転職エージェントは電話面談だけでOK?デメリットと注意点を解説

転職エージェント登録後の面談は、電話で対応してもらうことはできますか?
転職エージェントを利用される方の中には、対面での面談が難しい方もいます。最近では、ほとんどの転職エージェントで電話面談を受けることができますよ。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。
この記事では、転職エージェントの電話面談について解説します。電話面談だけで面談を済ませるデメリットと注意点についてもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

転職活動をサポートしてくれる転職エージェントでは、登録後に必ず担当アドバイザーと面談を行います。

最近では、ほとんどの転職エージェントが電話での面談を行っていますが、本当に電話だけで大丈夫なの?と不安な方もいるのではないでしょうか。

今回は、そんな転職エージェントの電話面談について、面談前の準備や利用するメリットなどをご紹介していきます。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: パソナキャリア、2位: リクルートエージェント、3位: マイナビエージェント

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

転職エージェントの電話面談の内容は?

基本的には対面で行う転職エージェントとの面談ですが、電話面談にした場合はどのような内容になるのでしょうか。電話面談だけで済ませるか、何とか時間を作って対面での面談にすべきか、判断するための材料としてください。

転職者の希望や経歴・スキルのヒアリング

転職エージェントでは転職者への求人情報の提供や、転職に関するさまざまなサービスを行っています。

紹介する求人情報はただ募集されているものを提示するのではなく、転職をされる方の希望に沿った求人を紹介するのが転職エージェントの仕事です。

希望に沿った求人を紹介するため、実際に転職をされる方からどのような転職先を探しているのか、希望条件には何があるのかをヒアリングする必要があります。

これまでの経歴・持っているスキル・どんな強みを持っているのか、といった情報も転職者に満足してもらえる求人を提供するための大事な情報です。

さらに、転職を成功させるためには何が必要なのか、このような情報は転職者にとって知っておきたい情報となるでしょう。

つまり、転職エージェントの面談では転職に必要な情報をお互いに共有することが目的で行われています。

転職に関するアドバイス

転職を検討している、または転職活動をすでに始めている方の中には、「本当に転職できるのかな?」「転職を成功させるためにはどうすればいいんだろう…」と不安を感じている方が多いはずです。

転職エージェントの面談では、転職に必要な情報の共有が主な目的ではありますが、転職に関する不安や悩みなどの相談を聞いてもらうことができます。

転職エージェントに在籍するアドバイザーは転職のプロなので、転職者一人ひとりの相談は親身になって聞いてくれるのはもちろん、転職成功に向けた的確なアドバイスを受けることができます。

初めての転職や転職経験の少ない方でも、安心して転職サポートを受けることができます。

優秀なアドバイザーは、転職者自身が気づいていない能力を電話面談で見抜ける

転職エージェントに在籍するアドバイザーは、転職をされる方が自分では気づけないスキルを見抜く能力を持っています。

確かにこれまでの経歴や転職者が自覚しているスキルをヒアリングするだけでも、満足できる転職先を紹介することはできるでしょう。

しかし、転職エージェントは転職をされる方を第一に考えているため、面談中の会話から少しでも可能性を感じたスキルを発見して、あなたに合った転職先を紹介してくれることがあります。

この場合は希望条件に沿った求人情報の紹介ではない場合もありますが、それはあなたの隠れ持ったスキルを発見したことでおすすめできる求人だと判断していることがあります。

転職エージェントを利用された方の中にはこのようなサービスで転職に成功している方もいるため、電話面談はとても重要なことであることを理解しておきましょう。

転職エージェントの電話面談を受けるメリット・デメリット

在職中で忙しい・地方に住んでいる…などの理由で、転職エージェントへの来社が困難な人にはとても便利な電話面談ですが、もちろんメリットもデメリットもあります。

対面にするのか、電話面談にするのか、メリット・デメリットの両面から考えてみると良いでしょう。

電話面談のメリット①ほとんどの転職エージェントで利用できる

少し前の転職エージェントでは、対面での面談のみを行っているところが多かったようです。

しかし、最近では対面ではなく電話での面談を行っている転職エージェントが増えているため、ほとんどの転職エージェントで受けられるサービスとなっているようです。

気になる面談の日程ですが、転職エージェントへの会員登録が完了すると、数日後にアドバイザーから連絡が来るようになっています。

この連絡で面談の日程調整ができるので、電話面談のできる日程を伝えましょう。

ちなみに、電話面談を行う際の注意点として、できるだけ静かな場所を選ぶことをおすすめします。

周囲が騒がしい環境では大事な情報を聞き逃すのはもちろん、担当アドバイザーの方に対して失礼に当たってしまうので十分注意してください。

電話面談のメリット②忙しい方や自宅から遠い方でも気軽に面談を受けられる

転職をされる方の中には働きながら転職活動をされる方も多く、仕事の都合や忙しいといった理由で面談を受ける時間を作れない方もいます。

自宅から面談を受ける会場までのアクセスが難しいという方もいるでしょう。

電話面談であれば自宅にいながら受けることができるサービスなので、忙しい方や自宅から遠い方でも気軽に転職エージェントを利用できます。

電話面談ではお互いに顔を見て話すことができないため、対面での面談に比べてコミュニケーションが取りづらいといわれています。

話し方や声のトーンなどで転職に対する意欲を判断されてしまうので、電話面談を受ける際は注意しましょう。

電話面談のメリット③事前に予約することで土日や夜でも対応してもらえる

電話面談を受ける際は事前予約が必要になりますが、土日でも面談を受けることができます。

平日は仕事で忙しい方でも土日で電話面談を受けることができるので、仕事と転職活動を両立させることができるでしょう。

また、電話面談は夜でも対応してもらうことが可能で、転職エージェントによっては22時まで面談を行っているところがあります。

仕事の帰宅後でも面談を受けられるので、わざわざ休日を使わずに転職活動ができるのは電話面談の嬉しいポイントの1つといえるでしょう。

電話面談のデメリット 対面に比べて優先順位が低くなるケースも。対策は?

電話面談を受けた場合、転職エージェントによっては対面に比べて優先順位が低くなる場合があるようです。

ですが、転職エージェントの多くは、やる気のある転職者を優先的にサポートする傾向があります。

担当アドバイザーとこまめに連絡を取り合い、転職に対するやる気をアピールすれば、優先順位を上げることができるかもしれませんよ!

転職エージェントの電話面談を成功させるために必要な事前準備3つ

有意義な電話面談を行うのであれば、必要なものを事前に準備しておくことで、スムーズに面談を進めることができます。

そこで、ここでは電話面談を受ける際に準備しておくべき3つのことをご紹介していきます。

転職エージェントで電話面談を受けたいと考えている方は、ぜひ参考にして面談に備えておきましょう。

準備①転職の希望条件をきちんと考えておく

対面や電話に限らず面談を行う際には、担当アドバイザーが転職の希望条件を確認します。そのため、電話面談を受ける前にきちんと希望条件を考えておくことが大切です。

というのも、担当のアドバイザーは希望条件を元に求人情報を探し、条件にマッチした転職先を紹介するシステムとなっています。

つまり、希望条件がハッキリと決まっていない場合、担当のアドバイザーが紹介する求人情報に困ってしまいます。

これではスムーズに面談を進めることができないので、事前に転職の希望条件は考えておきましょう。

準備②これまでの職歴や持っているスキルを書き出しておく

面談では転職の希望条件だけではなく、これまでの職歴や持っているスキルなどを担当アドバイザーが確認します。

そのため、これまでにどのような職種を経験しているのか、役職や取得している資格などを答えなければなりません。

ですが、人によっては数多くの職歴やスキルを持っている方もいるため、その場合はすべての情報を伝えたつもりで、後から「○○を伝えるのを忘れていた」なんてケースも少なくありません。

ですので、電話面談を受けたいと思っている方は、事前に過去の職歴やスキルを書き出しておきましょう。

そうすることで伝え忘れもなくなりますし、面談と転職活動の両方をスムーズに進めることができますよ!

準備③転職をする目的・理由を必ず明確にしておく

面談内容には希望条件・職歴やスキルに加えて、あなたが転職をする目的や理由を担当アドバイザーから質問されます。

転職をされる方の中には会社での人間関係が転職理由だったり、キャリアアップを考えていたりなど、目的・理由はさまざまでしょう。

そういった情報もあなたに合った転職先を紹介するにあたって重要な情報となるので、転職理由や目的は明確にしておいてください。

ちなみに、担当アドバイザーが転職をする目的や理由を確認するのは、転職先の紹介に必要なことはもちろんですが、転職に対するやる気を見ている部分でもあります。

そのため、「会社の同僚が転職するから」「ただ今の仕事が嫌になったから」など、曖昧な理由や目的を伝えるのはNGです。

やる気のない転職者を紹介するとすぐに退職する可能性が高いですし、転職エージェントに対する企業からのイメージがダウンしてしまいます。

つまり、やる気を感じられない場合は求人情報を紹介してもらえなくなる場合があるので、しっかりとした転職理由・目的を伝えましょう!

転職エージェントの電話面談に関するよくあるQ&A

転職エージェントの利用を検討されている方の多くは、面談=対面というイメージを持っている傾向があるようです。

そのため、対面と電話ではどのような違いがあるのかという疑問を感じている方は多いのではないでしょうか?

ここでは、そんな転職エージェントの電話面談に関するQ&Aをご紹介していきます。

電話面談を希望されている方はぜひ参考にして、これからの転職活動に役立ててみてください。

電話面談で質問される内容は?

電話面談を希望される方の多くは、「どんなことを質問されるんだろう?」という疑問を抱く方が多かったです。

そんな面談で質問される内容ですが、あなたの職歴やスキル、転職の希望条件や転職理由などが主な質問内容となっています。

また、他の転職エージェントを利用されている方の場合、紹介する求人が被らないようにするために、現在応募している転職先について質問されることがあるようです。

メールで面談を受けることはできるの?

担当アドバイザーとのやり取りは、対面はもちろん電話やメールで行うことができますが、面談に関しては対面・電話のみとなっているようです。

電話面談であれば会場に足を運ぶ必要がないので、対面が難しい方は電話での面談を相談してみてください。

対面でなくても求人は紹介してもらえる?

電話面談は、仕事が忙しい方や面談会場へのアクセスが難しい方のために行われているサービスです。

ですので、対面でなくても求人を紹介してもらうことは可能です。

転職エージェントの中で、電話面談の質が高いのは?

電話面談を希望している方の中には、「どんな転職エージェントが良いの?」と悩んでいる方は多いでしょう。

そこで、電話面談を受けられるおすすめの転職エージェントを3つピックアップしてみました!

これらの転職エージェントでは電話面談に対応しているのはもちろん、有名な大手転職エージェントなので、満足できる転職サービスを受けることで人気を集めています。

親切・丁寧なサービスとサポートを行っていて、豊富な求人件数を取り扱っているため、安心して転職活動を行うことができるでしょう。

転職エージェント選びで悩んでいるかたは、ぜひご紹介したエージェントを利用して、電話面談を受けてみてください。