未経験でも営業職に転職可能?向き不向きを知って後悔のない転職をしよう

営業職に転職したいです。どうすれば良いですか?
営業職の転職では、営業職は本当に自分に向いているのかというのを、しっかり判断する必要があります。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。どういう人が向いているのですか?
はい。この記事では、営業職への転職を成功させるためのポイントについて解説しています。

キャリアコンサルタント

営業職に向いている人そうでない人の特徴や、転職の際に利用すべき転職エージェントについてもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

営業職へ転職、あるいは営業職から他業種への転職を考えている人は、まず、営業職がどのようなものであるのかきちんと理解し、向いているかどうか適性を確かめる必要があります。

この記事では、営業職の基本や向き不向きを詳しく解説しました。営業職への転職を考えている人もそうでない人も、自分が営業向きかどうかを知るのは、とても有意義です。ぜひ転職活動の参考にしてください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

未経験でも営業に転職しても大丈夫?まずは知っておくべき営業の種類・内容

営業職とはどのようなものなのか、転職を考える前に今一度、種類や内容について解説いたします。とくに未経験から営業職へ転職しようと考えている方は、きちんと確認しておきましょう。

新規開拓営業とルート営業

営業には、新規にお客さんを見つけていく「新規営業」と決まった相手を回り営業を行う「ルート営業」の2パターンがあります。

新規開拓営業の場合、ほぼゼロの状態から始まりますので、最初はアポイントを取るところから始めなければなりません。

サイト等やチラシなどで広告を出しているなら、先方から連絡が来ることもありますが、ほとんどが「飛び込み」と呼ばれる営業方式になり、難易度はかなり高いでしょう。

ルート営業の場合、すでに顧客は獲得しており、そのフォローを行い続ける営業になりますから、こまめに先方に出向いて信頼関係を築き上げていかなければなりません。

新規開拓営業に比べれば、やりやすいといえるでしょうが、それでも問題が発生したり、他社に取って代わられるのを阻止し続けなければならないため、神経を使うでしょう。

あまり積極的に前に出るタイプではなく、地道にコツコツ物事を進めて行くのが好きな人は、ルート営業の方が向いています。

法人営業と個人営業

営業職は、国や企業、組織、団体などに対し営業を行う法人営業と個人の顧客に向けてサービスや商品を売り込む個人営業の2つがあります。

法人営業は、組織や団体に対して商品やサービスを販売・提案するため、金額的にもかなり大きな金額が動きがちです。よって、相手にする数はそれほど多くはありませんが、その分、非常に綿密な情報収集や打ち合わせが必要となります。

個人営業は、単体ではそれほど大きな金額が動くわけではありませんが、とにかく数をこなすため、法人よりも足で稼がなければならないでしょう。

有形商材営業と無形商材営業

営業はなんらかの商材を顧客に売りつける職業です。

商材にはさまざまな形態がありますが、大別すると、自動車、機械製品、通信機器、住宅、オフィス備品、食品など形のある「有形商材」と各種保険、ITシステム、警備サービス、人材サービスなど形のない「無形商材」の2つに分けられます。

有形商材は、商材の魅力を買い手に伝えなければならないためプレゼン能力が必要ですし、商材それ自体も「良いもの」でなければ売れません。

無形商材は、形のないサービスですので、顧客に対していかに「買ったら得をするか」をわかりやすく丁寧に解説する能力が必要になってきます。

どちらであってもコミュニケーション能力が高い人の方が有利なのは間違いないでしょう。

営業職の基本的な仕事の流れ

営業職は、商品やサービスを顧客に売るために、顧客のニーズに応えていかなければなりません。自社の売り上げに直接貢献するいわば最前線に立つ役割を担っています。

  • 営業職の基本的な仕事のの流れは、
  • 顧客とアポイントをとる
  • 顧客先へと訪問し商品説明や顧客の要望を聞く
  • 顧客の要望を叶える商品やサービスを提供する
  • 受注後、商品を顧客に確実に納品する
  • アフターフォローを行い、新しい商品を提案する

とこの流れの繰り返しです。顧客が希望する商品を提供できたなら、次回以降も商品を購入してくれる可能性が高まります。顧客の満足度を高めるためにもアフターフォローまできっちり行いましょう。

営業職への転職に向いている人の特徴

営業職は向き不向きが非常にはっきりしている職種です。もちろん、営業向きでない人が成功しないわけではありませんが、営業向きの思考・性格を持っている方が、営業力が高いのは確かでしょう。

営業職に転職して後悔しないために、ご自身の向き・不向きをあらかじめチェックしておきましょう。

人と話すことが好きで、営業が苦にならない

上記でも触れましたが、営業にとってコミュニケーションを円滑にできる能力は必須です。

人の話を聞いたり聞かせたりするのが得意な人は、さまざまな人と会話してきた経験もありますから、必然的に提案や説明が上手くなります。

また、話すことそれ自体がまったく苦にならないため、ともすればストレスになりかねない顧客との会話も平然と行えるのです。「会話が好き」という一点だけでも営業向きの性格といえます。

ポジティブで切り替えがきちんとできる

とくに新規開拓営業の場合、飛び込みの営業が多く、一方的にてひどく断られる場合もあります。そんな時、思考を即座に切り替えられる柔軟性を持っていれば、それほど落ち込まずに、一呼吸おくだけで次に進めるのです。

さらにポジティブであれば、自分に何が足りなかったのかをしっかり考え、失敗を教訓に活かした上で、次回への糧にできるでしょう。

基本的にポジティブ思考で、失敗しても諦めずに前に進める人ほど、営業も成功しやすい傾向にあります。

上昇志向で、明確な将来のビジョンを持っている

いわゆる上昇志向で目標を立て、それに向かってしっかりと進む人は、将来の明確なビジョンがあり、多少きついことがあっても目標に到達するために、人より頑張ることができます。

「失敗してもへこたれず次に行ける」のは、営業にとって大事な資質です。具体的には金額目標を設定すれば、何が何でもそれ以上の結果を残さなければ気が済まないタイプは、達成するためにありとあらゆる努力を重ねていきます。

営業としてのスキルも身につきやすく、顧客からも好印象を受けやすいのです。

営業職への転職に向いていない人の特徴

では逆に営業に向いていないのはどんな人なのか、解説していきます。複数もしくは全て当てはまるという方は、営業職への転職を見直すべきかもしれません。

コミュニケーション能力がない

何度か述べているようにコミュニケーション能力は、営業にとって非常に大切なスキルです。コミュニケーション能力がそれほどない程度ならまだよいですが、人との会話自体にストレスを感じてしまうのなら、問題でしょう。

得意先の顧客や上司、異業種の人などと食事に行くことすら抵抗を感じるタイプの人は、営業を続けることで徐々にストレスをためていき、最終的には、身体に不調が出てくる可能性すらあります。

もし営業が多大なストレスになり、解決策が見いだせないのであれば、転職も視野に入れる必要があるかもしれません。

言われた通りにしか行動できない

顧客に対して積極的に提案していく能力が、営業には求められます。相手がどのようなことをして欲しいのか、先んじて読み取り、言われる前に提案できるかが、商談を上手く進められる鍵なのです。

相手の情報を収集し、メール文面や表情、言い回しなどから、何が必要なのかを判別し準備しておく必要があります。

言われたことをただ機械的に行うだけでは、営業として結果を残していくのは難しいでしょう。「気配りができる」のも営業にとっては極めて重要なのです。

時間にルーズでレスポンスも遅い

時間にルーズなタイプも営業向きではありません。友達同士の約束ならまだしも、仕事において平気で待ち合わせや就業時刻に遅刻する人は、他者の時間を奪っているという意識が欠如しているのです。

例えば、顧客からのメールに対し、あまり間を置かずすばやく返信する人と、1日くらい空けてから返信する人では、当然、相手に与える印象も変わってきます。

ささいな差に感じるかもしれませんが、競合他社に打ち勝ち顧客を獲得するためには、細やかな相手を思いやった気遣いが重要になってくるのです。

こまめにレスポンスを返し、顧客を待たせることのない状態を保ち続ければ、好印象を与えられ、継続的な仕事にもつながるでしょう。

精神的に打たれ弱い

営業は対外的な仕事です。顧客から厳しい言葉をもらうことも多く、その度にいちいち落ち込むタイプの人は、とてもやっていけないでしょう。

ただでさえ人と接するのが多い職種ですから、精神的に打たれ弱いと自覚がある人は、克服しようと努力するか、どうしても無理そうなら営業外の職種への転職を考えるべきです。

無理な仕事を続けるより、自分の適性に合った職種への転職を検討しましょう。

営業職への転職を成功させるには?大切な5つの心得

営業職について解説してきましたが、今一度、営業職への転職を成功させるための心得を確認しておきましょう。たとえ営業向きの性格でなくとも、これらの心得を実践できれば、営業スキルも上がっていくはずです。

心得1.自分自身を客観的に分析するべし

営業に相応しいかどうか、客観的な視点で自身を分析すれば、答えはみえてきます。自分の客観視に自信がない人は、友人や家族に相談してもいいでしょう。

ともかく、自身の営業適性をはっきりさせ、どこを直せばいいのかを知るのが第一歩です。その上で、営業職を行う上で欠点となりうる部分を直すか、もしくはその欠点を補う別のアプローチを考えるといいでしょう。

営業的な欠点を克服もしくは改善できないのならば、転職も視野に入れるべきかもしれません。

心得2.自分の強みを磨くべし

コミュニケーション能力もなく積極的なアプローチができない人でも、例えばコツコツと地道な作業を得意としているなら、得意先の情報を集めたり、わかりやすい資料を作ることで、きちんとした結果を出せます。

営業向きでなくとも、ともすれば営業向きな人より高い成果をもたらす可能性すらあるでしょう。苦手を克服するのも大事ですが、自分なりの強みを見つけ、高めていくのも大切なのです。

心得3.生活リズムを整え、ポジティブ思考を心がけるべし

先に述べたように精神的に打たれ弱い人は、営業向きではありません。ただ、誰もが強いわけではなく、失敗してへこむことも当然あります。

失敗をした時は、とくにマイナス思考の連鎖に陥りやすく余計にストレスを抱えてしまいがちです。

ですが、日常生活の中で常にポジティブ思考を心がけるようにすれば、マイナスに傾いたとしても立ち直りやすくなります。

ポジティブな思考を維持するためにも、リラックスして好きなことを行える時間を適時設けるようにしてください。

月に1度、週に1度、日に1度の楽しみがあれば、「きついけど、後に楽しみが待っている」と心を上向きにできます。肉体的にも精神的にも健康な生活リズムを維持できる環境を整えるのが大切です。

心得4.営業ができる人を真似すべし

営業に限らず「まず真似る」のは、どのような仕事においても有効な手段です。未経験から営業職になった場合、最初は先輩について、そのやり方も学ぶところから始める場合がほとんどでしょう。

ただ真似るといっても、仕事のやり方や進め方を模倣するだけでは不十分です。

もちろん、営業ができる人のやり方を参考にするのは大事ですが、それだけでなくその人の営業としての思考方法を真似れば、やり方をそのまま自分の中に落とし込むことで、全く異なる場面でも使えるようになります。

できる人の営業的思考メカニズムまで自分のものにできれば、応用もきくようになり営業力も大幅にアップするでしょう。

心得5.向いていないと判断したら、転職を考えるべし

営業の心得を述べてきましたが、営業向きでないと判断したなら、転職を決意するのも大事です。ただ、刹那的にきついから辞めるのは、あまりおすすめできません。

なぜなら、たいていの仕事はきついものですし、営業から転職したとしても次の職場が今以上にきつくない保証はどこにもないからです。

自分自身を客観的に見つめ直し、近しい人に相談もした上で、判断するようにしましょう。考え抜いた上、無理と判断したなら、今度は自分がどのような職業に向いているかもじっくりと考える必要があります。

職業に関する適性テストなどもありますから、それらも利用して、きちんと次のステップを決めましょう。

未経験でも大丈夫!営業職への転職、営業職からの転職におすすめの転職エージェント・サイト

営業職への転職はもちろん、営業職からの転職にもおすすめな転職サイト・エージェントを紹介いたします。

一人で求人を探すよりもはるかに効率がよく、求人情報も豊富にありますので、これから転職活動を行うという方は、ぜひ、活用してください。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

最後に

営業職に関して、内容や適性、大事なポイントなどを解説してきました。

営業は、企業の顔でありなくてはならない花形的存在です。ですが、精神的な負荷が大きいため、精神的に打たれ弱い人には向きません。

まず、自分の営業適性を知り、その上で苦手を克服するのか、別のステップへ進むのかじっくりと考えてください。自分一人だけでなく、家族や友人、転職エージェントなどに相談すれば、必ず良い答えが見つかるはずです。