転職で後悔する8つのパターン

転職を考えているのですが、後悔しないか、不安です…。
転職は前向きなものと捉えがちですが、中には転職をして後悔をしてしまったという人も少なくありません

キャリアコンサルタント

そうなんですね…。どういったことを後悔しているのでしょうか?
はい。この記事では、そんな「転職をしたけれど、後悔をしてしまった」という人の理由について詳しくご紹介しています。

キャリアコンサルタント

ぜひ参考にして、ご自身の転職に役立ててみてください。

キャリアコンサルタント

転職は誰だって失敗したくないですし、後悔したくないものです。しかし、実際に転職をした人の中には「前の職場に残っていればよかった」「こんなはずではなかった…」と後悔してしまう人も少なくありません。

失敗しない転職を叶えるためには、実際後悔している人の理由を知り、それを未然に防ぐための準備をすることが大切です。未然に準備ができていれば、理想通りの新たな職場探しを叶えることができるでしょう。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

転職で後悔する8つのパターン

後悔してしまう理由は、人によって異なります。しかし、ある程度理由は絞られてきます。ということは、その理由を事前に知っていれば、同じ様な失敗を防ぐことができるということです。

では、後悔している人は、どんな理由で後悔をしているのか、ご紹介しましょう。

1.以前の職場よりも労働時間が長くなった

新たな職場を求めている人の中には、「自分の力を試したい」「新しい環境にチャレンジしたい」と考えている人もいるのではないでしょうか。こういった前向きな理由は理想的です。

しかし、新たなスキルアップ、新たな環境を求めることで、以前の職場よりも仕事の幅、量、質が変化することで労働時間が長くなることも少なくありません。「好きな事であれば、多少辛くても大丈夫」と思っていた人でも、毎日のように残業が続けば「続けるのが難しい」と感じるはず。

仕事をする上で、やりがいや向上心というのはとても大切ではありますが、それを求めるが故に過酷な環境を選んでしまう可能性もあります。「スキルアップはしたいけれど、プライベートの時間も大切にしたい」と思うのであれば、事前に残業状況、休日状況などもしっかりと確認しておくことが必要です。

2.人間関係が悪い

職場の人間関係というのは、とても大切なもの。どんなに好きな仕事ができていても、人間関係が悪い環境では仕事もしづらくなるでしょう。収入がどんなに良くたって、いじめなどがあるような職場であれば、長続きはしません。

実は、失敗したと感じている人の中には、「新たな職場は、人間関係が悪い」と感じている人が少なくありません。職場の人間関係は、実際に働いていみないと分からないことが多いため、働いてから人間関係の悪さに気づく人も多いもの。

こういった人間関係で苦しまないためには、事前に職場環境を確認することが必須。面接時、職場の雰囲気をじっくりと観察してみましょう。和気藹々とした雰囲気が漂っているのか、ピンと張りつめた空気が漂っているかを確認するだけでも、状況を把握することができます。

自分で判断するのが難しいと感じるのであれば、エージェントなどを利用し、事前に人間関係なども確認できる転職活動をすることがおすすめです。

3.収入が減った

転職をしたいと考えている人の中には、今までとは違った業種、業界への転身を考えている人もいるのではないでしょうか。中には、「ずっと憧れていた職種にチャレンジしたい」と考えている人もいるでしょう。

こういった人が陥りやすいのは、収入面での失敗。「好きな仕事ができるのであれば、収入は多少低くても大丈夫」と思っていても、実際に仕事をはじめ、新たな生活がスタートすると「生活が苦しい」「これでは、生活がままならない」と後悔することもあります。仕事をする上で収入というのはとても大切なものですから、「収入が減っても、この仕事をしたい」という強い意思がなければ、後々失敗したと感じるでしょう。

特に、今まで高収入を得ていた人は要注意。「収入よりも、仕事を重視したい」と思っていても、生活水準を落とすことはなかなか難しいですから、それなりの覚悟が必要です。

4.やりたい仕事が思うようにできない

新たな職場を希望している人の中には、「自分のスキルを試したい」「今よりも、もっと大きな仕事に携わりたい」と思っている人もいるでしょう。新たな環境で自分の力を試し、更にスキルアップすることができれば、仕事へのモチベーションはもっとアップするはずです。

しかし、そんな人の中には「思っていたように、仕事を任してもらえない」といった不満を感じている人もいます。企業によっては、どんなにスキルがある人材であっても、年功序列といった環境もあり、思うようにスキルを発揮できないという人もいるでしょう。せっかくスキルを生かそうと転職をしたにも関わらず、そのスキルを発揮できる場すら与えられない職場であれば、失敗したと感じてしまうのは当然です。

こういった失敗をしないためには、企業の方針や環境などをあらかじめ確認しておく必要があるでしょう。

5.社風が合わない

後悔してしまう人の中には、「新たな職場の社風が、どうしても合わない」という人もいます。同じ業界、同じ職種であっても、社風は企業によって様々ですから、万が一自分合わない社風の企業に移ってしまった場合には、後悔してしまうこともあるでしょう。

年功序列を最優先する企業もあれば、スキル重視の企業もあります。古くからの社風で、職場のイベントが数多くある企業もあるでしょう。

こういった社風が合わないと失敗しないためには、事前にその企業について情報収集をすることが欠かせません。どんな社風があるのか、どんな人が働いているのかなどを確認しておくことで、後々後悔することはなくなるはずです。

6.仕事がキツイ

憧れの企業に転職できれば、誰だって嬉しいものです。しかし、憧れの企業に転職できた人の中には、後々失敗したと感じる人もいます。周りからは、「あの企業で働けるなんて、羨ましい」と言われながらも、実際は「仕事が思った以上にキツイ」と感じ、後悔している人も少なくありません。収入、待遇が良く、知名度の高い企業であればあるほど、それなりの責任ある仕事、与えられる仕事量も多くなるでしょうから、プレッシャーに押しつぶされそうになる人もいるでしょう。

逆に、「この企業であれば、今までよりもプライベートを充実できるだろう」と思っていたはずの企業で、今まで以上に過酷な労働を強いられることもあります。規模が小さく、社員数が少ない企業であれば、一人に与えられる仕事量も多くなるため、休憩すらままならないこともあるでしょう。

こういった企業を見分けるためには、面接時に残業や仕事量などをしっかりと確認しておくことが大切。労働時間、休憩や残業、休日面について確認し、自分に担える仕事なのかどうかを判断する必要があります。

7.上司が厳しい

仕事をする上で、上司の存在というのはとても大きなものです。できる上司、尊敬できる上司であれば、「この上司に、ついて行こう」と思えるでしょう。「この上司のように、仕事をこなせる様に頑張ろう」と前向きに思えるのではないでしょうか。

しかし、単に厳しいだけの上司であれば、そうはいきません。何かあるごとに怒鳴られたり、暴力をふるうなどの行為があれば、当然「この上司についていこう」なんて思うことができないでしょう。

こういった後悔をしないためには、面接時に実際に働いている社員を確認することが大切。みんな生き生きと仕事をしているか、楽しそうに仕事をしているかをチェックすることで、どんな環境なのかを確認することができるでしょう。

8.仕事内容が向いていない

新たな職場を探そうと考えている人の中には、今までとは違った職種を考えている人もいるでしょう。そんな人は、後々「失敗だった」と感じる恐れがあるため注意が必要。

実は、転職後に後悔している人の中には「仕事内容が合わなかった」と言う人もいます。憧れの職種、憧れの業界であっても、実際に働いてみると「思っていた仕事とは違った」と感じることもあるということです。

憧れの職場や業界で働いている人を見ると、「楽しそう」「生き生きと仕事をしていて素敵だな」と感じますが、自分に向いているかどうかは分かりません。憧れている仕事や業界が、必ずしもあなたに合うとは限らないということ。

後々「失敗した」と思わないためには、改めてその仕事や業界のことを知り、自分に合っているのか冷静に向き合う必要があるでしょう。

たかが転職と侮れない!転職に後悔し、鬱になるケースも。

転職先で仕事をスタートさせた人の中には、数か月で「失敗した」と後悔している人もいます。そんな人の中には、鬱に陥ってしまう人も。

「どうして、転職なんてしてしまったのだろう」「前の職場の方で働くべきだった」「今の職場で、仕事を続ける自信がない」といった思いから、どんどん気力を失い、仕事へ行くことすらままならなくなる人もいます。

そんな人は、長い目で見て新たな職場を見つめ直しましょう。「収入が減った」「残業が増えた」といった悪い面ばかりではなく、良い面も見ることができれば、数年後どういったメリットがあるのかも見えてくるはず。

しかし、体調に何らかの支障を来しているのであれば、無理をする必要はありません。無理をしてしまうと、働くことさえできなくなり、更なる転職すら行うことができなくなります。信頼できる友人や家族に相談する、メンタルクリニックに行くなどして、早めに対処するようにしましょう。

転職で後悔しないための3つのコツ

新たな職場を得たにも関わらず、後々後悔するというのは避けたいもの。思い切って転職したのであれば、後悔なく仕事を続けたいものです。「思い切ってチャレンジして良かった」と誰だって思いたいでしょう。

では、失敗しないためにはどうすれば良いのでしょうか。

転職理由を明確にする

新たな職場を探そうと考えた時、後々後悔しないためには「なぜ、新たな環境を考えているのか?」を冷静に考える必要があります。安易な気持ちでチャレンジしてしまうと、後悔する可能性が高まります。

「人間関係が悪いから、もっと仕事がしやすい環境に移りたい」「収入を上げるために、新たな職場を探したい」と考えている人は、新たな環境ではそれを必ず叶えることができるのか、それを叶えるためのスキルを持ち合わせているのか、じっくりと考えてみましょう。

「更なるスキルアップのために、新しい環境にチャレンジしたい」「前から憧れていた業界に挑戦してみたい」といった人は、それを叶えるための経験やスキルを積んできているのか、客観的に見つめ直す必要があります。

軽い気持ちで転職をしてしまうと、リスクは高まります。客観的に見ても、「今が転職のタイミング」と判断できたのであれば、そこから準備をはじめましょう。

情報収集をしっかり行う

失敗しないためには、何よりも情報収集が欠かせません。今、業界はどういった状況なのか、転職状況はどうなっているのか、希望する企業はどういった企業なのかなど、様々な情報を集めることが必要です。

こうして情報を集めることで、より具体的な準備をすることができますし、改めて転職への意思も確認することができるでしょう。

もちろん、情報収集をしっかりと行っておくことで、転職の失敗も防げるはずです。

転職エージェントを利用する

「絶対に転職で失敗したくない」と思っている人は、転職エージェントを利用することも一つの方法。

エージェントでは、新たな職場を紹介してもらえるだけでなく、様々なアドバイス、サポートを受けることができます。本来であれば、なかなか確認しづらい職場環境や収入面の交渉なども行ってくれますから、不安なく新たな環境で仕事をスタートさせることができるでしょう。

エージェントは無料で利用することができますから、上手に利用すれば、きっと大きなメリットを得られるはずです。

転職で後悔しても前の職場に戻るのは難しい

転職し、新しい仕事がスタートした人の中には、「元の職場の方が良かった」「元の職場に戻りたい」と後悔している人もいます。転職先によっては、戻りたいと思うほど悔やむ人もいるはず。

しかし、実際には出戻りというのは可能なのでしょうか。一度辞めた職場に戻るというのは、それはそれでなかなか勇気がいるものです。

では、出戻りについてご紹介します。

出戻りが可能なケース

新たな職場に移ったにも関わらず、元の職場に戻るというのは稀なこと。出戻りできるには、それなりの理由があります。

その一つは、あなたの能力が企業にとって必要と思われている場合。あなたが辞めてから、職場であなたの存在の大きさを知り、「戻ってこないか」と打診されるケースがあります。あなたも新しい職場が「合わない」と感じ、後悔しているのであれば、その打診を受けるのは可能。しかし、戻るからには会社の期待に応える仕事をこなす覚悟が必要です。

また、上司などとコミュニケーションが取れていた場合には、あなたの今の状況を知り、同情などから「戻ってきてもいいよ」と声がかかることもあるでしょう。同情や情けなどで、こういった声をかけてもらった時には、戻っても肩身を狭い思いをする可能性があるため、これらも踏まえた上で出戻りする必要があります。

出戻り可能な期間とは?

出戻りは、場合によっては可能です。しかし、辞めてすぐに戻るというのは避けた方が無難。

会社には、様々な人が働いており、様々な意見があります。当然、出戻りのあなたを良く思わない人もいるでしょう。転職するといって辞めたにも関わらず、一カ月程度で戻ってこられては、他社員は戸惑ってしまいます。

辞める時には、引き継ぎなどで周りに迷惑をかえているはずですから、出戻りはある程度期間をおいたほうが無難。できれば、3年ほど時間が空くのが理想的です。

3年も経てば、会社の雰囲気や状況も変わってきますから、他社員も納得してくれるでしょう。

出戻りは最後の手段と考えよう

転職先の仕事に慣れない、どうしても環境が合わないという場合には、「前の職場にいればよかった」と後悔するものです。しかし、一度は「この職場を辞めたい」と思い、行動に移したはず。出戻りしたいと思っても、その時の気持ちを考えれば、出戻りは最後の手段と考えるべきです。

もちろん、短期間で転職を繰り返すというのはなかなか大変なものです。これから更に活動するとなれば、不安は大きいでしょう。しかし、それもあなたが決めた道ですから、改めて活動をはじめるのが基本。

何度チャレンジしてもなかなか新しい転職先が見つからない、強い打診があるという時には、最後の手段として出戻りを考えましょう。

転職で後悔しないためにおすすめする転職エージェント3選

一人で活動をするというのは、なかなか心細いもの。特に、はじめての転職と言う人にとっては、分からないことが多いですからエージェントは心強い存在となるはずです。

では、おすすめのエージェントをご紹介しましょう。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

最後に

後悔しない転職を叶えるためには、実際に「失敗した」と感じている経験者の声を聞くことも大切。どんなことで「失敗した」と感じているのか、事前に知ることができればそれを防ぐための準備をすることができるでしょう。

そして、この事前準備があなたの活動を支えてくれます。失敗をしないための未然準備ができれば、同じ様な後悔をすることはありません。

まずは、改めてなぜ、今、転職をしようと考えているのかを客観的に考えた上で、準備をはじめましょう。