場合に受けやすくなります。

  • 札幌オフィス…札幌市中央区北二条西三丁目1番地20号 札幌フコク生命越山ビル 9F
  • 東京(京橋第二)オフィス…東京都中央区京橋2-10-2 ぬ利彦ビル南館 8F
  • 横浜オフィス…横浜市西区高島二丁目19番12号 スカイビル 19F
  • 名古屋オフィス…名古屋市中村区名駅4-7-1 ミッドランドスクエア9階
  • 大阪オフィス…大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪タワーA 30F
  • 福岡オフィス…福岡市博多区博多駅中央街8番1号 JRJP博多ビル7階

マイナビエージェントならではの特徴を知って最大限活用しよう

いかがだったでしょうか?

マイナビエージェントなどの転職エージェントは、それぞれ特徴やメリット・デメリットが違います。

各々理解をして、活用しなければ、満足の行く転職活動は行えないと言えます。

マイナビエージェント同様、他の転職エージェントもきちんと理解をして、利用するようにしてください。