看護師の転職エージェントなら『ナースコンシェルジュ』がいい理由とは?

看護師に転職したいのですが、どの転職エージェントを利用すれば良いでしょうか?
看護師の転職エージェントはたくさんありますが、おすすめの転職エージェントの一つに『ナースコンシェルジュ』というのがあります。

キャリアコンサルタント

それはどういった転職エージェントなのですか?
はい。この記事では、ナースコンシェルジュの特徴や実際に利用した人の声、病院選びのポイントなどについて詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

人生を左右する「転職」。今や多くの人が転職を経験する時代となりました。

看護師も例外ではありません。看護師になるためには、高校を卒業後、文部科学大臣指定の学校または厚生労働大臣指定の看護師養成所を卒業しなければなりません。

それらを卒業して、初めて看護師国家試験の受験資格を貰うことができます。その後国家試験である「看護師資格」を取得して初めて看護師という職業に就くことができます。

険しい道のりを歩み、難しい国家資格に合格して手に入れた“看護師”という仕事。そんな大切なあなたの職業、「人間関係がうまくいかない」「病院の雰囲気が合っていない」という理由だけで捨てるのはもったいない!

どうせなら、“看護師”を武器に、あなたに合った病院へ転職した方がいいと思いませんか?

ここでは、“看護師”という大きな武器を持っているあなたの転職活動を助けるための方法をご紹介。他の職業に挑戦してみるのも一つの手ですが、まずは勤務地を変えて“看護師”という武器を再度駆使してみませんか?

看護師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

看護師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】看護師転職サイトランキング!人気70社の口コミ・評判を比較
  1. マイナビ看護師 ロゴ
  2. ナース人材バンク ロゴ
  3. ナースではたらこ ロゴ

看護師が転職するには

転職が王道になってきたとは言え、看護師の転職市場がどうなっているのか、どのように知ればいいのか分からないあなたへ、看護師の転職活動について、オススメの時期や転職を決めた後の転職活動の流れ、そしてその活動の際に利用するべき転職サイトをご紹介。

一人で考えず、まずは色々なものに頼ってみましょう。

そもそも、看護師の転職はどの時期がオススメ?

一般的に、転職が多い時期は、

  • 年度が始まる4月
  • 夏のボーナスを貰ったあとの7月
  • 期が変わる9月
  • 冬のボーナスの後の1月

です。看護系も例外ではありません。人員不足やその補助をする必要があるため、看護師の求人が多くなります。そのため、好条件で就職できる可能性が高くなります。

ですが、転職活動は思っているよりも多大な時間と動力が必要です。転職するタイミングは、あなたの貴重な時間を有効に使うためにもきちんと見極めることが重要となります。

どうしてもすぐに辞めたい!という場合を除いては、できる限りいい求人が世に出回っている時期に転職活動を始めることがポイントになってきます。

大学病院の場合、求人が多いのが1~2月。   また、病院や施設では4月に退職する人が多い傾向があります。また、3月に内定を貰った人が辞退することも少なくありません。ですので、病院・施設は4月に人員が不足することが多いため、その分求人数も増えていきます。採用率も高くなるので、特に転職時期を決めていなければ、4月を目途に入社するのもオススメです。

看護師が転職する際に見ておくべき求人項目5選

さて、ここまで転職に最適な時期をお伝えしましたが、続いてはいざ転職をする際に見ておいた方がいい求人の項目を5つご紹介します。

ただ働くのではなく、転職してどのように生きていきたいのか、その中で看護師という仕事はあなたにとってどういう立ち位置なのかを考えてみるのも大切です。

高収入か

やはり一番気になるのが給与面。求人項目では月給〇万円という表記がされている給与ですが、この内訳を知っていますか?月給とは「基本給」と「手当」で成り立っているため、基本給の金額は重要になってきます。

賞与は月給から手当てを引いた金額に×〇か月分という支払い方をされます。もし月給が25万だとして、「基本給20万」「手当5万」だとしたら、賞与は「基本給20万×〇か月分」という計算になるのです。

月給の仕組みをよく理解しておくことが大切です。また、賞与は必ずしも支給されるわけではないので、最終的には「年収」で求人をチェックしましょう。基本的に同じ地域であれば給与の差は大きくないので、不当に給与が高い病院や施設は警戒が必要です。残業がたくさんあったり離職者が多い職場かもしれません。

自分のスキルアップができるか

看護師になったからには、自分の看護スキルをアップさせたいという方がほとんどでしょう。実際に医療の現場に携わることで、生きた看護を学ぶことができます。

しかし、スキルを学ぶと言っても、何を学びたいのか?それによって選ぶ職場も変わってきます。

例えば、簡単な処置や採血をしたいという方は科をたくさんもつ総合病院がオススメです。反対に最先端の医療を身近に、日々新たな医療と向き合いたいという方は大学病院がオススメ。また、今後増加するであろう介護の勉強もしたいというかたは介護施設がオススメです。

あなたの学びたい分野を明確にし、求人ではその分野を存分に学べるかをチェックしましょう。

★良好な人間関係を築いている職場か

働くということは、家にいるよりも職場にいる時間が多いということです。そんな1日の大半を過ごす職場が快適でないとストレスが溜まったり仕事に行きたくないという気持ちが生まれます。

求人情報ではその職場の人間関係を知ることができません。ですので、少しでも人間関係に不安があるなら、面接の際などに病院や施設の見学をお願いしてみましょう。

また、個人的に応募する病院・施設を見に行くのもひとつの方法です。不安を取り除けないまま勤務を始めるのは気持ち的にも楽ではありません。

※病院の見学をする際は、事前の電話連絡が必須です。その際、看護師の電話対応にも注目してみましょう。

「正しい言葉遣いか?」「気さくな話し方か?」近い将来一緒に働くかもしれない人です。1つひとつしっかりと吟味していきましょう。

見学の際は、患者さんの雰囲気にも注目してみましょう。看護師との会話を楽しんでいるか?快適に過ごしているか?患者さんはその病院の雰囲気を表しています。病院の雰囲気が良いと、そこにいる患者さんにも自然とそのいい雰囲気は伝わるものです。

不安を取り除き、あなたが確実に納得した職場を見つけることが大切です。

ママでも働きやすいか

もしもあなたが子どもを持つママだったら、子どもを育てながら看護師ができるか否かはとても重要になってきますよね。

ママでも働きやすい職場を見極めるには、

  • 師長や主任など、自分の上司にママはいるか?
  • 病院や施設内に24時間対応の託児所は設置されているか?
  • 職場にママ看護師は多いのか?

を確認する必要があります。

自分の上司がママの場合、看護師をしながらママをする大変さを理解してくれるので、子どものことで緊急の際にも理解してくれたり、シフトをある程度調整してくれたり、心強い存在になります。

また、ママ看護師にとって、職場に託児所があることはとても重要です。どうしても子どもを家に残しておけないとき、託児所があると安心して勤務することができます。

また、職場に1人でも多くのママ看護師がいると、仕事や育児の相談もできますし、何より休みやシフトの融通を理解してくれるので、強い味方です。

労働環境が快適な場所か

病院や施設は、患者さんが快適に過ごせるような場所でなければなりません。しかし、いくら患者さんが居心地がいいと思う病院・施設でも、そこで働く看護師が過酷な労働をしていたら矛盾していると感じませんか?

病院は夜勤を伴います。緊急の対応や臨機応変にトラブルを対処するためです。夜勤がない病院勤務はほぼないでしょう。

ですが、あなたのシフトに融通を利かせてくれる職場は必ずあるでしょう。

「この日に休みたい」「今月は夜勤を少なくしてほしい」そんな要望を受け入れてくれる職場だったら、ワークライフバランスも取れ、気持ちよく働くことができますよね。

病院・施設は常に何かに対応しなければならない場所なので、残業ゼロというのは難しいですが、残業をできるだけ少なくしている、という職場はたくさんあるでしょう。

自分が次の職場に何を求めているのか、明確にすることが転職を成功させる第一歩です。

看護師が転職を決めた後の転職活動の流れ

これまで注目すべき求人の項目をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。

次に、転職を決めた看護師のあなたへ、転職活動の流れをご紹介します。

今や何を調べるにもネットです。ハローワークに行って就職先を探す時代は終わりました。

この情報社会にあやかり、あなたの転職活動を有意義なものにするため、時間を有効に使いましょう。

まずは看護系の転職に強いサイトに登録する

転職活動において重要になってくるのが、転職の情報収集です。今看護師の転職状況はどうなっているのか、自分で調べるには膨大な動力と時間が必要です。

その点、転職サイトに登録しておけば、担当のコンサルタントがあなたの適性に応じて看護師の求人情報を提示してくれます。

看護師の転職に強いサイトを後述するので、参考にしてみてください。

登録後、コンサルタントと連絡を取り、相談や面談を進める

転職サイトに登録すると、あなたに担当のコンサルタントが一人つきます。コンサルタントはあなたのこれまでの経験や実績に合わせて希望条件等をヒアリングし、それに見合う就職先をピックアップしてくれます。

転職サイトに登録すると、まずコンサルタントから面談の日程が来るので、面談の日程を調整します。

面談ではあなたが希望する病院や施設の勤務地や環境を聞き出し、どの病院があなたの勤務先に合っているのかを吟味。それをもとにあなたが気になる病院を選びます。

その後、応募したい病院や施設によって募集内容が変わってくるので、その内容ごとに面談や筆記の対策を行います。

転職活動において、あなたの担当コンサルタントはいわゆる相棒的存在。一人で悩まず、不安に思うことがあれば随時相談しましょう。

1つのサイトに絞っての転職活動が不安なら、複数のサイトを登録する

転職活動において、転職サイトを利用することは大切ですが、たくさんある転職サイト、どのサイトをどのように活用すればいいのか分かりませんよね。もしも自分に合った転職サイトが分からなかったり、サイトごとの特徴がつかめない場合は、とりあえず複数のサイトを利用してみるのも1つの手。

担当のコンサルタントは相棒的存在。その相棒との相性が合わなかったら、あなたの転職活動が有意義になる確率が低くなるかもしれません。「自分はどのような転職活動を求めているのか?」を明確にし、サイト選びをしてください。

看護師が転職する際の病院・施設選びのポイントTOP3

これまで看護師が転職する際の基本的な流れをお伝えしてきましたが、実際に転職活動となると、悩むのが病院・施設選びですよね。

ここではそんなあなたに、病院・施設どちらを選ぶかのポイントを伝授。病院にも大きく分けて総合病院と大学病院2種類があるなど、細かく分散化される病院や施設。

どの勤務地を選ぶかはあなた次第。自分に合った転職先を見つける参考にしてください。

総合病院で看護師をする

地域市民の味方、内科・外科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科を含む総合病院では、公務員のような良い待遇を受けやすい、という特徴があります。給与も休日も充分とることができ病院によっては有給休暇がとりやすい職場も多いです。

また、産休・育休等の制度もしっかりしているのが魅力。出産してから復帰する看護師も多数います。

また、総合病院は様々な科がたくさん集まっていますので、臨機応変に対応するスピーディーさやトラブルに対処する適応能力が必要です。そのため、次転職する際に有利というメリットも。患者もすぐに変わるので要領よく動くことが求められます。

しかし、総合病院では、大学病院のように研修医が行う採血や点滴等の簡単な検査は看護師が受け持つこともあります。ですので、知識・経験・技術どの面でも優秀な看護師として成長できます。

デメリットとしては、総合病院はたくさんの科が存在するので、所属する科は必ずしも希望に沿うわけではないということです。また、希望していなくても異動を命じられることもあるので注意してください。

小さい規模の総合病院だと施設のトップや上司と近い距離で働くことになるので、希望が受け入れてもらいやすいという特徴もあります。しかし、看護師の間で人気の科にはなかなか配属してもらえなかったり、勉強したいと思っている分野が学べるかは定かではありません。

自分が学びたいと思っている分野が明確になっているなら、その勉強ができる病院・施設に転職しましょう。

大学病院で看護師をする

大学に付属している大学病院は、総合病院に比べ医療の「研究」と「教育」が目的となっている一面が多々存在します。

大学病院に勤務するメリットとしては、医療現場において最新のものに触れられるということ。研究を目的とした病院がゆえに、最先端の医療を提供しています。

ですので随時勉強会が行われることも。新しい知識を積み重ねていき看護師としてのスキルをアップするのには適した場所です。

また、総合病院と同じく大学病院も公務員のような良い待遇を受けやすい環境があります。私立大学・国立大学と2種類に分けられる大学病院、私立大学はその病院独自の休暇制度を設けているので、休みを重視している方は求人情報を事前に確認する必要があります。

大学病院と総合病院の決定的な違いは、研修生や実習生がいるか否かでしょう。看護師は研修生や実習生の教育も担当します。

研修生や実習生を育てる大学病院は、将来教育に携わりたいと思っている看護師の方には最適な環境です。しかし、看護師が施す採血や簡単な処置は研修医が行うことがほとんどなので、これらのスキルを磨きたいと思っている方は、総合病院で実際に自分で採血や簡単な処置ができる環境がオススメです。

「数年後転職を考えている。」という方は実績を積む必要がありますので、自分が実際に簡単な処置をした、というスキルは大切なポイントになってきます。

介護施設で看護師をする

病院に次いで考えるべき職場が、介護施設。

介護を受ける必要のある高齢者は、年々増加傾向にあります。超高齢化社会を迎えている日本、今後介護を必要とする人がもっと増えることは間違いありません。

そんな日本のお年寄りの人生を担う介護の世界では、看護師不足に悩まされている施設が多数存在します。「看護師が働くのは病院」という固定概念を持つ人が少なくなく、また「看護師としてのスキルがきちんと身につくのか?」と疑問を抱いている看護師もいます。

病院に比べて、介護施設は医療処置が少ないのは事実です。しかし、認知症の看護や、最期を気持ちよく迎えるためのケアなど病院では経験できないようなことを学べます。

また、介護施設は基本的に長期の入居者が多いため、入居者一人ひとりに向き合った対応ができ、信頼関係を築くことができるのも大きなメリットです。

さらに、ワークライフバランスを大切にしたいという方は必見。介護施設は夜勤がなく、残業もほとんどないといった職場が多いので、ワークライフバランスを実現できます。

介護施設で働く看護師は、看護師全体の約10%とその数はとても少ないです。今後需要が増えていく現場なので、介護施設で働くことも念頭に入れてもいいかもしれません。

看護師におすすめの転職エージェントは?

さて、病院・施設選びのポイントが分かったところで、いよいよ転職活動の始まりです。

「自分に合った転職サイトを決められない。」「複数のサイトではなく1つに絞って転職活動をしたい。」そんなあなたに、ここでは、転職活動をする際にオススメのサイトを5つご紹介します。

ひとつのサイトで求職するかは、あなたに合ったサイト・コンサルタントを見つけるために複数のサイトを登録するのも、1つのサイトで徹底的に転職活動をするのもあなた次第。自分のやりやすい転職活動を探してみて。

①マイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビ看護師では、約3万5000件もの求人を扱っており、業界でもトップレベルです。

さらに、認知度が高く、従業員数が9000人を超える大企業が運営しているので、非常に安心して利用することができます。

拠点数も多く、全国に27拠点もあるので、地方にいる方も気軽に利用することができます。

マイナビ看護師を実際に利用した人は、

27歳女性・正看護師

私の場合は経歴書添削や面接練習をしてもらえたことがメリットであったと思います。面接にも同席してもらえたのも心強かったです。

30歳女性・正看護師

企業情報がとても豊富で、メリットとデメリットを細かく教えてもらえました。看護師の企業面接の専門の方もいて、模擬面接やアドバイスをこと細かく教えてもらえました

など、希望企業への転職成功率を高めるサポートや、企業や医療機関に関する情報力を特に評価していました。

きちんと転職活動をサポートして欲しい人、安心できる会社が運営しているところが良い人は、ぜひ登録してみてください。

②ナース人材バンク

ナース人材バンク

ナース人材バンクは、掲載求人数が20万件以上もあり、年間10万人もの看護師が利用する国内最大級の転職エージェントです。

東京や大阪などの首都圏だけでなく、地方の求人も豊富に扱っているので、豊富な選択肢から選びたいという人におすすめです。

ナース人材バンクを実際に利用した人は、

面接時に同行し、給料面など相手に聞きにくい点を交渉してくれました。 経歴についても、直接看護部長に話して頂き、心強かったです。

転職を行う際の対応力の良さにはメリットがあります。こちらの都合での転職でしたが、少し難しいような案件でもすぐに対応していただけました。

など、アドバイザーの質の高さを特に評価していました。

初めて転職を行う人、たくさんの求人の中から選びたい人は、ぜひ登録してみてください。

③ナースではたらこ

ナースではたらこ

ナースではたらこは、約9万件もの求人を扱っており、業界でもトップレベルです。

他の転職エージェントとは違い、転職したい医療機関を逆指名することができるので、より満足の行く転職を実現することができます。

また、従業員数1600人を超える「株式会社ディップ」という一部上場企業が運営しているので、安心して利用することができます。

ナースではたらこを実際に利用した人は、

34歳男性・正看護師

給与面での交渉をしっかりしてもらえました。あまり期待していなかったが、年収が大幅にアップしました。

31歳女性・正看護師

企業との交渉力が強かったです。勤務中に転職を考えていて忙しかったので、とても助かりました。

など、企業との給与交渉を特に評価していました。

今よりも年収を上げたい人、転職したい医療機関がある人は、ぜひ登録してみてください。

ナースコンシェルジュの評判を支えるサービス概要

ナースコンシェルジュは看護師専門転職エージェントの一つですが、「看護師向けエージェントが多すぎて何が違うのか分からない…」とお悩みの方も多いでしょう。

自分に合った転職エージェントを見つけるには、まずそれぞれのエージェントがどんな特徴を持っているか、意識することが大切です。

ここからはナースコンシェルジュ独自の特徴について、解説していきますので「転職しようかな」と考えている方はぜひチェックしてくださいね。

逆指名転職ができる

ナースコンシェルジュ最大の特徴とも言えるのは、病院やクリニックの方が求職者を選ぶ逆指名転職です。まずはこの逆指名転職の流れについて、解説していきます。

  1. まずは、面談をして逆指名転職に登録します。ナースコンシェルジュでは対面での面談を重視しているので、忙しい場合は求職者のところまでコンサルタントが出向いてくれることもあります。
  2. 次に、コンサルタントがあなたの経歴や自己PRが魅力的に見えるよう、オリジナルの推薦者プロフィールを書いてくれます。
  3. そして、推薦者プロフィールが出来たらコンサルタントが病院やクリニックを周り、あなたのスキルを求める職場がないか、探してくれます。

この逆指名転職ならナースコンシェルジュのアドバイザーが病院と相談してくれるので、わざわざ自分で応募し病院に出向く手間は不要です。

また、推薦者プロフィールは転職に詳しいコンサルタントがあなたの長所を書いてくれたもの。推薦者プロフィールをチェックすれば面接や自己分析に役立てることもできます。

さらに、病院とコンサルタントが直接交渉することで、求人サイトに載っていない最新の求人を提案されることも少なくありません。

あなたの能力を求める病院やクリニックとだけ面接できるのは、転職後のミスマッチを防ぐのに役立つでしょう。

紹介での登録が7割

ナースコンシェルジュは、求職者一人一人のペースに合わせた丁寧なサポートを行っています。公式サイトでは、ナースコンシェルジュ3つの約束として

  1. 一人一人の看護師様を大切にする
  2. 強引にしない、急かさない
  3. 要望に合わない求人は紹介しない

と宣言しています。この記事で紹介する口コミの中でもこうした姿勢を評価する声が多く、ナースコンシェルジュは求職者のペースや考え方を尊重していることが分かります。

また、他にもサポート力を売りにしているエージェントは多数ありますが、ナースコンシェルジュの場合「友人・知人から紹介されて登録した」という方が7割を占めているため信頼できる対応をしていると言えるでしょう。

看護師の転職活動なら『ナースコンシェルジュ』がいい理由とは?

これまでたくさんの看護師転職サイトをご紹介してきましたが、その中でなぜナースコンシェルジュがいいのか?

その特徴と実際にナースコンシェルジュ利用者の声をご紹介。転職サイトに迷っているあなたも、参考にしてみてください。

ナースコンシェルジュの特徴は?

通常、看護師転職サポートは求職者の仕事が決まった場合に、紹介先の「病院」「施設」「企業」から紹介料を貰います。転職をサポートする会社では、ノルマ制を実施しているところも多数存在します。

コンサルタントは、そのノルマを達成するために求職者の満足度よりも自分のノルマの達成度を求めてしまうことも珍しくありません。そのため求職者は“急かされて転職先を決めてしまう”という最悪の事態に巻き込まれてしまうことも。

その点ナースコンシェルジュでは、自社の利益ではなく、あなたの「求職者の満足いく転職活動」を最優先にサポートをしています。ナースコンシェルジュのコンサルタントは、あなたの転職活動におけるサポートの満足度を1番に考えています。快適にサービスを利用してもらうために、求職者一人ひとりに合った丁寧なサポートをしていきます。

また、ナースコンシェルジュ最大の特徴は転職の相談をいただいた看護師さんからの紹介登録、友達紹介制度を積極的に行っているということ。広告等での求職者募集を行っておりません。広告での募集を行っていないにも関わらず、利用者は年々増加しています。いかに丁寧なサポートに満足した利用者が周りにナースコンシェルジュを宣伝してくれているのかが分かります。

ナースコンシェルジュは都内1か所のみの会社ですが、全国に対応しており、地方の求職者には電話で転職サポートを行っています。

「とりあえず面接を受けよう!」というスタイルの転職エージェントが多い中、ナースコンシェルジュでは、あなたが希望する条件を病院や施設に提示し、「この人材がほしい!」と思った病院・施設に面接をしに行くという効率的な転職活動を展開しています。

ミスマッチを防ぎ、転職活動の時間を有効に使うことができるので、どうしても体力や動力を使いがちな転職活動をスムーズなものにしてくれます。

じっくりと時間をかけ自分のペースで転職先を探したい人・あなたに合った転職先を確実に見つけてほしい人は、ナースコンシェルジュでの転職活動をオススメします。

最後に

看護師の転職に特化したナースコンシェルジュ。「強引にしない・急かさない・あなたのペースに合わせる」というサポートを貫いているナースコンシェルジュだからできることがあります。

転職はあなたの人生を大きく左右する大切な機会。あなたが納得できるような就職先を見つけるためには、「なぜ転職をするのか?」「どのような所で働きたいのか?」を正確にコンサルタントに伝え、あなただけのサポートを受けることが大切です。

ナースコンシェルジュで、理想の転職先を見つけましょう。