山形県で転職を成功させる!おすすめの転職エージェント6選

Uターンを希望していて「故郷で働きたいと考えているけど、うまくいくか心配…」と悩みを抱え、転職活動に積極的になれない方もいるのではないでしょうか?

そのような心配を払拭してくれるのが「転職エージェント」です。転職エージャントの選び方は、コンサルタントとの相性も大切ですが「求人の量や質」「アドバイスの質」「サポート体制」も注目すべきポイントです。

地方の求人件数は都心と比較すると求人件数は少ないので「求人の量」は、転職活動に大きな影響が与えます。

このページでは、山形県で転職を成功するためのオススメの転職エージェントを紹介します。

目次

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

山形県は転職者にとって、どんな場所か?

山形県へ転職を希望されているあなたですが、山形県は転職者にとって、どのような場所なのかを基本情報を解説します。

山形県の特徴

山形県は、約6割が山地となっています。1年間の気温は関東地方と変わりがありません。東北地方は特別豪雨地帯と指定されていますが、山形県は雪解けがはやく、積雪量が少ない都道府県です。

主要の駅は「山形県」「米沢駅」「酒田駅」「新庄駅」です。県庁の所在地になる山形市には、約25万人の方が定住しています。

山形県の仕事事情

山地の山形県の仕事事情は「はえぬき」や「米沢牛」などの代表的な稲作や牛の第一次産業を主体となります。第一次産業を主体として食品工業も栄えています。

山形県に本拠点を構える企業は非常に少ないです。家業で農業をされている世帯が多いのも山形県の大きな特徴です。

山形県の年収

統計情報リサーチの調査結果によると、山形県の平均年収は371.4万円になります。全国平均年収が420万円なので、山形県の年収は低いです。平均年収の高さは47都道府県中42位です。

東北地方6県の中では3位になります。内訳を確認してみると【平均月収26.2万円】【賞与56.1万円】となります。

山形県の年収の特徴は、リーマンショックの影響を受けないことがあげられます。

都心で働いていると、リーマンショクの影響により、年収が大きく下がります。しかし、山形県の平均年収は影響を受けません。平均年収推移は10年間横ばいです。

これらの理由から、山形県は平均年収こそ低いですが、手堅く安定的な仕事がある都道府県であるといえます。

山形県の有効求人倍率

厚生労働省が公開している統計によると、山形県の有効求人倍率は【1.40倍】となっており、求人数の多さは47都道府県中21位です。全国の有効求人倍率は【1.42倍】なので、山形県は平均的であることが分かります。

同じ東北地方にある都道府県の有効求人倍率と比較すると低い傾向にあります。山形県にUターンを希望したとしても、仕事を探すのはやや難しいことが、有効求人倍率からわかります。

山形県で転職するメリットとデメリット

山形県に定住をした場合は、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?転職を行うには計画性が大切です。

メリットとデメリットを比較してデメリットが多い場合は、転職を再検討しましょう。

山形県で転職するメリット

ここでは、山形県へ転職をするメリットを紹介します。

大都市と比較すると、圧倒的に生活費が安い

大都市から地方に転職して定住する場合に、驚かされるのは生活費の安さです。家賃や食費、生活雑貨など、さまざまな面で生活費の安さに驚くはずです。

とくに大都市と比較して圧倒的に安く抑えらえる出費は家賃です。都心の平均家賃はワンルームでも約7万円となりますが、山形県は同等の家賃を支払えば、駐車場付きの3LDKに住むことができます。

ストレスの少ない生活を送ることができる

地方に移住をすると得られるものが、低ストレスな生活です。

都心に住んでいると24時間営業の店などが多く、治安が悪いことも多いです。また、自然は街路樹のみで自然と触れ合う機会が少ないです。

そのような都心の暮らしは、知らずの内にストレスを蓄積しています。地方へ移住された方は「生活が変わった」と回答する人も多くいます。

地方に根付く企業は、大都市の企業のようにハードワークになる企業は少なく、日が変わるまで残業をしている企業はほぼありません。

地方は、コミュニティが狭いので、異常な労働環境の企業は噂になります。だから、地方はブラック企業と呼ばれる企業は必然的に少なくなるのです。

通勤ラッシュから解放される

都心で働く際に必ずあたる通勤ラッシュから解放されることも、地方に転職する際のメリットです。大都市の通勤ラッシュは、経験したことがないビジネスパーソンにとっては、想像できないほどのストレスです。

特に大都市のベッドタウンとなっている地域からの路線の通勤ラッシュにより、鬱になる人も出ているのです。

山形県だと車通勤を利用している人も多く、通勤でのストレスは大幅に激減されます。

山形県で転職するデメリット

ここでは、山形県へ転職するデメリットを解説します。

転職求人数が少ない

山形県へ転職を考える際に、大きなデメリットになることが求人案件数の少なさです。

山形県の有効求人倍率は1.40倍で全国的な平均値になります。しかし、経済的に満足できる求人案件数は少ないです。

本社機能を持つ企業も数多く存在しますが、伝統的な企業であるほど新卒採用を重視されます。

求人案件数が少なければ、条件に見合う仕事に就ける可能性は低くなります。また、転職後に企業とミスマッチがあり退職してしまった場合、次の仕事を見つけることも大変です。

求人の種類が少ない

山形県は、第一次産業を主流としたビジネスが盛んです。実家の農業を引き継ぐなどの場合の移住は良いと思います。しかし、Uターンで転職を希望している場合は、理想の求人を見つけることは至難の業です。

山形県は本社機能を持つ企業は少ないので、法務・経理・総務・人事というコーポレートな業務を見つけることは難しいです。

また、採用倍率も高くなります。これらの職種に就きたいと考えている方は、山形県への転職を見直したほうが良いです。

年収は下がる可能性が高い

山形県へ転職をしたいと考えているならば、年収は下がると覚悟しておくことが大切です。

山形県の年収は平均371.4万円で、全国の平均年収420万円より低いです。平均年収の高さは47都道府県中42位です。

平均年収の低さの要因は、人材が余っていて給与水準が低い・専門職が少ない・企業規模が小さいなどが挙げられます。

また、大都市のような成果報酬主義が浸透をしていないため、平均年収は年功序列型でゆっくりと上昇していく傾向が見られます。

努力に見合う報酬が欲しいと考えている方は、山形県への転職を見直したほうが良いです。

地方ならではのコミュニティに慣れる必要も

地域ならでの風習に慣れることも必要です。都心で生活をしていると、住んでいるマンションの住民と話す機会は極めて少ないです。しかし、地方に定住をした場合はコミュニティへの参加が求められます。

町内会の参加を断ったことで、その地域に居づらくなってしまうような話は良く聞きます。

「郷に入っては郷に従え」という諺があるように、地域ならではのコミュニティが存在することを理解しておきましょう。

山形県で転職を成功させるポイント

残念ながら、山形県で働きたいと考え出しても、誰もが希望の仕事に従事できるわけでなく転職に失敗して後悔する人もいます。ぜひ、以下のポイントを試してみてください。

転職理由を明確にしておくこと

転職の理由については、どこの企業の面接でも聞かれます。

大都市から地方に転職をする場合は、必ず「なぜ、山形県で働こうと思ったのですか?」という質問が投げられます。

「地元に帰ってきたいと思ったからです」と回答すると「都心で仕事をすることができなかった」と勘ぐられてしまいます。

これまでのキャリアや仕事経験、今後はどのようなキャリアを築いていきたいのかを考えた上で、その機会が山形県にあることをアピールできるように準備をしておきましょう。

山形県で転職しなければ解決できない問題なのか検証する

あなたが、山形県で転職したい理由が「人間関係で悩んでいる」「今の仕事にやりがいを感じない」だった場合、山形県で転職をしなくても解決することができる可能性があります。

今の生活を変えることなく問題を解決することができるのであれば、現在地での転職も検討してみましょう。

理由は、友人関係や住環境が変わることは、想像以上のストレスになってしまうからです。現在地での転職を考えてみて、解決できないようでしたら、山形県で転職を考えてみましょう。

自己分析を徹底的に行うこと

大都市から山形に戻って転職をする場合は、「どうして、山形県で働こうと思ったのですか?」と転職理由を必ず聞かれます。また、地方での転職活動も「これまでの仕事の経験」や「今後のキャリア」などに聞かれます。

山形県に移住までしてきて何をしたいのか、どのような力で会社に貢献することができるのか、面接で尋ねられてもアピールできるようにしておきましょう。

過去、現在、未来のそれぞれの側面から分析を行っておくことが大切です。

山形県で開催される転職フェア・イベントに参加をする

山形県で転職をすることを決めた場合は、休日を利用して、山形県で開催される転職フェアやイベントに参加してみましょう。

実は、地方で開催される転職フェアやイベントに積極的に参加をして、企業側の担当者と話をしても、面接時に有利になることはほとんどありません。

それらの理由により、転職フェアの参加を通常はおすすめできません。

しかし、UターンやIターンを希望する方は別です。理由は、山形県で転職した失敗例として「想像をしていた以上に田舎であった」「企業の風土に合わなかった」などのミスマッチが頻繁に起こります。

だから、一度だけで構わないので、山形県で開催される転職フェアやイベントに参加をして、山形県で仕事をする姿をイメージしてみることが非常に重要になってくるのです。

転職サイトではなく、転職エージェントを利用する

地方で転職を考えだした転職者は、「まずは、山形県の求人を見てみよう」と求人サイトの会員登録を行っていきますが、これは大きな間違いです。

求人サイトで、希望に合った企業を見つけて書類選考を通過して、山形県まで面接を受けに行ったとしても、面接で落とされてしまうこともあります。

面接で不合格となった場合は、面接の際に発生した行き帰りの交通費が莫大にかかります。交通費が無駄になってしまうのです。

地域で転職を考えている転職者ほど利用を検討してみましょう。

会員登録をすると、無料で転職の相談に乗ってくれます。山形県の企業の求人の紹介から、企業との面談のセッティング、給与などの待遇面での交渉などのサポートを受けることができます。

山形県での転職に転職エージェントがおすすめな理由

ここでは、なぜ転職エージェントを利用すると山形県で転職しやすくなるのかを紹介します。

書類の通過率が高まる

UターンやIターンを希望する転職者は、想像以上に書類選考が通過しません。大手の転職サイトを利用しても、100通応募をして書類通過するのは1通程度でしょう。

理由としては、一般的に「UターンやIターンを希望している転職者は、相当な理由がない限りは採用しない」という企業側の考えがあるからです。

「業界経験が長い」ことや「専門知識を身につけている」「マネジメント経験をしている」など、企業側が採用したいと思うような強みがないと地方に転職することは難しいです。

しかし、転職エージェントを利用すると第三者の立場のコンサルタントが、企業側にアプローチをしてくれます。コンサルタントの手厚いサポートを受けることにより、書類の通過率が高まります。

エージェントしか知らない情報をもらえる

地方の企業の求人案件数は少ないことから、UターンやIターン希望者は厳しい戦いが続いていきます。地方への転職活動を成功へ導くためには、なによりも「情報」が大切になってきます。

転職エージェントの企業は、転職希望者を無事に転職させることで売上を上げることができます。だから、転職希望者の方に有益になる情報を多く提供してくれるのです。

エージェントが開示してくれる情報の中には、求人票では知ることができない貴重な情報が多いです。

自分の仕事の経験やキャリアを見直せる

転職エージェントでは、キャリア面談を初回に実施することが多いです。キャリア面談を実施後に希望に合った求人を紹介してもらえます。

転職のプロフェッショナルと一緒に、自分の仕事の経験やキャリアを見つめ直すことができます。

失敗することができないUターンやIターンであるからこそ、キャリアコンサルタントと入念なキャリアの棚卸しが必要になるのです。

面倒な手続きを代理で行ってくれる

転職をする場合は、通常は履歴書や職務経歴書を自分自身で記入しなければいけません。転職エージェントを利用して転職を開始すると、下記の手続きを代理してもらうことができます。

サポート内容

履歴書・職務経歴書の作成(添削)/求人探し/求人の応募手続き/面接の日程調整/配属先の交渉/給与・ポジションの交渉/雇用契約書の確認/入社関連手続き/

面接以外では企業と直接やりとりすることはほぼありません。

目的別や状況別で選ぶ転職エージェント

目的や状況に合わせて、自分に合う支援を提供してくれる転職エージェントを適切に選択することが大切です。目的に合う転職エージェントを選ぶことによって、山形県での転職を成功させることができます。

大手総合型転職エージェント

ここでは、大手総合型転職エージェントが転職を成功に導いてくれる理由を紹介します。

「転職ノウハウ」が圧倒的に多い

実績が豊富なので、あなたの希望する条件に合う求人を紹介してくれます。また、書類選考突破するノウハウを保有しており、面談へと繋がる確率が高いことが大手総合型転職エージェントの特徴です。

また、全国各地に拠点を持つため、地域に特化した転職エージェントと比較すると圧倒的な実績を持っているのです。そのため、転職を成功させるためのノウハウを丁寧に教えてくれます。

求人案件が圧倒的に多い

大企業の求人に良くある話が「東京や大阪で求人を掲載しているので、地方の求人も掲載したい」というものです。それらの理由により、大手総合型転職エージェントが山形県の大企業の求人も独占している場合があります。

また、中小企業の場合であっても「大手だから信頼ができる」という理由により、求人を掲載していることも多いです。

転職は人生を左右する大きな分岐点になります。自分に最適な転職をするためにも、多くの求人案件を獲得しておくことが大切です。

地域特化型エージェント

山形県での転職が絶対条件という転職者の方は、地域特化型エージェントの利用もおすすめです。ここでは、地域特化型エージェントが転職を成功に導いてくれる理由を紹介します。

山形県内の企業への転職支援実績が豊富

地方では、小さなコミュニティを作りあげていることが多いです。

山形県での転職支援実績が豊富である地域特化型エージェントであれば、地元企業からの信頼も厚く、大手総合転職エージェントに掲載されていないような優良企業の求人も多く掲載されています。

地元の優良企業の非公開求人案件も多数取り扱っています。

また「独占求人」とも呼ばれる他の転職エージェントでは見かけない求人も豊富に取り扱っているので、大手求人サイトを見飽きてしまった転職者の方でも応募したくなるような求人を見つけることができます。

地元でしか知り得ない情報を得られる

地域特化型エージェントを利用すると、地元でしか知り得ない情報を得ることができます。

働きたい地域や職種が明確に定まっていない場合でも、地域に詳しいキャリアコンサルタントに相談をすることで理想の条件を明確にすることができます。

おすすめの転職エージェントを紹介

これまでの解説で、地方へ転職する際は転職エージェントを利用することの重要性を伝えてきました。

数ある転職エージェントの中でも、どこの転職エージェントを利用すれば良いのか悩む方もいると思います。

ここでは、おすすめの転職エージェントを大手総合型転職エージェントと地域特化型エージェントを分類して紹介していきます。

大手総合型転職エージェント

取り扱っている求人数が圧倒的に多いので、理想の転職を実現することができる大手総合型転職エージェントを紹介します。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

地域特化型転職エージェント

地域の特性など詳しく知っているキャリアコンサルタントがいるので、ミスマッチが起きにくいのが地域特化型転職エージェントの魅力です。ここでは、地域特化型転職エージェントを紹介します。

ヒューレックス

ヒューレックスは、仙台に本社を構えている東北地方に特化した転職エージェントです。転職サポート実績は、当方地方ではNo.1を誇ります。

山形県を含めた東北地方で毎月500名以上の方が利用しており、多くの転職を支援しています。

求人数は大手転職エージェントに劣りますが、山形の企業や地元の企業と強いネットワークを築いているので、大手転職エージェントで見かけることができない求人を見つけることができます。

求人の中には、好条件や好待遇が多いのもヒューレックスの魅力です。

しかし、ヒューレックスは山形県には支店を設けていないので、山形県で直接的なサポートを受けることができません。その点に関しては気をつけましょう。

キャリアクリエイト

キャリアクリエイトは、山形県に特化した地域密着型の転職エージェントです。案件数劣りますが、大手転職エージェントが取り扱っていない地場の企業の案件も豊富に取り扱っています。

キャリアクリエイトは、YAMAGATAMIRAILABを運営しており、そちらのサイトでも求人を閲覧することができます。

なによりも嬉しいポイントは、山形県で直接的なサポートを受けることができるということです。キャリアコンアルタントと対面をして、一緒に転職活動をしたいと考えている方におすすめです。

キャリアクリエイトの所在地

山形県山形市東青田二丁目10-9

奥羽本線山形駅より自動車で約15分

転職エージェントを有効に利用するための7つのポイント

ここでは、転職エージェントを有効に利用し、転職を成功させる秘訣を紹介します。

スカウトメールを依頼した場合は、こまめに連絡を入れる

転職エージェント側は、企業から求職者の採用依頼をされたとき、手元にあるデータベースを見ながら合う条件の転職者を見つけていきます。データベースの表示順番は「更新された順番」なのです。

だから、更新を怠っていると転職が決まった転職者として見なされるケースが多く、連絡が後回しにされてしまうのです。その結果、優良な求人案件を紹介してもらえなくなります。

だから、スカウトメールを依頼した場合は、こまめに連絡を取るようにしてデータベースにある登録情報を更新してもらうようにしましょう。

「良い条件の会社あれば、いつでも転職したい」と伝える

転職エージェントのキャリアコンサルタントも、毎月、目標の売上を立てることに追われています。キャリアコンサルタントは初回の面談時に転職時期を必ず聞いてきます。そのときに「良い条件の会社あれば、いつでも転職したいです」と伝えておきましょう。

そうすることで、転職を希望しているあなたを内定させることで売上に繋がると考えて、優先順位を上げて、多くの仕事を紹介してくれます。

担当者との相性が合わない場合は変更する

一生懸命、熱心に取り組んでくれたからという理由で、キャリアコンサルタントに情を移してはいけません。

性格が合わなかったり、知識に不安を感じた場合には、担当者は変えてもらうようにしましょう。担当変更がどうしても言いづらい場合は、他の転職エージェントに切り替えるのも1つの方法です。

経歴やスキルに嘘を記載しない

登録した情報や担当者と会話した内容は、全て情報として残ります。転職エージェントで良く起きるのが、数年前の登録情報と情報の内容が異なるというトラブルです。

このような場合は、虚偽の報告をしたと扱われるので、経歴やスキルに嘘を記載しないよう気をつけましょう。

推薦文は必ず確認する

ほとんどの転職エージェントでは、キャリアコンサルタントが推薦文を書き、企業側に提出をします。

あまり優秀ではないキャリアコンサルタントの場合は履歴書や職務経歴書をそのまま写すだけということもあります。

そこで「面接時と相違があると困るので、推薦文をお送りいただけませんか?」と声をかけて、推薦文を送ってもらいましょう。推薦文は転職を左右するので、必ず確認をとることが大事です。

同じ求人に複数のエージェントから応募しない

複数の転職エージェントを併用して利用している場合、同じ案件には複数のエージェントから応募しないようにしましょう。

なぜなら、企業から「他の転職エージェントからも応募してきているけど」と担当に連絡がいってしまうからです。

すると、キャリアアドバイザー両者に不信感を与え、場合によっては破談となります。

手厚いサポートが受けられなくなる可能性もあるので気をつけましょう。

転職エージェント比較検証のまとめ

サイト名登録料拠点求人数非公開求人数
リクルートエージェント無料なし184件多数あり
doda無料なし385件多数あり
Spring転職エージェント無料あり127件多数あり
ヒューレックス無料なし167件多数あり
キャリアクリエイト無料あり30件多数あり

上記の表の求人件数は、各転職エージェントが取り扱っている山形県の求人件数です。

《山形県での転職をスムーズに進めるポイントはこれ!》

いかがでしたでしょうか?UターンやIターンを希望して山形での転職を希望する場合、転職サイトでは書類選考も通過しないのが現状です。

山形県で転職を考えている場合は、転職エージェントを積極的に利用しましょう。

転職エージェントに大型総合型転職エージェントと地域特化型転職エージェントがあります。それぞれにメリットとデメリットがあるので把握して利用することで、希望に合う仕事を見つけていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です