大手転職エージェント『リクルートエージェント』はおすすめ?

リクルートエージェントって、最大手というイメージはありますが、具体的にどんなところが長所なんですか?
知名度があまりに高いと、特徴が逆にわかりづらくなってしまいますよね。

今日は、リクルートエージェントならではの特徴を紹介し、他の転職エージェントとも比較してみます。あなたが登録すべき転職エージェントがどこなのか、バッチリ決められると思いますよ。

キャリアコンサルタント

転職をしたいと考えている人や、転職エージェントの利用を検討している人であれば、リクルートエージェントという名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

リクルートエージェントは、さまざまな職種や業種の求人を幅広く取り扱う、日本最大手の総合型転職エージェントです。これまで多くの転職希望者に利用されていることからも、その人気が伺えます。

しかし、人気だからといって、本当にリクルートエージェントが転職におすすめであると言えるのでしょうか。日本には数多くの転職エージェントが存在しますが、それらではなくリクルートエージェントを選ぶメリットが本当にあるのでしょうか。

ここでは、大手転職エージェント10社と比較して、リクルートエージェントの本当の価値を徹底的に検証していきます。リクルートエージェントの利用を検討している人や、転職エージェント選びに悩んでいる人の参考になれば幸いです。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

『リクルートエージェント』のメリット・デメリット

リクルートエージェント

多くの転職希望者が利用するリクルートエージェント。なぜここまで多くの人に選ばれるのかといえば、リクルートエージェントを利用することに大きなメリットがあるからです。

しかし、リクルートエージェントにはメリットしかないわけではありません。デメリットが存在することも事実です。

ここではまず、リクルートエージェントのメリットとデメリットを紹介します。

登録する(無料)

リクルートエージェントのメリット

求人の数が多い

リクルートエージェントを利用するメリットの1つとして、公開求人・非公開求人ともに件数が業界トップクラスである点が挙げられます。

大手のエージェントであることに安心感を抱くのは、転職希望者だけでなく、求人を出したい企業も同じことです。そのため、多くの企業が採用活動にリクルートエージェントを利用し、結果として多くの求人が集まるのです。

特に、非公開求人は求人全体の8~9割にあたり、件数にしておよそ10万件以上とも言われています。この件数は、全国の転職エージェントの中でもトップクラスです。

このような豊富な求人情報を閲覧し、応募できるのは、リクルートエージェントを利用する大きなメリットです。

サポートが充実している

リクルートエージェントの人気の理由の1つは、サポートが充実している点です。サポート自体は他の転職エージェントでも受けられますが、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは質が高いと評判です。

アドバイザーによるサポート以外にも、リクルートエージェントには転職をサポートする独自のサービスが充実しています。いずれも、長年にわたって転職支援をしてきた大手のリクルートが運営しているからできるサポートです。

年収が上がりやすい

リクルートエージェントを利用するメリットは、その豊富な実績にもあります。特に、リクルートエージェントは内定率が高く、転職後の年収が上がりやすいメリットが挙げられます。

公式ホームページに掲載されているデータによると、2011年度にリクルートエージェントを利用して転職した人のうち、6割以上が年収が上がったそうです。

この背景には、キャリアアドバイザーの交渉力の高さがあると考えられます。経験豊富なキャリアアドバイザーが企業に交渉することにより、内定率だけでなく年収も上がっていると推測されます。

登録する(無料)

リクルートエージェントのデメリット

転職支援に期間がある

リクルートエージェントでは、転職支援の期間が原則3ヶ月と定められています。期間が定められているのは、手厚いサポートで3ヶ月以内に転職が行えることを意味していますが、この期間を過ぎるとサポートが受けられなくなります。

転職を考えている人の中には、さまざまな条件を吟味し、時間をかけてじっくり転職先を選びたい人もいることでしょう。そのような人にとっては、転職支援の期間がデメリットになります。

3ヶ月の支援期間を短いと感じる人がリクルートエージェントを利用する場合には、その旨をキャリアアドバイザーに伝えるか、別の転職エージェントを併用することをおすすめします。

希望でない求人も紹介される

リクルートエージェントは、業界内でもトップクラスの求人を保有しています。そのため、紹介される求人の中には、自分の希望に合わないものが入っている可能性もあります。

しかし、それが必ずしもデメリットであると言い切ることはできません。なぜなら、担当者が転職希望者の素質を見抜いたうえでそれに合った求人を紹介している可能性があるからです。

いずれにせよ、希望でない求人を紹介されることが多いと感じたら、キャリアアドバイザーにその旨を伝えるようにしましょう。

キャリアアドバイザーによって質が異なる

キャリアアドバイザーの質が高いと評判のリクルートエージェントですが、所属しているアドバイザー全員が経験豊富で質が高いわけではありません。

これはどの転職エージェントにも言えることですが、入社して間もないアドバイザーもいれば、ベテランのアドバイザーもいます。アドバイザーによって得意な分野や苦手な分野も異なります。

したがって、満足のいくサポートを受けられるかどうかは、どのようなキャリアアドバイザーに担当してもらえるかにかかっているとも言えます。

なお、もし「このキャリアアドバイザーは少し違う気がする」と思うような担当者に当たっても、アドバイザーの変更を申し出ることが可能です。

登録する(無料)

リクナビNEXTと何が違う?

リクナビNEXT

転職についての情報を集めはじめた人なら、「リクナビNEXT」というサイトの存在を知っている人もいることでしょう。

リクナビNEXTは、リクルートエージェントと同じ株式会社リクルートキャリアが運営しているサービスで、転職の際に使う点では同じですが、そのサービスの内容や特徴は大きく異なります。2つのサービスの違いを説明します。

2つの違いを一言で説明すると、リクルートエージェントが「キャリアドバイザーと一緒に転職活動を進める」のに対して、リクナビNEXTは「自分一人で転職活動を進める」点です。

リクルートエージェントは、前述のとおりキャリアアドバイザーがついてくれて、非公開求人をはじめとした求人の紹介をしてくれます。また、面接対策や企業との調整などさまざまなサポートをしてくれます。

それに対して、リクナビNEXTは求人情報を提供する転職サイトです。アドバイザーによるサポートがないので転職活動を一人で進める必要がありますが、自由に求人を閲覧でき、自分のペースで転職を進められます。

リクルートエージェントは、非公開求人に応募できサポートが受けられるため、質の高い求人を多く閲覧したい人やサポートを受けたい人に向いています。

一方で、リクナビNEXTは、自分のペースで転職を進めたい人や一人で転職活動をしたい人に向いています。

メリットが多くおすすめできるのはリクルートエージェントですが、リクナビNEXTにもメリットはありますので、自分のスタイルに合わせて利用することをおすすめします。

リクルートエージェント vs 大手転職エージェント【魅力を徹底比較】

リクルートエージェント 登録する(無料)

ここまで、リクルートエージェントのメリットとデメリットについて紹介してきました。

しかしながら、転職エージェントはリクルートエージェント以外にも数多く存在します。リクルートエージェントは、それらの転職エージェントと比べてどのような点に強く、どのような点に弱いのでしょうか。

リクルートエージェントと同じ総合型の大手転職エージェントと、専門分野に特化した特化型の大手転職エージェントと比較し、リクルートエージェントを検証していきます。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

登録する(無料)

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

『リクルートエージェント』がおすすめな人・おすすめではない人

リクルートエージェント 登録する(無料)

メリットの多いリクルートエージェントですが、リクルートエージェントが向いている人・向いていない人が存在するのも事実です。ここでは、向いている人といない人の特徴を説明します。

もちろん、向いていない人が登録してもマイナスになることはないので、メリットを感じた場合は登録しても構いません。しかし、その際はリクルートエージェントのみに登録するのではなく、複数の転職エージェントを利用しましょう。

おすすめな人

今すぐに転職したい人

リクルートエージェントは、前述の通り転職支援の期間を原則3ヶ月と定めているため、今すぐに転職したい人には向いています。

期間が定められているのを先程はデメリットとして紹介しましたが、この期間で転職を終えられるようにキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、すぐに転職したい人にはむしろメリットになります。

3ヶ月以内に転職したい人には、リクルートエージェントをおすすめします。

自分の可能性を発掘してほしい人

自分のスキルや職歴に自信がない人でも、キャリアアドバイザーがスキルの整理を行った結果、可能性を発掘してくれる場合があります。したがって、気がついていない自分の可能性を発掘してほしい人には、リクルートエージェントが向いています。

キャリアアドバイザーとの面談では、これまでの経験でどのようなスキルが身についているのかを客観的に判断し、自分の強みと弱みを明らかにしてもらえます。自分では気づかなかった強みや可能性が見つかるかもしれません。

自分の可能性を客観的に判断することは、自分ひとりでは難しいことです。リクルートエージェントの経験豊富なキャリアアドバイザーと一緒だからこそできることです。

他の転職エージェントで上手くいかなかった人

他の転職エージェントを使ってみたけれど満足できなかった人にも、リクルートエージェントがおすすめです。

自分の希望に合う求人が見つからなかった人でも、豊富な求人の中から希望に合うものが見つかるかもしれません。十分なサポートが受けられなかった人でも、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーならサポートに満足できる可能性が高いです。

特におすすめしたいのは、他の転職エージェントでなかなか内定を貰えなかった人です。転職を成功させるノウハウや企業との交渉力に長けているキャリアアドバイザーが、転職を成功に導いてくれることでしょう。

他の転職エージェントを利用したけれど上手くいかなかった人は、諦めずにリクルートエージェントを利用することをおすすめします。

登録する(無料)

おすすめではない人

地元の中小企業に就職したい人

地元の中小企業に就職したい人は、リクルートエージェントを利用しても、希望の求人に出会える可能性が低いです。なぜなら、リクルートエージェントに求人を出しているのは大手企業が多く、中小企業の割合が少ないからです。

特に、地方の中小企業の場合は、リクルートエージェントでも網羅しきれていない可能性が高いため、これらの求人を探している人には希望の求人に出会うのが難しいことが多いです。

地元の中小企業への転職を目指す人がリクルートエージェントを利用する場合は、自分の地域の中小企業に強い他の転職エージェントを併用することをおすすめします。

40代以上の人

40歳以上の場合、リクルートエージェントを利用しても希望の求人を紹介してもらえる可能性が低いです。リクルートエージェントは「30代までの転職経験が少ない人」の利用を想定しているため、ベテラン向けの求人が少ないからです。

しかし、求人が少なくても、キャリアアドバイザーに相談できるなどのメリットがありますので、年齢が高いからといってリクルートエージェントへの登録を控える必要はありません。

その場合、求人の数が確保できるよう、ベテラン向けの求人に強い転職エージェントを併用しましょう。

最後に、リクルートエージェントの評価をまとめて紹介します。

  • 最大手としての実力は十分。求人数、サポートともに利用する価値はある。
  • 求人数が多いので、他のエージェントを利用する際には併用するのがおすすめ。
  • リクルートエージェントが持っていない求人もあるので注意。

リクルートエージェントを上手に活用して、転職を成功させてくださいね。

登録する(無料)