転職エージェントの全メリット・デメリット|使うべきでない人とは?

エージェント

転職したいのですが、エージェントへの登録はしたほうがいいのでしょうか?

キャリアコンサルタント
転職エージェントを利用することは、メリットが大きい反面、デメリットもあります。利用して後悔しないよう、詳しく解説します。

転職エージェントを利用して転職活動を行うとどんなメリットがあるのか、またどんなデメリットがあるのか気になっている方も多いでしょう。

転職エージェントはさまざまな転職のノウハウや求人情報を持っていますので、上手に活用することで自分にあった転職先を見つけることができます。しかし、転職エージェントを利用するにもデメリットはありますので注意が必要です。

この記事では、転職エージェントのメリット・デメリットのご紹介と、デメリットの解決方法をご紹介いたします。

【2019年4月:最新情報】

4月は転職する最高のタイミングです。多くの企業では、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が決まった4月から補強のために中途採用を行います。当然、ライバルとなる転職志望者も急増します。他のライバルに先を越されぬよう、早急に準備をしましょう。

  1. このページを参考に、複数の転職エージェント(『doda』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など)に無料登録する
  2. 各エージェントから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、各エージェント側のサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期にあたります。そのため、転職活動へ積極的な人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントには、「すぐにでも転職したい」としっかり伝え、優先的にサポートを受けられるようにしておきましょう。

転職エージェントのメリット・デメリットは?

まずは転職エージェントを利用することで、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

メリット①費用が掛からないのに手厚いサポートを受けられる

ごく一部の転職エージェントでは利用するランクが上がると有料になりますが、ほとんどの転職エージェントは完全無料で利用できます。

登録してから新しい転職先が決まるまで一切費用はかかりません。

なぜ無料でサポートができるのかというと、転職エージェントで取り扱っている求人の企業から、手数料を受け取っているからです。

手数料を受け取ることで、転職エージェントは無料で利用できるのです。無料の理由について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

メリット②転職先を紹介してもらえる

転職サイトですと多くの求人を自分で探して応募しますが、転職エージェントは転職者の希望に沿った求人をコンサルタントが探してくれますので、求人を探す手間が省けます。

ですので、仕事をしながらでもスムーズに転職活動が行えます。

メリット③非公開求人がある

非公開求人は各転職エージェントが保有している優良な求人です。ハローワークにもない求人ですので、思わぬ掘り出し物が見つかることがあります。

いくつかの転職エージェントに登録しより多くの非公開求人を見ることで、自分にあった転職先を見つけることができます。

メリット④書類の添削をしてくれる

履歴書や職務経歴書で、企業はあなたの市場価値を判断します。

その書類がうまく書けなかったり自分をPRできないと、書類選考で落とされてしまうのでしっかりと記入しなくてはなりません。

転職エージェントのコンサルタントは、たくさんの経験から企業の特徴などを理解していますので、採用されやすいように書類の添削を行ってくれます。

あなたのPRポイントを第3者の目線から見てくれますので、より良い内容を書くことができます。

メリット⑤面接対策をしてくれる

面接の時に緊張してしまってうまく話せなかったり、自分をPRできない人も多いでしょう。そんな方には、コンサルタントが面接官の役で面接の練習をしてくれます。

さらに企業の特徴から、面接でどのような質問をされるのか予想して、どのように回答すれば良いのかも教えてくれますので、面接も安心して臨むことができるでしょう。

メリット⑥給料などの交渉をしてくれる

自分で年収の交渉をするのは、タイミングなども含めなかなか難しいでしょう。個人で応募した場合、入社同意書は最終面接の時に書かされることがほとんどです。

そこで転職エージェントを利用していれば、難しい交渉もコンサルタントが行ってくれますので、良い条件で入社できるでしょう。

メリット⑦面接後のフォローで採用の成功率が上がる

企業との面接が終わってから、次の面談までの間にどのような対策を取れば良いのかなどのフォローがあります。

また、面接の時にあなたが伝えられなかった内容などをコンサルタントが企業側へ補足してくれますので、面接が終わったらすぐに転職エージェントへ連絡し、面接の内容や感じたことなど伝えると良いでしょう。

さらに、コンサルタントが企業から見たあなたの評価を聞いてくれますので、今後の面接に活かすことができます。

メリット⑧円満退職のサポートもしてくれる

仕事をしながらの転職活動をしている場合は、退職する時にトラブルがないようにサポートしてくれます。

退職を渋られたり、内容をしっかりと確認せずにサインしてしまった書類があり何百円払うことになってしまったりなどのトラブルも少なくはありません。

そのような時に転職エージェントを利用して転職していれば、相談に乗ってくれます。

転職エージェントを利用する2つのデメリット

次は転職エージェントを利用するデメリットは何か見ていきましょう。

デメリット①連絡がうざいことがある

登録をする際には、氏名や連絡先、希望条件の記入を行います。

登録してから1時間ほどでエージェントから面談の日程を決める連絡が来て、その後求人の紹介という流れですが、求人の紹介も1日に何件もメールが届いたり、電話が来たりすることがあります。

コンサルタントも早くより良い転職先を紹介しようとしていますので、思ったよりも多く連絡が来ることでうざいと感じる方も多いようです。

転職エージェントも転職先を紹介して成功したら報酬を受け取れるので、早く転職させようと求人をどんどん紹介してくることもあります。

【デメリット解決のポイント】

連絡がしつこいと感じる場合は、コンサルタントに連絡頻度の相談や電話に出られる時間などをあらかじめ伝えておくことをおすすめします。

デメリット②ミスマッチな求人紹介ばかりで信用できないエージェントもある

このように、ミスマッチの求人を多数紹介してくる転職エージェントはあまり信用できないと感じる方も多いです。

その中には、希望に全く合っていないような求人もあったり、希望通りではないのに言葉巧みに転職へ誘導してきて誤った転職をしてしまう可能性があります。

【デメリット解決のポイント】

コンサルタントのノルマがある転職エージェントもありますので、自分の希望をしっかりと伝えぶれずに求人を探すように心がけましょう。

また信用できないコンサルタントであれば、コンサルタントの変更や転職エージェントの変更をおすすめします。

企業への直接応募はデメリットのほうが多い

ほとんどの企業のホームページには「採用情報」が掲載されています。転職エージェントを利用しなくても、「直接応募した方が早のではないか」「採用される確率が高いのでは?」と、お思いの方も多いでしょう。

しかし、採用情報が企業のホームページに掲載されているということは誰でも応募ができるので、応募する人はもちろん増え倍率が高くなり書類選考で落とされる確率も大幅に高くなります。

転職エージェントを利用すると、個人で書いた履歴書や職務経歴書よりもさらに良質な書類を作成できますので、書類選考に残りやすくなるでしょう。

さらに、転職エージェントが転職者を企業へPRしてくれますので、採用される確率も上がります。

大手転職エージェントのメリット・デメリット

リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」「パソナキャリア」などの、大手転職エージェントを実際に利用した人の口コミを当社が独自で調査しましたのでご紹介いたします。

【メリット】

27歳 女性
転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。
 

29歳 女性
求人の量があるので自分にあった細かい部分も探せる所と、転職後のサポートもしっかりしてくださる所だと思います。

31歳 男性
求人の量は多く選べる会社、仕事が豊富にある点がメリットであると思います。後は担当者の対応の早さについても評価は高くメリットであると思います。

43歳 男性
求人の量は多く、面接対策や経歴書添削では的確なアドバイスや方向性の選択肢を教えていただいたことが良いメリットです

【デメリット】

28歳 女性
提携している企業への転職を薦められることがありすこし面倒に感じることもあった。転職後のサポートは特になかったのがデメリットだと思いました。

51歳 男性
サービスを利用できる期間が限られているところもあり、短期間に転職できないとやがて求人紹介などもなくなりサポートがなくなってしまう点がデメリットに感じました。

26歳 女性
サポート面では充実していますが、本社が都市部にあるため、田舎に住んでいるものにとっては本部に行くまでにお金と時間がかかってしまうことがデメリットでした。

大手の転職エージェントは、求人数がほかの転職エージェントに比べて多いことが特にメリットだと言えるでしょう。

しかし、求人の量が多すぎて絞りきれないなどの声もありますので、たくさんの求人から探すのが苦でない方は大手の転職エージェントを利用するのも良いのではないでしょうか。

さらに、未経験OKの求人も多くブランクがある方でも転職先を見つけやすいので、大手の転職エージェントを1つでも登録しておくと良いでしょう。

ハイキャリア転職エージェントのメリット・デメリット

ここでは、「JACリクルートメント」や「クライス&カンパニー」「キャリアカーバー」などの、ハイキャリアの転職エージェントを利用した人の口コミを当社が独自で調査しましたので、ご紹介いたします。

【メリット】

28歳 女性
外資の業務に関してしっかりと理解しているコンサルタントがいるので、安心して相談をすることができる点です。

50歳 男性
外資系またはIT系の案件を得意としているので、案件数も多く、面接対策もある程度頼れる。担当者もしっかりしている印象。

35歳 女性
外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

【デメリット】

31歳 男性
エージェントの人数が少ないので、どうしても他の大手エージェント(例えばリクルートなど)よりは求人数は多くない。

30歳 男性
希望していない職種を紹介される。エージェントのレベルは高い人もいれば低い人もいる。サポートは厚い方だと思う。

40歳 女性
希望にあう案件がなければだんだん紹介件数が少なくなり、登録していても紹介がなくなる。転職後のサポートはあまりなく感じた。

ハイキャリアの転職エージェントは好条件、高収入の案件が多く外資系の求人が多数あります。しかしスキルや経験がないと、なかなか求人の紹介をしてもらえませんので、敷居が高いとの声が多くあります。

転職エージェントを選ぶ基準とは?

転職エージェントのメリット・デメリットがわかったうえで、ではどのようにして転職エージェントを選べば良いのか、悩む方も多いのではないでしょうか。

転職エージェントを選ぶ基準としてあげられるのは

  • 年代
  • 求人数
  • スキル・経験

などがあげられます。

年代で転職エージェントを選ぶ

まずは今の自分の年齢にあった求人を多く扱っている転職エージェントへの登録をおすすめします。

どの年代でも利用可能な「リクルートエージェント」や「doda」「マイナビエージェント」の他に、年代に特化した転職エージェントを利用することで、希望にあった求人が見つけやすくなります。

求人数で転職エージェントを選ぶ

転職エージェントによって求人数が大幅に違いますが、たくさんの求人の中から転職先を選びたい人もいれば、求人数が多いと絞りきれないため、厳選された求人の中から選びたい人もいるでしょう。

自分はどのくらいの求人の中から選ぶことができるのかを決めてから利用すると、転職活動もスムーズに行えるのではないでしょうか。

たくさんの求人から選びたい方は「リクルートエージェント」「doda」「マイナビエージェント」などの大手の転職エージェントに登録すると良いでしょう。

スキルや経験から選ぶ

専門分野の資格があったり、英語が堪能であったりなど、スキルが高い方は特に専門の転職エージェントの利用をおすすめします。

看護師であれば、「ナースではたらこ」や「看護のお仕事」、薬剤師なら「薬キャリ」「ファルマスタッフ」などがあります。

さらにハイキャリアや外資系に強い転職エージェントは「JACリクルートメント」や「ビズリーチ」「キャリアカーバー」などがありますので、スキルや経験がある方は非公開求人を見るためにも利用してみてください。

年代に特徴を比較!おすすめ転職エージェント

転職エージェントには得意としている分野や年代がありますので、年代別におすすめのエージェントのご紹介をいたします。

20代におすすめの転職エージェント

ではまず、20代の若手の転職者におすすめの転職エージェントをご紹介いたします。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは20代の若手ビジネスパーソンをターゲットにした転職エージェントです。20代向けの求人が多く、第二新卒向け、未経験可のものが多くなっています。

サポートについても高い評価を受けていて、特にまだキャリアが浅く、転職をするべきかどうか迷っている」「自分に向いている業界が何なのか分からない」という方の相談にも積極的です。

ハタラクティブを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

26歳 女性 金融事務
担当者が堅苦しくない

24歳 男性 ITコンサルタント
何からはじめてよいか全くわからない人におすすめ

など、若い求職者向けエージェントだからこそ実現できる「気軽さ」や「対応の丁寧さ」が高評価となっていました。

転職が初めてという方や未経験業種に挑戦したい、という方は登録しておくとよいでしょう。

ウズキャリ

ウズキャリ第二新卒

ウズキャリは第二新卒の転職に特化した、内定率86%、定着率93%の転職エージェントです。

第二新卒だけでなく、既卒とフリーターの就職・転職もサポートしてくれるので、正社員を目指している人は登録しておくことをおすすめします。

キャリアカウンセリングに力を入れており、専任のキャリアカウンセラーが担当として転職をサポートしてくれます。

面接前には、1時間から2時間の面接対策をしてくれるので、面接が苦手な人におすすめの転職エージェントです。

入社後も定期的にフォローしてくれるので、離職率が低いのが特徴です。求人は首都圏のものが中心ですが、地方の人材サービス会社と連携を取っているので、全国の求人を紹介してくれます。

オフィスは東京と大阪のみですが、電話やSkypeでもキャリアカウンセリングを行ってくれるので地方在住でも利用できます。

登録する(無料)

ブルームノーツ

ブルームノーツは若手のハイキャリア向け転職エージェントです。2016年に設立された若いエージェントですが、未経験者向けの手厚いサポートが評判となっています。

ブルームノーツはもともと若手人材の育成事業を行っており、そうした事業からのつながりで高待遇な求人の紹介を行っています。

相談すれば独自の研修プログラムを持つ企業を紹介してくれますので、未経験業界へのチャレンジも可能です。

しかし対応地域が首都圏だけとなっているので、これ以外のエリアの方は他の転職エージェントに登録しておきましょう。

登録する(無料)

30代におすすめの転職エージェント

次に、30代の転職者におすすめの転職エージェントをご紹介いたします。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 男性 研究職
担当のアドバイザーが企業との交渉も行ってくれる

33歳 女性 PR
非常に多くの案件を紹介してくれた

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェントは若者向けの転職支援を得意としている転職エージェントです。

求人は20代、30代向けのものが中心で、「未経験業界に転職したい」という方の相談も受け付けています。

アイデムスマートエージェントが持つ求人は多数あり、地域中小企業の求人から医療系の専門職案まで、幅広い求人を保有しています。

また、拠点も全国各地にあるため「どうしてもこの地域で働きたい」という希望がある方にも安心です。

「30代でアピールできるような経験が少ない」「未経験の仕事にチャレンジしたい」という方は登録しておくとよいでしょう。

登録する(無料)

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは大手人材サービス企業のマイナビが運営する大手転職エージェントです。

総合転職エージェントながら各業界出身のコンサルタントが多数在籍しているため、専門的な業務に関する相談も可能です。

マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

34歳 男性 メーカー開発
提示される求人が希望に合っていた

36歳 女性 一般事務
求人の量がとても豊富だった

など、特に求人の内容や量について高評価となっていました。

また、マイナビエージェントはIT・通信関係の求人を多数保有しているため、そういった業界に興味があるという方は積極的に登録しておくとよいでしょう。

40代以上におすすめの転職エージェント

最後に40代以上の転職者におすすめの転職エージェントをご紹介いたします。

キャリアカーバー

ヘッドハンター経由の高待遇なエグゼクティブ向け案件を狙うなら、「キャリアカーバー」にも登録しておくことをおすすめします。

キャリアカーバーは多数の有力なヘッドハンターを保有している転職エージェントサービスですので、基本的には「待ち」の姿勢で転職ができます。

キャリアカーバーはヘッドハンター型のサービスを完全無料で利用できる点が大きな強みと言えます。

また登録されているコンサルタントは、全て運営会社であるリクルートキャリアが厳選したヘッドハンターばかりです。

ハイクラス求人を探したいけれど自分の市場価値が分からない、転職活動に割ける時間が少ない、という方は登録しておくとよいでしょう。

登録する(無料)

JACリクルートメント

JACリクルートメント

30代でもおすすめしたJACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「転職を機にポジションアップをねらいたい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

50歳 男性 流通
案件の数が他のエージェントよりも多く保有している。

40歳 女性 アウトソーシング会社スタッフ
希望に近い案件を専門の担当者が紹介してくれる

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチはハイクラス向けの転職支援サービスです。

ビズリーチに登録しても専任のアドバイザーから転職支援をしてもらえる…と言うわけではないので一般的な転職エージェントとは大きく異なります。

しかし一方ビズリーチでは選ばれたヘッドハンターや人事担当者から直接指名を受けられるサービスを行っています。

ビズリーチを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

40歳 男性 不動産営業
企業側もある程度的を絞ったアプローチをしてくるので、ミスマッチが少ない。
40歳 男性 福祉施設介護職
求人が都市部に偏っておらず、割と地方の会社の求人もある。

全てのサービスを受けるにはお金がかかりますが、提案される仕事の質は非常に高くなっているため高待遇案件を求める方におすすめです。

一部サービスは有料ですが登録自体は無料でできますので、ヘッドハンティング型の転職サービスが気になるという方は気軽に登録してみましょう。

自分にあった転職エージェントを見つけてより良い転職をしよう

転職エージェントのメリット・デメリットをご紹介いたしましたが、いかがでしたか?

利用しようか迷っている方は、無料で利用できますので、登録だけでもしてどんな求人を紹介してもらえるのか、自分の市場価値はどのくらいなのかを参考にするだけでも利用した価値はあるのではないでしょうか。

さらに複数の転職エージェントを利用することで、より多くの非公開求人やコンサルタントを出会えますので1社だけでなく3、4社登録することをおすすめします。

いくつかの転職エージェントを利用して、自分に合ったエージェントを見つけることで、より良い転職先が見つかるでしょう。

あなたにとって最高の転職ができますよう、かげながら応援しています。