職務経歴書は手書き・PCどちらがいい?職務経歴書を手書きで書く場合のポイントや注意点!

転職活動を行う上で、職務経歴書は履歴書と並んで重要になる提出書類です。

職務経歴書の作成は現代ではPCでの作成が主流になっていますが、実際のところ手書きかPCのどちらが良いのかを判断するのは、応募した企業の職種や業種によるところが大きいです。

ここでは、職務経歴書を手書きで書く場合の、ポイントや注意点などを紹介していきます。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

職務経歴書は手書きかPCどちらで作成した方が良い?

職務経歴書を手書きかPCで作成するのは、職種や会社によって好まれ方が異なります。

よくある傾向としては、業務に必要な作業をPCでほとんど行うIT企業などはPCでの作成が好まれ、帳簿や領収収書などを手書きメインで作成する伝統のある企業や、家族経営の地場企業などでは、手書きが好まれたりもします。

IT企業に限らず、現代では多くの企業がPCを一つのツールとして取り入れているので、職務経歴書をPCで作成すれば、「一定のPCスキルは持ち合わせている」など、アピールにもなったりします。

しかし「必ずPCで作成しなければならない」というわけでもなく、逆に手書きの方が、その人の人柄や、丁寧さが伝わることもあります。

手書き・PCどちらでも作成する前には事前調査を

職種や会社によって、職務経歴書の書き方の好まれ方は異なってくるので、職務経歴書を作成する前に、応募企業のことをある程度知っておく必要があります。

応募企業のことを事前にある程度知っておけば、どの書き方がその企業に好まれるのかがわかるので、作成前は必ずその企業の事前調査を行いましょう。

転職エージェントを利用すれば情報収集がしやすい

転職活動に転職エージェントを活用した際は、企業の情報をスムーズに得る事ができます。

転職エージェントとは、人材サービス企業の「DODA」や「リクルート」などが運営する、転職サポートサービスのことを言い、わかりやすく言えば「転職活動をコンサルティングしてくれるサービス」です。

転職エージェントは、一般的な転職サイトや求人サイトとは異なり、企業とより信頼関係を築けていること、転職希望者と信頼関係を築けていることから、企業の内部情報や、その他の掘り下げた情報が収集しやすいです。

また、転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書などの書き方などをアドバイスしてくれたり、必要であれば転職作業も行ってくれます。

転職エージェントのほとんどが、無料で利用できるので、それだけでも登録しておく価値は十分にあります。

職務経歴書を手書きで作成する場合のメリット・デメリット

まずは職務経歴書を、手書きで作成した場合のメリットとデメリットを事前に把握しておきましょう。

メリット

  • 丁寧に綺麗に書けば担当者の目を引きやすい
  • 真面目さや丁寧さなど人柄を伝えられる

上記でも少し触れましたが、職務経歴書を手書きで作成した場合の一番のメリットは、丁寧さやその仕事に対しての意欲、人柄などが、書いた文字のバランスや綺麗さで相手に伝わることです。

選考書類に必要となる職務経歴書は、その企業に転職するための、いわば第一関門であり、履歴書と職務経歴書の出来は、転職成功に大きく影響します。ですので、職務経歴書から相手側に伝わる印象は非常に重要なポイントです。

職務経歴書を手書きで綺麗に丁寧に書くことは、相手側にその人の真面目さや丁寧さなど、人柄を伝えることができるので、これは職務経歴書を手書きで書く大きなメリットと言えます。

デメリット

  • PCスキルがないと思われる

応募先にもよると思いますが、職務経歴書を手書きで書いて応募した際、相手側に「この人にはPCスキルがない」などのネガティブな印象を与えてしまう場合があります。

転職活動における職務経歴書の役割は?

職務経歴書とは、これまで自身が経験してきた職務の内容や役割、会社の情報などをまとめた書類であり、転職活動において履歴書と一緒に応募企業へ提出する選考書類の一つです。

履歴書は、個人のプルフィールや長所・短所などを相手に伝える、あくまでも個人の経歴書ですが、職務経歴書は、履歴書に記載されている職歴の詳細をより細かく記載する必要があります。

職務経歴書の役割は重要

職務経歴書は、「面接の前段階で人選ができる」「面接に向けての前準備ができる」「採用工程を省くことができる」など、企業にとっていくつかのメリットがあり、企業の求人応募や、転職希望者の転職活動、このどちらに対しても大きな役割を担っています。

中途採用において書類選考は、採用工程の一つにすぎませんが、全体的な比重としては大きな割合を占める傾向にあり、現代の転職活動において書類選考は転職成功までの「第一関門」として位置づけられています。

そのため、職務経歴書の役割は、企業にとっても転職希望者にとっても重要な役割であり、職務経歴書の出来が、転職成功に大きく影響します。

職務経歴書を手書きで作成する場合のポイントや注意点

では実際に、職務経歴書を手書きで書いた場合は、どのようなポイントや注意点が必要になるのでしょう?ここからは、職務経歴書を手書きで書く場合のポイントや注意点を解説していきます。

手書きで作成する場合の準備

職務経歴書を作成する際は、手書きやPCに限らず、専用の用紙を準備する必要があります。基本的には、企業側からの指定がない限り、どの用紙を使用しても問題はありませんが、ここでは、職務経歴書におすすめの用紙の選び方や入手法を紹介します。

入手方法

  • 文具店
  • コンビニ
  • ホームセンターやドラッグストア
  • ロフトやハンズなど大型雑貨店
  • 100円ショップ

職務経歴書で使う用紙は、WEB上でダウンロードして入手するのが一般的ですが、PCを持っていない方や、プリンターを持っていない方などは、上記のお店で購入できるので、近隣の各店舗で購入しましょう。

100円ショップでも販売されていますが、紙の質が大型雑貨店や文具店などに比べて劣る場合があるので、コンビニや文具店などで購入することをおすすめします。

用紙を選ぶ際はフォーマットで選ぶ

職務経歴書は大きく分けて「時系列式」と「キャリア式」の2種類のタイプに分かれます。

時系列式

時系列式には、時系列で職歴を書いていくタイプの「編年体式」と、現在から過去にさかのぼっていくタイプの「逆編年体式」があります。

編年体式は、転職回数が少ない方に向いていて、逆編年体式は直近の職歴をアピールしたい方に向いています。

キャリア式

経歴上、職種や業種に一貫性がない場合などには、経験職種、プロジェクト、担当業務、資格やスキルなどを中心にまとめることができるキャリア式がおすすめです。

職務経歴書を手書きで作成するポイント

ここからは、職務経歴書を書くためのポイントを解説していきます。

まずは情報の整理

上記でも紹介したように、職務経歴書には「時系列式」と「キャリア式」の2種類のタイプがあります。

まず、この2種類のどちらのタイプで職務経歴書を書くのかを決めて、それから自身の職歴や、具体的な仕事内容、資格を持っているのならその資格をどのように活用したのかなど、自身の情報や書きたいことを、事前にまとめることが大事です。

  • 自身の職歴
  • 具体的な仕事内容(実績)
  • 資格とその詳細
  • 自己PR
  • その他書きたいこと

これらを要点にして箇条書きでまとめておきましょう。

職務経歴書に必要な項目

職務経歴書には基本的に以下の項目が必要になります。

要約

この職務経歴書の概要を端的にまとめ、この時、どのような経歴であったのかも簡潔かつ明確にアピールしましょう。

資格・スキル

資格やスキルを所持している場合は、取得年、正式名称を記入し、運転免許なども忘れず記載しましょう。エクセルやワード、プログラミング言語、英語のTOEICの点数など、技能や特技がある場合も忘れず記入しましょう。

職務経歴

職務経歴書のメインとなる項目です。この項目の出来は書類選考に大きく影響するので、自身のこれまでの経歴を具体的に説明し、また、成果や評価などの実績なども忘れず記入しましょう。

職務経歴欄で必要となる項目は、「部署や部門などの在籍期間」「会社名と所在地」「会社の事業内容」「自身のポジションと職務内容」「実績」これらが必要となります。

自己PR

これまでの項目に収まりきらなかったアピールの補足や、その企業でこれら経歴がどのように発揮できるかなどのアピールポイントを詳しく記入しましょう。

職務経歴に記入した実績や経歴の中から、特にこれはアピールしたいといったものをピックアップし、補足してより詳しく説明したりするのもありです。

職務経歴書を手書きで作成した場合の注意点

ここからは、職務経歴書を手書きで作成した場合の注意点をまとめていきます。

読みやすさを意識する

職務経歴書は、自分の経歴を相手に分かりやすく伝える必要があるので、読みやすさを意識して書いていくことが大事です。

無駄に空欄が多かったり、段落を付けずに字詰したりなど、バランスが悪く読みにくい書類は、相手に不快感を与え、悪い印象を与えてしまいます。

3~5行ごとに改行を入れるなどして、読みやすいレイアウトを意識して、職務経歴書を書いていきましょう。

誤字脱字のチェック

職務経歴書に誤字脱字が目立ってしまうと、「この人は書類チェックもできない」と、受け取った相手に印象を与えてしまうので、誤字脱字のチェックはしつこいくらいに行いましょう。

文字はバランス良く綺麗に

職務経歴書に書く文字は、綺麗にバランスよく書くことが最も大事です。いくら内容が良くても、文字は汚い、大きさは不揃いでバラバラだと、内容以前に読む気もなくなってしまいます。

文字をバランス良く綺麗に書くことは、書類を作成するマナーとも言えます。手書で職務経歴書を作成する場合は最も大事なポイントです。

完成度の高い職務経歴書を作成するには転職エージェントがおすすめ

書き方や注意点をいくらおさえて職務経歴書を作成しても、初めての方や、書類作成の苦手な方にとっては、大変な作業であり、また出来上がった職務経歴書が正解なのか、間違っているのか、判断がつかないこともあります。

転職エージェントでは、そんな書類作成に不安がある方におすすめのサービスで、転職エージェントを利用すれば、完成度の高い職務経歴書を作成できます。

選考書類作成のアドバイスや添削作業

転職エージェントにはキャリアアドバイザーと呼ばれる転職のプロが在籍していて、転職エージェントに登録した際は、転職希望者に担当者としてついてくれます。

転職エージェントにはサービスの一つとして、選考書類の作成サポートや添削作業があり、これを転職のプロであるキャリアアドバイザーが行ってくれます。

履歴書や職務経歴書の書き方の心得やアドバイス、完成した書類の添削など、書類選考が重要視される現代の転職活動において、これほど心強いサポートはありません。

転職エージェントによっては職務経歴書のフォーマットもあり

転職エージェントによっては職務経歴書のフォーマットをサイト内や、連動アプリで利用できることもあります。

転職エージェントで利用できるレジュメ機能

「レジュメ」とは、フランス語で「要約」や「摘要」という意味を持ち、ビジネスシーンでよく使われている言葉です。

転職活動で使われる「レジュメ」は、履歴書や職務経歴書のことを意味し、これら書類を簡単にわかりやすく作成できるサイト内の機能を「レジュメ機能」と言います。

転職エージェントによっては、この「レジュメ機能」が充実いているところがいくつかあり、履歴書や職務経歴書の作成の際は非常に便利です。

レジュメ機能に特化したアプリもあり

スマートフォンで簡単に履歴書や職務経歴書を作成できる「レジュメ機能に特化した」専門的なアプリもいくつか配信されていて、転職活動のツールとして非常に役に立ちます。

便利なレジュメアプリ
  • レジュメ  履歴書と職務経歴書を用途や目的別に作成することができるスマホアプリで、ネットプリントの連動で、作成したレジュメを手軽に印刷することができます。
  • 転職ナビ  転職エージェントのパソナキャリアと連動した職務経歴書作成アプリで、時系列、キャリア別など、目的に応じたフォーマットで職務経歴書を作成できます。

これらアプリは数あるレジュメアプリの一部で、履歴書作成に特化したアプリなどもあるので、目的や状況に適したアプリを使用しましょう。

職務経歴書の作成におすすめの転職エージェント

ここからは、職務経歴書の作成におすすめの転職エージェントをいくつか紹介していきます。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

登録する(無料)

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

転職エージェントは複数登録し併用して上手く活用しましょう

ここでは、職務経歴書についての基本情報や、職務経歴書の作成におすすめの転職エージェントやアプリなどを紹介しましたが、転職エージェントや転職サイトは複数登録を行い、併用して活用することがポイントです。

レジュメに特化したサイトやエージェント、求人数が豊富なエージェント、サポートが充実したエージェントなど、自分に適した組み合わせで複数登録を行い、充実した転職活動を行いましょう。