ナース人材バンクの評判は?特徴とメリット・デメリットを徹底解説

ナース人材BANK
転職を考えているのですが、ナース人材バンクってどうなんですか?周囲に使っている人が多く、利用を検討しています。
キャリアコンサルタント
ナース人材バンクは、看護師向けの転職サイトの中でも最大級を誇る転職サイトです。
そうなんですね!
キャリアコンサルタント
ですが、しっかりとメリット・デメリットを把握した上で利用するようにしましょう。この記事で詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

看護師向けの転職サービスにナース人材バンクと呼ばれるものがあります。既にご存知の方も、名前しか聞いたことがない方もいることでしょう。

この記事では、ナース人材バンクとはどのようなサービスなのか、特徴とメリットデメリットについてご説明します。また、ナース人材バンクを利用することで転職がどのように進むのかについてもご説明します。

【2019年4月:最新情報】

4月は看護師が転職する最高のタイミングです。多くの企業は、事業年度の始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配属が固まった4月に中途採用を行います。当然、転職希望者間の競争も激しくなりますので、転職を成功させるためにも早急に準備を進めましょう。

  1. 複数の看護師転職サイト・エージェント(『看護のお仕事』『ナースJJ』『マイナビ看護師』など)に無料登録する
  2. キャリアアドバイザーから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールすることで、自分に対するサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職サイト・エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期です。そのため、転職意欲の高い人を優先的にサポートします。転職エージェントには、「すぐにでも転職したい」と伝え、サポート優先度を上げておきましょう。

ナース人材バンクの特徴は?

ナース人材バンク

ナース人材バンクを利用するにあたり、まずはどのようなサービスであるのか概要を理解しておきましょう。

ここを理解しておくことで、不安なくナース人材バンクを利用することができるようになります。

業界大手の転職エージェント

ナース人材バンクとは株式会社エス・エム・エスキャリアが提供する無料転職エージェントサービスです。

無料の転職支援サービスなど心配かもしれませんが、厚生労働省から正式に認可を受けている安心のサービスです。

また、「ナース人材バンクの名前を聞いたことがない!」なんて人も居るかもしれません。

しかし、大手看護師転職サイトの中では紹介実績がNo.1、年間利用者数が10万人以上であることを公式サイトで公表しています。

それだけナース人材バンクは転職エージェントの中でも実績のある安心のサービスだと言えるものです。

転職エージェントは大手と中小企業で提供されているサービスに差が出ます。

どちらにもメリットやデメリットはあるのですが、どちらを利用したほうが良いか判断できない場合には大手の転職エージェントを利用することをおすすめしています。

転職エージェントってどんなサービス?

この記事を読んでいる人の中には転職エージェントがどのようなサービスであるのかをご存知ではない人も居るかもしれません。

そのため転職エージェントの概要についてもここでは簡単にご説明します。

転職エージェントの「エージェント」には「代理人・代行する」などの意味があります。つまり、転職エージェントとは転職を代行してくれるサービスのことです。

ただ、全てを代行してくれるのではなく「転職をサポートしてくれる」サービスであると考えておくと良いでしょう。

転職エージェントを利用しても転職を主体的に進めるのは、転職する本人であることに変わりはありません。転職エージェントがサポートしてくれることは多岐にわたります。

例えば、

  • 代わりに求人を探してくれる
  • 履歴書や職務経歴書の書き方にアドバイスをくれる
  • 面接の日程を調節してくれる
  • 処遇や入社日の交渉をしてくれる
  • 退職の手続きやそれに関連してやるべきことにアドバイスをくれる

などが挙げられます。このどれも本来であれば自分でやるべき作業ではあります。

しかし、仕事をしながら転職活動をしている場合には、自分で全てのことをスムーズにこなすのは難しいでしょう。

そんなとき、転職エージェントを利用することでサポートを受けることが可能です。自分でやるべきことの一部を変わりにやってくれるのが転職エージェントです。

もちろん、転職エージェントはこれらの作業を勝手に進めるわけではありません。利用者からヒアリングをして、条件を満たす求人を探してくれるのです。

面接の調節や処遇の交渉に関しても同様に利用者からヒアリングをして最適な形を実現してくれます。

他にも転職エージェントは転職のプロであることにも注目です。ナース人材バンクであれば、看護師に関する転職のプロです。転職時には分からないことが多く転職を上手く進められない人も居ます。

そういった人は転職エージェントを利用することで、根本的な転職に関するサポートを受けられるようになります。

対象職種

ナース人材バンクは扱っている求人の職種も多いことが特徴です。

公式サイトによると取り扱われている職種は以下の通りです。

管理的職業、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、言語聴覚士、診療放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士、栄養士、管理栄養士、保育士、歯科衛生士、他に分類されない保健医療の職業、福祉相談・指導専門員、福祉施設指導専門員、その他社会福祉の専門的職業、教育の職業、他に分類されない営業の職業、医療・介護事務員です。
https://www.nursejinzaibank.com/company/tos/index.html

看護師に関する転職エージェントですので看護師やそれに関連する職種を扱っているのは当たり前のことです。

ナース人材バンクではそれに加えて、管理職の求人や助産師、福祉相談や営業系の職種など非常に多くの職種を取り扱っています。

これだけ多くの職種を取り扱っているのはナース人材バンク以外にはありません。

特に管理職の求人を取り扱っていることはナース人材バンクを利用することの大きなメリットです。取り扱っている職種が多ければそれだけ希望の求人が見つかる可能性が高まります。

また今までの経験を活かして異なる職種に転職することも検討できます。対象職種が多いことがナース人材バンクのメリットです。

対応地域

ナース人材バンクでは日本中の求人を幅広く保有しています。

転職エージェントの中には求人は保有しているものの、首都圏などに限られていることもあります。

あるいは関東・関西など人口の多い地域に限って求人を保有しているようなこともあります。

しかし、ナース人材バンクではこのようなことが無く、日本中全ての都道府県に対して求人を持っています。そのため全国どのような地域の人でも利用できる転職エージェントです。

さらに、ナース人材バンクは地域ごとに拠点を持っています。そして拠点ごとにその地域のことを詳しく把握したキャリアパートナーが存しています。

転職エージェントの多くは大きな拠点で全ての地域の求人に対応しています。

ナース人材バンクでは一部の拠点で全てに対応するのではなく、拠点の地域にあわせた求人を保有していますので一つ一つの求人に対する理解が深まっています。

ナース人材バンクを利用するメリット3つ

それでは大手の転職エージェントであるナース人材バンクを利用するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

多くのメリットがありますが、ここでは理解してもらいたい3つのメリットをご紹介します。

保有している求人数が豊富

保有している求人数が豊富であることもナース人材バンクを利用するメリットです。転職エージェントの良さは保有している求人数でも決まります。

ナース人材バンクの場合には保有している求人は21万件以上であるとされています。

非公開求人も多く保有しているとされていますので、多くの求人から自分のやりたい仕事を見つけられるメリットがあります。

求人数が少なければそもそも自分の条件に合致する求人が見つからないかもしれません。見つからないのであれば条件を変更するか転職を諦めるなどのことも検討する必要が出てきます。

また、条件を妥協して転職してしまうと、転職してから思ったように仕事ができないことも考えられます。

求人の選択肢が多すぎると逆に転職する側からすると選択に困ってしまうことがあるかもしれません。

しかし、選択肢が多すぎることは嬉しい悩みでもあります。また、条件面では希望と合致する求人が必ずしも働きたい職場であるとは限りません。

例えば条件は合致するものの、

  • 職場の雰囲気が自分には合わない
  • 元もとの条件には含んでいなかったものの、提示された条件を踏まえて噛み合わないと感じた

などのことが考えられます。

特に職場の雰囲気に関しては実際に現地に行ってみないと分からない部分もあります。

職場の雰囲気はある程度キャリアパートナーに伝えておけば、それに合致する求人を紹介してもらうことができます。しかし個人の感覚もありますので完全に一致することはないでしょう。

そのようなことも踏まえて、多くの求人から選択できる環境を提供してもらえることはメリットだと言えます。

看護師の転職に特化している

当たり前ですがナース人材バンクは看護師の転職に特化した転職エージェントです。看護師だけではなく、それに関連する職種も取り扱っていますが広義には看護師の転職であると考えることができるでしょう。

看護師の転職に特化していることでキャリアパートナーをはじめ、サービス全体で看護師に関する知識を持っている方が多いです。

実際に働いている方は感じているかとは思いますが、看護師は複雑な働き方をする職業でもあります。そのため転職に際しても以下のように色々な要望が出ることがあるでしょう。

  • お昼だけ・夜だけ働きたい
  • 特定の系列の病院で働きたい
  • 短時間勤務で働きたい

これらの要望が看護師独自のものであるとは言い切れません。

しかし、看護師ならではの悩みから要望が出てしまうことも少なくはないでしょう。

このときに看護師専門の転職エージェントであれば要望を上手く汲み取ってもらうことができます。

自分が上手く伝えることができないことであっても、転職エージェントであれば今までの経験の蓄積から理解してくれるようなこともあります。

ナース人材バンクのように特定の業界に特化して転職エージェントを提供しているのは複数のメリットがあると考えられます。

逆に転職エージェントの中には特定の業界ではなく、幅広い業界の求人を持っているものもあります。

むしろ大手の転職エージェントではこのタイプのもののほうが多いでしょう。これらの転職エージェントを利用するのはもちろん悪いことではありません。

しかし、業界に特化していないことで業界独自の情報は知らないエージェントが居るのも事実です。

転職する側からすると、転職エージェントの知識が自分よりも少ないものであると不安になってしまいます。

そのようなことを避けるためにも、せっかくナース人材バンクのように特化した転職エージェントがありますので、こちらで特化していることのメリットを最大限受けられるようにすることをおすすめします。

非公開求人も多数保有している

ナース人材バンクでは非公開求人も多数保有しています。非公開求人が多いことで、より良い求人に出会える可能性が高くなります。

ただ、非公開求人と言われてもどのような求人か分からない人も居ることでしょう。

そのためここでは、非公開求人がどのようなものかを以下にまとめます。

  • 公開求人:誰でも見れる一般に公開された求人
  • 非公開求人:企業が転職エージェントなどに依頼して特定の人にだけ表示を許可した求人

転職サイトなどで一般的に見ることができる求人は公開求人と呼ばれているものです。特にサイトに会員登録をすることなく、簡単に調べられて内容を確認することができるものです。

それに対して非公開求人は誰でも見ることができるものではありません。

非公開求人を受けた転職エージェントなどが、特定の人にだけ内容を公開している求人です。求人は公開求人か非公開求人かによって内容が大きく異なっています。

公開求人は企業が広く公開している求人です。そのため他社に求人の状況などがバレても特に問題が無い求人が中心です。それに対して非公開求人は企業が他社に求人の状況などがバレたくないときに利用します。

例えば、特定のスキルを強化するために人員を増強したり新しく事業を始めたりするために人員を強化する場合です。

企業として大きなことや花形になる部分に関する求人を出すときに非公開求人が利用されることが多いのです。

つまり、非公開求人は各種求人の中でも活躍できる・高待遇などの求人が多い傾向にあります。

それだけの対価を支払ってでも、力のある人を採用したいと考えている企業が多いのです。

これは応募する側から見るというまでも無く大きなメリットです。確かに高待遇の求人は倍率が高かったり条件が厳しかったりするなど採用までに壁があるのも事実です。

しかし、その壁さえ乗り越えることができれば自分の力を正当に評価してもらえる職場で働くことができます。

自分の実力を無駄にしないためにも、実力にあう退化を得ることができる非公開求人を狙うべきなのです。

ナース人材バンクでは、非公開求人が多く自分が非公開求人で転職できるチャンスが増えるメリットがあります。

ナース人材バンクを利用するデメリット2つ

ナース人材バンクを利用する場合、メリットだけではなくデメリットも存在しています。ここではどのようなデメリットがあるのかを2つご紹介します。

転職お祝い金は無し

転職エージェントの中には転職に成功するとお祝い金を出しているところがあります。エージェントによっては5万円や10万円を出していることもあります。

しかし、ナース人材バンクではこのお祝い金はありません。そのため転職に成功しても一時金を手に入れることはできません。

転職活動をしている人の中にはお祝い金がもらえることを楽しみにしている人も居ます。そのためこのお祝い金が無いとデメリットだと感じてしまうことでしょう。

しかし、ナース人材バンクが転職お祝い金を出していないのには以下の通り理由があると考えられます。

  • 長年の実績からお祝い金を出さなくても信頼されている転職エージェントである
  • お祝い金を求人の確保に利用している

転職エージェントがお祝い金を出すのは簡単に言えば多くの転職者に利用してもらうための宣伝をしたいからです。

皆さんがお考えの通り、お祝い金がもらえる転職エージェントともらえない転職エージェントでは、お祝い金がもらえる転職エージェントを利用する人が多いのです。

確かにこのように利用者を募ることも1つの戦法ですが、ナース人材バンクではこのような宣伝をしなくても長年の実績があります。そのため自然と利用者が増えるような仕組みが完成しています。

悪い言い方をすると転職お祝い金は、転職エージェントを利用してもらうための「エサ」のような役割があります。

ナース人材バンクの場合には、このようなものを用意しなくとも実績で多くの人が利用してくれているのです。

また、転職お祝い金を出さない代わりに求人を多く確保することに努めていると考えられます。

お祝い金を出すとそれだけ会社の支出が多くなります。支出が多くなると、求人を確保するために必要な営業費などが削られてしまう可能性があります。

その結果保有している求人も少なくなるなどの可能性が出てきます。

しかし、ナース人材バンクは業界の中でも多くの求人数を持つ転職エージェントです。お祝い金を出さない代わりに求人の確保にお金を使っていると想像できます。

転職お祝い金が無いことは、短期的に考えるとデメリットであると言えるでしょう。しかし、長期的に考えると何よりも大切なことは転職を成功させることです。

転職お祝い金が出ても、相性のあわない会社に転職したのでは意味がありません。

このように総合的に考えると、他の転職エージェントと比べるとデメリットには感じますが、良い求人に出会えるはずですので実はデメリットではないと言えるでしょう。

キャリアパートナーの対応がバラバラである

これは特定の転職エージェントに限った話ではありませんが、エージェントであるキャリアパートナーの対応は人によって異なっています。

細かく連絡をしてくれる人も居れば、重要な部分でのみ連絡をしてくれるような人も居ます。

キャリアパートナーの人も人間ですので、その人の個性が出てしまいます。

同様に利用する側も細かく連絡が欲しい人も居れば、重要な部分でのみ連絡をして欲しい人も居ることでしょう。

そのためキャリアパートナーの対応がバラバラであることはデメリットでもあり、メリットでもあると言えます。

転職エージェントはサービスですので全員が同じようにサービスを提供してくれることが望ましいのも事実です。

しかし、現実はそのようにもいきませんのでバラバラな対応の中でも、自分にあったキャリアパートナーを探してもらうことが重要になってきます。

ナース人材バンクをおすすめしたいタイプ3つ

ナース人材バンクは色々な人に利用してもらいたい転職エージェントです。

看護師の転職を目指す全ての人に利用してもらいたいですが、ここでは特に利用してもらいたい3パターンの人を挙げていきます。

豊富な求人から転職先を探したい人

ナース人材バンクは公開求人・非公開求人ともに豊富な求人を保有しています。そのため、多くの求人から転職先を探したい人におすすめです。

どの程度の求人数を持っているかは、転職エージェントの価値を左右する部分でもあります。

一概には言うことはできませんが、基本的には多くの求人から選択できるようになっていることが望ましいでしょう。

特に看護師の求人では人によって希望する働き方が異なります。複雑な勤務体系の業界でもありますので、自分にあった働き方を見つける必要があるでしょう。

このときに保有している求人数が少ないと選択肢が少なくなってしまいます。

場合によっては転職エージェントを利用しているのに、思ったように転職できないことも発生する可能性があります。

転職全般のサポートを受けたい人

転職をしたい人の中にはどのように転職活動をすればよいのかが分かっていない人も居ます。まず何から始めると転職がスタートするのか分かっていない人が居るのです。

そのような場合にはまずナース人材バンクに登録することをおすすめします。

ナース人材バンクは転職エージェントですので、転職に関する全般的なサポートをしてもらうことができます。

自分が何からスタートしたら良いか分からない場合でも、どのような準備をすれば良いかをサポートしてもらうことができます。

サポートを受けられることで自分が本来やるべき転職活動に時間を割くことができるようになります。

初めて転職をする場合には、履歴書や職務経歴書の書き方もあまり分からないことでしょう。

また、文章でどのように自分をアピールすれば良いのかも分からない人が居るのではないかと思います。

そのため、まずはこのような資料を作ることに時間を使わなければなりません。

ひとりで転職を進めるとこのようなことから準備しないといけないことも、どのように書けば良いのかも分からなくてもおかしくありません。

しかし、ナース人材バンクを利用してサポートを受けると細かくアドバイスや道筋を示してもらうことができますので活用しましょう。

面接での対応が不安な人

ナース人材バンクではなんと面接にキャリアパートナーが同席してくれます。転職エージェントの多くは面接の練習はしてくれます。

しかし、面接当日に面接場所まで一緒に来てくれるサービスを提供していることは少ないです。基本的には面接ですので自分の力が問われます。

ある程度は事前に情報が提供されていますので、後は自分を信じて進めるようにしていきましょう。ただ、どんなに自信があっても給与面の話など、なかなか面接では切り出せないこともあると思います。

そのようなときはキャリアパートナーのサポートを受けることが可能です。場合によっては本人の代わりにその場で交渉をしてくれることもあります。

基本は自分で面接に対応しなければなりませんが、部分的にはサポートを受けられますので面接が不安でも大丈夫です。

ナース人材バンクを登録してから転職活動はどう進む?

ナース人材バンクのメリット・デメリットはここまででご理解いただけたでしょうか。ご理解いただけたのであれば、実際にナース人材バンクを皆さんも利用してみましょう。

ナース人材バンクに登録しよう

ナース人材バンクは転職エージェントですのでまずは登録作業から始めましょう。登録はウェブサイトから進めることができます。

登録する(無料)

登録に必要な情報は氏名やメールアドレス、電話番号などの個人情報が中心です。入力が面倒かもしれませんが、ナース人材バンクでは1分ほどで完了します。

頑張って完了させましょう。転職エージェントを利用したいと考えてる人の中には、登録作業で挫折してしまう人もいます。登録内容が多いことで面倒になってしまうのです。

しかし、転職エージェントは登録しなければ利用することができません。せっかく無料で利用できるサービスですので、ここはしっかりと登録完了まで進めてください。

キャリアパートナーと面談しよう

登録が完了すると、ナース人材バンクのキャリアパートナーから連絡が来ます。

この連絡は利用者が、

  • どのように転職したいか
  • どのような求人を求めていか
  • 転職で重要視することは何か

など、ナース人材バンクが転職を支援するにあたり必要な情報をヒアリングされるものです。

ヒアリングの方式は利用者の希望に合わせて電話かメールを選択できます。選択肢はありますが、基本的には電話でのヒアリングとすることをおすすめしています。

なぜならば、メールで複数回やりとりをするよりも電話で会話した方が早いからです。また、疑問がある場合も電話であればその場で質問することが可能です。

それ以外にも会話することでキャリアパートナーがどのような人かを知りやすくなります。

これらの理由から、まずはキャリアパートナーから電話でのヒアリングを受けるようすることがおすすめです。

求人を紹介してもらう

ヒアリングが完了すると要望に沿った求人を紹介してもらうことが可能となります。どのような求人が紹介されるかは、キャリアパートナー次第ですので待つようにしておきましょう。

求人はヒアリングの内容を中心に複数の観点から選ばれていると考えられます。

必ず満たして欲しい条件から、できれば満たしたい条件などを勘案していくつかの選択肢が用意されることが一般的です。

もちろん、紹介されたからといって全ての求人に応募する必要はありません。紹介されたものの、自分が考えている求人とは異なる場合には断ることも可能です。

また、紹介された求人の中で追加の情報が欲しいものがあれば可能な限り応えてもらうことが可能です。

例えば「気になる求人があるため職場の雰囲気を調べて欲しい」とキャリアパートナーに伝えると調査してもらうことが可能です。

どの求人に応募するかは紹介されたものの中からキャリアパートナーと一緒に決めていきます。

紹介されている時点で全て応募できるものですが、細かい部分はキャリアパートナーと相談して確認してから応募すると失敗もなくなるでしょう。

応募から面接

応募する求人が決定すればキャリアパートナー経由で応募することが可能です。この際に、面接の希望なども伝えておくと面接の段取りまで決定してもらうことができます。

転職に専念しているのではなく、仕事をしながら転職活動もしている場合には、可能な限り調節作業はお願いするようにしておきましょう。

面接の日程が決定するとキャリアパートナーも同席で面接を受けことが可能です。

希望しない場合には同席なしでも面接を受けることができますが、交渉などはキャリアパートナーに依頼したほうがスムーズに進む部分もありますので、同席してもらったほうが良いでしょう。

また、面接に不安がある場合には事前に対策をしてもらうことも可能です。面接は事前の対策をしておけば、ある程度乗り切ることができるものです。

面接面で不安がある場合には、事前にキャリアパートナーに練習の依頼をしておくと良いでしょう。

入職

面接の結果採用となれば、実際に転職するかどうかを確認されます。

もし複数の企業を受けている場合には保留もできますし、満足しているのであれば入社の意思を伝えるようにしましょう。

入社を決定する場合には、入社に関する取り交わし書類の記載をお願いされますのでそれに記載します。後は、取り交わし書類の記載どおりに入社日から新環境での仕事が始まります。

ナース人材バンク以外に登録すべき転職エージェント

看護師の転職であればナース人材バンクは大手であり信頼度の高いものです。転職を考えている人であればまずはナース人材バンクに登録してもらいたいです。

ただ、どの転職エージェントも完璧なわけではありません。例えばナース人材バンクには無い、転職お祝い金が無いと転職エージェントの価値が下がってしまうと判断する人も居るからです。

そのため、転職エージェントに登録する際にはナース人材バンク以外の登録も検討はしておきましょう。

転職エージェントにも特色があります。ナース人材バンクが一番の転職エージェントであると感じる人もいれば、そうではなくもっと良い転職エージェントがあると感じる人もいるでしょう。

一つの転職エージェントにこだわるのではなく、複数の転職エージェントに登録することがおすすめです。

ナース人材バンク以外に登録すべき転職エージェントは、以下の記事で詳しく紹介しています。こちらの記事をご一読いた抱き、信頼できるエージェントに複数登録しましょう。

業界No.1のナース人材バンクで転職を成功させよう

ナース人材バンクがどのようなサービスか皆さんご理解いただけたでしょうか。

業界No.1の転職エージェントであり、ナース人材バンクは私たちのことを親身にサポートしてくれるサービスです。転職エージェントを利用することには不安があるかもしれません。

しかし、実際に転職エージェントを利用してみると、利用してよかったと思えることのほうが多いはずです。看護師の転職では考えなければならないことがたくさんあります。

そのため自分で全てのことを考えると頭がパンクしてしまうこともあるでしょう。しかし、ナース人材バンクを利用すればプロのサポートを受けることが可能です。

一人ではなくプロのサポートを受けながら転職を成功させることができるように頑張っていきましょう。