転職成功に必須の「自己分析」をワンランクアップさせる考え方

転職活動をするのに、自己分析をしなければいけないのですが、どうやってやれば良いですか?
自己分析を行う際には、「フレームワーク」を使って行うのが有効的です。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。
この記事では、自己分析に使えるフレームワークをご紹介しています。ぜひ参考にして、ご自分の自己分析に活かしてみてください。

キャリアコンサルタント

転職においては、「面接であなたの強みを聞かれる」「キャリアコンサルタントの面談で、どんな企業に就職したいか聞かれる」など、あなた自身について聞かれる局面が多くあります。

つまり、「自己分析」がしっかりできていなければ、求人選びにも、企業面接にも失敗することになります。

自己分析のやり方を紹介するサイトは数多くありますが、人間がそれぞれ個性を持っている以上、「これがいい!」というやり方はありません。しかし、ご自分にあった「思考のフレームワーク」を選ぶことはできます。

この記事では、転職の自己分析に使えるおすすめのフレームワークを複数紹介しています。自己分析をワンランクアップさせ、転職を成功に導くために是非ご活用ください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

転職の自己分析で活用できるフレームワーク①3W1H

「転職をしよう」と思ったら、まずは求人をチェックする人が多いでしょう。確かに、新たな職場を考えた時には、求人をチェックし、求人状況、企業情報などを収集することは大切です。

しかし、転職をする際には、求める状況や企業について調べる前に、自分のことを理解しておく必要があります。

自分のことを理解しないまま活動をはじめてしまうと、理想通りの転職が出来なくなってしまう可能性もあるでしょう。自分を理解するのにとても効果的なフレームワークが「3W1H」です。

次のフレームワークに沿って、ご自身について見つめなおしてみましょう。

WHY:なぜ今の職場を離れたいと思っているのか

新たな環境を探そうと考えると、ついつい今の職場へのマイナス面ばかりが目についてしまいます。「待遇が悪い」「人間関係が悪い」といった印象が強くなるのではないでしょうか。

しかし、今の職場にも「仕事はしやすい環境」「待遇は良い」といったようにプラスの部分もあるはずです。

新たな環境を考えた時には、改めて今の職場についても見直し、自己分析することも大切。悪い部分だけではなく、良い部分も自己分析することで、今の職場があなたにとってどんな場所なのかを知ることができます。

万が一、新たな環境に移ってから「前の職場は、本当は働きやすい環境だったんだ」と気づいても、もう戻ることはできません。

後から後悔するのは誰だって嫌ですから、大切なものを手放す前に、しっかりと自己分析し、見極める必要があります。

WHEN:本当に今が転職のタイミングなのか

「新たな職場を見つけたい」と同じように考えていても、人によってその理由は異なるはずです。同じような職種でも、同じ様な年齢でも、理由は変わってくるもの。

例えば、「キャリアアップのために転職をしたい」「違った職種にチャレンジしたい」と考えている人もいれば、「今の職場の居心地が悪い」「待遇が悪いから、新たな環境を見つけたい」という理由から、転職を考える人もいるでしょう。

転職は必ずしも、良い方向に向かうとは限りません。例えば、「今の職場の居心地が悪い」「待遇が悪い」とマイナスな理由の場合には、転職したからといって状況が必ずしも良くなるとは限りません。

中には、自分のスキルに合わない理想を持ち、理想通りの転職を叶えられない人もいるでしょう。これは、自己分析がしっかりとできていなかった証拠。

逆に、「スキルアップをしたい」「違う職種にチャレンジしたい」とプラスの理由の人は、待遇が悪くなったとしても、仕事に満足し、「新たな環境にチャレンジして良かった」と感じるはずです。

それは、しっかりと自己分析し、自分のやりたいこと、やるべきことが分かっていたからです。

マイナス理由の場合には、転職後に後悔、失敗してしまう可能性が高いですから、より自己分析をしっかりと行っておく必要があります。

後悔、失敗しないためには、冷静に「今、本当に転職が必要なのか?」「タイミングは今なのか?」と自己分析することが大切。

「もっとやりがいのある仕事をしたい」と考えている人も、それに対応できるスキルを持ち合わせているのか、自己分析しながら、改めて見直す必要があるでしょう。

WHAT:自分は仕事に何を求めているのか

転職を希望している人の中には、「今の職場が忙しすぎて、プライベートの時間が作れない」という人もいるでしょう。そんな人は、「もっと、プラベートの時間が取れる仕事をしたい」と考えているはずです。

逆に、「忙しくなっても良いから、もっとスキルアップできる環境を得たい」と考えている人もいるでしょう。

仕事への考え方、価値観は人によって様々。仕事中心の生活が理想と思っている人もいれば、仕事とプライベートを大切にしたい、プライベートを中心に生活をしたいと思っている人もいるでしょう。

そのため、新しい職場を考えた時には改めてあなたにとって仕事はどんな存在なのか自己分析することが大切です。お金を得るための仕事なのか、充実感を得るための仕事なのかによって、新たな環境に求めるものは異なるはず。

後々、後悔や失敗をしない転職をするためには、自分が仕事にどういった存在を求めているのか知る必要があります。

How:どんな方法なら幸せになれるのか?

ご自身が転職したい理由や仕事で成し遂げたいことが明らかになったところで、具体的にそれを実現する方法を考えて行きます。

どんな環境を選ぶべきなのか

自己分析により、自分がどんな性格なのか、どんな環境だと働きやすいのか分かったはず。これを基に、どんな企業が向いているのか考えてみましょう。

「人前にどんどん出て、仕事をこなしていきたい」「コミュニケーション能力が高く、スキルアップしたい」と言う人であれば、社員数も多い大手企業などを目指すことがおすすめ。

逆に、「大人数は苦手」「あまり自分から発言することができない」と言う人であれば、小規模な企業であれば、自己主張もしやすいでしょう。

同じ職種であっても、企業の規模や環境によっては与えられる仕事も責任も変わってきます。自己分析していれば、自分のことをより知ることができますから、自分がどんな環境であればのびのびと仕事ができるのかも見えてくるでしょう。

どんなポジションを目指すべきなのか

「新たな環境で仕事をしたい」と考えている人の中には、「もっと、仕事に生きがいを感じたい」と言う人もいれば、「今の責任ある立場から離れたい」と言う人もいるでしょう。

自己分析ができたら、どんな仕事をしたいのかも見えているはず。

今まであまり責任ある仕事をしてこなかった人は、「責任ある仕事をして、仕事をバリバリしたい」と思っているでしょう。責任ある仕事に疲れた人は、「責任というプレッシャーから解放され、もっと楽しく仕事をしたい」と思っているのではないでしょうか。

こういった仕事に対する思いに気づくことができれば、新たな環境に何を求めているのかが見えてきます。

同じ様な仕事、同じ様な立場に移れば、また同じような結果になってしまいますから、「どんな仕事をしたいのか?」見極めることで、理想的な職場を見つけることができるでしょう。

どのレベルの待遇を目指すべきなのか

誰だって、お給料が高く、休日がたくさんある仕事というのは嬉しいものです。しかし、仕事はそう甘くはありません。理想的な転職を叶えるためには、まずは自分が求める待遇面をしっかりと見つめ直すことが必要です。

「生活をしていく上でどのくらいの収入が必要なのか?」「どのくらいの収入であれば、満足できるのか?」「休日は、どのくらい必要か?」などをまとめてみましょう。当然ですが、収入面の希望は自分のスキルに合わなければ叶えることはできませんので注意が必要。

様々な待遇の希望がまとまったら、その優先順位を決めましょう。「これだけは、絶対に譲れない」という条件を決めておけば、活動後に迷うこともなくなります。当然ですが、あなたの希望が全て叶うような職場はないと思っていた方が良いでしょう。

これをクリアにするためには、優先順位を決めておくことが重要です。

プライベートと仕事のバランス感

あなたにとって、プライベートや仕事にはどんな価値がありますか。これは、同じ職種でキャリアを積んできた人でも、人によって変わってきます。「仕事は、生きていく上で欠かせない存在」と言う人もいれば、「仕事は、プライベートを維持するためのもの」と言う人もいるでしょう。

転職を考えたら、改めてこの価値観を自己分析することが大切です。仕事とプライベート、どちらに重きを置くのか、価値を見出すのか、考えてみましょう。

転職前に自己分析していれば、仕事がスタートしてから「プライベートの時間が全くとれなくなった」と後悔することがありません。「こんな環境であれば、前の職場の方が良かった」と悔いることもないでしょう。

仕事、プライベート、どちらに重きをおくか正解はありません。正解は、人によって異なり、あなたの正解はあなたしか知りません。そのため、転職を考えた時には改めて仕事とプラベートをどう捉えているのか、自己分析することが必要です。

自分が会社に求めることを整理する

今の仕事、環境に不満があり、「環境を変えたい」と考えている人も多いでしょう。環境を変えたいと考えた時、それぞれ希望を持つと思いますが、100%その希望が叶う職場はないと思っていた方が無難。

転職をし、希望だった仕事ができたとしても、何かしら不満は出てくるものです。それを踏まえた上で、今の職場を離れる必要があります。そして、新たな職場を考えた時には、そこに何を求めているのか改めて見直す必要があるでしょう。

自己分析をし、「自分には、どんな環境が働きやすいのか」「どんな待遇を求めているのか」などを見直すことで、何を重視して新たな環境を探すべきなのかが見えてきます。

違う職種に挑戦したいと考えている人は、一から仕事を学ぶことを覚悟し、どんな環境を求めているのか考えて見ましょう。

マニュアルなどがしっかり整った育成システムがしっかりした企業なのか、自力でスキルを磨かなければいけない企業なのか、どちらが自分のスキルアップに役立つか自己分析する必要があります。

転職の自己分析で活用できるフレームワーク②強み・弱み分析

マーケティングのフレームワークの中でも最も有名なのが、強み・弱み分析。

転職とは、数ある求職者の中から自分を選んでもらうことなので、マーケティングのフレームワークがしっくり当てはまることは納得ですね。具体的に考え方を見ていきましょう。

強み・弱みの分析方法

あなたが希望する企業に応募するのは、当然あなただけではありません。大手、高待遇の企業であればあるほど、ライバルは多くなります。ライバルに勝つためには、しっかり自己分析し、自分のアピールポイントを知っている人が有利。

しかし、多くの人は自分のアピールポイントを理解していません。それは活動前に、しっかりと自己分析を行っていないから。

せっかく経験やスキルを積んできているのにも拘わらず、自己分析ができていないことでアピールポイントを理解できていないというのは勿体ありません。どんなに良い商品であっても、アピールポイントを知らなければ営業マンは商品を売ることはできません。

転職も同様、自分のことを知り、アピールポイントを知ることが重要です。

まずは自分で自分の性格を考えてみる

あなたは、自分の性格を理解していますか。「明るい」「ネガティブ」といったように、簡単な性格は理解していても、意外と自分のことは分からない人が多いはず。

そんな時には、客観的に自分を見て自己分析すると良いでしょう。他人からは、どんな風に見えているのかを考えながら分析することで、より自分の性格を知ることができます。

自己分析により、自分の性格が分かれば、「どんな仕事に向いているのか」「どんな環境が合っているのか」など客観的に判断できるようになるはず。そうなれば、働きやすい転職先を見つけやすくなるでしょう。

具体的なスキルを書き出してみる

転職を叶えるためには、新たな職場であなたは何をしたいのか、どんな仕事ができるのかを自己分析する必要があります。今の職種を続け、新たな環境を求めるのであれば、今どんなスキルを持ち、どんな仕事にチャレンジできるのか自己分析してみましょう。

別の職種への転職を考えているのであれば、それを叶えるためにはどんなスキルが必要なのか、自分には何が足りないのか自己分析してみると良いでしょう。新たな環境を考えた時には、何よりも新たな環境で自分は何ができるのかを客観的に判断する必要があります。

そのためには、自分のスキルを自己分析することが大切。自己分析というと、「難しい」と思う人も多いですが、現実的な想像をしてみると良いでしょう。

足りないスキルについても考えてみる

例えば、今のスキルがあるとどんな仕事ができるのか、今後携わっていきたい仕事をするためには、どんなスキルが必要となるのかなどをイメージすれば、必要なスキルが見えてくるはず。

そうなれば、自分の今のスキル、必要なスキルを自己分析できるはずです。

仕事をする上で、知識やスキルは重要です。しかし、これだけでは仕事をすることはできません。社会に出て仕事をするということは、行動力や決断力、コミュニケーション能力が必要。職種によっては、想像力や企画力といった能力も必要となるでしょう。

そのため、これらを能力別で自分にはどのくらいの能力があるのか改めて見直してみることがおすすめ。

足りない能力に気づくことができれば、それを補えば良いだけです。

友人に印象を聞いてみる

自己分析は、自分で自分のことを分析する必要がありますが、これだけでは判断できないこともあります。そんな時には、仲の良い友人に「私と初めて会った時、どんな印象を受けた?」と聞いてみましょう。

人から見る第一印象というのは、自分では想像もつかなかったことが出てくることもあります。

客観的な印象を聞くことで、「これは直さなければ」と思うこともあれば、「これは、自分にとって強みになるかも」と気づくこともあるでしょう。

転職の自己分析で活用できるフレームワーク③過去・近い未来・遠い未来

自己分析で忘れがちなのが、時系列で自分を見つめなおすこと。つい、「今の自分」にだけ目を向けてしまいがちですが、過去や未来についてもしっかり考えてみましょう。

過去:学生時代を振り返ってみる

自己分析をするためには、過去のことも振り返ることが大切。そのため、小学生、中学生、高校生、大学生時代のことも思い出してみましょう。学生時代にも、様々な経験をしてきたはずです。辛いこともあれば、嬉しかったことや楽しかったことなどもあるでしょう。

これらも思い返すことで、転職への希望が見えてくることもあります。今までの全ての経験を思い出し、自分がどんな人間なのか分析してみましょう。

近い未来:数年後、どんな自分になっていたい?

転職を考えている人の中には、目標を持っている人も多いはず。転職し、新たな職種にチャレンジしたいと考えている人もいれば、スキルアップを望んでいる人もいるでしょう。

そんな人は、更に3年後、5年後、10年後には、どんな自分になっていたいのか自己分析してみることがおすすめ。より具体的に考えることで、今何が必要か、どんな企業が向いているのか見えてくるはずです。

「3年後、大きなプロジェクトに参加する」「5年後、プロジェクトリーダーとして活躍する」といったように、より具体的にイメージできれば、するべきことが見つかるはず。

こういった具体的な目標があれば、転職後もこの目標に向かって歩むことができ、どんどん希望を叶えていくことができるでしょう。モチベーションも維持しやすくなり、仕事への想いも強くなるはずです。

遠い未来:最終的にどんなことをするのが目標なのか?

転職を考えたら、まずは「新たな職場で、何をしたいのか?」を自分自身に問うことがおすすめです。一時的な気持ちで活動をした人は、きっとこの問いに曖昧な答えしか出せないはず。

例えば、「職場の人間関係が悪い」といった一時の気持ちで転職しようと思っている人は、「今よりも、人間関係が良い環境で働きたい」といった答えしか出せないでしょう。

しかし、人間関係の良い環境というのは、実際に働いてみなければ分かりませんし、どこの職場でも一つや二つ、人間関係の問題というのは出てきます。

こんな気持ちで活動をしてしまえば、「失敗した」「前の職場の方がましだった」と後悔することになるでしょう。

それに比べ、「自分の出した企画で、仕事を進めてみたい」「大きなプロジェクトに参加したい」といった具体的な想いがあれば、どんな転職先が向いているのか分かるはずです。そして、転職してから「こんなはずでは…」と後悔することも少ないでしょう。

転職時、自己分析する際には、改めて「転職後、何をしたいのか?」を自分に問いかけてみましょう。

転職で失敗、後悔しないために

友人が「転職をした」と聞くと、「羨ましい」と思う人も多いでしょう。前よりも収入アップを叶えた、良い環境に移ったとなれば、誰だって羨ましいものです。

しかし、新たな職場を見つけたからといって、必ず理想の環境や仕事を得られるとは限りません。中には、転職をして後悔している人もいます。こういった失敗や後悔をしないためには、まず自分自身と向き合い、自己分析しながら活動を進めていくことが重要です。

自己分析をしていれば、自分にとってどんな環境、待遇、仕事が向いているのかを客観的に判断することができ、後々後悔することがありません。中には、自己分析したことで「今は、良いタイミングではない」「今の職場が、自分には向いている」と気づくこともあるでしょう。

一時の気持ちや勢いで転職をしてしまうと、当然ですが後悔することになります。これを防ぐためには、冷静な自己分析が鍵となるでしょう。

自分で自己分析できない人は、転職エージェントの利用がおすすめ

自己分析しようと思っても、なかなか自分で自分のことが分からない人も少なくありません。様々なポイントをチェックしながら進めても、仕事に関する自己分析となると、スキルなど客観的に判断できないこともあるでしょう。

そんな時には、転職エージェントの利用がおすすめです。エージェントでは、登録時にあなたの今までのスキルを確認することになります。

そして、その結果客観的にあなたのスキルを判断してくれます。スキルが判断されれば、何があなたの強みとなり、弱点となるのか分かるでしょう。更に、何が足りないのか知ることができ、それを補うためのアドバイスなども行ってくれます。

こういったアドバイスなどを受けることができれば、より自分自身のことを知ることができ、活動もスムーズに進めることができるのではないでしょうか。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

転職エージェントを活用しながら、徹底的な自己分析を行おう!

転職活動は、時には失敗や後悔してしまうことがあります。勇気を出して活動をはじめたにも拘わらず、失敗してしまうのは誰だって嫌なもの。

転職に失敗や後悔しないためには、すぐに活動をするのではなく、冷静な自己分析をすることが大切です。

自己分析ができていれば、「今が転職のタイミングなのか?」「どんな職種が向いているのか?」「どんな企業が良いのか?」などを客観的に判断することができます。自己分析というと「難しい」と考えがちですが、ポイントを押さえて見つめ直すことで、意外と簡単に行うことができます。

仕事について、自分について、改めて見つめ直すというのはとても良いこと。自己分析することで、「今は転職のタイミングではない」と気づくことができれば、それはそれで成功と言えるでしょう。

「自己分析が難しい」と思うのであれば、エージェントの力を借りるのも一つの方法です。転職エージェント利用には様々なメリットがありますから、得るものは多いはず。

「そろそろ転職をしようかな」と思っている人は、求人を見る前にまずは自己分析からはじめましょう。自己分析をすれば、エージェントを利用した方が良いのかどうかも、分かるはずです。