長崎へ転職したい!成功させる方法とおすすめ転職エージェントを紹介

長崎県で転職したいです。どうすれば転職できるか、教えてください!
長崎県を始めとした地方転職には、「転職エージェントの活用」が有効です。長崎県に特化したものも含めて、最大限活用しましょう。

キャリアコンサルタント

分かりました!
この記事では、長崎県の転職市場転職の際の注意点活用すべき転職エージェントについて解説しています。

キャリアコンサルタント

ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

長崎での転職を考えている、もしくは転職して長崎で生活したいと考えていませんか。地方都市への転職は情報が少なく都心での転職よりも難しく感じてしまうことも多いでしょう。

そこで今回は、長崎での転職を希望するうえであなたに知っておいてほしいポイントについて紹介していきます。また転職の味方となるおすすめの転職エージェントについても触れていきます。

長崎への転職のためになる情報満載ですのでぜひ最後までご覧ください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

転職する前に知っておきたい!長崎の転職市場・地域性は?

長崎への転職を考えているのであれば、まず長崎とはどんなところなのか、転職市場や地域性を知っておくことが必要です。長崎の平均年収や、近隣他県との比較を調査し、さらに長崎県の有効求人倍率も調べてみました。

また、長崎の主な産業や有名な企業なども紹介します。

長崎県の平均年収

まずは長崎県の平均年収について調べてみました。

平均年収約405万円
年収中央値約350万円
月収約25万円

年齢と性別による平均年収

男性女性
20代307.8万円267.5万円
30代396.3万円292.1万円
40代506.6万円325.5万円
50代497.6万円329.3万円


産業別の平均年収
他県と比較してみると少し賃金は低い印象です。また、一人当たりの県民所得は241万9千円で都道府県別ランキングでも43位となっています。しかし、あくまでも平均の数字であるため長崎での転職を考える際の一つの基準としておくと良いでしょう。

長崎県での産業別の平均年収を調べてみました。

鉱業・採石業・砂利採取業約280万円
建設業約338万円
製造業約339万円
飲料・タバコ・飼料製造業約293万円
繊維工業約202万円

上記は30代の産業別平均年収です。

長崎には良い港が多く、船を製造している企業も多数あり盛んに行われています。そのため、製造業などが一番年収が良く、40代では製造業の平均年収が約457万円となっています。

長崎県と近隣他県の平均年収の比較

2017年に厚生労働省が発表した「賃金構造基本統計調査」によると、九州地方の県は以下のような平均年収であることがわかりました。

長崎県約405万円
福岡県約450万円
佐賀県約391万円
大分県約412万円
熊本県約401万円
宮崎県約366万円
鹿児島県約383万円

九州地方の7県のうち長崎県の平均年収は3番目に高いことがわかりました。

福岡県は九州地方の中でも栄えていて人口も多く企業も多いため、長崎に比べると地価や物価も少し高めです。東京に比べると、九州地方は全体的に安めではありますが、長崎県は地価や物価と年収のバランスが良い県だと言えるでしょう。

全国平均との比較

2017年の日本全国の平均年収は約416万円でしたので、長崎の平均年収は全国の平均年収に比べて少々低めではありますが、地価や物価が安い分妥当な数値であると言えるでしょう。全国では、やはり東京都が一番年収が高く約450万円ですが地価・物価ともに高いため、少々生活が苦しくなることも事実です。

それに比べると、長崎への転職は心にゆとりを作ることができるチャンスでもあるのではないでしょうか。

有効求人倍率

求人倍率とは、ハローワークに登録されている求人数を応募者で割ったものを表します。求人倍率が高いということは、応募者が少ないということなので、転職を有利に進めることができるということです。

では長崎と近隣他県の有効求人倍率を比較してみましょう。

全国1.62
長崎県1.28
福岡県1.64
佐賀県1.35
大分県1.61
熊本県1.76
宮崎県1.54
鹿児島県1.34

長崎は観光名所も多く近隣他県に比べて有名企業も多いため、転職者が多く人気があるため求人倍率はそこまで高くないのが分かります。しかし、求人倍率が1倍以上あるため、そこまでUターン・Iターン転職が難しいということはないでしょう。

しかし長崎県の中でも佐世保市の求人倍率は1.66でしたので県内でも多少のばらつきがあることも分かりました。

長崎県の主な産業

長崎県では主に農業、漁業、工業、観光業の4つがあります。

農業

長崎の気候は比較的暖かく雨も多いのが特徴です。豊かな自然環境や地形を生かしてさまざまな農産物が作られています。特に生産が盛んなものは、びわ・ジャガイモ・みかん・干し椎茸・牛肉です。

漁業

さまざまな島が一つの県となる長崎県では漁業も盛んに行われています。多くの入り江や対馬暖流など、恵まれた漁業環境にあり、多くの魚が集まります。沿岸漁業ではアジやイワシ、サバなどさまざまな魚や海藻が取れ、養殖漁業では真珠・タイ・ぶりなどの養殖を盛んに行っています。

工業

長崎には良質な港が多数あり、長崎市や佐世保市には大島造船所や佐世保重工業といった船を作ったり修理する企業もあります。また、近年では大村市や諫早市で電子部品の生産も盛んに行われており、長崎市や佐世保市だけでなく長崎全体が活気にあふれています。また焼き物も有名ですし、そうめん、水産加工物などの土地を生かした産物も各地にあります。

観光業

長崎県にはさまざまな観光スポットがあります。世界文化遺産に登録されている「端島炭鉱(軍艦島)」や「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」、長崎独特のお祭りの「長崎くんち」や五島の「へトマト」などもあり、たくさんの文化財や史跡があるので観光客も多く訪れます。

長崎を代表する企業

次に長崎県を代表する有名企業をご紹介いたします。

ジャパネットたかた

通販販売で有名なジャパネットたかたは長崎県佐世保市に本社を置いています。『今を生きる楽しさを!』をキャッチコピーとし、テレビショッピングでは独特の商品紹介で話題となりました。

2011年3月11日に発生した東日本大震災の際には義援金5億円を寄贈し、さらに3月16日には生放送で、放送での全商品の売り上げ全てを義援金として寄贈しました。このことからもわかるように、ジャパネットたかたの売り上げは相当な数字を表していることがわかります。

ジャパネットたかたの福利厚生はとても充実していて、本社の近くに温泉や足湯、体育館などの福利厚生施設がありますので、休日も体を動かしたり、リラックスしたり、充実して過ごせるでしょう。

ハウステンボス

佐世保市にある観光名所として有名なハウステンボスはオランダの街並みを再現しヨーロッパ全体をテーマとしています。東京ディズニーランドの約1.5倍もの敷地面積を持ち、国内では最大のテーマパークを誇ります。

ホテルレストランでも求人がありますので、優雅で上品な仕事をしてみたい方には良い転職先かもしれません。

株式会社十八銀行

長崎県を中心に約100の店舗を展開しています。十八銀行の平均年収は約620万円ですので、全国の平均年収に比べると大幅に高いことがわかります。長崎県での地価や物価の安さにこの年収でしたら、ゆとりのある生活が送れることでしょう。

銀行・保険・証券での勤務経験が3年以上ある方は応募可能ですので、十八銀行への転職も視野に入れておくと良いでしょう。

株式会社大島造船所

大島造船所では主に、船舶事業・鉄構事業・農産事業の3つの事業を行っています。不定期の更新ですが、社員がリレー式でつづっているブログの「大島がんばらんば日記」は実際に働いている現場のリアルさが伝わってくる内容が書かれています。また、仕事内容とは異なる、社員のプライベートも記載されていて面白い内容が書かれています。

大島造船では、一級土木施工管理技士資格を取得しており、土木工事における現場での施工管理業務経験がある方の募集を行っています。

佐世保重工業株式会社

1946年に設立された佐世保重工業は主に輸送艦の建造や修理、大型クレーン用フックなどの製作を行っています。

長崎の歴史とともに発展してきた佐世保重工業は船舶の新造・改造に関わる設計などの経験がある方の、中途採用も行っていますので候補に入れてみてはいかがでしょうか。

松浦鉄道株式会社

日本最西端の鉄道会社、松浦鉄道は2018年に30周年を迎えました。自然豊かな長崎の風景と海を眺めながら鉄道を走らせることは、気持ちも豊かになりやりがいを感じられるのではないでしょうか。

鉄道好きの求職者には、ぜひ視野に入れていただきたい企業です。

長崎で転職するメリットは?

長崎で転職するメリットとは何かご紹介します。

物価の安さ

長崎で転職する最大のメリットは物価の安さです。物価が安いのは単純に食費だけではなく毎月かかる家賃などにも大きく関わってきます。
また、都心の暮らしでは集合住宅が当たり前ですが、長崎であれば一軒家の借家も多く子供を育てる環境としてものびのび暮らすことが可能でしょう。

さすがに通信費などは都心と変わりはありませんが、住宅費や食費の安さは生活のしやすさを顕著に表しているでしょう。

恵まれた自然

長崎には海も山もあり、自然に恵まれた環境も大きな魅力といえます。海へ行くと釣り人が趣味に講じており、新鮮な魚を釣ることも楽しみの一つです。

市場へ行っても新鮮な魚介類などがあり、地元の人の生活を支える大切な場所となっています。また、雲仙普賢岳でも有名なように山もあり豊富な自然があるため疲れた時に心を癒やすには最適な環境が整っているといえるでしょう。

また、アウトドアが趣味の方であれば存分に楽しむことができますし、これまで興味のなかったような方でも長崎の豊富な自然に触れてアウトドアを楽しむことも少なくないようです。

長崎で転職する際の注意点は?

地方都市、長崎での転職を探す際にも気をつけたいのが情報を十分に収集することだといえます。都心での転職は情報が多いために情報を吟味することが必要ですが長崎への転職であればより十分な情報を得ることが何より重要でしょう。

そのためには地元の求人情報誌など地域密着の情報を収集することも大事ですが、全国で採用についての情報を抱えている転職エージェントを活用するのが最良といえるでしょう。

なぜならば、これまでのスキルを活かした職種においての求人情報を得ることが可能となるからです。また、スキルを活かした転職であれば年収も大幅に下がるようなことを防ぐこともできるかもしれません。

そうすることで先に紹介した長崎の物価の安さなどの恩恵を受けることが可能です。あらためて一からの転職を行うのであればやはり都心の方がチャンスが多いため十分に考慮が必要です。ご自身の経験やスキルを活かすことができる企業を探すことからまずは始めてみると良いでしょう。

結果として長崎への転職を成功し、決心して良かったと思える行動ができるはずです。

長崎での転職を成功させる方法4つ

では長崎への転職を成功させるためには具体的どのようなことをしたら良いのでしょうか?

なぜ長崎へ転職したいのか考える

転職するのあたって、面接でも聞かれるであろう「なぜ長崎へ転職したいのか」です。今の会社をやめて長崎へ転職するのには何かしらの理由があるでしょう。

もしも地元の人ならば実家があるという理由だけでは企業側は心が動かされません。長崎で何がしたいのか、自分ができることは何かを明確にして、アピールポイントをはっきりと言葉にできるようにしましょう。

一人では難しい場合は転職エージェントを活用し、転職のプロに相談することも可能です。

ハローワークを利用する

長崎のハローワークは長崎市にあります。長崎に住んでいたり、長崎へ足を運べるのであれば実際に職員と話ができますので、スムーズに求人を探してもらうことができます。

しかし、ハローワークの求人は数が少ないので、転職先が限定されてしまう可能性があります。ハローワークは参考程度に見て、他の方法で転職先を探すと良いでしょう。

長崎で開催されている転職イベントに参加する

転職を決める前に一度長崎で開催される転職フェアやイベントへ参加してみると良いでしょう。

参加することで、企業採用担当者と話をすることも可能です。実際に企業にいる人の話を聞ける機会はなかなかありませんので、長崎の雰囲気などを感じられる機会としても転職イベントへの参加をしてみるのも良いでしょう。

ただし、企業側と話ができたとしても、転職自体が有利になるわけではありませんので、参加したからといって安心してはいけません。

転職エージェントを利用する

長崎への転職への考えてるのであれば、まず求人があるかどうかの行動に出る方がほとんとではないでしょうか?転職サイトで求人を探し、良い企業があればキープしたりすると思いますが、ここでおすすめしたいのが、「転職エージェント」です。

転職エージェントは転職サイトと違い、転職のプロのキャリアアドバイザーが転職者に代わって求人を探してくれたり、書類などの添削を行ってくれたりします。企業側との給与交渉なども行ってくれますので、転職者には心強い味方だと言えるでしょう。

登録すると無料で利用できますので、利用者への負担はありません。転職の全てをサポートしてくれますので、ぜひ登録することをおすすめします。

長崎の求人に強い転職サイト・エージェント4選

実際に長崎の求人情報が多く掲載されており、長崎の転職に強いおすすめの転職サイト・エージェントをご紹介します。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

転職エージェントの利用方法

転職エージェントの利用は公式サイトでの無料登録が必要です。氏名、連絡先、現在の職業や転職で希望する条件など、簡単な情報を入力するだけでサービスを利用できます。

転職エージェントへの登録から入社までの流れをご紹介します。

  1. 登録したエージェントからの連絡
  2. キャリアコンサルタントとの面談
  3. 求人紹介
  4. 書類の添削
  5. 企業への応募
  6. 面接対策
  7. 内定獲得・入社

というような流れで、転職活動を行います。

①登録したエージェントからの連絡

転職エージェントに登録すると、1時間前後で担当者から電話またはメールがきます。この時の連絡内容は、転職を希望する時期や希望する職種などのヒアリングを行い、直接の面談日の調整を行います。

面談日を決める時に1日のみしか希望日を決めていなかった場合、他の転職者と重なってしまう場合もありますので、あらかじめ第3希望まで日程を考えおくとスムーズでしょう。

②キャリアコンサルタントとの面談

この時の面談ではキャリアコンサルタントと直接顔を見合わせて、あらためて転職後の職種や希望条件などを確認します。そして、転職者のアピールポイントなどを確認して、転職しやすいようにアドバイスなどを受けられます。

基本的に直接面談をしますが、長崎に拠点のある転職エージェントは少ないため、拠点にいけない場合がほとんどかと思いますが、その場合は電話でも対応可能です。

③求人紹介

面談が終わり、ヒアリングを元にキャリアコンサルタントから、おすすめの求人を紹介されます。この時には各エージェントの「非公開求人」も紹介してくれますので、他にはないとっておきの求人が見つかる可能性もあります。

公開されている長崎の求人は少ないかもしれませんが、非公開求人ならもっと多くの求人情報が出てくるかもしれません。

④書類の添削

応募先を決めたら、履歴書や職務経歴書の添削をしてもらいます。キャリアコンサルタントは転職のプロで、多くの転職者を成功に導いています。一人で書くよりもプロのアドバイスのより、さらにクオリティの高い書類が出来上がります。

⑤企業への応募

履歴書や職務経歴書が完成したら、企業へ応募します。この時に、キャリアコンサルタントから転職者の紹介文を添えてくれるところもありますので、より転職者をアピールすることができます。

⑥面接対策

応募した企業がどのような質問をしてくるのか、これまでのエージェントの経験を元に考えどのような人材を採用したがっているのか確認し、アドバイスをもらいます。

キャリアやアピールポイントをしっかりと確認してキャリアコンサルタントと面接の対策を行います。希望すれば、模擬面接を行ってくれるところもありますので、確認してみましょう。

⑦内定獲得・入社

企業との面接が終わり、内定をもらえたらキャリアコンサルタントが入社日の調整を行ってくれます。また、働きながら転職を行っていた場合は、円満退社などのアドバイスもしてくれますので、退社することで悩んでいれば相談してみると良いでしょう。

転職エージェントをうまく活用して長崎への転職を成功させよう!

今回は長崎への転職に向けてのおすすめな情報について紹介しました。豊富な情報のない地方都市での転職活動は不安が付きものです。
個人で行う転職活動は自由がきいてご自身のペースで進めやすいですが、圧倒的に情報が少ないため活用しておきたいのは転職エージェントサービスです。

必要なところを利用するだけで良いのでまずは登録をしてみることが重要です。さらには複数の転職エージェントを利用することでご自身にあった転職エージェントを探し出すことができますので複数の転職エージェントに登録をするようにしましょう。

後々になって失敗したと思わないためにも事前の準備は十分すぎるほどに行っておくようにすると良い結果につながります。
充実した転職を成功するためにもぜひとも転職エージェントサービスを上手に利用し長崎への転職活動をより良いものにしましょう。