和歌山転職を成功させるには?おすすめ転職エージェントも紹介

和歌山県での転職を考えているのですが、どうすれば転職できますか?
和歌山県を始めとして地方転職には、「転職エージェントの活用」が欠かせません。和歌山県に特化した転職エージェントも含めて、最大限活用しましょう。

キャリアコンサルタント

分かりました!具体的に、どの転職エージェントがおすすめですか?
はい。この記事では、&careerが厳選した和歌山転職におすすめな転職エージェントをご紹介しています。

キャリアコンサルタント

他に、平均年収や働きやすさなどについてもご紹介しているので、合わせて確認してみてください。

キャリアコンサルタント

皆さんは和歌山県への転職を考えたことはありますか?和歌山県は、大阪府や奈良県などと隣接していて、かなり立地に富んだ県です。

今回はそんな「和歌山県への転職」というテーマで、「和歌山県にあるおすすめの転職エージェントはどこか」「平均年収はどのくらいなのか」「そもそも転職はしやすいのか?」などについて、詳しくご紹介していきます。

この記事を参考に、和歌山県への転職についてしっかり考えてみてください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: パソナキャリア、2位: リクルートエージェント、3位: マイナビエージェント

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

和歌山県での転職は難しい?平均年収や働きやすさにも注目!

では次に「和歌山県への転職難易度」について詳しくご紹介します。和歌山県の有効求人倍率や、平均年収、働きやすさなどから、客観的に判断してみてください。

和歌山県の求人・求職状況

まずは「和歌山県の求人・求職状況」についてです。各都道府県の求人・求職状況を知るには、「有効求人倍率」というのが非常に有効です。

有効求人倍率というのは、「求人を募集している仕事の数」を「働きたい労働者の数」で割った値のことを指します。

つまり、その数が「1以上」なのであれば、働きたい労働者よりも、仕事のほうが多いわけですから、概ね転職はしやすいと言えるでしょう。

しかし、「1を切ってしまう」ようであれば、その逆なので、かなり転職はしにくいと言えます。

厚生労働省・和歌山労働局の、平成30年度の10月30日に発表された「有効求人倍率」を参考にすると、「1.64倍(前月に比べて 0.01 ポイント上昇)」であることが分かりました。

有効求人倍率が「1」を超えているので、比較的転職はしやすいと言えるでしょう。

有効求人倍率の全国平均は、「独立行政法人 労働政策研究・研修機構」の「都道府県別有効求人倍率」を参考にすると、2018年9月の値は「1.64倍」であることが分かりました。

和歌山県の有効求人倍率と、全国平均は同じだということです。

また、他の都道府県の有効求人倍率を見てみると、2018年9月時では「1位 東京都:2.18倍」、「2位 広島県:2.14倍」、「3位 福井県 2.09倍」であることが分かりました。

各都道府県別で見ると、2倍を超えている県がある中で、全国平均・和歌山県の有効求人倍率は、ともに「1倍代」ですが、1倍を超えているので、比較的転職しやすいと言えるのではないでしょうか?

和歌山県での正社員転職は難しいのか?

では和歌山県での正社員への転職は難しいのでしょうか。

今全国的に正規雇用者よりも、非正規雇用者の数が増えてしまっていることで問題となっていますが、もちろん和歌山県もその例外ではありません。

しかし、和歌山県は少し変わっているところもあり、平成24年度の経済センサス-活動調査を参考にすると、「ある産業における正社員率はかなり高い」のです。

平成24年と、少し古いので多少の変動はあると言えますが、「製造業」「小売業」「医療・福祉」における正社員の割合はかなり高いと言えます。

そして、日本全体、とりわけ和歌山県ではそんな正社員の割合を増やすべく、大企業が「未経験でも正社員の雇用を行っている」という場合があります。

上記でご紹介した転職エージェントでは、そういった「未経験・正社員」採用の求人がありました。

和歌山県での転職で、正社員雇用を考えている場合は「どんな業種の正社員なのか」を考え、転職エージェントを利用して、効率的に進めていくようにしてみてください。

和歌山県の平均年収

では次に、和歌山県の平均年収について見ていきましょう。

厚生労働省が発表した「賃金構造基本統計調査」を参考にすると、

平均年収453.3万円
男性平均508.4万円
女性平均358.9万円

 

でした。同資料を参考にすると、日本全国の平均年収は「416万円」であることが分かりました。

和歌山県の平均年収「453.3万円」は全国平均よりもかなり高く道府県別ランキングでは18番目に位置します。

また、他の都道府県の平均年収は、

1位東京都615.5万円
2位愛知県539.8万円
3位神奈川県531.9万円

であることが分かりました。

和歌山県の働きやすさ

では次に「和歌山県での働きやすさ」についてご紹介します。いくら転職したくても、働きにくい・暮らしにくいところなのであれば、「転職に成功した」とは言えないですよね。

大阪市内まで電車で1時間ほど

まず1つ目に挙げられる働きやすさの点として「大阪市内まで電車で1時間ほどである」というのがあります。

大阪は、東京に劣らないほどの大都会で、まず不便さを感じることはないと言えるでしょう。和歌山県は、そんな大阪が隣県なので、気軽に行くことができます。

買い物や娯楽施設も充実している

生活に必要なものが買えるお店や、100円ショップなどもたくさん存在し、映画館などもあるということで、買い物や娯楽施設に不自由さはないと言えます。

しかし、車がないと移動には不便だそうで、”田舎感”があるようです。

和歌山県への転職に失敗しないためには?

ではここで、和歌山県への転職に失敗しないためのポイントについてご紹介します。

以下のポイントを守って、転職を有利に進めていきましょう。

複数の転職エージェントを利用する

まず1つ目のポイントは「複数の転職エージェントを利用する」というものです。

1つだけの転職エージェントだけでは、満足の行く転職はできないと考えたほうが良いでしょう。

もちろん、担当者の方が当たりで、転職先も当たりの場合は一発で成功することもあるでしょうが、かなり稀だと考えたほうが良いでしょう。

最低でも2社は登録をし、客観的に自分の転職先について考えるようにしましょう。

担当者は合わなければ変えてもらう

2つ目のポイントは「担当者は合わなければ変えてもらう」というものです。転職エージェントを利用する目的は、あくまでも「より自分に合った転職先を見つけること」です。

それがかなわないのであれば、積極的に変えていくことが必要だと言えるでしょう。

単純に性格が合わない場合もあれば、提案してくる求人に満足ができない場合など、いろいろあると思います。

少しでも「違う担当者の方が良いな」と思ったら、変えてもらうように働きかけましょう。

自分から積極的に動く

3つ目のポイントは「自分から積極的に動く」というものです。大手の転職エージェントになればなるほど、「転職してくれそうな希望者」を優先的に扱います。

例えば「エージェント利用が1ヶ月前の転職希望者」と「エージェント利用が2日前の転職希望者」であれば、積極的に後者の希望者を扱いますよね。

それは利用日が1ヶ月前だと、すでに転職先が決まっている可能性があると判断するからです。

自分の優先度を上げるためにも、自分から積極的に動くようにしましょう。

和歌山県主催の「転職フェア・イベント」に参加してみる

そして、4つ目のポイントは「和歌山県主催の”転職フェア・イベント”に参加してみる」というものです。

和歌山県への転職を考える人の多くは「Uターン転職」や「Iターン転職」です。特に、Uターンにおいては「都心から和歌山県、そして都心」という場合もあるでしょう。

しかし、そういった決断をするのは容易ではありません。そんなときに有効なのが「転職フェア・イベントに参加してみる」というものなのです。

転職フェア・イベントというのは、「和歌山県で働くというのはどういうことなのか」ということを知ることができるイベントで、和歌山県での職場体験や転職相談などを行うことができます。

和歌山県での転職に失敗したと感じる人の多くは「予想以上に田舎だった」など、「実際に行ってみたら想像と違った」という場合です。

そういう点においても、かなり「転職フェア・イベント」は有効であると言えます。一度、参加してみてはいかがでしょうか?

和歌山県に拠点を置く転職エージェント!おすすめ5選

さいごに、「和歌山県に拠点を置く転職エージェント」について、ご紹介します。

和歌山県に拠点を置く転職エージェントは、全国展開している大手の転職エージェントばかりなので、メリット・デメリットと、実際に利用した方の口コミをしっかり把握して、参考にしてみてください。

サポート体制が手厚いパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

45歳男性

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

25歳女性

履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

大手転職エージェントのマイナビエージェント

マイナビエージェント

利用者との対話を重視しているマイナビエージェントでは、面談によるサポートが充実しています。

面談には回数制限がありませんし、利用者の都合に合わせて夜間や土曜日の面談も可能です。

もちろん、拠点が遠くて面談に参加できない場合には、これらのサポートを電話で受けることができますので、地方在住者や忙しい主婦にも便利です。

マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

24歳女性

面談が充実しており、希望の求人条件をしっかり共有した上で転職活動を行えました。面接対策が充実してました。

21歳女性

転職エージェントの方からも私の強みを伝えて下さり、面接もスムーズでした。就職後も職場に対して不安な事など相談にのっていただけました。

など、特に面談によるサポートやアフターフォローを評価する声が多数ありました。

マイナビエージェントでは、再就職までのサポートはもちろんのこと、就職後の不安なことを相談できるといったアフターフォローも充実しています。

主婦の再就職の場合、内定を貰うまではもちろんのこと、就職後も何かと不安が多いものです。

そんな不安を解消できるアフターフォローは、まさに主婦の味方と言えます。

働きながらの転職活動にはdoda(デューダ)

doda

大手人材会社、パーソルキャリアが運営する転職エージェントがdoda(デューダ)です。求人数は全国トップクラスで、非公開求人数も8~9割と非常に高い数値となっています。

さらにdodaでは、普段仕事などで忙しいという方向けに企業から直接オファーが届くサービスを実施しています。

キャリアに自信のある方であれば大手企業からのオファーが得られる場合もありますので、「まだ今の仕事を辞めていないため忙しい!」という方でも安心です。

dodaはサポート面での評価も高く、dodaを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳男性・システムエンジニア

大手ということもあり、求人の量及び質についても十分っであった。この点は大きなメリットであった。また面接対策についても真摯にむきあっており、好感がもてた。

35歳女性・金融

大手の転職エージェントであるため他の会社と比較して多くの求人が存在するところ。また、量だけでなく求人の質も優れているものがあった。

など、特にサポートの良さに対して評価する声が多数ありました。レスポンスも早く、調整をしっかりと行ってくれるところも高評価となっていました。

求人数、サポート力ともに非常にバランスの取れたエージェントですので、迷っている方は登録しておくとよいでしょう。

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳・男性 小売販売員

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳・女性 一般事務

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

和歌山県への転職はエージェント利用がカギ!ポイントを押さえた賢い転職を

いかがだったでしょうか?今回は「和歌山県への転職」というテーマで、「和歌山県にはどんな転職エージェントがあるのか」「平均年収はどのぐらいなのか」「そもそも転職はしやすいのか」など、いろいろな視点から見てきました。

和歌山県の有効求人倍率は1倍を超えており、比較的転職しやすい県でした。平均年収・働きやすさを見ても、転職に向いていると言えるでしょう。

転職エージェントに関しては、いろいろな部分で当たり外れがあるので、複数の転職エージェントを上手に使いこなし、進めていく必要があります。

上記でご紹介したポイントを参考に、納得の行く転職を行っていってください。