転職エージェントneo(旧ネオキャリアNEXT)評判が悪い理由を検証

転職エージェントneoを利用しようかと思っています。使うべきエージェントですか?
残念ながら、あまり評判が良くありません。合う人と合わない人がいるエージェントです。

キャリアコンサルタント

それはどうしてなんですか?
理由はいくつかあります。詳しくはこの記事で紹介します。

キャリアコンサルタント

転職を考えている人の中には、どのように転職エージェントを選べば良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

転職エージェントはさまざまな種類があり、ただ利用すればいいというものでもないため、適切に選ぶ必要があります。

そこで今回は、「転職エージェントneo」(旧:ネオキャリアNEXT)について、評判や口コミをふまえて紹介します。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

転職エージェントneoってどんなサービス?

転職エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営する人材紹介サービスです。

ネオキャリアは、2000年に創業したベンチャー企業で、新卒採用事業で有名な企業ですが、中途採用事業も行っています。

転職エージェントneoでは、「コンサルタントが介在する価値」を追求し、ミスマッチの少ない求人紹介を目指しています。

そのために、面談の時間を他社より長くとることで、キャリアアドバイザーと転職希望者との間で転職に対する考えを共通化させているのです。

転職エージェントneo「電話がしつこい」「うざい」評判の真相は?

公式ホームページなどに掲載されている転職エージェントneoの紹介文を見ると、一見優れたサービスのように思われますが、ネット上では悪い評判も多く見られます。

果たして、それらの評判は本当なのでしょうか。また、なぜそのような悪い評判が聞かれてしまうのでしょうか。

ここでは、転職エージェントneoの悪い評判の真偽と、転職エージェントneoのデメリットについて検討します。

担当者の質が低いって本当?

転職エージェントneoの悪い評判では、担当者に関するものが多く見られます。

転職エージェントneoの担当者とは相性が悪かったです。

担当者からの電話とメールがしつこかったです。転職後のサポートがないのに、連絡ばかり来て面倒です。

まずは、転職エージェントneoの担当者について検証していきましょう。

「担当者の質が低い」と言われるのはなぜ?

転職エージェントneoの担当者に関する評判で目立つのは、「担当者が若い」というものです。

実際に転職エージェントneoのキャリアアドバイザーの紹介ページを見ても、若手のアドバイザーの姿が目立ちます。

そのため、経験が少ない若手の担当者が多いことから、担当者の質が低いという評価を受けているのではないかと推測されます。

この理由としては、転職エージェントneoを運営するネオキャリアが比較的新しい会社で、若い社員が多いことが考えられます。

実際にネオキャリアの社員の平均年齢は、リクナビ2020に掲載されているデータによると、28.0歳です。

dodaを運営するパーソルキャリアが31.4歳、パソナキャリアのパソナグループが35.0歳であることと比較すると、平均年齢が若いことが分かります。

また、新卒に強いこともあり、若手の転職支援に強い反面、キャリアを積んだ30代以上の利用者からは不評であると言えます。

以上のような理由から、特に30代以上の利用者を中心に「担当者の質が低い」、「担当者が頼りない」という評価を受けているものと推測されます。

「質の高い担当者に出会いにくい」のは大きなデメリット

もちろん、担当者が若いことそのものが悪いわけではありません。経験年数が浅くとも、しっかりと転職のサポートができる担当者は存在します。

口コミの中にも、「担当者がさまざまなサポートをしてくれた」など、担当者を評価する声があるのも事実です。

しかしながら、転職エージェントneoの評判から察するに、質の高い担当者が少ないことは確かだと考えられます。

担当者が重要な転職エージェントにおいて、「質の高い担当者に出会いにくい」のは大きなデメリットだと言えます。

求人の質が低い

転職エージェントneoの悪い評判では、求人に関するものも多く見られます。

自分の条件に合う求人がありませんでした。

条件の良い求人を見つけても、「募集が終了している」と言われることが多くあり、応募できませんでした

ここでは、転職エージェントneoが保有する求人について検証していきます。

「求人の質が低い」のは、強みと弱みがあるから

どの転職エージェントにも、強みと弱みがあります。それは、取り扱う業界や会社の規模を問わず言えることです。

転職エージェントneoの場合、この「弱み」の部分を期待して利用した人から「求人の質が悪い」という評価を受けていると推測されます。

転職エージェントneoは、ベンチャー企業や中小企業、IT業界や営業職の求人に強いと言われています。

その一方で、大手エージェントと比較すると求人数が少なく、優良案件も少ないのが弱みです。

そのため、転職エージェントneoが強い分野以外の求人を希望した人からは「求人の質が低い」という評価を受けているものと推測されます。

求人数が少ないのはデメリット

転職エージェントを利用する際に重要なのは、自分が希望する条件に合う求人の量です。

残念ながら、転職エージェントneoの場合、強みの分野でも「求人が少なくいまいちだった」という評価も見られます

求人数が少ないのは、自分の希望する求人に出会える確率を減らしてしまうことになるので、大きなデメリットです。

他の転職エージェントに満足いかなかった場合や、サブとして利用するならいいですが、メインで使うのはあまりおすすめできません。

転職エージェントneoを利用するメリットは?良い評判から分析

では、転職エージェントneoに関する良い評判には、どのようなものがあるのでしょうか。転職エージェントneoの良い評判から、メリットを探ります。

ベンチャー企業や中小企業の案件が多い

転職エージェントneoの評判では、ベンチャー企業や中小企業の求人に関する良い評判が見られます。

大手のエージェントにはない中小企業の求人に出会えました

悪い評判の章でも触れたとおり、転職エージェントneoが強いジャンルの求人なら良い評判も見られます。

「ベンチャーや中小の求人が多い」のは、中規模のエージェントだから

転職エージェントneoを運営するネオキャリアは、前述の通りベンチャー企業です。急成長を遂げているものの、転職エージェント業界ではまだ大手ではありません。

規模の大きいエージェントの場合、企業が利用する際に高額の料金がかかるため、経費の掛けられないベンチャーや中小企業は利用できないこともあります。

一方、転職エージェントneoのような中規模のエージェントはそこまで料金がかからないため、ベンチャーや中小企業も利用しやすいのです。

もちろん、担当者の営業活動などさまざまな理由が考えられますが、規模が大きくないからこそのメリットであると考えられます。

ベンチャーや中小の求人を探すなら利用するメリットはある

ベンチャーや中小企業の求人を探している人にとっては、求人の多さはメリットであると言えるでしょう。

しかしながら、規模の大きくないエージェントのデメリットとして、全体の求人数が少ないことが挙げられます

実際に、転職エージェントneoが強い分野の求人ですら、「満足できなかった」という評価を受けています。

転職エージェントneoを利用してベンチャーや中小企業の求人を探す際には、他のエージェントと併用することがおすすめです。

記事の後半で紹介しているdodaマイナビエージェントがベンチャーや中小企業の求人数も多いため、特におすすめです。

第二新卒や若手へのサポートが手厚い

転職エージェントneoの良い評判の中には、第二新卒などの若い利用者からのものが見られます。

第二新卒で経験が浅い私の話をしっかりと聞き、希望の求人を紹介してくれました。

こちらも悪い評判の章で触れましたが、第二新卒などの若手のサポートは充実しているという評判が見られました。

「第二新卒や若手へのサポートが手厚い」のは、新卒の就職支援に強いから

前述の通り、転職エージェントneoを運営するネオキャリアは、新卒の就職支援で有名な企業です。

そのため、新卒と年齢が近い第二新卒や、20代などの若手への転職支援に強みがあると考えられます。

また、第二新卒向けの「第二新卒エージェントneo」を運営していることもあり、第二新卒に合った求人も保有しています。

経験の浅い第二新卒や若手の利用者の話を聞き、未経験者でも応募可能な求人を紹介してもらえるという点で、好評価を得ていると推測されます。

第二新卒の最終手段としてならメリットはあり

口コミでは、第二新卒の利用者から、サポートを評価する声が見られました。

とはいえ、デメリットの章でも説明したとおり、良い担当者に出会える確率は他のエージェントより低いと言えます。

他のエージェントを利用して、どうしても満足できなかったときの最終手段として使うのであれば、第二新卒の利用者にメリットがあると言えるでしょう。

転職エージェントneoが向いているのはこんな人

以上を踏まえると、転職エージェントneoは利用するメリットが少なく、あまりおすすめできません。

しかし、以下にあてはまる人には向いている可能性があるため、転職エージェントneoを利用するのも手段の一つと言えるでしょう。

  • 第二新卒
  • ベンチャー企業や中小企業の求人を探している人
  • 転職するべきかどうか迷っている人

それぞれの項目について解説します。

第二新卒

前述の通り、転職エージェントneoは第二新卒などの若手のサポートに強いエージェントです。

若い担当者も多いため、第二新卒の中でも特に「年齢が近い担当者と一緒に転職活動がしたい」という人には向いていると言えます。

ベンチャー企業や中小企業の求人を探している人

転職エージェントneoは、大手エージェントが保有していないベンチャーや中小の求人も保有しているので、これらの求人を探している人には向いています。

しかし、求人の質があまり良くないことから、メインで使うというよりは、求人数の確保のために使うことをおすすめします

ベンチャーや中小の求人を探すのであれば、dodaマイナビエージェントなどをメインで使うのがおすすめです。

転職するべきかどうか迷っている人

転職エージェントneoでは、転職を今すぐしようと考えている人だけでなく、転職するべきか悩んでいる人でも利用が可能です。

転職希望者の中には、今の環境を変えたくても転職をするタイミングが今なのか悩む人は多くいます。

そのため、担当者に転職事情や転職のタイミングなどを相談してから転職するのが、転職の効率化につながるためおすすめです。

転職エージェントneoの代わりに利用したい転職エージェント4選

前述の通り、転職エージェントneoはあまり良い評判が聞かれないことから、あまりおすすめできないエージェントです。

ここでは、転職エージェントneoの代わりに利用したい転職エージェントを紹介します。

また、これらの転職エージェントは、転職エージェントneoを利用する場合に併用するのも効果的です。

実際に利用した人の口コミも併せて紹介しますので、参考にしてください。

doda

doda

dodaは、パーソルキャリアが運営する大手転職エージェントです。dodaのおすすめポイントは、以下の通りです。

  • 担当者の質が高い
  • 求人が豊富

それぞれの項目について、利用者の口コミとともに詳しく紹介します。

担当者の質が高い

数ある転職エージェントの中でも、dodaは「担当者の当たりはずれが少なく、質が高い」と評判です。

実際に、dodaでは転職活動のサポートをする担当者に加え、求人紹介専門の担当者がいるため、複数人から専門性の高いサポートを受けられます

質の高い担当者が多いため、優秀な担当者に当たる可能性も高く、すべての転職希望者におすすめできるエージェントです。

利用者の口コミでも、担当者を高く評価する声が多く聞かれました。

34歳女性・司法書士事務所事務

とにかく担当者が積極的な方で、頻繁に求人情報を送って頂きました。担当者が休みの場合でもアシスタントが常にいるので、サポート力も万全です。自分の流れで活動できました。

36歳男性・公務員

担当者が、希望する求人は少ないなど、ネガティブな情報であっても伝えてくれました。こちらも次の行動が取りやすく、助かりました。

求人が豊富

dodaは大手の転職エージェントということもあり、全国トップクラスの求人数を誇ります。非公開求人が全体の8~9割を占めており、質も高いです。

大手企業はもちろんのこと、ベンチャー企業やスタートアップの求人も豊富なので、これらの求人に興味がある人にはおすすめです。

さらに、企業からスカウトを受けられる機能もあるため、理想の求人に出会う可能性をさらに上げることができます。

利用者の口コミでも、求人数を評価する声が多く聞かれました。

33歳女性・アパレル小売

他のエージェントにない会社の求人が多く、給料や待遇が良い求人も多いと感じます。新しい求人募集もあるので、こまめにチェックしています。

25歳女性・不動産営業

以前から他の転職サイトを利用していましたが、比べてみても求人の量と質が大変良いと感じました。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職支援事業大手のリクルートが運営する大手エージェントです。リクルートエージェントのおすすめポイントは、以下の通りです。

  • 求人が豊富
  • 独自の転職サポートが充実

それぞれの項目について、利用者の口コミとともに詳しく紹介します。

求人が豊富

リクルートエージェントも、dodaと同じく大手ということもあり、求人数は全国トップクラスです。

業種や職種、地域を問わず、幅広い求人を豊富に保有しているのが強みです。どんな人にもおすすめできるエージェントです。

利用者からも、豊富な求人数を評価する声が多く聞かれました。

24歳女性・電機メーカー経理

求人の量が非常に多かったため、厳しい条件でも複数の案件を比較して、自分に合ったものを選ぶことができました

26歳女性・ブライダル

転職エージェント大手だからこそやはり求人の量が他社と比べて圧倒的に多く、業種を絞らず幅広く紹介してもらえた点が良いと思いました。

独自の転職サポートが充実

リクルートエージェントに登録すると、「Personal Desktop」という専用のWebページが使えるようになります。このページがとても好評です。

Personal Desktopを使えば、スマートフォンで求人の応募や職務経歴書の作成を気軽に行うことができます。

また、Webページ以外にも、面接力向上セミナーに無料で参加できるなど、独自の転職サポートが充実しています。

利用者からも、Personal Desktopをはじめとした独自のサポートを評価する声が多く聞かれました。

33歳女性・サービス業店舗運営管理

メリットは気軽に使えることです。アプリが大変便利でした。求人検索や職務経歴書の作成などもスマホで簡単にできました。

36歳女性・編集

専用アプリがあるので、他のエージェントと併用していてもメールなどを読み逃すことがなく、面接の日程設定もシステム化されていて分かりやすかったです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、新卒の就職支援事業で有名なマイナビが運営する転職エージェントです。マイナビエージェントのおすすめポイントは、以下の通りです。

  • 第二新卒や20代の転職に強い
  • 中小企業の求人が豊富

それぞれの項目について、利用者の口コミとともに詳しく紹介します。

第二新卒や20代の転職に強い

マイナビエージェントは、特に第二新卒や20代の転職に強いエージェントとして知られています。

なぜなら、運営するマイナビが新卒の転職支援で業界トップであり、若手の就職・転職支援のノウハウが豊富だからです。

また、第二新卒・既卒向けのマイナビジョブ20'sというエージェントも運営しているため、第二新卒にはこちらもおすすめです。

実際にマイナビエージェントを利用した第二新卒や20代からは、サポートを評価する声が多く聞かれました。

24歳女性・電機メーカー経理

担当者による面談が充実していて、希望の求人条件をしっかり共有した上で転職活動を行えました。また、面接対策が充実していました。

27歳男性・銀行員

大手エージェントなだけあって、求人の量は非常に多く、選択肢の幅が広がりました。また、ノウハウがあり、サポートも体系化されていました

中小企業の求人が豊富

マイナビエージェントは、他の大手エージェントと比較しても、中小企業の求人が豊富です。

その理由として、広告料の高い大手エージェントに求人を出せない中小企業がマイナビエージェントに集まるということが推測されます。

中小企業への転職を考えている人は、登録しておいて損のないエージェントだと言えます。

実際に利用した人からも、中小企業の求人が多いことを評価する声が聞かれました。

35歳女性・宿泊業

中小企業の求人が多かったように感じました。スタッフさんがとても熱心にこちらの求めている案件を紹介してくれました。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、パソナが運営する転職エージェントです。パソナキャリアのおすすめポイントは、以下の通りです。

  • 担当者のサポートが丁寧
  • 女性の転職に強い

それぞれの項目について、利用者の口コミとともに詳しく紹介します。

担当者のサポートが丁寧

パソナキャリアの一番の魅力は、丁寧なサポートです。社会貢献を重視する企業方針もあり、利用者想いのサポートに定評があります。

担当者がしっかりとサポートしてくれるので、初めての転職で不安な人や、自分に自信のない人におすすめの転職エージェントです。

また、利用者のキャリアを問わず対応してくれるので、他のエージェントで断られてしまった人にもおすすめです。

利用者からも、担当者のサポートの丁寧さを評価する声が多く聞かれました。

45歳男性・製造業

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

40歳女性・アウトソーシング会社スタッフ

転職活動のアドバイスなどサポートがしっかりしていて、遅い時間でも電話対応をしてくれるので、在職中でも連絡がとりやすかったです。

女性の転職に強い

パソナキャリアを運営するパソナは、主婦の再就職支援事業からスタートした会社であり、女性の転職に強いと言われています。

女性の転職のノウハウが豊富なうえに、女性の転職支援の専門チームも作られているため、女性の転職を強力にサポートしてくれます。

実際にパソナキャリアを利用した女性からも、パソナキャリアで転職を成功させられたという声が多く聞かれました。

25歳女性・ITエンジニア

履歴書や経歴書の添削や面接対策を、面接の前に都度することができたのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

24歳女性・私立高校教員

企業と事前に交渉をしていただいた結果、面接にすぐに行けるようになり、おかげで転職に成功できました

転職エージェントを100%活用するポイント

これまで、転職エージェントneoを含めた複数の転職エージェントを紹介しましたが、転職エージェントはただ登録すればいいというものではありません。

ここでは、転職エージェントを活用するためのポイントを紹介します。

自分に合った転職エージェントを選ぶ

転職を決めた時には、自分にあった転職エージェントを探すことが効率的な転職の進め方です。

しかし、転職エージェントは数多くあり、公式サイトを見てもその違いがはっきり分からないこともあります。

転職エージェントには、それぞれ強みもあれば弱みもあります。自分の求めるサポートに合うエージェントを選びましょう。

今回紹介した転職エージェントneoやその他のおすすめのエージェントの強みを参考に、自分に合った転職エージェントを選んでください。

転職エージェントの選び方については、この記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

あなたが登録すべき転職エージェントが一目でわかる。目的別の転職エージェントの選び方をキャリアコンサルタントが解説

複数の転職エージェントに登録する

自分に合った転職エージェントを選ぶには、複数の転職エージェントに登録することが欠かせません。

なぜなら、転職エージェントを使って転職をするということは、担当者との二人三脚だからです。

どんなに優れた転職エージェントでも、担当者の力量には差があります。また、人と人の付き合いですから、相性の問題もあります。

人によっては「複数のエージェントに登録するのは申し訳ない」と感じるかもしれませんが、そのように思う必要はありません。

複数の転職エージェントに登録し、複数の担当者と面談を行い、自分の転職のベストパートナーを見つけましょう。

転職エージェントを複数利用するメリットについては、以下の記事を参考にしてください。

転職エージェントは複数登録しても平気?複数登録のメリット・注意点とは

初回面談の前に準備をしておく

転職希望者は、転職エージェントとの初回面談をする前に必ずするべきことがあります。それは、下記の3点です。

  • 今回の転職で叶えたい条件を明確にする
  • 自分のこれまでの経験やスキルを振り返る
  • 自分のキャリアプランを考える

それぞれの準備について、詳しく解説します。

今回の転職で叶えたい条件を明確にする

転職を成功させるには、転職することで叶えたい条件を明確にしておく必要があります。

自分が今回、何を目標に転職をしたいのかということと、どの目標が一番優先度が高いのかを明確にしておきましょう。

そうすることで、キャリアアドバイザーが求人を探しやすくなるため、転職活動の効率化につながります。

もちろん、転職活動を進めていくうちに、さまざまな求人と出会い、転職に対する知識も向上するので、条件も変わることもあります。

そのような時には、キャリアアドバイザーに共有し条件の変更をしてもらえば問題ありません。

自分のこれまでの経験やスキルを振り返る

自分のこれまでの経験や身につけてきたスキルについて振り返ることも重要です。言い換えれば、「自己PRは何かを言えるようにする」ことです。

自己PRは面接の時にしか使用しないと考えている人が多くいますが、担当者との面談時にはかなりの確率で自己PRを聞かれます。

その理由は、履歴書や職務経歴書に書かれている自己PRが弱い人が多くいるためです。

例えば、営業職の場合、職務経歴書には、どこの営業所で何年働き、どんな商品を年間目標に対しいくら売っていたかを書くことが一般的です。それは間違っていません。

しかし、求人を探す場合や、企業側に転職希望者を紹介する場合には、これだけでは足りません。

具体的に、この年間目標を達成するためにどんな人と関係を構築し、どのような努力をしてきたかという情報が必要になります。

特に転職の経験が少ない人に多く見られますが、自分の職歴の具体的な説明ができず、結果的に自己PRが抽象的な表現になってしまう人が多くいます。

さらに、転職エージェントの担当者は、ヒアリングした内容をもとに、転職希望者を紹介する紹介文を送っています。

担当者もプロですが、複数人の転職希望者の紹介文を書いていると、どうしても内容が似通ってしまうものです。

そこで、初回面談の時点でしっかりしたPRができれば、担当者の紹介文の段階から効果的なアピールができるというわけです。

今後の企業との面接の際にも活用できることなので、担当者との面談前に事前にしっかりとした自己PRを考えておくことをお勧めします。

自分のキャリアプランを考える

自分のキャリアプランを立てて転職活動に臨むことも、転職を成功させるためには欠かせません。

転職をする時には、今の環境を変えたい一心から近い将来のことしか考えられないことが多くあります。

しかし、多くの人は60代まで働くことになります。転職をする時には焦らず、3年5年、10年先のキャリアプランを考え、そのプランの実現ができそうな企業選びをするようにしてください。

以上の3点をしっかり考えて面談に臨めば、転職の効率だけでなく、自分の希望にあった求人と出会う確率も高めることができます。

自分に合った転職エージェントを利用して後悔のない転職を

転職エージェントneoはあまり良い評判が聞かれないエージェントですが、だからとって全ての人に合わないエージェントというわけではありません。

転職エージェントneoの強みに合う人が利用すれば、転職を成功させられる可能性は十分にあります。

そして、これらの転職エージェントとの「相性」の問題は、他のすべてのエージェントにも言えることです。

ぜひ自分に合った転職エージェントを見つけだし、後悔のない転職を実現してください。