職務経歴書は転職エージェントを利用して添削してもらおう!

転職活動をする場合、最近多いのが転職エージェントへ登録して行う方法です。

転職エージェントの利用は、ただ単に優良求人を紹介してもらうことができるというだけではなく、無料で専任となる担当エージェントがつき転職に関する様々なサポートを行ってくれるので、転職活動を有利に進めることが可能となります。

特に書類選考や採用に直結する履歴書や職務経歴書をしっかり作りあげることはとても重要で、その中でも特に職務経歴書は丁寧に作る必要があります。

転職エージェントを利用すると職務経歴書をはじめとする応募先に提出書類の添削を行っているところが多いので、転職活動を有利に進めることができます。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

転職エージェントを利用した職務経歴書の作成方法は?

転職エージェントを利用して職務経歴書をどのように書いていけばよいのか、その詳細についてわかりやすく解説していきます。

転職エージェントによっては、職務経歴書の書式を用意しており、必要ならば公式サイトからダウンロードして使用することもできます。

リクルートエージェントで職務経歴書を提出&添削してもらう

リクルートエージェント

転職エージェントの中でも、職務経歴書の書式や添削に定評があるのがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントでは、無料の転職支援サービスを利用することで、転職に関する様々なサポートを受けることができるようになります。

中でも転職に欠かすことのできない「職務経歴書」の作成サポートには力を入れていて、

  • 転職を希望する業界や職種にマッチする職務経歴書のサンプル
  • 職歴が少ないまたは、アルバイト経験程度しかない人の職務経歴書のサンプル
  • 英文レジュメのサンプル

というように、職務経歴書は同じでも、業界や職種、転職を希望する人の経験値に合わせてかなりの数のサンプルを用意しており、それぞれダウンロードし活用することができます。

ダウンロードした職務経歴書のサンプルには、書き方のノウハウなども記されているので、どのように記載すれば採用に繋げていくことができるのかということもわかりやすく理解できる内容となっています。

登録する(無料)

リクルートエージェントのアプリで職務経歴書を作ってみよう

リクルートエージェントでは、職務経歴書を簡単に作成することのできるアプリ「職務経歴書作成支援ツール レジュメNavi」というものがあり、実際の職務経歴書を効率よく、簡単に作成することができます。

このアプリ(ツール)の使い方は簡単で、まず氏名などの基本的な情報を入力したあと、実際の職務経歴について記載していくのですが、職種に合わせたアドバイスなども盛り込まれているので、簡単に作成することでき、さらに完成した職務経歴書の添削が行われ完璧なものが仕上がるのです。

職務経歴書作成ツールは、各転職エージェントでも提供

職務経歴書を簡単に作成することのできるツールは、リクルートエージェント以外にもいくつかありオリジナリティがあります。

どの職務経歴書作成ツールが利用しやすいのかは、利用する人の好みによるところが多いので、いくつか利用している転職エージェントのツールを利用してみて、使いやすいと感じるものを利用するとよいでしょう。

 職務経歴書の添削に強い転職エージェントの選び方

「職務経歴書の添削に強いという視点で転職エージェントを選びたい」という人も多くいるようですが、残念ながら「この転職エージェントの職務経歴書の添削サービスが断トツ!」というところはありません。

職務経歴書の添削サービスは、担当となるエージェント次第という部分が強く、転職エージェント視点で見るのは難しいのですが、実は転職エージェントのこの部分をチェックすれば、手厚く採用に繋がる職務経歴書の添削を受けることができるかもしれないという部分を2つに絞って見てみましょう。

①在籍しているコンサルタントの数が、登録者よりもかなり少ない

在籍しているコンサルタントの数が、転職エージェントを利用している登録者よりも圧倒的に少ない場合、ひとりのコンサルタントがかなり数の登録者の対応を行うこととなります。

このような場合、たとえ担当となるコンサルタントが優秀で敏腕と言われていたとしても手厚いサポートを確実に得ることができるとは、時間的にも余裕がない分なんとも言えません。

求人数が多いから大手で有名な転職エージェントがやっぱり有利という人もいますが、職務経歴書の添削などのサポートを手厚く受けたいという場合は、求人数にとらわれず、在籍しているコンサルタントの数がどのくらいいるのかということも調べてみるといいですね。

②紹介求人の条件(年収)が良いものを多く扱っている

転職エージェントから紹介されている求人を見てみると、年収の高い求人を多く取り扱っている転職エージェントがあります。

このような転職エージェントの場合は、質の高い求人を取り扱う一方で、その分転職エージェントの利益にもつながるため、より手厚いサポートに力を入れる傾向が強いです。

職務経歴書の添削力が高いと評判のエージェント紹介

転職エージェントを利用すれば、黙っていても職務経歴書の添削を手厚く受けることができると思っていませんか?

実は、職務経歴書の添削は、転職エージェントはもちろん、在籍している担当エージェントによって積極的に行われているところと、お願いしなければ添削してくれないところがあるのです。

転職エージェントを利用する場合は、あらかじめ職務経歴書の添削もお願いし、快く引き受けてくれるというところを利用すると安心です。

数多くある転職エージェントの中でも、添削力が高いと評判の高い転職エージェントをいくつか紹介していきます。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナといえば、人為派遣事業で有名な企業ですが、転職エージェントとしても手厚いサポートが人気となっています。

パソナは大手の転職エージェントと比べると、求人数は劣るものの、サポートやフォローは手厚いと定評があるので、転職自体も初めてという人に特におすすめです。

パソナキャリアでは、担当となるキャリアアドバイザーに違いがあっても、事前に職務経歴書の添削を依頼しなくても、職務経歴書の添削は行うのが当たり前となっていますので、安心することができます。

また、希望する職種によって担当キャリアアドバイザーが厳選されるため、一般的な職務経歴書の添削ではなく、応募する企業に合わせて、採用に繋がるような添削が行われるので採用率も高いです。

登録する(無料)

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、外資系のハイキャリアの案件を多く用意していますが、大手の転職エージェントほどの求人数ではありません。

その分、職務経歴書の添削などひとりひとりに手厚くサポートをし、希望以上の転職先を提案、実現させることのできる転職エージェントとして人気です。

もともとは外資系なので、英語のレジュメ(職務経歴書)にもしっかり対応しているので安心して利用することができます。

登録する(無料)

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、専任となるエージェントのアドバイスをもとに職務経歴書や履歴書などの添削を受け、少しでも転職活動が有利に働くことを目的に行われています。

マイナビエージェントでは、職務経歴書を採用を勝ち取るためのアイテムのひとつとして、ただこれまでの経歴を記載するだけではなく、どのように記載すれば相手先の企業に興味を持ってもらうことができるかなどを考慮した添削が行われていきます。

登録する(無料)

職務経歴書は、転職エージェントの添削で劇的に変わる?

どんなにしっかり職務経歴書を作りあげたとしても自分ひとりでは完璧なものを作るのは難しいものです。

しかし、転職エージェントの添削を受けるだけで、何かひとつ大切なものが加えられたように劇的に変わるからこそ、転職エージェントによる職務経歴書の添削は、これから新しい職場で頑張っていきたいという人にとっては必要不可欠なもののひとつです。

ではなぜ、転職エージェントを利用することによって劇的に改善させることができるのかについて説明していきます。

自分ひとりでは見つけられないミスをみつけられる

職務経歴書に限らず作成する書類は、どれだけ自分で確認したとしても誤字・脱字が出てしまうことは特別なことではありません。

だからこそ自分ひとりの確認だけではなく第三者の目を入れてチェックを確認することが大切です。

誤字・脱字だけではなく、致命的ともいえるミスを見つけることにも繋がるので、専門家である転職エージェントの添削を受けるようにすると安心です。

相手にどういう印象を与えることができるかを具体的に知ることができる

職務経歴書は、自分がどういう人物でどのような仕事に携わって、どんな成果を上げてきたのかを全くしらない人に伝える書類です。

だからこそ、自分のことを知らない誰かに見てもらいどういう人なのかを推測してもらうのに転職エージェントを利用するのはとても重要なことです。

自分ではアピールポイントとなる部分が、専門家が見るとアピールポイントではなく、こんなことをアピールしても仕方がないと思っていたことが実はアピールポイントだったりするのは、実際に転職エージェントで職務経歴書を添削してもらうと、書いた本人が驚く部分であることも多いものです。

第三者の目で見てもらうこと。それは転職の専門家である転職エージェントの関係者であることは転職を成功させるためにはとても大切です。

プロの視点で見てもらうことで採用に近づく

転職エージェントで職務経歴書を添削してもらうということは、応募する企業の採用担当者の好みや訴求ポイントを理解している担当者の目によるアドバイスはとても的確です。

一般的な職務経歴書ではなく、より具体的に応募先企業にマッチした職務経歴書を作るためには、転職エージェントで行われている添削サービスを有効活用することが大切です。

 職務経歴書の添削を受ける前に行うことは?

職務経歴書の添削を受ける前には、まず自分なりに職務経歴書を作ってみましょう。

そのためにどのような点に留意して取り組むべきなのかをいくつか紹介したいと思います。

これまでの経験を棚卸する

まずは、自分がこれまで携わってきた仕事内容を書き出してみましょう。

仕事内容だけではなく、勤務した会社の規模や業種、仕事を通じてどのような業績を上げたのかなどもまずは書き出してみましょう。

それにプラスして、自分の良いところ、悪いところをしっかり分析することが大切です。

仕事として自分は、何が得意なのか、努力していることや心掛けていることなどもあげてみるとより具体的に職務経歴書を書くことができるようになります。

一般的な職務経歴書の具体例を参考に実際に書いてみる

自分についての棚卸ができたら、実際に職務経歴書を書いてみます。

まずは一般的な内容のものでよいので、自分にとってベストと思える職務経歴書を作りあげてみることです。

自分なりに作った職務経歴書は、転職活動に有利に働くかどうか以前に、転職エージェントで転職してもらうためにかなり重要なベースとなるものとなりますので、どうせ添削されるんだからと適当に書くのではなく、採用されたいという思いでしっかり作ることが大切です。

職務経歴書は転職エージェントの添削で完成版を作ろう!

職務経歴書は、自分がこれまで仕事にどう取り組んで、社会人としてどのように考え生きてきたのかを表現するためのものです。

そのため履歴書とはまた別の意味を持つとても大切なものという意識を持って取り組むことが大切です。

そして気持ちを込めてしっかり作り上げた職務経歴書を採用に結び付けるためには、プロである転職エージェントの添削を受けて完成版を作ることです。

転職エージェントで行われる添削は、希望する求人先のニーズにマッチした職務経歴書と自分自身のこれまでの経歴を限りなく擦り合わしていく作業となるからこそ確実に採用に近づかせることが可能となります。

職務経歴書の添削は恥ずかしいかも。という意識は捨てて、利用できるものはどんどん利用し、しっかり採用を勝ち取り、希望する企業への転職を実現のものにしましょう。