東京へ転職したい!成功させる方法とおすすめ転職エージェントを紹介

やっぱり大都会で就職がしたい!東京で転職するのって難しいのでしょうか?
都内は仕事の数が多いので、決して難しくはありません。しかし仕事が多い分、質の良くない求人も多いので気を付ける必要があります

キャリアコンサルタント

なるほど、ブラックな求人に引っかからないようにすることが転職成功のカギなんですね!
東京転職に必要な情報はこちらの記事にまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

最近ではUターンなどが流行っているとはいえ、やはりまだまだ東京で転職したいという人は多いのではないでしょうか。東京は経済の中心地で、華やかな都市です。そんな東京に憧れるのは仕方がないことかもしれません。

ここでは東京への転職を成功させるために必要な『都内の転職市場』や実際に都内に住む場合に知っておくべき『メリット・デメリット』などを、おすすめエージェントと共に紹介していきます。

都内で転職をしたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

東京の転職市場・地域性は?

東京で転職を考えるのであれば、まず東京の転職事情について知っておく必要があります。以下に転職で役立つ東京の情報について紹介していきましょう。

東京の平均年収

厚生労働省の全国平均賃金表を参考に見てみると、東京の平均月収は377.5千円(37万7500円)で、年収に換算すると453万円になります。これは全国平均の304.3千円(30万4300円)よりもかなり高いことになります。

また近隣の県と比較してみても

千葉309.4千円(30万9400円)
神奈川329.8千円(32万9800円)
山梨279.9千円(27万9900円)
埼玉296.5千円(29万6500円)

と、圧倒的に東京は平均月収が高いことが分かります。

東京の求人倍率

続いては東京の求人倍率を見ていきましょう。2018年度10月時点での東京の求人倍率を見てみると、2.13と、全国平均の1.62を大きく上回り、全国1位という結果となっています。

近隣の県と比較してみてもやはり

千葉1.33
神奈川1.18
山梨1.48
埼玉1.33

と、東京は圧倒的な求人倍率の高さを誇っていることが分かります。東京はやはり経済の中心地であることからも、年収・求人倍率共に全国トップであることは間違いようのないことです。

東京の有名メーカー・主要産業

東京は言わずもがな経済と流行の中心地です。多くの大手企業・有名メーカーは東京を本拠地としており、2016年時点で東京の上場企業は1,791社と、全国の上場企業の約50%以上にも昇ります。

すべて記載するのは無理なので、一例をあげるとするのであれば

  • タマホーム株式会社
  • 住友林業株式会社
  • 日本電気株式会社
  • 株式会社三菱東京UFJ
  • Sony株式会社

などなど、有名どころだけでも書ききれないだけ存在します。

主要産業にしても、東京都の公式ホームページによれば、第一次産業が0.1%未満なのに対して第三次産業が80%以上と、経済産業都市であることが分かります。

また東京都内の総生産額だけでも約93兆円以上で、世界の都市の域内生産額トップということからも、その経済力と産業力の高さがうかがえます。

東京の求人の傾向

大手転職サイトのdodaやマイナビを始めとする求人サイトを参考に見てみても、東京はあらゆる分野の職種や業種の求人が非常に多く、規模そのものが違うことが分かります。

傾向としては営業・企画管理・技術職系の求人が多く見られましたが、もっとも少ない公務員・農林水産省系の求人でも数十件存在し、平均して1000件近い求人が各職種に見られました。

また他県では比較的少ない『事務職』の求人も、東京都内ではそこそこ多く求人を出しているのも、東京の求人の傾向と言えるでしょう。

東京では求人の傾向こそあるものの、規模が大きいためライバルは多いが、どの職種でも狙いやすいと考えられます。

東京都内の大手企業の求人

上記したように東京は全国の半分以上の上場企業が立ち並ぶ大都市です。大手企業の定義には諸説あり、一概にどの条件を指して大手企業と呼ぶのかは難しいところですが、一説には従業員数1000人以上であることが挙げられます。

これを参考に、例えばdodaで従業員数1000人以上の求人を探してみると、全2万6000件以上ある求人の中から、たったの600件以下しか見つかりませんでした。

もちろん求人数や傾向は時期によって変動するものですが、やはりというべきか大手企業の求人は少なく、また応募条件などにしても『大卒以上』や『数年単位の経験』を要求する求人が多く見られました。

また大手企業はそれだけライバルも多いため競争率も高く、並大抵の経歴では太刀打ちできないことがうかがえます。

東京の正社員や女性の比率

総務省が5年ごとに行う『就業構造基本調査』によると、東京都の非正規社員の割合は35.7%で、全国平均の38.2%よりは低く、全国規模でみると中盤に位置する結果となっていました。

つまり計算すると東京の正社員の割合は64.3%となり、非正規の割合は上昇傾向にあります。しかしこれは全国的に起こっている現象なので、一概に東京だけが非正規率が年々高くなっているわけではないようです。

また東京都の公式ホームページによれば、男女別の正規労働者の割合は

男性76.7%
女性47.5%

となっていました。これは全国平均の78.7%(男性)・44.2%(女性)と比べると、女性の正社員率は少しではありますが高いことが分かります。女性で正社員を目指している人は、都内での就職がおすすめなのかもしれません。

東京で転職するメリットは?

ここからは東京で転職するさいの具体的なメリットについて紹介していきます。

華やかで遊ぶ場所が多い

東京で転職するうえでもっとも大きなメリットは、この『華やかさ』と『娯楽施設の多さ』が挙げられるでしょう。

東京は経済の中心地であるばかりでなく、流行の発信地でもあり、域内総生産額にしても都民の数にしても日本随一の大都市です。当然のことながら飲食店・デパート・娯楽施設などの種類も数も豊富で、遊ぶ場所には事欠きません。

またイベントや商品の流通も多く、コンビニの数にしてもスーパーの数にしても多く、また銀座や有楽町、港区といった華やかな街が多いのも東京の魅力です。

仕事が多い

仕事の多さも東京の魅力のひとつでしょう。上記したように、東京の求人倍率は全国トップで、えり好みさえしなければ仕事を見つけるのは非常に簡単です。

また大手企業が多いため、スキルアップなどを望めば大手への転職が叶いやすいのも東京の魅力です。求人にしても量・質ともに規模が大きく、キャリアアップができる仕事も多いので、やる気次第では出世もしやすいでしょう。

東京で転職する際の注意点は?

続いては東京で転職するさいの注意点について説明していきます。上記したメリットと合わせて覚えておくようにしてください。

人が多くてごみごみする

東京都の公式ホームページによると、2018年時点での東京の人口は13,843,403人と全国トップでした。これは2位の神奈川県と400万人近い差をつけての圧倒的な人数といえます。

また実際に東京に転職した人の多くは『人が多くて酔いそう』『通勤ラッシュは地獄』と、その人数の多さに圧倒されているようでした。

また人数が多いということは、それだけライバルも多いということで、転職にしても出世にしても、それだけ争うことが多くなるということです。

人が少なく、静かでゆったりとした環境が好きだという人には向かないかもしれません。

とにかく何でも高価

これも東京で転職するさいには気を付けてほしいのですが、東京はとにかく何でも高い傾向にあります。

総務省が発表する小売物価統計調査によると、物価の高さを都道府県別に比べてみたところ、東京がやはり総合評価で1位という結果となりました。

東京は平均月収が全国で一番高い都市ではありますが、その分物価そのものが高いため、収入があっても出ていく分が多くなってしまうのが難点です。

また特に土地代や家賃は高く、全国賃貸管理ビジネス協会によると、2019年1月時点での東京の家賃相場は68,431円と、2位の神奈川とは1万円以上の差をつけての1位でした。

東京で転職するさいは、これらの物価や家賃の高さを念頭に置いておきましょう。

東京での転職を成功させる方法3つ

ここでようやく東京で転職を成功させるための具体的な方法について紹介していきます。以下を参考にして、都内での転職を成功させてください。

ホワイト企業の求人を見つける

東京は求人倍率が高いのは上記した通りですが、都内には企業数が多い分、いわゆる『ブラック企業』と呼ばれる企業からの求人も決して少なくありません。

都内で就職したいからといって、十分な下調べなく目の前の求人に飛びつくのはあまり良い選択とは言えません。

都内での転職を後悔しないためにも、家賃補助や福利厚生などのしっかりした『ホワイト』な企業からの求人を見極めるようにします。

いきなり高望みをしない

多くの人は恐らく大手企業へ入社したいと思うと思います。しかし大手企業はそれだけ提示する条件も高く、またライバルも多いのはいうまでもありません。

そういった企業にばかり目を向けて転職活動をおこなっていると、当然のことながらよほど優秀な人でない限りは落とされる回数が多くなります。

人というのは挫折ばかり味わうと『自分はダメな人間なのだ』と落ち込んでしまい、その結果、転職活動そのものに消極的になってしまう危険性があります。

都内には大手ではなくとも優良な企業が多くあるので、あまり視野を狭めずに、広い目で企業を見るようにします。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用することは、効率の良い転職にはかかせない方法です。エージェントは言うまでもなく、『転職支援のためのサービス』なので、転職市場に精通したプロが多く存在しています。

エージェントはこういった転職のプロたちの力を、しかも無料で利用することができる非常に便利なサービスです。これを利用しない手はないでしょう。

自分ひとりで行うよりも、プロの手を借りたほうが良い結果が得られるのは当然です。またエージェントは各企業や業界に精通している場合も多いため、ブラック企業対策にも役立つでしょう。

東京での転職に強い転職エージェント3選

それでは一体どんな転職エージェントを活用すれば良いのでしょうか。

ここでは誰にでもおすすめの『総合型』と、特定の業界や年齢層に特化した『業界特化型』の2種類のおすすめ転職エージェントを紹介していきます。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

東京で転職したいなら、転職エージェントを最大限活用しよう!

東京は世界に誇る大都市で、日本トップの経済都市であることは間違いありません。求人数も豊富で、仕事探しのハードルは決して高くはないでしょう。

しかし反面良くない企業やブラックな求人が多いのも都内で転職する上では気を付けなければならないことです。こういったブラックな求人から身を守るためには、複数の転職エージェントを利用することをおすすめします。

世の中にはブラック求人を紹介する良くないエージェントも残念ながら存在します。複数のエージェントを利用しておけば、そういった良くないエージェントを見分けるのに役立ちます。

より広くアンテナを張る意味でも、複数の転職エージェント利用は有効な手であると言えるでしょう。