退職願・退職届の正しい書き方と提出方法【テンプレート付き】

今現在、退職を考えていますが、退職届の書き方がわかりません。
元キャリアコンサルタントが作成した「退職届のテンプレート」をダウンロードすれば、簡単に作成できますよ。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。初めて退職届を作成するので、気になることがたくさんあります。他にも退職に関することで悩みがあるのですが、どうしたら良いですか?
ここでは、退職届に関する疑問を解決するとともに、気を付けるポイントと、退職に関する悩みを聞いてくれる相談相手をご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

退職を考え始め、いざ心が決まった時に、退職届をどう書けば良いかわからないと思う人も多いのではないでしょうか。ましてや退職に関することなど、社内の人には相談しづらいでしょう。

ここでは、元キャリアコンサルタントが「すぐに出せる退職届のテンプレート」を紹介するとともに、出すタイミングや日付など、具体的に気を付けるポイントも紹介していきます。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

退職願・退職届を書く前に!絶対に知っておきたい退職マナー

自分で一生懸命書いた退職届が間違っていて、書き直しを求められたりするのは、非常に社会人として恥ずかしいことです。退職届に関する常識とマナーを解説していきます。

退職届の常識とは?

退職願と違い、一度提出したら取り返しがつきません。提出する際は、慎重に行いましょう。

会社にもよりますが、退職願の提出は求められることは少ないですが、退職届の提出は求められることがほとんどでしょう。1か月から2週間前には必ず提出するのが望ましいです。

しかし、ここで注意して欲しいのは、会社都合で退職する場合は、退職届の提出は必ずしも絶対ではありません。もし、退職届の提出を求められたら、退職届に「事業所閉鎖」や「早期退職推奨」など、あくまで会社側の都合であることを明記しておきましょう。

自己都合の退職と同じように「一身上の都合」とした場合、退職後に貰える失業保険の給付額が減ってしまいます。

マナー① いきなり退職届を提出してはいけない

自己都合での退職の場合、以下2つを確認します。

  1. 会社からの合意が得られているか
  2. 退職届の提出を求められているか

ほとんどの会社の場合、事務的な手続きで退職届を必要とします。おそらく提出を求められますが、退職日の2週間前になっても何もない場合は念のため確認しておきましょう。

マナー② 就業規則で退職届のことを確認する

会社によっては、退職届のフォーマットがあったり、書く内容を細かく定めているところもあります。入社時に受け取った就業規則を今一度見直してみましょう。

マナー③ 退職届を渡す相手は直属の上司である

いきなり社長に渡してはいけません。まずは、直属の上司に渡してから判断を仰ぎましょう。

但し、退職届に書くあて名は、社長の名前ですので、間違わないように注意してください。

退職願・退職届を書くときによくある質問

元キャリアコンサルタントが現場でよく聞いてきた、退職届に関する悩みトップ3を徹底解説します。

①退職届は手書きで作成するのと、パソコンで作成するのとどっちが良い?

基本的には、手書きが良いとされています。しかし、外資系の企業やIT系の若手社員が多くいる会社など、あまりこだわらないところもあります。

日本人独特の「誠意を見せる」という点では、手書きでの作成をお勧めします。後から紹介する退職届のテンプレートを参考にしてみてください。

②退職届を出すタイミングはいつがベスト?

基本的には、上司に「退職意思がある」ことを伝えた後、会社側に退職が認められた上で提出することが望ましいです。

いきなり提出するのではなく、会社から求められたら提出することがマナーです。(自己都合の退職の場合)

③一度提出した退職届が受理されません・・・どうすれば良い?

上司が忙しかったり、あなたに残って欲しい場合、受理されないといったケースもよくあります。労働基準法の観点からすれば、提出して2週間後には退職できるとされています。

しかし、誰しも円満退職を望むでしょうから、根気強く退職届の受理をお願いするとともに、それでも何も変化がない場合は、ハローワークや転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談するか、最終手段として「退職代行」というサービスも検討してみましょう。

具体的に見てみよう!退職願・退職届の正しい書き方・折り方・提出方法【テンプレート付き】

ここでは、実際に退職届のテンプレートをダウンロードできます。他にも、書き始める前に準備するものや気を付けるポイント、そして封筒への入れ方などを紹介します。

こちらからダウンロードしてください。

ダウンロード

準備するもの(手書きで作成する場合)

  • 白い便せん(B5がお勧め)
  • 長形4号、白無地の封筒(郵便番号枠なし)
  • 黒色のボールペンか万年筆
  • 印鑑

注意すべきポイント

  • 丁寧な字で書くこと
  • 一度、下書きをしてから本書きをすること
  • 修正ペンは使用しないこと
  • 誤字脱字のないようにすること
  • 縦書きで書くこと

退職届の書き方

①冒頭行

「退職届」と書きます。

②文の導入

「私儀」と書きます。

③退職理由

自己都合の場合

「一身上の都合」と書きます。

会社都合の場合

「会社倒産」「早期退職勧奨」「事業縮小」など、会社都合がわかるように明記しましょう。

④退職日

会社との合意の上、決めた退職日を書きます。西暦や年号どちらでも大丈夫です。

⑤文末の表現

「退職いたします」と書きます。

⑥届出年月日

実際に退職届を提出する年月日を書きます。

⑦所属と氏名

所属部署は、正式名称で書きます。名前はフルネームで書きます。

その後に、印鑑を押します。

特に注意する点
  • 自分の氏名が、⑧で書く社長の名前にできるだけかぶらないように、真ん中より下ぐらいから書き始めます。

⑧あて名

略さず、正式名称で書きます。社長の役職名と名前もフルネームで書きます。

敬称は「殿」か「様」のどちらでも大丈夫です。

退職届は封筒に入れよう

便せんの折り方

三つ折りにします。

  1. 便せんの向きは、書き出しが右方上にくるように置きます
  2. 下から上に3分の一折り曲げます
  3. 上から下に折り重ねます

封筒に書く内容

  • 表面には、大きく「退職届」と記入します
  • 裏面には、所属部署を正式名称で、名前はフルネームで書きます

封筒への入れ方

  1. 封筒の裏の上部に、書き出しの右方上がくるように、向きを調整してください
  2. のり付けをしてから、〆を書きます

退職届をメールで送るもしくは郵送する場合

郵送の場合

基本的には、手渡しを推奨しますが、けがや病気で直接渡せない場合は郵送しましょう。

注意点は、以下の4つです。

  1. 添え状を入れる
  2. 封筒は、郵便番号付きの白無地
  3. 封筒表面に、赤い字で「親展」と書く
  4. 郵便局の窓口から送る(切手料金の過不足を防ぐため)

メールの場合

退職届は、直接渡すもしくは、郵送が最低限のマナーです。

あまり聞きませんが、何らかの事情で会社からメールで送って欲しいと言われた場合に限り、対応しましょう。

内容を変えられないように、PDF化して送りましょう。

退職しようか悩んでいるなら、転職エージェントを活用しよう

退職を考え始めると、いろいろな悩みがでできます。そもそも円満退職するにはどう進めていけばよいのか、転職活動はどうやって行えば良いのか、考えれば考えるほどたくさん出てくるでしょう。

ここでは、退職に関して相談してはいけない相手と相談するべき相手を紹介するとともに、あなたに合ったお勧めの相談するところを紹介します。

退職の相談をしてはいけない人

退職のことで悩んだら、まず誰かに話したくなる気持ちがわいてくるでしょう。気軽に相談したい、そう思って一番はじめに思いつくのは、上司や同期の存在ではないでしょうか。

よくやってしまいがちですが、止めておいた方が良いでしょう。もし、あなたが有能な人材の場合、引き留められるのは目に見えています。

また、同期に軽い気持ちで言ったところ、社内の人に知られてしまい、気まずい雰囲気になったという声も多く聞きます。

ですので、上司や同期は近くにいて気軽に相談しやすいかもしれませんが、あなたの退職に関する悩みや不安を本当に理解してくれる存在ではありませんので、注意が必要です

退職の相談をするべき人

誰しも円満退職を望むはずです。また、今よりも良い環境の転職先を探している人など、転職に関して有益な情報を必要としているはずです。

そんな有益な情報を持っている人は、やはり転職のことを一番よく知っている転職エージェントのキャリアコンサルタントです。

仕事内容や人間関係など、あなたの悩みや不安を解決してくれる、大きな存在です。

もちろん、退職届の書き方も教えてくれたり、提出のベストなタイミングなども教えてもらえます

次は、あなたの状況に合ったベストな転職エージェント3つを紹介します。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

退職に関する最低限のマナーを守って円満退職をしよう

退職届に関して、常識やマナー、書き方など理解できましたでしょうか。たかが退職届と思う人もいるかもしれませんが、この紙一枚であなたの社会人としての評価が下されます。

また、退職届以外にも、退職に関することで悩んでいるなら転職エージェントのキャリアコンサルタントに気軽に相談してみましょう。

あなたの不安や悩みに真摯に向き合ってくれ、ともに解決へと導いてくれるでしょう。まずは、2~3社程度の転職エージェントに登録してから、相性が良い信頼できるキャリアコンサルタントを見つけることから始めてください。

最後に、退職日を迎えるまでは気を抜かず、きちんとやり遂げましょう。紹介したテンプレートを用いて、ミスや漏れのない正しい退職届を書き、またしっかりと引継ぎなどの最後の仕事を終えて、円満退職を目指しましょう。